「電通」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ビジネスモデルの差は?:
広告会社の仕事がどんどん奪われている!? 電通とサイバーエージェントの収益構造から考える
コロナ禍で赤字に苦しむ広告会社とそうでない会社がある。筆者は収益構造や外部環境の変化に理由があると指摘する。広告会社は変われるか?(2022/7/29)

スマートドリンキングを推進:
渋谷に「飲めない人のバー」 微アルコール元祖のアサヒビール、狙うは1330万人の未開拓市場
「“飲めない人”が主導権を握れるバー」──。アサヒビールと電通デジタルが共同で設立したスマドリが、6月30日から渋谷センター街にオープンする「SUMADORI-BAR SHIBUYA」を、同社のブランドマネジャー加藤寛康さん、京谷めいさんはそう表現する。今回のバー出店の背景には、アサヒが推進しているプロジェクト「スマートドリンキング」がある。(2022/6/30)

新聞広告を自動配置 「AI割付」で天候に即した商品提示も
産経新聞社と電通グループのデータアーティストが、AIを利用して新聞広告を紙面に配置する「AI割付」のシステムを共同開発した。さまざまなルールがある割付作業を学習させ、天候や社会情勢などに合わせた広告掲載などを見込む。(2022/6/28)

今日のリサーチ:
SDGsの認知率は8割超に――電通調査
ビジネス層を中心に語られるバズワードであった「SDGs」が、4年間で一般層まで認知を広げています。(2022/5/14)

「法に触れるから月額0円をやめた」わけではない 楽天モバイルが電通法を持ち出した理由とは
楽天モバイルの月額0円プラン廃止。7月1日から全ユーザー1078円スタートに引き上げられるが、その経緯を説明する際に電気通信事業法に抵触するおそれがあったとのコメントが出た。一体どこに抵触する可能性があったのか、同社広報部に確認した。(2022/5/13)

今日のリサーチ:
マーケティングDXに取り組む企業は約9割、成果が出ている企業は6割に伸びる――電通調査
顧客体験変革、システム変革、データ・人材変革、組織・業務変革、それぞれの進ちょく度は?(2022/4/26)

従業員の多くが「自社の変化に不安を感じている」:
「自社の変革の必要性を感じている」と回答した人の割合は75.3% 電通が企業変革に関する調査結果を発表
電通は「企業の変革に関する従業員意識調査」の結果を発表した。従業員の多くが自社の変革の必要性は感じているものの、変革に対する不安は大きいことが分かった。(2022/4/22)

Marketing Dive:
電通など世界の主要広告代理店が撤退 ロシアの広告業界は機能停止に
Omnicomと電通がロシアから撤退した。これにより主要なグローバルエージェンシーは全て同国から離脱したことになる。(2022/4/13)

タップやフリックなどのシステム操作音のフリー素材、電通が公開 商用利用も可能
電通は、タップやフリック、文字入力などの操作を想定したオリジナルのシステム操作音をフリー素材として公開した。「SND」と名付けられたこの音声は、ソフトウェアのUX開発者向けに開発したもので、商用利用も可能としている。(2022/3/1)

今日のリサーチ:
電通「2021年 日本の広告費」 インターネット広告費が初の4マス超え
2021年の日本の総広告費は6兆7998億円で前年比110.4%。市場全体がマイナス成長となった前年から大きく回復。もちろんインターネット広告は引き続き順調に伸びています。(2022/2/25)

総広告費も2桁成長:
2021年のネット広告費2.7兆円、初の「テレビ・新聞」超え 電通調査
電通が発表した「2021年 日本の広告費」で、21年のインターネット広告費が2兆7052億円(対前年比121.4%)となり、マスコミ4媒体(テレビ・新聞・ラジオ・雑誌)の広告費(2兆4538億円、同108.9%)を初めて上回ったことが分かった。(2022/2/24)

今日のリサーチ:
世界の広告費成長率がV字回復 2021年は17%成長で2019年の水準を上回る
電通グループは、世界59市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2021〜2024)」を発表しました。(2022/2/1)

