• 関連の記事

「NTTドコモ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
NTTドコモ - ITmedia Mobile
質問!DoCoMo→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でDoCoMo関連の質問をチェック

2月下旬以降提供開始:
「DAZN」を月額1100円で利用可能に KDDIが新セットプラン続々発表 ドコモに対抗か
KDDIは「DAZN」がセットになったデータ使い放題の料金プラン「使い放題MAX 5G/4G DAZNパック」を2月下旬以降に提供を始めると発表した。「使い放題MAX 5G/4G」に、追加で1100円支払うことで、DAZNを利用できるセットプラン。NTTドコモが提供中の「DAZN for docomo」への対抗プランとみられる。(2022/1/26)

1万ポイントもらえる「Xperia 1 III/5 III」購入キャンペーンが期間延長
NTTドコモの「Xperia 1 III」「Xperia 5 III」を購入し、端末から応募した全員へdポイントを1万ポイントプレゼントするキャンペーンをが延長。購入期間は3月31日、応募期間は4月7日まで。(2022/1/26)

au、「DAZN」セットプラン発売 データ使い放題料金+1100円 ドコモに対抗
auのデータ使い放題プランと「DAZN」をセットにした新プラン発表。従来のプラン(割引適用前で税込7238円)に+1100円で利用できる。DAZN単体サービスは、2月22日に3000円に値上げされる予定。(2022/1/26)

ドコモ版DAZNは価格据え置き、なぜ? Twitterでは「勝ち確きた」など歓喜の声
「DAZN for docomo組の勝ち確きた」──スポーツ動画配信サービス「DAZN」の値上げ発表を受けて、一部のユーザーから歓喜の声が上がっている。NTTドコモが販売する「DAZN for docomo」は、値上げの対象外となったためだ。(2022/1/25)

月額1078円で利用できるユーザーも:
「DAZN for docomo」は月額1925円のまま 理由は「答えられない」
スポーツ動画配信サービス「DAZN」の運営を手掛けるDAZN Japan Investmentが、NTTドコモ向けに提供中の「DAZN for docomo」の料金を据え置き、月額1925円のまま提供を継続すると発表した。同社は同日、月額3000円に値上げすると発表していたが、同サービスはその対象外となる。(2022/1/25)

ドコモ、コジマの「iD」利用で先着1万人に1000円相当の還元
NTTドコモは、電子マネー「iD」をコジマで5000円以上利用した先着1万人に1000円相当のコジマポイントなどをプレゼントするキャンペーンを開催。期間は2月1日から2月28日まで。(2022/1/24)

「タワーレコードポイント」と「dポイント」が二重取り可能に 最大10%還元も
NTTドコモは、2月3日からタワーレコード店頭での買物へ「タワーレコードポイント」と「dポイント」を進呈。ポイント二重取りの開始を記念し、最大10%のポイント還元キャンペーンを行う。(2022/1/21)

docomo Open House'22:
6G時代は「テレパシーがSFの世界でなくなる」 ドコモが掲げる“人間拡張基盤”とは
ドコモの最新技術を紹介する「docomo Open House'22」が開幕。同社は、6Gに向けて空、宇宙にエリアを広げる取り組みを続けている。人間の感覚をリアルタイムで伝え、保存できる「人間拡張基盤」も掲げる。(2022/1/19)

ドローン:
屋内建設現場の効率的な進ちょく管理にAI搭載ドローンを活用
大林組、NTTドコモ、エヌ・ティ・ティ・コムウェアは、屋内の建設現場でドローンを活用し、効率的に工事の進捗(しんちょく)を管理する実証実験に成功した。ドローンが取得した情報から、3Dデータ上の任意の箇所をクリックすると、その場所で撮影した各日の工事写真を閲覧でき、写真検索を自動化して現場の負担を軽減した。(2022/1/19)

PR:中高生がiPhoneデビューするならコレ! ドコモのエコノミーMVNO「トーンモバイル for docomo」の魅力を解説
4月に控える進級や入学に向けて、子どもの携帯電話をどうするか、検討している親御さんは多いだろう。そんな人にオススメしたいのが、ドコモのエコノミーMVNOの「トーンモバイル for docomo」だ。専用プランの「TONE for iPhone」では、月額1100円で動画以外が使い放題となり、子どもが安全にスマホを使えるサービス「TONEファミリー」が6カ月間無料で利用できる。(2022/1/19)

携帯3社「トンガでサービス提供できない」 噴火による通信障害、復旧めど立たず
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社が、火山噴火のあったトンガ王国を対象とするサービスの提供が不可能な状況にあると発表した。(2022/1/18)

