「Amazon S3」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Amazon Simple Storage Service

AWSと共に生まれたストレージ「S3」【前編】
「Amazon S3」は“2006年の誕生”からどう進化した? AI時代の新たな動向
AWSの「Amazon Simple Storage Service」(Amazon S3)は2006年にサービスを提供開始して以来、進化を続けている。昨今は機械学習などAI関連のアップデートが目立つ。どのような点が進化したのか。(2024/6/14)

遊びながらAWSを学べる公式ゲーム“AWSクエスト”、スコア競うコンテスト開催
米Amazon Web Servicesが2022年にリリースした、遊びながらAWSについて学べるオンラインゲーム「AWS Cloud Quest」。AWSジャパンは、同作のスコアを競うコンテストを、6月20日から30日にかけて開催する。(2024/6/10)

コンテナ化はCI/CDの導入を、CI/CDはオブザーバビリティの導入を楽にする:
「オンプレミスを踏襲したAWS活用」から「クラウドネイティブ」へ 1日10回のリリースを可能にさせた「NewsPicks」のアーキテクチャ改善ステップ
「@IT Cloud Native Week 2024 冬」の基調講演に、ユーザベース NewsPicks事業 SRE Unit Leaderの安藤裕紀氏が登壇。AWSを利用しながらもオンプレミスを踏襲した構成となっていた同社で、クラウドネイティブなアーキテクチャへの改善の取り組みと、その過程で得られた知見を紹介した。(2024/6/6)

「AWS」×「Terraform」で学ぶクラウド時代のインフラ管理入門(7):
既存のAWSリソースをTerraformの管理下に置く方法
インフラ自動化ツールの一つである「Terraform」について、これから学ぼうという方、使っていきたい方を対象に、Terraformの導入方法や基本的な使い方を紹介していく本連載。今回は、以前から利用しているクラウドリソースをTerraformで管理する方法について。(2024/6/6)

CSVファイルやOracle、Salesforce製サービスの情報をAIが理解 Microsoftが「Copilot Connectors」発表
米Microsoftは日本時間5月22日から開催中のイベント「Microsoft Build 2024」で、Microsoft Copilotをさまざまな外部のサービスやデータソースと接続することで、Copilotがそれらのデータを読み取り理解できる新機能「Copilot Connectors」を発表しました。(2024/5/23)

Amazon S3の“不正なリクエストでも利用料が加算される現象”、AWSが修正を完了したと報告
Amazon S3の空のバケットに対してアクセスされると、たとえそれが第三者からの不正アクセスでエラーが返ったとしてもリクエスト料金が発生してしまうという現象について、米AWSが修正を完了したと5月13日付けで明らかにしました。(2024/5/21)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第4回】
「OSS」を使うなら知っておくべき“プロプライエタリ”との根本的な違い
複雑化するシステムの運用やコストの課題を軽減してくれる可能性のある存在がOSSです。多様な用途に利用できるOSSの例を挙げつつ、OSSを採用する上で知っておくべき点を解説します。(2024/5/20)

自然言語で生成AIアプリを作成できる新機能も発表:
AWS、ビジネスとソフトウェア開発を支援する生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始
AWSは、ビジネス全般とソフトウェア開発を支援するように設計され、業務に合わせてカスタマイズできる生成AIアシスタント「Amazon Q」の一般提供を開始した。(2024/5/7)

PR:企業の「持続可能性」を高める、QNAPのバックアップソリューションをチェック!
リモートワークやハイブリッドワークの普及で、企業におけるデータのバックアップの重要性が増している。この記事では、企業をとりまく環境変化に適応しやすい、オンプレミスとクラウドのメリットを兼ね備えたQNAPのバックアップソリューションを紹介する。(2024/4/23)

「持続可能な生成AIイノベーション」を支援:
最適な学習方法は? 安全にデータを使うには? AWSが解説する「生成AI活用のいろは」
生成AIをビジネス利用しようとしている企業は多いだろう。市場にはさまざまなサービスがあふれているが、「うまく使いこなせないかもしれない」「一時的にしか使わないのでは」といった懸念を持つ人もいるだろう。本稿では、AWSのセミナーを基に、継続的に生成AIを活用するためのヒントを探る。(2024/4/26)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(4):
API量産環境の運用事例から分かる、「AWS CDK」「CloudFormation」による本番リプレース、改善のコツ
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。今回は、開発システムを運用する中で気付いた良かった点や改善点、今後の展望を紹介する。(2024/4/18)

