• 関連の記事

「無料」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

人気連載まとめ読み! @IT eBook(87):
開発現場からバックオフィスまで――GMOペパボの「CI/CD」実践事例が学べる無料の電子書籍
人気連載を1冊にまとめてダウンロードできる@ITの電子書籍。第87弾は「GMOペパボに学ぶ『CI/CD』活用術」です。クラウドネイティブに向けたアプローチで欠かせないCI/CDの意義、利点、実践例をGMOペパボの担当者らが解説します。(2022/1/25)

3年ぶりに開催 バイク好きの祭典「東京モーターサイクルショー2022」が2022年3月25から
「新ライダー」「高校生」は入場料が無料になるキャンペーンも。(2022/1/22)

1名義1回限り:
povo2.0が「お試しキャンペーン」を開催 データ使い放題(24時間)が1回無料で利用可能
KDDIと沖縄セルラー電話のオンライン専用ブランド(プラン)である「povo2.0」において、新規契約者を対象に「データ使い放題(24時間)」のトッピングを1回無料で使える特典を付与するキャンペーンが始まった。特設サイトで公開されているキャンペーンコードを使って契約手続きをすると、SIMの有効化から24時間、データが使い放題となる。(2022/1/21)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
とある無料「G Suite」ユーザーが直面した「Google Workspace」課金支払えない問題
実はここに有料化問題に直面している無料「G Suite」ユーザーがいるのです。(2022/1/21)

URL入力で「Log4j」脆弱性診断 ツール試用版を無償提供 セキュアブレイン
昨年末から話題の「Log4j」の脆弱性が自社サイトにあるか調べられる診断サービスの試用版を、セキュアブレインが無償提供。(2022/1/21)

Computer Weekly日本語版
「監視ソフト入り業務端末」が招く悲惨な結末
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/1/21)

ウェザーニューズ、トンガ火山噴火による気圧変化のデータを研究者向けに無償提供
ウェザーニューズは15日にトンガ諸島付近で発生した大規模な火山噴火について、同社の気象観測機「ソラテナ」が観測した気圧のデータを研究者向けに無償で提供する。(2022/1/20)

Googleが無償版G Suiteの終了を予告 5月1日までに有償Google Workspaceにアップグレードを
米Googleは無償版G Suiteのサービス提供を2022年7月1日に終了すると発表した。無償版G Suiteは現行のGoogle Workspaceから一部機能を削除したもので、独自ドメインを設定したメールサービスも利用できることから人気を博した。(2022/1/20)

無償版「G Suite」、7月1日に完全終了 有償「Google Workspace」への切り替え推奨
Googleは従来の無償版「G Suite」を7月1日に完全に停止する。2012年の提供終了後も既存ユーザーはそのまま使えていたが、有償の「Google Workspace」にアップグレードしないとアクセスできなくなる。(2022/1/20)

モバイル決済の裏側を聞く:
KDDIに聞く「au PAY」戦略 苦境の加盟店に寄り添い、アプリの機能改善も進める
au PAYは、共通ポイントのPontaと連携することで利用シーンの拡大を図っている。コロナ禍で店舗運営が厳しい状況を鑑み、加盟店向けには手数料を2022年9月まで無料としている。au PAYアプリはUIも改善しながら機能強化を進めている。(2022/1/20)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
よく分かる「デジタルネイティブ」入門(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「デジタルネイティブ」です。(2022/1/19)

米連邦政府のコロナ検査キット5億個無料配布ページ、前倒しで開設
米連邦政府は全米国民に新型コロナ検査キットを無料配布するWebサイトを開設した。住所と氏名を入力するだけで4個までのキットを申し込める。政府は5億個を用意しており、申し込みから7〜12日で届くとしている。(2022/1/19)