高価な専用線を引けない医療機関でも利用可能:
内視鏡の映像をリアルタイムで共有し、遠隔地から医師をサポート ドコモらが遠隔医療向けの実証実験を実施
神戸大学と香川大学、高知赤十字病院、オリンパス、NTTドコモは、リアルタイムで複数の人による医用映像確認とアノテーションを実現する遠隔医療の実証実験を2022年2月23日に実施する。(2022/1/18)

6Gで人間を“拡張” ドコモ、動作を複数人で共有する基盤開発
NTTドコモが、ネットワークで人間の感覚を拡張する「人間拡張」を実現するための基盤を開発した。センサーで取得した動作データを基盤経由で他者やロボットに共有できる。(2022/1/17)

d払い、マツモトキヨシやココカラファインで最大1000ポイント還元
NTTドコモはMCCマネジメントと共同で、「マツモトキヨシ・ココカラファイン dポイント&d払いキャンペーン」を1月17日から2月13日まで実施する。抽選で合計10万人にdポイントを付与する。(2022/1/17)

ドコモがAndroidスマホ購入で「dポイント」をプレゼント 先着順と抽選の2本立て
NTTドコモが、対象のAndroidスマートフォンを購入した個人にdポイントをプレゼントするキャンペーンを開始した。ハイエンドモデルは先着順、ミドルレンジ以下のモデルは抽選プレゼントとなるが、端末を一括払いか、端末返却を前提とする購入プログラムを適用して購入することが条件となる。ドコモ回線の有無は問わない。(2022/1/17)

ドコモ、エアバスなど3社とHAPSの実用化に向けた研究開発を推進
ドコモがエアバス、NTT、スカパーJSATと共に成層圏を飛行する通信プラットフォーム(HAPS)の研究開発や実証実験を行うための覚書を締結した。4社は「宇宙RAN」と称する宇宙空間を用いた通信システムを構築するため、実証実験などを行う。(2022/1/17)

ドコモ、ケーブルに置くだけで機能するアンテナを開発 60GHz帯で実証実験に成功
NTTドコモは、ケーブル付近に設置して通信エリアを構築できるアンテナを開発。60GHz帯での実証実験に成功し、2022年度上期に5Gで利用している28GHz帯(ミリ波)での検証を開始する。(2022/1/17)

6G時代ではリアルタイムに動作を共有する「人間拡張」を実現 ドコモらが基盤を開発
NTTドコモらは、6G時代に向けてネットワークで人間の感覚を拡張する「人間拡張」を実現するための基盤を開発。リアルタイムに自然な動作の共有を可能とし、蓄積されたデータを用いて過去の人の動作を再現することもできる。(2022/1/17)

ドコモ、ケーブル近くに置くだけで通信エリアを作れるアンテナ開発 5G・6Gの課題に光明
NTTドコモが、電波を伝送するケーブルの近くに置くだけで周囲を通信エリア化できるアンテナを開発した。2022年上期中に同アンテナを使った5G通信エリア構築の検証を始める。(2022/1/17)

ドコモ、「kikitoデバイスガイド」を提供 購入先や売却先、取説などが分かる
NTTドコモは、無料アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始。30万以上のデバイスの取扱説明書をはじめ、便利な使い方、対応デバイスや関連サービス、不要になったデバイスの売却先などを確認できる。(2022/1/17)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
auのスマートフォンを振り返る 反転攻勢の「IS」シリーズ、INFOBARやWindows Phoneも
ITmedia Mobile 20周年を記念し、大手キャリアが取り扱ってきた端末を振り返る企画。ドコモのスマートフォンに続き、今回はauのスマートフォンを取り上げる。(2022/1/16)

ドコモ、日高屋で1000人に3900ポイントをプレゼント 中華そば10杯分
NTTドコモは、日高屋でのdポイント取扱開始を記念したキャンペーンを開催。抽選で1000人に中華そば10杯分相当の3900ポイントをプレゼントする。(2022/1/14)

人の表情をアバターに反映 一般的なWebカメラでOK VR接客システム、ドコモが開発
人の表情を、3Dアバターにリアルタイムに伝送・反映するシステムをドコモが開発。一般的なWebカメラで表情を取得でき、リアルに再現できるという。(2022/1/14)

MVNOに聞く:
「最初は半信半疑だった」 フリービット石田社長に聞く「トーンモバイル for docomo」の狙い
NTTドコモのエコノミーMVNOに、2社目となる「トーンモバイル for docomo」が加わった。「TONE for iPhone」と呼ばれる料金プランを用意し、スマートフォンを初めて持つ子どもをターゲットに設定。当のトーンモバイル自身も、ドコモから声がかかった当初は半信半疑になるほどの意外性があったという。(2022/1/14)

