「ANA(全日本空輸)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ANA(全日本空輸)」に関する情報が集まったページです。

カウンターへ行かずにスマホで空席確認 ANAの新サービス
全日本空輸(ANA)は6月22日、カウンターへ行かずにスマートフォンで空席確認が行えるサービスを始めた。日本の航空会社としては初めてという。利用者はスマートフォンからANAアプリやANAウェブサイトへアクセスし、空席待ちの申し込みや状況照会が可能になる。(2022/6/23)

交流人口を取り戻せるか:
JR東海、JR東、JAL、ANA、東京メトロ まさかの「呉越同舟キャンペーン」はなぜ生まれたか
JR東海、ANA、東京メトロ、JAL、JR東日本の5社は「ただいま東京」キャンペーンを共同で実施した。その理由に迫る。(2022/6/16)

JAL・ANA・JR東海・JR東・東京メトロが「ただいま東京」キャンペーンを展開 観光誘客を促進
JAL(日本航空)、ANA(全日本空輸)、JR東海、JR東日本、東京地下鉄は、「ただいま東京」キャンペーンを実施する。(2022/6/13)

オークション第4弾:
ANA、“座席シート”や“非売品の模型”をヤフオクに新規出品
ANAグループの全日空商事は6月13日、「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」で、ANA関連のエアライングッズを出品するオークションの第4弾を開始する。(2022/6/13)

現役整備士の作業着:
ANA、整備士の“古着バッグ”が即日完売 再販は?
ANAホールディングスとルートートは、ANA整備士の作業着を再利用したバッグを開発。5月30日の発売初日に完売していたが、6月6日午後3時に再販する。(2022/6/2)

水曜日に「へえ」な話:
えっ、1泊100万円の部屋が好調なの? 「稼働率が70%を超えた」衝撃
盛岡駅からクルマで1時間ほどのところにできた、高級ホテルが話題になっている。ホテル名は「ANAインターコンチネンタル安比高原リゾート」。2月にオープンしたところ、1泊100万円もする部屋が人気を集めているのだ。その理由を取材したところ……。(2022/6/1)

2023年4月以降順次廃止:
ANA、国内線の自動チェックイン機廃止へ 専用アプリに移行
ANAが国内線対象に提供中の自動チェックイン機を、2023年4月以降、順次廃止すると発表した。コロナ禍で非対面・非接触で搭乗手続きできる環境の構築が求められる中、空港での混雑防止が狙い。今後は専用アプリでの手続きに移行するという。(2022/5/24)

“メタバース向け保険商品”開発へ 損保ジャパンとANA NEOが提携
メタバース向け保険商品開発などで、損害保険ジャパンとANA NEOが提携。ANA NEOは、バーチャル空間で旅行や買い物が楽しめる3D空間を開発中だ。(2022/5/13)

「可視化」だけに終わらない仕組みを実現
ANAシステムズがシステムの変化対応力と安定稼働を両立できた理由とその裏側
ANAグループの事業をシステム面から支えるANAシステムズでは、SaaSの活用やシステムの複雑化に伴い、障害対応の難しさに課題を抱えていた。迅速なサービス提供と安定運用を両立するための取り組みを担当者が語った。(2022/4/20)

政府も11億円支援:
エアアジア・ジャパン元CEOが、北海道大樹町で挑む「宇宙版シリコンバレー」構想
全日本空輸の元社員で元エアアジア・ジャパン社長なども歴任してきたSPACE COTAN(スペースコタン)の小田切義憲社長。観光産業ではなく、北海道の強みを生かした産業の復活を目指す「宇宙版シリコンバレー」構想を聞いた。(2022/4/6)

