「ノークリサーチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

調査のチカラ
調査会社「ノークリサーチ」による最新調査データ一覧
ノークリサーチは、多くの調査データをWeb上に公開している。調査データのまとめサイト「調査のチカラ」では、そんなノークリサーチの調査データの一覧が可能だ。

セキュリティニュースアラート:
中堅・中小企業のゼロトラストに関する「勘違い」あるある ノークリサーチ調査で判明
ノークリサーチは、ユーザー企業を対象としたゼロトラストに関する調査を実施した。中堅・中小企業がゼロトラストに関して勘違いしがちなポイントが判明した。(2024/5/29)

クラウドからオンプレへ回帰した理由は? クラウドとの通信費用の高さなどが課題に ノークリサーチが700社を調査
調査会社のノークリサーチが、700社を対象にした調査「2024年 中堅・中小企業のサーバ環境におけるクラウド移行とオンプレ回帰の実態」を発表。“オンプレ回帰”をする企業は、社内とクラウドの間の通信費用や通信品質を課題として挙げるケースが多いことが分かった。(2024/3/28)

ハイブリッドクラウドに関する調査結果を発表:
「オンプレミスの保守担当不足」がハイブリッドクラウド導入の障壁になっている ノークリサーチ
ノークリサーチは、ハイブリッドクラウドの活用状況に関する調査結果を発表した。ハイブリッドクラウドの課題として「(オンプレミスとクラウドの)データ連携」「使い分け」「通信品質」などが挙がった。(2024/3/20)

中堅企業のIT投資意欲は「減退傾向」 ノークリサーチ調査で明らかに
コロナ禍以降、拡大傾向が続いていたIT市場。しかし、ノークリサーチによると、2023年の中堅企業のIT投資額は減少した。その理由は何か、またその中でも投資額が伸びている分野とは。(2024/2/21)

「クラウドサービス間の連携については伸びが期待できる」:
「超高速開発ツール」の導入割合が突出して高い ノークリサーチがローコード/ノーコード開発ツールについて調査
ノークリサーチは中堅中小企業を対象に実施した、ローコード/ノーコード開発ツールの用途と社数シェアに関する調査の結果を発表した。それによると2022年と比べると2023年の導入は控えめになっていることが分かった。(2024/1/30)

いったい何が中小企業のRPA活用を阻んでいるのか? ノークリサーチが調査
RPAは業務の自動化に取り組む企業が多く導入しているツールだが、「ブームは去った」ともいわれている。中堅・中小企業におけるRPA導入後の課題をノークリサーチが調査した。(2023/12/28)

「マネージドサービスを導入する企業が増加している」という見方も:
「守りのIT対策」は外注する時代に? ノークリサーチがセキュリティ対策の実施状況を調査
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した「守りのIT対策」の実施状況に関する調査の結果を発表した。社内のエンドポイントを対象とした守りのIT対策ではサービスやアウトソースが増加していた。(2023/12/28)

セキュリティと企業ニーズの関係性を調査:
残業抑制を掲げる企業は、なぜ「メール誤送信防止機能」を求めるのか ノークリサーチ
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した、セキュリティ対策ニーズに関する分析結果を発表した。同社は「法制度に関連した取り組みがセキュリティ対策ニーズに影響を与えている」と分析している。(2023/12/15)

「Excelの代わりに使う」は10%前後:
1300社への調査で判明した「ローコード/ノーコード開発ツールの廃止につながりやすい課題」とは ノークリサーチ
ノークリサーチは、ローコード/ノーコード開発ツールの提案で生じやすい障壁とその打開方法に関する調査の結果を発表した。それによると「コーディングせずに何でもできる」という過剰な期待が課題となっていることが分かった。(2023/12/12)

中堅・中小企業が今、「会計管理製品」に求める機能は? ノークリサーチが調査
中堅・中小企業におけるERPの導入率が徐々に高まる中で、中堅・中小企業が多く利用してきた会計管理システムへのニーズに変化が起きている。AIを活用した製品も登場する中で、今求められている機能とは。(2023/10/31)

