• 関連の記事

「コンシェルジュ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンシェルジュ」に関する情報が集まったページです。

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

IIFES 2024:
日立産機が“設備コンシュルジュ”を参考出展、生成AIとIoTサービスを組み合わせ
日立産機システムは、「IIFES 2024」において、生成AIとIoT接続による遠隔設備監視が可能な「FitLiveサービス」の組み合わせによる、設備コンシェルジュサービスを参考出展した。社内での実証を経て、2024年度以降の市場投入を検討している。(2024/2/2)

“Googleにはなく楽天にある強み” 楽天モバイルと楽天市場の関係性、三木谷氏が新春カンファレンスで熱弁
楽天グループは1月25日、グランドプリンスホテル新高輪(東京・港区)で「新春カンファレンス2024」を開催した。対象は主に楽天市場に出店する店舗だが、代表取締役会長兼社長の三木谷浩史氏の基調講演が報道陣にも公開された。基調講演で語られた内容をお伝えする。(2024/1/26)

SaaS導入支援メディア「ITセレクト」オープン 専門コンシェルジュが製品選定をサポート
アイティメディアと発注ナビが、SaaSなどのITツール選定を支援するメディア「ITセレクト powered by 発注ナビ」を新たにオープンした。従来のSaaS選定支援サイトで見受けられる「資料請求すると多数のベンダーから営業連絡が来る問題」を解決し、ユーザーにとってストレスのないサービスを提供するとしている。(2024/1/15)

1泊110万円で「城泊」 持続可能な観光地「世界1位」に選ばれた街
江戸時代からの歴史的な街並みで「伊予の小京都」とも呼ばれる愛媛県大洲市が今年度、持続可能な観光地を表彰する「グリーンデスティネーションズ ストーリー アワード」の文化・伝統保全部門で国内で初めて世界1位を獲得した。(2024/1/6)

大のアニメ好きが選ぶ“もっと評価されるべき2023年アニメ”TOP20! 「贄姫と獣の王」「もういっぽん!」を押さえ2023年のランキングを統べた大傑作は……?
秋の怪作も上位に食い込む。(2023/12/27)

ネーチャーポジティブ:
建設事業が自然に与える影響を定量評価 大成建設が開発着手
大成建設は、企業活動がもたらす自然環境への影響を「自然資本」への配慮や経済的要素などの観点から定量評価する「ネーチャーポジティブ評価手法」の開発に着手した。(2023/11/28)

「映画 すみっコぐらし ツギハギ工場のふしぎなコ」レビュー 資本主義社会で大人が忘れがちな大切なメッセージ
行き過ぎた「成果主義」の問題も描かれる。(2023/11/12)

“学内ChatGPT”で学生1万人からの問い合わせに対応──武蔵野大学が生成AIで挑戦 取り組みの現在地
いち早く生成AIの学内利用を始めた武蔵野大学。学生1万人からの問い合わせに対応するため、“学内ChatGPT”を開発し、提供しているという。取り組みの詳細を聞いた。(2023/11/10)

「フェイラー」のハンカチがブックカバーに! 代官山 蔦屋書店で「泣ける本」とセットで限定販売
11月6日〜19日開催のポップアップショップで販売。(2023/11/7)

「翔んで埼玉」アプリスタンプラリーが11月1日にスタート 限定グッズが当たる映画公開記念抽選会も
対象駅でデジタルスタンプを集めると、限定デジタルスタンプをゲットできます。(2023/10/29)

製造ITニュース:
「富岳」の活用に踏み切れない民間企業のために、手続きの支援サービス提供開始
JSOLと理研数理は、スーパーコンピュータ「富岳」の民間利用を支援する「『富岳』利活用コンシェルジュ」の提供を開始した。課題の選定や申請、必要書類の準備、利用報告書の提出といった手続きを支援、代行する。(2023/10/24)

カジノ大手MGMのシステムを直撃
ラスベガスを襲った“謎の攻撃”とは? 眠らないカジノがスロット停止
ホテルやカジノを運営するMGM Resorts Internationalは2023年9月に攻撃を受け、システム停止を余儀なくされた。この攻撃で浮き彫りになった、ホスピタリティ業界の「根本的なセキュリティ問題」とは何か。(2023/10/14)

「富裕層」を狙え! 観光最前線:
ヘリコプターで有名店の隣に移動! 豪華すぎる「77万円」グルメツアーをぐるなびが企画したワケ
不便な場所にある有名店にヘリコプターで移動できるサービスをぐるなびが開発した。2人1組で77万円という高額なプランとなっており、主に富裕層をターゲットとしている。どういった経緯で生まれたのか。(2023/9/16)

