• 関連の記事

「Hewlett-Packard Enterprise」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Hewlett-Packard Enterprise」に関する情報が集まったページです。

組み込み開発ニュース:
Armで最も勢いのあるインフラ向け事業、AWSやAzureなどクラウドでの採用が急拡大
アームがサーバ向けプロセッサ「Neoverse」を中核とするインフラ向け事業の戦略を説明。クラウドやデータセンター、5Gなどの無線通信インフラ、ネットワーク/エッジ機器、スーパーコンピュータなどHPCの4分野で着実に採用を広げており、特にAWSやマイクロソフトの「Azure」といったパブリッククラウドへの浸透で手応えを得ているという。(2022/7/12)

分散するデータを価値に変える
BMWの「データ管理」術とは? EVの走行データで新車投入をスピードアップ
BMWグループは全世界の拠点において一貫性のあるデータ管理を目指す。その一環で、同社はデータ管理とデータ分析の新たな仕組みを導入した。その具体的な内容とは。(2022/7/4)

プロセッサベンダーが競う次の分野【後編】
もはや限界のCPUに代わる「DPU」「スマートNIC」とは何か?
IntelやNVIDIAに続き、AMDが「スマートNIC」や「DPU」の分野に参入することになった。各社の狙いはどこにあるのか。プロセッサは今後、どう変わろうとしているのか。(2022/6/16)

次世代のインターコネクト:
米新興企業、光I/OチップレットでNVIDIAと協業へ
米国カリフォルニア州に拠点を置く新興企業Ayar Labsは、同社のチップ間光通信技術を中心としたエコシステムを構築するという。NVIDIAとの協業により、光I/O技術を適用した次世代アーキテクチャの開発に取り組んでいるところだ。(2022/6/10)

Gartner Insights Pickup(259):
「ZTNA Anywhere」はキャンパスネットワークのセキュリティ見直しにつながるか
多くの企業がハイブリッドワーク(オフィスワークとテレワークを組み合わせた勤務形態)に移行する中、従業員がそれぞれの環境で複数の異なる製品を使用するのは効率が悪い。本稿では、その問題点と解決方法について考える。(2022/6/3)

NTTなど3社が出資 量子コンピューティングの開発プラットフォームを提供するClassiqが3600万ドル調達
Classiqの2回目のシリーズBにHSBCやNTTファイナンス、インテーザ・サンパオロの3社が参加した。NTTデータはClassiqのプラットフォームを活用してあるアルゴリズムを構築中だという。(2022/5/19)

Metaが手掛けるスパコン開発【第4回】
Meta(旧Facebook)が“メタバース王”になれる条件とは?
独自開発のスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)を武器に、メタバース市場で覇権を握ろうとするMeta Platforms。同社が市場で主導権を握るためには、何が必要なのか。(2022/5/18)

攻めのITインフラ 「ありたい姿」をどう描くか:
PR:キンドリルジャパンはなぜハイブリッドクラウド時代にHPEと組むのか
ベンダーニュートラルな立場からあるべきITインフラ像を追求したとき、一体どのような姿になるのか。キンドリルジャパンとHPEのキーパーソンに、今構築すべきITインフラ像と両社の協業について聞いた。(2022/5/9)

パブリッククラウド向けがほぼ5割に:
2021年の世界データセンターインフラ市場、前年比10%増の1850億ドル
Synergy Research Groupによると、2021年の世界データセンターインフラ市場は前年比10%増の1850億ドル規模となった。(2022/4/13)

企業に迫る大容量データの保管問題【前編】
動画データの保存にはまず「テープ」? ただし陥りがちな失敗も
大容量の動画データを保存する場合、どのようなストレージが理想的なのか。動画データの保管において注意すべき点を踏まえつつ、検討すべきストレージのメリットとデメリットを考える。(2022/4/4)

無線LAN市場でささやかれる“Wi-Fi 6E飛ばし”濃厚論【後編】
「Wi-Fi 6E」を大歓迎する人、「Wi-Fi 7」まで待つ人 それぞれの考え方
専門家は2023年には部品不足が解消され、「Wi-Fi 6E」の導入が進む可能性があるとみる。ただし「Wi-Fi 7」が登場しようとする中では、Wi-Fi 6E導入が妥当かどうかの判断は簡単ではない。企業はどうすればいいのか。(2022/3/28)

2022年第3四半期に提供開始:
NVIDIAがデータセンター向けGPU「NVIDIA H100」を発表 新アーキテクチャ「Hopper」を採用
NVIDIAが、新アーキテクチャのデータセンター向けGPUを発表した。現行のAmpereアーキテクチャから演算能力やデータ点速度を引き上げた他、別売の専用ハードウェア(ラック)を用意することで最大256基のGPUをより高速に連結できる仕組みも用意した。(2022/3/23)