「AWSコスト削減 天下一武道会」レポート:
エンジニアらが明かすAWSコスト削減術 「月額約6万ドル削減」の裏側
クラウドを活用してサービスが成長すれば、クラウドインフラのコストも増え続けることになる。2024年2月に開催された「第1回 AWSコスト削減 天下一武道会」では、AWSコスト削減をテーマに、エンジニアらが登壇。AWSのコスト削減にどう取り組んでいるのか、コスト削減プロジェクトの進め方を解説した。(2024/4/25)

米連邦政府、BI企業Sisenseの顧客に認証情報リセットを推奨
米連邦政府のサイバーセキュリティ機関CISAは、BI企業Sisenseが侵害されたとして、顧客に資格情報のリセットを推奨した。(2024/4/12)

ITmedia Security Week 2024 冬:
設定ミスの社外秘情報はググれます――サイバー攻撃者はどうやってクラウドを墜とすのか?
2024年2月28日、アイティメディアが主催するセミナー「ITmedia Security Week 2024 冬」における「クラウドセキュリティ」ゾーンで、多摩大学 ルール形成戦略研究所 客員教授 西尾素己氏が「攻撃者はいかにしてクラウドを堕(お)とすのか 今知るべき攻撃のトレンド」と題した講演に登壇した。以前はランサムウェアをテーマとして、世界情勢に合わせて講演したが、今回は“クラウド”の現状を、西尾氏の視点で語るセッションとなった。(2024/4/5)

「Excelより100倍高速」「Pythonネイティブ」をうたう:
Snowflake、Redshift、PostgresSQLと連携可能な表計算ソフト「Row Zero」発表
Row Zeroは、表計算ソフトウェア「Row Zero」を発表した。「Microsoft Excel」や「Google Sheets」のような見た目と操作性を持ちながら、100倍高速だとしている。(2024/3/21)

オンプレミスに残る重要データもフルマネージドでクラウドデータ基盤へ――日立とAWSが協業
企業内に残る重要システムには企業のノウハウが詰まっている。だがミッションクリティカルな要件を持つシステムはクラウド移行が難しく、そのデータを生かすにはリスクが伴うことが多かった。日立とAWSがこの問題の解決に本腰を入れる。(2024/3/18)

「『AIで予測分析をする』というと聞こえは良いが……」:
Snowflakeと連携してオブザーバビリティコストを削減するObserve
AIは、オブザーバビリティ市場でも注目を集めている。だが、米国シカゴを拠点とするSaaS企業のReveal Dataは、AI機能を持たないオブザーバビリティ製品を導入した。その理由とは?(2024/3/14)

AWS認定資格を取得した日立の技術者を4000人規模に:
日立とAWSが戦略的協業契約を締結、両社のサービスで「ハイブリッドクラウドソリューション」を強化
日立製作所とAWSは、戦略的協業契約を締結した。両社が協創してきたハイブリッドクラウド向けソリューションの開発のさらなる強化に取り組むという。(2024/3/14)

AWSをゲームで学べる「AWS Quest」、中級者向けコンテンツも日本語化
米Amazon Web Servicesが2022年にリリースした、遊びながらAWSについて学べるオンラインゲーム「AWS Cloud Quest」。同作の中級者向けコンテンツが日本語化した。(2024/3/13)

データ分析ニュースフラッシュ
三菱重工が「Azure OpenAI Service」を使う理由 生成AIツールをどう作った?
三菱重工の生成AIツール開発事例や、AWSが発表した製薬業界における生成AI活用動向、セキュリティ領域における生成AI動向予測など、生成AI関連の主要なニュースを紹介する。(2024/2/29)

専門家が予言するERPのトレンド、2024年の3本柱とは
2024年はERP業界にとって重要な1年になる。アナリストはクラウドへの移行や生成AI機能の追加などで戦略的投資先になっていくとみているが、具体的にはどのように進化するのか。(2024/2/28)

スタートアップのAWS活用術
Amazon S3やSageMakerで作るドローンサービス AWSを使う理由とは?
ドローンサービスを手掛けるマレーシアのAerodyneは、世界規模でサービスを提供するためのインフラとしてAWSのクラウドサービスを利用する。AWSを利用する狙いと、生み出している成果とは。(2024/2/27)

記録媒体はDNA、いつまでも使えるストレージ【後編】
HDDやテープに“安さ”で挑む「DNAストレージ」が本当に使えそうな訳
次世代の有望なストレージと目される「DNAストレージ」。さまざまな企業がその開発に関わる中、米国のIridiaはDNAストレージサービスの提供開始を計画している。HDDやテープとの共通点、異なる点とは。(2024/2/25)

