• 関連の記事

「外食」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「外食」に関する情報が集まったページです。

小売・流通アナリストの視点:
すき家は増収、吉野家は減収のワケ コロナ禍後、V字回復する外食チェーンは?
コロナ禍によって、外食産業の市況は大きく変化した。この記事では、大手外食チェーンに着目して現状を整理し、今後の見通しを予測する。V字回復や持続的な成長が見込める企業と、その理由とは?(2022/8/9)

価格高騰の影響は:
お得だと外食に行きたくなる食材 3位「カニ」、2位「うなぎ」、1位は?
リクルートは、最近の物価上昇にともない「外食と高級食材」についてアンケート調査を行った。「お得だと外食に行きたくなる食材」や「外食時、値上げにより注文を諦めた食材」として挙がったのは?(2022/7/26)

富士経済の調査:
22年の外食市場は拡大 料飲店は「前年比69.3%増」と予想
富士経済は、外食産業の国内市場について調査を実施した。その結果、2022年の「料飲店」市場は、前年比で69.3%増えると予測している。専門性の高い業態を中心に、客足が戻りつつあることなどを理由に挙げた。(2022/7/20)

吉野家でトクホの牛丼の具を販売 外食チェーン初のトクホは構想8年、申請から4年
食事から摂取した糖の吸収を減らす特定保健用食品許可取得商品を7月11日より販売開始。(2022/7/11)

SaaSに続く成長事業を目指す:
クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企業や地方自治体の利用を想定。(2022/7/4)

テラス席を用意:
新業態「俺のイタリアン Beer Terrace」オープン、恵比寿ガーデンプレイスに
外食チェーンを展開している「俺の」は7月1日、「俺のイタリアン Beer Terrace」を恵比寿ガーデンプレイスにオープンする。特徴は……。(2022/6/30)

サラリーマンのお財布と外食事情:
「30代サラリーマン」のランチ代はいくら? 「ガッツリ食べたい」の声も
丼チェーン「名物すた丼の店」を運営するアントワークス(東京都杉並区)が、全国30代のサラリーマン1014人を対象に「サラリーマンのお財布と外食事情」に関する調査を実施した。(2022/5/31)

頻度は月1〜2回が最多:
ガスト、サイゼリヤ、回転すし 家族での外食、店選びのポイントは?
主婦の友社(東京都品川区)が運営する「暮らしニスタ」は、家族での外食に関するに関する調査を実施した。家族での外食の頻度は、「月1〜2回」が37.0%で最多となった。(2022/5/31)

外食チェーン店の値上げ、「スシロー」が記事数と記事ツイート数1位に
トドオナダは、同社が運営するWebメディアをモニタリングできるツール「Qlipper」のデータに基づき、「主要な外食チェーン店の値上げに関するウェブニュースのランキング」を発表。記事数と記事ツイート数1位は「スシロー」だった。(2022/5/30)

創業初の試み:
サンキューマート、韓国風のレトルトカレーを発売 「スンドゥブ風カレー」「ヤンニョムチキン風カレー」など
サンキューマートは韓国風のレトルトカレーを4品発売する。コロナ渦で外食や旅行ができない中、おうちでの新しい楽しみとして訴求する。「スンドゥブ風カレー」「ヤンニョムチキン風カレー」など。(2022/5/13)

主要外食100社の3割「1年以内に値上げした」 上昇幅は平均77円 帝国データバンク調査
帝国データバンクは、上場する主要外食100社が過去1年間(2021年4月〜22年4月)に行ったメニューの価格改定(値上げ)を調査した。過去1年に値上げした企業は約3割の29社で、上昇幅は平均で77円だった。値上げの理由に迫った。(2022/5/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円超の“高級のり弁”に行列、外食大手も注目 昔懐かしい国民食がなぜブームに?
「のり弁」ブームが起きている。1000円超の高級弁当を売る店には行列ができており、大手外食チェーンも注目している。消費者に支持される背景を探った。(2022/4/29)

クロス・マーケティング調べ:
直近1年間でよく行った外食先 「ファミレス」「ラーメン店」を抑えた1位は?
クロス・マーケティング(東京都新宿区)は、食品の値上げや外食に関する調査を実施し、81%がステルス値上げを実感していると答えた。(2022/4/25)

