• 関連の記事

「政府」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政府」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「買ったマンションは完成するのか」 問題物件の「ババ抜き」状態に陥る中国不動産不況
中国国家統計局が15日発表した2024年4〜6月期の実質国内総生産(GDP)は前年同期比4.7%増で、市場予測や中国政府の通年目標「5%前後」を下回った。長期化している不動産市場の悪化が足を引っ張っており、中国当局が対策を進めても本格的な反転上昇の兆しが見えない。(2024/7/16)

CFO Dive:
“怒られ続き”Microsoftのセキュリティ強化策 「目標達成できなければ、給料カット」の効果は?
度重なるサイバー攻撃による政府の批判を受け、Microsoftはセキュリティを抜本的に改革するとしている。経営陣が責任を持って対応するために編み出された秘策とは。(2024/7/11)

第48回「需給調整市場検討小委員会」/第94回「制度検討作業部会」:
需給調整市場で揚水発電所からの応札はなぜ少ない? 対応策を検討へ
需給調整市における課題の一つとして、揚水発電所からの応札の少なさが指摘されている。政府の制度検討作業部会で、需給調整市場における揚水発電の応札拡大方策や、揚水発電の公募調達について検討が行われた。(2024/7/5)

GMOサインが“政府認定クラウドサービス”リスト入り 政府調達の対象に
電子契約サービス「電子印鑑 GMOサイン」が、政府のクラウドサービス認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)のリスト入りした。(2024/7/3)

セキュリティニュースアラート:
Google翻訳の拡張機能を装った北朝鮮のサイバースパイ活動を確認
Zscalerは北朝鮮政府支援の脅威アクターKimsukyがChrome拡張機能「TRANSLATEXT」を使ってサイバースパイ活動を実行していると報告した。この拡張機能は短期間でGitHubにアップロードされすぐに削除されたが、すでに被害は発生している。(2024/7/2)

インドネシアのデータセンターにランサムウェア攻撃、44政府機関に影響
インドネシア情報通信省当局者は6月26日、同国のデータセンターがランサムウェアによるサイバー攻撃を受け、出入国管理局を含む44の政府機関が影響を受けたと述べた。(2024/6/28)

米最高裁、政府のSNS投稿削除要請は違憲とする訴えを却下
米連邦政府がSNS企業に誤情報を削除するよう働きかけたのは違憲だとする訴えを、米最高裁が却下した。(2024/6/27)

Cybersecurity Dive:
Microsoftが“四面楚歌” 政府機関などからインシデント対応について厳しい非難の声
MicrosoftはMicrosoft Exchange Onlineのハッキング被害に関する広範な欠陥を認めるとともに、企業や業界、国が前進するために必要なステップについて説明する予定だ。(2024/6/27)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
「モデル3」なら最大85万円 テスラ購入で外せない「CEV補助金」の話 支給されて分かったこと
iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。この未来からやってきたクルマを連載形式でレポートします。今回はEV補助金について触れます。EV購入時に日本政府が補助金を支給しているのはご存じでしょう。(2024/6/23)

米連邦政府、露Kaspersky製品を全面禁止 9月29日までに代替製品への移行が必要に
米商務省は、ロシアを拠点とするウイルス対策およびサイバーセキュリティ企業のKaspersky Labsの製品をよびサービスの米国での提供を全面的に禁止すると発表した。9月29日以降は現行ユーザーへのアップデートもされなくなる見込みだ。(2024/6/21)

HPEによるJuniper Networksの買収、英規制当局が調査開始
英政府の競争・市場庁(CMA)は、HPEが1月に発表したJuniper Networksの買収に関する調査を開始したと発表した。「英国内の商品またはサービスの市場における競争が大幅に減少することが予想されるかどうか」を調査する。(2024/6/20)

携帯電話契約時にマイナンバーカードなどのICチップ読み取り必須に 券面の目視確認による不正契約に歯止め
日本政府は携帯電話を非対面で契約する際、通信事業者に対して、マイナンバーカードの読み取りを義務付ける。携帯電話を店頭(対面)で契約する際、マイナンバーカードや運転免許証などの目視確認ではなく、ICチップの読み取りを義務付ける。(2024/6/18)

4人年子のワーママ、ワンオペ×寝坊した日のナイトルーティンがやばすぎる! 1秒も休めぬ孤軍奮闘に「尊敬」「このリアルさ政府に見てほしい」
毎日本当にお疲れさまです!(2024/6/15)

Microsoftのブラッド・スミス氏、中国による連邦政府へのサイバー攻撃について責任を認める
Microsoftの副会長兼プレジデントのブラッド・スミス氏は、米連邦議会の公聴会で、昨年7月に政府高官のExchangeのメールが中国のサイバー攻撃で侵入された件について、責任を認めた。「Recall」(回顧)機能をオプトインに変更したことについても言及した。(2024/6/14)