Microsoftデータ分析ツールの進化【後編】
非構造化データのための「ベクトル検索」にも着目 MicrosoftのAI向け新機能
Microsoftは2023年11月のカンファレンスで、AI技術を活用した新製品や新機能を発表した。データベース分野ではどのような発表があったのか。(2024/2/6)

クラウド利用に潜むセキュリティリスク
社内に広がるクラウド利用 設定不備をどうすれば防げるのか
クラウドサービスの設定不備は非常に危険だ。社内で利用されている多数のサービスについて設定を定期的に監視できなければ、情報漏えいなどにつながってしまう。どうすれば運用負荷を高めずに監視できるだろうか。(2024/1/29)

Microsoftデータ分析ツールの進化【前編】
データ分析ツール群「Microsoft Fabric」とは OneLake、BIをまとめた利点は?
Microsoftは2023年11月、データ管理やデータ分析など一連のツールを備える「Microsoft Fabric」を発表した。その具体的な機能と、企業にとってのメリットを紹介する。(2024/1/23)

AWSが美少年に? とあるユーザーコミュニティーから生まれた“擬人化スライド”がすごかった
女性中心のAWSユーザーコミュニティー「クラウド女子会」を取材。その活動内容や、創設期の奇抜な取り組みを聞いた。(2024/1/19)

PR:データ活用に「データ仮想化」という“新戦略” DX時代のデータマネジメント、その在り方を探る
(2024/1/16)

CIO Dive:
AWSの新機能はどのくらいコスト効率が良いのか 次世代CPU、新ストレージクラス発表
直近のAWSの年次イベントでの発表は、クラウドコスト最適化に関連した話題が豊富だった。果たしてどの程度効果があるのだろうか。(2024/1/15)

習うより慣れてほしい!:
PR:生成AIサービスも提供する「AWS」を初心者が学ぶには? “中の人”が教えるオススメ学習法
サーバやストレージ、モダンアプリケーション開発、さらには生成AIまでをカバーしているAWS。2023年12月時点で約250もの機能、サービスを提供しているAWSを一から学ぶにはどうすればよいのか。AWSトレーニングサービス本部のマネージャーにオススメの学習方法を聞いた。(2024/1/5)

PR:データ活用に「データ仮想化」という“新戦略” DX時代のデータマネジメント、その在り方を探る
(2023/12/21)

ストレージはどう進化しているのか【前編】
最新ストレージのトレンドは? ベンダー3社の“一押し機能”はこれだ
ストレージベンダーは近年、自社製品のデータ共有機能や管理機能を強化する傾向にある。本稿はPanzuraとQuantum、CTERA Networksの新製品の主要な機能を取り上げ、ストレージ市場の変化を説明する。(2023/12/12)

ビジネス利用に最適化された生成AI「Amazon Q」登場 月額20ドルから
Amazon Web Services(AWS)が、ビジネス利用に特化した生成AIアシスタントサービスのプレビュー提供を開始した。ライセンス料金は1ユーザー当たり月額20〜25ドルと、競合企業の同種サービスよりも手頃であることが特徴だ。(2023/11/30)

AWSの生成AIサービス「Bedrock」に新機能続々 基盤モデルのファインチューニングや、安全性保つ“ガードレール”など
米Amazon Web Servicesが、生成AIサービス「Amazon Bedrock」の新機能を複数発表した。Bedrock上で一部大規模言語モデルのファインチューニングが可能になった他、生成AIによる応答の安全性を高める新サービスも登場した。(2023/11/29)

AWS、従来のAmazon S3より最大10倍高速な「Amazon S3 Express One Zone」発表
米AWSが、従来のAmazon S3 Standardストレージクラスより最大10倍高速な「Amazon S3 Express One Zone」ストレージクラスを発表しました。(2023/11/29)

セキュリティ対策としてのAWS移行のススメ:
AWS活用で実現する多層防御 中堅・中小企業よセキュリティ対策をあきらめるな
巧妙化するサイバー攻撃に対応するために、多層防御の重要性が増している。一方、リソースや資金が限られる中堅・中小企業では実現困難だとされてきた。これを解決する方法として、AWSの活用が有効そうだ。(2023/11/27)

