• 関連の記事

「負債」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「負債」に関する情報が集まったページです。

オンキヨー、自己破産を申請 負債総額は約31億円 「誠に申し訳なく心からおわび」
オンキヨーホームエンターテイメントが、大阪地方裁判所に破産手続きの開始を申し立てた。負債総額は約31億円。「取引先、株主、関係者には多大な迷惑を掛け、誠に申し訳なく心からおわびする」(同社)という。(2022/5/13)

オンキヨー、自己破産手続きへ 債務を完済できず
オンキヨーホームエンターテイメント(大阪府東大阪市)は5月13日、大阪地方裁判所に自己破産を申請し、手続き開始の決定を受けたと発表した。(2022/5/13)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コストー最大の影響は日本ー
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/4/28)

家電メーカー進化論:
倒産危機の新興家電シロカ、買い取りから2年で売上高71億円の新社長の手腕
製品のリコール費用などで19年に債務超過に陥ったシロカは、2000年に誕生した調理家電を中心に取り扱う白物家電メーカー。現在は新しい経営体制とファンドによる支援により、新生シロカとして再生。旧体制からわずか2年で、売上高を71億にまでアップさせた背景を、金井まり新社長と開発陣に聞いた。(2022/4/15)

大学生や保護者に聞いた「奨学金」のイメージ 1位「借金なので怖い」
SCHOL(東京都千代田区)は、全国の大学生およびその保護者に、奨学金における実態調査」を行った。奨学金を受給した(したことがある)層は全体の約4割だった。(2022/4/11)

子会社の財務に問題:
中国恒大が決算発表延期 株取引の停止も続く
巨額債務で経営危機が続く中国不動産大手、中国恒大集団は22日、2021年12月期決算の発表が4月以降にずれ込むと発表した。(2022/3/22)

期日続々:
なお迫る“巨額返済Xデー”ロシア、国債利払いでデフォルトひとまず回避も
16日に利払い期限を迎えたドル建てロシア国債について、保有者がドルで利子を受け取ったことが17日、分かった。欧米の金融制裁の影響でロシア政府が利払いができずに債務不履行(デフォルト)に陥る事態はいったん回避されたが、今後も利払いや元本など巨額返済の期限が次々に迫り、デフォルト危機は続く。(2022/3/19)

デフォルトの可能性:
「紙くず」危機 ルーブル建て債務返済で市場混乱
ウクライナに侵攻したロシアが経済制裁の対抗措置として自国通貨ルーブル建てで対外債務を返済する方針を打ち出し、金融市場に混乱を広げている。(2022/3/13)

借金の金額は?:
借金をする理由、2位は「車を購入」 1位は?
「借金に関する調査」を実施した。普段からお金が足りておらず、借金に至るケースが多い。金額は1万円未満〜50万円未満が約7割を占める。(2022/3/12)

時間との戦い:
露国債、デフォルト迫る 16日から相次ぐ支払い期限 通貨ルーブル失墜も
ウクライナ侵攻を受けた日米欧の包囲網で、ロシア国債のデフォルト(債務不履行)が迫ってきた。制裁による外貨不足で外貨建て国債の利払いができなくなるためだ。国債が“紙くず”になれば通貨ルーブルの信認が失墜し、物価が急騰してロシア国民の生活が破壊されかねない。(2022/3/6)

導入事例:
アットホーム、賃貸物件のオンライン入居申込サービスで新たに1社と連携
アットホームは、オンラインで賃貸物件の入居申込が可能な「スマート申込」において、家賃債務保証会社のあんしん保証と新たに連携した。これにより、連携会社は計37社となっている。(2022/3/3)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コスト、最大の影響は日本
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/3/7)

「高性能パジャマ」睡眠の質を解析 着るだけで血流改善も
睡眠負債や睡眠障害などの社会不安を背景に、高性能パジャマが注目されてきた。心拍や呼吸などを計測し、眠りのアドバイスをくれるスマートパジャマ。血流を改善する一般医療機器のパジャマなどが、高額ながらユーザーを増やす。(2022/2/7)

東京ミネルヴァ破産、依頼者が広告代理店などを損賠提訴
過払い金返還請求などを手掛けた弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(破産手続き中)が約51億円の負債を抱えて破産した問題で、同事務所から過払い金の返還金などを不正に流出させたとして、元依頼者17人が19日、東京都内の広告代理店などグループ3社と代表ら13人を相手取り、計約6千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。(2022/1/20)

借金回収のため向かった先にいたのは「ブラック企業に洗脳された男」 いつも通りお金を支援して立ち直らせる“フレンドリーな取り立て屋”第3話
社長はどうなったんだろう……。(2022/1/5)

借金回収に向かった先で学費と生活の援助 やっぱり見た目に反して優しい“フレンドリーな取り立て屋”第2話
やっぱりお金を渡しちゃう。(2021/12/29)

一見チンピラ、実は親切 まっとうに立ち直らせて借金返済させる漫画『フレンドリーな取り立て屋さん』書籍化
返済させるためならしばらくの生活費を出すこともいとわない。(2021/12/22)

岸田さん…「脱デフレ」なしに投資回復は無理だ 日本再生の意志薄弱
 デルタ株、次はオミクロン株と、変異相次ぐ新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の脅威のもと、主要国は政府債務増に目もくれず財政支出拡大を続けている。(2021/12/10)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
中国人の不動産爆買い復活の兆し〜大江戸温泉売却案浮上、投資家9割「日本に行きたい」
中国不動産大手・恒大集団が債務危機に陥り、中国経済や景気への影響が懸念されている。大江戸温泉物語が中国企業と売却交渉しているとの報道が出るなど、観光業界の回復を見込んだ動きもある。中国の不動産市場の先行きと日本市場への影響を、中華圏で日本不動産を紹介するプラットフォームを運営する趙潔社長に聞いた。(2021/10/21)

