• 関連の記事

「IIJ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Internet Initiative Japan:インターネットイニシアティブ

IIJmio「ギガプラン」を8カ月使ってみた 通信品質はどう? どんな人にオススメ?
MVNOサービス「IIJmio」の「ギガプラン」を契約しました。格安SIMを検討している方、かつ「IIJmioのギガプラン」を検討している方向けに、IIJmioギガプランを契約して満足した点・不満を覚えた点をまとめていきます。通信速度や通話料金、向いている人などについて検証しました。(2022/1/12)

IIJmio、最大1万円分の選べるe-GIFTをプレゼントする「ご愛顧感謝キャンペーン」を開始
IIJは、SIMサービス利用者が対象端末を申し込むと最大1万円分の選べるe-GIFTをプレゼントする「ご愛顧感謝キャンペーン」を2022年1月31日まで実施。対象端末を数量限定で特価販売する「掘り出し物セール」も行う。(2021/12/21)

IIJがセキュリティスペシャリストを育成する「IIJセキュリティ教習所」を開設
IIJが「IIJセキュリティ教習所」を開設する。インシデントが発生時の判断、対処能力を備えたセキュリティスペシャリストを育成する。(2021/12/21)

IIJmio、SMS機能付きデータSIMの申し込みに「本人確認」を導入 2022年2月1日から
インターネットイニシアティブは、SMS(ショートメッセージ)の送受信に対応するデータSIMカードの申し込みにおいて本人確認手続きを導入する。2022年2月1日以降の新規申し込み分からは、音声通話機能付きSIMカードと同様の手続きが必要となる。(2021/12/15)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(2月編):「ahamo」「LINEMO」が注目を集める中、大幅値下げを発表した「IIJmio」
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年2月は、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「LINEMO」に関する記事が良く読まれました。その影響か、MVNOにおける料金値下げのきっかけとなったIIJmioの新プランに関する記事も良く読まれました。(2021/12/15)

IoTセキュリティ:
ブロックチェーンの耐改ざん性を活用したIoTセキュリティサービスを提供開始
インターネットイニシアティブは2021年11月30日、アイビーシーと協業して、ブロックチェーン技術を活用したPKIシステムを利用する「IoTトラストサービス」を提供開始すると発表した。ブロックチェーンの耐改ざん性によって、コストとセキュリティに関するPKIの課題を解消したIoTセキュリティサービスを実現している。(2021/12/3)

IIJmio、国内通話のかけ放題サービスを提供 より安価な5分/10分の通話定額も
IIJは、同社のモバイルサービスで提供している「通話定額オプション」へ新プランを追加。時間制限のない「かけ放題+」や「通話定額5分+」「通話定額10分+」を開始し、オプション料金の3カ月無料キャンペーンも行う。(2021/12/1)

IIJmio、「AQUOS sense6」「OPPO A55s 5G」を11月26日から順次追加
IIJがIIJmioのセット端末に「AQUOS sense6」「OPPO A55s 5G」を追加。AQUOS sense6(4GB/64GBモデル)とOPPO A55s 5Gは11月26日、AQUOS sense6(6GB/128GBモデル)は12月中旬以降に販売開始する。(2021/11/19)

2022年1月から:
IIJ、パスワード付きZIPファイル廃止へ 本文のみ受信、添付ファイルは自動削除 “脱PPAP”実現には課題も
IIJがパスワード付きZIPファイルとパスワードを同じ経路で送信する方法(いわゆるPPAP)を廃止する方針を明らかにした。2022年1月26日以降は、メール本文のみ受信し、添付のZIPファイルはフィルタリングの時点で自動削除し、受信できないようにする。(2021/11/17)

IIJ、PPAP廃止へ 社外から届くパスワード付きZIPファイルは削除
IIJは、パスワード付きZIPファイルを添付したメールとパスワード記載メールを個別に送信する「PPAP」を廃止すると発表した。2022年1月26日から添付ファイルは削除し、メール本文のみを受信する。(2021/11/15)

「My IIJmio」アプリが提供再開 不具合の改修が完了
IIJmioモバイルサービスのギガプラン専用アプリ「My IIJmio」が提供を再開。情報セキュリティ事故により7月15日から利用を停止していたが、安全性が確認できた最新バージョンを公開した。(2021/11/8)

IIJmio、未使用品「iPhone 12」と中古「iPhone SE(第2世代)」を販売
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」は、未使用品「iPhone 12」を取扱開始。中古だが目立つ傷がない「iPhone SE(第2世代)」も追加する。(2021/11/8)

