「電通」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

今日のリサーチ:
自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。(2024/4/12)

日本のブランドも利用可能:
電通グループのMerkleがAIと人間それぞれの強みを生かした新たなメッセージングソリューションを発表
電通グループのMerkleは、一貫したブランド体験を作成するために人工知能(AI)と人間の相互作用を組み合わせた新たなメッセージングソリューションをリリースした。(2024/3/31)

オウンドメディアを「企業の顔」に:
「バーチャルヒューマン」がオウンドメディアでおもてなし 電通デジタルが目指すビジョン
電通デジタルは、対話によって情報を提供する「バーチャルヒューマン」を活用したオウンドメディアサービス提供への取り組みを開始した。(2024/3/22)

今日のリサーチ:
運用型広告は2兆3490億円でインターネット広告媒体費の約9割に――「2023年 日本の広告費」の詳細分析
国内電通グループのデジタル領域をけん引する4社が共同で「2023年 日本の広告費」のインターネット広告媒体費に関する詳細分析と2024年の予測分析を実施しました。(2024/3/13)

日本の広告費2023 ネット広告は全体の45%、コロナ5類移行の影響は?
電通(東京都港区)が「2023年 日本の広告費」を発表した。その結果、2023年の総広告費は、通年で7兆3167億円(前年比103.0%)となり、1947年の推定開始以降、前年に続き過去最高を更新したことが分かった。(2024/3/13)

独自AIで新規事業やコミュニケーション開発の量、質、スピードを向上:
電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ STUDIO」の提供を開始した。(2024/3/1)

今日のリサーチ:
電通「2023年 日本の広告費」 総広告費、インターネット広告費は2年連続で過去最高に
電通が「2023年 日本の広告費」を発表しました。主なトピックスを抜粋して紹介します。(2024/2/27)

生成AIでクライアントの事業成長とDXの推進を支援:
電通グループが採用したAWSの生成AIサービス「Bedrock」と「SageMaker」で何ができる?
電通グループはアマゾンウェブサービスとの協業を強化し、新たに2つの生成AIサービスを採用した。製品チームやエンジニアリングチーム全体で利用することを想定している。(2024/2/2)

社員が選んだ「働きがい」のある企業 3位「電通」、2位「PwC」、1位は?
オープンワーク(東京都渋谷区)が「働きがいのある企業ランキング2024」を発表した。社員が選んだ「働きがいのある企業」の1位とは。(2024/2/2)

電通グループ、AWSのAI・ML開発サービスを駆使して顧客のDXを支援
電通グループはAWSの生成AIサービス「Amazon Bedrock」と機械学習サービス「Amazon SageMaker」を採用し、顧客の事業成長とDXの推進を支援すると発表した。(2024/1/26)

電通デジタル、企業が「DX推進の壁」を自社で乗り越えるための支援プログラムを提供開始
電通デジタルは、企業がDX推進の壁として立ちはだかるさまざまな要因を自社内の正しい議論の活性によって解消できるようにするための支援プログラムを提供する。(2024/1/18)

今日のリサーチ:
2024年、世界の広告費は4.6%増 成長をけん引する本当の要因は?――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2026)」を発表しました。(2024/1/5)

今日のリサーチ:
電通が「メタバースに関する意識調査2023」を実施
電通「XRX STUDIO」は全国15〜59歳の2000人を対象に、「メタバースに関する意識調査2023」を実施しました。(2023/12/16)

今日のリサーチ:
ごみの「分別」や「リサイクル」は9割超が実践――電通「サステナアクション調査」
生活者のサステナビリティに関する行動(サステナアクション)、さらにその背景にある価値観の分析を目的に実施した調査の結果です。(2023/12/12)

20代が選ぶ、成長できる企業 3位「電通」、2位「カチタス」、1位は?
20代の現職社員が魅力を感じる人材育成の仕組みや制度とは? オープンワークが調査結果を発表した。(2023/12/5)

今日のリサーチ:
LGBTQ+当事者層の割合は9.7%、非当事者層のインクルージョン意識は約8割――電通調査
LGBTQ+に関する当事者および非当事者の意識を調査した結果です。LGBTQ+支援を表明する企業のイメージや同性カップルを広告などに起用する商品、ブランド、サービスに対する利用意向についても聞いています。(2023/10/23)

電通グループが人的資本経営の実現を支援 グループの強みを生かすサービス詳細は
電通は2023年10月12日、企業の人的資本経営の実現と事業成長を支援するCHROおよび戦略人事チーム向けプログラム「HR for Growth」を提供開始した。(2023/10/13)

AIに任せたい仕事 3位「組み立て作業」、2位「ルーティンワーク」、1位は?
電通(東京都港区)が「AIに関する生活意識調査」を実施したところ、AIに任せたい仕事として「翻訳」が最も多く挙がった。(2023/9/26)

今日のリサーチ:
AIに最も期待することは「無駄・非効率な業務が減ること」――電通調査
AIに関する認知、期待、不安などの傾向を把握することを目的に実施した調査の結果です。(2023/9/14)