製造業がサービス業となる日:
「PanasonicWELL」とは何か、軸になるのは異色のサービス「Yohana」
パナソニックHDでファミリーコンシェルジュサービス「Yohanaメンバーシップ」を手掛ける執行役員の松岡陽子氏が、「Panasonic Green IMPACT」とともにグループ共通戦略の柱となる「PanasonicWELL」を推進する。松岡氏にこのPanasonicWELLについて聞いた。(2023/9/14)

「仮面ライダーギーツ」ギロリこと忍成修吾が再登場 最終話直前の胸熱展開に「始まりと終わりに関われて幸せ」
「更迭」を経て8カ月ぶりに登場。(2023/8/20)

アニプレックスのオンラインフェス「Aniplex Online Fest 2023」が9月開催 参加タイトルは20作品超え
もう4回目。(2023/8/8)

社員の意識変化:
駅構内の「びゅうプラザ」全て閉店→オンライン化へ 苦悩を越えて得た「逆算のDX思考」
JR駅構内に存在していた「びゅうプラザ」。現在は姿を消し、旅行商品の売り場はオフラインからオンラインに移っていった。オンライン上で蓄積されるデータを活用できるようになるまでの苦労や社員の意識変化について、JR東日本びゅうツーリズム&セールスに聞いた。(2023/8/4)

非IT企業も「AIプログラミングのない時代には戻れない」 「GitHub Copilot」導入した東急の内製開発チーム、手応えは?
AIプログラミング支援ツール「GitHub Copilot」を導入した東急の内製開発チーム。キーパーソンは「もう導入前には戻れない」と語る。手応えや効率化の効果を聞いた。(2023/7/28)

踊らにゃそんそん:
阿波おどりの“1万5000円”VIP席が物議、100万円でも完売した青森ねぶた祭と異なる3つのポイント
徳島市の夏の風物詩、阿波おどり。400年の歴史を持つとされ、新型コロナウイルスの流行前には国内外から100万人を超える観光客訪れる一大イベントです。2023年は8月11〜15日に開催予定で、新たに特別観覧席(VIP席)の設置が発表されました。(2023/7/19)

収益は担い手に還元:
青森ねぶた祭、100万円「プレミアム観覧席」今年も販売 昨年は約2日で完売
オマツリジャパンが、青森ねぶた祭プレミアム観覧席「100万円のVIPシート」を販売する。昨年に続き2回目となる取り組み。収益は地域経済や祭りの担い手に還元する。(2023/7/5)

ふぉーんなハナシ:
さよならスマホ版「iコンシェル」 「ひつじのしつじくん」「メイドのメイちゃん」はどうなる?
6月30日をもって、NTTドコモの「iコンシェル」のスマートフォン向けサービスの提供が終了します。主要なサービスは「my daiz」を通して引き続き利用できるのですが、iコンシェルに絡む“あの”キャラクターたちはどうなるのでしょうか……?(2023/6/30)

沖縄のホテルも試験導入:
接客・サービス業の応対を効率化 GPT-4搭載の多言語AIコンシェルジュ
Kotozna(東京都港区)は、GPT-4搭載の多言語AIコンシェルジュ「Kotozna ConcierGPT(コトツナ・コンシェルGPT)」の提供を開始した。(2023/6/22)

電動化:
予約と優待サービスでEVの充電時間を優雅に過ごす、都内で提供開始
トヨタ自動車は、レクサスブランドのEVオーナー向けの急速充電ステーション第1弾を商業施設「東京ミッドタウン日比谷」に開設した。(2023/6/16)

ぐるなび、モバイルオーダーにChatGPT用いたAIチャットボット実装 利用客にメニュー案内する実証実験
飲食店検索サービスのぐるなび(東京都千代田区)は、同社が提供するモバイルオーダーサービス「ぐるなびFineOrder」に、米OpenAI社の生成AI「ChatGPT」を活用したAIチャットボットを実装した実証実験を、6月14日から始めると発表した。飲食店の利用客が入力した質問に対し、メニューレコメンドなどを行うコンシェルジュ機能で、サービスの効果を測定する。(2023/6/14)

「感動ホームパーティ」を標ぼう:
JTB、ホームパーティで新規事業 社内公募のアイデアで実証実験
JTBが、新規事業としてホームパーティサービスの実証実験を開始する。外食でしか味わえなかったような体験を自宅に提供する「感動ホームパーティ」を銘打つ。アイデアは2021年度に社内公募制度で最優秀賞となったもの。(2023/6/12)