今日のリサーチ:
デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。(2022/1/26)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

「顧客の期待に応えられていない」企業のDX進展状況は? 電通デジタルの調査で判明
電通デジタルは、「日本における企業のデジタルトランスフォーメーション調査」(2021年度)の結果を発表した。DXの進展状況と顧客ニーズや成果などとの関連が明らかになった。(2022/1/12)

今日のリサーチ:
「顧客の期待に応えられていない」企業が4割も――電通デジタル調査
コロナ禍で、DXがさらなる全社重要課題となっています。(2022/1/11)

第一弾は銀行向け:
業界特化型CDPソリューション「DOMA」 電通デジタルが提供開始
独自に構成したテンプレートを使って業界特化型の汎用パッケージを開発。迅速かつ低コストでCDPを活用できる。(2021/12/8)

それでも店舗で買い物したい 百貨店やコンビニの消費者ニーズ、コロナ禍やDXで変化は――電通デジタル調査
電通デジタルの調査によると、リテール業界では、コロナ禍でデジタルシフトが進んだ一方、リアル店舗ならではの「価値体験」ニーズも少なくないことが判明した。(2021/12/3)

今日のリサーチ:
感染対策として「モバイルオーダー」「セミセルフレジ」などの利用が拡大――電通デジタル「リテールDX調査」
コロナ収束後に生活者はリアル店舗に戻ってくるのでしょうか。(2021/12/2)

企業のマーケティング高度化と持続的な事業成長を実現:
電通と電通デジタル、複数メディアを統合的にモニタリングするマーケティングダッシュボード「MIERO」を提供
企業の持続的な事業成長に貢献する統合マーケティングダッシュボード。第一弾としてテレビ・デジタル動画統合管理ダッシュボード「MIERO Digi×TV」をローンチ。(2021/11/18)

電通総研調べ:
男性の約半数「女性よりも生きづらい」 男らしさに関する調査、専門家の見解は?
電通グループの社内組織である電通総研が「男らしさに関する意識調査」を実施した。(2021/11/17)

キャラクター開発のノウハウ×最新テクノロジー:
電通「キャラクターCXソリューション」 キャラクター×テクノロジーで顧客体験向上を目指す
電通が新サービス「キャラクターCXソリューション」を提供開始。柔軟に活用できて親しみやすいキャラクターにテクノロジーを掛け合わせ、新たな顧客体験の創出を実現する。(2021/11/16)

広告で共感を広げる仕組み:
クラウドファンディングを活用して広告出稿 MOTION GALLERYと電通が「AD MISSON」を提供開始
自己資金は乏しくても共感性が高く社会貢献の見込めるプロジェクトが情報発信できるための仕組みを創出。(2021/10/26)

withコロナ:
新型コロナの陰性証明やワクチン接種履歴を“指をかざすだけでヘルス認証”、鹿島らが共同実証
鹿島建設、日立製作所、H.U.グループホールディングス、九州大学、電通は、新型コロナウイルスの陰性証明やワクチン接種履歴を公開型生体認証技術PBIを用いて手ぶらで、オフィスビルや建設現場の入場ゲートで提示できる新たなデジタルヘルス証明の実現に向けた実証を開始した。既に、鹿島建設のオフィスビルで技術実証を行い、個人情報保護に配慮した利便性の高い認証技術として、技術面と運用面での有効性が確認されている。(2021/10/25)

イノベーションのレシピ:
新型コロナの陰性証明やワクチン接種履歴を手ぶら認証、鹿島など5者が共同実証
鹿島建設、日立製作所、H.U.グループホールディングス、九州大学、電通の5者は、新型コロナウイルス感染症の検査結果やワクチン接種履歴を紙やスマートデバイスを使わず、指静脈を活用した公開型生体認証技術PBIを用いて、手ぶらで提示できる新たなデジタルヘルス証明の実現に向けて共同実証を開始したと発表した。(2021/10/22)

