• 関連の記事

「IIJ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Internet Initiative Japan:インターネットイニシアティブ

IIJmioで「POCO F4 GT」「Nothing Phone (1)」を発売
IIJmioサプライサービスは、Xiaomi製スマートフォン「POCO F4 GT」を8月12日、Nothing製スマートフォン「Nothing Phone (1)」を8月19日に販売開始する。(2022/8/9)

Mobile Weekly Top10:
スマホの「単体購入」を求める“声”は多いけれど……
IIJmioサプライサービスで回線契約なしでの端末購入が可能となりました。その代わり、単体購入(回線の新規契約を伴わない購入)では分割払いでの購入ができなくなりました。そのことでふと思い出すのは「端末と回線の分離」のことです。(2022/8/6)

楽天モバイル0円廃止の影響でIIJmioも好調 音声eSIMは「ドコモと協議している」と勝社長
インターネットイニシアティブの2022年度第1四半期の業績は増収増益と好調。個人向け「IIJmio」は楽天モバイルが0円廃止を発表した影響で、3.6万回線の純増となった。KDDI通信障害の影響でサブ回線需要が増し、eSIMが特に好調のようだ。(2022/8/5)

「Zenfone 8」がIIJmioのキャンペーンで2万9800円〜に
IIJは、8月5日にASUS製スマホ「Zenfone 8」「Zenfone 8 Flip」を値下げ。一括5万4800円(税込み)から購入でき、乗り換え応援キャンペーンやサプライサービスセールの対象に含まれる。(2022/8/5)

MVNO各社が返金対応、KDDI通信障害受け IIJmio、mineo、nuroモバイルなど
KDDIが7月に起こした通信障害を受け、MVNO各社が返金対応を発表している。返金を予定している各社の対応をまとめた。(2022/8/3)

情シスが抱える人材の課題 2位は「若手が足りない」 1位は? IIJ調査
日本企業の情報システム部門が抱える人材の課題は? IIJがこんな調査の結果を発表。2番目は「若手の人材が足りない」、3番目は「人員が足りない」だった。最も多かった課題は。(2022/8/2)

「情報システム部門のイメージを改善したい」が26.7%:
日本企業「経験豊富な情シスが足りない」が約6割、だが約4割は「何もしていない」――IIJ調査
IIJは、「情シス人材に関するアンケート」の結果を発表した。情報システム部門の人材不足が浮き彫りになり、人材確保のためにリスキリングなどの新たな取り組みが広まりつつあることが分かった。(2022/8/2)

IIJmio、音声SIMと通話定額オプションを割引 2GB+5分かけ放題が500円×6カ月に
IIJは、ギガプランの音声通話機能付きSIM(MNP/新規契約)を申し込むと月額料金を6カ月間440円(税込み、以下同)割引。「通話定額オプション」を申し込んだ場合は月額オプション料金を7カ月間410円割引する。(2022/8/1)

IIJmioで110円からの端末特価セール ギガプラン+MNPで
IIJはギガプランをMNP契約し、対象端末とセットで申し込むと特別価格で購入できる「乗り換え応援キャンペーン【スマホ大特価セール】」を開催。期間は8月1日〜8月31日で、1契約者(mioID)あたりいずれか1台のみ。(2022/8/1)

IIJmio、au回線の音声SIMユーザーに200円を返金 KDDI通信障害を受けて
IIJが、au回線を用いた音声SIMのユーザーに200円を返金する。2022年8月の利用料金から減額し、ユーザーの手続きは不要。対象のユーザーには、後日メールで連絡をする。(2022/7/29)

IIJmio、回線契約なしでスマートフォンなどを単体購入可能に 8月から
インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は個人向けにSIMロックフリー端末を販売する「IIJmioサプライサービス」の購入条件を8月1日を変更する。より多くの人がIIJmioサプライサービスで販売されているデバイスを使えるようにするためだという。8月1日以降、ユーザーは回線契約を伴わなくてもIIJmioサプライサービスで販売されている、スマートフォン、PCなどの単体購入が可能になる。(2022/7/28)

IIJmio、「Xperia 10 IV」を5万9800円で7月22日に発売
インターネットイニシアティブ(IIJ)は個人向けにSIMロックフリー端末を販売する「IIJmioサプライサービス」で、ソニー製スマートフォン「Xperia 10 IV」(ホワイト、ブラック)の販売を7月22日に開始する。1回払いは5万9800円、24回払いは毎月2494円。7月22日から8月31日まではサプライサービスセールとして、5万4800円(24回払いは2285円/月)で販売する。(2022/7/15)