首位はApple、Huaweiは後退:
2021年の半導体購入額、上位10社の合計は前年比25%増
Gartnerは2022年2月1日(米国時間)、主要電子機器メーカーによる2021年の半導体消費に関する調査結果(速報値)を発表した。それによると、上位10社の半導体購入額は前年比(2020年比)で25.2%増加し、世界の半導体消費全体の42.1%を占めるという。(2022/2/2)

フラッシュ全盛でも「テープ」に根強い需要
「テープ」が使われ続ける納得の理由 ファンなら分かるLTOの利点とは
ストレージベンダーが投入する「LTO-9」準拠のテープ製品がテープ分野を盛り上げている。業界関係者はテープ市場の先行きは明るいと言う。どのような事情があるのか。(2022/1/10)

見直される「テープ」の存在【後編】
「テープ」が大容量化でHDDを置き去りに? 10年で数十倍増も実現か
日々さまざまなデータを扱う中で、企業が保管するデータは増える一方だ。こうした中でデータ保管用のストレージとして進化を続ける「テープ」の注目点を紹介する。(2022/1/13)

「ジェネレーションN」とどう付き合うか【後編】
「ジェネレーションN」がもたらすシャドーITのリスク “デジタル好き”が裏目に
調査によれば、職場のデジタル技術にこだわりを持つ「ジェネレーションN」は「デジタルに精通している」という自負を持つ一方で、セキュリティリスクに疎い傾向がある。この事実が示す新しいセキュリティ課題は。(2021/12/16)

「ジェネレーションN」とどう付き合うか【前編】
自称“デジタル強者”の「ジェネレーションN」とは? 彼らが求める「理想の職場像」
専門家が提唱する「ジェネレーションN」は、デジタルファーストの体験を好む集団を指す造語だ。テレワークとオフィスワークを組み合わせて働く人々への調査データを基に、ジェネレーションNの働き方を探る。(2021/12/9)

HPのプリンタ製品に「緊急」の脆弱性 細工されたPDF印刷で情報漏えい発生の危険あり
HPのプリンタ製品に2つの脆弱性が見つかった。そのうち一つは深刻度が「緊急」(Critical)に該当するため迅速にアップデート適用が求められる。【訂正】(2021/12/2)

主要DR製品の違い【前編】
止められないシステムに必須の「DR」機能とは CommvaultとZertoを比較
DR(災害復旧)製品を使うことでミッションクリティカルなシステムの稼働を維持する方法がある。Commvault Systemsの「Commvault Disaster Recovery」と、Zertoの「Zerto Enterprise Cloud Edition」の仕組みや機能を比較する。(2021/11/30)

変わるHCIとベンダーの考え【後編】
「HCI」に迫る2つの流れ Dell、Nutanix、HPE、Ciscoもたどる同じ道
ITベンダーが注力しているのが製品をサービス化することだ。その点は特にHCIの分野で分かりやすい。その他にも昨今の動きとして注目すべき点がある。HCIを軸にしてポイントをまとめる。(2021/11/22)

変わるHCIとベンダーの考え【中編】
HCIの“基本”が崩れた 「拡張しにくいHCI」を変えた“あの発想”
「HCI」はコンピューティングやストレージのリソースを個別に拡張できないことが基本だったが、その基本が変わりつつある。どのようなHCIが市場の中心になるのか、直近の動きを追う。(2021/11/15)

DR製品「Zerto」と「Veeam」を比較【前編】
HPE買収のディザスタリカバリー製品「Zerto」とは ランサムウェア対策も?
DR製品である「Zerto Virtual Replication」と「Veeam Backup & Replication」にはどのような違いがあるのか。まずはHPEが買収したZertoのソフトウェアの特徴をまとめる。(2021/11/2)

「VM」のコストを算出する方法【第1回】
仮想マシン(VM)の「固定費」「変動費」とは? 総コスト見積もりの第一歩
VMを稼働させる際には、そのために生じるコストの見積もりが必要だ。VMのコストを適切に評価するための計算方法を説明する。(2021/10/29)

コロナ禍でドエイン大学が進めた無線LAN刷新【後編】
無線LAN刷新で「ハイブリッド教育」実現の大学が語る、パートナーの選定理由
オンラインと対面の教育を組み合わせたハイブリッド教育実現のために、ドエイン大学は無線LANシステムを刷新した。重要な役割を果たしたのがシステム構築のパートナーだ。同校はパートナーをどう選んだのか。(2021/10/29)