平均1274円:
働く人の平日ランチ事情 外食とデリバリー、予算が高いのは?
ホットペッパーグルメ外食総研は、働く人のランチ事情を調査し、その結果を発表した。首都圏、関西圏、東海圏に住む有職者に平日のランチ事情を聞いた。(2022/4/21)

Restaurant Dive:
「ロボットレストランは是か非か」 米国レストラン経営者の論点
外食産業では今、ロボティクスを活用した業務プロセスの自動化の波が来ている。ただしこうしたテクノロジーの導入で、従業員コストを低減できるとは考えない方がいいだろう。ロボットと人間をうまく共存させる店舗設計のポイントとは。(2022/4/21)

インテージ調べ:
今年のゴールデンウイークは外出派が増加
インテージが実施したゴールデンウイークの予定についての調査によると、「自宅で過ごす」が最多も、「ショッピング」「外食」「国内旅行」はいずれも昨年より2倍以上増加した。(2022/4/14)

ぐるなび調べ:
GWは「10連休」が13% 何をして過ごす?
ぐるなびはGWの過ごし方についての調査を実施した。GWで10連休をとる人は13.1%だった。GWでしたいことを聞くと「自宅で過ごす」「外食」などの回答が見られた。(2022/4/14)

下げた客単価を客数でカバー:
“値上げの春”に逆張り ワタミが「焼肉の和民」で仕掛けた「薄利多売」戦略
外食チェーンのワタミは3月、「焼肉の和民」の商品価格を全商品429円以下での販売を始めた。同社は値下げをすることで客足を増やし、“薄利多売”の戦略を取ることによって売り上げの拡大を狙おうとしている。(2022/4/13)

コロナ禍で閉店:
浅草で142年続く「すき焼き店」を事業承継 老舗が決断に至った背景とは?
外食事業会社WDI GROUPは、創業142年を誇る浅草のすき焼き店「ちんや」の暖簾(のれん)を承継した。新型コロナウイルスの余波が経営を直撃し、21年8月に閉店を余儀なくされた。しかし、伝統あるすき焼き文化を絶やしてはいけないとWDIが事業を受け継ぎ、場所を移転して再オープンすることとなったのだ。(2022/4/22)

外食意向「当分は様子を見て控える」が32.5% 歓迎会の実施率は8.2%
外食の現状や消費者心理調査。コロナ禍前と比べて、現在までの外食頻度の変化を聞いたところ、「当分は様子を見て外食を控える」と答えた人は32.5%だった。(2022/4/8)

財布のひもは:
値上げラッシュの中「値下げ」企業の狙いとは? 伊藤園、すかいらーく、ワークマンに聞いてみた
食品や外食、タイヤなど、原材料価格高騰や円安によって各業界が値上げに踏み切り、消費者にとっては厳しい新年度になっている。そんな値上げラッシュの流れに抗い、値下げや、増量による「実質値下げ」を敢行する企業もある。どのような狙いがあるのか。(2022/4/8)

細川直美、夫・葛山信吾の50歳バースデーを祝福 家族で久々の外食に「めでたいめでたいと、嬉しい限り」
自身も2年後には50歳を迎える細川さん。(2022/4/7)

リクルート調査:
定食の付け合わせ「あったらうれしいメニュー」 卵焼きを上回る1位は?
リクルートの外食市場に関する調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」は、20〜60代の男女を対象に「付け合わせや箸休めの小鉢や小皿」についてアンケート調査を実施。定食などに入っていると嬉しいと感じる箸休めのメニューの1位は――。(2022/4/5)

ポテトが人気:
子どもが喜ぶ外食チェーン 1位は「マクドナルド」、2位は?
子どもが喜ぶ外食チェーンはどこだろうか。中学生以下の子どもをもつ親に聞いた。(2022/4/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
290円ラーメンに250円定食 びっくりドンキー、幸楽苑、なか卯で進む「朝食革命」の正体
朝食に力を入れる外食チェーンや飲食店の動きが目立ってきた。ハンバーグ専門店「びっくりドンキー」、タピオカや台湾料理の専門店「春水堂」などが参入している。どのような戦略を打ち出しているのか。(2022/4/1)

