• 関連の記事

「筋肉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「筋肉」に関する情報が集まったページです。

なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
仕上がってる!(2022/1/26)

「筋肉の扉は自らの筋肉で開く」 なかやまきんに君、吉本興業を退所後は海外挑戦&オンラインフィットネス
10代からの夢をかなえるため動き始めたきんに君。(2022/1/25)

かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
『anan』掲載時には69キロだったという濱家さん。(2022/1/22)

高タンパク・低カロリー:
ゴールドジムと筋肉食堂がコラボ 「バルクアップ」「ダイエット」宅配弁当を展開
「ゴールドジム」と「筋肉食堂」がオリジナル宅配食を期間限定で販売するコラボキャンペーンを実施する。(2022/1/18)

「新たな選択肢を増やすなボケエエ!!」 絶体絶命のピンチでも“絶対に少数派になりたい女子”の漫画が衝撃
マイノリティガールはいつも全力。(2022/1/15)

武田真治は愛車もマッスル 中尾明慶と「マッスルなアメ車」ドカンと披露 「豪快だー」
うなるV8エンジンの車内で、なぜか「若者のクルマ離れどう思う?」を話し合う!(2022/1/12)

猫ちゃんたちによる“同時多発モミモミ”が勃発! カオスな癒やしの光景に「たまらん」「本当に癒されます」
見ているだけで顔がほぐれていく……。(2022/1/10)

猫ちゃんの鬼指導に「ワロタ」「楽しそうだなw」 筋トレ中の飼い主に7キロの負荷をかける猫ちゃんがかわいい
飼い主の健康のためニャ。(2022/1/5)

PR:これは、私が夢で見た「人間とAIの未来」の“ちょっと不思議”なお話
50年後、人間とAIの未来はどうなっているのでしょうか。シンギュラリティが起こる、脳を機械にアップロードする――これらは実現するのか、夢物語なのか。一緒に未来をのぞいてみましょう。(2022/1/5)

「何を目指してるかわからない」 賀来賢人、バキバキに鍛え抜いた上半身を披露 筋骨隆々の姿にも“not there yet”
2021年11月には“人生最大”に巨大化した姿も公開。(2022/1/4)

【ホンダ フォルツァ】試乗インプレッション 優秀な操縦安定性を継承、これぞ正常進化の極み
2021年に刷新した250ccの快走スクーター、ホンダ フォルツァ。快適性と利便性はどれだけ向上したのか、便利に使えそうか、詳細をチェックします。(2022/1/2)

筋肉キレッキレ! マッチョなえび「むきむきえび」のカプセルトイ登場
フィギュアは全部で6種類。(2022/1/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
「Nintendo Switch」品薄の裏にある大きな世界情勢のうねり
Nintendo Switchが半導体不足で手に入らない状況が続いている。その裏には、何があるのか。(2021/12/30)

メタバース研究所も設立:
メタバースって何? 素朴な疑問をクラスターCEOに聞いた
2021年になり「メタバース」という言葉を耳にする機会が増えた。メタバースの意味や定義などをクラスターのCEOに聞いた。(2021/12/29)

ダンディーすぎるコアラに「少女漫画に出てくるイケメンw」「中にヒト入ってる?」と反響 担当者に話を聞いた
※中に人は入っていません。(2021/12/26)

東京五輪走り幅跳び橋岡優輝選手、『CanCam』で“彫刻級”の腹筋披露 スケボー堀米雄斗選手も登場
『CanCam』2月号で披露。(2021/12/24)

残忍な神に嫁がされた女性、いけにえかと思ったら…… ピュアすぎる神様の漫画がかわいい世界
かわいいタヌキさんも登場します。(2021/12/24)

ゲーマーの手指のコリをほぐしてくれるハンドマッサージャー ゲーミング家具ブランド「バウヒュッテ」から登場
ヒーター機能で温めながらマッサージも可能。(2021/12/23)

医療技術ニュース:
効果が長期間持続する、筋ジストロフィーのゲノム編集治療に成功
京都大学iPS細胞研究所は、ゲノム編集治療に利用できる脂質ナノ粒子輸送システムを開発し、筋ジストロフィーモデルマウスのゲノム編集に成功した。効果が長期間持続し、かつ繰り返し投与できるため、骨格筋疾患の新しい治療法として期待できる。(2021/12/23)

Innovative Tech:
月経痛と血の漏れを体験できるVR、奈良女などが開発 電気と温度で症状を再現
奈良女子大学と甲南大学の研究チームは、月経症状を体験できるVRシステムを開発した。電気刺激による月経痛と、温度刺激による血の漏れ感覚を再現する方法で月経症状を再現する。(2021/12/22)