テープ市場は拡大の一途【後編】
「LTO-9」を企業が待ち望んだ訳 大容量だけではないテープの進化
テープ規格「LTO-9」の準拠品が登場した。テープユーザーはこれを待ち望んでいた。大容量化だけではない、LTO-9のメリットとは。(2021/10/27)

宇宙の商業化を支えるコンピュータ【後編】
国際宇宙ステーション(ISS)がわずか“毎秒250KB”でゲノム解析できる理由
人々が宇宙に滞在する未来に向けた実験に、国際宇宙ステーション(ISS)とクラウドサービスを接続するシステムが活躍している。具体的にどのような仕組みなのか。(2021/10/26)

医療ITニュースフラッシュ
産婦人科もない、小児科もない村がITで実現した「無料オンライン相談」とは?
牧田総合病院の「ThinkPad」などのLenovo製品導入事例や東京都医師会の「curon typeC」採用など、医療ITに関する主要なニュースを紹介する。(2021/10/29)

テープ市場は拡大の一途【中編】
HDDとSSDにはない「テープ」の強さ 見切りを付けた企業も“使いたくなる”理由
テープに再注目する動きがある。各種のストレージが出回る中で、企業はテープの何にメリットを見いだしているのか。その理由を探る。(2021/10/20)

宇宙の商業化を支えるコンピュータ【前編】
宇宙からのクラウドバースト? 国際宇宙ステーション(ISS)のゲノム解析方法
国際宇宙ステーション(ISS)に電子レンジサイズのコンピュータが配備され、人類の未来を担う、ある研究が進んでいる。宇宙で膨大なデータを扱うその仕組みとは。(2021/10/18)

クラウドインフラサービスとSaaSが大幅な伸び:
2021年上半期にクラウドで売り上げを伸ばした企業は?
Synergy Research Groupによると、2021年上半期の主要クラウドサービスとインフラの売上高は2020年上半期比で25%増加し、2350億ドルに達した。(2021/10/15)

コロナ禍でドエイン大学が進めた無線LAN刷新【前編】
大学が“完全オンライン教育”実現で直面した「古い無線LAN」の限界とは?
コロナ禍において対面教育から一時的に全面オンライン教育に切り替えたドエイン大学は、既存の無線LANシステムが抱えていた“ある課題”を解決すべく、システム刷新を決断した。その課題とは何か。(2021/10/15)

テープ市場は拡大の一途【前編】
「テープ」が再び脚光を浴びた理由 普通のストレージにはない“ある利点”
テープはパンデミックによって出荷容量がいったん落ち込んだが、そのパンデミックによって新たな需要も生まれているという。テープが再び脚光を浴びた理由とは。(2021/10/12)

HPEが構築、AMDのCPUとGPUを搭載
工業大学がCPU×GPUのスパコンを導入 なぜ「GPU」なのか?
スウェーデンの工業大学Royal Institute of Technologyでは、スーパーコンピュータの刷新が進んでいる。新しいスーパーコンピュータはCPUとGPUを積載するという。その理由とは。(2021/9/16)

NVIDIAが「AI Enterprise」の一般提供を開始 高速AI処理を仮想化
NVIDIAは、「NVIDIA AI Enterprise」の一般提供を開始する。NVIDIA-Certified Systems(NVIDIA認証システム)でVMware vSphereを稼働させ、仮想マシン上でも物理サーバで稼働させたときに近い速度まで引き上げる。(2021/8/26)

人工知能ニュース:
AIの“民主化”に向け「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース、VMwareに対応
NVIDIAが、企業のデータセンター上でNVIDIA製GPUを用いたAIの開発環境を容易に運用できるようにするソフトウェアスイート「NVIDIA AI Enterprise」を正式リリース。VMwareの仮想化ソフトウェア「VMware vSphere」に対応することで実現した。(2021/8/25)

膨大なデータ処理を変える技術【前編】
GPUのデータ処理を高速化 「GPUDirect Storage」はなぜ必要なのか?
GPUとストレージが直接データをやりとりできるNVIDIAの「GPUDirect Storage」が一般に利用可能になった。まずはどのような仕組みなのか、ざっくりと理解しておこう。(2021/8/24)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【中編】
“次世代「SD-WAN」”の理解に欠かせない「SASE」「SD-Branch」とは?
ベンダーはSD-WAN製品の機能強化を継続的に進めているため、企業がSD-WAN製品に関して知っておくべき事柄も多様になっている。「SASE」や「SD-Branch」との関係を紹介する。(2021/6/17)