外食市場 3カ月連続で前年同月比プラスも、2年前との比較ではマイナス拡大
 リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏、関西圏、東海圏に居住する約1万人を対象に2022年2月度の「外食市場調査」を実施した。(2022/3/31)

値上げの条件がそろっているのに:
なぜ焼肉の和民は「値下げ」戦略をとるのか
世界的なインフレ傾向は続くだろう。背景にコロナ禍の財政支出による通貨の供給過剰や、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー価格の上昇がある。さらに日米の政策金利差と、日本の経常収支の赤字で円安危機も加速するだろう。外食産業は、値上げの条件がすべてそろっているのが現実だ。(2022/3/30)

ぐるなび調べ:
今後の外食で意識すること 2位は「密が避けられるお店を選ぶ」、1位は?
ぐるなびが実施した調査で、今後1カ月、「外食を月に1回以上利用する」と回答した人は増加傾向にあることが分かった。外食をする際に、どんなことを意識する人が多いのかなども調べた。(2022/3/23)

費用は:
「歓送迎会」「花見」はどうなる? 参加回数を調査
リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、2022年春の「歓送迎会」「花見」について消費者アンケートを実施した。その結果……。(2022/3/21)

1月には北海道フェアも:
セブン、「九州フェア」で有名店監修のラーメンや角煮丼 “旅行に行った気分”に商機
セブン‐イレブン・ジャパンは3月15日から、全国のセブン‐イレブンで「九州フェア」を開催する。有名店が監修したラーメン屋角煮丼を用意した。コロナ禍で旅行・外食が難しくなっていることから企画した。(2022/3/11)

20代女性に大人気:
外食トレンド上昇中 「キャロットケーキ」に商機あり?
グルメコミュニティサービス「SARAH」を運営するSARAHは、最新の外食トレンド調査の結果を発表。カフェメニューの1つ「キャロットケーキ」が近年、人気上昇傾向にあることが分かった。(2022/3/10)

アナログの進化を優先:
DXは時期尚早!? サイゼリヤがコロナ禍で進める”アナログ戦略”が生んだ想定外の効果
外食チェーン大手のサイゼリヤは、新型コロナ感染症拡大の影響で苦しむ多くの飲食店を尻目に出店を加速し、2022年度は2年ぶりの黒字化を目指している。コロナ禍でDX推進を掲げる飲食店が増える中、同社は「時期尚早」と判断している。コロナ禍をものともしないサイゼリヤ独自の「アナログ戦略」に迫る。(2022/3/4)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
火鍋は赤字、麻辣湯はIPO!? コロナ禍でも猛烈拡大、中国外食チェーンの光と影
日本にも進出する中国の麻辣湯チェーン最大手「楊国福麻辣湯」が2月22日に香港証券取引所にIPOを申請した。一方、中国の火鍋チェーン最大手「海底撈火鍋」は、21年通期決算が大幅赤字転落の業績予想を発表。中国の外食チェーンは競争の激しさを背景に、コロナ禍でも怒涛の規模拡大と資金調達に動いている。(2022/3/3)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ドバイの「スシロー」は1時間待ちの日も! 海外進出を続ける外食大手が狙う“コロナ後”の世界
コロナ禍でも積極的に海外進出する外食企業がある。海外の成長を取り込んでいく狙いがある。各社の戦略を追った。(2022/2/2)

一人で外食をする理由 4位は「一人の時間を大切にしたいから」、トップ3は?
調査会社のプラネットは、「一人での外食に関する意識調査」を行った。1週間で外食をする平均回数を聞いたところ、「1回」が約3割、「2〜3回」が約1割だった。(2022/1/12)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
2022年の外食産業はどうなる? 「オンザライス系」と「大衆食堂」に注目すべき“合理的”な理由
2021年の外食産業はコロナに翻弄され続けた。22年にはどのような業態が流行するのだろうか。筆者が「オンザライス系」と「大衆食堂」に注目する理由とは?(2022/1/3)

ディズニーは最大9400円に:
【まとめ】2021年下半期〜22年春に値上げする商品・サービスは?
2021年が終わろうとしている。新型コロナウイルスで抑制されていた消費の反動で「リベンジ消費」が盛り上がりつつあるものの、外食やテーマパーク、食料品の値上げ発表が多く見られた。どのような商品が値上がりするのか? 2021年下半期〜22年春までに値上げする商品・サービスをまとめてみた。(2021/12/27)