IIJmio「ギガプラン」が好調で純増 ドコモのエコノミーMVNO参画は「問題点が2つある」と勝社長
IIJが2021年度上期の決算を発表。売上高は1090.5億円で前年比7.3%増、営業利益は93億円で前年比77.6%増となった。モバイルサービスは法人向けが堅調に契約数を伸ばし、IIJmioも「ギガプラン」が好調で純増となった。ドコモの「エコノミーMVNO」には現時点では参加する予定はないという。(2021/11/5)

IIJmio、セット端末を110円から購入できる「秋の乗り換えキャンペーン」11月30日まで開催
インターネットイニシアティブは、ギガプランへMNP転入すると対象端末を110円(税込み)から購入できる「秋の乗り換えキャンペーン」を開催。ギガプランの新規申込者へ初期費用1円+3カ月間のデータ1GB増量も行う。(2021/11/2)

Weekly Memo:
リアルタイムのデータ処理で必須に? DXに効くエッジコンピューティングの使い方
エッジコンピューティングをDXにどう生かしていくのか。その実践に向けてIIJがユニークな取り組みを始めた。同社によるDXとエッジの話を基に、今後のコンピューティングについて考察したい。(2021/10/11)

IIJが総務省から行政指導 個人情報や通信の秘密の漏えいで
IIJ(インターネットイニシアティブ)が、2020年3月以降、個人情報と通信の秘密の漏えいが発生したことについて、9月30日に総務省から書面で指導を受けた。「ギガプラン」向けに提供している「My IIJmio」アプリで、電話番号の一部、データ残量、データ利用量、請求金額などの他人の情報が表示された。他にも、ポータルサイトで他人の情報が表示される不具合が起きていた。(2021/10/1)

総務省、IIJに行政指導 個人情報漏えいで
総務省は一部サービスで個人情報の漏えいがあったとして、インターネットイニシアティブ(IIJ)に対し、電気通信事業法に基づく行政指導を書面で行った。同省は同社に、再発防止策の徹底とデータガバナンスの強化を求めている。(2021/10/1)

IIJmio、シャープ製スマホ「AQUOS R6」とOPPO製ワイヤレスイヤフォンを発売
IIJmioサプライサービスは、9月24日からシャープ製スマートフォン「AQUOS R6」とOPPO製ワイヤレスイヤフォン「OPPO Enco Buds」「OPPO Enco Free2」を販売開始する。(2021/9/22)

Weekly Memo:
パブリックでもプライベートでもない「第3のクラウド」登場 脱オンプレからマルチクラウドまで見据えた内容とは
デジタル化の進展や働き方の変化でクラウドサービスが普及する一方「まだ多くのIT資産はオンプレミスにある」との独自調査を基に、IIJが新たな取り組みを始めた。脱オンプレの課題を解消しつつ「マルチクラウド」のニーズを意識したという内容から見えてくる、クラウド市場の今後とは。(2021/9/21)

IIJmioの「みおふぉんダイアル」アプリ、iPhone 13で不具合の可能性
IIJmioの通話アプリ「みおふぉんダイアルアプリ」をiPhone 13シリーズで利用した際、不具合が発生する可能性がある。IIJではバージョンアップを予定している。(2021/9/17)

eSIM対応のiPhone、SIMカードとの併用で「緊急通報」が正常に動作しない恐れ 4キャリアとIIJが注意喚起
「eSIM」に対応したiPhoneを、通常のSIMカードと併用する「デュアルSIM」の状態で使用すると、110や119などの「緊急通報」が利用できない恐れがあるとして、NTTドコモなど携帯キャリア4社とIIJが注意喚起した。(2021/9/13)

IIJ、国内通話料金を半額に アプリ通話と同額に値下げ
IIJが、個人向けのMVNOサービス「IIJmio」で、専用アプリなどを使わない国内通話の料金を値下げする。これまでは30秒22円だったが、11日から11円に改訂する。総務省が主導する、音声卸料金値下げとの関係についてはコメントを控えた。(2021/9/9)

IIJmioの音声通話料金、みおふぉんダイアルなしで11円/30秒に
9月11日から、IIJmioの音声通話料金を30秒あたり22円から11円に値下げする。「みおふぉんダイアル」アプリを使用しなくても11円になる。タイプD(ドコモ回線)とタイプA(au回線)のどちらも値下げの対象。(2021/9/9)

IIJmioひかりで1056円×12カ月の割り引き、現金1万円キャッシュバックも
インターネットイニシアティブが「IIJmioひかりキャッシュバック+月額料金割引キャンペーン」を開始。期間中に新規で「IIJmioひかり」を申し込むと月額料金を12カ月間1056円(税込み)割り引き、現金1万円をキャッシュバックする。(2021/9/3)

IIJmioで「秋の乗り換えキャンペーン」 端末が一括110円〜に、初期費用1円なども
IIJが「秋の乗り換えキャンペーン」を開催。端末を特別価格で購入できるスマホ特典と、初期費用1円や3カ月間のデータ容量を1GB増量するSIM特典を提供する。(2021/9/2)