「SD-WAN」の基礎から活用例まで【第4回】
「5G」を「SD-WAN」で生かす方法とは? IoTデバイスのセキュリティにも注目
「IP-VPN」「インターネット回線」「LTE」「5G」など、企業が業務に利用できるWANは多様だ。将来的に普及が見込まれる5Gをはじめ、多様なネットワークをSD-WANで運用することでどのような利点があるのか。(2021/6/24)

Weekly Memo:
DellとHPEが挑む「ハードからソフトまでサブスク」戦略は奏功するか クラウドビジネスの視点から読み解く
Dellが全ての製品をサブスクリプション型のサービスとして提供するビジネスモデルの転換に力を入れ始めた。同様の動きはHPEも既に進めている。サーバやPCなどのハードウェア市場の2大ベンダーともいえる両社の相次ぐこうした動きは何を意味しているのか。(2021/6/14)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【前編】
コロナ禍で「SD-WAN」に起きた進化 注目のリモートアクセス機能とは?
企業のSD-WANに対するニーズは、今後も継続するだろう。これに伴い、ベンダー各社はSD-WANに関連する各種の機能を追加している。今後注目すべき動向を紹介する。(2021/6/11)

NVIDIA A100を6159基搭載 米NERSCのAIスパコン「Perlmutter」がついに稼働
NVIDIAのデータセンター向けGPUを6159基搭載するスーパーコンピューターが、ついに稼働を開始する。同GPUを搭載するスーパーコンピューターとしては現時点において最大規模のもので、構築はHewlett Packard Enterprise(旧Cray)が担当している。(2021/5/28)

AI処理性能は4EFLOPS:
NVIDIA「A100」を6000基搭載したスパコン「Perlmutter」
NVIDIAは2021年5月27日(米国時間)、米NERSC(National Energy Research Scientific Computing Center)に設置したスーパーコンピュータ(スパコン)「Perlmutter(パールマターのように発音)」に、NVIDIAのハイエンドGPU「A100」が採用されたことを発表した。(2021/5/28)

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)製品の比較に有効
HCIの主要コストがすぐ分かる「TCO計算チェックリスト」
「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)製品の導入を検討する企業は、各製品のTCOを比べると、自社に適した製品を選びやすくなる。TCOを計算するにはどうすればいいのか。まず確認すべきチェックリストを示す。(2021/5/14)

コンバージドインフラからハイパーコンバージドインフラ(HCI)に移行
ベンダー営業担当の説明は真実か? HCI導入の鉄鋼会社が取った確認方法とは
「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)を導入した鉄鋼会社Harrison Steel CastingsのIT担当者は、HCIベンダーの営業担当者による製品説明の真偽を確かめるべく、ある行動に出た。その行動とは。(2021/5/13)

「HCI」×「Kubernetes」の主要製品【第4回】
Google「Anthos」を利用できるHCIは? Kubernetesをハイブリッドクラウド化
「Kubernetes」と「HCI」(ハイパーコンバージドインフラ)の組み合わせはハイブリッドクラウドにも広がっている。Googleのハイブリッドクラウド構築サービス群「Anthos」を取り入れるHCI製品を紹介する。(2021/4/27)

NVIDIAがデータセンター向けCPU「Grace」を開発 Armアーキテクチャを採用して2023年初頭に発売へ
NVIDIAが、データセンター向けGPUに加えて“CPU”の開発を表明した。現在買収手続きを進めているArmのアーキテクチャを使って設計することで、省電力性と高速演算を両立したことが特徴だ。(2021/4/13)

NVIDIAが「GTC 2021」で発表したことの一部まとめ
NVIDIAは4月12日にオンラインで年次カンファレンス「GTC 2021」を開催し、多数の新製品やプロジェクトを発表した。その一部を紹介する。(2021/4/13)

NVIDIA、Armベースのデータセンター向けCPU「Grace」発表
NVIDIAが同社としては初となるCPUを発表した。Armベースのデータセンター向けでコードネームは「Grace」。AIのトレーニングで現在最速とされるサーバの10倍の性能を提供するとしている。(2021/4/13)

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【前編】
「プライベートクラウド」のスキルが育つHPEとMicrosoftの認定資格・教材とは?
プライベートクラウドの構築と管理には広範なスキルが求められる。こうしたスキルの習得に役立つのが、ベンダーによる認定資格や教材だ。まずはMicrosoftとHPEの主な認定資格や教材を確認しよう。(2021/4/10)

オンプレミスとクラウドの様相【前編】
「オンプレミス回帰」「脱クラウド」でクラウドサービスの顧客離れは進むのか
オンプレミスのインフラとクラウドサービスを組み合わせて利用することが一般的になり、企業は運用管理が複雑になる問題に直面している。クラウドサービスへの移行の失敗も問題をややこしくしている。(2021/4/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。