三井不動産グループ初:
大阪・堂島エリアにマンションとホテルの複合施設 開業は27年春予定
三井不動産レジデンシャル、三井不動産、三井不動産ホテルマネジメントは6月1日、「(仮称)大阪市北区堂島浜二丁目計画」が着工したと発表した。同計画は、三井不動産グループ初の分譲マンションとホテルの大規模複合開発だ。竣工(しゅんこう)・ホテル開業は2027年春頃を予定している。(2023/6/7)

石野純也のMobile Eye:
「FCNT経営破綻」の衝撃 arrows/らくスマ販売好調でも苦戦のワケ、穴を埋めるメーカーは?
arrowsシリーズやらくらくスマートフォンを手掛けるFCNTが、民事再生法の適用を申請した。メーカーの経営破綻というと、販売がふるわなかったようにも見えるが、FCNTの端末の売れ行きは好調だった。経営破綻の背景には、市場環境の変化があった。(2023/6/3)

夜間帯の消費促進:
「外国人限定」のナイトクラブ共通パス 大阪・道頓堀で販売
道頓堀ナイトカルチャ―創造協議会は、訪日外国人旅行者向けに、大阪「ミナミ」のナイトクラブに入場できる共通パスを5月19日から販売する。夜間帯の経済活動「ナイトタイムエコノミー」を推進する狙い。同チケットにはパナソニック コネクトの顔認証技術を採用した。(2023/5/18)

全18棟の客室:
“水上テラス付きツインドーム”もある滋賀のグランピング施設、8月分の予約を開始
奥伊吹観光は5月1日、運営する大型グランピング施設「GLAMP ELEMENT」の8月分の予約受付を開始した。宿泊料金は、2人1室利用時で1人3万7000円から。(2023/5/2)

東京ドーム2.8個分:
「ジョイホンパーク吉岡」がオープン、どんな施設なのか
ジョイフル本田は4月26日、群馬県吉岡町に「ジョイホンパーク吉岡」をオープンした。超大型店舗「ジョイホン吉岡店」と、同県初出店を含む43のテナントで構成する。(2023/4/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
ChatGPTの可能性と脅威、ビル・ゲイツ氏も持論展開 AI議論で注意すべき3点とは?
ここ最近の人々の話題の中心にいる「ChatGPT」だが、利用を制限しようとする動きも出ている。そんな中、開発元のOpenAIに出資するマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は「ChatGPTの可能性と脅威」を記したブログを公開した。AI議論で注意すべき3点とは?(2023/4/6)

オフィス探訪:
大規模オフィスを10分の1に縮小したLIXIL 「1周400メートル」に込めた思いとは
東京・品川の住友不動産大崎ガーデンタワーに本社を移転したLIXIL。大規模だった旧オフィスから一転、新拠点では敷地面積を約10分の1に縮小し、オフィスを「コラボレーションを促進する空間」と再定義した。オフィスの移転理由から新オフィスに込めた思いまで、総務部部長の林崇志氏に話を聞いた。(2023/3/29)

ぶっとび政策第3弾:
USJ、ストレス買取センターの次は「別世界ツアーズ」 観光需要を取り込む
テーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)を運営するユー・エス・ジェイは、3月30日から4月2日まで、子どもが旅行プランを考え、自身で家族に提案する企画「別世界ツアーズ」をZeroBase渋谷(東京都渋谷区)にて開催する。この企画は、昨年から東京で開催している「ぶっとび政策」の第3弾となる。(2023/3/29)

亡くなった「ジョン・ウィック」出演俳優へ敬意を キアヌ・リーヴス、真田広之らが“ブルーリボン”を付けプレミア登場
シリーズを通してファンも多かった。(2023/3/22)

Netflixでストップモーションアニメ「ポケモンコンシェルジュ」制作決定、ポケモン記念日に発表 予告映像にはコダックの姿も
制作は「リラックマ」シリーズで知られるドワーフスタジオが担当。(2023/2/28)

先行者利益を獲得できるか:
トヨタのライバル、フォルクスワーゲンが描く「日本市場でのEV戦略」
トヨタ自動車の最大のライバル、フォルクスワーゲン(VW)は、同社初のフル電動SUV「ID.4」を発売した。日本でもBEVの機運が高まりつつある中、このタイミングで導入した理由は何なのか。同社の責任者に、日本市場でのEV戦略を聞いた。(2023/2/22)