IIJmioは純増に転ずるも減収 LINEMOのミニプランは「現時点で影響なし」――IIJが2021年度第1四半期決算を発表
IIJ(インターネットイニシアティブ)が2021年度第1四半期の連結決算を発表した。個人向けの「IIJmio」は契約者数が純増に転じたものの、料金の値下げによって減収となった。一方で、法人向け事業は一部を除き順調に推移し、全体としては「増収増益」の決算となった。(2021/8/10)

IIJmioで「OPPO Reno5 A」の価格を改定 キャンペーン適用で1万7800円に
IIJmioサプライサービスが、OPPO製「Reno5 A」を一括3万5800円(税込み)に価格改定。「A54 5G」と合わせてキャンペーン価格も変更となる。(2021/8/4)

PR:OPPO Reno5 Aが1万円台に! IIJmioの「ギガプラン端末割引キャンペーン」を見逃すな
2GBの音声SIMが月額858円(税込み)からという新料金プラン「ギガプラン」を提供している「IIJmio」。さらに見逃せないのが、セットで購入できるスマートフォンをキャンペーンで大幅に値引きしていること。今回は割引対象機種の中から、5Gスマートフォンの「OPPO Reno5 A」「OPPO A54 5G」「AQUOS sense5G」をピックアップして紹介する。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2021/10/19)

ドコモの3G停波でMVNOにも影響 2022年1月から一部機種で利用不可になる場合も
IIJ(インターネットイニシアティブ)が、NTTドコモの3G(FOMA)停波に伴い、一部機種で2022年1月から通信できなくなる件を案内している。ドコモは2022年1月から順次2GHz帯を停波し、800MHz帯のFOMAプラスエリアのみ利用可能とする。そのため、FOMAプラスに対応していない3G端末は、2022年1月から一部エリアで音声通話やデータ通信が利用できなくなる。(2021/7/30)

半径300メートルのIT:
「PPAP」の代替策、クラウドストレージサービスは万能か? IIJのレポートから考える
パスワード付きzipを添付し、その後パスワードを送る方法、いわゆる「PPAP」の代替策としては、真っ先にクラウドストレージサービスの活用が挙がります。しかしこの手法に本当に問題はないのでしょうか。IIJの公開したレポートが興味深い指摘をしています。(2021/7/20)

新アプリ「My IIJmio」で他人の情報誤表示 254人に影響
IIJが7月15日に提供を始めたアプリ「My IIJmio」で不具合。ログインページに入力したユーザーIDとは別のユーザーの情報が表示されたという。(2021/7/19)

「My IIJmio」アプリで他ユーザーの情報が誤表示 使用停止に
IIJmioの「ギガプラン」向けに提供している「My IIJmio」アプリで、誤って別のユーザーの情報が表示される事故が発生したことが判明。7月15日18時55分からMy IIJmioアプリの利用を停止している。最大550人のユーザー情報が誤表示された可能性がある。(2021/7/16)

IIJが「Find X3 Pro」「RedMagic 6」「NichePhone-S+」を販売開始
IIJmioサプライサービスが、OPPO製「Find X3 Pro」、Nubia製「RedMagic 6」、フューチャーモデル製「NichePhone-S+」を販売開始。Xiaomi製のワイヤレスイヤフォン、ウェアラブル端末、Wi-Fiネットワークカメラも追加する。(2021/7/16)

IIJ、データ残量や利用量確認などが行えるギガプラン専用アプリ「My IIJmio」提供開始
IIJは、個人向けモバイルサービス「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」の専用アプリ「My IIJmio」を提供開始。データ残量やデータ利用量確認などが可能で、App Store、Google Play、HUAWEI AppGalleryで提供する。(2021/7/15)

IIJ、高校野球のネット中継にクラウド提供 最大100試合の同時配信に対応
インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月に開幕する全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)の地方大会のネット中継に、同社が手掛けるクラウドベースの動画配信プラットフォームが採用されたと発表した。(2021/7/14)

製造IT導入事例:
IoTプラットフォームを活用し、ガスボンベ残圧の遠隔監視システムを開発
インターネットイニシアティブの「IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント」が、創販が開発した「ボンベ残圧監視システム」のIoTプラットフォームとして採用された。(2021/7/7)

IIJmioで「Mi 11 Lite 5G」を取り扱い ZenFone 7やXperia 10 IIなどの価格改定も
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、7月9日にXiaomi製スマホ「Mi 11 Lite 5G」を販売開始。「ZenFone 7」「ZenFone 7 Pro」「Xperia 10 II」も同日から価格改定する。(2021/7/2)

