• 関連の記事

「お墓」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「お墓」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ペンライトの応援で化け物を除霊しろ! 斬新すぎるホラーゲームが正式リリース目指しクラファン開始
オタ芸で化け物と一緒に盛り上がろう!(2022/1/25)

1日に4600人が亡くなる:
「遺体ホテル」に「マンション坊主」 2040年の多死社会は、葬儀ビジネスをどう変える?
日本は2040年に多死社会を迎える。1日に約4600人、年間に約168万人が亡くなる計算だ。そんな状況下で「葬儀ビジネス」はどう変わっていくのか? また、多死社会が終わり、縮小し始める市場で、事業者たちはどうするべきなのだろうか?(2022/1/12)

大和田美帆、亡き母・岡江久美子さん眠るお墓へ 1年を振り返り「たくさん泣くことができました」
2020年4月に急逝した岡江さん。(2021/12/30)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
俳優・寺田農の朗読の旅。漢文調の明晰な文章が持ち味、森鴎外の「最後の一句」を読む
声に出して本を読むという“朗読”は、読み手にとっても聞き手にとっても耳に入りやすく頭に残りやすいもの。今回は1961年から60年にわたって俳優として活躍している名優 寺田農氏が森鴎外の短編小説「最後の一句」を朗読。森鴎外の人生や作品について語る。(2021/12/15)

梅宮アンナ、父・辰夫さんの三回忌を報告 「キチンと、受け入れて、キチンと整理をして」
この2年の心境の変化も明かしています。(2021/12/13)

PFUの熱いユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」で語られたこと
発売から25周年を迎えた2021年、PFUがユーザーイベント「HHKB ユーザーミートアップ Vol.5」を開催した。熱烈なファンが集う会で何が話されたのか、レポートをお届けする。(2021/12/13)

柏木由紀子、坂本九さんとの“金婚式”を報告 墜落事故から36年「いつも見守ってくれる主人に感謝」
亡くなっても思いは永遠。(2021/12/9)

君は『ハリー・ポッター』伝説の挿絵「トム・リドルの墓」を知っているか? 日本語原作を完全再現した粘土細工があまりにシュール
見れば見るほどじわじわくる。(2021/11/26)

薬丸裕英、岡江久美子さんの月命日に墓参り 「お供え物は岡江さんが好きだったお花とハイボール」
岡江さんが亡くなって1年7カ月。(2021/11/24)

死んだ兄が道路の向こうから手招きを…… 「化けて出た」かと思いきや暖かい気持ちになる独特なホラー漫画
そっちは危ないからこっちへ来なよ。(2021/11/20)

「未だに踏ん切りがつかない」 戸田恵子、“ドキンちゃん”役の鶴ひろみさん命日に今なお癒えぬ思いを吐露
2017年11月16日に57歳で逝去。(2021/11/17)

走るガジェット「Tesla」に乗ってます:
Tesla乗りだけが感じ取れる「ファントムブレーキ」の怪異を知ってるか? オートパイロットの快適さと限界
まるで幽霊にでも出会ったような……。(2021/11/12)

「夫や親族を次々と亡くしても泣かない」「気味が悪い」――悪評の立つ婦人に金を借りに行く漫画が胸に刺さる
“或ル婦人”が無礼に振る舞う理由とは。(2021/11/11)

梅宮アンナ、ロバート秋山との父・辰夫さんの墓参を報告 「秋山君の父への想いは、今もなお生きております」
辰夫さん公認だった秋山さんの“体モノマネ”。(2021/11/6)

2022年の年末年始は帰省する? 帰省派は21年より増加
NEXERは「年末年始」に関するアンケートを実施した。年末年始に帰省したいと考えている人は2021年10月時点で37.9%だった。帰省する予定の人、帰省しないと考えている人の理由をそれぞれ聞いた。(2021/10/16)

川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身
鎧塚さん「毎日が法要と思い女房への感謝の気持ちを伝えていきたい」。(2021/9/26)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(14)STEM教育(2):
“手作りのラズパイ教室”に見るプログラミング教育の縮図
今回は、“手作りのラスパイ教室”を運営するお母さんたちへのインタビューから、プログラミング教育について考えてみます。赤裸々に語っていただいた本音から見えてきたのは、「新しいプログラミング教育の形」でした。(2021/8/23)

