• 関連の記事

「コンビニ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!コンビニ・ファーストフード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコンビニ・ファーストフード関連の質問をチェック
「コンビニ」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

ファミリーマートが「小枝みたいなパン」で森永製菓とコラボ 重さは本家の50倍
もはや「小枝」じゃなくて「大枝」。(2022/1/24)

ローソンでApple Pay利用、Pontaポイントが通常プラス16%に(2月いっぱい)
昨年12月からスタートしたキャンペーンが現在も継続中だ。(2022/1/19)

この盛り塩、絶対にプッチンプリンの容器で作ったでしょ!? あるコンビニのアイデアに「効果ありそう」の声
なんとなく甘党が寄ってきそう。(2022/1/15)

「ワクワク働けるお店」目指す:
ファミマが「がっつきメシ」を発売 全国11地域で異なる商品を店舗スタッフと開発
ファミリーマートは1月18日〜2月7日、各地域限定の「がっつきメシ」を販売する。店舗で働くスタッフが商品開発に参加する「ワクワク働けるお店」を目指した取り組みを推進しており、その一環となる。(2022/1/14)

ミニストップ、フライドポテト3個分の「バケツポテト」発売
フライドポテトがなければミニストップで食べればいいじゃない。(2022/1/14)

MEGA BIGの当せん金12億円、払い戻しされず 「当せん者を探しています!」と呼びかけ
大分県のコンビニで販売したMEGA BIGです。(2022/1/14)

新スプーンに続く施策:
ファミマ、フォークを軽量化 プラ削減のために工夫したことは?
ファミリーマートは1月25日から、新しいデザインのフォークを関東地方、東海地方、甲信地方における8700店舗で取り扱うと発表した。プラスチック使用量の削減が狙い。(2022/1/11)

CGで作られた「空中世界のセブンイレブン」がかっこいい! 空飛ぶクルマでしか来店不可、想像を刺激するギミックが満載
駐車している車のセンスもステキ。(2022/1/9)

無印、ソニーに続き:
現地のセブン-イレブンに罰金 中国当局が日本企業に“次々と”
中国当局が現地の日系企業を標的にする例が事例が相次いでいる。コンビニ大手セブン―イレブンの中国現地法人が15万元(約270万円)の罰金を科された。(2022/1/9)

正月特番の“試食拒否”シェフに批判殺到、無関係の店も被害に TBS「誹謗中傷止めて」
TBSが番組出演者への誹謗中傷を止めるよう注意喚起した。正月特番に出演していた有名シェフがコンビニのおにぎりの試食を拒否し、味を判定しようとしていたことから、Twitterなどで批判が相次いでいた上、一連の騒動とは無関係のレストランにも誹謗中傷の被害が及んでいたため。(2022/1/5)

ローソンのau PAY利用で「鬼滅の刃」グッズが当たる 200円割引クーポンも
全国のローソンでau PAYを合計700円以上利用すると、オリジナルデザインの「鬼滅の刃」グッズが抽選で当たるキャンペーンを開催。キャンペーンの条件を満たしたユーザーへau PAYの200円割引クーポンもプレゼントする。(2022/1/5)

牛乳の消費拡大を応援:
ローソン、「ホットミルク半額」の結果を発表 販売数ランキング1位は茨城県
ローソンは、2021年12月31日〜22年1月1日に全国のローソン店舗で半額にて提供した「マチカフェ ホットミルク」の販売量を発表した。コロナの影響で需要が減少した牛乳の消費量拡大を応援するのが目的だった。(2022/1/5)

「なにわろてんねん」「最後の顔」 コンビニ強盗を撃退する4コマ漫画がぶっ飛び展開で話題に
店員さんの顔よ。(2022/1/5)

ローソンで1月11日から「鬼滅の刃」キャンペーン 宇髄天元の店内放送も
さまざまな商品が登場します。(2022/1/4)

出店を加速:
ファミマが掲げる“無人1000店” 小型・無人化で開拓する新たな商圏とは?
コロナ禍の影響もあって注目を集めている無人決済店舗。その導入で1歩リードしているコンビニが、ファミリーマートだ。なぜファミマは導入を加速させているのか。担当者に聞いた。(2022/1/4)

コンビニ3社がApple Gift Cardで1割還元 セブン-イレブン、ローソン、ファミマでバリアブル購入、1月3日まで
コンビニによって還元方法が異なるので注意。(2021/12/30)

黒を基調としたデザイン:
「ファミマソックス」第3弾が数量限定で発売 12月28日から
ファミリーマートは、同社のオリジナルブランド「コンビニエンスウェア」から第3弾となる「ラインソックス」を発表した。黒を基調とし、ファミマカラーの緑と青のラインを入れた。(2021/12/28)

ミニストップ「Xフライドポテト」が期間限定で1.5倍に!
思う存分食べられる!(2021/12/25)