ドコモ、個人投資家向け投資管理アプリ「マイトレード」の提供開始 実績管理や振り返りに特化
 NTTドコモは1月12日、個人投資家向けの投資管理アプリ「マイトレード」を月額550円にて、1月18日より提供すると発表した。「マイトレード」は個人投資家の投資実績の管理や振り返りに特化したフィンテックサービスとなる。(2022/1/13)

d払い、セブン‐イレブンで最大500%還元の抽選キャンペーン
NTTドコモは、1月14日〜2月3日に「セブン‐イレブン限定!その場で当たる!d払い最大500%還元キャンペーン」を開催。d払い(コード決済)を利用して1回当たり700円(税込み)以上支払ったユーザーが対象となる。(2022/1/13)

ドコモ、フィッシング詐欺対策で「危険SMS拒否設定」を3月中旬から提供
NTTドコモはSMSを悪用したフィッシング詐欺への対策を目的に、危険なサイトのURLなどが含まれるSMSを自動で拒否する「危険SMS拒否設定」を3月中旬から提供予定。ahamoを含めた全てのドコモユーザーが対象となる。(2022/1/13)

迷惑SMSは受信拒否 ドコモとソフトバンクが春に機能追加へ フィッシング詐欺対策で
NTTドコモとソフトバンクが、迷惑SMSの受信を拒否する機能の提供を今春に始める。スミッシングによる被害を防止する。(2022/1/13)

ドコモ新体制スタート、統合は着実に 成長への展望、澤田純NTT社長
−−コミュニケーションズなどを傘下に収めたドコモの新体制がスタートした(2022/1/12)

ドコモオンラインショップが「クレジットカード決済」の要件を厳格化 「3Dセキュア 2.0」対応カードが必須に
NTTドコモの直販サイト「ドコモオンラインショップ」で商品代金をクレジットカードで支払う場合の条件が厳格化された。1月12日以降は、「3Dセキュア2.0(EMV3Dセキュア)」に対応するカードを使うことが必須となる。(2022/1/12)

NTT社長 澤田純さん(66) ドコモ新体制スタート、統合は着実に
統合による事業の実行は今年からスタートできる。着実に実行していく。(2022/1/12)

ドコモ、XR空間でアバターを作成/管理できるツールを開発
NTTドコモはXR空間でアバターを作成し、ユーザーのアカウントに紐づけて管理できる「ドコモ・アバターポータル」を開発。作成したアバターは複数のサービスで共通して利用でき、サービスに最適なアバターを選べる。(2022/1/11)

「ドコモ・アバターポータル」開発 外部XRサービスと連携、共通アバターを作成・管理
NTTドコモは、ユーザーが作成したアバターを複数のサービスで共通利用できる基盤「ドコモ・アバターポータル」を開発した。dアカウントにひも付けて3Dアバターを作成でき、連携先の外部XRサービスで共通のアバターを利用できる。(2022/1/11)

ドトールやエクセルシオールで「iD」を使うと対象ドリンクが無料でサイズアップ 1月11日から2月9日まで
NTTドコモは、電子マネー「iD」をドトールコーヒーショップとエクセルシオールカフェで利用すると対象ドリンクを無料でサイズアップするキャンペーンを実施する。期間は1月11日から2月9日までとなる。(2022/1/7)

ドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の年頭所感 コロナ禍が続く中、5G普及に向けてどう動く?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天の社長が2022年の年頭所感を発表した。2021年は新型コロナウイルス感染症の流行が続き、デジタル化(DX)やリモートワーク、テレワークの推進にモバイル回線が利用されることもあり、DXを担うとうたった5Gの普及に課題も見えてきていた。(2022/1/5)

石野純也のMobile Eye:
一人勝ちのahamo、楽天モバイルの逆襲 2021年の“携帯料金競争”を振り返る
2021年の携帯料金競争で話題を集めたのが、ドコモ、au、ソフトバンクのオンライン専用プランだった。ユーザー獲得ではKDDIのUQ mobileや、ソフトバンクのY!mobileが健闘した。楽天モバイルも料金を改定して、0円からの「Rakuten UN-LIMIT VI」で支持を集めた。(2021/12/31)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(8月編):バッテリーの(物理的な)寿命を延ばす方法は?/ドコモの「home 5G」発進
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年8月は、スマホの熱対策に関する記事がよく読まれた他、バッテリーの物理的な寿命を延ばす方法に関する記事やドコモのhome 5Gに関する記事などが読まれました。(2021/12/29)

