検索
連載

リアルタイムOSとは何か、ここ最近10年の動向を概説するリアルタイムOS列伝(1)(3/3 ページ)

IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第1回は、リアルタイムOSのここ最近10年の動向について概説する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
前のページへ |       

じわじわ伸ばすFreeRTOS、マイクロソフト傘下のAzure RTOSも虎視眈々

 逆に、表1のリストからこうしたLinux系を除いたのが表2である。こちらにもいくつかUNIX系のもの(BlackBerry QNXとかLynuxWorks LynxOSなど)が混じってはいるが、おおむねRTOSに分類されるタイプのものである。

年度 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2017 2019
調査数 745 1152 1138 1440 1302 1696 903 1096 619 468
InHouse/Custom 14% 8% 8% 22% 24% 18% 17% 19% 19%
FreeRTOS 8% 13% 12% 13% 17% 22% 20% 18%
Micrium μC/OS 9% 9% 10% 11% 10% 6% 11% 27% 9% 7%
TI RTOS 4% 4% 3% 5% 6%
GreenHills Integrity 7% 7% 4% 5% 4% 3% 3% 3% 2% 5%
WindRiver VxWorks 21% 18% 17% 12% 11% 7% 8% 6% 4% 5%
TI DSP/BIOS 7% 6% 11% 8% 8% 7% 8% 5% 5% 5%
Analog Devices VDK 3% 3% 3% 4% 3% 3% 3% 4%
Keil RTX 4% 5% 5% 7% 5% 4% 5% 8% 4% 4%
ExpressLogic ThreadX 3% 3% 4% 4% 3% 2% 3% 4% 3% 3%
Windows CE 19% 12% 13% 12% 9% 8% 8% 6% 5% 3%
BlackBerry QNX 6% 4% 4% 4% 4% 3% 5% 4% 3%
Freescale MQX 5% 5% 5% 3% 2%
eCOS 4% 3% 3% 4% 2% 2% 2% 2% 2%
LynuxWorks LynxOS 6% 3% 2% 2% 2% 2% 2%
CMX RTX/EmbOS 2% 2% 2% 2%
OSEsystems OSE/OSEX 2% 1% 2%
WITTENSTEIN high integrity systems 2%
Segger embOS 2%
Mentor Nucleus 6% 6% 6% 5% 4% 2%
OSEK(Metroworks OSEK Turbo) 1% 2% 3% 3% 2% 2%
QNX Neutrino 2% 4% 3% 3%
WindRiver pSOS 3% 3% 3% 2%
Symbian EPOC 2% 2% 2% 2%
LynuxWorks BlueCat 2% 1%
Quadros RTXC 1% 1%
KADAM AMX 1% 1%
表2 組み込み業界で利用されているRTOSの推移 出典:Embedded Market Study

 当然、年によってはやり廃りがある。TechFactoryのこちらの記事でもちょっと書いたが、例えばMicriumのμC/OSは2015年には非常に高いシェアを誇っていたのに、2016年にSiliconLabsに買収された後は急激にシェアを落としている。その一方で、じわじわとFreeRTOS(2017年からはAmazon FreeRTOS)がシェアを増やしているのが分かる。ここに殴り込みを掛けようとしているのがExpressLogicのThreadXで、2019年4月にMicrosoftに買収され、2020年4月にAzure RTOSという名称で装いも新たに提供されることになった。

 MicrosoftはAzure RTOSのコンポーネントのソースをGitHubに公開するとしている。また、Amazon Web Servicesの傘下に入ったAmazon FreeRTOSと同様に、Azureとのコネクティビティモジュールが提供される模様だ。今後はおそらくさまざまなボードベンダーが、Azure RTOSをサポートした“Azure IoT Connectivity Kit”などを提供するようになるのではないかと思う。

 まぁそうした動向も含めた上で、来月からもう少し細かく昨今のRTOS事情をご紹介していきたいと思う。

前のページへ |       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る