レンチンおかず多数:
「これは助かる」村の売店にコンビニ自販機 全国で初めて沖縄ファミマ
沖縄県国頭村と沖縄ファミリーマートは、村安田区の安田協同店に、同社の食料品60点を扱う自動販売機2台を設置したと発表した。(2021/12/26)

昨年に続き2回目:
ローソン、余ったクリスマスケーキを福祉施設などに寄贈 食品ロス削減の一環
ローソンは店頭で予約販売しているクリスマスケーキの余剰分を寄贈する。食品ロス削減の一環。(2021/12/23)

3年連続1位:
ローソンの「からあげクン」、2021年に最も売れた都道府県は?
ローソンは、全国約1万5000店舗のローソンおよびナチュラルローソン店舗のPOSデータをもとに都道府県別の商品販売高ランキングを発表した。同社の看板商品「からあげクン」が最も売れている都道府県は? そのほか、おにぎりや菓子パン、冷凍デザートが売れている都道府県も調査した。(2021/12/22)

gloの薄型「プロ・スリム」全国のコンビニで販売開始 加熱式への移行を促す
ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパンは12月21日、全国のコンビニエンスストアで、加熱式たばこ専用デバイス「glo pro slim(グロー・プロ・スリム)」の販売を開始した。(2021/12/21)

ローソン、「ホットミルク」を半額の65円で販売  12月31日〜1月1日の2日間、年末年始の牛乳の消費支援へ
牛乳飲もう!(2021/12/21)

大みそかと元日:
ローソン、ホットミルクを半額で販売 牛乳の消費拡大を狙う
ローソンは、牛乳の消費支援を目的に「マチカフェ ホットミルク」を半額で販売する。昨年3月にも同様のキャンペーンを実施しており、その際は期間合計150万杯を達成している。(2021/12/21)

ミニストップ全店舗で「スマートレシート」が利用可能に スマホで購入履歴を確認
ミニストップアプリおよびスマートレシートアプリの双方で使用可能。(2021/12/19)

累計販売数は900万食:
ローソンストア100の「100円おせち」  高級食材「味付けあわび」も100円に抑えられる驚愕の理由
ローソンストア100は12月25日から毎年恒例の「100円おせち」を販売する。高級食材「味付けあわび」も100円に抑えられる驚愕の理由を販売戦略の担当者に聞いた。(2021/12/17)

発行コストや環境負荷を削減:
ミニストップ、全店舗で「スマートレシート」導入 スマホで購入履歴を確認
ミニストップが全店舗に、東芝テックが運営する電子レシートシステム「スマートレシート」を導入すると発表した。(2021/12/17)

コンビニでは初:
ローソン、「ヒグチユウコ」とコラボしたアイスを発売 女性ファンに訴求
ローソンは、イラストレーターや絵本作家として有名なヒグチユウコ氏が描き下ろしたイラストをパッケージに使用した商品を、12月21日から順次発売する。女性ファンに同社のアイスを訴求するのが狙い。(2021/12/16)

ファミマ新「ファミマル」好調 150%の伸び
 ファミリーマート(東京都港区)は12月15日、新プライベートブランド「ファミマル」商品の、11月売り上げが軒並み順調であることを発表した。特に「じゅわっと肉汁!!!鉄板焼ハンバーグ」は、リニューアル前の商品と比較し、約150%の伸び率を記録した。(2021/12/15)

節約志向に対応:
ファミマが発売した「356円弁当」は、どうなった? 担当者に聞いて分かった“意外”なニーズ
ファミリーマートは9月、新たな弁当シリーズ「ファミマトクトク弁当」を立ち上げた。第1弾として「タルタル鶏天丼」と「直火焼チャーシュー丼」(いずれも356円)を発売。計画通りに売れたのか?(2021/12/15)

ローソンストア100、「100円おせち」40種類を発売 累計販売数900万食を突破
ローソンストア100は、12月25日に全国の店舗で「100円おせち」を販売する。2012年の販売から累計販売数は900万食を突破。今年は昨年比130%となる約300万食の販売を目指す。(2021/12/14)

リテール&ロジスティクス:
千葉県流山市で延べ32万m2の物流施設が竣工、保育施設・コンビニ・カフェも完備
大和ハウス工業は、千葉県流山市で計画を進める「DPL流山プロジェクト」で、物流施設「DPL流山I」「DPL流山III」に続き、3棟目となる「DPL流山IV」が竣工したことを公表した。(2021/12/13)

専用アプリが必要:
銀行口座から「モバイルSuica」などに直接チャージ ローソン銀行とJR東日本が2022年春をめどに提供
ローソン銀行とJR東日本が、提携金融機関の預金口座の残高からモバイルSuicaにチャージできるサービスを開始する。利用には専用アプリが必要で、口座登録時にローソン銀行のATMでの「本人確認」も求められる。(2021/12/8)