「5G基地局の整備加速を」 総務省が携帯4社に要請
総務省が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど携帯キャリアに5G通信の人口カバー率を向上させるため5G基地局の整備を加速するよう要請した。(2021/12/28)

ドコモ、通信障害の報告書を総務省に提出 回復時の周知ルール変更など
NTTドコモは、10月14日に発生した通信サービス障害に対する総務省からの行政指導について、12月27日に総務省へ報告書を提出したと発表した。(2021/12/28)

ドコモ、10月の通信障害への対策内容を公開 「回復」表現の見直しも
ドコモが10月14日、15日に発生した通信障害について総務省から受けた指導内容と、その対策内容を公開した。(2021/12/28)

dポイント/d払いの加盟店が拡大 日高屋やRight-onで利用可能に
NTTドコモの「dポイント」「d払い」加盟店が拡大。日高屋やRight-on、パナソニック公式ショッピングサイトなどで利用可能となる。(2021/12/27)

ドコモオンラインショップ、「AQUOS sense6」を購入すると抽選で100人に1万ポイント
ポイントボーナスチケットサイトで対象チケットを選択し、ドコモオンラインショップで「AQUOS sense6 SH-54B」を購入した抽選で100人にdポイント1万ポイントを進呈するキャンペーンを行う。(2021/12/27)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(6月編):PayPayがついに4000万ユーザーを突破/Leicaのスマホは日本限定
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年6月は、スマホ決済に関する記事や、ソフトバンクの「Leitz Phone 1」やドコモの新モデルに関する記事がよく読まれました。(2021/12/26)

石野純也のMobile Eye:
au、ソフトバンクを追いかける「ドコモでんき」の勝算 “10%還元”がどこまで響くか
NTTドコモは、3月1日からコンシューマー向けの電気サービスとなる「ドコモでんき」を提供する。「ドコモでんき Green」では基本料金として500円がかかるが、最大10%のdポイントが還元される。auやソフトバンクが提供している電気サービスとは何が違うのか。(2021/12/25)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモは2022年夏に5G SAをコンシューマー向けに展開――4G周波数転用は「トラフィック多く、導入時期は検討中」
NTTドコモが法人向けに5G NRの「スタンドアロン(SA)構成ネットワーク」を使ったサービスを提供し始めた。個人向けへの提供は2022年夏を予定しているが、SA構成における通信品質を担保するにはLTE(4G)ネットワークの5G NRへの転用が避けられないが、簡単には進められない可能性もある。(2021/12/25)

ふぉーんなハナシ:
実は誤解? 3G停波で“ケータイ”が終了するわけではない
ドコモ、au、ソフトバンクの3G停波が近づいています。停波するタイミングは、ドコモが2026年3月31日、auが2022年3月31日、ソフトバンクが2024年1月下旬を予定しています。3Gサービスが終了すると、従来型のケータイ(フィーチャーフォン)、いわゆる「ガラケー」が使えなくなる……といった報道をよく見ますが、ここには誤解が含まれています。(2021/12/24)

4〜5年は使えるスペック ドコモから京セラ製「あんしんスマホ」が登場した理由
ドコモが2022年2月以降に発売予定のシニア向けスマホ「あんしんスマホ KY-51B」。現在販売されている「らくらくスマートフォン」と比較されやすい端末だが、どんなコンセプトで企画、開発されたのか。(2021/12/24)

「ドコモでんき」22年3月から提供 最大でdポイント10%分を還元
NTTドコモは、2022年3月1日から「ドコモでんき」の提供を始めると発表した。「ドコモでんき Green」と「ドコモでんき Basic」の2種類の料金プランを展開し、料金100円につき、最大で10%のdポイントを還元する。(2021/12/23)

ドコモの「Xperia 1 III」「Xperia 5 III」購入で1万ポイントプレゼント
NTTドコモの「Xperia 1 III」「Xperia 5 III」を購入し、端末から応募した全員へdポイントを1万ポイントプレゼントするキャンペーンを開催。購入期間は2022年1月31日、応募期間は2022年2月7日まで。(2021/12/23)

「ドコモでんき」が2022年3月開始 再エネプランでdポイント最大10%還元
NTTドコモは、新電力サービス「ドコモでんき」を2022年3月1日より提供する。再生可能エネルギーを活用する「ドコモでんきGreen」では、ドコモの回線やdカード GOLDの契約状況に応じて、電力料金から最大10%をdポイントで還元する。ポイント増額の対象となる携帯料金プランは「ギガホ」「ギガライト」「ahamo」など。(2021/12/23)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(5月編):スマホの新機種よりドコモの“固定代替サービス”に注目が集まる
ITmedia Mobileのアクセスランキングをチェックしながら2021年のトピックを振り返る企画。5月も4月に続き、スマホ決済キャンペーンのまとめ記事が1位となりました。ドコモの夏モデル発表で話題を集めたのは、固定回線の代替サービスとして提供する「home 5G」でした。(2021/12/23)

