• 関連の記事

「野菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「野菜」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

平愛梨、野菜嫌いな“バンビーノ”の弁当に母の作った玉ねぎ “グランマ効果”で完食「すーっご!!」
祖母が育てた玉ねぎに興味津々の長男。(2022/6/23)

LEDに照らされた植物工場
暗がりの植物工場では、LEDが青々としたレタスを照らし、コントラストを織りなす。SF映画のワンシーンのような光景がファインダーに広がった。(2022/6/23)

カスタムサラダ専門店監修:
ナチュラルローソン、過去最高価格700円のボリューミーなサラダ発売 健康志向の高まりを受け
ローソンはカスタムサラダ専門店が監修したサラダを発売する。ケールをベースに5種類の野菜と鶏むね肉を加え、1食で満足できるように仕上げた。6月28日から全国のナチュラルローソンで販売。(2022/6/22)

割高でも人気:
おいしいと思う野菜の宅配サービス 3位「らでぃっしゅぼーや」、2位「コープデリ」、1位は?
暮らしに役立つ情報メディア「さぶろぐ」を運営するレビュー(名古屋市)が、「おいしいと思う野菜の宅配サービス」についてのアンケートを実施した。その結果、1位は「オイシックス」だった。(2022/6/21)

食品ロスを解消へ:
横浜高島屋、期限切れのパンを肥料に 新たな商品開発も
横浜高島屋は、食品ロス問題の解消を目指し、販売期限切れのパンを堆肥として利用する取り組みを実施している。地下1階ベーカリースクエアにあるパン店「KANAGAWA BAKERs’ DOCK」では、パンを堆肥として育てた野菜を使った商品「ぱんクル(ぱん+リサイクル)」を6月15日から28日まで販売する。(2022/6/17)

AI活用で加工用トマトの営農支援 カゴメとNEC、ポルトガルに合弁会社設立へ
生産者の減少に直面する農業では、電機メーカーなどが先端技術を使って負担軽減や効率化を図る取り組みを活発化させている。(2022/6/16)

AI活用で加工用トマトの営農支援 カゴメとNEC、ポルトガルに合弁会社設立へ
カゴメとNECが、AIを活用した加工用トマトの営農支援サービスを行う合弁会社をポルトガルに設立する。センサーなどを使った農場の可視化と熟練の栽培方法の再現で収穫量の向上につながるとしており、海外展開を進めていく。(2022/6/16)

キュウリを切ったら「キムチになるの楽しみにしてるやつらがいた」 かわいい笑顔のコンビに「超癒される」と人気集まる
なお、キムチになった結果は……。(2022/6/15)

“庭のナスときゅうりがとれました”→「後ろ! 後ろ!」「ワンコで話が入ってこない」 情報量が多いポメラニアンたちに爆笑
背景のワンコが気になって仕方がない。(2022/6/14)

FOOMA JAPAN 2022:
AIで葉物野菜の芯を高速除去、歩留まりも最適化
ロビットは、「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)において、食品など不定形物のカット系加工の自動化ソリューション「CUTR(カトル)」を披露した。(2022/6/10)

マンゴツリーカフェ&キッチン、「トマトとガパオの“クイチャップ”」を販売 定番メニューとアレンジ
「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングスの子会社ミールワークスは、「マンゴツリーカフェ」と「マンゴツリーキッチン」にて、6月1日から6月30日まで「トマトとガパオの“クイチャップ”」を販売する。(2022/6/6)

野菜増し増しOK:
かつや、「豚ハラミのスタミナ炒めとチキンソースカツ丼」発売 野菜“増し増し”メニューも提供
とんかつ専門店の「かつや」は6月3日、期間限定で「豚ハラミのスタミナ炒めとチキンソースカツ丼」を発売する。野菜増し増し、チキンカツがダブルとなった「増し増し」の丼も登場し、その日の食欲に合わせてボリュームを選べる新作となる。(2022/6/2)

画像生成AIが独自の“AI語”を生み出した? 「DALL-E 2」を巡って、米テキサス大学が論文発表
AIが人間の言葉ではない独自の言語を生成した──米テキサス大学の研究チームはそのような研究結果を示す論文を発表した。画像生成AIが生み出す文字列は意味不明なものであると思われていたが、それらの言葉は鳥や野菜などの意味を持つ“AI語”であったという。(2022/6/1)

