• 関連の記事

「スマートテレビ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ドンキは1万3000台売れた!:
完売続出のチューナーレステレビ 地上波が映らなくても大丈夫なワケ
地上波が映らないテレビが売れている。ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスが2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」は、累計で1万3000台以上を販売。6月13日から先行予約販売したエディオンのオリジナルチューナーレステレビは、先行予約販売開始当日中に、50台全て予約され完売となっている。“テレビ離れ”が叫ばれているなか、なぜこれほど地上波が映らないテレビが売れているのだろうか。(2022/6/24)

6月13日から:
エディオン、3万円のチューナーレステレビ発売 ネット動画やゲームに特化
エディオンは、同社オリジナルの43V型チューナーレステレビを6月13日に発売する。テレビ視聴に必要なチューナーを搭載せず、インターネット配信動画やゲームなどに特化した。クラウドファンディングサイト「Makuake」(マクアケ)」で先行予約を受け付け、発売前に購入者の意見を集め、今後の商品開発に反映するとしている。(2022/6/13)

XboxのクラウドゲームをSamsungのスマートTVで ソニーのコントローラも利用可能
MicrosoftはSamsungのスマートTVで「Xbox Cloud Gaming」のクラウドゲームをプレイできるようにする。日本を含む27カ国で6月30日ごろから提供開始の計画だ。Samsungの「Gaming Hub」は「GeForce Now」や「Stadia」にも対応する。(2022/6/10)

日本でFire TVシリーズはどんな感じ? 米Amazon担当者に聞いた
Amazonの「Fire TVシリーズ」は、映像投影(キャスト)デバイスとして日本国内でも一定の地位を築いた。ヤマダホールディングスと提携してFire OSを搭載する「Fire TVスマートテレビ」も投入したが、今後日本においてFire TVシリーズはどのように展開されるのだろうか。米Amazonの担当者が語った。(2022/6/7)

43V型4Kスマートテレビ:
ネット動画に特化した「スマートテレビ」登場、NHKの受信料は?
SmartTV,Incは7月15日、ネット配信動画の視聴に特化した、チューナーレスのAndroid TV・Chromecast内蔵の「43V型4Kスマートテレビ」を発売する。(2022/6/3)

副作用に注意
Raspberry Pi OSのデフォルトアカウントが廃止された納得の理由
Raspberry Pi OSのデフォルトアカウントである「pi」が廃止された。このわずかな修正の影響は大きい。デフォルトアカウント廃止の理由と副作用を説明する。(2022/6/3)

iOS版「Google Play ムービー& TV」アプリも「Google TV」アプリに改称 スマホのリモコン化も可能に
GoogleはiOSアプリ「Google Play ムービー& TV」を「Google TV」に改称し、新機能を追加した。Androidアプリも更新し、スマートフォンをスマートテレビやChromecast接続テレビのリモコンとして使えるようになった。(2022/6/2)

YouTube、動画内で最も再生された部分に飛べるように
YouTubeは、動画内で最も再生された部分を表示する機能を正式版にした。チャプター機能とともに、長い動画の視聴で役立てそうだ。また、動画やプレイリストをループ再生する機能も追加した。(2022/5/19)

ヴィアイン赤坂〈茜音(あかね)の湯〉:
JR西、東京・赤坂に大浴場付き「宿泊特化型ホテル」 11月開業
 ジェイアール西日本デイリーサービスネット(兵庫県尼崎市)は、宿泊特化型ホテル「ヴィアイン赤坂〈茜音(あかね)の湯〉」(東京都港区)を開業すると発表した。(2022/4/20)

スマホなどで視聴可能に:
民放テレビ局10社、地上波番組をネット同時配信 きょうから「TVer」で
民放10局が地上波で放送するテレビ番組をネットで同時配信する「地上波リアルタイム配信」を解禁する。4月11日午後7時以降に放送する番組が対象で、民放公式テレビ配信サービス「TVer」で視聴できるようにする。(2022/4/11)

民放の「リアルタイム配信」は“ザッピング”もできる 「TVer」アプリの新機能まとめ
地方にいても東京と同じ番組をリアルタイムで見られる民放5系列の「リアルタイム配信」。配信する番組やアプリの仕様が分かってきた。(2022/4/9)

NHK+、テレビで利用可能に Android TVや「Fire TV Stick」向けアプリ提供
NHKは1日、Android TVを搭載したテレビや「Amazon Fire TV」「Google Chromecast」向けに「NHK+」アプリの提供を始めた。(2022/4/1)

