• 関連の記事

「安全運転支援システム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安全運転支援システム」に関する情報が集まったページです。

電気自動車:
ホンダが新型EVとコンセプトモデルを披露、中国から他地域へのEV輸出も視野
ホンダは2021年10月13日、オンラインで「中国電動化戦略発表会」を開催した。(2021/10/14)

シリーズ11代目:
ホンダ、新型シビック9月に発売 22年には「タイプR」の発売も予定
ホンダが、ハッチバックスタイルの新型「CIVIC(シビック)」を9月3日に発売すると発表した。(2021/8/6)

11代目シビック誕生:
ホンダ、新型「シビック」世界初公開 今秋に発売予定
ホンダが11代目シビックを世界で初めて公開した。1972年誕生から長く愛されている証拠だ。発売は21年秋を予定している。(2021/6/24)

より力強いデザイン:
ホンダ、新型「ヴェゼル」を4月23日発売 初のフルモデルチェンジ
ホンダは小型SUVの新型「ヴェゼル」を4月23日に発売すると発表した(2021/4/22)

主力SUV、初の全面刷新:
ホンダ、新型「ヴェゼル」初公開 “同色グリル”で一体感を強調
ホンダは、小型SUVの新型「ヴェゼル」を初公開した。初のフルモデルチェンジとなった新型モデルは、デザインを大幅に刷新。2021年4月に発売する。(2021/2/18)

象徴的なデザインがポイントに:
ホンダの新型「N-ONE」、発売1カ月で8000台受注 6速MT搭載グレードは3割
ホンダは、軽自動車の新型「N-ONE」の受注台数が発売1カ月で8000台を超えたと発表。販売計画台数は月2000台。好調なスタートとなった。(2020/12/21)

セレブに人気 「レンジローバー イヴォーク」に2021年モデル、204馬力のINGENIUMディーゼル+MHEVを新設定
丸っこくておしゃれな小型SUV。(2020/12/11)

FCVってEVと何が違うの? トヨタ、燃料電池車「MIRAI」をフルモデルチェンジ 満タン850キロ走行可能に
「空気をきれいにする機能」も搭載……!?!?(2020/12/10)

初のフルモデルチェンジ:
ホンダ、新型「N-ONE」を発売 6速MTを設定、初代を継承した“タイムレス”デザインに
ホンダは11月20日、軽自動車の新型「N-ONE」を発売する。初代モデルの個性を受け継いだデザインに仕上げた。上級グレードには軽自動車として初めてFFターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションの組み合わせを設定している。(2020/11/19)

パイオニア、緊急通報機能付きドライブレコーダーを発売 市販品では初
パイオニアは、市販のドライブレコーダーとして初めて緊急通報機能を備えた「ドライブレコーダー+」を11月中旬に発売する。それに先駆け、クラウドファンディングサイト「Makuake」で先行販売を始めた。(2020/10/9)

2ドアSUVスタイル ホンダ、新型EVコンセプトカー「Honda SUV e:concept」発表 北京モーターショーで初披露
スタイリッシュでカッコイイ。(2020/9/27)

秋にフルモデルチェンジ:
ホンダ、新型「N-ONE」を先行公開 FFターボ×6MTも設定
ホンダは、今秋にフルモデルチェンジを控える軽自動車「N-ONE(エヌワン)」の新型モデルを特設サイトで公開した。特徴的なデザインを踏襲しながら、N-ONEらしさをさらに強調。走行性能も高めて運転の楽しさを追求した。(2020/9/11)

AIアシスタント搭載のコンパクトEV「Honda e」登場
ホンダが独自のAIアシスタントやスマートフォン連携など最新技術を詰め込んだコンパクトEV「Honda e」(ホンダ イー)を発表した。(2020/8/27)

「おいこれ屋根が開くぞー」「しかもデカい」 ベンツの“公式”キャンピングカーが激かっちょぇぇ!
すぐ車中泊したくなるやつ。(2020/5/21)

1200MHz帯域幅の割り当て検討:
「Wi-Fi 6」用の6GHz帯開放に向け規則案、米FCC
米連邦通信委員会(FCC)は2020年4月1日(米国時間)、6GHz帯をWi-Fi用途向けとして開放する規則案を発表した。(2020/4/8)

プラットフォームを刷新:
ホンダ、新型「アコード」発売 10代目、時代に合ったセダンへ
ホンダは2月21日、主力セダン「アコード」をフルモデルチェンジして発売。10代目となる新型モデルでは、今の時代に合ったデザインや機能性を訴求する。(2020/2/20)

4つの“心地よさ”を訴求:
ホンダ、新型「フィット」発売 ライフスタイルに合わせて選ぶ5タイプ
ホンダは2月14日、主力小型車「フィット」の新型車を発売する。“心地よさ”を新たな価値として提案。月1万台の販売を目指す。(2020/2/13)