能動的サイバー防御、早期の法案取りまとめ指示 首相「急を要する」 有識者会議初会合
政府は6月7日、サイバー攻撃に先手を打って被害を未然に防ぐ「能動的サイバー防御」に関する有識者会議の初会合を首相官邸で開いた。岸田文雄首相は「サイバー対応能力の向上は、ますます急を要する課題だ」と述べ、早期に関連法案を取りまとめるよう河野太郎デジタル相に指示した。政府は早ければ秋の臨時国会への法案提出も視野に入れる。(2024/6/7)

第93回「制度検討作業部会」/第97回「制度設計専門会合」:
需給調整市場の約定不足と価格高騰の問題――緊急対策は道半ばの状況に
全商品の取り引きがスタートするも、多くの商品・エリアにおいて約定量不足などが発生し、応急対策が行われている需給調整市場。政府の複数の委員会で、今後のさらなる対策についての検討が行われた。(2024/6/7)

産業動向:
中小建設事業者のDX導入支援を拡充へ 岸田首相が有識者会議で指示
政府は首相官邸で「国内投資拡大のための官民連携フォーラム」を開催した。会合には建設テック事業者を中心とした6社から成る建設DX研究所が出席し、中小建設事業者へのDX導入支援などについて訴えた。岸田文雄首相は会合での議論を踏まえ、人手不足の解消に効果のあるIoTやロボットなどの汎用製品の導入を支援する「中小企業省力化投資補助事業」について、建設DX関連の製品も追加するよう国土交通省などに指示した。(2024/6/6)

セキュリティニュースアラート:
次に来るランサムウェアは何か? カスペルスキーが2023年のサイバー空間の状況を分析
カスペルスキーは2023年に同社が観測したサイバーインシデントのうち、ランサムウェアが33.3%を占めたと報告した。特に政府機関や企業を狙う攻撃が増加している。調査から今後流行すると思われるランサムウェアも明らかになった。(2024/6/6)

50億ユーロを投資:
ST、イタリアに完全統合型の200mmウエハー対応SiC製造施設を建設へ
STMicroelectronicsは、イタリアのカターニアに200mmウエハー対応SiC(炭化ケイ素)デバイス製造施設を建設すると発表した。研究開発や製品設計からパワーデバイス/モジュールの製造、テスト、パッケージングまでを一貫して行う。投資総額は50億ユーロ(約8500億円)を予定し、うち20億ユーロ(約3400億円)は欧州半導体法の枠組みでイタリア政府が支援する。(2024/6/4)

テキスト生成AIのサービス開発者が対象:
テキスト生成AIのリスクを利用形態、想定ユースケースごとに解説 デジタル庁がガイドブックを公開
デジタル庁は、「テキスト生成AI利活用におけるリスクへの対策ガイドブック(α版)」を公開した。政府情報システムを対象に、テキスト生成AI固有と思われるリスクに焦点を当て、留意点を紹介している。(2024/5/31)

AI規制と企業戦略【前編】
生成AIブームには続きがある――「AIの取り締まり」にどう備えるべきか
AI技術の急速な普及に伴い、各国政府は規制に乗り出している。動向がまだ定まらないAI規制に対して、企業はどう備えるべきか。(2024/5/31)

米連邦政府、“世界最大のボットネット”「911 S5」を解体し、主犯を逮捕
米連邦政府は、1900万以上の固有IPアドレスにリンクする大規模ボットネット「911 S5」を解体し、管理者ら3人を逮捕したと発表した。管理者らはこのボットネットをサイバー犯罪者に販売し、約1億ドルを稼いだ。(2024/5/30)

Cybersecurity Dive:
Microsoftはあくまで例外 連邦政府がベンダーを名指しで批判しない理由
連邦政府当局は、テクノロジー企業のミスが攻撃につながったとしても、それを批判しない。CSRBがMicrosoftを強く批判したことは例外であり、通常では考えられないものだった。(2024/5/26)

定額減税の給与明細への明記義務化、経理現場で不満爆発 作業約50時間増える試算も
6月から始まる定額減税を巡り、政府が給与明細に所得税の減税額の明記を義務付けたことで、企業の経理現場などでは不満が爆発している。国民に早く減税を実感して欲しいという政府の思惑が見え隠れするが、事務負担が増える現場にとっては「ありがた迷惑」だ。(2024/5/24)

著名人なりすまし広告対策、自民が提言案 本人無許可は掲載禁止
自民党は5月24日、SNSで著名人になりすました詐欺広告の被害に関する会合を開き、政府への提言案を示した。被害防止に向け、プラットフォーム事業者に広告の事前審査の厳格化、本人が許可していない広告の掲載を禁止する制度改正を求めている。来週にも岸田文雄首相に申し入れる。(2024/5/24)

