• 関連の記事

「負債」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「負債」に関する情報が集まったページです。

脱毛サロンや貸衣装で話題の「前受金ビジネス」 業種別の依存度合いを東京商工リサーチが調査
東京商工リサーチが、前受金に関する調査結果を発表した。財務諸表に前受金を計上している企業の割合や、総負債に対する前受金の割合が高い業種が明らかになっている。(2024/2/19)

医療機関の倒産、2023年の負債総額は過去最大に
集計対象は負債1000万円以上法的整理による倒産、および休廃業・解散となった企業とした。(2024/2/13)

還暦の野沢直子、バイト先で披露した“血まみれ”タトゥーで客の心わしづかみ 手ごたえ感じるも「逆にドン引きしたんじゃ」
「たくさんの借金」でバイト生活に。(2024/2/4)

「Novelbright」ボーカル、プライベートすぎる懐事情ぶっちゃけにファンから悲鳴 「そろそろかっこいい竹中雄大見たい」
4000万円から5000万円の借金があると公表したことも。(2024/1/26)

自動車部品メーカー、倒産件数が過去10年で最多 負債総額は100億円越え
2023年の自動車部品メーカーの倒産件数は35件で、前年の1.6倍に急増。そんな結果が、東京商工リサーチの調査で分かった。17年の30件を上回り、過去10年で最多を更新した。負債総額は100億8200万円だった。(2024/1/26)

V-Lowマルチメディア放送「i-dio」のジャパンマルチメディア放送が特別清算へ 負債47億円
V-Lowマルチメディア放送「i-dio(アイディオ)」を展開していたジャパンマルチメディア放送が、1月12日に東京地裁から特別清算開始命令を受けた。(2024/1/23)

粗品、元騎手からの批判に口座残高をさらして挑発 テロップに「なあ藤田伸二」
まず借金を返せと自身へのツッコミも。(2024/1/13)

借金1000万円の作曲家、保護猫と出会い人生が一変 エッセイコミック『借金1000万の作曲家の人生を変えてくれた猫の話』発売
猫が1人の作曲家の人生を大きく変えました。(2023/11/26)

産業動向:
新型コロナ関連で「建設業は915件が破綻」、東京商工リサーチ
新型コロナウイルス関連の経営破綻は、負債1000万円以上で、2023年10月に259件となり、全国では累計7531件となった。業種別では、工事計画の見直しなどの影響を受けた建設業が2番目に多い915件。(2023/11/24)

【借手視点で徹底解説】新リース会計基準が「借手の会計処理」に与える影響
2023年5月に新リース会計基準案が公表され、現行の会計基準における借手のオペレーティング・リースについてもオンバランスさせることが提案されています。多くの企業はリース取引の「借手」になり得ます。今回は、各企業の資産・負債の金額に重要な影響を与える可能性のある借手の会計処理と表示を中心に解説します。(2023/11/20)

企業よ、ランサムウェア対策の前に“サイバーセキュリティ負債”を解消せよ
ランサムウェア攻撃が激化する中、これに向けた対策は企業の喫緊の課題だ。しかし企業が抱えている「サイバーセキュリティ負債」がこの課題の解決を阻んでいるという。(2023/11/10)

【2026年にも適用か】新リース会計基準で何が変わる? ポイントを解説
2023年5月に企業会計基準公開草案第73号「リースに関する会計基準(案)」および企業会計基準適用指針公開草案第73号「リースに関する会計基準の適用指針(案)」が公表されました。国際的な会計基準との整合性を図るため、オペレーティング・リースを含む借手の全てのリースについて資産および負債をオンバランスさせることが提案されています。今回は、この新リース会計基準案の概要を中心に解説します。(2023/11/1)

パチンコチェーン運営のガイアが民事再生申請 グループで約1600億円の負債
パチンコホールの営業は継続の意向。(2023/10/31)

企業の“借金王”ランキング 2位「ソフトバンクG」、1位は?
リスクモンスターは「借金王ランキング」の調査結果を発表した。上場企業の決算短信の記載に基づき、有利子負債を算出した結果、最も多いのは……。(2023/10/28)

リボ払いが苦しいときの対処法 3位「借金する」、2位「収入を増やす」、1位は?
求人情報サイトを運営するビズヒッツ(三重県鈴鹿市)は、リボ払いに関する調査を実施した。支払いに苦しんだ経験がある人は70.8%にのぼった。(2023/9/5)

業績も下方修正:
「そごう・西武」全株式、売却額は8500万円 企業価値2200億円から大幅減額
セブン&アイ・ホールディングス(HD)は9月1日、子会社そごう・西武の全株式の売却が完了したと発表。売却額は8500万円。発表時は、企業価値を2200億円としており、売却額も同規模とみられていたが、負債などがかさんだ。(2023/9/1)