6月まではログイン不要:
「NHKプラス」がスマートテレビ対応を試行 Android TVやFire TVで“見逃し視聴”が可能に
NHKのオンライン動画配信サービス「NHKプラス(NHK+)」が、スマートテレビやセットトップボックス(STB)における見逃し視聴の試行を開始した。Android TVまたはFire OS(Fire TV)を搭載するスマートテレビやSTBにアプリをインストールすれば誰でも試行に参加できる。IDの取得は6月30日まで不要である。(2022/4/1)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
Apple Studio Displayが買えなくてもユニバーサルコントロールがあるじゃない
マリー・アントワネットはそんなこと言ってないけど、便利です。(2022/3/22)

Apple、「Google TV」や「Android TV」版「Apple TV」アプリでのサブスクや購入の機能を削除
AppleはGoogleのスマートTV向け「Apple TV」アプリでのサブスクリプション、購入、レンタル機能を削除した。Apple端末で購入済みのコンテンツは視聴できる。(2022/3/22)

Google、ゲームストリーミング「Stadia」仕切り直し B2Bサービスも
Googleはゲーム開発者向け「Google for Games Developer Summit」を開催した。ゲームストリーミング「Stadia」関連の複数の取り組みを発表した。AT&Tなどの企業にStadiaの技術を提供する「Immersive Stream for Games」も発表した。(2022/3/16)

プロジェクト:
三井不動産レジデンシャル初のホテルライセンス型サービスアパートメントが開業
三井不動産レジデンシャルは、「オークウッドホテルシリーズ」の国内13件目で、2021年に京都府京都市中京区で開業したホテル「オークウッドホテル京都御池」に続く、ホテルライセンス型サービスアパートメント「オークウッドホテル&アパートメント麻布」を東京都港区東麻布でオープンした。(2022/3/16)

Apple TV+で米メジャーリーグの金曜の2試合を独占配信 日本でも
Appleは、MLBとの提携で毎週金曜の2試合を「Apple TV+」で独占配信すると発表した。この「Friday Night Baseball」は日本でも提供する。期間限定でサブスクなしでも視聴できるようになる見込み。(2022/3/9)

Amazonが「タイムセール祭り」を開催中 Fire TVやタブレット、Echoシリーズがお得に
Amazonが「タイムセール祭り」を2月28日午後11時59分まで開催している。Fire TVやタブレット、Echoシリーズなどがセール価格で提供される。(2022/2/27)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

2月26日9時からAmazonで「タイムセール祭り」開始 最上位モデルの「Kindle Oasis」が5000円オフ
「新生活特集」も公開中です。(2022/2/26)

全く新しい体験を提供する:
Amazonとヤマダ、国内初の「Fire TV搭載スマートテレビ」を発表
Amazonとヤマダが日本国内初となるFire TV搭載スマートテレビを発売する。(2022/2/18)

ヤマダデンキとAmazonが作るスマートテレビのある日常――「FUNAI Fire TVスマートテレビ」誕生の理由
ヤマダホールディングスとアマゾンジャパンが協業し、船井電機製の「Fire TVスマートテレビ」を販売することになった。ある意味で「水と油」とも思える両者だが、どのような背景で協業することになったのだろうか。発表会の模様をお伝えする。(2022/2/17)

Amazon×ヤマダデンキのFire TV搭載「スマートテレビ」予約開始 4K液晶テレビが7万6780円から
2月17日よりAmazon.co.jpで先行予約受付開始。(2022/2/17)

Fire TV搭載のスマートテレビ、ヤマダデンキが販売 5万4780円から
Amazonとヤマダホールディングスは2月17日、Fire TVを搭載したスマートテレビの予約販売を始めた。地上波やBS、CS、4Kの視聴だけでなく、Prime VideoやYouTubeなどのストリーミング動画を視聴できる。(2022/2/17)

ヤマダデンキが「Fire TVスマートテレビ」を3月5日に発売 5万4780円(税込み)から
アマゾンジャパンとヤマダホールディングスが連携し、船井電機製の「FireTVスマートテレビ」を国内で展開することになった。2月17日からAmazon.co.jp上のヤマダデンキ公式ストアで予約販売を開始し、3月5日から出荷と店舗での販売が順次始まる予定だ。(2022/2/17)

