• 関連の記事

「Synaptics」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Synaptics」に関する情報が集まったページです。

ディスプレイの進化を支える“立役者”:
PR:イノベーションが続く知られざる成長市場、ディスプレイデバイスの開発を今こそ日本で注力したい理由とは
ディスプレイにおいて、パネルと同様に不可欠なのがディスプレイデバイスIC(DDIC)である。車載やVR/ARなどディスプレイの新しいアプリケーションが登場する中で、イノベーションへの取り組みも活発に行われ、今後さらなる成長が期待されるポテンシャルの大きな市場だ。同市場で攻勢をかけるOmniVision Groupは現在、グローバルで開発力を加速するための重要拠点として日本に着目し、日本国内で研究開発拠点の新設と拡張に注力している。(2022/5/31)

車載、スマホ向けなど新製品を紹介:
OMNIVISION、「22年に車載イメージセンサー首位に」
OmniVision Technologiesの日本法人オムニビジョン・テクノロジーズ・ジャパンは2022年1月21日、CES2022(2022年1月5〜7日、米国ネバダ州ラスベガス)に合わせて発表した同社の新製品および新ロゴなどに関するメディア向け説明会を行った。説明会の中で、同社社長の薄井明英氏は、「OMNIVISIONは2022年に車載イメージセンサーの市場シェアトップになる見込みだ」と語った。(2022/1/27)

組み込みAIプラットフォーム開発:
Edge Impulseが3400万米ドルを調達、評価額が3倍に
組み込みAI(人工知能)の開発者向けプラットフォームベンダーであるEdge Impulseは、シリーズBの資金調達ラウンドで3400万米ドルを調達し、同社の評価額は3倍の2億3400万米ドルに上がった。同社は、7カ月前に1500万米ドルのシリーズAラウンドを終了しており、これまでに調達したベンチャー資金は5400万米ドルに上る。(2021/12/16)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
2021年8月のM&Aを振り返る
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、8月に多数行われたM&Aについて、それぞれの方向性や目的をまとめてみた。(2021/9/13)

IoTポートフォリオに音声制御を追加:
Synaptics、5億3800万米ドルでDSP Groupを買収
Synapticsは、5億3800億米ドルの現金でDSP Groupを買収することを発表した。それにより、自社のモノのインターネット(IoT)関連のポートフォリオに音声制御/音声インタフェースを追加する。(2021/9/3)

主要AIチップの次世代開発は中止:
Eta Computeがソリューションメーカーに転向へ
AI(人工知能)チップの新興企業であるEta Computeは、チップのみを開発する企業から方向転換して、エッジデバイスの超低消費電力AIを専業とするシステムソリューションメーカーに転身するという。(2020/12/21)

Windows 10 The Latest:
Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)の変更点まとめ
Windows 10の秋の機能アップデート「Windows 10 October 2020 Update(バージョン20H2)」の提供が開始された。新機能は少ないものの、細かい改良が行われている。Windows 10のバージョンごとのサポート期間なども含め、主な変更点をまとめてみた。(2020/11/12)

タッチ性能がより重要に:
スマホディスプレイ、LCDからOLEDへの移行が加速
タッチディスプレイは常にスマートフォン体験の中心になるもので、画面の使用時間は通話時間やデータ消費量よりも重要なユーザー測定基準になっている。多くの人にとってスマートフォンのディスプレイはデジタル世界への“主要な窓口”であるため、ディスプレイの品質(視覚的な品質とタッチ体験の両方)がスマートフォンの価値の中核であるのはもっともなことだ。(2020/11/9)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】タッチパッドが反応しない
ノートPCのタッチパッドが「反応しなくなった」「反応が鈍くなった」という場合の対応策を取り上げる。タッチパッドが反応しなくなっても慌てず対応しよう。(2020/10/23)

製品分解で探るアジアの新トレンド(44):
「Mate 30 Pro」でHuaweiが見せた意地? 米国製チップの採用が激減
今回は、Huaweiのフラグシップモデル「Mate 20 Pro」「Mate 30 Pro」を取り上げる。この2機種を分解して比較すると、米国製半導体の採用が大幅に異なっていることが分かる。最新のMate 30 Proでは、極端に減っているのだ。(2019/12/5)

製品分解で探るアジアの新トレンド(42):
Huaweiの5Gスマホ、HiSiliconの部品のみで5割を構成
テカナリエは、5G(第5世代移動通信)対応スマートフォンを既に10機種ほど入手し、分解を進めている。その中でも注目の1台「Huawei Mate 20 X(5G)」は、HiSiliconの部品のみで約5割が構成されている。(2019/9/26)

指を置くだけでロック解除 指紋センサー内蔵ディスプレイ、ファーウェイが新型スマホで採用
ディスプレイに指紋センサーを内蔵したスマートフォンを中国Huaweiが発売する。(2018/10/17)