もしも赤ずきんに狼のウソが見抜けたら 優しい本音が見えちゃう漫画にほんわかする
本当のところは自分で確かめたい。(2021/12/21)

重すぎんだろ……! マッチョ戦士しか装備できない金属製31キロ巨大斧の迫力がすごすぎる
重さは先端に全振り。(2021/12/18)

JAXAが提案する次世代旅客機のカタチ【後編】:
モーフィング技術で変形する飛行機の実現へ、鍵を握るメカニカルメタマテリアル
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、さまざまに変化する飛行状況に対して、常に最高の性能を発揮できるような形状をとり続ける航空機の実現に向けて、モーフィング技術の研究開発を進めている。JAXA 航空技術部門 基盤技術研究ユニットに所属する研究計画マネージャの玉山雅人氏、研究開発員の津島夏輝氏らにその取り組み内容を詳しく聞いた。(2021/12/16)

CloseBox:
寒い夜は人をダメにするリモコンで読書寝落ちしよう
布団から手を出さずにページをめくれる、人をダメにするリモコンの登場である。(2021/12/14)

“税金で買った本”をめぐる悲喜こもごもの人間模様 ヤンキーが図書館で働く漫画が書籍化
図書館勤務経験のある原作者にお話を聞きました。(2021/12/13)

Innovative Tech:
「筋肉をARで可視化するデバイス」を簡単に作れるツールキット 米MITなどが開発
米MIT CSAILと米Massachusetts General Hospitalの研究チームは、筋肉の動きを検知するデバイスを設計するための新しいツールキットを開発。このツールキットを利用することで、誰でも独自の筋肉検知ウェアラブルデバイスを設計できる。(2021/12/10)

意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
王子よりプロテイン。(2021/12/10)

家電メーカー進化論:
EMSって胡散臭さい? 科学で脱却の「SIXPAD」に聞く、次の狙いとは?
EMS機器ブランド「SIXPAD」を手掛けるのは、東証マザーズに上場するMTG。EMSの世界的権威である京都大学 森谷敏夫名誉教授の支持を仰いでEMS市場に参入し、市場を代表するブランドへと成長。SIXPADブランドの今後の事業展望などを、ブランドマネージャーの熊崎嘉月氏に聞いた。(2021/12/10)

心筋梗塞 血液でリスク予測 糖尿病や脂肪の健康データ テレワークで急に悪化 心筋梗塞や脳卒中のリスクも
血液検査「フォーネスビジュアス」は、少量の血液から約7000種類のタンパク質を一度に測定し、AI技術を組み合わせて、4年以内の心筋梗塞・脳卒中発症リスクを予測する検査法。「コロナ禍で運動不足になって健康データが急激に悪化した人が多い」という。(2021/12/9)

PR:「Fit Boxing」はなぜシリーズ累計200万本のヒット作になったのか? イマジニア担当者と振り返る「異例のジワ売れ」の軌跡
「声優が無駄に豪華」かつ「めちゃくちゃキツい」ことから大きな話題に。(2021/12/9)

人ってこんなに変わるのか! 筋肉アイドル・才木玲佳、肉体改造前のプリクラに「誰!?」「ほっそい!」と注目の声
「いまがいちばんかわいい!」との声も。(2021/12/7)

約1万人に聞いた:
「こり」や「痛み」を感じる部分 2位は「首の付け根あたり」、1位は?
マイボイスコムは1万46件の回答を元に、肩こりや腰痛に関する調査結果を発表した。利用する医薬品なども調査した。(2021/12/5)

Innovative Tech:
「ベイマックス」のように空気で膨らむ義手 装着者のイメージ通りの動きを実現
中国の上海交通大学と米マサチューセッツ工科大学の研究チームは、ディズニー映画に出る「ベイマックス」のような空気で膨らむソフトな義肢を開発。空気圧で指が動き、軽くて柔らかい、かつ低コストであるという。(2021/12/3)

Innovative Tech:
指を電気で強制的に操るデバイス、米シカゴ大が開発 楽器の演奏指導などに活用
米シカゴ大学の研究チームは、指を電気で刺激し、それぞれ操作できるハプティクスデバイスだ。電気的筋肉刺激と、指の関節に配置される機械的なブレーキが備わった外骨格デバイスで、装着者の指4本(親指を除く)を器用に制御する。(2021/12/3)

