• 関連の記事

「会計」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「会計」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

世界一周中のアレク&川崎希、日本の“約3倍”な海外物価高に顔面蒼白 国民から“余裕”感じ「給料が高いのは幸せなんだな」
「物価が高く 給料が高いのは幸せなんだな」(2024/7/24)

新たな買い物体験を提供:
イオンのセルフレジ「レジゴー」300店舗を突破 導入店の利用率は?
イオンリテールは、セルフレジ「レジゴー」の導入店舗が2024年6月に300店舗を突破したと発表した。イオン公式アプリ「iAEON」との連携も予定しているという。(2024/7/22)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
好調でも「あえて上場しない」スタートアップが増えている理由
株式上場は資金調達の手段であると同時に、スタートアップの成功を象徴するイベントであり、存在をアピールする重要な意味を持っている。しかし、近年ではスタートアップが上場を避け、M&Aを通じてイグジット(事業売却)する例も増加している。なぜなのだろうか。(2024/7/19)

UCC、1杯80円からのアイスコーヒー専門店を期間限定開店 狙いは?
UCC上島珈琲は18日、バリスタのいないアイスコーヒー専門店「ひみつのドリップ」を東京・表参道に19日から8月12日までの期間限定でオープンすると発表した。(2024/7/18)

「ポイント経済圏」定点観測:
なぜマネーフォワードは“祖業”を新会社に移したのか 決断の背景に「収益化」
マネーフォワードと三井住友カードが資本業務提携を発表した。マネフォは創業以来の事業「マネーフォワードME」を大きく転換するわけだが、なぜこの決断を下したのか。(2024/7/19)

福田昭のストレージ通信(263):
Micronの四半期業績は増収増益、営業利益率は10%台に回復
Micron Technologyの2024会計年度第3四半期(2024年3月〜5月期)の業績を紹介する。(2024/7/18)

セルフレジで客が減る? 欧米で「セルフレジ撤去」の動き、日本はどう捉えるべきか
店舗におけるオペレーションDXは必要不可欠だ。しかし欧米では、セルフレジを撤廃する事例が現れ始めている。その理由を探ると、DXの本質が見えてくる。(2024/7/18)

ドイツ人妻が初めて行く日本のレストランで、あまりの安さに不安に…… 「ありえない!」連続評価のメニューに驚き止まらず
またサイゼのファンが増えましたね。(2024/7/17)

動物病院の会計中、振り返ると愛犬が…… “柴らしい”胸キュンな光景に「撃ち抜かれた」「もう帰れるもんね!」
なんと愛おしい……。(2024/7/17)

新連載「シン・経理組織への道」:
多忙極める経理に「今後ますます仕事が増える」 3つの必然的な理由
深刻な人手不足で、多くの経理財務部門が多忙を極めています。一方でその役割は高度化し、経営陣を支えるビジネスパートナーへの変革を迫られています。変革を遂げるには、どうすればいいのでしょうか?(2024/7/17)

FinOpsとセキュリティの関係【後編】
クラウド管理手法「FinOps」のメリットはなぜ“これほど多彩”なのか
FinOpsチームとセキュリティ部門の連携は、企業システムにさまざまなセキュリティ面のメリットをもたらす。データ侵害、アカウント不正利用、設定ミスに対して、FinOpsはどう貢献するのか。(2024/7/16)

Cybersecurity Dive:
2023年の大失敗から1年が経過 ProgressがMOVEit Transferの新たな脆弱性を公開
2023年にMOVEitを襲った攻撃により、懸念が高まっている。Progress Softwareと研究者によると、現在のところ積極的な悪用の兆候は確認されていないが、攻撃の試みが進行中であることが分かっているという。(2024/7/15)

いつもとは違う数字を作ってみようじゃないか:
経理は「集計屋」じゃない 合理的な経営判断を促す“懐刀”になるには
2024年7月9日、ITmedia主催のオンラインイベント「デジタル戦略EXPO 2024 夏」が開幕した。本記事では、7月16日の「財務戦略」カテゴリーに登壇する中田清穂氏(公認会計士、一般社団法人日本CFO協会主任研究委員)の講演内容を一足先に少し紹介したい。(2024/7/13)

