• 関連の記事

「仮想通貨」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「仮想通貨」に関する情報が集まったページです。

仮想通貨ミキサーのTornado Cashも米財務省の制裁対象に サイバー攻撃者の資金洗浄に悪用されたとして
米財務省外国資産管理局は、仮想通貨ミキサーのTornado Cashに制裁措置を発令した。米国内の資産を凍結し、米国民による利用を禁止する。既に同社のWebサイトは閉鎖されている。(2022/8/9)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
美顔アプリで天下取ったMeitu、仮想通貨暴落で60億円の赤字
画像SNSの成長とともに一世を風靡した美顔加工アプリの提供社「Meitu」が、22年上期の純損失が60億円に達するとの業績予想を発表した。赤字幅は前年同期の2倍〜3倍近くに拡大する見込み。背景には、投資した仮想通貨の暴落があり、批判の声が上がっている。(2022/7/7)

「Web 3.0」の「3大リスク」【前編】
「Web 3.0」(Web3)で仮想通貨を奪う“4つの手口”とは?
次世代インターネット「Web 3.0」の具現化が急速に現実味を帯びている。さまざまなメリットの裏面にはリスクも潜む。Web 3.0を安全に活用するにはどうすればいいのか。(2022/6/21)

以前から怪しく:
暗号資産事業「マイニング」セミナーの実態 月7%の高利回りの配当で誘う
国の新型コロナウイルス対策の持続化給付金をだまし取ったとして東京国税局職員の塚本晃平容疑者ら9人が逮捕された事件。舞台となったのは暗号資産(仮想通貨)のマイニング事業への投資セミナーだった。(2022/6/5)

ビットバンク、三井住友トラストと仮想通貨カストディ参入 鶏が先か卵が先か?
仮想通貨交換業を営むビットバンクは5月24日、仮想通貨などデジタルアセットに特化した信託会社の設立を、三井住友トラスト・ホールディングスと共同で進めていくと発表した。機関投資家や事業会社向けにデジタルアセットを保管・管理する、いわゆるカストディ業務を行う。(2022/5/24)

本田雅一の時事想々:
ネットカジノに消えた4630万円 「仮想通貨で隠蔽」は可能なのか?
阿武町が、総額4630万円の給付金を一人の男性に誤送金してしまった問題が連日、報道されている。容疑者はネットカジノでお金を使い果たしたとされている一方で、使わないまま資産を隠した可能性も考えられる。ネットカジノを経由して、マネーロンダリングをすることは可能なのだろうか。ITジャーナリストの本田雅一氏が考察する。(2022/5/21)

時価総額4兆円のルナ、一夜で価値ゼロに ステーブルコインUSTはなぜドル連動が崩壊したのか
時価総額4兆円を超える仮想通貨でも、一夜で価値がゼロになることがある。今回、韓国のソウルに本社を置くテラフォームラボの仮想通貨「ルナ(Luna)」に起こったことがそれだ。(2022/5/13)

仮想通貨全面暴落 ビットコイン2.8万ドル割れ ステーブルコインUSTとDeFiが震源地か?
仮想通貨の価格下落が加速している。5月12日、ビットコインはさらに値を下げ一時370万円となった。ドル建てでは、一時3万ドルを割った。1日で8.4%下落した。(2022/5/12)

仮想通貨ミキサーのBlender.ioが米財務省の制裁対象に 北朝鮮ハッカーの資金洗浄関与で
米財務省は、仮想通貨ミキサーのBlender.ioに制裁を科すと発表した。3月末に「Axie Infinity」から盗まれた暗号資産の洗浄に使われたため。FBIはこの窃盗犯は北朝鮮を拠点とするハッカー集団Lazarus GroupおよびAPT38だと特定した。(2022/5/7)

米財務省、ロシアの仮想通貨マイニング企業に制裁 「プーチンの残忍な戦争を支援しているため」
米財務省は、ロシアの仮想通貨マイニング企業BitRiverを制裁すると発表した。「プーチンの残忍な戦争を支援しているため」。米国で仮想通貨企業が制裁対象になるのはこれが初だ。(2022/4/21)

「Web 3.0」を狙う“古い手口”【前編】
NFTや仮想通貨を盗む「ソーシャルエンジニアリング」はWeb 3.0でも“最恐”か
Cisco Systemsのセキュリティ研究機関によると、次世代Web「Web 3.0」の構成技術を狙った攻撃の手口は驚くほど古い。だからこそ油断は禁物だ。Web 3.0を狙った攻撃に企業はどう備えるべきか。(2022/3/23)