データ分析に基づくクリエイティブと安定した運用を実現:
電通グループ3社、企業のYouTubeチャンネルの人気アップを支援する「Tube Riding」を開始
企業が運用するYouTubeチャンネルを活性化させ、顧客のエンゲージメントを高める。(2021/10/4)

今日のリサーチ:
ESGに積極的な業界 トップは「飲料」――電通PRコンサルティング企業広報戦略研究所調査
生活者1万人を対象とした「2021年度 ESG/SDGsに関する意識調査」の結果、「ESGレピュテーション」を最も獲得しているのは飲料業界であることが分かりました。(2021/9/29)

動画に“直筆サイン”書ける「LIVE Sign.」 NFTと連携も 電通
サインを書く著名人の動画と、書いているサインの軌跡を瞬時に合成してファンに届ける「LIVE Sign.」が電通から。(2021/7/15)

電通が炎上覚悟で「アマビエ」を商標出願した理由 弁理士が分析
2020年に「アマビエ」を商標出願し炎上した電通。過去の例から回避できたはずだが、なぜそれを承知で商標を出願したのか。弁理士の長谷川綱樹さんが見解を語る。(2021/7/14)

三井住友FGと電通、“金融ビッグデータ”活用で新会社設立
三井住友フィナンシャルグループ(SMBCグループ)が、金融分野のビッグデータを活用した広告サービスを扱う子会社「SMBCデジタルマーケティング」を、電通グループとともに設立した。金融分野のビッグデータを活用し、ユーザーに有益な情報を届けるという。(2021/7/8)

電通と三井住友FG、金融ビッグデータ活用の「SMBCデジタルマーケティング」設立
電通グループと三井住友フィナンシャルグループ(FG)は7月8日、金融ビッグデータを活用した広告やマーケティングを営む「SMBCデジタルマーケティング」を設立した。(2021/7/8)

自治体DXの「オープンなコミュニティーの形成」を目指す:
自治体のDX向け情報サイト「自治体DX白書.com」を公開 電通国際情報サービスら4社
電通国際情報サービスと電通、Public dots & Company、電通マクロミルインサイトの4社は、自治体のDXに特化した全国の自治体向け情報サイト「自治体DX白書.com」を公開した。情報発信によって、自治体のデジタル化推進を支援する。(2021/7/8)

自治体のDX事例をまとめる情報サイト、電通ら4社が開設
電通が、自治体が取り組んだDXの事例をまとめる情報サイト「自治体DX白書.com」を開設。コンサル企業など3社と協力して情報を集め、記事として掲載するという。(2021/7/7)

電通とTwitter Japanが連携 イラストやマンガ動画を使った広告作成サービス開始
電通はTwitter Japanと連携し、Twitter向けにオリジナルイラストや漫画ベースの動画を作成する広告サービス「Twillust」(ツイラスト)の提供を始めた。顧客企業のマーケティング課題を分析し、Twitterに特化した広告コンテンツを作成する。(2021/7/2)

正式発表:
電通、本社ビル売却へ 正式発表、譲渡益は約890億円
電通グループが、本社ビルの譲渡を検討していると発表。譲渡益は約890億円を見込む。(2021/6/29)

製造業IoT:
IoT家電のデータを活用したマーケティングソリューションを提供開始
電通は、IoT化した家電製品のデータを活用して、企業の広告配信および効果検証などに活用できるマーケティングソリューション「domus optima」(β版)の提供を開始する。(2021/6/21)

“耳で遊ぶゲーム”電通が制作 イヤフォンのセンサーで動作や姿勢測定
電通は6月18日、センサー付きイヤフォンを使い、耳や顔の動きで操作できるゲームなどを開発する組織「33 Production」を設立した。手や声の代わりに耳や顔の向きでデバイスを操作できる仕組みの開発も目指す。(2021/6/18)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

小売業のマーケティング支援:
BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。(2021/6/9)

