• 関連の記事

「心理学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!心理学→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で心理学関連の質問をチェック

仕事が「つまんない」ままでいいの?(90):
35歳からのキャリア――中堅世代こそ「Will、Can、Must」を考えよう
あなたが中堅世代なら、将来のキャリアに不安になることがありませんか? そんなときは、Will、Can、Mustで整理すると、これからの方向性が見えてくるかもしれません。(2022/6/15)

高根英幸 「クルマのミライ」:
クルマの顔つきは、どこまで売れ行きに影響するのか
デザインには、人の心を動かす力がある。それはクルマであっても同じで、これだけ自動車市場が充実して性能や品質が粒ぞろいの中にあっても、デザインは売れ行きを決める重要な要素であり続けている。(2022/6/13)

Q&A 総務・人事の相談所:
リモートワークなので「休日でもメール返信」「精神的に疲れる」 どんなルールにすべきか?
「仕事とプライベートの区別が難しい」「常にメールへの返信を求められるようで精神的に疲れる」。そんな声に、会社としてどのように対応すべきでしょうか? EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社の山田俊輔氏の回答は?(2022/6/6)

正社員500人に聞いた:
信頼できる上司の行動は? 若手社員の7割が「心理的安全性が高い」
タバネルは若手社員500人を対象に「若手社員の心理的安全性調査」を実施した。自分の所属するチームは、自分の考えや気持ちを誰に対してでも発言できる状態にあるか尋ねたところ、「発言できる」と答えた人は18%だった。(2022/5/31)

医療技術ニュース:
ネコは同居しているネコや人の名前を学習している
ネコは同居しているネコや人間の名前を学習しており、名前を聞くとその顔を思い出していることが、京都大学らの共同研究で明らかになった。(2022/5/24)

洗脳手法:
鬼マナー研修や地獄の特訓に参加させる企業が、経営的無能な理由
激しい言葉でスタッフを叱責したり、泣かせる「指導」がテレビでも放映されます。昔からある地獄の特訓的スパルタ社員教育はなぜ存在するのか。そもそもそうした指導は意味があるのか、人事と経営視点で考えます。(2022/5/23)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(89):
「期待通り」じゃなかった就職や転職、どうする?
春は就職や転職などで、新たな環境に身を置く人が多い季節です。夢や憧れを抱いて就職・転職したのに、期待していたイメージとは異なっていて選択を悔やんでいませんか? そんなとき、今後に向けた行動や気持ちの整理はどうしたらいいのでしょうか?(2022/5/18)

コロナ禍のトイレットペーパー不足 デマよりも注意を呼び掛けるツイートが原因だった
2020年春、コロナ禍の初期に店頭からトイレットペーパーが消えたのは、デマというより、デマを知り注意を呼び掛ける投稿が主な原因だったようだ。(2022/5/17)

値上げの春:
スタバは「高く売る」ことに成功 「よいモノを安く」では勝てない
「値上げの春」がやってきました。食品、ガソリン、電気代、クリーニング代、ありとあらゆる品やサービスの値上げラッシュが続いています。(2022/5/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
1人も5人も選ばない、「誰も死なせない」以外の答えはないから
「死んでもいい人」を決めた自動車メーカーのクルマには乗れないし近寄れない。(2022/4/27)

茶道に学ぶ接待・交渉術:
Web会議への移行で「気遣いレス」になっていませんか? 思い出したい茶道の格言「一座建立」
オンラインの時代です。これまでのビジネスの前例だけでは、カバーしきれなくなった時代とも申せましょう。そんな時代には、日本人が古くから狭い茶室で対面していた時にはどんな配慮が求められていたかを参照してみることにも、意味があるかと思います。(2022/4/23)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(88):
「何かが足りない」のは「価値観の揺らぎ」が足りないから
毎日が同じことの繰り返しで、「これ!」といった刺激がなく、成長している実感もない。「何かが足りない」感じがする。それは「価値観の揺らぎ」が足りないのかもしれません。(2022/4/13)