「生成AIに指示してテキストを作成する」というニーズは1割以下:
中堅中小企業は生成AIに「詳しく指示しなくても成果物を出すこと」を期待している ノークリサーチ
ノークリサーチは、データ分析や生成AIの業務アプリケーションでの活用に関する分析結果を発表した。生成AI活用では「AIチャット」と「自動生成機能」を分離し、「指示方法に選択肢を与えることが重要だ」としている。(2023/10/24)

中堅中小企業のIT支出に関する調査結果発表:
「デジタイゼーション」と「トランスフォーメーション」にIT投資が集中、その効果は? ノークリサーチ
ノークリサーチは、中堅中小企業のIT支出の増加/減少に関する調査結果を発表した。それによるとIT支出の増加を伴う取り組みは「デジタイゼーション」と「トランスフォーメーション」に二極化していることが分かった。(2023/7/18)

中堅・中小企業のIT支出、「年商規模で大差」 ノークリサーチ調査で判明
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業のIT支出増減には年商別で大きな差があることが分かった。また、DXの進展段階において、進展がある程度進むと「むしろIT支出は減る」ことも明らかになった。(2023/7/18)

中堅・中小企業のIT導入の障壁は深堀りすると闇が深い? 企業が「文化の変革」よりも重要視していること
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業のIT導入を阻む障壁についてユーザ企業とITベンダーとの間で認識にズレがある。項目によっては10ポイント以上の認識のズレが存在していることが判明した。(2023/7/4)

「予算が取れない」の言葉の裏には何が?:
あの企業はなぜいつも的外れな提案をするのか ノークリサーチが調査結果を発表
ノークリサーチはユーザー企業とIT企業の「すれ違い」に関する分析結果を発表した。期待される成果をまず掲げて、そこから逆算して必要な費用を示すという進め方が有効だとしている。(2023/7/4)

IT活用提案の重要性が高まる:
企業の収益はIT支出に見合っているか? 調査で分かった、中堅中小企業の経常利益の増減見通しとその要因
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した、経常利益の増減見通しとその要因に関する調査の結果を発表した。IT活用を提案する際には、ユーザー企業がIT支出に見合う収益を上げられていることを把握することが重要だとしている。(2023/5/30)

思い込みは厳禁:
「人材不足を解消する」「クラウド移行を加速させる」は本当? ノークリサーチがローコード/ノーコードの“定説”を検証
ノークリサーチは、中堅中小企業に向けたRPAとローコード/ノーコード開発ツールに関する3つの定説を検証した。同社は「RPAやローコード/ノーコード開発ツールで多く見られる定説については慎重であるべき」としている。(2023/4/18)

2023年以降に中堅・中小企業で導入が進むITソリューション「8分野」が明らかに ノークリサーチが調査
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業向け市場で今後も引き続き導入や更新、刷新が期待できるITソリューションは8分野に上る。法制度と絡めたソリューションやクラウドを適材適所で生かすシステムの展開が重要になるという。(2023/3/15)

ゼロトラストに取り組む中堅・中小企業は「わずか6%」 ノークリサーチ調査で判明
昨今セキュリティ対策において「ゼロトラスト」の考え方は不可避だが、ゼロトラストを明示してセキュリティ対策をとる中堅・中小企業はわずか6%にとどまることが調査で明らかになった。中堅・中小企業の「守りのIT対策」の実態は。またゼロトラスト関連製品、サービスを普及させる鍵とは。(2023/3/1)

中堅・中小企業はどうERPに投資しようとしているか 企業調査で見えた実態
ノークリサーチは、中堅・中小企業向けERP市場の分析結果を発表した。ERP導入済み企業の4分の1が乗り換えを検討しており、新規導入意向の企業においても特定の機能に期待する声が挙がっていることが分かった。(2023/2/21)

ノークリサーチが分析:
ノーコード/ローコードの最大勢力「知っているけど導入予定なし」をどう攻略?
ノークリサーチは、中堅中小企業に向けてノーコード/ローコード開発ツールを普及させるために不可欠となる、「ノンユーザー」の動向把握に関する分析結果を発表した。認知はあるが、導入意向のない企業層に対する視点を持つことが重要だとしている。(2023/2/7)