ウクライナ危機でブロックチェーンの活用進む 仮想通貨での資金調達やフェイクニュース対策
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を契機に暗号資産(仮想通貨)などのデジタル暗号技術が改めて世界で注目されている。対露金融制裁の「抜け穴」の決済手段となる懸念が指摘される一方、インターネットで迅速に資金調達や国際送金ができる利便性や改竄(かいざん)されにくい特徴から、ウクライナへの支援金集めや報道機関のフェイクニュース対策などに一役買うなど活用の動きが広がっている。(2022/3/15)

政府、仮想通貨取引の停止要請 露制裁で30社に
政府が、国内の暗号資産交換業者30社に対し、ロシアとベラルーシの個人・団体との取引停止を要請した。対象者が仮想通貨を「抜け穴」に資産を外国に移したり、決済や送金などの取引をしたりするのを防ぐ。(2022/3/15)

ウクライナ危機でデジタル暗号技術の活用進む 仮想通貨での資金調達やフェイクニュース対策
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を契機に暗号資産(仮想通貨)などのデジタル暗号技術が改めて世界で注目されている。対露金融制裁の「抜け穴」の決済手段となる懸念が指摘される一方、インターネットで迅速に資金調達や国際送金ができる利便性や改竄(かいざん)されにくい特徴から、ウクライナへの支援金集めや報道機関のフェイクニュース対策などに一役買うなど活用の動きが広がっている。(2022/3/14)

12年間預けていたキッザニアの専用通貨が年利10%でとんでもねえ額に 「これが複利の力…!」
この札束でほっぺたぺちんぺちんしてみたい。(2022/3/15)

あの会社の「SDGs」:
ビットコインのマイニング、実は再エネが6割? 仮想通貨はSDGs的にアウトなのか
仮想通貨、特にその代表であるビットコインが膨大な電力を消費することはよく知られている。その電力消費量は約130TWh、アルゼンチン1国分ともいわれる。日本の電力消費量の14%にも達する量だ。仮想通貨、そしてその基幹技術であるブロックチェーンは、SDGs的に“アウト”なのだろうか。(2022/3/11)

米、デジタルドル検討へ 大統領令、中国対抗や制裁回避封じ
【ワシントン=塩原永久】バイデン米大統領は9日、「デジタルドル」の研究を連邦政府に指示する大統領令に署名した。暗号資産(仮想通貨)などの金融デジタル技術で「米国が主導的な役割を握る」として、デジタルドル発行の検討も視野に国家戦略の策定に乗り出す。先行する中国に対抗するほか、ロシアなどへの制裁を回避する手段に、仮想通貨が用いられるのを封じる狙いもある。(2022/3/10)

ビットコインを数秒、1円以下で送金 ビットバンク、Lightning Network採用へ
仮想通貨取引所を運営するビットバンクが、ビットコイン上で高速かつ低コストで送金が可能になるLightning Networkの採用にかじを切る。それに向けて2月16日、独自開発のアプリケーション「NLoop」を公開した。(2022/2/16)

TechTarget発 世界のITニュース
仮想通貨取引のBTC-ALPHAにランサムウェア攻撃 競合他社とのトラブルが原因か
攻撃者は身代金の移動に暗号資産取引所を使うことがある。その取引所の一つが、ランサムウェア攻撃の標的になった。英国のBTC-ALPHAだ。競合他社とのトラブル説が浮上しているが、何があったのか。(2022/2/14)

イノベーションを阻害?:
仮想通貨の課税は、なぜ最高55%の雑所得なのか?
仮想通貨(暗号資産)は税金が厳しい投資先として知られる。株式やFXなどが、利益の20.315%の一率課税なのに対し、仮想通貨は給与所得などと合算され最高税率は55%にも達する。なぜこのような税率なのか。そして税制が変わる可能性はないのか。(2022/2/9)

警察庁、「仮想通貨を採掘するツールに関する注意喚起」削除
警察庁の公式Webサイト内に掲載していた「仮想通貨を採掘するツール(マイニングツール)に関する注意喚起」が削除されていることが分かった。(2022/2/3)

22年3月期1-3Q:
コインチェック売上高3.8倍のマネックス、成長ドライバーはNFTとIEO
仮想通貨交換所のコインチェックの成長が止まらない。コインチェックが属するクリプト事業の収益は255億円となり、前年同期66億円から3.8倍に増加した。利益は、32億円から149億円と4.6倍になっており、マネックスグループの稼ぎ頭だ。(2022/1/31)

大手企業74社が参画 ステーブルコインDCJPYで円がデジタル化、何が変わる?
長らく「仮想通貨は決済には使えない」といわれてきた。しかし、国内大手企業74社が参加するデジタル通貨フォーラムが進める円建ステーブルコイン「DCJPY」が登場すれば、さまざまな決済に使われるだけでなく、取引の自動化にもつながる可能性がある。デジタル通貨フォーラムの山岡浩巳座長に聞いた。(2022/1/26)