ITmedia Security Week 2022夏:
「セキュリティのアレ」のリサーチャー3人が振り返る、「侵入されて当たり前」は本当に当たり前か?
ITmedia Security Week 2022夏のDay2「未来へつながるセキュリティ」ゾーンの基調講演で、セキュリティリサーチャー3人によるパネルディスカッション「未来のための地固めを ここはもう令和なので」が行われた。インターネットイニシアティブの根岸征史氏、SBテクノロジーの辻伸弘氏、「piyolog」を運営するpiyokango氏が集まり、“セキュリティの最新動向”とは少々異なるベクトルでの会話が繰り広げられた。(2022/7/14)

IIJ、モトローラ製スマホ「moto e32s」ほかモバイルキーボードなど3製品を発売
IIJは、7月15日からモトローラ製スマートフォン「moto e32s」、折りたたみ式モバイルキーボード「MOBO Keyboard 2」、ゲーミングディスプレイ「LG UltraWide 34WP65C-B」、IIJmio限定ゲーミングデバイスセットを販売開始する。(2022/7/13)

組み込み採用事例:
フルMVNOを活用したGPSトラッキングシステムをスポーツ大会に採用
インターネットイニシアティブのフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」のSIMカードが、セイコーエプソンのGPSトラッキングシステムに採用された。トライアスロン大会の安全な大会運営に活用する。(2022/7/6)

製造業IoT:
PR:見守りGPSトラッカー起点に事業を急拡大、IoTベンチャー成功の要因は
製造業のIoT活用において、モノづくり現場への導入と比べてまだ成功事例が少ないのが、IoTを活用した新たな製品やサービスの開発である。その中でも、2015年創業のアイフォーカスは、仮想移動通信事業者(MVNO)であるIIJとの協業により開発した見守りGPSトラッカー「トラっくん」を起点に、物流から建設、インフラ管理などさまざまな分野に向けてラインアップを拡大している。(2022/7/11)

PR:IIJmioだけで5回線も 格安SIMの猛者は“複数回線”を何に使っているのか
「IIJmio」ユーザーを対象にした座談会「IIJmioのディープな使い方を語る会」では、参加者の多くが複数回線を使っている。2回線程度なら「メインとサブ」「仕事用とプライベート用」などと想像がつくが、4回線や5回線を持つ参加者も。皆さん、複数回線をどのように活用しているのだろうか。(2022/7/5)

IIJ、ギガプランeSIMの初期費用を550円に割引 7月31日まで
IIJは、7月1日〜7月31日に「夏のお得なトリプルキャンペーン【初期費用割引特典(eSIM)】」を開催。ギガプランのeSIMを新規で申し込んだユーザーの初期費用を550円(税込み)とする。(2022/7/4)

IIJ、未使用品「iPhone 13 mini」「iPhone SE(第3世代)」を発売
IIJmioサプライサービスで、付属品もそろえた未使用品の128GBモデル「iPhone 13 mini」と64GBモデル「iPhone SE(第3世代)」を販売開始。セールの対象端末にも追加。「Xiaomi 11T Pro」の販売価格を改定する。(2022/7/1)

IIJの法人向けフルMVNOサービス、納品後にプランを選べる「ストック品目」提供開始
IIJは、法人向けフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」で「ストック品目」を提供開始。SIMカード納品後にプランやネットワークタイプなどを選べる。(2022/6/27)

侵入型ランサム攻撃は暗号化までにはラグがある──その間に手を打つことは可能か
近年台頭してきている「システム侵入型ランサム攻撃」では暗号化の実施までにタイムラグが存在する。その間に被害者側ができることは何か、IIJに聞いた。(2022/6/24)

MVNO市場は回復基調に、シェアはIIJが1位 MM総研の調査から
MM総研は、6月23日に「国内MVNO市場調査(2022年3月末時点)」の結果を発表した。独自サービス型SIMの回線契約数は1259.4万回線(前年同期比0.2%減)となった。2022年3月末時点で独自サービス型SIM市場の事業者シェア1位はIIJ。(2022/6/23)

IIJmio「ギガプラン」申し込みで月額300円×6カ月割引
IIJは、ギガプラン申込でプランの月額料金を6カ月間300円(税込み)割引する「夏のお得なトリプルキャンペーン【月額料金 割引特典】」を7月31日まで実施。「通話定額オプション割引特典」と併用できる。(2022/6/20)

Weekly Memo:
マルチクラウド時代のクラウドパートナーをどう選ぶべき?――セールスフォース、IIJ、JBSの新戦略から読み解く
マルチクラウド時代に向けて企業はどんなタイプのベンダーをクラウドパートナーに選ぶべきか。クラウドサービスベンダーのセールスフォースやネットワークサービスベンダーのIIJ、ITサービスベンダーのJBSが先週、相次いで発表したクラウド事業の新戦略から読み解きたい。(2022/6/20)