OCN モバイル ONEのみ:
一部の量販店が「ドコモのエコノミーMVNO」を取り扱い 12月24日から
ドコモショップで契約できることが強みの「ドコモのエコノミーMVNO」が、12月24日から一部量販店のドコモカウンター(ドコモコーナー)でも契約者できるようになる。ただし、取り扱うのはNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」だけで、運営企業によって取り扱い店舗数に“濃淡”がある。(2021/12/22)

Mobile Weekly Top10:
ドコモのエコノミーMVNOに「トーンモバイル」登場もiPhone専用/2万円台のスマホが増えているのはなぜ?
ドコモのエコノミーMVNOの第2弾として「トーンモバイル for docomo」が登場します。料金プランはiPhone専用の「TONE for iPhone」のみで、Android端末でも使えるプランは用意されていません。その理由はどこにあるのでしょうか……?(2021/12/21)

ドコモの「Xperia 10 III」でソフトウェア更新 充電の不具合を改善
NTTドコモは、12月20日に「Xperia 10 III SO-52B」のソフトウェアアップデートを実施。ACアダプタ07で充電中に電源をオフにすると充電が停止する場合がある不具合を解消する。(2021/12/20)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが扱う「TONE for iPhone」の狙い 料金は約50%値下げ、課題はAndroid端末
ドコモの「エコノミーMVNO」に、フリービットグループのトーンモバイルが加わる。ドコモ向けの専用プランを用意して、既存の「TONE SIM(for iPhone)」よりも値下げをした。ドコモにとっても、キッズ向けのサービスを拡充できるというメリットがある。(2021/12/18)

NTTドコモが全国1400人に調査:
テレワークのメリット 3位「上司に会わなくていい」、2位「家族との時間が増えた」、1位は?
NTTドコモモバイル社会研究所がこのほど、テレワークのメリット・デメリットに関する調査結果を発表した。その結果、「通勤時間を有効活用できるようになった」が全体の50.7%を記録し、メリットの1位に選ばれた。「家族との時間が増えた」(26.4%)、「上司に会わなくていい」(24.4%)がそれぞれ続いた。(2021/12/16)

ドコモ、キャリアメールの持ち運びサービスを12月16日に開始 月額330円
NTTドコモが、12月16日から「ドコモメール持ち運び」サービスを提供する。ユーザーがドコモを解約した場合や、ahamoに変更した場合でも、メールアドレスを変更せずにドコモメールを利用できる。利用料金は、1メールアドレスあたり月額330円(税込み)。(2021/12/15)

月額1100円で“動画以外使い放題” トーンモバイルが「ドコモのエコノミーMVNO」向けプラン発表
トーンモバイルは、「ドコモのエコノミーMVNO」として提供する料金プラン「トーンモバイル for docomo」の新料金プラン「TONE for iPhone」を発表した。塾に通い始める小学校高学年から、中学生、高校生を主な対象としたプラン。月額1100円(税込み、以下同)という低価格な料金で「動画以外使い放題」をうたう。【更新】(2021/12/15)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(2月編):「ahamo」「LINEMO」が注目を集める中、大幅値下げを発表した「IIJmio」
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年2月は、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「LINEMO」に関する記事が良く読まれました。その影響か、MVNOにおける料金値下げのきっかけとなったIIJmioの新プランに関する記事も良く読まれました。(2021/12/15)

ドコモ、「ネットトラブルあんしんサポート」を2022年6月30日に終了
NTTドコモは、2022年6月30日にインターネット上でのトラブル予防に役立つ情報提供から、トラブル時のサポートまで総合的に行う「ネットトラブルあんしんサポート」のサービス提供を終了する。(2021/12/14)

ドコモオンラインショップ、12月17日からXperia 5 IIを3.3万円割引に
NTTドコモは、12月17日15時からドコモオンラインショップで実施している「オンラインショップ限定 機種購入割引」の対象機種へ「Xperia 5 II SO-52A」を追加する。(2021/12/14)

ドコモが2022年7月に組織再編 MVNO事業はレゾナントに移管
NTTドコモらは、2022年7月に「新ドコモグループ中期戦略」へ基づいた組織の再編成を実施予定。法人事業、スマートライフ事業、通信事業、ソフトウェア開発で統合/移管などを行う。(2021/12/14)