ビットバンク、メイカーの取り扱い開始 日本初
ビットバンクは1月25日、日本で初めて仮想通貨「メイカー(MKR)」の取り扱いを開始した。(2022/1/25)

「広告表示と比較して、PCに与える影響は許容範囲内」──Coinhive事件、最高裁の判決全文
仮想通貨のマイニングツール「Coinhive」の設置によりWebデザイナーの男性が不正指令電磁的記録保管罪に問われた「Coinhive事件」を無罪と判断した理由について、最高裁が全文を公開した。(2022/1/20)

三井住友カード、利用額の3%を仮想通貨XRPで還元するキャンペーン
三井住友カードは、SBI証券、SBI VCトレードと共同で、クレジットカード利用額の3%を仮想通貨XRPで還元するキャンペーンを実施する。期間は1月20日から4月30日まで。(2022/1/20)

JFL昇格を目指す:
サッカークラブ「南葛SC」、選手給与の一部を仮想通貨に 『キャプテン翼』作者が代表
人気サッカー漫画『キャプテン翼』の作者である高橋陽一さんが代表を務めるサッカークラブ「南葛SC」(東京都葛飾区)は、所属選手に支払う給与の一部を、クラブが独自に発行する仮想通貨「クラブトークン」で支払うと発表した。(2022/1/19)

松屋銀座で使える日本円連動ステーブルコイン「JPYC」が伸びている理由
ステーブルコイン「JPYC」がじわじわと使われ始めている。JPYCとは仮想通貨イーサリアムのブロックチェーン上で発行された「前払式支払手段扱いのステーブルコイン」だ。JPYC社が1月に発行を開始した。発行総額は11月時点で3億円超。日本で個人が入手して利用できる円建てデジタル通貨としての存在感を持ってきた。(2021/12/28)

SBI証券、国内初の一般向け「暗号資産ファンド」 7種類の仮想通貨に投資
SBI証券は12月17日、国内で初となる一般投資家向けの仮想通貨(暗号資産)ファンドの取り扱いを開始した。ビットコイン、イーサリアム、XRP、ポルカドット、ライトコイン、チェーンリンク、ビットコインキャッシュの7通貨に投資する。(2021/12/17)

19歳社長のwoorth、日本円ステーブルコイン「JPYT」を2022年春に発行 
woorthは12月12日、日本円の価値に連動した仮想通貨「JPYT」を2022年春に発行すると発表した。woorthは、角川ドワンゴ学園N高等学校に在籍中の中野泰輔氏(19歳)が社長を務める。(2021/12/13)

「日本メタバース協会」の違和感 “当事者不在”の団体が生まれる背景
12月7日に設立が発表された「一般社団法人日本メタバース協会」。設立したのは4社の暗号資産(仮想通貨)取引業者であることから、「仮想通貨とメタバースは関係ないのでは」という声が多く聞こえる。この話の本質はどこにあるのだろうか。(2021/12/10)

ビットコイン離れ進む? 人気の仮想通貨に変化の兆し
仮想通貨の代表格といえばビットコインだ。すべての仮想通貨の起源であり、最も信頼されているものだ。しかし、2021年は絶対的王者であるビットコインが相対的に弱くなった年でもある。(2021/12/9)

ビットコインが貯まる「bitFlyer クレカ」 提供開始から3日で、申込み件数1万件突破
 暗号資産(仮想通貨)取引所を運営するbitFlyer(東京都港区)と、新生銀行グループのアプラス(東京都千代田区)は、12月1日に提供を開始した「bitFlyer クレカ」の申し込み件数がほぼ3日で1万件を突破したと発表した。(2021/12/7)

米スクエア、社名をブロックに変更 仮想通貨フォーカスか?
決済サービス大手の米スクエアは米国時間12月2日、社名をブロックに変更すると発表した。決済サービスでは引き続きスクエアの名称を継続する。各報道によると、社名変更は1年以上前から計画されていた。(2021/12/3)

仮想通貨の1年を振り返る 2022年の価格はどうなる?【後編】
前編では2021年の仮想通貨を取り巻く状況を振り返った。後編では引き続き、ビットバンクの廣末紀之CEOと長谷川友哉マーケットアナリストの解説を元に、22年の課題と価格の見通しを考える。(2021/12/2)

仮想通貨の1年を振り返る 770万円最高値更新への道のり【前編】
仮想通貨にとって、2021年は復活の年だったと言えるだろうか。ビットコインの価格は770万円を超え、過去最高値を更新した。この1年、仮想通貨周りでどんなことがあり、そして22年はどうなるのか? ビットバンクの廣末紀之CEOと長谷川友哉マーケットアナリストの解説を元に、この1年の動向を振り返る。(2021/12/2)

bitFlyer、ビットコインを還元するクレカ 0.5〜2.5%還元
仮想通貨取引所のbitFlyerは12月1日、利用金額に応じてビットコインを還元するクレジットカード「bitFlyerクレカ」の発行を開始した。スタンダードカードは利用金額の0.5%、プラチナカードは1%を、ビットコインで還元する。(2021/12/1)