「TYPE R」は20年夏に登場:
ホンダ「シビック」改良 セダン、ハッチバックのデザイン変更
ホンダは「シビック セダン」と「シビック ハッチバック」を一部改良し、1月23日に発売する。(2020/1/10)

“空飛ぶバイク”に、ヤマハの“謎の四輪駆動車”も 2019年に見た未来のクルマ
2019年は、東京モーターショーが開催され、未来を感じるクルマやバイクが多数展示された。どんな製品が発表されたのか振り返ってみたい。(2019/12/24)

車載ソフトウェア:
安全運転支援システムの開発をサポートするAIプラットフォーム
ディジタルメディアプロフェッショナルは、安全運転分野向けAIプラットフォーム「ZIA SAFE」を発表した。ドライブレコーダーを使った安全運転支援システムの構築を、ZIA SAFEでサポートする。(2019/11/25)

かなりイケメン!? アウディ「A1スポーツバック」を8年ぶりに刷新 広々車内スペース、365万円から
黄色がまぶしい。限定250台の「A1 Sportback 1st edition」も。(2019/11/2)

写真で見る「新型FIT」と「Honda e」【写真60枚】
ほっ。やさしい顔だ……。Honda eもカワイイですな〜。(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
ホンダ、新型「FIT」世界初公開 ネットにつながる車に進化
ホンダが新型「FIT」を東京モーターショー2019で世界初公開。車載通信モジュール「Honda CONNECT」を日本初搭載し、スマートフォンによる遠隔操作などにも対応した。安全性・乗り心地もさらに高めた。(2019/10/23)

メルセデス・ベンツ、Eクラス クーペ/カブリオレに新モデル マイルドハイブリッド「BSG」搭載車を拡充
スポーティーなクーペ、シャレオツなカブリオレにもBSG。(2019/10/9)

ホンダ、軽トールワゴン「N-BOX」を一部改良 自動ブレーキ「横断自転車」の検知に対応【画像60枚】
装備充実、価格は据え置き。(2019/10/3)

メルセデス・ベンツ「C200」に特別仕様車 Sクラス相当の運転支援システムを搭載
限定5台を一足早くWebで先行販売。【写真11枚】(2019/7/2)

BMW、最高510馬力のスーパーSUV「X3 M」「X4 M」発表 ミドルクラスSUVに初のMモデル
X3とX4に初のMモデル登場。(2019/6/24)

メルセデス・ベンツ、新型「GLE」発表 プレミアムSUVをフルモデルチェンジ、3列目シート標準装備
7人乗りになりました。(2019/6/20)

人工知能ニュース:
低速自動運転を“商品レベル”で実現へ、ヤマハ発動機とDMPがAIで資本提携
ヤマハ発動機は2019年5月12日、同社製品の自動化と自律化の実現に向けた知能化技術(AI)開発力の強化を目的として、ディジタルメディアプロフェッショナル(以下、DMP)と業務資本提携を行うことを発表した。DMPが行う第三者割当新株式をヤマハ発動機が引き受ける形となり、出資完了後はヤマハ発動機がDMPの筆頭株主となる。(2019/5/13)

自動運転技術:
トヨタらがUber新会社に10億ドル出資、ライドシェア向け自動運転車の開発加速
トヨタ自動車、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは2019年4月18日(現地時間)、Uber(ウーバー)の研究開発部門Advanced Technologies Group(Uber-ATG)が基となる新会社に合計10億ドル(約1120億円)を出資すると発表した。これにより、Uberとトヨタ自動車はこれまで取り組んできたライドシェア向け自動運転車の開発を強化する。(2019/4/22)

自動運転技術:
トヨタ子会社TRI-ADがNVIDIAを全面採用、シミュレーションから車載コンピュータまで
NVIDIAは2019年3月18日(現地時間)、ユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19〜21日)において、トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)との協業範囲を拡大すると発表した。自動運転AIの学習、クラウドベースの走行シミュレーションによる検証から開発用車載コンピュータまで、エンドツーエンドでNVIDIAの技術、製品を採用する。(2019/3/20)

日本専用エンジンだと!? BMWが新型「3シリーズ」発表 目指すは「究極のドライビングマシン」
シャシー一新、初の3眼カメラにAIアシスタント。写真でじっくり見ましょう、新型「BMW 3シリーズ」【写真93枚】(2019/1/30)

CES2019:
想定外のもらい事故も開発に反映、トヨタの“高度”運転支援システムの最新状況
技術であの“もらい事故”は避けられたのか――。トヨタ自動車は2019年1月7日、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)に関連した記者会見において、高度安全運転支援システム「ガーディアン」の開発の取り組みを紹介した。(2019/1/9)

CES2019:
トヨタ子会社の自動運転実験車が進化、コンピュータの電源は駆動用バッテリー
トヨタ自動車は2019年1月3日(現地時間)、消費者向けエレクトロニクス展示会「CES 2019」(2019年1月8〜11日、米国ネバダ州ラスベガス)において、Toyota research Institute(TRI)が最新の自動運転実験車両を披露すると発表した。前世代の自動運転実験車両と比較して、「賢さ」を向上させたとしている。(2019/1/7)