山市良のうぃんどうず日記(223):
ついに登場! Microsoft Store版「Windows Sysinternals」をインストールしてみた
「Windows Sysinternals」といえば、Windowsの内部構造の理解やトラブルシューティングに役立つさまざまなツールの総称であり、Microsoftから無料でダウンロード提供されています。筆者は「Process Explorer(Procexp)」や「Process Monitor(Procmon)」「Autoruns」「Sigcheck」などの幾つかのツールを日常的に活用しています。これらのツール、2021年10月から、Microsoft Storeからまとめて簡単に導入できるようになったことをご存じでしょうか?(2022/1/19)

PR:中高生がiPhoneデビューするならコレ! ドコモのエコノミーMVNO「トーンモバイル for docomo」の魅力を解説
4月に控える進級や入学に向けて、子どもの携帯電話をどうするか、検討している親御さんは多いだろう。そんな人にオススメしたいのが、ドコモのエコノミーMVNOの「トーンモバイル for docomo」だ。専用プランの「TONE for iPhone」では、月額1100円で動画以外が使い放題となり、子どもが安全にスマホを使えるサービス「TONEファミリー」が6カ月間無料で利用できる。(2022/1/19)

ドコモ、「kikitoデバイスガイド」を提供 購入先や売却先、取説などが分かる
NTTドコモは、無料アプリ「kikitoデバイスガイド」を提供開始。30万以上のデバイスの取扱説明書をはじめ、便利な使い方、対応デバイスや関連サービス、不要になったデバイスの売却先などを確認できる。(2022/1/17)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
半導体業界 2022年の注目技術 ―― 電子版2022年1月号
「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2022年1月号を発行しました。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)は、『半導体業界 2022年の注目技術』です。ダウンロードは無料です。ぜひ、お読みください。(2022/1/17)

毎日1杯無料 北千住駅と新越谷駅の「駅ナカドトール」でコーヒーのサブスク開始 月3500円、1月14日から
東武線の定期券ユーザー+トブポ登録者は大幅割引ありです。(2022/1/13)

バッファロー、法人NAS「TeraStation」向けの新保守サービス「デリバリー保守・データ復旧 年1回 無償パック」
バッファローは、同社製法人向けNAS用の保守サービス「デリバリー保守・データ復旧 年1回 無償パック」を発表した。(2022/1/13)

CircleCIが無料枠を拡大 1カ月当たり6000分のビルド時間を提供、利用者数の制限なし
CI/CD機能をクラウドサービスとして提供するCircleCIが無料枠を拡大。今後は1カ月あたり6000分(100時間)のビルド時間を、利用者数の制限なく無料提供する。(2022/1/13)

解決! OSSコンプライアンス(1):
「OSSはただの無料ソフト」「うちの会社に関係ない」? 企業におけるオープンソースの戦略的活用と法的リスク
「OSSなんて、うちの会社に関係ない」「無料なんだから、使い倒せばいいだけでしょ?」。まだ、こうした考えを持っている企業も多い。だが、ソフトウェアをビジネスの武器にしようとしている企業は、OSSの利用を避けることはできない。利用を適切に管理しないと、思わぬ法的トラブルを引き起こす可能性がある。 この連載ではOSSコンプライアンスに関するお悩みポイントと解決策を具体的に紹介する。(2022/1/13)

AWSのストレージサービスが料金体系を刷新【中編】
「AWS無料利用枠」を使って後悔しないための注意点
ユーザー企業がAWSの無料利用枠を使いこなすためには、その制約や注意点を十分に理解しておく必要がある。ITコンサルタントに主要な注意点を聞く。(2022/1/12)

総務省「誰でも使える統計オープンデータ」無料オンライン講座スタート
総務省が「誰でも使える統計オープンデータ」を開講。統計オープンデータを活用したデータ分析の手法を解説する無料講座だ。(2022/1/11)

ドトールやエクセルシオールで「iD」を使うと対象ドリンクが無料でサイズアップ 1月11日から2月9日まで
NTTドコモは、電子マネー「iD」をドトールコーヒーショップとエクセルシオールカフェで利用すると対象ドリンクを無料でサイズアップするキャンペーンを実施する。期間は1月11日から2月9日までとなる。(2022/1/7)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
SaaS企業を成長させる「うまいやり方」(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「グロースマーケティング」です。(2022/1/7)