男女年代で違い:
毎年決まった時期に飲食しているものランキング、1位は?
リクルートの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、「日本で毎年決まった時期に飲食しているもの」に関する調査を実施。その結果、1位は……。(2021/12/21)

スピン経済の歩き方:
「安くてうまい」をキープした“企業努力”が、庶民を長く苦しめてきたワケ
ステーキや牛丼などが続々と「値上げ」をしている。世界的に肉の生産が落ち込み、供給が追いつかないことが原因だが、多くの外食チェーンは長きにわたって価格を据え置いてきた。その結果、何が起きていたのかというと……。(2021/12/7)

博報堂生活総合研究所の調査:
2022年にお金をかけたいことランキング 3位「貯金」、2位「外食」、1位は?
博報堂生活総合研究所、全国の20〜69歳男女3900人を対象に実施した調査を「2022年 生活気分」としてまとめ、2022年は「旅行」「外食」「貯金」にお金をかけたいとする結果を発表した。(2021/11/30)

昨年に続き:
ガストやバーミヤン、年末年始の営業時間を短縮 従業員のワークライフバランスを重視
外食大手のすかいらーくホールディングスは、ガスト、バーミヤン、しゃぶ葉など約2800店舗で、年末年始の営業時間を短縮する。働き方改革の一環。(2021/11/17)

今日のリサーチ:
2021年のSNSマーケティング予算 約7割の企業が増額――アライドアーキテクツ調査
「食品」「飲料」「化粧品」「外食」「小売」の各業種におけるSNS活用実態は?(2021/11/10)

au PAYの総額1000万Pontaポイントプレゼントキャンペーン 「#外食はチカラになる」参加で当たる
KDDIは、外食産業応援プロジェクト「#外食はチカラになる」参加の飲食店でau PAYを利用したユーザーへ総額1000万Pontaポイントが当たるキャンペーンを開催。期間は11月21日から12月31日まで。(2021/11/8)

省人化への投資も実行:
コロナ禍でもスシローが絶好調、店内飲食の減少を持ち帰りが補う 21年9月期決算
コロナ禍で多くの外食企業が苦戦した。大手回転寿司チェーンのスシローは絶好調だった。スシローを展開するFOOD&LIFE COMPANIESの2021年9月期の連結決算(国際会計基準)の結果は?(2021/11/8)

前年と比べて:
今年のハロウィーン「参加予定」は11.2%、否定的な理由は?
ホットペッパーグルメ外食総研は、ハロウィーンに関する調査を実施した。その結果、ハロウィーン行事参加予定者は11.2%で、前年に比べて4.0ポイント減少したことが分かった。(2021/10/15)

「楽天ポイントカード」グルメマラソン実施 外食でも横断企画
 楽天ペイメントは10月14日、運営する「楽天ポイントカード」において、10月22日から11月21日まで「行けば行くほどポイントアップ!楽天ポイントカード グルメマラソン」を実施すると発表した。(2021/10/15)

吉野家など“外食業界の雄”28社、全国9400店舗で一斉に特典 「#外食はチカラになる」始動
吉野家ホールディングスの河村泰貴社長を発起人とした、外食業界28社による業界横断プロジェクト「#外食はチカラになる」が始動。全国9400店舗で、割引などの特典を提供する。(2021/10/14)

ドコモが「#外食はチカラになる」へ参加 抽選で最大300%のdポイントを還元
NTTドコモは、外食産業を応援するプロジェクト「#外食はチカラになる」へ参加。支払いに「d払い」を利用したユーザーの中から、抽選で利用金額の最大300%のdポイントを還元する。期間は11月12日〜12月12日。(2021/10/14)

夕食時の外食も調査:
ランチを外食にした場合の支払額 2位は「1000〜1200円未満」、1位は?
マイボイスコムは、「外食」に関する調査を行った。2018年の調査に比べ、昼食、夕食共に外食する人は減少した。外食する人に、価格帯や外食をする場面はどんなときか、店選びで重視する点を聞いた。(2021/9/30)

永夏子、小池徹平&息子2人と“特別なレストラン”で誕生日ディナー 朝起きると壁にガーランド
意外な場所で“外食”を体験。(2021/9/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。