23年度下期の就航目指す:
ANA、中距離国際線の新ブランド「AirJapan」 フルサービスとLCCの良いところを組み合わせ
ANAホールディングスとエアージャパンは、新しく中距離国際線を運航する新ブランドの名称を「AirJapan」に決定したと発表した。(2022/3/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
暗いコロナ禍に差した「光」 ANAとJAL、生き残るためのヒト投資
ANAとJALが、新卒採用を再開する。長いコロナ禍から、ようやく日常が戻りつつあるようだ。航空業界の雇用は、これまでも大きく世相を反映してきた。その経営判断が、航空業界で働く社員の人生を左右してきたとも言える。自身も元CAである河合薫氏が、解説する。(2022/2/25)

5Gの影響でANAとJALが米国便を一部欠航に 高度計と電波干渉の恐れ
ANAとJALが、ボーイング777型機での運行を予定していた米国便の一部を欠航にする。米国で開始予定だった5Gサービスの電波が、777型機の高度計に影響する可能性があるという。(2022/1/19)

特別番組も放映:
ANA、羽生結弦選手のオフィシャルグッズを展開 ボトルやタンブラーなど
ANAが、フィギュアスケートの羽生結弦選手オフィシャルグッズの販売を1月27日から開始する。(2022/1/12)

ANA、23年度入社の新卒採用を再開 「客室乗務職」は見送り
ANAグループは12月27日、2023年度入社の新卒採用の再開を決定したと明らかにした。(2021/12/27)

第2弾も予定:
「ANAのパジャマで寝たい」  ファーストクラスのリラックスウェアなどを販売
全日本空輸(ANA)は、国際線機内で使用している寝具類の販売を開始した。第1弾はウェアやブランケットなど計5点で、2022年には第2弾も予定している。(2021/12/24)

2月15日まで1日6便運航:
ANAの『鬼滅の刃』コラボ機、2022年1月末に就航へ
ANAは、1月31日よりテレビアニメ『鬼滅の刃』の特別デザイン機が、国内線に就航すると発表した。国内線定期便就航に先んじて、1月30日には成田発着の遊覧フライトを実施する。(2021/12/22)

国内線普通席:
ANA、抽選で「子ども往復1000円」 鬼滅とコラボ、家族連れの需要狙う
ANAが、子どもの国内線普通席の料金が往復1000円になるキャンペーンを始めた。抽選制で、ANAマイレージクラブ会員が対象。鬼滅の刃とのコラボレーションも実施し、家族連れでの利用を見込んでいる。(2021/12/15)

1万人に調査:
ANAユーザーの海外で住みたい街ランキング 3位「台北」、2位「シンガポール」、1位は?
ANAファシリティーズは7月31日〜8月31日の間に得た1万件の回答を元に、ランキングを作成した。(2021/12/1)

ANA1万人調査:
ANAユーザーの日本国内で住みたい街ランキング 3位「おもろまち」、2位「首里」、1位は?
ANAファシリティーズは7月31日〜8月31日の間に得た1万件の回答を元に、ランキングを作成した。(2021/12/1)

プレミアムメンバーステイタス:
ANA、日常生活でもステータス獲得を可能に 対象プログラム発表
ANAは、ANAマイレージクラブのステータスを、飛行機の利用に加えて日常生活でも獲得できるサービスを実施すると発表した。(2021/11/30)

客室内にANA国際線のビジネスクラスシート 羽田エクセルホテル東急が新プラン
羽田エクセルホテル東急(東京都大田区)は、客室内にANA国際線ビジネスクラスシートを設置した「プレミアフライヤーズダブルルーム」の販売を始めた。(2021/11/26)

地方自治体やホテルに関心:
23年卒の就職人気企業ランキング ANA以来となる4年連続トップの企業は?
新卒採用サイト「あさがくナビ(朝日学情ナビ)」を運営する学情は、2023年卒学生を対象とした「就職人気企業ランキング」を発表した。(2021/11/25)

炭治郎たちが空を飛ぶ 「鬼滅の刃」と全日空がタイアップ、1月末から特別デザインの機体が登場
オリジナルグッズのプレゼントなど。(2021/11/16)