今日のリサーチ:
「結婚の選択」「子どもを持つ選択」は個人の自由と考える人が7割――電通調査
電通が実施した「仕事・結婚・子育てに関する意識調査2023」の結果です。(2023/9/7)

今日のリサーチ:
「常に健康を意識した生活をしている」人はコロナ禍から減少――電通「ウェルネス1万人調査」
コロナ禍を経て生活者の健康に対する意識はどのように変化してきているのでしょうか。(2023/9/5)

店舗予算は「分かりません」 数字を知らないキャンディ店、社長はどう変えた?
店舗予算は「分かりません」「日々頑張ります」――アメ細工のパフォーマンスで若者から人気を得ている「PAPABUBBLE」だが、経営はアナログで行き当たりばったりだった。そんな中、4月に代表に就任したのは電通やゴンチャジャパンでマーケティングを極めてきた越智大志氏。就任後5カ月で、会社はどう変わったのか。(2023/8/31)

田中直基氏×高宮範有氏「カンヌライオンズ2023」対談【後編】:
カンヌライオンズ2023はクリエイティブ回帰、アワードのアイデンティティーに立ち返る
前編に引き続き、電通の田中直基氏とI&COの高宮範有氏の対談を通じて「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」に見る世界のクリエイティブのトレンドをお届けする。(2023/8/15)

田中直基氏×高宮範有氏「カンヌライオンズ2023」対談【前編】:
カンヌライオンズ2023受賞作に見るモバイルキャンペーン世界最先端の潮流
「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」でモバイル部門の審査員を務めた電通の田中直基氏と、2021年に同部門の審査員を務めたI&COの高宮範有氏の対談をお届けする。(2023/8/14)

今日のリサーチ:
サステナビリティについて企業に推進してほしいテーマ、最多は「食品ロス」――電通調査
電通が実施した第6回「SDGsに関する生活者調査」の結果、SDGsの認知度が初めて9割を超えました。ほぼ完全に浸透したSDGsですが、サステナビリティ関連で最も関心の高いテーマとは何でしょうか。(2023/6/27)

今日のリサーチ:
世界の広告費が初めて100兆円超えへ――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2025)」改定版を発表しました。(2023/6/8)

電通が「ヴァロラント」日本運営とパートナーシップ eスポーツ使った若者向けマーケ強化
電通が、オンラインゲーム「VALORANT」(ヴァロラント)などを手掛ける米Riot Gamesの日本法人とパートナーシップを締結。eスポーツを活用した若者向けマーケ支援の強化などにつなげるという。(2023/5/19)

「いらすとや」のキャラと会話 電通、ChatGPT使ったキャラクター対話サービスを開発
電通が、ChatGPT(GPT-4)を活用した「キャラクターとの自動対話サービス」のプロトタイプを開発した。プロトタイプでは「いらすとや」のキャラクターと会話できるという。(2023/5/17)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
電通デジタルが「人的資本経営」支援ソリューションを提供する理由
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、電通デジタル他が提供する人的資本経営の支援ソリューションなどに注目。(2023/5/12)

今日のリサーチ:
DX着手企業は84%、そのうち成果が出ている企業は75.4%に――電通デジタル調査
電通デジタルが6回目のDX調査の結果を発表。今後日本企業がDXにおける成果を創出し、持続的な成長を実現するためには何が必要となるのでしょうか。(2023/4/6)

DX成果創出と持続的成長を実現する「8つの要因」とは:
調査開始から6年、「日本のDX」はどこまで進んだ? 電通デジタル
電通デジタルは「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査(2022年度)」の結果を発表した。DXのフェーズは、組織/企業文化/人材といった基盤領域も含めた全社変革期に移りつつあることが分かった。(2023/4/6)

クリエイティブ戦略と広告プラン立案を支援:
TikTok投稿分析、一般投稿も含めて可能に 電通デジタルが新サービス提供
電通デジタルは、TikTok上の人気投稿(ハッシュタグ投稿)の収集・分析を行う新サービス「Tribe Driven Social Listening for TikTok」の提供を開始した。(2023/3/14)

1947年から、過去最高:
2022年のネット広告費、3兆円を突破 23年はどうなる?
CCI、電通デジタルを含む5社は「2022年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を発表した。インターネット広告は年々伸長しており、今後もこの傾向は続きそうだ。(2023/3/14)

「哲学対話」を活用:
電通、「マイパーパス策定プログラム」を提供開始
「哲学対話」を活用して自社の存在意義である「パーパス」を従業員に浸透させる。(2023/3/9)

今日のリサーチ:
電通「2022年 日本の広告費」 日本の総広告費は7兆1021億円で過去最高に
2022年の日本の総広告費は7兆1021億円で前年比104.4%。コロナ禍前の2019年の水準を超え、過去最高となりました。全体をけん引したのがインターネット広告で、総広告費の4割を占めています。(2023/2/25)

ネット広告費が3兆円突破 総広告費は過去最高の7兆1000億円へ 電通調べ
電通が2月24日に発表した調査資料「2022年 日本の広告費」によると、日本におけるインターネット広告費が3兆円を超えた。市場全体の成長を後押しし、総広告費も7兆1021億円(前年比104.4%)と過去最高を記録した。(2023/2/24)