7nm開発は中止したが:
GF、FD-SOIのデザインウィン獲得を着実に重ねる
GLOBALFOUNDRIES(GF)は、7nmプロセスの開発を中止してから初めての年次カンファレンスの中で、ある新規顧客が、GFの22nm FD-SOI(完全空乏化型シリコン・オン・インシュレータ)プロセス「22FDX」を用いて、少なくとも3種類のディープラーニング用組み込みチップを製造していることを明らかにした。(2018/10/3)

次期iPhoneはどうなる?:
「顔」だけ? 「指紋」は? 2018年の新型iPhoneの「生体認証」
現行のiPhoneでは、機種によって「顔認証」と「指紋認証」のいずれかを利用できる。9月に発表されるであろう新型iPhoneではどちら(それとも両方)の生体認証を搭載するのだろうか……?(2018/8/24)

山根康宏の中国携帯最新事情:
“飛び出すインカメラ”でほぼ全画面化 先端技術で先ゆく中国スマホメーカー
2018年6月に、中国メーカーがエポックメーキングともいえる最先端のスマートフォン2モデルを発表した。切り欠きなしのベゼルレス化を実現しているVivoの「NEX」とOPPOの「FIND X」だ。この新ギミックは、長年の製造ノウハウがあって誕生したといえる。(2018/6/27)

製品分解で探るアジアの新トレンド(29):
世界初「ディスプレイ指紋認証スマホ」分解で感じた中国Vivoの魅力
今回は、世界で初めてディスプレイ指紋認証機能を実現したとみられるスマートフォン「Vivo X20 Plus UD」(Vivo製)を分解し、チップ内部も含めて観察した様子を報告する。世界的なスマホメーカーに成長したVivoの端末の魅力を感じることができた。(2018/6/18)

製品分解で探るアジアの新トレンド(28):
もはや一国でモノづくりは不可能、ZTE措置が突きつける現実
米国がZTEに対し、向こう7年間にわたり米国企業の製品を使えないという厳しい措置を決断した。その影響は既に出始めている。(2018/5/15)

CES 2018:
“画面の中”に指紋センサー 使い勝手はどう?
中国Vivoが発表した「X20Plus UD」には、米Synapticsの画面内指紋センサー「Clear ID」が搭載されている。その使い勝手を実際に試してみた。(2018/1/26)

Vivo、ディスプレイに指紋センサー搭載の「X20Plus」発売 3598元から
中国の新興携帯企業Vivoが、ディスプレイ上に指を置いてロック解除できる「X20Plus画面指紋版」を発表した。ディスプレイは6.43型で、カメラはインもアウトもデュアルだ。中国で2月1日に約6万円で発売する。(2018/1/25)

ディスプレイに搭載できるガラスの指紋センサー JDIが2018年度中に量産
JDIが静電容量式のガラス指紋センサーを開発。指紋の凹凸による静電容量の変化を検出するもの。2018年度中の量産出荷を予定している。(2018/1/23)

ITはみ出しコラム:
家電、クルマ、PCにも……Amazon Alexaの勢いは2018年も続きそう
利用可能なスキル数、対応製品数で競合を引き離す「Amazon Alexa」。CES 2018も席巻し、その勢いは2018年も続きそうです。(2018/1/14)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
6億台のPCで使える「Cortana」がAIアシスタント競争に苦戦する理由
CES 2018では「Amazon Alexa」や「Googleアシスタント」が引き続き注目を集めた。その一方で、Windows 10標準のアシスタント機能である「Cortana」は、PC以外の採用例を増やすことに苦戦している。(2018/1/13)

パートナーによるCortanaデバイス開発やレファレンスデザイン開発が進展:
Microsoft、「Cortana」エコシステムの拡大を発表
Microsoftは、パートナーによるCortana対応サーモスタットの開発やレファレンスデザイン開発の進展など、同社の音声AIアシスタント「Cortana」を中心としたエコシステムの拡大を発表した。(2018/1/11)

2つのプロトコルに対応
Windowsタブレットはペンでここまで変わる、ワコム「Bamboo Ink」レビュー
タブレットや2-in-1デバイスの使い勝手が向上するアクティブペンは純正製品以外にも多くある。ワコムの「Bamboo Ink」は多くのWindowsタブレットで利用できるペンだ。その特徴とは。(2018/1/7)

スマホのディスプレイに内蔵できる指紋センサー 米Synapticsが量産開始
米Synapticsが、スマートフォンのディスプレイに内蔵できる指紋センサー「Clear ID」を量産。実装されれば、ディスプレイをタッチするだけで認証できる。次期iPhoneやGalaxy Sシリーズに搭載されるか?(2017/12/14)