「鬼滅の刃じぇっと」空へ ANA国内線で22年1月就航 キャラクターの機内アナウンスも
ANAグループは、テレビアニメ「鬼滅の刃」とのタイアップを12月に始める。22年1月末には機体にキャラクターを描いた「鬼滅の刃じぇっと -壱-」が就航する。(2021/11/15)

想いをつなげ、絆のツバサ:
ANAが『鬼滅の刃』とコラボ 特別機のアナウンスはキャラクターが担当
ANAグループが、12月1日からテレビアニメ『鬼滅の刃』とのタイアップを開始すると発表した。(2021/11/15)

顧客満足度の高い交通会社ランキング 3位ANA、2位スカイマーク、1位は?
日本生産性本部 サービス産業生産性協議会は、21年度のJCSI(日本版顧客満足度指数)の第2回調査結果を発表した。顧客満足度スコア1位になったのはスターフライヤーだった。(2021/11/4)

「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」:
空の“おもてなし”を地上で! ANAのエアバスA380レストラン、12月も開催
ANAグループは、成田空港に駐機中の旅客機、エアバスA380型機、「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を活用したイベントを12月に開催すると発表した。(2021/11/2)

ANAがヒアラブル端末を空港スタッフに導入、期待を超える体験を模索
コロナ禍で業績悪化に苦しむ航空業界だが、ANAではむしろDX推進のアクセルを踏み込んでいる。新しい成功モデルを模索する中、DXの取り組みが同社の体質を強くしているからだという。その一例が、空港スタッフへのヒアラブル端末の展開だ。(2021/11/1)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「イノ推五輪の書」は単なるお題目ではなく、DX組織に対する行動判断基準の明示――ANA イノベーション推進部 野村泰一部長
コロナ禍の影響を大きく受けているが、変革のチャレンジを続け、いくつもの成果をあげつつある。ANAのDXへの取り組みと、新しいテクノロジー活用を生み出す環境作りとは。(2021/10/26)

JALとANA、国内線チェックインシステムを共同利用へ 搭乗ゲート統一も
JALとANAが国内線空港で、チェックインシステム機器の共同利用へ。保安検査場のゲート、搭乗ゲートの改札機などを、両社が共同利用できるようにする。(2021/10/22)

23年5月から:
JALとANA、国内線のチェックイン機などを共通化 コスト削減と利便性向上目指す
JALとANAは10月22日、国内線空港のチェックインシステム機器の共同利用に向けた取り組みを開始すると発表した。(2021/10/22)

“歌舞伎”は見納め:
ANA、機内安全ビデオをリニューアル 11月から放映開始
ANAは10月20日、機内安全ビデオを3年ぶりにリニューアルすると発表した。(2021/10/21)

ANA、電車でもクルマでも歩きでもマイルがたまる「ANA Pocket」2021年12月開始
乗り鉄さんも、クルマ好きさんも、ジョギングしてもマイルがもらえちゃう感じ?(2021/10/18)

日常生活の移動でマイルがたまるスマホアプリ「ANA Pocket」
ANA X、は、移動と健康がテーマのスマホアプリ「ANA Pocket」を提供開始。徒歩や電車など日常生活の移動でポイントがたまり、デジタルギフト券やANAのマイルに交換できる。(2021/10/15)

手段や距離に応じてポイントが蓄積:
ANA、徒歩や電車移動でマイルがたまるスマホアプリ「ANA Pocket」提供へ
ANA Xが、徒歩を含む全ての移動でマイルがたまるサービス「ANA Pocket(エイエヌエーポケット)」の提供を12月に開始する。(2021/10/15)

JALはすでに廃止:
ANA、手荷物梱包用のビニール袋廃止へ 脱プラに向けた取り組み加速
ANAグループが空港で使用する手荷物梱包用のビニール袋の提供を10月31日で終了する。(2021/10/8)