海外出店も継続:
PPIH、第2四半期決算を発表 リニューアルしたPBが好調
ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は、2022年6月期第2四半期(21年7〜12月)の連結決算を発表した。国内ではリニューアルしたPBが好調に推移した。(2022/2/14)

STマイクロ STPD01:
USB PD向け同期整流式DC-DC降圧コンバーター
STマイクロエレクトロニクスは、60WまでのUSB PD対応機器に適した同期整流式DC-DC降圧コンバーター「STPD01」を発表した。マルチポートACアダプターやUSBハブ、PCモニター、スマートテレビなどに適する。(2022/2/14)

初回生産分6000台が完売:
ドンキの“NHK受信料を支払わなくていいテレビ”、売り切れ店舗続出 2月中旬から再販へ
「ドン・キホーテ」が2021年12月に発売した「ネット動画専用スマートTV」を2月中旬に再販すると、運営元が明らかにした。初回生産分6000台を各店舗で販売していたが、売り切れになる店舗が続出。6000台の追加生産に踏み切っていた。(2022/2/10)

Alexa対応で何が変わる? スマートスピーカー付きメッシュルーター「Deco Voice X20」で在宅勤務の環境を改善!
TP-LinkのWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)対応メッシュWi-Fiルーター「Deco Voice X20」は、Amazon Alexa対応のスマートスピーカー機能を統合していることが特徴だ。メッシュWi-Fiルーターにスマートスピーカーが統合されると、どのようなメリットがあるのだろうか。実際に試してみよう。(2022/2/10)

Apple、Samsung、Intelなど:
巨大テック各社、「サプライチェーンの混乱は今後も続く」
AppleとSamsung Electronics、Intelは、2022年1月に業績発表を行い、それぞれ売上高が過去最高を記録したことを明らかにした。一方、Lam Researchをはじめとする他メーカーは、売上高が当初の予想を下回って減少するなど、あまり恵まれない結果となったようだ。しかし、これら全てのメーカーが一致した見解として示しているのが、「サプライチェーンの混乱は今後も続く」という点だ。(2022/2/28)

PR:より高速で安全なネット環境を実現! NECのWi-Fi 6ルーター「Aterm」の新モデルは何が違う?
NECプラットフォームズのWi-Fiルーター「Atermシリーズ」から、 新モデルが3つ登場する。いずれも最新規格のWi-Fi 6に対応し、在宅勤務やリモート学習を快適かつ安心して行える心配りがなされている。その詳細をチェックしていこう。(2022/2/10)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
テレビをスマート化すると賞味期限が短くなる? 古い機種を今でも使い続ける人たちが考えたこと
シャープのテレビがAndroid 10へアップデートで再起動し続ける問題で、テレビの高機能化について考える議論が編集部Slackで起こりました。(2022/2/2)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
一生かけても消費できないコンテンツに怯える 映像サブスクの深淵を覗き込んだ話
アマプラ、ネトフリ、ディズニー、アップル、群雄割拠の映像サブスクについて語りました。(2022/1/17)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
買ったけど使わなくなったガジェットってどんなもの? IT系編集者2人の場合
巷では「買ってよかったモノ」といった記事はたくさんみかけるものの、「買ったけど使わなくなったモノ」という記事はあまり見かけない。そこで、編集者2人が2021年に買ったけど使わなくなったものを紹介する。(2022/1/14)

NHK、24時間同時配信へ テレビ画面で見逃し配信も
NHKはPCやスマートフォン向けの動画配信サービス「NHK+」で総合テレビを原則として1日24時間、放送と同時にインターネットで配信することを決めた。(2022/1/14)

国内13軒目:
東京に「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」が開業 フルキッチンを備える
オークウッドジャパンは、国内では13軒目となる「オークウッドホテル&アパートメンツ麻布」を東京都港区に開業する。客室は全171室で、ビジネスや観光ニーズに合った短期〜長期滞在型のホテルとして訴求していく。(2022/1/14)

CES 2022で披露:
NVIDIAが注力する車載AIとゲーム向けの新技術
NVIDIAは、米国ラスベガスで開催された「CES 2022」(2022年1月5〜7日)において、車載AI(人工知能)やゲーム向けとして近く発表予定のさまざまな新技術を披露した。また、AT&TやSamsung Electronicsとの連携による新たなイニシアチブも発表している。(2022/1/14)

