「ビジネス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
モバイルゲームの最新トレンド 「ハイブリッドカジュアル」はなぜ好調なのか?
AdjustとAppLovinは共同で、モバイルビジネスとしてのモバイルゲームの最新トレンドやデータを紹介する「モバイルゲームレポート」を発表しました。(2024/5/20)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ビッグデータ活用」を成功させる“実践のポイント”は?
ビジネスの意思決定にビッグデータを活用する際、その取り組みを成功させるポイントは幾つかある。どのような点から着手し、どのような点に気を付ければよいのか。課題とポイントを紹介する。(2024/5/20)

レンタルビデオ→書籍→? 「SHIBUYA TSUTAYA」オープンのCCC、二度のピーク経て変化を続けるビジネスモデルに迫る
渋谷の店舗を刷新して「新しい文化の聖地」を目指すSHIBUYA TSUTAYAがオープンした。レンタルで一世を風靡してきたTSUTAYAは今、どのような成長戦略を描いているのか。(2024/5/18)

製品動向:
建設業に特化したマーケットプレースを開設へ 福井コンピュータスマート
福井コンピュータスマートは、建設業に特化したマーケットプレースの立ち上げを計画している。顧客ニーズとパートナー企業をつなぐことで、建設業に参入するスタートアップやベンチャー企業に新たなビジネス機会を提供するとともに、顧客の利便性向上を図る。(2024/5/17)

PR:14コアCPU×大容量メモリが生産性の向上に直結! 「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は仕事も学習もはかどるパフォーマンス志向のビジネスノートPCだ
ビデオ会議が定着する中で、仕事や学習用途を問わずPCのパフォーマンスは高い方がいい。MSIの「MSI Modern 15 H C13Mシリーズ」は、広い画面と高性能なシステムを持ち運びやすいボディーにまとめた注目の1台だ。(2024/5/17)

電子ブックレット(製造マネジメント):
製造業のデジタルサービス事例集6選(2022〜2023年)
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、製造業がモノ売りからコト売りへとシフトし、デジタルサービスビジネスに取り組んだ事例をまとめた「製造業のデジタルサービス事例集6選(2022〜2023年)」をお送りします。(2024/5/16)

システムの「万が一」に備える【前編】
いまさら聞けない「BCP」「DR」「インシデントレスポンス」の違いとは
ビジネスを継続するためには、システムをいかに停止させないかが重要になる。そのために欠かせないのが「BCP」「DR」「インシデントレスポンス」だ。3つの違いと、具体的な取り組みとは。(2024/5/16)

PS5販売好調も今後の予想は控えめ ハードが鈍化しても成長できるソニーのビジネスモデルとは?
PS5は2023年度に全世界で2080万台売れ、累計販売台数は、3月末時点で5920万台になった。(2024/5/15)

「話を聴けない上司」にならないために 意識すべき2つのポイントとは?
ビジネスパーソンの必須の能力とされる「傾聴」。とはいえ傾聴は難しい。なぜ、聴くことは難しいのか。どうすれば聴けるようになるのか――。(2024/5/16)

特選プレミアムコンテンツガイド
データ分析の基礎が分かる「データサイエンスのモデル」入門
ビジネスにおいてデータ駆動型の意思決定が欠かせなくなった。企業がより深い洞察を得るためにまず押さえておきたいデータサイエンスの基礎を学ぼう。(2024/5/15)

AIビジネスのプロ 三澤博士がチェック 今週の注目論文:
“そこそこオープン”なAI「Llama 3」がビジネスに与える影響は? GPT-4を超える性能が手に入る世界に
Metaがオープンソース生成AIモデル「Llama 3」を公開し、生成AIビジネスの世界に衝撃を与えている。本記事では「Llama 3」に関連する最新論文をビジネス視点で紹介する。(2024/5/15)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(22):
1990年代から給与総額はどう変化した? 一般労働者とパートタイマーで比べてみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は「現金給与総額」に注目します。(2024/5/14)

仕事に役立つ「AI」資格10選【中編】
「AI」のエキスパートになるなら、どの知識とスキルを極めるべき?
ビジネスにおけるAI技術活用が進む中で、ますます重要になっているのがAI技術関連の知識やスキルだ。大学などの教育機関が提供する5つのAIコースを紹介する。(2024/5/14)