食のユニバーサル化:
ANA、特別機内食メニュー4種をリニューアル 機内食で「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す
ANAは国際線の低糖質、低脂肪、低カロリー、低塩の食事4種類についてリニューアルを実施した。全ての乗客に多くの選択肢から食事を選べるように推進している“食のユニバーサル化”を通して、「すべてのひとにやさしい空」の実現を目指す。(2021/10/4)

ANAグループ×観光庁対談:
PR:今、日本企業にこそ「ワーケーション」が必要なワケ 導入事例で学ぶ「休む」だけじゃない効果
徐々に導入企業も出てきている「ワーケーション/ブレジャー」。興味はあるが、なかなか導入まで踏み切れず悩んでいる企業も多いのではないだろうか。そこで本記事では、以前からワーケーションに取り組んでいるANAグループと観光庁の対談を通し、「ワーケーションが企業にもたらすメリット」や成功のカギを探る。(2021/9/30)

テレワークにも使える?:
なぜ? ANAがヤフオクにファーストクラスのシートを出品した理由
ANAグループの全日空商事が、ヤフオクに実際に使用していた部品やエアライングッズを出品した。(2021/9/21)

うぉぉぉぉ! ANAの「ホンモノ航空放出品」がヤフオク!でゲットできるぞぉぉ!
「ファーストクラスシート(ボックスごと)」とか「777-300ERの窓枠」とか。他じゃ買えないやばいヤツですよぉぉぉ。9月21日から。(2021/9/17)

SorANAkaヤフオク!店:
ANAがヤフオク!に航空機部品を出品 シートや窓枠など
全日空商事がヤフオク内に「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」を出店する。(2021/9/15)

ANAのエコノミーシート生地がガジェットポーチに 張り替え用の生地をそのまま活用
これは欲しいかも……!(2021/9/14)

本物の航空機部品をネットオークションで ANAが「ヤフオク!」に出店
ANAグループの全日空商事は、航空ファンに向けANA機で実際に使用していた部品や一点物のエアライングッズを販売する「SorANAka(ソラナカ)ヤフオク!店」を9月21日にオープンする。(2021/9/14)

ANA FESTA GO:
ANAグループ、羽田に無人店舗を開店 有人店舗併設で取り込む新たなニーズとは
ANAグループのANA FESTAと、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GOが、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港に開店した。(2021/8/27)

宇宙旅行にオンライン参加? JAXAとANAグループが「遠隔宇宙旅行」の開発に着手
JAXAとavatarinが、ロボットの遠隔操作技術を使った宇宙ビジネスの実現に向けて活動を始めた。国際宇宙ステーション(ISS)にあるロボットを地上から遠隔操作させることで、宇宙空間に滞在しているような体験を提供する。(2021/7/19)

世界初の取り組み:
ANA発スタートアップ、アバターロボを使った「瞬間移動」サービス 今秋に開始
ANAホールディングス発のスタートアップが、瞬間移動サービスのベータ版を今秋から提供すると発表した。同社によると世界初となる瞬間移動サービス。どういう仕組みなのだろうか?(2021/7/16)

エコノミークラスの座席生地で作ったPCケース ANAが初の製品化
ANA航空機のエコノミークラスシート用生地を使って作ったPCケースが登場した。(2021/6/22)

ANA、退役機の機内カート発売→即完売 90年代から使われていた“ヴィンテージ品”
ANAが6月15日に発売した、退役機で使用していた中古の機内搭載カート45台が即完売。追加分も準備が整い次第販売するという。(2021/6/15)

新会社ANA NEO設立:
ANA、バーチャル空間で旅行や買い物ができる「SKY WHALE」開発 22年に提供開始
ANAホールディングスが、スマホなどからアクセスできる旅のプラットフォーム「SKY WHALE」を開発し、2022年にサービスの提供を開始すると発表した。(2021/5/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。