• 関連の記事

「ファーストリテイリング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファーストリテイリング」に関する情報が集まったページです。

バブルの34年前とは「時価総額」も様変わり、上位10社を比べる
22日の東京株式市場で、日経平均株価がバブル経済期の平成元年12月29日のの水準を超え、史上最高値を更新した。同日時点の企業の値段を示す時価総額をみると、トヨタ自動車が57兆4450億円で圧倒的首位に立ち、上位10社には製造業から通信、アパレルまで幅広い業種が入った。(2024/2/23)

高賃金化:
なぜ給与が上がらないのか? 残念な“ハリボテ経営者”に4つの特徴あり
日本の会社で給与がなかなか上がらない大きな原因は何か。「経営者」「幹部層」「社員」という3つの観点で見ると……。(2024/2/22)

結果を出す製造DX〜人を育ててモノの流れを改革する〜(2):
「集めましたIoT」に「こねくりAI」 DX推進で製造業が陥りがちなワナとは?
モノづくりDXの重要性が叫ばれて久しいが、満足いく結果を出せた企業は多くない。本連載ではモノの流れに着目し、「現場力を高めるDX」実現に必要なプロセスを解説していく。第2回はDX推進時の「3つのワナ」について説明する。(2024/2/15)

くら寿司、銀座エリアに初出店 国内6店目の「グローバル旗艦店」を4月下旬に開業
くら寿司が銀座エリアへ初出店する。インバウンド観光客などを狙う「グローバル旗艦店」を発表した。国内では6店舗目。(2024/1/26)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
ニトリ、ニデック、幸楽苑……相次ぐ「創業者の出戻り」 業績が改善しても、手放しに喜べないワケ
ニトリホールディングス(HD)は、創業者である似鳥昭雄氏が10年ぶりに社長に復帰することを発表した。国内企業でのこうした”出戻り劇”は珍しくない。創業者の采配で業績を回復させるケースも少なくないが、しかし手放しに喜ぶことはできない。(2024/1/26)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第1回】
「返品手数料は無料」はもう終わり? 英国アパレル企業の動きが示すものとは
英国のアパレル企業が相次いで消費者からの返品に手数料を請求する動きを見せている。その背景にはどのような問題があるのか。(2024/1/22)

「フリーレン巻き」ネットで話題に 実は“片リボン巻き”? ただし漫画公式は異なる見解
マフラーをリボンのように巻く「フリーレン巻き」が、にわかに注目を集めている。(2024/1/14)

ファーストリテイリング、能登半島地震被災者に5633点の衣類を支援
ファーストリテイリングは、令和6年能登半島地震の被災者に対し、衣料を届ける支援や計1億円の支援金の寄付を行ったことを発表した。(2024/1/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
【2023年メガヒット記事】ユニクロ「1500円バッグ」が英国で大絶賛 模倣品騒動も起きるほどヒットした背景
2023年9月26日に公開し、アクセスランキング上位に入った記事を再掲する。ユニクロが販売している1500円のショルダーバッグが「ミレニアル世代のバーキン」として話題になった背景とは?(2023/12/31)

ヒートテックが20周年を迎えたので「変わった点」「変わってない点」をユニクロに聞いてみた
発売からそんなに経っていたのか……。(2023/12/30)

「アニヤ・ハインドマーチ」コラボで混雑、行列、転売 なぜユニクロは有名ブランドに選ばれ続けるのか
ユニクロが、新たなコラボでまた大ヒットを飛ばした。英国発のブランドアニヤ・ハインドマーチとコラボした商品が大きな話題を呼んだ。いったいなぜ、ユニクロはコラボをヒットさせ続けられるのだろうか。(2023/12/25)

「買う」に「楽しい体験」をプラス ユニクロ、心斎橋で仕掛けるリアル店舗戦略
オンライン通販の需要の高まりなどにより、店舗からの客離れが進む中、店でしか体験できないサービスや情報提供に力を入れる小売り店舗が注目を集めている。(2023/12/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪の新店舗が大盛況! 資さんうどんが乗り越えてきた、各地の「うどん文化」
福岡に地盤を持つ資さんうどんが、徐々に勢力圏を広げている。11月、大阪市に新店舗をオープンした。今後、どのような戦略をとっていくのか。同チェーンの人気メニューや各地のうどん事情を基に解説する。(2023/12/10)