経理現場で不満爆発 作業約50時間増える試算も、なぜ?
6月から始まる定額減税を巡り、政府が給与明細に所得税の減税額の明記を義務付けたことで、企業の経理現場などでは不満が爆発している。(2024/5/24)

AI法規制導入へ政府が「戦略会議」で議論開始 規制強める欧米と歩調合わせる
政府は5月22日、AIの開発や利用に関するルール作りなどを議論する「AI戦略会議」を開き、自動で文章などを作成する生成AIの安全性確保のための法規制導入へ向けた議論を始めた。(2024/5/23)

米政府の対中関税引き上げ、日本にも深刻な影響?
ジョー・バイデン米政権は、電気自動車(EV)など中国製品に対する関税を引き上げると発表した。米大統領選でドナルド・トランプ陣営への対抗策という見方もあるが、中国の産業は打撃を受けるのか。そして日本はどのような影響があるだろうか。(2024/5/21)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
米政府が中国EVに100%課税する意味
米政府は中国製のEVにかけられていた25%の関税を、なんと100%に引き上げると発表した。米政府は世界の貿易から、ならず者でルールを守らない中国を除外し、中国なき世界貿易を目指そうとしている。(2024/5/20)

「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
批判集めた背景は。(2024/5/18)

Googleオフィスに警察、社員50人超を解雇 抗議デモ対応が見せつけた“IT界の巨人”の変貌ぶりとは
米Googleがイスラエル政府と結んだクラウド契約に反対して、社員がオフィスで抗議デモを展開した。デモ隊を排除するため警察が社内に立ち入って参加者を逮捕し、Googleは50人あまりを解雇した。(2024/5/17)

訪日客6000万人の受け入れ体制は? オーバーツーリズム対策急務
訪日外国人客数が急回復を見せる一方、政府、自治体、企業は過度な混雑や観光客によるマナー違反といったオーバーツーリズム対策を急いでいる。日本の観光業を確かな成長軌道に乗せるうえで、受け入れ体制の構築は喫緊の課題だ。(2024/5/15)

米国「対中半導体戦争」の行方はどうなる? 日本の技術は注目されるのか
米政府が、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する米半導体大手インテルの輸出許可を取り消したと報じられた。(2024/5/15)

サイバー攻撃、先手で無害化 能動的防御導入へ、臨時国会で法整備検討 月内に有識者会議
政府は、サイバー攻撃に先手を打ち被害を未然に防ぐ「能動的サイバー防御」の導入に向けた検討を本格化させる。月内にも有識者会議を設置し、法整備に向けた課題を整理した上で秋の臨時国会への関連法案提出を目指す。政府機関や民間の重要インフラに対するサイバー攻撃の脅威が増す中、防衛体制の強化が急務となっている。(2024/5/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
「LINEのセキュリティ」は大問題 TikTokと同じ道をたどるのか
生活に欠かせないLINEを巡って、セキュリティの問題が指摘されている。2023年11月、日本人を含むユーザーの個人情報漏洩事件が発覚。これまでもセキュリティ意識の低さが問題を引き起こしてきた。日韓の企業が出資するLINEに、政府が資本の見直しを求める動きもある。(2024/5/10)

TikTok、米連邦政府を「憲法違反」で提訴 数百万人の言論弾圧
中国ByteDanceと傘下のTikTokは、米連邦政府を憲法違反で提訴した。TikTokを売却しなければ米国でのサービスを禁止するという法律は修正第1条に違反すると主張している。(2024/5/8)

マンガのAI翻訳スタートアップが29億円調達 小学館や政府系VCなど出資
AIを活用した漫画の翻訳・ローカライズツールを手掛けるオレンジが、小学館やベンチャーキャピタルから29億2000万円を調達したと発表した。資金は自社ツールを用いた漫画翻訳事業の拡大などに充てるという。(2024/5/7)

FBアカウント詐取攻撃、日本政府関係者も標的 露、米大統領選選挙工作か
2023年夏ごろからFacebookのアカウントを乗っ取ろうとする攻撃が活発化しており、日本の政府関係者のアカウントも狙われていたことが5月6日、分かった。(2024/5/7)

リニア大阪延伸で静岡の次の火種は? 「京都VS.奈良」古都バトル 
リニア中央新幹線東京(品川)−大阪間の整備をめぐり政府では、6月に閣議決定する予定の経済財政運営の指針「骨太の方針」で開業時期を13年後の「最速令和19(2037年)年」と改めて明示する方向で調整が進む。静岡工区の着工を認めない静岡県知事の辞職で建設に弾みがつくことが期待されるが、名古屋以西はルートの詳細が確定していない(2024/5/5)