メインメモリとキャッシュメモリはどう違うのか【前編】
いまさら聞けない「メインメモリ」の基礎 どのような仕組みか? 何に役立つ?
身近かつ重要な存在でありながら、実態が見えにくいのが「メインメモリ」だ。「キャッシュメモリ」との比較の前に、まずはメインメモリの基本的な仕組みと役割をおさらいしよう。(2022/1/8)

CES 2022:
Google、AndroidとWindows、スマートホームなどの連携機能を多数発表
GoogleはCES 2022に合わせ、「everything works better together on Android」な新機能を多数発表した。いずれも向こう数カ月中から年内実現の予定。一部のWindows PCで「Fast Pair」が利用可能になる。(2022/1/6)

CES 2022:
LGのスマートTV、シニア向け医療サービスプリインストールに(北米で)
LGは、2022年に北米で販売するスマートTVに医療サービスアプリをプリインストールすると発表した。「Independa Health Hub」では、歯科医師との動画チャットやシニア向けフィットネスプログラムを利用できる。(2022/1/5)

CES 2022:
Samsungの新スマートTVは「GeForce Now」など対応のゲームハブ搭載でNFTもサポート
SamsungはCES 2022に向けて、2022年発売のスマートTVの新機能を発表した。「GeForce Now」や「Stadia」、コンソールゲームなどのハブになる「Gaming Hub」を搭載する。テレビでNFTアート作品を売買できる「NFT Platform」も利用できる。(2022/1/4)

チューナーレスのネット動画専用機:
“NHK受信料を支払わなくていいテレビ”を製品化 ドンキの狙いは?
「ドン・キホーテ」が発売した、「ネット動画専用スマートTV」がネット上で大きな話題を呼んでいる。テレビと称しながら、テレビチューナーを搭載していないためだ。製品化の狙いと経緯を聞いた。(2022/1/6)

ドンキがネット動画向けチューナーレステレビを発売 Android TV搭載で24V型が2万円強、42V型でも3万円強
HDMI端子も3基搭載。レコーダーやゲーム機をつなぐのもよし。(2021/12/8)

あえてテレビ機能を外した:
ドンキ、ネット動画専用のスマートテレビを発売 さまざまなシーンに対応
ドンキは、12月10日からネット動画専用のスマートテレビを販売すると発表した。動画視聴のニーズを重視し、あえてテレビチューナーを取り外した。24型と42型を用意する。(2021/12/7)

Android TV搭載ディスプレイ、ドンキが発売 「あえてテレビチューナー外した」
ドン・キホーテは「AndroidTV機能搭載チューナーレス スマートテレビ」を12月10日に発売する。価格は24型が2万1780円、42型は3万2780円(税込)。(2021/12/7)

PCやウェアラブルを強化するファーウェイ 日本市場でどう戦う? 責任者に聞く
スマホで知名度を上げたファーウェイ(華為技術日本)だが、最近はPC、ディスプレイやウェアラブルデバイスといった「非スマートフォン」に力を入れている。その狙いはどこにあるのか、デバイス部門の日本・韓国リージョンプレジデントを務める楊涛(ヤン・タオ)氏に話を聞いた。(2021/9/22)

「インターネットが重い」を解決する切り札
おうち時間ブームだけではない 「ブロードバンド」の成長が続く“当然の理由”
自宅で仕事をしたり、インターネットサービスを楽しんだりする“新常態”が、ブロードバンドの需要を押し上げている。専門家は、この成長は一時的なものではないと主張する。それはなぜなのか。(2021/9/16)

山根康宏の中国携帯最新事情:
「P50 Pro」をようやく発売したHuawei “5Gなし”で今後のビジネスはどうなる?
Huaweiの2021年フラグシップスマートフォン「P50」シリーズがようやく発売された。米国政府の制裁を受けて発売時期が遅れただけではなく、5Gへの非対応、複数プロセッサの採用、そしてバリエーションは2モデルにとどまるなど、不利な面が多い。中国国内で5Gの普及が進めば進むほど、5G非対応モデルしか投入できないHuaweiのスマートフォンは魅力が薄まってしまう。(2021/9/10)

Amazon、クラウドゲーム「Luna」でChromebookとFireタブレットもサポート
Amazonが米国でプレビュー中のサブスクリプション制クラウドゲームサービス「Luna」が、Chromebookでも利用できるようになった。同社のFireタブレットもサポートする。非サブスクユーザーを招待してマルチプレイできる「カウチモード」も追加された。(2021/9/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。