投資家300人が選ぶ「有望な暗号資産銘柄」 3位「XRP」、2位「イーサリアム」、1位は?
仮想通貨メディアのCoinPartnerは、仮想通貨投資を行う投資家300人を対象に「今後・将来の仮想通貨(暗号資産)銘柄」に関するアンケート調査を実施した。その結果、将来性が高いと注目される仮想通貨銘柄の1位は、ビットコイン(192票)であることが分かった。2位はイーサリアム(45票)、3位はXRP(32票)となった。(2021/11/29)

NFT実態調査 所有経験ありは26%、人気カテゴリは「アート」と「ゲーム」
 仮想通貨取引所を運営するビットバンク(東京都品川区)は、NFT所有の目的やNFT売買に係る損益の実態など「暗号資産投資・NFTに関するアンケート調査」を実施した。その結果、NFTの所有経験の有無では、「経験なし」が74.0%と「経験あり」を大きく上回った。(2021/11/27)

楽天経済圏での仮想通貨の可能性 楽天ウォレット、山田社長に聞く
楽天グループの仮想通貨取引所「楽天ウォレット」。現在、楽天ペイメントの傘下にあり、楽天キャッシュとの連動など、楽天グループとしてのシナジーを追求している。大手企業のグループ会社として、仮想通貨の現状をどう見ているのか。山田達也社長に聞いた。(2021/11/26)

仮想通貨取引サービス「LINE BITMAX」、1円相当額から売買可能に
 LINEの暗号資産事業やブロックチェーン関連事業を展開するLVC(東京都品川区)は11月11日、仮想通貨取引サービス「LINE BITMAX」において、最小取引単位を引き下げ、1円相当額から取り引きが可能となったと発表した。(2021/11/12)

アニメ制作会社「ボンズ」の名を騙り、仮想通貨で業務依頼を行う事案が発生 「仮想通貨を用いた業務依頼は、一切、行っておりません」と発表
ボンズを騙る業務依頼に注意。(2021/10/4)

ビットコイン急上昇、530万円超え FRB議長「仮想通貨を禁止するつもりない」
ビットコイン価格が急上昇している。10月4日は530万円を超えた。中国の禁止リスクに反応して急落したが、今度は米FRBの「仮想通貨を禁止するつもりはない」という発言を受けて値を戻した形だ。(2021/10/4)

中国、暗号資産を全面禁止 「関連サイトやアプリは迅速にシャットダウン」
中国人民銀行は、中国国内での暗号資産(仮想通貨)関連の事業活動を全面的に禁止すると通知した。中国本土でサービスを提供する海外の仮想通貨交換も違法とする。(2021/9/25)

ミクシィ、ビットバンクに70億円出資 ゲームと仮想通貨を組み合わせた新事業狙う
ミクシィは9月2日、仮想通貨取引所のビットバンクに約70億円を出資すると発表した。増資引き受けは9月30日を予定している。両社は業務提携を結び、仮想通貨とコンテンツの組み合わせで新事業を創出していく。(2021/9/2)

仮想通貨取引所、SBI VCトレードとTaoTaoが合併
仮想通貨取引所を営むSBI VCトレードとTaoTaoは9月1日、21月1日付で合併すると発表した。存続会社はTaoTaoだが、合併後商号をSBI VCトレードに変更する。(2021/9/1)

コインベース日本上陸 世界最大規模の仮想通貨取引所
世界最大規模の仮想通貨取引所、米コインベースが国内で8月19日に事業を開始した。三菱UFJ銀行をパートナーとし、同行の口座から入出金を可能とする。(2021/8/19)

LINE Pay、PayPay加盟店に対応 記念で先着100万人に仮想通貨付与キャンペーン
LINE Payは8月17日、全国328万カ所のPayPay加盟店のうち、ユーザーがQRコードを読み取る方式のユーザースキャン方式(MPM)加盟店において、LINE Payの利用が可能になったと発表した。(2021/8/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コインチェック超える“680億円”の仮想通貨盗難、クラッカーが286億円返金したワケ
仮想通貨のクロスチェーンプラットフォームである、Poly Networkが日本円にして約680億円にものぼる仮想通貨の盗難被害を受けた。680億円という金額は2018年にコインチェックが盗難を受けた580億円を100億円上回る水準で、仮想通貨の盗難事件としては史上最大額を大幅に更新した形となる。(2021/8/13)

ビットコイン500万円回復 1週間で20%上昇
仮想通貨ビットコインが8月9日に500万円を回復した。3カ月ぶりの高値だ。11日時点でも価格を維持している。この一週間で約20%の上昇を見せた。(2021/8/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。