• 関連の記事

「政府」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「政府」に関する情報が集まったページです。

ロシア当局、REvilランサムウェア攻撃集団を逮捕したと発表
ロシア連邦保安庁は、RaaS犯罪グループ「REvil」のメンバー14人を逮捕したと発表した。暗号通貨ウォレットや大量の紙幣、PCなどを押収。米連邦政府に報告したとしている。(2022/1/17)

ウクライナ政府に破壊的なサイバー攻撃 Microsoftが報告
Microsoftは、ウクライナ政府に対する破壊的なマルウェア攻撃を確認したと発表した。犯行グループは特定できていないとしているが、ウクライナ保安庁は「ロシア政府に関連するグループが関与している調合がある」としている。(2022/1/17)

米バイデン政権、「Log4j」問題などを受けGAFAやOpenSSFなどを招いたOSSセキュリティ会議開催
米連邦政府は、昨年末に問題になった「Log4j」を契機に民間IT大手やオープンソース団体を招いたサイバーセキュリティ会議を開催した。Googleは会議後、オープンソースの資金調達と管理には政府と民間部門の協力が必要だと語った。(2022/1/14)

世界デジタル政府ランキング 日本が9位に転落、なぜ?
早稲田大学電子政府・自治体研究所が「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を公表した。ICT先進国64カ国のデジタル政府の進捗度を、主要10指標で多角的に評価する。第16回では「デンマーク」が1位を獲得し、日本は前回の7位より2つランクを落とし、9位となった。(2022/1/13)

マイナンバーの利用拡大やデジタル産業も:
デジタル庁発表の「新重点計画」――2025年までの注力分野6つとは
デジタル庁は、デジタル社会を実現するために政府が迅速かつ重点的に実施すべき施策や基本方針を定めた「デジタル社会の実現に向けた重点計画」を策定した。その中身とは?(2022/1/11)

狙われる日本の先端技術、中国への“流出阻止”急務
 日本の先端技術が留学生や研究者、企業を通じて他国に流出し、軍事転用される懸念が強まっている。特に「軍民融合」を掲げる中国が豊富な資金を武器に、民間の頭脳や先端技術を手に入れる事態を阻止することは急務だ。政府は人工知能(AI)を利用したカメラや顔認証機器など先端技術の輸出規制に乗り出したが、経済安全保障の観点からより強固な対策を求める声も出ている。(2022/1/8)

Tesla、新疆ウイグル自治区に販売店 米議員ら批判
米Teslaが中国新疆ウイグル自治区に販売店を開設したことが明らかになった。米政府が中国当局による少数民族ウイグル族への弾圧を非難する中、同自治区に出店するのは「弾圧の隠蔽に加担」していると米議員らから批判を浴びている。(2022/1/6)

政府、海底ケーブル拠点を分散 安保・災害リスク低減へ
政府が海底ケーブルの陸揚げ拠点の分散に2022年度から本格的に乗り出す。経済安全保障上のリスクや地震をはじめとする大規模災害への強靱性を高めるため地方への分散を支援すると同時に、「デジタル田園都市国家構想」の実現に取り組む狙いもある。(2022/1/6)

脱炭素:
脱炭素社会実現のカギ「リチウムイオン電池」と「水素」、その動的解析と今後の展開
国際気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、2018年の「IPCC1.5℃特別報告書」で「産業革命以前から続く世界の気温上昇を1.5度以内に抑えるためには、二酸化炭素(CO2)の排出量を2050年前後には正味ゼロ(カーボンニュートラル)に達する必要がある」と示唆した。この特別報告書を受け、日本を含め世界各国はカーボンニュートラルへの目標を表明している。こうした脱炭素社会へのカギを握る1つに、エネルギーを蓄える「蓄電池(2次電池)」が挙げられる。(2022/1/4)

スピン経済の歩き方:
「人口減は技術革新で乗り越えられる」という考え方が、ダメな理由
日本の人口減少に歯止めがかからない。『朝日新聞』が試算したところ、政府が想定していたペースよりも7年も早く少子化が進行しているわけだが、この問題はどうすればいいのだろうか。「技術革新でなんとかなる」という考え方もあるが……。(2022/1/5)

週休3日制、「賛成」は51.8%に 「プライベートな時間が持てる」一方で、「収入減が心配」
 2021年6月に政府は「経済財政運営と改革の基本方針2021」を閣議決定し、選択的週休3日制の導入を促している。現在週休3日制を導入している企業は少なく、完全義務化の実現はまだ遠いが、働く側は週休3日制をどう考えているのだろうか。(2021/12/30)

ジレンマ:
アベノマスク「廃棄もったいない」配布希望1万件超に
政府が新型コロナウイルス対策で調達し、アベノマスクと揶揄(やゆ)される布製マスクの在庫分を希望者に配布した後に廃棄する意向を示したことで、「もったいない」などと再活用を模索する動きが広がっている。(2021/12/29)