中堅中小企業のIT活用のポイントを解説:
「RPAやローコード/ノーコード開発をいかに進めるかが重要」 ベンダーや販社、SIerに向けてノークリサーチが提言
ノークリサーチは、中堅中小企業に向けてIT活用を提案するに当たって、IT企業が留意すべきポイントを発表した。直近の課題解決とDXの観点から既存業務システムの改善を提案する必要があるとしている。(2023/1/11)

処理遅延対策に払える金額は542.8万円:
地場の販社やSIerからの購入が減る? 「守りのIT対策」課題をノークリサーチ調査
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した「守りのIT対策」に関する調査結果を発表した。それによると、「今後、地場の販社やSIer(システムインテグレーター)からの製品、サービス導入を減らす」と回答した企業では人材不足の他、アカウント管理や障害対策などの課題を抱えていることが分かった。(2022/12/27)

年商規模によって「利点」が異なるのはなぜか:
ローコード/ノーコード導入済み企業が実感した利点と課題 うわさ通りに簡単なのは?
ノークリサーチは中堅、中小企業が考えるローコード/ノーコード開発ツールの利点や課題に関する調査結果を発表した。それによると年商が大きい企業ほど「ユーザーの都合に合わせて修正できること」をメリットと考えていることが分かった。(2022/12/21)

ノークリサーチが調査結果を発表:
ローコード/ノーコード開発ツールの市場シェア調査 「既存システムの機能追加」「レガシー移行」に適した製品は?
ノークリサーチは、中堅・中小企業を対象に実施したローコード/ノーコード開発ツールに関する調査結果を発表した。それによると特定のツールに集中することなく、用途や企業規模などによってそれぞれ異なるツールを導入していることが分かった。(2022/12/14)

中堅・中小企業に人気のノーコード/ローコード開発ツールは? ノークリサーチが調査
ノークリサーチの調査で、国内の中堅・中小企業に人気のノーコード/ローコードツールが判明した。また今、中堅・中小企業に注目されている用途から、今後の活用スタイルがみえてきた。(2022/12/6)

中堅・中小企業のIT支出の実態は? ノークリサーチが調査
中堅・中小企業はどのようなIT商材やソリューションを購入しているのか。ノークリサーチがユーザー企業1300社を対象に5カテゴリー、25項目について調査した結果を見てみよう。(2022/11/15)

中小企業向けソリューション、ITベンダートップ3は? ノークリサーチ調査で判明
中堅・中小企業がIT商材やソリューションの委託先・購入先として選ぶITベンダーはどこか。1300社のユーザー企業を対象にしたノークリサーチの調査から、IT商材やソリューションの販売チャネル動向が明らかになった。(2022/11/4)

中堅・中小企業でワークフロー管理のSaaSの新規導入が減少 その理由は?
ノークリサーチの調査によると、今後、中堅・中小企業におけるワークフロー管理のSaaS利用は減少し、社内設置の独自開発システムの利用が増加するという。その理由は何か。また、こうしたニーズに対応するため、製品やサービスに求められる機能とは。(2022/10/20)

中小企業でERPへの「ステップアップ」進む理由 最もシェアが大きい製品、サービスは?
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業向けERP市場は伸長が見込まれる。中堅・中小企業向けに大企業向けの「2層ERP」と異なる訴求がITベンダーには必要になるとノークリサーチは提言する。具体的な内容を見ていこう。(2022/11/2)

「新しいエンドポイント形態導入は売上増につながっていない」 ノークリサーチ調査
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業が抱えるDXの課題にサーバやエンドポイント形態の違いが影響していることが分かった。ノークリサーチはこれらに注目することで、ITベンダーがユーザー企業にどのようなアプローチが有効かが見えてくるとしている。(2022/10/7)