スシローの仲間:
インパクトのある「ポテトサラダ」が話題 寿司居酒屋「杉玉」が個性的なメニューを投入する理由
スシロー系列の寿司居酒屋「杉玉」が店舗数を増やしている。インパクトのある見た目や、印象的な名前のメニューに特徴がある。開発の狙いなどを聞いた。(2022/5/31)

月刊ムー公認の「河童捕獲キット」発売決定 アウトドアブランドとのコラボで実現、キュウリホルダーも付いてくる
尻子玉を取られないように。(2022/5/20)

熊本県民のソウルフード「ちくわサラダ」がネット購入可能に 発祥の店「ヒライ」が全国発送開始
ちくわにポテサラ詰めて天ぷらにしたヤツー!(2022/5/18)

第1子出産の清野菜名、11年在籍の事務所を移籍 「自分のペースでお仕事を」と菅田将暉、杏ら所属のトップコートへ
「高校生の頃からお世話になり沢山の事に挑戦させていただきました」(2022/5/14)

コンセプトは「好きなものだけ、ちょっとずつ。」:
ローソン、小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売 食のパーソナライズ化に対応
ローソンは小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売する。2021年に一部店舗で先行販売し、女性やシニア世代に好評だった。彩り豊かなサラダを中心に展開。(2022/5/12)

「ダイエット中でもお腹いっぱい食べられる!」 レタスで作る“サラダサンドイッチ”がヘルシーでおいしそう
具材をアレンジするのも楽しそう!(2022/5/11)

野菜を食べたワンコが、次の瞬間…… 「ぺっ!」と吐き出して悪びれない態度に笑ってしまう【米】
バレバレです。(2022/5/2)

犬「きゅうりは渡さない、ムキー!」→飼い主がなでると…… 表情がガラッと変わるワンコがかわいい 【米】
変わりようがすごい!(2022/4/26)

犬「お野菜もらってもいいの……?」 ご飯のトッピングがうれしくてプルプル震えるワンコがかわいすぎる
いつものご飯待ちでは震えることはあまりないとのこと。(2022/4/1)

4月5日から:
ローソン、ご飯を4分の3にした弁当発売 サラダやスイーツとの買い合わせを狙う
ローソン、ご飯を従来品の約4分の3に減らした弁当を発売する。のり弁、ロコモコ、鳥そぼろの3種類を販売。サラダやデザートなど複数の商品との買い合わせを促していく。(2022/3/31)

ビーバーが大きな野菜を抱えて…… 家族の元へ一生懸命運ぶ姿に「かわいい」「がんばれ、がんばれ」と応援の声
ずりずり、ぺたぺた。(2022/3/29)

清野菜名、出産後の元気な“金髪ショット”に反響 「金髪かわいすぎます!!」「かわいいお母さん」
元気そうで良かった。(2022/3/28)

「子どもが野菜めっちゃ食べる…!」 電子レンジで野菜チップスが作れる100均アイテムが便利そうだと話題に
チンで簡単に野菜チップスが作れます。(2022/3/27)

粘土で作った「マリオなサラダ」が一定時間無敵になりそう ステキな発想と世界観に「天才」「食べてみたい」の声
パックントマトを食べる勇気はないかも……。(2022/3/25)

“夏の田舎”を思い出す品々がミニチュアに! スイカやそうめん、花火などで子ども時代に帰りたくなる
流しそうめん台、ナスとキュウリの精霊馬、花火など、懐かしい夏のラインアップ。(2022/3/27)

2022国際ロボット展:
ロボットAI技術でポテトサラダを“おいしそう”に、安川電機AI子会社が開発
安川電機のAI(人工知能)関連子会社であるエイアイキューブは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」(リアル展、東京ビッグサイト、2022年3月9〜12日)の安川電機ブース内に出展。AIの学習を簡略化するシミュレーション技術「Alliom」と画像認識技術を組み合わせた「Alliom Vision」により、唐揚げやポテトサラダの色味や配置などを判断し“おいしそうに見える”ように配膳するデモを披露した。(2022/3/23)

2022国際ロボット展:
ヤンマーの大玉トマト収穫ロボット、2段階認識と独自吸着ハンドで実用化へ
ヤンマーは、「2022国際ロボット展(iREX2022)」のNEDOブースにおいて、開発中の大玉トマト収穫ロボットの試作機を披露した。(2022/3/15)