シャープ製IoT家電の利用状況を分析、広告配信に活用 電通が新サービス
電通は6月7日、シャープ製のIoT家電から得たデータを活用してスマートフォンやPCに広告を配信するサービス「domus optima」(ドムス・オプティマ)のβ版を発表した。ユーザーの家電利用データから潜在的なニーズを予測し、それに合わせて商品やサービスの広告を配信する。(2021/6/9)

「八方ふさがりからの脱出」:
元電通マンが島根で農業を志す理由 「実質リストラ」炎上の業務委託、当事者の“今”
電通を退職した社員が、業務委託契約を結ぶ──このプロジェクトに対し、ネット上で「体の良いリストラではないか」との批判が巻き起こったのが1月のこと。それから約5カ月が経過し、実際に退職したは今、何を思うのか。5人に話を聞いた。(2021/5/28)

顧客ロイヤルティプログラム開発支援サービス「Loyalty Management」を国内でもスタート、SFDC
セールスフォース・ドットコムは顧客ロイヤルティーマネジメント製品「Salesforce Loyalty Management」の国内展開をスタートさせた。国内ではアクセンチュアと電通デジタルが顧客向けロイヤルティープログラムのアドバイスやソリューションも併せて提供する。(2021/5/21)

「Amazon Marketing Cloud」を活用:
Amazon内の各広告メニューを横断して計測高度化 電通と電通デジタルが分析ソリューションを提供開始
「Amazon Marketing Cloud」の匿名化されたデータセットを活用し、ユーザープライバシーを保護しつつ広告間の回遊状況を分析可能に。(2021/5/20)

今日のリサーチ:
「SDGs」の認知率が初の半数超え 10代、課長代理・係長クラスの認知率が高い――電通調査
電通が第4回「SDGsに関する生活者調査」を実施。SDGs認知率は前回調査(2020年1月)からほぼ倍増。過半数となるのは初めてのことです。(2021/5/11)

今日のリサーチ:
電通「LGBTQ+調査2020」 性的少数者が企業に「望むことがある」業種 最多はメディア
LGBTQ+に対する意識と知識、当事者と企業などの関係についての調査です。(2021/4/8)

次世代テレビプランニングを実現:
テレビCM枠を「ターゲット含有率」「購買行動」「ターゲット統合リーチ」の視点で評価・提案 電通がツール開発
3つのツールでテレビ広告枠購入の決め手となる根拠を可視化し、よりマーケティング戦略に沿ったプランニングを提案できるようになる。(2021/4/1)

今日のリサーチ:
「エシカルな商品・サービスの提供は企業イメージの向上につながる」の回答が半数超え――電通調査
新型コロナウイルスの影響でエシカル消費をより意識するようになった人は約3割。(2021/3/23)

企業に求められる姿勢とは:
「管理職の女性比率」が30%になるのは25年後か 電通総研、ジェンダーに関する意識調査
電通総研がジェンダーに関する意識調査の結果を発表した。男性が優遇されていると感じる分野や、日本はジェンダー平等に向けて真剣に取り組むべきかどうかを尋ねた。管理職の女性比率が30%になるのは何年後になると予想するか尋ねたところ……。(2021/3/3)

「コスト」「専門知識」より必要なもの:
PR:「ひとり担当者」でも始められる! 専門家と成功事例に学ぶ、動画マーケティングのコツ
重要性を増す動画マーケティングだが、「コストがかかる」「専門的で大変そう」というイメージから、なかなか手を出しづらいと感じている担当者も多い。そこで今回は、動画マーケティングに詳しい、電通メディアイノベーションラボの天野彬氏に「ひとり担当者」のような部署でも動画マーケティングを成功に導くためのカギを聞いた。(2021/3/5)

興味関心へのタイムラグを解消:
今ツイートした人に広告配信 電通デジタルと電通が「リアルタイムキーワードターゲティング」を提供開始
広告主が配信対象とするツイートのターゲティング期間を短縮してタイムラグを解消。今まさにツイートしたユーザーを狙ってリアルタイムに広告配信が可能になった。(2021/3/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。