輝ける情シスになるためには何が必要か〜求められる人材に変化しよう〜(3):
PR:“ゼロトラスト”は死んだ? ノークリサーチ岩上氏に聞く「セキュリティの現在地と現実解」
最近、「ゼロトラスト」という語をあまり聞かなくなったと感じる読者もいるだろう。ノークリサーチ岩上氏にその理由と背景を聞いたところ、システムへの侵入という最悪の事態を防ぐために今すべきことが明らかになった。(2022/8/26)

IT部門に余裕がなければDXは成功しない:
ベイジアンネットワーク分析で分かったDX導入の効果と、3つのNG
ノークリサーチはDX提案の成功/失敗の要因に関する提言を発表した。DXに取り組む原資を捻出するためのコスト削減は重要だが、業務効率に与える影響などを考えないコスト削減は避けるべきだとしている。(2022/8/23)

輝ける情シスになるためには何が必要か〜求められる人材に変化しよう〜(4):
PR:ゼロトラスト時代のID管理 IDaaS選定に欠かせない3つのポイント
IDaaSはコスト面だけでなく情報システム部門の負担軽減という意味でも魅力的だが、ノークリサーチの岩上氏は「導入を提言する際に強調すべき点は別にある」と指摘する。その指摘から、 “自社が本当に守りたいもの”を浮かび上がらせる方策と、情報システム部門が経営層や事業部門と距離を縮めるためのヒントが見えた。(2022/9/1)

「中堅・中小企業は伴走型SIにおいて自社人材派遣も検討の価値あり」 ノークリサーチ調査【修正あり】
ノークリサーチは「伴走型SI/サービス」に関連する分析結果を発表した。同社は、販社/SIerとユーザー企業が「伴走型SI/サービス」で共創関係を築くには、従来とは異なる斬新な取り組みを検討すべきだとしている。(2022/7/5)

IT企業は中小企業にどうアプローチすべき? ノークリサーチがアドバイス
ノークリサーチの調査によると、2022年は年商規模の小さい小規模企業層におけるIT投資市場規模が比較的高く、中堅・中小企業にDXソリューションなどを訴求したいITベンダーにとっては、2021年に予定されていた新規IT投資の市場ポテンシャルが焦点になる。(2022/6/29)

今後導入が増えるDXソリューションは? ノークリサーチがレポート発表
ノークリサーチは「2022年版 中堅・中小企業のDXソリューション導入実態と展望レポート」を発表した。中堅・中小企業700社を対象に、今後導入が増えるDXソリューションを調査した結果をまとめた。(2022/6/8)

中堅・中小企業のDXを阻害する要因は? ノークリサーチが提言
ノークリサーチの調査によると、中堅・中小企業におけるDXは「ペーパレス化」「クラウド化」「業務自動化」に加え、「顧客との関係性深化」や「社内慣習の改革」に移行しつつあることが分かった。ノークリサーチはDXを進展のためにユーザー企業とIT企業の双方が注意すべきポイントを提言する。(2022/5/24)

「ユーザー企業の“DXに対する認識の広がり”を踏まえた提案が必要」:
DXとは「ペーパーレス化」「システムのクラウド化」? ノークリサーチがDXの取り組みに関する調査結果を発表
ノークリサーチはDXソリューションを導入する際の課題に関する調査結果を発表した。既にDXに取り組んでいる企業と、今後取り組む予定の企業で「DXの意味」の捉え方に若干の違いがあることが分かった。(2022/5/24)

中堅・中小企業は「自動化」に何を求めている? ノークリサーチが分析結果を発表
ノークリサーチによると、RPAなどによる「自動化」は中堅・中小企業市場のニーズが依然として高く、主要な販社/SIerも活性化傾向にあるという。ユーザー企業に効果的なソリューションを提供するために必要な自動化の3つの構成要素とは?(2022/5/10)

“現場頼み”のセキュリティはなぜダメなのか:
PR:エンドポイントセキュリティ実現のポイント
テレワークが進む中、エンドポイントにおけるセキュリティリスクへの対処が多くの企業の課題になっている。新しいタイプの脅威も登場する中で、ポストコロナ時代における新しいセキュリティ対策を紹介する。(2022/4/7)