WindowsでもMacのような操作感?
Windows 10の高精度タッチパッドでジェスチャー操作を使いこなす
Windows10には高精細タッチパッドを利用したジェスチャー機能が搭載されているが、機種によってはドライバが無効になっていることがある。本稿はそんな場合でもジェスチャー機能を利用するための方法を紹介する。(2017/10/6)

「ThinkPad」と「Yoga」双方の良さを兼備
徹底レビュー:新「ThinkPad X1 Yoga」はThinkPadファン納得の出来、ネックは高価格?
Lenovoの「ThinkPad X1 Yoga」は、使い勝手も性能も高レベルの2-in-1デバイスに仕上がっている。だが「最高の2-in-1デバイス」と呼ぶことにはためらってしまう、わずかな理由がある。(2017/8/19)

伝統が支えるビジネス向けモバイルの魅力
徹底レビュー:仕事一筋のビジネス向けノートPC「ThinkPad T470」の実力は?
Lenovoの「ThinkPad T470」は桁外れのバッテリー持続時間とトップクラスのキーボードによって、ビジネス向けノートPCとして魅力的な選択肢の1つになる。(2017/7/1)

マイクラにぴったりな高コスパノートはこれだ!
eX.computerの「eX.computer note N1502K」シリーズは、SSDを搭載する実用重視のスペックとリーズナブルなプライスを両立。新入生、新社会人向けにも最適なスタンダードモデルだ。(2017/4/8)

DDICとTDDIの新製品を発表:
シナプティクス、新たな成長エンジンは車載事業
Synaptics(シナプティクス)は2016年10月13日、車載システム向けの事業戦略および新製品に関する記者会見を東京都内で開催した。この中で、これからの成長を支える主な事業領域として「生体認証」「タッチアンドディスプレイ」そして「自動車関連」の3分野を挙げた。(2016/10/14)

GTX 970Mを固定利用可能:
性能と価格のバランスが光る快適ゲーミングノート「G-GEAR note N1583J」徹底レビュー
ゲーミングPCブランド「G-GEAR」に加わった新鋭機「G-GEAR note N1583J」シリーズは、最新クアッドコアCPUとGeForce GTX 970Mを搭載しつつ、快適なゲームプレイを期待するユーザー視点に立ったバランスのよい1台だ。(2016/5/19)

ディスプレイ回転でキーボードが変形:
“Yogaスタイルで自由を手に入れた” 14型の2in1モデル「ThinkPad X1 Yoga」の実力を探る
ThinkPad X1シリーズに、ディスプレイが360度回転する2in1スタイルの「Yoga」が加わった。ThinkPad X1 Carbon譲りの薄型軽量ボディーでありながら、マルチなスタイルで使えるのがメリットだ。(2016/5/17)

パワフル、長持ち、4Kディスプレイ
徹底レビュー:サーバ用CPU搭載のモンスターノート「ThinkPad P50」に不可能はないか
Lenovoの「ThinkPad P50」は、最高のパフォーマンスと持続時間の長いバッテリーをコンパクトな15.6型の本体に格納しているモバイルワークステーションだ。(2016/5/3)

ザ・ThinkPad:
ビジネスモバイルの決定版となりうる王道モデル「ThinkPad T460s」の実力に迫る
最近のThinkPadといえば「X1」シリーズが勢いづいているが、王道のTシリーズだって負けていない。パフォーマンスと持ち運びやすさを両立した新モデル「ThinkPad T460s」の実力を見たら、欲しくなること間違いなし?(2016/3/29)

バッテリー駆動9時間以上の実力派:
11.6型モバイルノートPCが“3万円台”から買える! 優しいデザインと質感が魅力の「New Inspiron 11 3000」に迫る
デルの11.6型モバイルノートPC「New Inspiron 11 3000」は、9時間以上のバッテリー駆動やeMMC/SSDのストレージの採用など、低価格でありながら快適に使えるバランスの取れたマシンに仕上がっており、ライトユーザーやサブノートPCを探しているユーザーにオススメだ。(2016/3/15)

モバイルWSに注力するレノボ:
世界初のXeon搭載17.3型ノートPC「ThinkPad P70」――ワクワクする怪物マシンの実力を徹底チェック
レノボ・ジャパンからXeonプロセッサ搭載の17.3型モバイルワークステーション「ThinkPad P70」が登場。“最強モンスターマシン”の気になるパフォーマンスをがっつりチェックしよう。(2016/2/2)

高性能でコスパもすごい:
大画面フルスペックのパワフルノート「m-Book W」で“下克上”再び
17.3型ボディに第6世代CoreとGeForce GTX 960Mを搭載し、さらにPCIe 3.0 x4接続の爆速SSDまで詰め込んだ「m-Book W MB-W830X-SH」。このスペックでゲーミングPCブランドじゃないだと……?(2015/12/15)