Computer Weekly日本語版
SSDでRAIDを組む意味はあるのか?
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2022/1/7)

NUROモバイル、上り通信をカウントフリーに 20GBプランが対象、価格は据え置き
ソニーネットワークコミュニケーションズは、「NUROモバイル」のデータ容量20GBの料金プラン「NEOプラン」に、上り通信をカウントフリーにする新機能「あげ放題」を追加した。利用は無料。(2022/1/6)

アンダーアーマーとコラボ:
エニタイムが「BACK TO GYM」キャンペーン開催 無料体験や商品クーポンを提供
エニタイムフィットネスは1月7日より、アンダーアーマーとコラボした「BACK TO GYM 2022」キャンペーンを全国のエニタイムフィットネスで開催すると発表した。(2022/1/5)

CES 2022:
NVIDIAが「Omniverse」正式版を一般ユーザーに無料開放 GeForce RTXシリーズのハイエンドモデルも発表
米NVIDIAは1月4日(現地時間)、米ラスベガスで開催中のCES 2022の特別講演で3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を一般ユーザーに無料で提供すると発表した。また、GeForce RTXシリーズの新型GPUも発表した。(2022/1/5)

AWSのストレージサービスが料金体系を刷新【前編】
「AWS無料利用枠」が拡大 それでも「おいしい話」とは言えない理由
AWSはクラウドサービスの無料利用枠を一部拡大させた。ユーザー企業は無料利用枠でメリットが得られる半面、適切に理解しないまま利用すると、想定外のコストの発生につながる恐れがある。その理由とは。(2022/1/5)

身体の負担も会議ストレスも一気に解消する「Poly Sync」ファミリー:
PR:オンライン会議用デバイス、どれを選ぶ? イヤフォンでもヘッドセットでもなく、スピーカーフォンを選んだワケ
ITmedia ビジネスオンラインで募集した、ポリコムジャパンが提供するスマートスピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーの無料モニター。本記事では、世界的素材メーカーに勤め、夫婦でテレワークやオンライン会議用デバイスの試行錯誤を繰り返し、最終的にPoly Syncにたどり着いたモニターの事例を紹介する。(2022/1/17)

これは時間泥棒……! ただ石を積むだけの無料ブラウザゲームが意外とはまる
バーチャルでできるロックバランシング。(2021/12/31)

堂々と電車に乗れる「恥ずかしくない袋」が冬コミ(新C99)に登場 らしんばんブースで無料配布
ポスターがすっぽり収まる特大サイズ。(2021/12/27)

【Kindleセール】『クレヨンしんちゃん』を冬休みにイッキ読みしよう!キャンペーン 原作漫画が66円に
期間限定無料作品も。(2021/12/27)

Amazon Music Unlimitedが3カ月無料+700ポイントのキャンペーン実施中 12月31日まで
3カ月利用料2940円分が無料に。(2021/12/27)

高性能スピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーの威力:
PR:簡単だから、いろいろ試せる! 老舗企業がオンライン会議の「イライラ」を解消できたワケ
ITmedia ビジネスオンラインで募集した、ポリコムジャパンが提供する高性能スピーカーフォン「Poly Sync」ファミリーの無料モニター。本記事では、創業約100年の老舗企業がPoly Syncを活用し、コロナ禍で増えたオンライン会議のストレスをどう解消したのかをレポートする。(2021/12/27)

「呪術廻戦」8巻まで無料配信 各電子書籍販売サイトで期間限定
集英社は25日、映画「劇場版 呪術廻戦0」の公開を記念して、原作まんが「呪術廻戦」のコミックス1巻から8巻までの無料配信を始めた。(2021/12/25)

「ポケモン ダイパ」のBGMや効果音を無料で聞けるサイト公開 音源DLして利用もできる
音源を自分の動画やコンクールの演奏、演劇などに利用可能。(2021/12/24)