PR:格安SIMの猛者が「IIJmio」を使い続ける理由とは? ディープな使い方を披露
ITmedia Mobileでは、IIJと一緒に「IIJmioのディーブな使い方を語る会」の募集を掛けたところ、6人の現役ユーザーにお集まりいただいた。話を聞いたところ、皆さん、IIJmioや他社も含めて複数回線持ちは当たり前の猛者ぞろい! なぜIIJmioを契約しているのか、どんな使い方をしているのか、お話を聞いた。(2022/6/14)

中小企業の情報セキュリティ対策、駆け込み寺は「商工会議所」? 専門家が解説
ランサム攻撃の被害件数は大企業より中小企業の方が多く、特に対策が必要だ。一方、知識不足により情報セキュリティ上の問題を放置してしまうことがある。初心者が知っておくべき情報源と、困ったときの相談先についてIIJに聞いた。(2022/6/7)

IIJmio、6月3日から「motorola edge 30 pro」「moto g52j 5G」を順次販売
IIJmioサプライサービス、6月3日から「motorola edge 30 pro」「moto g52j 5G」を順次販売。motorola edge 30 proは8GB/128GBモデルと12GB/256GBモデルを用意する。(2022/6/1)

Inside-Out:
2020年度、200倍に急増した迷惑メールとパスワード付きZIP対策【IIR Vol.51】
株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)の技術情報誌「Internet Infrastructure Review(IIR)Vol.51」より、迷惑メールと暗号化ZIPファイルについてのレポートを転載してお届けします。(2022/5/20)

MVNOの深イイ話:
なぜiPhoneで緊急通報できない不具合が起きたのか? その理由を考察する
2021年9月に「iPhoneと一部のSIMの組み合わせで緊急通報ができない」という事象が報じられました。IIJmioのeSIMを利用したときに現象が発生するということで、筆者が所属するIIJでも重大な事象であると考えました。今回はこの事象の経緯を振り返りながら、この件の周辺事情について考えてみたいと思います。(2022/5/19)

IIJmioにも申し込みが集中 本人確認と商品発送に遅れ 要因は非公表
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、MVNOサービス「IIJmio」の本人確認手続きと商品発送について、通常よりも時間がかかる場合があると案内している。同様の事象はKDDIのオンライン専用プラン「povo 2.0」でも確認されていた。IIJ広報に、申し込み集中の主な要因が楽天モバイルからの転入なのかを尋ねた所、要因については公表していないとのことだった。(2022/5/17)

「IIJmio」も申し込み殺到、本人確認や商品発送に遅れ 原因は「お察しいただければ」
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、個人向けのMVNOサービス「IIJmio」に申し込みが集中し、本人確認手続きと商品発送に遅れが生じていると発表した。(2022/5/17)

IIJ勝社長、楽天モバイルの0円撤廃に「正しい方向だと思う」とコメント
インターネットイニシアティブ(IIJ)が5月13日、2021年度通期の決算を発表した。売り上げは2263.4億円で前期比+6.3%、営業利益は235.5億円で前期比+65.3%の増収増益。楽天モバイルが新料金プランで0円を撤廃したことについて、勝栄二郎社長は「正しい方向だと思っている」とコメントした。(2022/5/13)

IIJmioが「Redmi Note 10T」を発売 キャンペーンで特価も
IIJは、Xiaomi製スマートフォン「Redmi Note 10T」、マウスコンピューター製ゲーミングノートPC「G-Tune P5」などを販売開始。スマートフォン以外の端末は5月9日まで特別価格で販売する。(2022/4/27)

IIJ、6月上旬に従量制プラン/エコプランから「ギガプラン」への変更が可能に
IIJは、6月上旬に「従量制プラン」「エコプラン」から「ギガプラン」への変更手続きを受付開始。開始日以降、会員専用ページで変更手続きを行えば7月1日から利用できるようになる。(2022/4/27)

編集部からのお知らせ:
PR:ITmedia Mobileで「IIJmio」のディープな使い方を語る座談会を開催!
ITmedia Mobileでは、インターネットイニシアティブとの共同企画として、IIJmioユーザーとの座談会「IIJmioのディーブな使い方を語る会(仮)」を5月中旬に開催いたします。我こそはIIJmioをディープに使っているという方は、奮ってご応募ください。(2022/4/23)

企業間で広がる支援の輪:
「ドン・キホーテ」の運営元、ウクライナ避難民の支援開始 IIJやレオパレス21も参画
ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングスがウクライナ避難民への支援を始めた。(2022/4/22)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の反響と値下げの狙い 音声対応eSIMは「準備が整いつつある」
IIJは、2021年4月に導入したIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」を、4月1日に値下げした。消費税の総額表示に対応した際の端数をなくすための色合いが濃いわずかな値下げだが、4GBプランを特に大きく値下げしている。ギガプラン開始から1年経過したのを機に、IIJmioの最新動向をうかがった。(2022/4/18)