インバウンドも回復:
「コロナ禍以前」に復活の小売業 識者が2023年のホットトピックを振り返る
コロナ禍が収束の兆しも見せ始めた2023年。小売業の各社は、どんな取り組みを行い、またどういった状況にあるのか。小売業に詳しい著者が、各業界別に2023年の動向を振り返る。(2023/11/30)

中国発「SHEIN」が狙う米IPO ユニクロ、ZARA、H&Mとの評価額の違いは?
(2023/11/28)

北九州のソウルフード「資さんうどん」が全国区に? 社長が関西で感じた“手応え”
(2023/11/9)

20年前の原体験:
ユニクロが海外展開先で聞かれた衝撃の一言「わが国に何をしてくれるのですか」
ユニクロが古着販売によって循環型ビジネスに取り組む理由は何か。背景にはファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏が20年以上前に経験した海外展開でのエピソードと、そこから得た強い思いがあった。(2023/10/26)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
格安ブランドがこぞって「銀座」を目指すワケ ダイソー、GU、オーケーが進出決めた“真の狙い”
銀座にかつてない異変が起きている。ダイソー、GU、オーケーなどの庶民派ブランドが相次いで銀座に出店するようになったのだ。「高級街」に足を踏み入れた裏側には、どのような狙いがあるのだろうか。(2023/10/20)

スピン経済の歩き方:
「値上げ=客離れ」はどうなった? ココイチの業績が好調なワケ
「1000円を超えるなんて、高い」「高級路線にかじを切ったのか」――。数年前からカレーチェーン「ココイチ」が、SNSで叩かれている。しかし、直近の決算を見ると、好調の数字が並ぶ。なぜギャップが生まれているのかというと……。(2023/10/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
令和のバーキン? ユニクロ「1500円バッグ」が英国で大絶賛 模倣品騒動も起きるほどヒットした背景
ユニクロが販売している1500円のショルダーバッグが「ミレニアル世代のバーキン」として話題になっている。TikTok動画をきっかけに世界の注目が集まり、商品展開も旺盛だ。(2023/9/26)

600坪超の売場面積:
「オーケー銀座店」10月17日オープン、中央区初出店
オーケーは10月17日、東京・銀座の商業施設「マロニエゲート銀座2」内に「オーケー銀座店」をオープンする。(2023/9/6)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
Amazonの稼ぎ方2023年版 ECとクラウド以外のビジネスは今どうなっている?
連日の猛暑で外出がおっくうになり、ネットで買い物を済ます人は少なくないでしょう。今回は、Amazonのビジネス展開をデータで検証します。(2023/8/25)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうするGap 思い出深い銀座の旗艦店は閉店 このまま日本からも撤退してしまいそうな苦しい事情
7月に銀座の旗艦店を閉じたGAP。コロナ禍の影響も指摘されるが、長らく苦境が続いていた。北米で期待感のある事業も日本ではなかなか難しそうな事情があり、このままいけば日本撤退もありそうだ。(2023/8/24)

マネジメント力を科学する:
第17回:組織が社員のやる気を失わせる! 良い会社とダメな会社を見分けるには「社外規範」と「社内規範」をチェックせよ
理念に則ったことをしても評価されなくなり、逆に理念に則らないことをしたほうが評価される企業や組織では、理念は言葉だけになってしまい、社員のやる気は失われる。(2023/8/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
売上苦戦していた「しまむら」なぜ復活? 「しまパト」「しまラー」という画期的システムが果たした役割
一時期は売り上げが伸び悩んでいた「しまむら」。しかしここ数年で業績が大きく伸びた。躍進の背景にある「しまパト」「しまラー」とは?(2023/8/4)

働き方の見取り図:
「週休3日」の前に……「消えている有給」こそ問題視すべき理由
政府は6月に発表した骨太方針で「選択的週休3日制度の普及に取り組む」と発表した。週休3日制の導入を表明する企業も出てきている。しかし、週休3日制は、本当に望ましい休み方だと言えるのか。(2023/7/11)

小売・流通アナリストの視点:
拡大続くドンキ帝国 「長崎屋」「ユニー」買収で限界突破できたといえるワケ
ドン・キホーテを中心とした小売グループであるPPIHが、目覚ましい躍進を続けている。この30年における日本の小売業で最も成長した企業といってもいいだろう。PPIHが国内屈指の売上規模にまで成長した背景には何があるのだろうか。(2023/6/30)