メタモンが爪先を彩るネイルアートに変身 今にも動き出しそうな3Dアートに「かわいい」「ゲシュタルト崩壊しそう」の声
変身しそう。(2022/4/8)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
同じ部署の「働かないおじさん」と、うまく仕事を進めるには
もし自分と同じ部署に「働かないおじさん」がいる場合、どうしたらいいのだろうか? うまく仕事を進めるための秘訣を紹介する。(2022/4/6)

プラマイデジタル:
偏りのない「感情認識AI」が目指すウェルビーイングな社会とは?
SXSWのピッチイベントで優勝したHume AIの「共感型AI」はウェルビーイングへの貢献をうたう。(2022/4/5)

「瞑想ルーム」ホテルで相次ぐ パナソニック参入も
新型コロナウイルス禍でストレスや悩みを抱える人が増え、瞑想することで不安を軽減したり集中力を高めたりすることへの関心が高まっている。(2022/3/31)

「瞑想ルーム」ホテルで相次ぐ パナソニック参入も
新型コロナウイルス禍でストレスや悩みを抱える人が増え、瞑想することで不安を軽減したり集中力を高めたりすることへの関心が高まっている。ホテルやオフィスビルで「瞑想ルーム」の設置が相次ぎ、瞑想システム開発では大手企業の参入も目立ち始めた。(2022/3/31)

休館から一転、法人利用が増加:
三菱地所の30代社長がつくった「瞑想プログラム」がコロナ禍で予約殺到なワケ
三菱地所の新事業提案制度から生まれた没入体験型メディテーションスタジオ「Medicha(メディーチャ)」がコロナ禍で活況だ。コロナ禍で一時は休業を迫られていた状況から一転、なぜ売り上げを伸ばせたのか。Medicha共同代表の長嶋彩加さんと山脇一恵さんに聞いた。(2022/3/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事で死ねて本望? モーレツ社員の危険すぎる“過剰適応スパイラル”
先日、アクセンチュアが違法な残業で書類送検されました。コンサルや他の業界でも「この業界は、働いてなんぼの世界」「仕事が好き」「もっと会社に貢献したい」などと考える社員が、自ら進んで働きすぎてしまうことがあります。これは、長時間労働を一掃するのが極めて難しい原因の一つです。この難題と、どのように向き合っていくべきでしょうか。(2022/3/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーの快眠が組織を変える 65000人の睡眠を改善してきて分かった睡眠と組織の関係性〜
リーダーが睡眠を犠牲にして、仕事をしているとチーム全体がギスギスして心理的安全性も確保されず、チャレンジする風土も育まれにくくなるが、リーダーがしっかり睡眠を取れているとコミュニケーションも良好になり、ヘルプも十分、失敗を恐れずにチャレンジできるようになりやすい。(2022/3/24)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(87):
51歳で「パワポが得意」と、初めて知った元エンジニアの話
「将来、このまま大丈夫かな?」と思ったとき、「新たな資格を取ろう」と思うこともあるでしょう。でも、資格だけではなかなか仕事につながらないもの。それよりも、あなたの「強み」を生かせる場所は、案外「身近」にあるのかもしれません。(2022/3/16)

“ビリギャル”小林さやか、名門コロンビア大学院へ合格を報告 受験決意公表から2年「意思あるところに道は拓ける!」
ハーバード大学は残念ながら不合格に。(2022/3/15)

車載情報機器:
医学的なアプローチによる感情モデルを構築、感情推定性能は80%
デンソーテンは2022年3月11日、脳波や心拍と感情の関わりから感情を推定する新技術を開発したと発表した。(2022/3/14)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
「働かないおじさん」と本気で向き合い、解決するには
自社のミドルシニアが「働かないおじさん」となってしまっている――そんな場合、どのような対策ができるでしょうか。行動変容を促すための、5つのポイントを紹介します。(2022/3/14)

従業員の“幸福”が企業成長のカギ 注目の「ウェルビーイング」とは何か?
企業経営で利益だけを重視する時代は終わり、従業員の健康や幸福といった要素を無視できなくなった。そこで注目されるのが「ウェルビーイング」だ。従業員の健康管理やモチベーション向上によって企業の成長を狙う取り組みを解説する。(2022/3/8)

Innovative Tech:
子ども向けYouTubeに、タブー用語の自動字幕を表示する問題 インドの研究チームが指摘
インドのManipal University、米Rochester Institute of Technology、インドのIndian School of Businessによる研究チームは、YouTubeの自動キャプション機能において、不適切なテキストが表示される問題を指摘した報告書を発表した。(2022/3/4)