不動産バブルの終わり:
「中国版リーマンショック」の再来か? 恒大集団破産、日本への影響は
恒大集団が破綻した。同社の負債総額は48兆円に膨らみ、米国破産法の申請に至った。思い出されるのは、リーマンショック級の世界的な金融危機の再来だ。日本への影響はどうなるのか。また、世界的な金融危機は本当に起きるのか。(2023/8/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
株価下落は序章? 米国債の格下げで日本が大ダメージを受けるワケ
世界で最も安全な国債として今まで一度もデフォルト(債務不履行)になったことがない米国債。12年ぶりに発生した米国債の格下げが、世界経済に大きな影響を及ぼし、株価急落を招いた。この格下げ、日本にも大きな影響を及ぼすと考えられる。(2023/8/4)

定着率の低下、機能の低下など:
技術的負債が引き起こす12の“悪夢” コスト増、パフォーマンス低下だけでは終わらない
不適切に記述されたコードに機能を追加すると、評判が悪くなり、ユーザーエクスペリエンスが損なわれる。本稿では技術的負債が引き起こす12の悪影響を紹介する。(2023/7/28)

瓜田純士、結婚10周年に夫婦のラブラブ2ショット 記念日当日には“3000万円借金”でキレさせる「心構えが許されへん」
いつも仲良しな2人。(2023/7/22)

「簡単に稼げる」遠隔操作アプリ悪用、借金させる「副業」に注意 20代がターゲットか
遠隔操作アプリを悪用して借金をさせるトラブルに注意喚起。情報商材購入後に高額なサポート契約を勧誘され、お金がないと断った被害者に、遠隔操作アプリを使って貸金業者のサイトから借金させるという。(2023/6/8)

過去に借金生活送っていたカンニング竹山、借入要求DMをバッサリ アンガ山根も同様の被害訴える
複数送られてきているとのこと。(※追記あり)(2023/5/29)

帝国データバンク調べ:
コロナ関連倒産、累計5700件超に 6割弱が「小規模倒産」
帝国データバンク(東京都港区)は、新型コロナウイルス関連倒産の発生件数推移を調査した。19日時点での倒産は全国で累計5785件に上った。そのうち59.6%を占めたのは負債1億円未満の小規模倒産であった。(2023/5/25)

粗品、“まさかの人物”への借金交渉に反響 「真逆と言っても過言じゃないコラボ」「このゲストはまじで笑う」
宮崎さんはこの収録直前にビールを飲んでいたとのこと。(2023/5/12)

借金経験者322人に聞く:
既婚者が借金した理由 3位「住宅の購入」、2位「ギャンブル」、1位は?
金融情報メディアを運営するウェブスターマーケティング(東京都渋谷区)は、過去に借金をしたことがある既婚男女322人を対象に、「借金をした理由」「借入金額」に関する調査を実施した。(2023/4/20)

Google、金融アプリによる個人の写真や連絡先データへのアクセスを禁止へ
Googleは金融関連アプリのポリシーを更新した。5月31日からは、関連アプリによるユーザーの連絡先と写真へのアクセスを禁止する。負債者への脅しに悪用されるおそれがあるためとみられる。(2023/4/7)

太陽光:
太陽光発電の小口販売のチェンジ・ザ・ワールドが破産申請、負債額は38億円
太陽光発電設備の小口販売事業などを手掛けるチェンジ・ザ・ワールド(山形県酒田市)が破産手続へ。負債額は38億4384万円で、債権者は約1万2000人の見込み。(2023/3/3)

坂口杏里、母・良子さんの“借金40億円”を巡り断言 「血の繋がりのお父さんいません」「ずっとトラウマ」
2015年には「ママを苦しめて苦しめてどん底までやった人間」とも。(2023/2/28)

「また借金じゃん」 CanCam専属モデル・ほのか、バイク納車の直後に転倒 早速の破損&修理に「ウソー!」
カワサキ「KH400」を購入したほのかさん。(2023/2/14)

累計損失総額は推計約334億超に:
「コロナ融資」を受けた企業の倒産が2.3倍に なぜ?
帝国データバンクは、「コロナ融資」を受けた企業の過剰債務問題が顕在化していると警鐘を鳴らした。「コロナ融資」を受けた企業の倒産数は、2021年の2.3倍に上る。(2023/2/6)

粗品、借金を競馬で溶かし高級腕時計を売却 「ほんま首飛ぶ」ギャンブル自重宣言もファンは“振り”扱い
思い出のある時計の数々をあっさり売却。(2023/1/13)

粗品、数千万円にのぼる“借金相関図”を公開 「なんでこんなに借りられるのか」のカラクリに驚きの声
初めて見るタイプのライフハック。(2022/12/29)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
JR東日本が「年間3000億円」の借金返済に追われるワケ 「不採算線区の廃止」やむなしの苦しい現状
コロナ禍に大きな悪影響を受けた業界は数多いですが、その中の一つが移動・交通関連の業界です。今回は、東日本旅客鉄道を取り上げます。(2022/12/9)

FTX破綻 FTX Japanの顧客資産はどうなる?
世界トップ規模の仮想通貨業者FTXが米国時間11月11日に米連邦破産法11条(チャプターイレブン)を申請し、破綻した。負債総額は数兆円規模とされ、仮想通貨業界でも過去最大の破綻だ。顧客資産は適切に分別管理されておらず、資産の回収は望み薄とされている。(2022/11/14)