柏木由紀子、2人の娘たちと坂本九さんの墓参り 事故から36年「家族みんな笑顔でこうして生きていることに感謝」
当時は「笑顔になれる日がくるのか」との思いがあったようです。(2021/8/13)

小学校の裏がお墓だった! 「学校の怪談」全盛期、最恐のロケーションで「花子さん」を試した実話漫画
ちなみに最近は学校にまつわる怖い噂話自体が珍しいそうで。時代ですね……。(2021/8/3)

【Kindleセール】KADOKAWA合本版が30%オフ! 『金田一耕助事件ファイル』『リング』『天地明察』『魔界転生』などがセールに
セール期間は7月23日〜8月5日まで。(2021/7/27)

「乳歯を埋めなければ何かが起こる」 ある地方に伝わる“奇妙な風習”、もしも破ってしまったら…… 言い伝えを基に描かれたホラー漫画
どこまでが本当で、どこまでが脚色なのでしょうか。(2021/7/12)

【Kindleセール】KADOKAWAのベストセラー小説が30%オフ! 『天気の子』『日本沈没』『犬神家の一族』などがセールに
セール期間は6月25日〜7月8日まで。(2021/7/5)

妻の命日と誕生日を間違えていた 墓から“産まれた”妻を抱きかかえる夢の漫画が切なくて余韻が残る
「誕生と死の反転だ」。(2021/7/5)

月3000枚の墓石写真を自動で名前消し “AIに無関心”だった元石材屋の社員がエンジニアと業務AIを作るまでの一部始終
これまでITとのかかわりが薄かった元石材屋の女性がWeb企業に転職。エンジニアと協力してAIを開発し、墓石情報サイトの業務削減を実現した。「AIに関心なかった」と話す女性が業務改善できた理由とは。(2021/6/24)

「たまごっち」が大流行した時代、母が起こした“生き返りの奇跡” 忘れられない思い出と教訓を描いた漫画
親になって思い出す母のエピソード。(2021/6/23)

市川海老蔵、妻・小林麻央さんの命日に家族で墓参り 「色んなこと思い出しながら」と“最愛の人”を思う1日に
もう4年か……。(2021/6/22)

大沢樹生、長男と父母のお墓参りへ 息子から直々の申し出に感動も「気持ちが嬉しいね」
なんてグッとくる光景。(2021/6/16)

キャシー中島、29歳で死去した娘を「毎日思い出さない日はありません!」 亡き長女・七奈美さんとの約束明かす
もうすぐ13回忌。(2021/6/9)

「会員制バーチャル墓地」、東京芸大発ベンチャーが発表 虹彩由来のアートをブロックチェーンに記録
東京藝術大学発のベンチャーeach toneは5月20日、会員制バーチャル墓地サービス「viz PRiZMA」(ヴィーズ プリズマ)を開始すると発表した。会員が虹彩データから作ったアート作品を他界後にバーチャル空間に展示する。(2021/5/20)

「そっちはどうだい」 元競泳選手・田中雅美、姉の三回忌を迎え姉妹2ショット公開 墓参かなわず思いをつづる
コロナ禍のため帰省は断念。(2021/5/8)

長野県の方言「たたる」ってどんな意味?【マジで方言じゃないと思ってた言葉】
悪霊などが関係するアレではない。(2021/5/19)

市場は拡大:
元女性サッカー選手がエンディングビジネスで起業 墓選びで最適なプランを提案
実業団のサッカーチームで活躍を夢見た選手が、身内の死をきっかけに「終活」に目覚め、起業して「貴方にふさわしいお墓の在り方」を提案するコンサルタントビジネスを展開している。納得のいく墓選びをするためのビジネスを「供養のカタチ」というブランドで始めた石原千晶代表に狙いを聞いた。(2021/4/20)

もしも「SIREN」や「ひぐらし」のような体験ができる村型テーマパークがあったら……? 妄想ハッシュタグ「日本因習村パーク」がTwitterで盛り上がる
怖いけど行ってみたい“ヤバい村”のテーマパーク。(2021/4/9)