はなまるうどんと丸亀製麺 「うどん同級生」でなぜ、明暗が分かれたのか
同じ2000年に1号店をオープンした、セルフ式うどんチェーンのはなまるうどんと丸亀製麺。近年は大きな差が生まれている。一体なぜ、こうした差が生まれたのか。(2024/7/12)

セキュリティ先進企業へのショートカット:
freeeのCISO茂岩祐樹氏が大いに語る セキュリティの事業貢献は「大変だし怖い」
セキュリティの重要性が経営層にうまく伝わらないと悩む担当者は多いことだろう。セキュリティが事業に貢献するにはどうすればいいのか。元DeNAで現フリーのCISOを務める茂岩祐樹氏がポイントを語った。(2024/7/12)

STEM分野における女性活躍の現状【第3回】
COBOL誕生に“あの通信技術”まで? 女性エンジニアがつくったITの歴史
企業のシステムを支えるCOBOLや通信技術が誕生した背景には、女性エンジニアたちの活躍があった。ITの常識として知っておきたい女性エンジニアを紹介する。(2024/7/12)

東京海上日動グループ3社で漏えいか 委託先会計事務所のランサムウェア被害で
東京海上日動火災保険など東京海上グループ3社が委託先会計事務所の高野総合会計事務所がランサムウェア被害を受けたとして、情報漏えいの可能性をそれぞれ発表した。(2024/7/11)

ワークスとIFSが戦略的業務提携 製造業のERPリプレース需要をねらう
重工業を中心にグローバル企業での導入実績が多いIFSが、日本市場での事業拡大に本腰を入れる。日本固有の商習慣への対応強化と販路拡大に向け、国内ベンダーとの協業も強化するという。(2024/7/11)

山浦恒央の“くみこみ”な話(179):
イチから全部作ってみよう(10)トヨタとたこ焼き屋模擬店で理解する「機能分割」
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第10回は、要求仕様書の作成に役立つ「機能分割」について、トヨタの組織と高校のたこ焼き屋の模擬店を例に解説する。(2024/7/11)

目指すはARR100億円超 ラクス「楽楽請求」ローンチの勝算
インボイス制度導入を機に、DXが急激に拡大してきている請求書受領サービス市場。SaaS企業の雄であるラクスも参入を発表した。数年でARR100億円超を目指すという、勝算の根拠とは?(2024/7/11)

カーボンクレジットの「リスクとチャンス」 企業はどう見極めればいいのか
CO2排出削減の手段として、カーボンクレジットが注目を集めている。その「リスクとチャンス」を知って、有効に活用する方法を解説する。(2024/7/11)

スタバ、約10年にわたりコーヒー豆の販売で過剰請求 該当件数は5896件
スターバックスコーヒージャパンは、コーヒー豆商品を販売する際、一部の利用客に対して商品1点あたり1〜65円を過剰に請求していたことを発表した。(2024/7/10)

「HUE」がMicrosoft Copilotと連携 “現場の負荷を軽減する”新機能の全貌を聞いた
ワークスアプリケーションズは2024年7月8日、同社が提供しているERP「HUE」とMicrosoftが提供しているAIアシスタント「Microsoft Copilot」の連携による新機能を、同年7月に開始したと発表した。(2024/7/10)

リテールメディアは“何が”強みなのか? マーケティングに与えるインパクトとは
マーケティング手段として徐々に実装が進むリテールメディア。小売りではなく、メーカーにとってのメリットとは?(2024/7/9)

セキュリティソリューション:
大分県立病院がDXやランサムウェア対策に向けてNetAppのストレージシステムを採用
大分県立病院は情報システム更新にNetAppのストレージシステムを採用した。医療分野のデジタル変革を目的としている他、定期的に繰り返されるハードウェア更新時のデータ移行やランサムウェア対策の強化も決め手となった。(2024/7/9)

スタバ、約10年にわたり過剰請求 一部商品で システム設定に不備、返金へ
スターバックス コーヒー ジャパンが、過去10年近くにわたって一部商品を本来の価格より高額で販売していたとして、差額を返金すると発表した。システムの設定不備により、金額計算に誤りが生じていたという。(2024/7/8)