ドコモが「U15はじめてスマホプラン」を改定 月間データ量を5GBに拡大
NTTドコモは、12月15日に「U15はじめてスマホプラン」を改定。16歳の誕生月まで3GBだった月間データ量を5GBに増加し、2022年1月19日以降は19歳の誕生月まで5GBで利用できるようになる。(2021/12/14)

ドコモが5G SAサービスを法人向けに開始 一般向けは2022年夏から
NTTドコモが、12月13日にSA(スタンドアロン)方式による5Gサービスを法人向けに開始した。SAならではの技術として、ネットワークスライシングが導入できるようになる。5G SA専用のデータ端末やクラウドサービスなどを提供し、まずは41社と5G SAの利用に向けた準備を進めていく。(2021/12/13)

ITmedia Mobile 20周年特別企画:
ドコモのスマートフォンを振り返る 日本最初のXperiaとGalaxyから独自モデルまで
ITmedia Mobile 20周年を記念したケータイ史を振り返る企画。今回はドコモのスマートフォンを振り返る。「フィーチャーフォンはすでにスマホだ」という意見もありながら、2005年に登場したMotorola「M1000」から現代のスマホまでを振り返る。(2021/12/12)

ふぉーんなハナシ:
ドコモから「エコノミーMVNO」へのお誘いが来た件
12月のある日、NTTドコモからダイレクトメールが届きました。一体何かと内容をチェックすると「ドコモのエコノミーMVNO」の案内でした。(2021/12/10)

ドコモ、12月15日以降に割引変更 15歳以下に最大2万ポイントを進呈
NTTドコモは、12月15日以降に「5G WELCOME割」「端末購入割引」の内容を変更。iPhone 13やarrows Weなどを購入した際、利用者が15歳以下の場合にポイントを付与する。(2021/12/10)

モバイル決済で店舗改革:
ドコモに聞く「d払い」の店舗向け戦略 カギを握る「決済手数料」と「メルペイ」
NTTドコモのd払いの戦略について、同社ウォレットビジネス部長の田原務氏に話を聞いた。ドコモは9月1日以降に加盟した場合は13カ月間、手数料を無料にする施策を打ち出した。加盟店が急拡大している背景の1つとして、メルペイとの共同展開が挙げられる。(2021/12/9)

梅田の空にラピュタ出現 阪急本店でARイベント
NTTドコモと阪急阪神百貨店などは7日、大阪市北区の阪急うめだ本店などで、拡張現実(AR)の技術を使ったイベント「XR シティOSAKA−UMEDA」を始めた。同店で9日から開催される「アニメージュとジブリ展」とコラボし、現実風景の中にジブリ作品の世界を再現した写真や動画を撮ることができる。来年1月10日まで。(2021/12/8)

ドコモオンラインショップ、12月10日から「AQUOS sense5G」を2万2000円割引
NTTドコモは、12月10日からドコモオンラインショップで実施している「オンラインショップ限定 機種購入割引」の対象端末へ「AQUOS sense5G SH-53A」を追加する。(2021/12/7)

ドコモとメドレー、オンライン診療/服薬指導アプリ「CLINICS」を共同運営 dアカウント連携も
NTTドコモは、メドレーが提供するオンライン診療/服薬指導アプリ「CLINICS」の共同運営を開始。dアカウントとの連携に対応し、実際の診療体験に沿った設計にリニューアルしている。(2021/12/7)

ドコモの「Xperia 1 III」「Xperia 5 III」、不具合解消のソフトウェアアップデートを実施
NTTドコモは、12月1日に「Xperia 1 III SO-51B」「Xperia 5 III SO-53B」のソフトウェアアップデートを実施。USB Type-Cケーブルで接続するPCや車用ヘッドセットとデータ通信ができない場合がある不具合などを解消する。(2021/12/6)

「d払い」の障害復旧 「テストです」通知でアクセス集中 本番環境に誤配信
NTTドコモは、12月3日午後4時54分頃から発生していたスマートフォン決済サービス「d払い」の障害が復旧したと発表した。原因は「テストです」と書かれた通知を誤って配信し、通知を受け取ったユーザーからのアクセスが集中したため。(2021/12/3)

テスト通知の誤配信が原因? 「d払い」が一時的に利用しづらい状態に
NTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」が、一時的に利用しづらい状況となった。その原因の1つは“誤った通知”にあるという。(2021/12/3)