「Skylake-H」×「GTX 970M」:
「GPU Switch」で外部GPUを固定利用! 高速ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5710」実力検証
最新CPUと高性能GPUを搭載し、超高速SSDを搭載。さらに外付けグラフィックスを固定で利用できる機能により常にハイパフォーマンスを発揮できるゲーミングノートPCがG-Tuneに登場。速いぞ!(2015/11/25)

破格の11.6型モデル:
SSD搭載でも5万円台!! 快適レスポンスの“お手軽”モバイルノートPC「LuvBook C」
最小構成なら3万円台という低価格が魅力の11.6型モバイルノートPC「LuvBook C」シリーズを試す。もうこれで十分だよね。(2015/10/21)

組み込み開発ニュース:
ルネサスSP買収のシナプティクス、“日米合作”の新製品で新たな市場へ
シナプティクスは2015年7月15日、都内で新製品発表会を開催した。2014年6月のルネサスエスピードライバ買収後、初の製品披露となる。(2015/7/16)

4K対応ICやLCD駆動&タッチ制御一体IC:
旧ルネサスSPとの合作第1弾ICを発表
Synaptics(シナプティクス)は2015年7月15日、液晶ディスプレイドライバ機能とタッチパネルコントローラ機能を1チップ化したIC「ClearPad 4300」を発表した。買収したルネサスSPドライバの技術ノウハウを本格的に取り入れた第1弾製品だという。(2015/7/15)

薄型軽量金属ボディで気になる表面温度は?:
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(後編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な使い心地と処理能力に迫る。(2015/6/22)

第5世代Core×M.2 SSD×IGZO液晶:
クラシカルなスタイルと最新テクノロジーが同居する高コスパモバイル――「LuvBook J」を駆る
「LuvBook J」は、第5世代CoreやM.2 SSDといった最新技術を盛り込みつつ、薄型化・軽量化よりも使いやすさにこだわった13.3型モバイルノートだ。(2015/6/5)

VAIOが強くて何が悪い:
「VAIO Pro 13 | mk2」徹底検証――“タフモバイル”への路線変更は英断か?
人気モバイルノートPC「VAIO Pro 13」が約2年ぶりにフルモデルチェンジ。第2世代となった「VAIO Pro 13 | mk2」は、ある意味で先代機の美しさを捨て、ビジネス向けの実用性にフォーカスした進化を遂げている。その実力をじっくり試してみた。(2015/5/27)

実売3万円台から:
ポップでキュートな格安モバイルノート――「LuvBook C」を試す
マウスコンピューターの11.6型ノートPC「LuvBook C」シリーズは、税別3万4800円から購入できる手軽さがウリ。ピンクのカラバリが映える!(2015/5/21)

NVIDIA最新ミドルレンジGPUを駆って登場!:
コスパが光るGTX 960M搭載ゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5500」最速レビュー
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i5500」シリーズは、最新のGeForce GTX 960Mをはじめ、クアッドコアCPUやデュアルストレージ構成を採用しつつ、抜群のコストパフォーマンスを実現したゲーミングノートだ。(2015/3/30)

デスクトップ向け最強CPUを搭載:
“規格外”の超モンスター級ノート「NEXTGEAR-NOTE i5702GA1」徹底検証
G-Tuneに加わった「NEXTGEAR-NOTE i5702」シリーズは、15.6型ボディにデスクトップ向けCPUと高性能GPUを詰め込んだゲーミングノートPCだ。その実力は?(2015/3/17)

注目ノートPC詳細レビュー:
“物理ボタン”TrackPointを備えた王道コンパクトモバイル──「ThinkPad X250」
CarbonやHelixと新世代モバイルノートPCが登場するThinkPadシリーズだが、正統進化系となるのは、やはり「X250」だ。その“由緒正しい”実力をチェックする。(2015/3/17)

最強GPUと4Kディスプレイ、M.2 SSDが夢の共演:
豪華すぎるゲーミングノート「NEXTGEAR-NOTE i5900PA1」徹底検証
最強GPUとクアッドコアCPUをスリムボディに詰め込み、PCI Express接続の最新M.2 SSDを採用、さらにIGZOの4Kディスプレイも搭載したゲーミングノートPCが「G-Tune」ブランドの「GeForce GTX 980M」だ。こいつは速いぞ!(2015/3/3)

ルネサス 執行役員常務 横田善和氏:
クルマよりも規模の大きい“ルネサスの屋台骨・汎用事業”の戦略
ルネサス エレクトロニクスの売上高の約6割は、産業機器/家電/OA機器などの半導体を展開する汎用事業が担う。車載向け半導体事業を上回るビジネス規模を持つ汎用事業を統括する執行役員常務 横田善和氏に事業戦略などについてインタビューした。(2015/2/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。