レジに並ばずコーヒー飲める タリーズのモバイルオーダーは便利だが、実体験で困った意外な欠点も
スマートフォンで注文し、レジに並ばずに1杯のコーヒーを飲める。いわゆるモバイルオーダーサービスが飲食店を中心にジワジワと浸透しつつある。タリーズコーヒーでモバイルオーダーを試して分かったメリットとデメリットをまとめた。(2024/7/7)

Netflixの学園ドラマ「恋愛バトルロワイヤル」全キャストが一挙発表 水沢林太郎、豊田裕大、秋田汐梨ら出演
Netflixで8月29日から配信。(2024/7/5)

「追加的なメリット適正化」ふるさと納税ポイント禁止で松本総務相 楽天Gは反対署名開始
松本剛明総務相は7月2日の閣議後記者会見で、総務省が6月25日、利用者に対しポイントを付与する仲介サイトを通じた寄付の募集を2025年10月から禁止すると発表したことについて「(寄付者が)かなり追加的なメリットを得られたものを、適正化をさせていただくということ」と狙いを説明した。(2024/7/2)

基幹産業が衰退した町を振興:
北海道の釧路製作所が社内DXを推進した“意外な”効果
釧路市の第二次産業を支える創業1956年の釧路製作所。近年はロケット事業のインターステラテクノロジズや、北海道大樹町などと協業した宇宙産業に進出するなど事業を多角化している。生産性を上げる必要性から取り組んでDXの成果とは?(2024/7/2)

有識者に聞く:
「プッチンプリン出荷停止」はなぜ起きた? “ベンダーのせい”にできない根深き問題
近年、大手企業のERP導入失敗事例として注目を集めたのが「プッチンプリン問題」である。この問題の原因について、ベンダーの能力不足や、企業のIT投資に対する姿勢を指摘する声が多いが、問題はそう単純ではない。(2024/7/3)

d払い、dポイントのキャンペーンまとめ【7月2日最新版】 最大20%還元、最大10万ポイントが当たるチャンスも
7月となり、今月も更新されたキャンペーンや、お得にポイントをもらえる施策が多い。NTTドコモが実施するd払い、dポイントのキャンペーンをまとめた。(2024/7/2)

「ロッテリア」公式アプリが洗練されていると感じた理由 モバイルオーダーで「これをしたい」を網羅している
お腹が空いているだけでなく、心身ともに疲れ切っているときは味が濃く、ガツンとしたものを食べたい。できれば待たずに食べたい。そんなときに利用したいのがロッテリアのモバイルオーダーだ。ロッテリアではアプリを使って、店に到着する前でもイートインのためのオーダーを行える。(2024/7/1)

RPAとBPMによる業務改善の現実【前編】
「RPAは無意味だった」と結論せざるを得なくなる理由
業務効率化の手法の一つであるRPAを活用しても、「期待通りの成果が得られない」という事態に陥ることは珍しくない。RPAが役に立たなくなってしまう原因はどこにあるのか。(2024/7/8)

DXの難しさ:
意外な面倒さも? 財布いらずの「スマート支払い」、店側はどう思っているのか
飲食店や美容室を無断キャンセルする「ノーショウ」問題が深刻だ。デジタル活用で乗り越えられる部分と、そうではない部分があるようだ。(2024/6/30)

15年ぶり大規模出店の「吉野家」 2つの店舗スタイルで女性層を取り込めるか
長らく店舗数が横ばいだった牛丼業界に動きが出そうだ。吉野家が、15年ぶりに100店舗規模の拡大を目指す。軸となるのは2つの業態だという。(2024/6/29)

ドコモ、「iD」利用で最大20%キャッシュバック 利用回数で当選確率アップ
NTTドコモは、7月1日から「iDご利用で最大20%キャッシュバックキャンペーン」を開催。1回の会計で500円(税込み)以上利用したユーザーの中から、抽選で500人に利用金額合計の最大20%を還元する。(2024/6/28)