オンプレミスでの生成AIアプリ開発を容易に:
VMwareが生成AI関連でGoogle Cloudと共同発表、AlloyDBをオンプレミスでサービス化
VMwareとGoogle Cloudは、「企業のオンプレミスでの生成AI活用を容易にする」として、協業を発表した。AlloyDBのAI関連機能を生かしたアプリ開発を、IT管理者、データ管理者、開発チームが連携して迅速に進められるという。(2023/11/13)

セキュリティニュースアラート:
Google カレンダーをC2サーバに悪用する手法を確認 Google Cloudがレポート公開
Google Cloudは2023年第3四半期のクラウドセキュリティレポートを公開した。サイバー攻撃者が近年使用するクラウド侵害の手法がまとまっている。(2023/11/8)

IBMの過去と現在【第3回】
「IBMのストレージ」総まとめ 押さえるべきラインアップはこれだ
IBMはさまざまなストレージ製品やサービスを提供している。従来のオンプレミスサーバやアプライアンスだけではなく、クラウドサービスやコンテナを念頭に置いた製品やサービスも展開中だ。何を提供しているのか。(2023/10/30)

セキュリティ対策としてのAWS移行のススメ:
中堅・中小企業がビジネスとセキュリティを両立するためのAWS活用術
セキュリティ対策かビジネスのミッション達成か――。これまで中堅・中小企業が抱えていた課題を解決するためにAWSが有効なワケとは。(2023/10/27)

相互運用性、効率性、パフォーマンスが向上:
OSSのストレージフレームワーク「Delta Lake 3.0」公開 DWHの課題を解決
Linux Foundationはデータレイク上にレイクハウスアーキテクチャを構築できるオープンソースのストレージフレームワークの最新版「Delta Lake 3.0」の一般提供を開始した。(2023/10/24)

コロナ禍でオープンキャンパスができない! とある大学が窮地をAWSで切り抜けた話
約8000人の学生を抱える北海道の私立大学・北海学園大学。コロナ禍によってこれまで通りのオープンキャンパスができなくなった同校は、クラウドを活用して窮地を乗り越えたという。(2023/10/16)

人工知能ニュース:
AWSの生成AI基盤「Amazon Bedrock」で、竹中工務店は“デジタル棟梁”開発目指す
AWSは2023年10月3日、生成AIの活用基盤を提供するクラウドサービス「Amazon Bedrock」の東京リージョンでの利用を開始すると発表した。(2023/10/10)

AWSの“オンプレクラウド”って実際どうなの? ラックを日本初導入したNTTコムに話を聞く
AWSの“オンプレクラウド”を使ってみた感想は? ラックを日本初導入したNTTコムに話を聞く。(2023/10/6)

遊びながらAWSを学べる“AWSクエスト”日本語対応 クラウドで街を救うRPG プレイ無料
遊びながらAWSについて学べるオンラインゲーム「AWS Cloud Quest」が日本語に対応した。(2023/10/5)

AWSの生成AIサービス「Amazon Bedrock」日本でも活用例続々 竹中工務店やSIerクラスメソッドなど
米AWSが4月に発表し、9月末に正式サービスを始めた生成AIサービス「Amazon Bedrock」。日本でも、竹中工務店やクラスメソッドなどでその性能を検証する例が出始めた。(2023/10/4)

Cybersecurity Dive:
AWSユーザーが“やりがち”なセキュリティ上のミスとは? 同社のCISOが語る
パブリッククラウド利用を進める上で、セキュリティの観点から注意すべきことは何か。AWSのCISO室のディレクターが顧客が“やりがちなミス”を明らかにした。(2023/9/23)

今日から始めるサイバーレジリエンス実践ステップ:
5つの事例で学ぶクラウドセキュリティ なぜインシデントは減らないのか?
クラウドサービスの利用が進む今、企業のサイバーレジリエンス能力を高めるためにはこの部分のセキュリティをおろそかにはできない。事例を通して、注意すべきポイントを解説する。(2023/9/21)

「2段階認証を実装していたのに不正アクセス」 なぜなのか:
あの「オニギリペイ」に学ぶ、「セキュリティ要件準拠」でもインシデントが起きる理由
過去のセキュリティインシデントを教訓にセキュリティを意識する企業は増えている。だが、セキュリティ要件などを考慮して作られつつあるWebアプリケーションにも落とし穴があるという。「Cloud Native Week 2023夏」に登壇した徳丸 浩氏が解説した。(2023/9/1)

AWS、LinuxからAmazon S3をファイルシステムとしてマウントし利用できる「Mountpoint for Amazon S3」正式公開
(2023/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。