トヨタ、自動運転テスト車を新開発 新型「Lexus LS」にカメラ追加、認識性能を向上
トヨタが自動運転テスト用の新型車「TRI-P4」を開発。CES 2019に出展する。(2019/1/4)

これは上質でかっこいい! 新型「インサイト」発売、燃費はリッター28.4キロ
価格は326万円から。(2018/12/14)

ハイブリッド専用車が復活:
ホンダ、新型「インサイト」発売 ミドルセダンの新モデルへ進化
ホンダは12月14日、新型ハイブリッドセダン「INSIGHT(インサイト)」を発売する。(2018/12/13)

内外装を落ち着いたデザインに:
スズキの軽乗用車「アルトラパン」に“オトナな”特別仕様車 シックな印象の「モード」登場
スズキが、軽乗用車「アルトラパン」の内外装を変更した特別仕様車「モード」を発売。税込価格は135万3240円〜145万2600円。シックで大人な印象を与える、落ち着いたデザインを採用した。(2018/12/6)

好みのデザインを実現:
光岡自動車、2シーターオープン「Himiko」マイナーチェンジ カラー充実、安全性向上
光岡自動車が、2シーターオープン「Himiko」をマイナーチェンジ。従来はボディーカラーを7色展開としていたが、30色から選択できるオプションなどを新設した。「車線逸脱警報システム(LDWS)」などの安全運転支援システムも全車で標準装備した。(2018/12/6)

悪路でも走破性を発揮:
ホンダ、新型SUV「Passport」世界初公開 19年に米国で発売
ホンダは、米カリフォルニア州ロサンゼルスで開催されている「ロサンゼルスオートショー」で、新型SUV「Passport(パスポート)」を世界初公開。(2018/11/28)

4年ぶり復活:
ホンダ、新型「INSIGHT」を先行公開 上質な走り・デザインを追求
ホンダが、今冬発売予定の新型「INSIGHT」の情報を公式Webサイトで先行公開。4年ぶりの復活となり、「走り、デザイン、安全性能、すべてにおいて上質を追求した」としている。(2018/10/5)

ホンダ、新型「インサイト」を発表 上級セダンに変わった3代目
2018年冬に発売予定。【写真40枚】(2018/10/5)

内外装・安全支援システムを変更:
アウディ「Q2」一部改良 特別仕様車「#contrast limited」も登場
アウディがコンパクトSUV「Q2」シリーズの装備・仕様を一部改良し、発売。内外装・安全支援システムを変更した。特別仕様車「Audi Q2 #contrast limited」も発売した。(2018/9/20)

ブラックスタイルでシブめ! スバル「レガシィ アウトバック」に設立60周年の特別仕様車
「レガシィ B4」もマイナーチェンジ。(2018/9/11)

うわ、SUVなのに360馬力の怪物モデルも 新型「BMW・X4」発売、都会派イメージのクーペスタイル
走りの“M”モデルもあります。(2018/9/8)

軽快で安全な走り:
ホンダ、新型「CR-V」発表 3列シート7人乗りも設定
ホンダが新型「CR-V」を発表。ガソリンモデルを8月31日、ハイブリッドモデルを11月1日に発売する。ガソリンモデルには3列シート7人乗りも設定し、幅広いニーズに対応する。(2018/8/30)

モビリティサービス:
トヨタがUberに555億円出資、両社のシステムを載せて自動運転車の安全性向上
トヨタ自動車は2018年8月28日、ライドシェアサービス大手のUber technologiesに5億米ドル(約555億円)を出資すると発表した。高度安全運転支援システム「ガーディアン」を搭載したトヨタ自動車のミニバン「シエナ」に、Uberの自動運転キットを組み合わせて自動運転のモビリティサービス専用車両を開発し、2021年に市場導入する。(2018/8/29)

運転支援機能も充実:
メルセデス・ベンツ、新型「Cクラス」国内発表 デザイン刷新
メルセデス・ベンツ日本が、セダン/ワゴン/クーペ/カブリオレの新型「Cクラス」を発表。デザインを刷新したほか、運転支援機能やテレマティクスサービスを充実させた。(2018/7/25)

ホンダ、プラグインハイブリッド仕様の上級セダン「クラリティPHEV」を投入 プリウスPHVと何が違う?
価格は約590万円から。EVモードで114キロ走行可能に。【写真50枚】(2018/7/20)

車両デザイン:
ホンダ「Nシリーズ」に新モデル、助手席までフルフラットでセンターピラーレス
ホンダは2018年7月12日、商用バンタイプの軽自動車「N-VAN」を発売すると発表した。発売日は同年7月13日。軽自動車「N-BOX」のプラットフォームを活用しながら広い積載スペースと積載作業の効率性を実現した。(2018/7/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。