「IIJmio meeting」が4月23日に開催 iPhone「緊急通報ができない」問題を解説
IIJは、4月23日に一般ユーザーを対象としたオンライントークイベント「IIJmio meeting」を開催。担当者がテーマごとにトークを行い、フリートークでは当日Twitterで募集した疑問に答えていく。(2022/4/13)

製造業IoT:
遠隔のIoTデバイスへセキュアにリモートアクセスできる機能を提供開始
インターネットイニシアティブは、IoT向け統合ソリューション「IIJ IoTサービス」に、遠隔のIoTデバイスへセキュアにリモートアクセスできる機能「デバイスリンク」を追加し、提供を開始した。(2022/4/13)

石川温のスマホ業界新聞:
谷脇康彦前総務審議官がIIJ副社長に就任予定――MVNOの復活に向けての活躍に期待
総務省で総務審議官を務めていたものの、NTT(日本電信電話)との接待問題で辞職に追い込まれた谷脇康彦氏がインターネットイニシアティブ(IIJ)の副社長に就任する予定であることが発表された。意識する機会は少ないが、IIJはNTTの関連会社でもある。鈴木幸一会長の意向が働いた人事と思われるが、公正競争上「正しい」人事なのかどうか議論が巻き起こりそうでもある。(2022/4/3)

IIJmio、端末を特別価格で販売する「4年連続シェアNo.1記念キャンペーン」第2弾を開催 4月30日まで
IIJは、4月1日〜4月30日に対象端末を特別価格で販売する「第2弾 4年連続シェアNo.1記念キャンペーン【スマホ大特価セール】」を開催。2月1日から実施中のキャンペーンも4月30日まで延長する。(2022/4/1)

米露の通信大手がネット接続を切断 IIJが観測 「直ちに分断を示すものではない」
IIJ技術研究所が、ロシアの大手通信事業者「TransTeleCom」と、米大手通信事業者「Cogent Communications」がインターネット接続を切断したと思われるデータを観測した。(2022/3/7)

PR:新生活で家計がピンチ! 大手キャリア→IIJmioに乗り換えて携帯料金はどうなる?
新生活に向けて家計がピンチになったので、携帯料金を抑えたい。今契約している大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいのだけど、その第1候補に挙がったのが「IIJmio」だ。4月1日から料金プランを値下げし、お得なキャンペーンも実施中だとか。一体どれだけ安くなるのか、シミュレーションしてみた。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2022/3/7)

IIJmio、中古のSIMロック解除済み「Galaxy S10」を発売 約3.4万円
IIJは、個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」で中古のSIMロック解除版「Galaxy S10(NTTドコモ/au)」を販売開始する。一括価格は3万4800円(税込み)。(2022/3/3)

IIJ、ギガプラン値下げ 4ギガは990円で提供
 インターネットイニシアティブは、MVNO携帯電話サービス「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」の月額料金を4月1日より価格改定すると発表した。(2022/3/2)

IIJmio「ギガプラン」が値下げ 4GB音声付きなら月額990円に
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、IIJmioモバイルサービスの「ギガプラン」の月額料金を4月1日に改定すると発表した。eSIMを除く全てのデータ容量プランで値下げする。同日以降、新規・既存ユーザーに自動適用する。(2022/3/1)

ウクライナへのDDoS攻撃、日本でも兆候見えていた 観測のカギは「Backscatter」
情報セキュリティの専門家であるIIJの根岸征史さんが、IIJのハニーポットでウクライナに対するDDoS攻撃の兆候を観測したと報告している。なぜDDoS攻撃を観測できるのか、IIJの堂前清隆副部長が解説した。(2022/2/26)

IIJ、「危険SMS拒否設定」をドコモ回線で提供開始
IIJは、3月中旬から法人向けサービスやNTTドコモ回線を利用する個人サービスで「危険SMS拒否設定」機能を提供開始。危険なサイトのURLや電話番号などが含まれるフィッシングSMSの受信を自動で拒否する。(2022/2/17)

安全なWi-Fiに自動接続して5Gのデータをオフロード IIJが技術支援
IIJは、オープンかつセキュアな次世代公衆無線LANローミング技術の確立を課題とする国際共同研究へ協力を発表。モバイルネットワークの提供やSIM/eSIMの提供と技術支援を行う。(2022/2/14)

IIJmio「ギガプラン」が好調で3Qも純増 勝社長「接続料の引き下げが続く」と期待
インターネットイニシアティブ(IIJ)が2月8日、2021年度第3四半期の決算を発表した。売り上げは1656億円(+6.1%)、営業利益は163億円(+60.9%増)で増収増益を記録した。モバイルサービスは法人向けが回線と売り上げどちらも好調。(2022/2/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。