相手が思わず契約したくなる提案の進め方とは
多くの営業マンの営業先での提案の進め方を分析すると、重要な要素が抜けていることが多い。それは「質問」で、成約率は質問の重ね方に大きく左右される。(2022/3/2)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
暗いコロナ禍に差した「光」 ANAとJAL、生き残るためのヒト投資
ANAとJALが、新卒採用を再開する。長いコロナ禍から、ようやく日常が戻りつつあるようだ。航空業界の雇用は、これまでも大きく世相を反映してきた。その経営判断が、航空業界で働く社員の人生を左右してきたとも言える。自身も元CAである河合薫氏が、解説する。(2022/2/25)

2022年2月22日は超・猫の日 イエローハットが「全国交通にゃん全運動」実施 にゃんこの安全も守ろう
じーーっと見ていたら猫飛び出し注意!(2022/2/22)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(86):
プログラミングに自信はある でも、飯は食えなかった人の話
エンジニアは「手に職がある仕事」です。「手に職があると、一生食いぱっぐれない」と思っていませんか? でも、技術力を磨いているだけでは、そうでもないのかもしれません。(2022/2/16)

伊勢の「昭和」な食堂が店舗DXで生産性爆上げ その時社長は何をしたのか
デジタルをうまく活用すれば地方の昭和な食堂の経営はここまで変わる。平均客単価3倍、従業員のスキル向上と事業拡大も実現、海外ITベンダーとも取引する地方の老舗食堂のビジネスはITでどう変わったか。代表の講演から具体的な施策を見ていく。(2022/2/1)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(85):
「1年の計」もいいけれど、「どうありたいか」で心身を整えよう
1月といえば「1年の計」です。でも「目標がない」「目標を立てるのが苦手」という人もいるかもしれません。それならば、この1年「どうありたいか」を考えて、心と身体を整えてはいかがでしょうか?(2022/1/19)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(後編):
「“面接”という呼び名から、変えていけたら」──人事・採用のキーマンたちが見据える未来
企業と採用候補者の双方にとって「理想的な面接」とはどのようなものだろうか? 「あの会社サイテー」と思われるような面接はどうしたらなくせるか? ユニリーバ・ジャパン人事総務本部長の島田由香氏と、面接における候補者体験のアップデートを目指すシステム「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談。これからの面接のあるべき姿について意見を交わした。(2021/12/23)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(前編):
人事部で「揉めに揉めた」──履歴書の顔写真・性別欄を廃止したユニリーバ島田氏に聞く、人事が“果たすべき役割”
ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。(2021/12/22)

“不確実な状況”でも、成功している企業の「共通認識」
“不確実な状況”でも成功している企業には、ある「共通認識」がある──ヴィーム・ソフトウェア執行役員社長の古舘正清氏が、企業のリーダーが心得るべき事業の進め方を解説する。(2021/12/17)

PR:DX時代のデータ活用に役立つツール 「統計学が最強の学問である」著者が起業して開発に至った背景に迫る
企業のDXやデータ活用を手探りで進めるのは難しいものです。そこでデータ活用の“いろは”を解説したベストセラー書籍「統計学が最強の学問である」の著者である西内啓氏に、日本のDX推進のヒントを聞いた特別対談の前編です。(2021/12/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(84):
「とうふメンタル」なボクがやっている、ヤバい予兆の見分け方、整え方
ハードな仕事に「これ以上いくとヤバい」と感じたことはありますか? しかも、逃げられない状況で。そんな「心と身体が追い詰められたとき」の対処法を伝授します。(2021/12/15)

研修とは“真逆”のアプローチ:
研修で不正は防げない!──「コンプラなんて他人事」の社員を変えるものとは
研修を実施し、社員のコンプラ意識を向上させる──多くの企業が実施しているコンプラ施策だが、これだけでは、不正を必ずしも防ぎきることはできない。社員を変える、研修とは“真逆のアプローチ”とは。(2021/12/8)