プロダクトInsights:
まいばすけっと、Uber Eatsの「買い物代行」サービス導入 12月末までに1000店舗展開目指す
イオンとまいばすけっとは6月26日、Uber Eatsの新機能「ピック・パック・ペイ」を導入すると発表した。PPPはUber Eatsの配達パートナーによる「買い物代行」サービス。共働き世帯の増加などで、買い物にかける時間を短縮したいというニーズに対応する。(2024/6/28)

スルガ銀行提携先の税理士事務所でランサムウェア被害
スルガ銀行提携先である税理士法人がランサムウェア被害を受けて暗号化され、そのデータの一部に、同行の顧客情報が含まれる可能性。(2024/6/27)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
苦境の書店、無人店舗が救う? 店内で感じた新たな可能性
書店の減少に歯止めがかからない中、各地で無人書店や独立系書店が話題になっている。今回は、無人書店の現状とその可能性について考える。(2024/6/27)

買い物をUber Eatsが代行 まいばすけっとで「ピック・パック・ペイ(PPP)」導入
Uber Eats Japan、イオン、まいばすけっとは、新機能「ピック・パック・ペイ(PPP)」サービスの提供で連携。配達パートナーが店内での注文商品のピック作業などから会計、配達までを一貫して手掛ける。(2024/6/26)

ジョイフルの「店内QRオーダーシステム」を試してみた “意外な理由”で店内のアプリ利用につまずいたワケ
九州の食堂と呼ばれることもあるファミリーレストラン「ジョイフル」。最近では関東地方にも進出している。しかも今年4月から、スマホを使った「店内QRオーダーシステム」に全店舗対応したという。お得でボリューム満点のジョイフルでモバイルオーダーを試してみた。(2024/7/5)

Cybersecurity Dive:
「ウチはムダなものを売っていない」 CrowdStrikeのCEOが同業他社を痛烈批判
CrowdStrikeのCEOは、同業他社であるMicrosoftやPalo Alto Networksを痛烈に批判しつつ大躍進の背景について語った。(2024/6/25)

カタリナと考えるリテールの未来:
リテールメディアの成長を阻む「3つの壁」とは?
注目が集まるリテールメディア。このメディアが成長していくために、乗り越えなくてはならない3つの壁がある。(2024/6/26)

働き方の見取り図:
リスキリング機能不全? 学び直しても賃金が増えない、当然の理由
リスキリングによって賃上げにつながったという声をあまり耳にしないのは、なぜなのか――。現況を分析すると「学びと雇用の接続不全」という構造的な課題が浮かんでくる。(2024/6/26)

全国初の「認知症チャットボット」導入へ、京丹後市が2025年度に
京都府京丹後市が来年度から、認知症のある人や家族の支援ツールとして生成人工知能(AI)を活用した自動会話(チャットボット)を導入する。認知症に関する相談に特化したチャットボットの導入は全国初という。市の担当者は「相談しやすい環境を整備することで、早い段階で適切な対応につなげることが可能になり、認知症の改善や進行防止などが期待できる」としている。(2024/6/24)

“ビジネス界のアカデミー賞”が投げかける問い 働く人に称賛を
ビジネスと仕事における卓越性を評価し、国際的なビジネスコミュニティ全体で優れたリーダーシップや革新的な取り組みをたたえるために2002年に米国で設立されたのが「The Stevie Awards」。同賞の主催認定団体「The Stevie」会長のマイケル・ギャラガー氏に話を聞いた。(2024/6/24)

クラウドERPを導入したのに“決算業務が遅延”の謎
英国市議会がOracleの「クラウドERP」導入でまさかの手作業発生 何が原因?
SAPのERPからOracleのクラウドERPに移行した英国バーミンガム市議会が窮地に立たされている。市は決算業務に遅延が発生しただけではなく、財政破綻した。何が起こったのか。(2024/6/24)

ホテルの朝食券→よく見ると……「これは馬券買うやつだ!」 話題の朝食券はなぜ生まれた? ホテルに聞いた
これをもらいに北海道に行きたいまである。(2024/6/22)

「念願のゴールドカード」 社会人が手に入れた“最強カード”の正体に「すげぇわ」「レジェンドですね」
最強のカード。(2024/6/24)

PR:会計士転職のTAC(タック) 公認会計士、税理士に特化した転職エージェント


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。