日本HP、視線や瞳孔サイズなどもスキャンできる開発者/企業向けVRヘッドセットソリューションを発表
日本HPは、同社製インテリジェントVRヘッドセット「HP Reverb G2 Omnicept Edition」と開発者向けソフトウェア開発者キットを統合したソリューション「HP Omnicept Solution」の発表を行った。(2021/12/2)

医療技術ニュース:
小脳の同時計測により、感覚情報表現の仕組みを解明
理化学研究所は、独自開発した顕微鏡システムと画像解析技術を組み合わせ、マウスの小脳皮質の背側全域を同時計測することに成功した。その結果、変化し続けている感覚入力を、小脳全体でリアルタイムに表現していることを発見した。(2021/11/29)

Innovative Tech:
デスクワーク中の貧乏ゆすりでストレスを計測する靴型デバイス 足の向きや動き、圧力から判断
ニュージーランドのオークランド工科大学などの研究チームは、着席時の足の姿勢や動きなどからストレス状態を検出するためのシステムを開発した。座りっぱなしで仕事をする人のストレスを足の動きから判断する。(2021/11/26)

第1子誕生から3カ月のたんぽぽ白鳥、激しい抜け毛にショック隠しきれず 10円ハゲに体形変化の追い打ちで「落ち込む」
「出産後脱毛症」あるいは「分娩後脱毛症」といわれます。(2021/11/25)

新しい手口は“キラキラSNS” コロナ禍で姿変えたマルチ商法 第三者の紹介が疑うポイント
マルチ商法を巡る被害が後を絶たない。セミナーに人を集めて勧誘するのが従来の手口だったが、コロナ禍で舞台はInstagramなどSNS上に移ったという。その特徴は“ポジティブ”で“キラキラ”した投稿にあるようだ。(2021/11/25)

ペコちゃん、仕上がってるよ! マッスルポーズを決めるペコちゃんのTシャツが数量限定で再販売
モストマスキュラーとフロントダブルバイセップスが似合い過ぎてる。(2021/11/24)

ポジティブ投稿:
新しい手口は“キラキラSNS” コロナ禍で姿変えたマルチ商法
連鎖販売取引(マルチ商法)をめぐる被害が後を絶たない。セミナーに人を集めて勧誘するのが従来の手口だったが、コロナ禍で舞台はインスタグラムなどSNS上に移ったという。その特徴は……。(2021/11/24)

「ポンコツ始球式ですみませんでした」 吉高由里子、日本シリーズ始球式の“大暴投”を謝罪 リベンジに意欲も
かわいすぎた。(2021/11/23)

虐待・事故で大部分の皮膚を失った猫たちを保護 人への信頼を失わず、懸命に治療に励む姿に涙
2匹とも幸せになってほしい。(2021/11/23)

YOSHIKI、衰え知らない鋼の肉体美を披露 ファンから歓喜の悲鳴「かっこいい〜腹筋ヤバ」
「X」のデビューから30年以上たってるのか。(2021/11/21)

「たいへ〜ん! “お野菜(大麻)”の所持がバレちゃった!」 女囚の生活をゆるふわに描く狂気の漫画『ごくちゅう!』が単行本化
「獄中」もひらがなで書くとほのぼの4コマみたいですね。(2021/11/20)

ビビアン・スー、子宮から大量出血で緊急入院&手術 長男出産時には5カ月間寝たきりになっていたことも
「ちょっとした手術」と説明。(2021/11/18)

板垣李光人、ハイヒール姿の“ヤンキー座り”の美しさに語彙力を喪失する人々 山田裕貴「かっこよすぎだろ(笑)」
ジェンダーレスなファビュラスヤンキー。(2021/11/17)

Innovative Tech:
食べずに「のどごし」を体感できる装置、電通大が開発 バーチャル環境で飲食を再現
電気通信大学の研究チームは、喉の皮膚を引っ張る方法で、食べ物を飲み込んだ感覚を再現する嚥下感提示装置を開発した。何も食べてないにもかかわらず、「のどごし」を提示できるという。(2021/11/17)

Go AbekawaのGo Global!〜Tyler Shukert編(後):
品川でのホームレス経験が「エンジニアの原風景」になった
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はTyler Shukert(タイラー・シューカート)氏にお話を伺う。次々と新しいWebサービスを生み出し、順風満帆な同氏を待っていたのは品川での「明るく楽しい健康的なホームレス生活」だった。(2021/11/16)

「勝手に触らないでくださいね?」 赤ちゃんに突然触れてくる人への怒りを描いた体験談漫画に共感の声
親御さんの立場に立って考えましょう。(2021/11/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。