高ストレス者の特徴:
“隠れテレワーク負債者”の年収は? オンライン会議がストレス
DUMSCOは、週1日以上在宅勤務をしているビジネスパーソンに「テレワークの会議過多による、突然休職のリスクに関する調査」を実施した。その結果……。(2022/11/11)

有利子負債が多い企業:
「借金王」ランキング 2位「ソフトバンクグループ」、1位は?
リスクモンスターは、第2回「借金王ランキング」の調査結果を発表。決算短信記載の有利子負債をもとに集計したところ、上位20社のうち12社が年商以上の有利子負債を有することが明らかになった。(2022/11/1)

対談企画「CFOの意思」:
債務超過で「突然の経営危機」──GMO安田CFOが、乗り越えられた理由
「CFOの意思」第6回の対談相手は、前編に引き続きGMOインターネットグループ副社長兼CFOの安田昌史氏。過払い金問題で「280億円で買った会社を、500万円で売る」危機に陥っても、会社を成長させられたのはなぜか? 撤退覚悟の状況で繰り出した「ウルトラC」の技とは?(2022/10/28)

おかえり! 粗品、2倍の負債抱えカムバック「どうも、生涯収支マイナス2億円君です」  前日のギャンブル活動休止を早々に撤回
何食わぬ顔でレース予想。(2022/10/23)

支払金利は“保険料”と心得よ:
「無借金経営こそ安心」の危険な誤解 “借り入れ恐怖症”の企業が陥るワナ
「無借金経営」という言葉に魅力を感じている経営者や財務担当者は少なくないようです。しかし、財務基盤が盤石な大企業ならともかく、手持ち資金が潤沢ではない中小企業が無借金経営を目指すことには問題があります。社長と経理が知っておきたい「無借金経営のワナ」について、専門家が解説します。(2022/10/12)

「技術的負債」主要6種とその対処方法【第4回】
システム開発の「技術的負債」を解消する“うまい方法”とは?
システム開発における技術的負債を解消するためには、企業は何をすればよいのか。効果的な解消方法を説明する。(2022/9/27)

「技術的負債」主要6種とその対処方法【第3回】
“自分大好きエンジニア”が招く大問題とは?
企業の技術的負債はなぜ生まれるのか。「文書化」「情報共有」「ソフトウェアテスト」の観点から、その原因を探る。(2022/9/20)

「技術的負債」主要6種とその対処方法【第2回】
「なし崩し的テレワーク」「ITに疎い上司」が技術的負債“本当の原因”だった?
システム開発における「技術的負債」が生まれる背景はさまざまだ。技術的負債はどのような分野で生じやすいのか。そもそも、なぜ生まれるのか。2つの技術的負債に着目して解説する。(2022/9/13)

生活費を補てん:
「50万円以上借りている」2割 コロナ禍と借金の関係
過去1年間に、少額の借り入れをした人はどのくらいいるのだろうか。20〜40代の男女に聞いたところ「はい」と答えたのは10%だった。(2022/9/12)

「技術的負債」主要6種とその対処方法【第1回】
「質の悪いソースコード」はなぜ生まれてしまうのか?
「技術的負債」は、システム開発の成功と失敗を左右し得る重要な要素だ。発生しがちな技術的負債のうち、低品質のソースコードがなぜ生まれるのかを考える。(2022/9/6)

米Amazon、「ルンバ」のiRobotを買収
米Amazonは5日(米国時間)、ロボット掃除機の「ルンバ」で知られる米iRobotを買収すると発表した。買収総額はiRobotの負債を含め約17億ドル。(2022/8/5)

「霜降り明星」粗品、534万円でレクサスを購入 もちろん借金「新規の債権者です。アラザス」
車選びは妻と子どものため「酔いにくい車」を条件に検討。(2022/7/26)

オンキヨー、自己破産を申請 負債総額は約31億円 「誠に申し訳なく心からおわび」
オンキヨーホームエンターテイメントが、大阪地方裁判所に破産手続きの開始を申し立てた。負債総額は約31億円。「取引先、株主、関係者には多大な迷惑を掛け、誠に申し訳なく心からおわびする」(同社)という。(2022/5/13)

オンキヨー、自己破産手続きへ 債務を完済できず
オンキヨーホームエンターテイメント(大阪府東大阪市)は5月13日、大阪地方裁判所に自己破産を申請し、手続き開始の決定を受けたと発表した。(2022/5/13)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コストー最大の影響は日本ー
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/4/28)

家電メーカー進化論:
倒産危機の新興家電シロカ、買い取りから2年で売上高71億円の新社長の手腕
製品のリコール費用などで19年に債務超過に陥ったシロカは、2000年に誕生した調理家電を中心に取り扱う白物家電メーカー。現在は新しい経営体制とファンドによる支援により、新生シロカとして再生。旧体制からわずか2年で、売上高を71億にまでアップさせた背景を、金井まり新社長と開発陣に聞いた。(2022/4/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。