IIJmioが「OPPO Reno5 A」「AQUOS sense5G」「ROG Phone 5」など発売
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、OPPO製「Reno5 A」「A54 5G」、シャープ製「AQUOS sense5G」、ASUS製「ROG Phone 5」を順次発売する。(2021/6/1)

IIJmio「ギガプラン」でデータ容量のシェアやプレゼントが可能に 5Gも開始
6月1日から、IIJmioの新料金プラン「ギガプラン」にて、データ容量のシェアやプレゼント、5G通信サービスが利用可能になる。データ容量のシェアとプレゼントは、同じmioIDで契約しているユーザー(家族)間で利用できる。1GBあたり220円(税込み)でデータ容量の追加も可能になる。(2021/5/25)

IIJmio「ギガプラン」は約35万契約 2021年度は毎月数万規模の純増を目指す
インターネットイニシアティブ(IIJ)が5月12日、2020年度の通期決算について説明した。モバイル事業は法人向けが引き続き好調だが、個人向け「IIJmio」は純減が続いている。新プランの「ギガプラン」は好調で、2021年度は月数万規模の純増を目指す。(2021/5/12)

IIJmioのeSIM「データプラン ゼロ」向けアプリが登場 残量確認やリチャージが可能
IIJmioのeSIMサービス「データプラン ゼロ」向けの専用アプリが登場。App StoreとGoogle Playからダウンロードできる。データ残量やデータ利用量の確認、1GB単位でのリチャージができる。(2021/5/10)

IIJ傘下のディーカレット、暗号資産取引所を開設
インターネットイニシアティブ(IIJ)傘下のディーカレット(東京都千代田区)が暗号資産現物取引の取引所を開設した。(2021/4/19)

IIJmio、モトローラ製スマホ「razr 5G」「moto g10」「moto g30」を取り扱い
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、モトローラ製スマホ「razr 5G」「moto g10」「moto g30」をラインアップに追加。このほか6端末を追加し、「OPPO Watch 41mm」を価格改定する。(2021/4/8)

IIJ、法人向けプランでeSIMの提供開始 パケットシェアや閉域接続にも対応
インターネットイニシアティブ(IIJ)は法人向けのモバイル通信サービスの定額プラン「IIJモバイルサービス/タイプI」で、本体組み込み型のSIMカード「eSIM」を8日から提供すると発表した。(2021/4/7)

IIJ、法人向けフルMVNOサービス「タイプI」でeSIMを提供
IIJは、法人向けフルMVNOサービス「IIJモバイルサービス/タイプI」でeSIMを提供開始。eSIMと物理SIMを組み合わせたパケットシェアや、閉域接続での利用もできる。(2021/4/7)

IIJmioで未使用品「iPhone 12/12 mini」やXiaomi「Redmi Note 10 Pro」を取り扱い
個人向けSIMロックフリー端末の販売サービス「IIJmioサプライサービス」が、ラインアップへ未使用品「iPhone 12/12 mini」、中古美品「iPhone 11」を追加。Xiaomi製「Redmi Note 10 Pro」は4月16日に発売する。(2021/4/1)

PR:1人でも、家族でもお得! IIJmioの新料金「ギガプラン」の魅力を徹底解説
IIJが、MVNOサービス「IIJmio」向けの新料金プラン「ギガプラン」を、2021年4月1日から提供する。料金は音声SIMが2GBで月額780円(税別、以下同)〜20GBで月額1880円となり、旧プランから大幅な値下げをしている。ギガプランは単に安いだけでなく、ライフスタイルに合わせてさまざまなユーザーにオススメできる。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2021/3/29)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の狙いを聞く 通信品質はどうなる? eSIMの音声サービスは?
大手キャリアの値下げに対抗する形で導入されたIIJmioの「ギガプラン」は、その安さが衝撃を与えた。先行して新料金プランを導入していた他社を大きく下回り、MVNOとしての“意地”を見せた格好だ。IIJはなぜここまで大胆な値下げに踏み切ることができたのか。同社のキーパーソンに聞いた。(2021/3/19)

IIJmio、MNP転出手数料を無料に 4月1日から
IIJは、3月16日にMNP転出手数料の改定を発表。「IIJmioモバイルサービス」「IIJmioモバイルプラスサービス」のMNP転出手数料を4月1日から無料とする。(2021/3/16)

「イオンモバイル」「IIJmio」「mineo」がLINEの年齢確認に対応 ID/電話番号検索やオープンチャットを利用可能に
「イオンモバイル」「IIJmio」「mineo」がLINEの年齢確認に対応する。これら3サービスの契約者は、LINEアプリから手続きをすることでIDや電話番号によるユーザー検索やオープンチャットを利用できるようになる。(2021/3/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。