ふぉーんなハナシ(ロング版):
ソフトウェア更新に失敗した「Galaxy Z Flip3 5G」が回復するまでのヒストリー
NTTドコモの「Galaxy Z Flip3 5G SC-54B」にソフトウェア更新が出ました。モバイル回線でアップデートできなかった筆者は、PCとテザリングを駆使して更新を試みましたが、あろうことか失敗。この記事は、そこから立ち直るまでの歴史です。(2021/12/3)

「d払い」で障害、通知の誤配信でアクセス集中【復旧済み】
NTTドコモのスマートフォン決済サービス「d払い」で障害が発生、同社は午後6時57分頃に復旧したと発表した。「テスト」と書かれた通知が謝って配信され、それを見たユーザーからのアクセスが集中したため。(2021/12/3)

d払い、最大50%のdポイントを即還元する抽選キャンペーン開催
NTTドコモは、12月7日から「d払い」を利用すると抽選で最大50%のdポイントを即還元するキャンペーンを開催。さらに、ネットでd払いを利用した中から抽選で5000人に1000ポイントを進呈するキャンペーンも行う。(2021/12/3)

イチオシ調べ:
「コストコ」「業務スーパー」「カルディ」の人気商品ランキング 健康志向や時短がカギ
オールアバウトは、NTTドコモと共同運営するレコメンドサイト「イチオシ」において「イチオシofイチオシ2021」を発表した。コストコや業務スーパーの人気商品をランキング化した。(2021/12/3)

oricon MEの調査:
プロバイダの満足度ランキング 3位「au one net」、2位「GMOとくとくBB」、1位は?
oricon MEは、関東や東海といった全国9地域中5地域以上でサービスを展開している企業を対象とした、満足度の高い「プロバイダ」ランキングを発表した。「広域企業」のランキング1位は、NTTドコモが提供する「ドコモnet」だった。(2021/12/3)

ドコモ「Xperia Ace II」が急上昇 ムスビーの2021年11月中古スマホランキング
ムスビーは、2021年11月中古携帯/スマホランキングを発表。総合1位〜5位は変わらず、Android限定ランキングで1位を獲得した「Xperia Ace II SO-41B」が総合6位にランクインしている。(2021/12/2)

「dポイント」「d払い」加盟店拡大 スタバやふるさとチョイスなどでも利用可能
 NTTドコモは11月30日、「dポイント」「d払い」において街のお店やネットの買い物でポイントがたまる、つかえる店舗「dポイント」「d払い」加盟店を拡大すると発表した。(2021/12/1)

製造業IoT:
NTTPCがIoT向けマルチキャリア対応SIMを発表、国内はドコモとKDDIから自動選択
NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)が複数キャリアの通信を利用できるIoT向けマルチキャリア対応SIMサービスの提供を2022年1月下旬から開始する。1枚のSIMカードにより、NTTドコモとKDDIの国内2キャリアに加えて、海外約160の国と地域に対応する国際ローミングによる通信を利用できる。(2021/12/1)

12月1日にショッピングサイト「dカード ポイントUPモール」がリニューアル 最大1000ポイントもプレゼント
NTTドコモは、ショッピングサイト「dカード ポイントUPモール」を「dカード ポイントモール」へリニューアル。これを記念し、2022年2月28日まで最大1000ポイントがもらえるキャンペーンを行う。(2021/11/30)

iモード公式サイト、きょう終了 メールは継続
NTTドコモが、3G携帯電話向けインターネットサービス「iモード」の公式サイトを終了する。(2021/11/30)

dカード、3つのキャンペーンで総額5億円還元 2022年1月31日まで
NTTドコモは、12月1日〜2022年1月31日に「今年も開催!総額5億円還元キャンペーン!」を開催。3つのキャンペーンを同時に行い、総額5億円分のdポイントを還元する。(2021/11/30)

ドコモの「AQUOS R6」、アップデートで“画面端のタッチ抑止”設定が可能に
NTTドコモは、11月30日に「AQUOS R6 SH-51B」のソフトウェアアップデートを実施。カメラ機能の品質を改善し、ディスプレイの設定へ「画面端のタッチ抑止」の設定項目追加などを行う。(2021/11/30)

NTTドコモに聞く「エコノミーMVNO」の勝算 収益性や参画のハードルはどう見る?
NTTドコモの「エコノミーMVNO」が始動し、10月からはNTTコミュニケーションズのOCN モバイル ONEが、ドコモショップでの契約に対応。12月にはフリービットグループのトーンモバイルも、「トーンモバイル for docomo」の提供を開始する。そんなエコノミーMVNOの狙いをドコモに聞いた。(2021/11/30)