映画「AKIRA」YouTubeで無料公開中! 28日までの5日間限定で
『大友克洋全集』刊行を記念したもの。(2021/12/24)

よみうりランドが「成人式バンジー」開催 新成人は入園料&バンジージャンプが1回無料に
バンジー飛ばなくても入園は無料。(2021/12/24)

映画「AKIRA」YouTubeで無料公開、28日まで 講談社「大友克洋全集」発売記念で
YouTubeのアニメ専門チャンネル「フル☆アニメTV」は、1988年公開のアニメ映画「AKIRA」を無料公開している。(2021/12/24)

2021年、企業が無償公開した新人エンジニア向け研修資料 機械学習やゲーム開発、AWS入門、数学などさまざま
2021年も、さまざまな企業が自社の社内研修資料を無償公開したことが話題になった。2021年に無償公開した、企業の社内研修資料を取り上げた記事を紹介する。(2021/12/24)

「#1日1L(リットル)」運動:
牛乳消費の支援続々 おふろcafeが先着100人に“無料配布”
温泉施設を運営する温泉道場が、来店したお客先着100人に牛乳を無料で配布する「年末年始 牛乳1トン消費大作戦」を実施する。(2021/12/24)

Windows 10 The Latest:
Windows 11にはアップグレードしない、させないというアナタへのメモ
多くのPCに対して[Windows Update]画面にWindows 11への無償アップグレードを促すメッセージが表示されるようになったようだ。でも、Windows 10のまま使い続けたいという人もいることだろう。その場合どうすればいいのだろうか。また、Windows 10の最新の機能更新プログラムである「Windows 10 November 2021 Update(バージョン21H2)」にはどうすればアップデートできるのだろうか。その方法を解説しよう。(2021/12/24)

Switch向け「ABEMA」アプリ、配信開始 ゲーム機対応は初
AbemaTVは、サイバーエージェントのインターネットテレビ局「ABEMA」のNintendo Switch向けアプリの無料配信を始めた。オンラインストア「ニンテンドーeショップ」から、ABEMAアプリをダウンロードすることで利用できる。(2021/12/23)

無料の多機能ビデオ編集ソフト「DaVinci Resolve 17」の最新版が登場――3600ページ超の日本語マニュアルも公開
豪Blackmagic Designは12月22日、ビデオ編集ソフト「DaVinci Resolve 17」のアップデート「17.4.3」の配信を始めた。(2021/12/23)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(86):
無料の電子書籍「リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖」で分かる不測の事態への備え方
人気連載を1冊にまとめてダウンロードできる@ITの電子書籍。第86弾は、「リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖」だ。(2021/12/23)

見込み客へのアプローチ精度向上へ:
無料でも使えるMAツール「BowNow」が企業データベースの「Beegleデータ」とAPI連携
基本的な企業情報に加え、企業の活動内容まで分析できるようになった。「BowNow」無料プランでも利用可能。(2021/12/22)

動く「機械学習帳」、東工大教授が講義資料を無償公開 回帰や分類のグラフをアニメーションに
東京工業大学の岡崎直観教授が、大学の講義で使う資料「機械学習帳」をGitHubのホスティングサービス上で公開している。利用者はPythonのコードとその実行結果を見ながら学べる。(2021/12/22)

問題が解決するまで専任の担当者が徹底支援:
PR:Windows 11移行時のアプリ互換性に不安があるなら絶対に利用したい無償の技術サポートサービス「App Assure(互換性支援サービス)」とは
「新しいOSへの移行」は企業システムにおける懸念事項の一つだ。「Windows 11」への移行でも、アプリやハードウェアの互換性が心配でなかなか踏み切れないということもあるだろう。そうしたOS移行にまつわる不安や懸念を解消してくれる無償の技術サポートサービスがあることはご存じだろうか。(2021/12/20)

性教育に特化したイラスト素材集サイト「性教育いらすと」公開 400点以上のイラストが無料で利用可能
クラウドファンディングは初日に目標金額を達成するなど、多くの人がサイト公開に期待。(2021/12/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。