「鬼滅の刃」デザインの探し物トラッカー「Tile」、ローソンで12月9日発売
竈門炭治郎、竈門禰󠄀豆子、我妻善逸、嘴平伊之助、煉󠄁獄杏寿郎の5人をデザインしたBluetoothベースの探し物トラッカーだ。(2021/12/7)

スマートリテール:
ローソンとマイクロソフトが協業、AIとカメラ活用で小売業のDXを推進
日本マイクロソフトは2021年12月2日、小売店舗のDX推進を目的とした取り組みにおいてローソンと協業することを発表した。神奈川県内の4店舗で「店舗運営支援 AI」などを用いた実証実験を、同年11月から2022年3月の期間で実施する。(2021/12/7)

【小説編】「Kindle本冬のキャンペーン」開催 『日本沈没』『コンビニ人間』『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』など50%ポイント還元
どれも読みたい本ばかり……!(2021/12/6)

小売業界×DX:
ローソンが店舗におけるDX推進でマイクロソフトと協業 AIを活用した「売れる店舗」作り
マイクロソフトとローソンが店舗のDXの取り組みで協業する。AIが分析したデータを参考に顧客が買いやすい売場を作り、利益向上を図る。(2021/12/6)

メルカリとコンビニ大手が転売対策で連携 限定品・くじ景品などの情報を共有
メルカリがコンビニ大手3社と転売対策に向けた包括連携協定を締結した。キャンペーンや商品の情報を共有することで規約に反する出品の取り締まりを強化する。(2021/12/3)

それでも店舗で買い物したい 百貨店やコンビニの消費者ニーズ、コロナ禍やDXで変化は――電通デジタル調査
電通デジタルの調査によると、リテール業界では、コロナ禍でデジタルシフトが進んだ一方、リアル店舗ならではの「価値体験」ニーズも少なくないことが判明した。(2021/12/3)

コロナの影響:
ファミマ、品薄だった「ファミチキ」を通常販売へ クリスマスチキンの予約も再開
ファミリーマートは、11月9日から販売数量の調整をしていた「ファミチキ」を、12月14日より通常販売すると発表した。店舗によっては品薄状態が続いていた。(2021/12/2)

ローソンが洗剤やシャンプーなど日用品の量り売りを開始 商品カテゴリーの拡大も検討
プラスチック削減のため、行われます。(2021/12/1)

プラ削減が狙い:
ローソン、日用品の量り売りを始める ローソン店舗では初めて
ローソンは、同社の店舗では初めてとなる日用品の量り売りを始める。東京都文京区の店舗にて12月1日から。プラ削減が狙いだという。(2021/11/30)

コンビニで投資 「トラノコ 資産運用スターターキット」、都内セブン-イレブンで販売開始
TORANOTECは、「トラノコ」の「資産運用スターターキット」を都内のセブン-イレブン約2600店舗で販売を開始した。価格は2000円。(2021/11/30)

ファミマの「SPAMむすび」、販売累計1000万個を突破 期間限定でツナマヨ増量
ファミリーマートは「SPAMむすび」の累計販売個数が、8月の発売から約4カ月で累計販売1000万個を突破したと発表した。(2021/11/29)

PayPay銀行、アプリでATM入出金 ローソン銀行に拡大
PayPay銀行は11月29日、アプリを使ってATMで現金の入出金ができる「カードレスATM」機能を拡大し、セブン銀行に続きローソン銀行でも利用可能にした。(2021/11/29)

年収1000万以上が、マンションの賃貸・購入時に周辺に「あってほしい施設」 コンビニを抑えた1位は?
シンシアは、年収1000万以上で1年以内にマンション賃貸、もしくは5年以内にマンション購入を考えている東京・神奈川在住の経営者・役員に、「富裕層の物件周辺情報」に関する調査を行った。マンションの周辺情報としてチェックする項目3位は「病院」、2位は「コンビニ」という結果に。1位は?(2021/11/29)

ローソン、紙パック入りのミネラルウォーターを発売 ペットボトルと比較して約56%のプラ削減
関東・中部地区の一部店舗にて販売されます。(2021/11/28)

メタバース上で開催 ローソン、SMBC日興証券、テレビ朝日が出展するVRイベント「バーチャルマーケット2021」とは?
イベントは12月4日〜12月19日、計16日間開催される予定。(2021/11/27)

ファミペイ、1000万ダウンロードを突破
 ファミリーマート(東京都港区)は11月25日、公式アプリ「ファミペイ」が11月に累計1000万ダウンロードを突破したと発表した。(2021/11/26)

メニューを拡大する「2つ」の理由とは?:
ローソン、冷凍食品のメニューを拡大 ラーメンなど12品目追加で、売り上げ5倍を目指す
ローソンは、新たに12品目の冷凍食品を11月30日から順次、発売すると発表した。コロナ禍で需要が増大した冷凍食品を強化していく。売り上げ目標については、2025までに20年比5倍とした。どのような商品を新しく発売するのかというと……(2021/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。