ドコモが自社製B2B SaaSまとめたオンラインストア 中小向けに「はじめてのDX導入をサポート」
NTTドコモが、同社製法人向けSaaSをまとめたオンラインストアを12月1日にオープンする。コロナ禍でDXのニーズが高まる一方、どんなサービスを活用したらいいか分からない中小企業の利用を見込む。(2021/11/29)

低価格スマホプランの人気調査、1位はNTTドコモの「ahamo」 なぜ?
リュミエールデスポワールは、「低価格スマホプランの人気調査」を実施した。どの低価格料金プランに変更したか聞いたところ、1番人気はNTTドコモが提供する「ahamo」だった。(2021/11/29)

石川温のスマホ業界新聞:
キャリア各社がドローンビジネスに本腰――2022年度にレベル4解禁でドローンは儲かるのか
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、ドローンビジネスに本腰を入れ始めた。2022年度に実施される予定の規制緩和によって、有人地帯における「目視外飛行」が解禁されることを見越した動きだと思われる。(2021/11/27)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが「電波オークション」賛成に転じた理由 楽天モバイルをけん制する意図も?
総務省で、いわゆる電波オークションの導入を検討する有識者会議が開催されている。コスト増につながる懸念もあり、キャリア各社は導入に慎重な姿勢を示していたが、ドコモは「検討する価値がある」と方針を変えた。一方、楽天モバイルの三木谷CEOは「大反対」との考えを示した。(2021/11/27)

最大2万1000ポイントがもらえる「dカード GOLD U30応援キャンペーン」
NTTドコモは、12月1日〜2022年5月31日に「dカード GOLD U30応援キャンペーン」を開催。「dカード GOLD」へ入会する20〜30歳を対象に、通常の入会特典に加えて最大2万1000ポイントのdポイントを付与する。(2021/11/26)

NTTドコモに行政指導 10月の通信障害で
総務省がNTTドコモで10月14日に発生した通信障害について行政指導した。事故の再発防止、工事前の準備の徹底、体制の改善、ユーザーへの周知方法の改善、通信業界への教訓の共有などを求めた。(2021/11/26)

総務省がNTTドコモに「行政指導」 10月14日の通信障害について
総務省がNTTドコモに対して行政指導を行った。ドコモが10月14日に起こした通信障害について、厳重に注意すると共に再発防止策の徹底や他キャリアとの情報共有の機会を設けるように求めている。(2021/11/26)

2段階認証すら突破する場合も フィッシング詐欺から身を守るには? NTTドコモに聞く
携帯キャリアや宅配業者を装った、身に覚えのないSMSやメールが届いたことがある、という人は多いだろう。個人情報を盗まれてアカウントを乗っ取られたり、不正なアプリをインスールしたりする恐れがある。こうした「フィッシング詐欺」で被害に遭わないための対策をNTTドコモに聞いた。(2021/11/26)

ドコモ装う不正アプリ被害、iPhoneでも確認 構成プロファイル悪用
NTTドコモなどの通信事業者を装って不正アプリをインストールさせ、ネットワーク暗証番号などを詐取するフィッシングの手口。AndroidだけでなくiPhoneでも被害を確認しているという。(2021/11/26)

抽選で最大100万人にdポイントをプレゼント 「マクドナルド 年末dポイント大感謝祭」12月1日〜28日に開催
NTTドコモとマクドナルドは、マクドナルドの店舗でdポイントを利用したユーザーの中から抽選でdポイントをプレゼントするキャンペーンを開催する。期間は12月1日〜28日で、エントリー(応募)が必要となる。(2021/11/26)

ドコモ、初心者向け「Galaxy A22 5G」を12月2日に発売 2.2万円
NTTドコモは、12月2日に5Gスマホ「Galaxy A22 5G SC-56B」を発売。約5.8型ディスプレイや4000mAhのバッテリーを搭載し、シンプルに操作できる「かんたんモード」なども備える。(2021/11/25)

ドコモ、au、ソフトバンクの「arrows We」が12月3日に発売 2.1万〜2.7万円
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが、FCNT製の5Gスマートフォン「arrows We」を12月3日に発売する。ホーム画面の文字やアイコンを大きくした「シンプルモード」、アドレス帳に登録していない番号からの着信に対して注意喚起と自動録音をする「迷惑電話対策機能」を備えている。背面に搭載した指紋センサーでロックを解除すると同時に、設定したアプリを起動することもできる。(2021/11/25)

NTTドコモの調査:
自治体の災害情報配信サービス 登録している人は何割?
NTTドコモ モバイル社会研究所は「防災に関する調査」を実施した。その結果、居住している自治体の災害情報配信サービスに登録している人は約4割だった。(2021/11/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。