ノークリサーチが調査、小売業のクラウド活用はライブコマースやキャッシュレス化に期待
ノークリサーチの調査によると、小売業のクラウド活用はライブコマースの国内向け展開やキャッシュレス化などに期待が集まり、業種の特性を加味したSaaSやIaaSなどによる共有サーバの活用が検討される傾向があるることが分かった。(2022/3/31)

注目を集めるゼロトラストセキュリティ:
「ZTNA」は中堅中小企業のネットワークを変えるのか ノークリサーチがネットワークに関する調査結果を発表
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象に実施した、ゼロトラストやネットワーク環境構築に関する調査の結果を発表した。ゼロトラストセキュリティが中堅中小企業で注目されており、ノークリサーチは「ZTNAが社内外を結ぶネットワーク課題の解決策になる可能性がある」と分析している。(2021/9/8)

特集:「内製化」の誤解と、今すぐなすべきこととは?(2):
ローコード開発導入企業の課題からみる、「内製化」の前に自問すべき2つの問い
ローコード/ノーコード開発ツールによる「システム内製化」への関心が高まっている。取り組みを進めるに当たってユーザー企業が留意しておくべきことは何か。ノークリサーチ、シニアアナリストの岩上由高氏に聞いた。(2021/7/15)

導入シェアトップは大塚商会:
「データをどう連携するか」から「どうやってデータを活用するか」に課題が変化 ノークリサーチがERP活用に関する調査
ノークリサーチは、中堅中小企業を対象としたERP活用の実態と展望に関する調査の結果を発表した。導入シェアトップ3は、大塚商会の「SMILEシリーズ」、富士通の「GLOVIA smart/iZ/SUMMIT」、SAPジャパンの「SAP ERP/SAP Business All-in-one」だった。(2020/10/13)

PR:グループウェアが指し示す、真のDX推進とコロナ対策を両立させる新たな気付き
テレワーク体制を構築しながら現場でのIT活用を推し進める、ということを考えたときに活用すべきツールこそグループウェアだ。スケジュール管理や会議室の予約などに使われているグループウェアだが、実はさまざまな可能性を秘めていることは知られていない。本記事では、DX時代やウィズコロナ・アフターコロナに適したグループウェアの知られざる活用法や、「企業の底力」を引き上げるヒントをお届けする。(2020/10/8)

「わが社にはテレワークは無理、コロナ対策のための在宅勤務でしょ」という誤解を解くためには
ノークリサーチは中堅中小企業を対象としたテレワーク導入と、その他のIT活用提案の関連について分析結果を発表した。テレワークは疫病の感染拡大防止だけでなく、事業継続の一環として提案することが重要だとしている。(2020/2/27)

「具体的な活用場面提示の手間を惜しまない」:
中堅中小企業が注目すべき、IT活用のための「3つのポイント」とは ノークリサーチ
ノークリサーチは、年商500億円未満の中堅中小企業に向けたIT活用の注目ポイントを発表した。2020年以降は実証実験的なIT導入で補助金を得ることは難しいとしており、具体的なIT活用場面を提示する手間を惜しまないことが成功の秘訣だという。(2020/1/8)

中堅中小企業のRPA導入事情、IT部門の支援なしで導入して運用に挫折した形跡も
ノークリサーチは中堅中小企業を対象にした、RPAツールの導入に関する調査結果を発表した。専用のRPAツールよりも、既存システムのコラボレーションツールを利用している企業が多く、企業規模によっては前年より導入率が低下していた。(2019/12/17)

プライム率と商材ポートフォリオに関する調査結果:
「IT商材の幅が広がればプライム率が上がる」 ノークリサーチ調査結果
ノークリサーチは、中堅中小企業向け販社やSIerのプライム率と商材ポートフォリオに関する調査結果を発表した。プライム率は、IT商材を開発・販売するベンダーやサービス事業者にとって協業すべき販社やSIerを選択する際に留意すべき指標。(2019/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。