クラウド上での統合管理で負担も減:
PR:デジタル化で水産業に新しい風を起こすフーディソン コスト効率向上&拡張性が高いWi-Fi、カメラセキュリティ基盤でビジネスを強化
(2024/5/15)

良い意味で3年後の自分が何をしているのか分からない:
PR:内製化に舵を切ったトヨタコネクティッドが若手エンジニアを引きつける理由
100年に一度の大変革期にあるといわれる自動車業界において、巨大メーカーのモビリティサービスを先端IT技術で支えるトヨタコネクティッド。コア領域における技術力、開発力の底上げ、ビジネスアジリティ向上を目指して、内製力強化のためにエンジニアの中途採用を急ピッチで進めている。直近の1年で入社した若手エンジニアのお二人に、トヨタコネクティッドを選んだ理由や、現在の業務内容、将来のビジョンなどを伺った。(2024/5/1)

新型「やくも」登場で消える国鉄特急マーク 「輝く逆三角形」誕生秘話
昭和33年にビジネス特急として東京−大阪間を結んだ「こだま」が登場して以来、国鉄の特急型先頭車の前面を飾った逆三角形のシンボルマークが一線から姿を消す。(2024/5/13)

小寺信良のIT大作戦:
ソニーは「着るエアコン」を本気でビジネスにしようとしている 新作はどう進化したか、実機をチェックする
ソニーの着るクーラーこと「REON POCKET」。すでに認知度も高まっているので詳しい説明は省くが、背中に装着することで冷気・暖気を感じさせ、涼しさ・暖かさを得るというウェアラブルデバイスだ。4月23日に新作「REON POCKET 5」が登場したので、実機を比較しながら進化点をチェックしてみたい。(2024/5/10)

Googleビジネスプロフィールの運用を効率化:
生成AI機能を搭載したMEOツールと運用代行サービス LMG子会社のジソウが提供開始
特に店舗型ビジネスを展開する企業・団体に適したSNS+αのマーケティング支援として、MEOツール・運用代行サービスを提供開始。(2024/5/9)

デル、ビジネス向けのスタンダード22型/24型/27型液晶ディスプレイ7製品を発表
デル・テクノロジーズは、ビジネス向けのスタンダード液晶ディスプレイ「P」シリーズの新モデル計7製品を発表した。(2024/5/9)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
テスラは日本で受け入れられるのか? オーナーズクラブ代表に聞く「これまでの10年」と「これから」
「iPhoneにタイヤをつけたようなクルマ」と表現されるTesla。IT・ビジネス分野のライターである山崎潤一郎が、デジタルガジェットとして、そしてときには、ファミリーカーとしての視点で、この未来からやってきたクルマを連載形式でリポートします。今回は、Tesla歴10年余のベテランユーザー安川洋氏に、日本におけるTeslaの歴史や今後の展望などについて話を聞きました。(2024/5/9)

Marketing Dive:
「Gemini時代」のGoogleの広告ビジネスはどう変わる? ピチャイCEOが語ったこと
テック業界の巨人の第1四半期決算発表で議論の中心となったのは、生成AIおよび「YouTube ショート」の収益化の進展だ。(2024/5/8)

ビジネス用生成AIアシスタント「Amazon Q」公開 自然言語でアプリ作れる「Amazon Q Apps」も
AWSがビジネス利用に特化した生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を始めた。(2024/5/7)

Weekly Memo:
富士通の2024年調査から考察 「ビジネスとサステナビリティを両立させている企業」の特徴は?
富士通の調査によると、サステナビリティを最優先事項とする企業の割合が上昇している一方で、対策の進捗(しんちょく)は芳しくない。サステナビリティをビジネスと両立させている企業は、その他の企業と収益や株価、市場シェアにおいてどのような違いが出ているのか。富士通の最新調査から考察する。(2024/5/7)

「ちょっとオブラートに包んで」 思わず二度見するビジネスメールのやらかしに「怖すぎ」「明日は我が身」
一気に関係が気まずくなるやつ……。(2024/5/7)

仕事に役立つ「AI」資格10選【前編】
「AI系の資格」を持っておくのが“賢い選択”になる3つの理由
ビジネスにおけるAI活用が進む中で、これから需要が高まると考えられるのが、AI技術に関わる人材と、AI関連の認定資格だ。認定資格を持っておくのが賢い選択になる理由を紹介する。(2024/5/7)

