• 関連の記事

「似顔絵」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「似顔絵」に関する情報が集まったページです。

大谷翔平、ドジャース初の“首振り人形”化で国内外ファン「ほ、欲しい」 一方「もっとかっこよくできただろ」とツッコミも
5月16日、8月28日の試合で先着プレゼントされます。(2024/5/11)

イラストレーターが“描けない”クセつよポーズにツッコミ続出 大反響からのグッズ化に「良すぎるな」「運気上がりそう!!(笑)」
つい見てしまう魅力がある絵。(2024/5/10)

「こんな天才がいるからYouTubeはやめられない」 ホチキスの針だけで“ヒカキン”を再現したアートに称賛
ホチキスの針なので、裏から見ても成立するのも面白い。(2024/4/21)

ママの外出中、お兄ちゃんと留守番するデカワンコたち 「声のかけ方が優しい」「本当にいい息子さん」ワンコたちへの愛情に感激
本当の兄弟のよう。(2024/4/5)

神田うの、49歳バースデーは大量プレゼントで「インターフォン鳴りっぱなし」 12歳娘からは手作りチーズケーキ
ものすごい量のプレゼント!(2024/3/30)

【今日の計算】「250×4」を計算せよ
シンプルな計算問題にチャレンジ!(2024/3/20)

【今日の難読漢字】「栗鼠」←何と読む?
読めるかな?(2024/3/19)

恋人の血で汚れた手を見て満足したのはなぜ? 「ウミガメのスープ」クイズに挑戦!【レベル3】
“クイズ王”の古川洋平さんが代表を務めるクイズ作家集団「クイズ法人カプリティオ」が問題を出題。(2024/3/18)

「0、+2.4、−5、7/8」整数はどれ? 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【数学・基礎知識】
大人になって解いてみると、意外と難しい。(2024/3/18)

【今日の計算】「6+3×9+12」を計算せよ
シンプルな計算問題にチャレンジ!(2024/3/17)

【今日の計算】「4999×4」を計算せよ
シンプルな計算問題にチャレンジ!(2024/3/16)

【今日の難読漢字】「央ば」←何と読む?
読めるかな?(2024/3/16)

【今日の難読漢字】「急度」←何と読む?
読めるかな?(2024/3/15)

□に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
4つの熟語が成立する漢字を入れよう。(2024/3/15)

625の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
大人になって解いてみると、意外と難しい。(2024/3/15)

夫婦でお互いの似顔絵を描いてみたら…… 大笑いの結末に「なんかうれしくなった」「幸せがあふれてる」【海外】
相手の特徴をよく捉えた似顔絵。(2024/3/17)

全てのカピバラを暖めよう→あれ、無理じゃない? ストーブを1つ動かすだけのパズルが癒されるけど難しい
カピバラ、きゃわわ。(2024/3/14)

【今日の計算】「7^1+8^2+9^3」を計算せよ
シンプルな計算問題にチャレンジ!(2024/3/14)

ホワイトデーの街に隠れた「青い鳥」はどこ? 見つけると幸せになれるかもしれない“隠し絵クイズ”に挑戦してみよう
「青い鳥」が1羽隠れています。見つかるかな?(2024/3/14)

【今日の難読漢字】「雲脂」←何と読む?
読めるかな?(2024/3/13)

【今日の計算】「120×50」を計算せよ
シンプルな計算問題にチャレンジ!(2024/3/13)

NEWS Weekly Top10:
小学生が「2chのAA」や「スプー」を知っている理由
筆者の小2の息子が、先日学校から持って帰った国語のテストの自由記述欄に、変なことを書いていた。「これからの国語でがんばりたいこと」という質問への回答に「アスキーアート」(AA)と答えていたのだ。モナーのようなAA風イラストも添えて。(2024/3/11)

似顔絵を描きながら涙を流したのはなぜ? 「ウミガメのスープ」クイズに挑戦!【レベル2】
“クイズ王”の古川洋平さんが代表を務めるクイズ作家集団「クイズ法人カプリティオ」が問題を出題。(2024/3/11)

「そごう・西武」アジアに増える巨大店舗 大苦戦する国内と何が違うのか?
かつて国内最大の百貨店チェーンだったものの、経営再建・セブン&アイ傘下を経て今や日本国内に10店舗のみとなってしまった大手百貨店「そごう・西武」。その「そごう・西武」の新店舗がいま、アジア各地に続々と誕生していることをご存じだろうか。正念場を迎える日本の百貨店業界にとってのヒントを探る。(2024/2/26)

お風呂の鏡に広告、スタッフによる似顔絵 「おふろcafe あげき温泉」がユニークな試み
旅する温泉道場は、三重県いなべ市に温泉複合施設「いなべ阿下喜ベース」を4月11日にオープンする。(2024/2/19)

「絵畜生になりました!」 元プロゲーマーたぬかな、VTuber化 本職VTuberにも辛口「嫉妬でおかしなるわ」
なんと。(2024/1/22)

Microsoftが「Azure AI」に新機能投入【後編】
NVIDIA、OpenAIとコラボするMicrosoft「Azure強化」の中身とは
Microsoftは2023年11月、AI技術に関する新サービスや新機能を相次いで発表した。同社がNVIDIAとの連携を強化して取り組もうとする「Microsoft Azure」のサービス強化などのアップデート情報を取り上げる。(2024/1/4)

誕生してから28年:
スマホで撮影できるのに、なぜ「プリクラ」文化は続いているのか
1995年に「プリント倶楽部」が誕生してから28年。97年の大ブーム時に1000億円を超えていたプリントシール機の市場規模は、現在200億円規模まで落ち込んでいるが、今でも一定の支持を得ている。市場シェア94%のフリュー社に最新事情を取材した。(2023/12/24)