河合拓の「アパレル×テック」ジャーナル:
日本のアパレルが30年間払わなかった「デジタル戦略コスト」の代償
「DX」という言葉に踊らされていないだろうか? テクノロジーの急速な進化はアパレル業界全体に不可逆な変化をもたらしている一方で、本質を欠いた戦略で失敗する企業は後を絶たない。アパレル業界における「PLM」もその一例だ。本連載では国内外の最新テック事例を“アパレル再生請負人”河合拓の目線で解き明かし、読者の「次の一手」のヒントを提供する。(2023/6/28)

男女約5000人が回答:
「転職したい企業」ランキング、10位→1位は? 賃上げ企業が上昇
転職サービス「doda」を運営するパーソルキャリアは、転職人気企業ランキングを発表した。(2023/6/12)

トップ50の資産総額は26兆9000億円に:
2023年版「日本長者番付」が発表 資産総額1位は柳井正氏の4.9兆円 2位以下は?
フォーブス ジャパンが2023年版「日本長者番付」を発表した。どんな顔ぶれになったのか。(2023/6/1)

発想の転換が必要:
好立地の「吉野家」が採用難で休業・時短! 「時給」アップでは限界 どう乗り切る?
小売りや外食の人手不足が深刻化している。都心の吉野家でも営業時間短縮や休業を強いられている。「時給高い」「近い」「融通がきく」では限界だ。(2023/5/29)

「ファーストリテイリングとの縁」がきっかけ:
オーケー、銀座に新店舗 「マロニエゲート銀座2」の地下2フロアに600坪 中央区への出店は初
オーケーが銀座に出店する。「マロニエゲート銀座2」の地下2フロアに計600坪の店舗をオープンする予定。中央区への出店は初となる。(2023/5/17)

小売・飲食はイオングループがトップ:
SDGsに積極的と感じる企業・業種別ランキング メーカー1位は「アップル」 アパレル・雑貨の1位は?
5月30日の「ごみゼロの日」を前に、モニタスが環境保全やサステナビリティに関する調査結果を発表した。業種別にSDGsへ積極的だと感じる企業のランキングが明らかになっている。(2023/5/17)

「店舗のメディア化」の先:
ユニクロ柳井正と佐藤可士和が10年以上議論 たどり着いた「ロードサイド店の答え」
グローバルでの展開も視野に入れた「UNIQLO LOGO STORE」が誕生した背景には、ファーストリテイリング会長兼社長の柳井正氏と佐藤可士和氏が、ロードサイド店舗の課題について10年以上議論してきた経緯がある。「UNIQLO LOGO STORE」の戦略を読み解く。(2023/5/16)

グローバル展開を視野に:
ユニクロが「消費電力40%カット」の新店舗を作った理由
前橋市にオープンしたユニクロ 前橋南インター店は新たなロードサイド店舗「UNIQLO LOGO STORE」の第1号店だ(2023/5/15)

人気コラボ第5弾:
ユニクロ、23春夏で「夏でも着られるセーター」発売 Mame Kurogouchiとコラボ
「ユニクロ」を運営するファーストリテイリングは、4月28日に「Uniqlo and Mame Kurogouchi」の2023年春夏コレクションを発売する。同コラボは5回目となり、人気のあるブランドとのコラボで、普段ユニクロの商品を手に取らない人への訴求を狙う。(2023/4/20)

多様性とスピード経営を両立:
ファストリUSA総務責任者が語る「女性管理職を半数に引き上げる理由」
ファーストリテイリングがグローバルで進める重要なアジェンダに掲げているのが、女性管理職比率の向上だ。グループ執行役員を務め、ファーストリテイリングUSAで人事や法務を担当するChief Administrative Officerのセレーナ・ペック氏が、米国での人材育成やD&Iの取り組みを説明する。(2023/4/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
イトーヨーカドー、逆転狙った「幕張店」の今 再建のカギはドラッグストア化!?
イトーヨーカ堂の苦戦が続いている。衣料品の不振などが響いた。幕張の新モデル店で思ったような成果が出なかったことも背景にあると筆者は指摘する。(2023/3/28)

さぁ、ゲンキ街へ。:
「ユニクロ ヨドバシAkiba店」4月オープン 秋葉原エリアで過去最大 特徴は?
ファーストリテイリングが運営する衣料品店ユニクロは、東京都千代田区のヨドバシAkibaビル7階に「ユニクロ ヨドバシAkiba店」を4月14日オープンすると発表した。(2023/3/20)