マツダ、新型電動車「MAZDA EZ-6」世界初公開 中国ビジネスでの反撃なるか
マツダが出資する中国の現地法人である長安マツダ汽車有限公司(以下、長安マツダ)は、新型電動車「MAZDA EZ-6(マツダ・イージーシックス)」と、新型電動車のコンセプトモデル「MAZDA 創 ARATA(マツダ・アラタ)」を初公開した。(2024/5/6)

AIに聞く:
AIに予算20万円以下でピラーレスケースのビジネスPCを組んでもらって分かったこと
GWの連休中に、新しいPCを一式組んでみようという人も多いのではないだろうか。そこで、自作PCで人気のピラーレスケースを採用したビジネスPCを複数のAIアシスタントに聞いてみた。(2024/5/4)

ヒット記事ダイジェスト:
「管理職になりたくない」 優秀な社員が昇進を拒むワケ【管理職を取り巻くトレンド記事6選】
令和のビジネスパーソンは「管理職」に対してどのような考えを持っているのでしょうか。また、管理職を希望するビジネスパーソンを増やすために、企業にできる対策はあるのでしょうか。「管理職」に関するヒット記事を、ITmedia ビジネスオンライン編集部が厳選してお届けします。(2024/5/4)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

ヒット記事ダイジェスト:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」【小売りヒット記事3選】
ITmedia ビジネスオンラインでは、長年、小売業のDX支援を手掛けてきた郡司昇氏の連載「がっかりしないDX 小売業の新時代」を展開しています。今回は、2024年1〜3月に公開された記事から、特に読まれたヒット記事3本をダイジェストで紹介します。(2024/5/4)

ヒット記事ダイジェスト:
D2Cはオワコンなのか 多くのブランドが淘汰された背景に“闇深い”事情【マーケターがいま読むべきヒット記事3選】
個人情報保護やサードパーティCookie規制に加え、目まぐるしいスピードで移り変わるトレンド………。マーケティングはどんどん複雑化し、継続的な新規顧客の獲得や、ファン育成の難易度が増しています。今回は、マーケターが今抑えるべきトレンドを紹介した人気記事を、ITmedia ビジネスオンライン編集部が厳選してお届けします。(2024/5/3)

「朝倉未来VS.平本蓮」でTHE MATCHの視聴数を超えられるのか? RIZIN榊原CEOに聞いた
格闘技ビジネスにとどまらず日本の興行史に残る記録となったTHE MATCH 2022。超RIZIN.3では、その記録を超えられるのだろうか。RIZIN榊原CEOに戦略を聞いた。(2024/5/2)

伊藤忠「フレックス制やめて朝型勤務」にして、何が起きたのか【働き方を考える記事3選】
ビジネスパーソンを取り巻く働き方の問題は、日々変化しています。働き方の“今”を伝えるヒット記事を、ITmedia ビジネスオンライン編集部が厳選してお届けします。(2024/5/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
生成AIで死者を“復活”させるビジネスは人を救うのか 指摘される懸念とは?
生成AIに画像や声などを学習させることで亡くなった人と対話できる、中国発のサービスが話題になっている。このようなサービスは世界各国で登場している。人々の心を癒やす効果がある一方、精神に害を及ぼす可能性や倫理的な問題も指摘されている。(2024/4/27)

「THE MATCHの視聴数を超える」 RIZIN榊原CEO、「朝倉未来VS.平本蓮」への期待を語る
RIZINの榊原信行CEOが、ITmedia ビジネスオンラインの単独インタビューに応じ「朝倉未来と平本蓮が闘う『Yogibo presents 超RIZIN.3』(7月28日開催)で、THE MATCH 2022の視聴者数を超えたい」と話した。(2024/4/26)

独自のLLM搭載:
AIが瞬時に「自然で適切な言い回し」の文章を提案 CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力
独スタートアップDeepLは4月25日、大規模言語モデル(LLM)を搭載したビジネス向けの新サービス「DeepL Write Pro」を発表した。英語での文章作成をサポートするサービスで、グローバル展開する企業の社内コミュニケーションや、顧客向けのメッセージなど、ビジネスにおける多様なシーンでの活用を見込む。CEOが語る、新登場「DeepL Write Pro」の実力は……?(2024/4/26)

Microsoft、AI需要で2桁台の増収増益 「CopilotがAIの新時代を推進」とナデラCEO
Microsoftの1〜3月期決算は、予測を上回る増収増益だった。「CopilotはAI変革の新時代に、あらゆる業界でビジネスを推進している」とナデラCEO。(2024/4/26)