ドローン重量緩和検討 300kgへ倍増も
業務用ドローンについて、政府が重量規制の緩和を検討することが分かった。航空機製造事業法の総重量規制を緩和し、運搬効率の高い大型のドローンをより簡単な手続きで製造できるようにする方向。(2021/12/28)

2022年はどんなサービスが“日本政府の共通クラウド基盤”に? 2021年の「ガバメントクラウド」動向から考える
日本政府の共通クラウド基盤「ガバメントクラウド」。デジタル庁はAWSとGCPを採択したが、日本・海外を問わずさまざまなベンダーが今後の参入に向けて動いている。2022年は、どんなサービスが新たに加わる可能性があるのか。21年の動向を振り返りつつ考える。(2021/12/27)

Tech TIPS:
構造化Excelテク:年と年度、西暦と和暦といった「年」に関するもろもろを解決する
Excelで作成する表には、年や年度を使うことも多い。こうした「年」が入った表は、データの入力に気を付けないと、正しく集計ができなくなるなど活用に困ることになる。そこで、「年」や「年度」を入力する際のポイントや総務省が政府統計の総合窓口(e-Stat)向けに推奨している「時間軸コード」について解説する。(2021/12/27)

ZEB:
大成建設が袖ケ浦市庁舎整備事業でZEB Ready認証を取得、エネルギー消費量を54%削減
大成建設は、現在工事を進める「袖ケ浦市庁舎整備事業」で、「建築物省エネルギー性能表示制度」の最高ランクを獲得するとともに、「ZEB Ready」認証を取得した。今回の事業は、政府が2021年10月に公表した「第6次エネルギー基本計画」で掲げた「ストック平均でZEH・ZEB基準の水準の省エネ性能が確保されていることを目指す」の項目に資する取り組みとなる。(2021/12/27)

ブロードバンドに賭ける英国の試み【後編】
「水道管で高速通信」を狙う英国の発想に“足りないもの”とは?
英国政府はコストを抑制して高速通信を普及させるために、水道と通信のインフラを併用する計画を打ち出している。これは賢い選択と言えるのだろうか。(2021/12/27)

残りを廃棄の方針に:
「アベノマスク」意外にも人気殺到! 希望者に配布
政府が昨年、新型コロナウイルスの感染防止策として配布した「アベノマスク」を含む布マスク。在庫の保管費用について会計検査院から指摘を受け、岸田文雄首相が希望者に配布した上で、残りを廃棄する方針を明らかにしたところ、意外にも人気殺到の状況だという。(2021/12/24)

コミケ準備会、政府のワクチン接種確認アプリ使用は「どうしても必要な方のみ」
コミックマーケット準備会は23日、政府の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も「コミックマーケット99」入場時の確認に使用できると発表した。ただし「どうしても必要な方のみ」に限定する。(2021/12/22)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 “政府とIT”編:
デジタル庁創設で何が変わったか? 「仲良くないけど期待しかない」府省庁の胸の内
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、農林水産省のITテクニカルアドバイザーを務める坂本俊輔氏。他の府省庁のIT人材にとって、デジタル庁はどんな存在なのか? 期待や課題、おカネの話まで──「政府とIT」の実情を聞いた。(2021/12/21)

政府の「新型コロナワクチン接種証明アプリ」がリリース “COCOAの悪夢”を教訓に
政府は「新型コロナワクチン接種証明アプリ」(iOS/Android、無料)をリリースした。NFC対応スマートフォンでマイナンバーカード(マイナカード)を読み込むことで、接種証明の電子申請や、接種履歴をQRコードとしてスマホの画面上に表示することができる。(2021/12/20)

さくらのクラウドやSlackが“政府認定クラウドサービス”に登録 各省庁の調達対象に
政府が「さくらのクラウド」や「Slack」など14サービスを、クラウドサービスの認定制度「ISMAP」のリストに登録。政府調達の対象として認定した。(2021/12/20)

市場暴落の呼び水になるか:
湾岸タワマンの購入層に影響大! 住宅ローン減税の大幅縮小
政府と与党が住宅ローン減税の大幅縮小を決めたらしい。所得税と住民税から差し引く控除率を残高の1%から0.7%に引き下げ、減税期間は13年に延長。年間の減税額は、最大で40万円から21万円に縮小される…と報道されている。(2021/12/20)

日本政府の「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」、公開 iPhone版とAndroid版 Apple Watchで表示も可能
ワクチン接種証明書のiPhone版、Android版アプリが公開された。(2021/12/20)