業界の専門家に聞いた:
苦戦続いたイトーヨーカドーの衣料品 カリスマ登用、売り場大改革も不発
国内14店舗の閉店が発表され連日話題となっているイトーヨーカ堂。アパレル事業からも完全撤退し、食料品中心に事業を絞るという。なぜヨーカ堂のアパレル事業は低迷し、祖業である同事業を手放さなければならなかったのか。専門家に見解を聞いた。(2023/3/14)

柳井康治氏が語る:
ユニクロ、30年に「リサイクル素材50%」へ 服の修理でもビジネス拡大
ユニクロなどを展開するファーストリテイリングが、サステナビリティの取り組みを強化している。服を大切に長く着られるサービスを提供する「RE.UNIQLO STUDIO」も今後展開する方針だ。だが、このサービスを広げていくことで、新しい製品を買わなくなるのではないかという疑問も浮かぶ。(2023/4/6)

実はアパレル完全撤退じゃない? イトーヨーカドー、「肌着」は事業継続へ
アパレル事業から完全撤退する方針を明らかにしたイトーヨーカドーが、男女の下着などを扱う「肌着」事業は継続する方針であることが分かった。(2023/3/10)

総売場面積6700坪:
“九州最大”のユニクロ・ジーユー、新生「ミーナ天神」に 4月28日開業
ファーストリテイリングは「ミーナ天神」について、全面改装工事を経て4月28日に開業すると発表した。「ノース天神」と一体化し、総売場面積6700坪を超える施設となる。同社グループのアパレルブランドであるユニクロ、ジーユー、プラステ、セオリーも新たに出店し、ユニクロは九州最大規模の店舗となる。(2023/3/5)

膨大なPB製品の企画と商品管理に専用PLMを採用、ドン・キホーテ
プライベートブランド商品の戦略的市場投入に向けてPPIHがライフサイクル管理向けのIT投資を決断した。季節ごとの商品開発と販売計画などのプロセス全般を一貫して管理して最適化する体制を整える狙いだ。(2023/3/3)

妄想する決算「決算書でわかる日本経済」:
ファストリ、「減益なのに賃上げ」の謎 中国・国内でも苦戦しているのになぜ?
決算書から日本経済を読み解く本連載。今回取り上げるのはファーストリテイリングです。初任給を30万円に設定したり、給与を最大40%アップする大きな賃上げを実施したりしたことで話題となったユニクロや、GUを運営するアパレル企業です。(2023/3/1)

学生が選ぶ「SDGsの観点で働きたい企業」 トヨタなど上位に IT企業の順位は?
学生が「SDGsに貢献しており、自身も働きたい」と思う企業は?──人材系SaaSベンダーが調査結果を発表。IT関連企業の順位は。(2023/2/28)

32%が「賃上げしない・できない」:
中小企業の「賃上げしない」宣言 “踏み切らない”のには2つのワケがあった
インフレによる物価高騰が激しい昨今、大企業を中心に賃上げに踏み切るニュースが増えました。一方、中小企業は32%が賃上げは「実施しない・できない」と回答しています。「賃上げしない宣言」の裏にある2つの理由を解説します。(2023/2/27)

大手が続々時給UP:
イオン、パート「7%賃上げ」の衝撃! 「レジ打ち」が減った職場で起きる大変革とは
イオングループが自社のパート40万人の時給を7%引き上げると発表。イオンでも働き方が大きく変わり、他業界にも大きな影響がある。(2023/2/27)

キャンプ市場に新規参入組が続々:
ニトリの「アウトドア商品」が好調、その理由は?
コロナ禍を契機に急増した「キャンプ需要」。密を避けられるレジャーのひとつとしてファンを増やしつつあるが、果たして理由はそれだけだろうか? 消費者意識・行動の変化を考察しつつ、新規参入組の代表格「ニトリ」に、参入理由と戦略に迫ってみた。(2023/2/23)

ヒトゴトではない:
日本の小売業、サプライチェーンの透明性をどう示す? 「森林破壊の抑制」に関する法律が与える影響
EUと米国で「森林破壊の抑制」に関する法律の施行が検討されている。もし施工されれば、日本を代表するファーストリテイリング、セブン&アイホールディングスなどの小売業に影響が出る可能性がある。どういうことかというと……(2023/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。