「SAPのUXをガラッと変える」 AIアシスタントJouleの全体像とは?
SAPジャパンは2024年4月23日、「SAP Business AI」の最新情報について記者向け説明会を開催した。自然言語処理によるERPの操作によってビジネスプロセスの自動化や予測の高度化を可能にするという。(2024/4/26)

新連載「シリーズ 企業革新」日立編:
日立の好業績を牽引する“巨大事業”の正体 日立デジタルCEOに聞く
日立は2009年当時、日本の製造業で過去最大の赤字だった状況から再成長を果たした。復活のカギとなった巨大事業、Lumadaのビジネスモデルとは――。日立デジタルの谷口潤CEOにインタビューした。(2024/4/26)

Gartner Insights Pickup(348):
DX時代にサイバーセキュリティ投資のビジネス価値を提供する方法
急速に変化する厳しい世界経済環境を背景に、企業はデジタルビジネストランスフォーメーションを加速させている。サイバーセキュリティリーダーも、担当する取り組みを加速させ、自社のデジタル化におけるサイバーセキュリティの重要な役割を実証する必要がある。(2024/4/26)

4万円を切ったXiaomiの「34インチ曲面ゲーミングモニター」がビジネス用途にも使えそうな件
今回取り上げるのは、「Xiaomi 曲面ゲーミングモニター G34WQi」です。リフレッシュレート180Hzを誇るゲーム用ディスプレイなのですが、3万9800円というチャレンジングな値付けをしてきました。(2024/4/25)

韓国の最強ユニコーン「タングン」 ジモティーに評価額で“50倍の差”をつけた理由
ジモティーと評価額で50倍の差をつける韓国の最強ユニコーンとジモティーの違い、同社のビジネスモデルについて考察する。(2024/4/25)

名刺アプリ「Eight」、NFC搭載の物理カードを提供 まずはイベントで無料配布
一般発売に先駆け、ビジネスイベント「Climbers 2024」(東京ビッグサイト、5月15〜16日)で来場者に先行配布する。(2024/4/24)

Cybersecurity Dive:
セキュリティベンダーの資金調達は3年ぶりの低水準 採るべきビジネス戦略とは
Pinpoint Search Groupによると、2024年第1四半期の資金調達額は23億ドルに達したが、2021年第4四半期の80億ドルと比較すると低い数値となった。資金調達額が縮小する中、大手サイバーセキュリティベンダーはどのようなビジネス戦略を採るのか。(2024/4/24)

キーワードは「テクノロジー」と「信頼」:
CNN幹部が語る、メディアビジネスにとってのAIのリスクと機会
生成AIがコンテンツを量産し、真偽の明らかでない情報があふれかえる中、メディアの価値が問われている。来日したCNNの幹部に話を聞いた。(2024/4/23)

顔認証:
顔認証システム拡販でDXYZとユアサ商事が連携 オフィスや工場向けにも提供
DXYZとユアサ商事グループは、DXYZが提供する顔認証プラットフォームの利用拡大を目指し連携する。集合住宅への導入を加速するとともに、オフィスや工場、物流施設などを対象に、新たなソリューションやビジネスモデルを開発する。(2024/4/23)

「持続可能な生成AIイノベーション」を支援:
最適な学習方法は? 安全にデータを使うには? AWSが解説する「生成AI活用のいろは」
生成AIをビジネス利用しようとしている企業は多いだろう。市場にはさまざまなサービスがあふれているが、「うまく使いこなせないかもしれない」「一時的にしか使わないのでは」といった懸念を持つ人もいるだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、継続的に生成AIを活用するためのヒントを探る。(2024/4/26)

日本企業の越境マーケティングを支援:
狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプロモーションを支援する。(2024/4/20)

デジタル人材育成プログラムを企業向けに7月販売へ 東京海上HD、国内損保で初
デジタル人材の中でも特に需要がある、事業変革を主導する企画力などを持つ「ビジネスアーキテクト」育成に特化した新プログラム。大量の情報を分析、活用する「データサイエンティスト」用の育成プログラムも併せて拡充し、非保険分野の収益拡大につなげる。(2024/4/19)

MSI、第12世代Core i3/i5を採用したミニデスクトップPC「Cubi 5」
エムエスアイコンピュータージャパンは、第12世代Coreプロセッサを標準搭載したビジネス向けミニデスクトップPC「Cubi 5」シリーズ3製品を発表した。(2024/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。