約600人に聞いた:
「買っても廃棄してしまうことが多い野菜」「保存に困る野菜」 自宅で料理する人に聞いた
エステーは、週1回以上野菜を使って自宅で料理をする20〜69歳の男女に、「自宅での野菜摂取に関する実態調査」を実施した。廃棄してしまうことが多い野菜1位は「キャベツ」だった。(2022/3/13)

たまごも肉も使わないオムライスが販売 独自の「野菜半熟化製法」で“ふわとろ”も再現
ソースはドミグラスソースとトマトケチャップの2種。どちらも、動物由来の食材は不使用。(2022/3/10)

「まんまサイゼリヤの味でびっくり!」 家にあるもので再現できると話題の「ブロッコリーのくたくた」「爽やかにんじんサラダ」を作ってみた
「あと1品欲しい」という時に助かる!(2022/3/10)

トマトで再現したマグロが完全にマグロ 1歳のお祝いに作った赤ちゃん用おすしがかわいくておいしそう
のどに詰まらないよう、軍艦巻きのノリには切れ目が。(2022/3/5)

スシローと「桃鉄」がコラボ! 「キングボンビーすし」「ミニボンビーすし」が破壊力抜群のネタ盛り盛りで登場
サラダ巻きの王様みたいなミニボンビーすしも。(2022/3/4)

ねとめし:
「神レシピ」「うんまい」 レンジだけで作れる「のり塩サラダチキン」が最高においしいと話題に
のり塩好き必見。(2022/2/27)

【Amazonタイムセール祭り】飲料がお買い得 「野菜一日これ一本」「ウィルキンソン タンサン」などがセールに
備蓄したい飲料がお買い得です。(2022/2/26)

「天才の所業」「真似したい」 最強に食べやすいポテトサラダの食べ方に30万“いいね”
これは天才の発想。(2022/2/26)

ポケモン「アンノーン」をデザインした木彫りのカトラリーがすてき 「ポケモンの世界に本当にありそう」の声
サラダとか取り分けたら絵になりそう。(2022/2/23)

「海外勢から寿司と話題になったハム」が完全に寿司 きゅうりを抱えて転がる姿に「カッパ巻きやね」と反響
きゅうり好きなのかな?(2022/2/23)

みんな大好き「キャベツを食べるウニ」がエコバッグに! ウニに食べさせて収納するデザインに「天才の発想」
エコバッグを収納するのが楽しくなりそう!(2022/2/20)

サラダ専門店が監修:
ファミマ、一食完結型の新作サラダを販売 女性の健康ニーズに訴求
ファミマが「紅芯大根と12品目のサラダ」を新発売する。一食完結型のサラダが好評だという。監修はサラダ専門店「サラダカフェ」。(2022/2/8)

遊び心が詰まった「畑のちぎりパン」が楽しい パンの畑からパンの野菜を引っこ抜く!?
楽しくて食べやすい最高の手作りパン!(2022/2/6)

約1万人に聞いた:
「カット野菜・パッケージサラダ」を購入する理由 3位は「後片付けが楽」、2位と1位は?
マイボイスコムの「カット野菜・パッケージサラダ」に関する調査を実施。直近1年間に購入したことのある人は約半数であることが分かった。カット野菜を購入する理由や購入場所を聞いた。(2022/2/5)

にしおかすみこ、人参で作った“龍”のベジタブルカービング 完成度の高さに「天才」「いや、本当にすごいな!」
そんな才能あったんだ!(2022/2/4)

野菜&炭のパウダーで作った8色のマフラーがすてき 手作りの「雪だるまのお団子」が食べられないほどのかわいさ
自然の色が美しい。(2022/2/1)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
IoTで家庭の食品ロスは防げるか
もったいないので、野菜の皮もなるべく調理して食べるようにしています(2022/1/25)

太陽光パネルを初めて設置:
ジンズ、前橋市にサステナビリティを重視した新型店舗をオープン 野菜の無人販売も
ジンズは、同社のサステナビリティ推進を体現した新しいロードサイド型店舗「JINS前橋小島田店」(前橋市)を1月14日にオープンする。地域社会との新しい関係構築も目指す。(2022/1/7)

カピバラたちに10キロの巨大キャベツをあげたら…… あっという間に食べちゃう様子に「キャベツのCMどうですか」「フードファイターだ」
おいしさが伝わってきます。(2022/1/7)

【Amazon 初売り】飲料特集 「カゴメ 野菜一日これ一本」「ウィルキンソン タンサン」「UCC 職人の珈琲」などがセールに
普段使いや備蓄用にも。(2022/1/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。