実質的な「最低賃金割れ」も多発:
最低賃金はどこまで上がるか? 「安すぎる日本」の行方
2021年10月、最低値賃金が全国平均で28円アップして話題になった。政府はさらに引き上げていく方針を示している。反発する経営団体もあるが、日本の最低賃金はどこまで上がるだろうか? また、最低賃金を上げるのは何のためか? 人事コンサルタントが解説する。(2021/12/20)

「Go To」1月末にも再開 ホテルまた混乱も
来年1月末にも再開が見込まれる政府の観光支援策「Go To トラベル」は、昨年7〜12月に行われた第1弾のトラベル事業に見直しを加えた上で行われる。一時的にでも宿泊需要が押し上げられ、「危機」を和らげるとのホテルの期待は大きい。だが……。(2021/12/18)

日本のホテル、「脱インバウンド」で再生なるか
政府が来年1月末にも観光支援策「Go To トラベル」を再開する方向で検討を始めた。新型コロナウイルスの感染状況も落ち着き、ホテルなど宿泊業界の客足回復に対する期待はが強まっている。もっとも、コロナ前にインバウンド(訪日外国人客)に頼りすぎ、過大な投資が重荷となって経営破綻に至ったケースもある。こうした例を教訓に「危機」をホテルはいかに乗り切るのか。2回にわたり検証する。(2021/12/17)

米財務省、DJIが中国政府のウイグル監視を支援しているとしてNS-CMICリストに追加
ドローン大手の中国DJIを、米財務省が「NS-CMIC List」に追加した。財務省はDJIが中国政府によるウイグル人監視を支援しているとしている。米国民はDJIの公開有価証券を売買できなくなる。(2021/12/17)

クラウド利用基準改定へ 行政サービス安全性強化
デジタル庁は2023年度末までに政府のクラウド利用の統一基準を改定することを、デジタル社会の実現に向け政府が取り組む施策を示した「重点計画」に盛り込む。重点計画には行政サービスの他、健康や教育、防災など暮らしに関するデジタル化の方向性も明示する。(2021/12/17)

研究者の情報開示要求 技術流出阻止へ指針改定
政府が大学などに研究費を支出する際の指針の改定案の全容が判明した。研究者に対し、所属や役職、外国のプログラムの参加の有無などの情報開示を求める。海外への先端技術の流出、安全保障上の脅威になる恐れのある研究への支援を防ぐ狙いがある。(2021/12/17)

米連邦政府のCISA、「Log4j」対策をクリスマスイブまでに完了するよう政府機関に指示
米連邦政府のサイバーセキュリティ諮問機関CISAが、連邦政府機関に対し、「Log4j」の脆弱性対策を12月24日のクリスマスイブまでに完了するよう指示した。CISAはこの脆弱性に関する専用Webページも立ち上げた。(2021/12/15)

これからの「労組」に求められるものは:
「4%賃上げ要求」は妥当か? 賃上げ騒動に覚える3つの違和感
政府と連合が中心となり、賃上げを促す動きが出てきている。筆者は、この間の動きをウォッチしながら覚えた違和感があると解説する。果たしてその違和感の正体とは。(2021/12/15)

“政府のデジタル化”世界ランキング、日本は何位? 早稲田大調査
早稲田大学電子政府・自治体研究所(東京都新宿区)は12月10日、「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を発表した。1位はデンマークが獲得。日本は2020年から2つ順位を落として9位にランクインした。(2021/12/14)

政府の「接種証明アプリ」は普及するのか マイナンバーカード所持が前提 自治体独自のアプリには成功例も
 デジタル庁は20日、新型コロナウイルスワクチンの接種証明アプリを公開する。書面で交付されている接種証明をスマートフォンでできるようにして利便性を高める狙いだが、申請にはマイナンバーカードが必要になるなど「利用へのハードルが高い」という指摘もある。普及するのか。(2021/12/14)

ワクチンパスポートアプリを公開 政府
政府は13日、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」について、スマートフォン上で表示するための電子交付アプリを公開した。20日からダウンロードでき、大半の自治体で電子発行が可能になるという。氏名や生年月日、接種記録などが表示され、緊急事態宣言が出ても行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」や海外渡航手続きでの使用を想定している。(2021/12/14)

政府の「接種証明アプリ」は普及するのか マイナンバーカード所持が前提 自治体独自のアプリには成功例も
デジタル庁が新型コロナウイルスワクチンの接種証明アプリを公開する。接種証明をスマートフォンでできるようにして利便性を高める狙いだが、申請にはマイナンバーカードが必要など「利用へのハードルが高い」という指摘もある。(2021/12/14)

早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021:
世界デジタル政府ランキング、1位は前回2位からのデンマーク、日本は前回の7位から9位へ
今年で16回目の「早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」の結果は、1位デンマーク、2位シンガポール、3位が英国だった。日本は前回の7位から9位へ。(2021/12/13)