Marketing Dive:
レクサスが欧州で展開した「視聴者の顔色」を見てパーソナライズする広告について
トヨタ自動車の「レクサス」ブランドが欧州で展開した「Feel Your Best」キャンペーンは、AIを活用した未来感あふれるパーソナライズを実現している。(2021/12/3)

Apple「感情分析AIモデル」の可能性と課題【後編】
「Appleは信頼を失いかねない」 Apple“人の心を読むAI”を専門家が不安視
Appleはさまざまな生体データを分析して人の感情を判別する感情分析AIモデルを開発している。こうしたAI技術を開発する研究者やベンダーには、検討すべきことがあると専門家は指摘する。それは何か。(2021/11/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「駅のホームドア」が普及しているが、安全基準はどうなのか
京王電鉄京王線で発生した傷害放火事件は記憶に新しいが、犯人の動機などは社会学、心理学の範疇(はんちゅう)で鉄道側としてはなんともしがたい。ただし、鉄道については「防犯」と「防災」の議論が起きた。ホームドアなどの関連する各種施設や機器とその運用、これまでの法令等を見ながら、課題や今後のあり方を考える。(2021/11/20)

Apple「感情分析AIモデル」の可能性と課題【前編】
Apple“人の心を読むAI”に研究者が疑義 Appleは何を考えているのか?
Appleはカリフォルニア大学ロサンゼルス校と共同で、人の感情を検出する感情分析AIモデルを開発している。この研究を通じて、Appleは何をしようとしているのか。(2021/11/15)

LED:
パナソニックが人の行動を促す屋外の“照明演出”「アフォーダンスライティング」の提供開始
昨今、官民連携による屋外でのライトアップ演出事業が伸長しているといわれる。LED照明を主力事業の一つとしているパナソニックは、これまでにも公共施設や商業施設などで安全・快適・省エネを実現する照明空間を提供してきた。パナソニック エレクトリックワークス社が今般、発表した照明演出「アフォーダンスライティング」は、長年培ってきた街路灯照明の技術をベースに、光を高度にコントロールして、屋外の照明演出で人の行動作用にも変化を与える。(2021/11/4)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(83):
4つのタイプ別「あの人と分かり合えない理由」と「対処法」
「仕事の段取りはサクッと済ませたいのに、相手は打ち合わせを求めてくる」「もっと話し合いたいのに、相手は効率重視で冷たい感じがする」――このような「あの人と分かり合えない」ギャップは、どうすれば埋まるのでしょうか?(2021/11/2)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(82):
身に付けると仕事に役立つ「抽象化」思考のススメ
抽象化思考ができると、物事の特徴をざっくりと捉え、本質を理解できるようになり、エンジニアとしての幅が広がります。(2021/10/14)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(81):
コロナ禍で現実的になった、人生100年時代のライフ・シフト
「人生100年時代」といわれても具体的にはどうすればいいのか分からなかったけれど、コロナ禍による働き方の変化で、具体的な方法が身近になってきたようです。(2021/9/15)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(14)STEM教育(2):
“手作りのラズパイ教室”に見るプログラミング教育の縮図
今回は、“手作りのラスパイ教室”を運営するお母さんたちへのインタビューから、プログラミング教育について考えてみます。赤裸々に語っていただいた本音から見えてきたのは、「新しいプログラミング教育の形」でした。(2021/8/23)

現場で使える行動経済学【前編】:
知らないと損? 続々とビジネス活用が進む「行動経済学」の光と闇
この数年で注目されることが増えた「行動経済学」。ビジネス活用も進んでいるが、結局どのように仕事や生活とかかわるものなのか把握しきれていないビジネスマンが多いのではないだろうか。本記事では、実務に使える行動経済学の基礎について解説する。(2021/8/19)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(80):
あなたに友達ができない本当の理由
「友達ができなくて悩んでいる」――ひょっとしたら、それは、友達を「作ろう」としているからなのかもしれません。(2021/8/18)

SNSの「いいね」は怒りを増幅させるフィードバックループを生む──イェール大学が論文発表
SNSでは“道徳的な怒り”を表す投稿が増える傾向があると、イェール大学の研究者がTwitterの投稿を解析した研究結果を発表した。「プラットフォーマーは集団運動に影響を与える能力を持っていることを自覚するべきだ」としている。(2021/8/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。