今日のリサーチ:
電通「食生活に関する生活者調査」 4人に3人が食費の節約を意識
コロナ禍や物価高騰の影響などの社会的な潮流を踏まえ、日本の食生活における生活者の意識や実態、満足度、トレンドなどを把握するために実施した調査の結果です。(2023/2/15)

オフィス外からの発送が便利に:
テレワーク先からTeamsで宅急便の発送手続きができるサービス 春に本格提供へ
電通はヤマト運輸と連携し、「Teams」上で宅急便の発送手続きができるソリューションを発表した。2月15日から実証実験を行い、今春から本格的に提供を開始する予定。テレワークが定着した今、オフィス外から荷物を発送する際の利便性向上が狙いだ。(2023/2/7)

グリーンマテリアル2023:
100%植物由来のバイオプラを販促用品向けで展開、高い流動性で成形性に優れる
電通プロモーションプラスは、販促用品向けの食品容器やノベルティを対象に、100%植物由来の材料から成るバイオプラスチック「PLANEO」を展開している。(2023/2/2)

Web3時代に向けて:
電通グループ、エンタメコンテンツ領域におけるNFTの実証実験「絵師コレクション」を開始
NFTを活用した新たなファンづくりとロイヤルティーの形成へ、ハンディデジタルなど5社と協業。(2023/1/23)

今日のリサーチ:
ECと店頭を横断した生活者の行動、商品認知は店舗が多数でも購買はデジタル化が加速――電通デジタル調査
主要商品11カテゴリー30商品をベースとして、認知・比較検討・購買・購買後の各フェーズにおいて、ユーザーがどのようなチャネルに触れ、行動しているのか、3000人に調査しています。(2022/12/27)

今日のリサーチ:
電通が開発した「欲望未来指数」、2021年比で上昇傾向に 人々の消費意欲に高まり
消費者の「買いたい」「欲しい」「やりたい」「見たい」といった消費に関わる近い将来の意向と欲望の増減を可視化した「欲望未来指数」。(2022/12/13)

創り出すDX データで築く、新しい未来:
PR:人工衛星データの活用でマーケティングを変える! 電通グループが挑む需給最適化
DX支援を注力領域の一つとして掲げる電通グループ。「創り出すDX データで築く、新しい未来」と題し、最新テクノロジーを活用する現場の取り組みを紹介する。今回は「人工衛星データ」を活用した新たなマーケティング方法とその将来性について尋ねた。(2022/12/8)

オープンワークが調査:
女性社員の30歳時点の想定年収が高い企業ランキング 3位「P&Gジャパン」、2位「電通」、1位は?
女性社員の30歳時点の想定年収が高い企業ランキングを発表した。OpenWorkに蓄積された女性社員の年収・給与データを元に作成している。25歳から40歳にかけての年収アップ額が大きい企業も発表。(2022/11/25)

創り出すDX データで築く、新しい未来:
PR:「東京ゲームショウのVR化」に見る、顧客体験の未来 電通グループが挑むメタバースビジネスの可能性とは
DX支援を注力領域の一つとして掲げる電通グループ。「創り出すDX データで築く、新しい未来」と題し、最新テクノロジーを活用する現場の取り組みを紹介する。今回は注目度が高まっている「メタバース」を活用したビジネスの現在地と可能性について聞いた。(2022/11/24)

「絶滅危惧オリガミ」電通デジタルが公開 折った動物の情報をARカメラで 「学ぶきっかけに」
電通デジタルは11日、専用の折り紙で折った動物をスマートフォンで読み取ると、その動物の情報をARで視聴できる「絶滅危惧オリガミ」を発表した。5種を無料公開している。(2022/11/11)

電通子会社・セプテーニが給与引き上げ 年間80万円アップ
セプテーニグループが給与を年間80万円引き上げへ。従業員持株会での奨励金付与率もアップ。(2022/11/11)

IT企業デスクツアー:
電通デジタルで働くみんなのデスク環境 ITエンジニアからデザイナーまで写真でチェック
IT企業で働く人のデスク環境を写真や本人のコメント付きで紹介。転職先の雰囲気を把握したい人に向け、ITエンジニアやデザイナーなどさまざまな社員がどんな環境で働いているかチェックする。今回は、電通デジタルで働く人のデスク周りを探る。(2022/11/9)

「@IT NETWORK Live Week 2022秋」リポート:
SASEへの移行を経て、電通デジタルがたどり着いた「ゾーントラストとの融合型モデル」とは
電通デジタルは早くからSASE/ゼロトラストに取り組んできたが、これを「ゼロトラストとゾーントラストとの融合型モデル」に発展させたという。「@IT NETWORK Live Week 2022 秋」の基調講演で、情報システム部ディレクターの相澤里江氏が経緯を話した。(2022/11/8)

今日のリサーチ:
リアル店舗での買い物にワクワクを感じる人は約3割どまり――電通デジタル調査
リアル店舗への来店頻度向上を狙うには、消費者がワクワクを感じる要因をきちんと捉えて新たな顧客体験を提供する必要がありそうです。(2022/11/4)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。