円安の「恩恵」数十兆円 “国民に還元”せよ 円安はGDPにプラス要因
外国為替市場の円相場は一時、1ドル=160円まで円安ドル高が進んだ後、政府・日銀の為替介入とみられる動きがあり、乱高下している。「円安=悪」という論調も多いが、元内閣参事官で嘉悦大教授の高橋洋一氏は「日本経済にとって円安の恩恵は大きい」と説く。(2024/5/2)

Dropboxが“政府認定クラウドサービス”リスト入り 政府調達の対象に
デジタル庁や総務省などで構成されるISMAP運営委員会は、クラウドストレージ「Dropbox」などを、政府のクラウドサービス認定制度「政府情報システムのためのセキュリティ評価制度」(ISMAP)のリストに登録した。これらのサービスは今後、政府調達の対象になる。(2024/5/2)

セキュリティニュースアラート:
英国政府が新法を施行 スマートデバイスで脆弱なデフォルトパスワードを禁止
英国政府はスマートデバイスのサイバーセキュリティ基準を義務化する新法を施行した。この法律は製品メーカーに対してセキュリティ基準の実装を義務付け、脆弱なデフォルトパスワードの使用を禁止する内容を含んでいる。(2024/5/1)

米政府、AIの安全利用を助言する委員会にアルトマンCEOなど大手AIトップを招致
米国土安全保障省はバイデン大統領の指示の下、AIの安全利用に関する諮問委員会を立ち上げた。委員には、サム・アルトマン氏やサティア・ナデラ氏など、AI関連大手のトップなど22人が招致された。(2024/4/28)

Evernote日本法人の解散、「アプリ終了」との誤解につながる サービス改悪、告知不足がユーザー離れに拍車
オンラインメモサービス「Evernote」の日本法人、エバーノート(東京・中央区)が解散する。政府の機関誌である官報で公表した。突然の公表にユーザーからは戸惑いの声が相次ぐ。中には「サービス終了」とのデマもある。(2024/4/26)

広がる巨大IT企業の寡占防止 “包囲網” EUは規制法運用、米はGAFA全て提訴対象に
政府が4月26日閣議決定した「スマホ特定ソフトウエア競争促進法案スマホ新法)」は、巨大IT企業への規制を強化し、アプリストアや決済システムの運営を競合他社に解放することなどを義務付ける内容だ。同様の規制はEUが先行しており、自社サービスの優遇を禁じる「デジタル市場法」を3月に全面適用している。(2024/4/26)

Social Media Today:
「TikTok禁止法案」に米大統領が署名 気になるこれからにまつわる5つの疑問
米連邦上院が、安全保障上の理由からTikTokの米国事業の売却を要求する法案を可決し、バイデン大統領はこれに署名した。9カ月以内に売却できなければ米政府は米国内での配信を禁止できる。気になるこれからについて、5つの疑問に答える。(2024/4/26)

米バイデン政権、Micronの国内DRAM工場に最大61億ドルの助成金
米連邦政府は米半導体大手のMicron TechnologyのDRAM生産拡大に、最大61億4000万ドルの助成金を提供すると発表した。Micronはアイダホ州とニューヨーク州の3つのファブに500億ドルを投じる計画だ。(2024/4/26)

1ドル155円を突破:
連休中の為替介入、一層高まる警戒感 米当局は「優雅な黙認」か
外国為替市場で4月24日、節目の1ドル=155円を突破したことでドル売り/円買い介入への警戒感が一段と高まってきた。連休中の東京市場はメインプレーヤーが減り、急な動きにつながりやすい。市場では、政府・日銀が介入に踏み切っても、米当局はビナイン・ネグレクト(優雅なる沈黙)で応じるとの見方も出ている。(2024/4/26)

ライドシェア、週末の夜は全国で可能に 全面解禁に向け岸田首相「5月中に論点整理を」
政府は4月22日のデジタル行財政改革会議で、一般ドライバーが有償で乗客を運ぶ「ライドシェア」について、週末の夜を一律的にタクシーが不足している時間帯とみなすなどし、まだ解禁していない地域についても今月以降、順次解禁する方針を示した。(2024/4/23)

アナリストの見解:
中国政府の「Intel/AMD禁止令」、中国企業への強い追い風に
中国政府は2024年3月、政府機関向けのPCやサーバにIntelとAMDのCPUを使用することを使用することを禁じるガイドラインを発表したという。この措置は、Intel/AMDの競合にあたるHygon Information Technologyのような中国企業の売り上げ拡大を後押しするとアナリストらは指摘している。(2024/4/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。