“地下神殿”こと「首都圏外郭放水路」見学チケットがふるさと納税の返礼品に登場! 特撮のロケ地をじっくり見学できるぞ
「立坑体験コース」もある。(2023/2/3)

5月31日まで:
JR東、新サービス「JRE手ぶら旅」の実証実験を開始 旅に必要なものを駅でレンタル
JR東日本とJR東日本スタートアップは2月1日から、旅に必要なものを駅で借りて駅で返す新サービス「JRE手ぶら旅」の実証実験を東京駅と仙台駅で開始する。(2023/1/31)

駅で借りる「リモートワークセット」JR東が実験 Wi-Fiルータ、モバイルバッテリーなど
JR東が、リモートワークに使えるWi-Fiルータやモバイルバッテリーなどのセットを借りられる「JRE 手ぶら旅」の実証実験を、東京駅・仙台駅で2月1日に始める。(2023/1/26)

小売・流通アナリストの視点:
池袋から西武がなくなる──変わりゆく街と客層、百貨店が消える本当のワケ
セブン&アイ・グループの百貨店そごう・西武が売却された。これにより、旗艦店の西武池袋がヨドバシカメラを核店舗とした商業施設に替わるのではないかという報道が、賛否両論を巻き起こしている。西武池袋のような駅に隣接した百貨店が消えゆくワケと、これからの百貨店に求められるものとは──?(2022/12/26)

プロジェクト:
埼玉県朝霞市で温泉大浴場とサービス付きの高齢者向け住宅が竣工、野村不動産
野村不動産は、野村不動産ウェルネスとともに、サービス付き高齢者向け住宅シリーズ「OUKAS」の第5弾として、埼玉県朝霞市三原3丁目で開発を進めていた「OUKAS志木」が2023年2月1日に開業することを発表した。(2022/12/22)

1日1組限定:
千葉県いすみ市にラグジュアリーヴィラが誕生、住所非公開の“隠れ家”
ジパング・エンタテイメントは12月、千葉県いすみ市に1日1組限定のラグジュアリーヴィラ「VILLA LAGI」を開業する。グランドオープンは、2023年3月を予定。(2022/11/18)

導入事例:
大成建設の従業員にLINEを活用した専門家セルフケアサポートを提供開始、ファミワン
ファミワンは、大成建設の従業員への福利厚生の一環で、LINEを活用した妊活コンシェルジュサービス「famione(ファミワン)」の提供を開始した。(2022/11/16)

観月ありさ、18年ぶり「世にも奇妙な物語」でシンママ役 笑顔しかない“母子ショット”に震える視聴者「変わらない美しさが怖さを倍増」
笑顔で棺桶に入るオフショットも。(2022/11/14)

人格保有型AIキャラクター、NTTレゾナントが公開へ 「NPC同士の会話でメタバースを活性化」
村人などのNPCにも使える人格保有型AIキャラクターをNTTレゾナントは26日に開幕する「Japan IT Week秋」でお披露目する。メタバースやオンライン会議への応用も。(2022/10/25)

10月14〜30日:
JR東日本、文化創造イベント「超駅博 上野」 開催 鉄道開業150年を記念
JR東日本は10月14〜30日、鉄道開業150年の歴史と地域の文化と未来を体感する文化創造イベント「超駅博 上野 〜停車場から文化創造Stationへ〜」を上野駅で開催する。(2022/10/14)

IT企業デスクツアー:
タクシーアプリ「GO」を支えるみんなのデスク環境 経営層からエンジニアまで写真でチェック
IT・Web関連企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、ITエンジニアなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、タクシー配車アプリ「GO」などを手掛けるMobility Technologiesで働く人の机を探る。(2022/9/19)

祭りの資金難に貢献なるか:
青森ねぶた、100万円の観覧席が完売 提供された“プレミアム”なサービスとは?
青森ねぶた祭で「1組100万円のプレミアム観覧席」を販売した。完売を記録し、購入者からもプレミアムなサービスが高く評価された。どのような特典が付いているのだろうか。(2022/8/17)

国際ウエルディングショー:
後継者不足など溶接現場の課題解決へ、現場の見える化や技能継承に貢献
パナソニック コネクトは「2022 国際ウエルディングショー」(2022年7月13〜16日、東京ビッグサイト)において、同年4月に発売した統合溶接管理システム「iWNB for Welding Machines」やフルデジタル溶接機「YD-400NE1」などを紹介した。(2022/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。