「和牛」水田信二の“17歳年下妻”キャスター、超レアな夫婦ショットで「最高でした!!」 大先輩宅訪問で「次は私たちが振る舞うと約束」
「仲良し夫婦」「お似合い」と反響。(2023/12/2)

SNSで話題のアート作品、テレビ局が「紹介したい」と依頼も…… “まさかの現状”に衝撃「これも含めて芸術」
これが創造と破壊……!(2023/11/30)

東京ドーム4個分:
24年閉館「五反田TOC」はどう変わる? 世にも珍しい“巨大卸売ビル”の過去と未来
半世紀にわたり、五反田エリアのランドマークとして親しまれてきた「TOCビル」が、建て替え・再開発のため2024年中に閉館する。高度経済成長期、この地にこれほどまでに大きな建物が生まれ、「卸売店を中核としたテナントビル」となったのには、どういった背景があったのか――。(2023/11/9)

後編:
激変する大阪の街並み まだ見ぬ“集客ポテンシャル”とは?
大阪府と大阪市が官民一体で進めている都市再生事業「大阪7大再生プロジェクト」。記事後編では、都心から少し離れた副都心や都心の辺縁部にあたる「天王寺・阿倍野」「大阪城公園(OBP)」「臨海部」に焦点を当ててみたい。各エリアの特徴を探り、点でつないでいくと、大阪府市が描く街づくりの戦略や意図が浮かび上がる。(2023/10/26)

前編:
御堂筋が「シャンゼリゼ」に? 大阪の街並みに“激変”迫る
大規模開発が並行して進む大阪。街並みはこれから、どんな変貌を遂げていくのか――。前編では、大阪市の都心エリアにあたる「大阪駅周辺」「中之島」「御堂筋」「難波」の開発プロジェクトとその特徴を見ていく。(2023/10/19)

愛犬のイラストが“まねっこ”で描ける! 「かわいい柴犬の描き方」が家族みんなで楽しめそう!
トイプードルやポメラニアンの描き方も公開されています。(2023/10/13)

2023 国際ロボット展:
2023国際ロボット展は過去最大規模に、海外は中国企業が最多出展
日本ロボット工業会と日刊工業新聞社は「2023 国際ロボット展(iREX2023)」の概要について発表した。(2023/10/12)

蛯原友里、子どもからの誕生日プレゼントに感激「と〜っても幸せだなぁ〜!」 変わらぬ44歳にファン「ずっと憧れの女性」
なんてかわいらしいんだ……。(2023/10/6)

44歳の宮崎宣子アナ、第1子出産間近の“大規模ベビーシャワー”に感謝 80人の友人駆け付け「全て手伝ってくれて」
規模がスゴい。(2023/10/3)

飯島直子、松本明子&森尾由美ら“尊敬する昭和アイドル”と集合ショット 「昭和最高です」「まさかの涙でした」
昭和最高!(2023/10/2)

ビーチサンダルに手彫りで表現した『鬼滅の刃』のファンアートが職人技 「下書き無し!?」「もったいなくて履けない」
漫画の名シーンを細かい部分まで再現しています。(2023/9/30)

お絵かきレベルがどんどん上がっていき…… 「かまいたち」山内さん&濱家さんを描いた似顔絵動画にビックリ
予想していたお絵かきレベルを遥はるかに超えてきた。(2023/9/25)

ダンボールで作った志村けんさんの「影絵アート」に感動の声 「パンくんがいる!」「優しい笑顔に泣けてきちゃう」
天才だ……。(2023/9/18)

「それ以上痩せるとげっそり」 高橋みなみ、ダイエット成功も前田敦子が注意 36キロ台で心配された過去も
ほっぺたシュッとしてる!(2023/9/11)

「これなら毎日食べたい」 富山のかまぼこが “かわいすぎる”とSNSで話題 近年は苦境も……文化守る老舗の思い
地元メーカーに取材しました。(2023/9/3)

登録者約180万人の人気YouTuber、結婚報告の誤字&くせ字が“イメージそのまま” 字の汚さには「らしくて好き!」「尊い」
美人っぷりとのギャップよ。(2023/8/31)

ダイエーVS.西友の「赤羽戦争」はなぜ起きた? 駅東口2大スーパー、半世紀の歴史に幕
東京・赤羽駅東口を代表する老舗スーパーとして約半世紀にわたり親しまれた「西友赤羽店」と「ダイエー赤羽店」が今年、相次ぎ閉店。かつて両店は「赤羽戦争」と呼ばれる歴史的商戦を繰り広げていたことをご存知だろうか――。(2023/8/28)

ごろ寝していたワンコ、飼い主がiPadを消した瞬間……! 即座の「お仕事終わったね!? 遊びますね!?」な反応が200万再生
ボタンの音を分かってる!(2023/8/24)

フリューのプリ機で“盛れた画像”をAIで似顔絵化 人気イラストレーター監修・協力のイベントを8月から実施
テーマは「今日の思い出を、一生の思い出に。」とのこと。(2023/7/28)

PR:【驚き】何気ない日常の写真を、ドラマチックに! イラストレーターと正式に協力開発した、ジョージアの「AIイラストメーカー」がハイクオリティ
アプリのダウンロードが不要で、誰でも気軽に楽しめます。(2023/7/10)

“リバウンド王”デニス・ロッドマン、恋人の肖像を「顔面」タトゥーに! 熱い思い語る「俺の最後の女性」
アーティストは「タトゥーは本物」と明言。(2023/7/9)

橘慶太、妻・松浦亜弥との子どもたちから最高のプレゼント 「パパ幸せで泣いちゃうね」「なんて愛しい写真なんでしょ!」と反響
これはうれしい。(2023/6/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。