「行財政改革への貢献度」「オープンガバメント」などの項目で1位:
1位は「デンマーク」 早稲田大学が「世界デジタル政府ランキング2021」を発表
早稲田大学電子政府・自治体研究所は、「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を発表した。1位はデンマーク、2位はシンガポール、3位は英国。日本は9位だった。(2021/12/13)

岸田さん…「脱デフレ」なしに投資回復は無理だ 日本再生の意志薄弱
 デルタ株、次はオミクロン株と、変異相次ぐ新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の脅威のもと、主要国は政府債務増に目もくれず財政支出拡大を続けている。(2021/12/10)

Microsoft、中国のスパイグループのWebドメインを押収
icrosoftは、中国を拠点とするハッキンググループNickelが悪用していたWebドメインを押収したと発表した。28カ国の政府機関、シンクタンク、人権団体などからの情報収集のために使われていたという。(2021/12/7)

電子帳簿保存法、電子保存に2年の猶予 施行1カ月前の省令改正
2022年1月に施行される電子帳簿保存法の改正で、電子データで受け取った請求書などの保存に関して、電子的保存の義務化を2年間猶予される。日経新聞が、政府・与党の動きとして報じた。(2021/12/6)

18歳以下の5万円分クーポン、デジタルと紙の2通りで
政府が追加経済対策の目玉として盛り込んだ18歳以下への10万円相当の給付のうち、来春支給する5万円分のクーポンの配り方が5日、分かった。自治体が開設した通信販売専用のサイトで利用できるポイントを付与する形式を検討しているほか、過去の給付と同様に紙のクーポン券も用意。実務を担う市区町村が域内でどちらを使うか選択できる仕組みになる見通しだ。(2021/12/6)

ワクチン接種者限定ツアー 旅行業界の救世主なるか
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染者が確認されたものの、国内のコロナ感染者数は減少し、大打撃を受けた旅行業界にも需要回復の兆しが見え始めている。その中で、ワクチン接種者限定のツアー商品や割引サービスが相次いで登場している。国も接種証明書や陰性証明書を活用して行動制限を緩和する実証実験をスタート。政府が再開を検討する観光支援事業「Go To トラベル」への期待も高まる。一方、業界からは未接種者の排除につながることを懸念する声も上がる。感染対策と需要喚起の両立の模索が続いている。(2021/12/3)

電子政府ランキング1位のデンマーク 徹底的な省力化
デジタル先進国、デンマークを出張で訪れた。国連が発表する世界電子政府ランキングで1位になり、日本のお手本とされる国だ。驚いたのは技術力以上に、省力化の徹底ぶりだった。(2021/12/3)

政府に先駆け:
星野リゾート、独自の“Go To”実施 宿泊料金、最大2割引き
星野リゾートが独自の“Go To トラベル”を始めた。2022年1月31日までの宿泊料金が、公式サイトからの予約で最大2割引きになる。政府が“本家”の「Go To トラベル」を再開した場合は、同社は自社のキャンペーンを終了する方針。(2021/12/2)

さらなる調査を開始:
英国、NVIDIAによるArm買収の調査を拡大へ
英国政府は、NVIDIAによるArmの買収について、競争や国家安全保障などの面で懸念があるとして、24週間に及ぶ追加調査を開始したという。規制当局は、初期調査に関する詳細な報告書を発表しており、「NVIDIAのArm買収によって、技術イノベーションが阻害される可能性がある」と結論付けている。(2021/11/30)

ワーケーションの認知率は71.2% やりたい場所は?
商品やサービスの不満を買い取る「不満買取センター」を運営するInsight Tech(インサイトテック、東京都新宿区)が「コロナ禍の働き方と政府への期待」に関する意識調査を実施した。(2021/11/29)

Google、「プライバシーサンドボックス」で独立監視者任命を約束
英政府の競争規制当局CMAは、Googleから「プライバシーサンドボックス」に関する改善したコミットメントを受理したと発表した。独立した監視受託者の任命などが含まれる。CMAはこれについて12月半ばまで協議する。(2021/11/28)

石油依存からの脱却を図るサウジアラビア
サウジアラビアの基金管理団体が「OCI」を選んだ“政府機関ならでは”の理由
石油やガスへの経済的依存度を減らすために、サウジアラビアは観光産業開発に40億ドルの基金を投資する。同基金は財務や人事、調達といった業務を効率化させるために、OCIを採用した。その理由とは。(2021/11/26)

新設のデジタル田園都市国家交付金、補正に100億円
政府が「デジタル田園都市国家構想推進交付金」として100億円を2021年度補正予算案に計上する方針を固めた。地方自治体のデジタル分野の取り組みを支援し、経済成長につなげたい考えだ。(2021/11/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。