【5時の誤字】「もしかして今日めちゃくちゃ古墳飛んでます?」 思わず空を見上げた鼻ムズ誤字
はにゃ? (2021/3/31)

「録音するからって言っただろ!」 カセットテープから“母とけんかする声”を見つける漫画にホロリ
音楽よりもこういった音声の方が思い出になる。(2021/3/29)

死んだ親友に告白された漫画に「泣いた」「心が浄化された」の声 最後の時を過ごす2人の姿が尊い
どうか幸せになってほしい……。(2021/3/17)

国も対策に乗り出す:
事故物件を専門に扱う「成仏不動産」 社長が驚いた「安くなくても買う人」の存在
過去に死亡事故などが発生した住宅(いわゆる「事故物件」)を専門に掲載する「成仏不動産」というWebサイトがある。なぜこのようなサービスを立ち上げたのか?(2021/2/27)

「覇王翔吼拳を使わざるを得ない」「・・・・すごい漢だ。」 SNKの“ドットLINEスタンプ”が神チョイスと言わざるを得ない
テムジンが2021年にラインスタンプになるとか誰が予想できただろうか。(2021/2/9)

「Bluetooth対応の墓石」登場 共同墓に近づくと検知、電子ペーパーに戒名を表示
葬祭関連サービスを提供するニチリョクが、Bluetooth対応の墓石を設置した共同墓の販売を始めた。墓石の銘板に電子ペーパーを採用。参拝者が近づくと家名や戒名などを表示する。(2020/12/18)

デジタル遺品、もうキてる? まだキていない?:
コロナ禍はデジタル終活にどう作用するのか――「第4回 デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
もし自分が突然この世から去った場合、スマートフォンやタブレット、PCの中身はどうなるのか。残された人たちはどうすればいいのか。今何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムがオンラインで開かれた。その模様を振り返る。(2020/12/17)

長州力、迷惑系YouTuberに怒り心頭 「墓の上に上がって踊るかお前」「あれ俺の田舎だよ!」
市営墓地での一件を受け。(2020/12/9)

自動車業界の1週間を振り返る:
「2030年代半ばに新車全て電動車」と聞き、前回の東京モーターショーを思い出す
みなさんこんにちは。金曜日です。1週間おつかれさまでした。12月の金曜日は、あと3回しかありません……。長いような短いような、いろいろあったような、何もなかったような、不思議な1年でしたね。この言い方だと2020年を思い返すべきところですが、私が思い出しているのは2019年の東京モーターショーです。(2020/12/4)

Windowsフロントライン:
「Flashが終わり」を迎える2020年末、そして“復活”へ
2017年の発表から2年半以上が経過し、ついにFlash Playerのサポートが終了を迎える。その現状と今後についてまとめた。(2020/12/1)

ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ
生き生きしたゾンビおじいちゃんの孫愛がステキ。(2020/11/29)

Building Together Japan 2020:
作業プラットフォームとして機能拡張した“Archicad”で広がる「BIMの木」
梓設計は、GRAPHISOFTのオンラインイベント「Building Together Japan 2020」で、「設計者をつなぐBIM」のテーマで講演を行った。梓設計によれば、設計効率的なワークフローを実現するBIMでは、設計者、経験、技術の3つがつながり、スピードや品質が向上するという。(2020/11/17)

工藤静香、“1人きり”で35年前に亡くなった兄の墓参りへ 「私の唯一の自慢でした」「想い、愛情は永遠」
兄への思いをつづっています。(2020/11/16)

お墓参りのときに感じる「ありがとう」と「ごめんね」 物心ついたときから入っていた宗教をやめた話
4世代にわたって信仰していた宗教をやめた話。(2020/11/12)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
おばけがこわ〜い、そんなけーきです! こぐまのケーキ屋さん(95)「おばけけーき」
ポップでかわいらしいケーキかと思ったら……?(2020/11/1)

意味がわかると怖い話:「犬の埋葬」
夜にかかってきた1本の電話。(2020/10/18)

「もう7年かー早いのー」 桜塚やっくんさん、命日に元相方・竹内幸輔&芸人らが追悼
2013年10月5日に交通事故で亡くなった桜塚さん。(2020/10/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。