森山さやの「週刊マーケットダイジェスト」:
【動画】米長期金利は上昇、米債務上限問題や供給網の混乱が重荷。インフレの長期化も懸念事項に
債務上限問題やサプライチェーンの混乱が重荷となり、ダウは月間で昨年10月以来の下落率となりました。先週のFOMCで量的緩和縮小の前倒しが示唆されてから、1週間を通じて米長期金利の急ピッチな上昇が目立ちました。(2021/10/5)

最も有利子負債が多い企業は? 第1回「借金王ランキング」
調査は金融機関を除く、決算短信提出企業・3151社を対象に実施した。(2021/9/30)

EC売り上げ、700%UPの企業も:
全員退職、数億円の借金──どん底で生まれた“接客DX”アプリ「STAFF START」は何がすごいのか
スタッフのECやSNSなどへの投稿をきっかけに、どれだけ商品が購入されたかを可視化するサービス「STAFF START」。導入企業の中には、店舗スタッフたちの活躍でEC売り上げが700%アップした例や、一人で月間9000万円以上を売り上げたスタッフもいるという。アパレル業界の期待を背負うSTAFF STARTだが、開発までの道のりは決して平たんではなかった──。(2021/9/13)

暗号資産ウォレット業者が破産、負債総額は101億円 ハッキングなどで失った資産の返還見通し立たず
暗号資産のウォレットサービスを手掛けるデジポケが東京地裁に破産開始決定を受けた。負債総額は約101億円。ハッキングなどにより資産の一部を失った中、事業継続に金融庁の許認可が必要になり、返還の見通しが立たなくなったため。(2021/9/8)

CIO Dive:
技術的負債はなぜ溜まる? 大企業だけではない「バックログ積み上がり問題」
技術的負債は歴史ある大企業だけの問題ではない。大企業だけでなく、リアルタイムで市場に対応し続けるようなスタートアップにおいても技術的負債の山が詰みあがっているという。CIOは技術的負債解消に向けて何に取り組めばよいだろうか。(2021/7/28)

太陽光:
太陽光関連の倒産は減少傾向も、大型倒産で負債額は大幅に増加
帝国データバンクが2021年上半期(2021年1月〜6月)における太陽光関連業者の倒産状況を発表。倒産件数は38件で前年同期比で9.5%の減少で、2020年下半期との比較でも減少となった一方、大型倒産が多く発生している。(2021/7/19)

再編の詳細は明かさず:
清華紫光集団が破産を認める、企業再編へ
債務超過に陥っている中国の半導体企業「Tsinghua Unigroup(清華紫光集団)」が、破産を認めた。3D NAND型フラッシュメモリベンチャーである YMTC(Yangtze Memory Technologies Corporation)や半導体設計を手掛けるUnisoc(Shanghai)Technologiesなどの半導体メーカーを傘下に持つ中国の持株会社である同社は、企業再編を進めることを明らかにした。(2021/7/14)

はんにゃ川島の妻、借金700万円を抱えた夫の“七夕の願いごと”を紹介 「笑えないけど面白い」「仕事がきますように…」
織姫と彦星も真顔になる。(2021/7/8)

崎陽軒・野並社長、経営を語る【前編】:
借金100億円をゼロにした崎陽軒・野並直文社長 横浜名物「シウマイ」を救った“2つの変革”とは?
バブル崩壊直後の1991年に崎陽軒の経営トップとなった野並直文社長は、いきなり倒産の危機に直面する。下降を続ける売り上げや、大規模な設備投資などによって借金は100億円を超えた。そこからどのように立て直しを図ったのだろうか。(2021/6/18)

「ほんまに好きやねんこの車」 コロチキ・ナダル、借金して買った愛車「デリカD:5」を紹介するも相方西野のイタズラに阻まれる
夢が叶った……?(2021/6/17)

はんにゃ川島、見切り発車の副業回らず借金総額が700万に 事情知らない妻は「子供いるからなぁ…」
クラウドファンディングを通じて援助を呼びかける事態に。(2021/5/21)

堀江貴文が説く「経営者は非常識であれ」:
ホリエモンが、「多額の借金を抱えるビジネスパーソン」をポジティブに評価する意外な理由
起業家ホリエモンこと堀江貴文が考える「経営者に必要な能力」、特にお金との関係について語ってもらった。(2021/5/15)

てんちむ、約7200人分の負債を“ほぼ完済” 3億以上の返済に涙目で「2回ホントに心が折れそうになった」
半年ちょっとで完済はすごい……。(2021/4/30)

アジャイル開発における品質管理(1):
技術的負債の放置、リリース直前に炎上――アジャイル開発で陥りがちな問題とその原因とは
少人数、短期間の開発を繰り返すアジャイル開発では、どのようにすれば品質を保つことができるのだろうか。本連載では、アジャイル開発における品質管理の手法を解説する。初回は、アジャイルテストの基本的な考え方と戦略について、2回に分けて解説する。前編となる今回はアジャイル開発において発生しがちな問題とその原因について。(2021/4/28)

Dell、傘下のVMwareのスピンオフで93億ドル以上の収益を見込む
Dellが2016年のEMC買収で獲得した傘下のVMwareをスピンオフする。これによって獲得する93億〜97億ドルを負債の返済に充てる計画。両社は独立起業として提携を続ける。(2021/4/15)

オンキヨー、7月末に上場廃止へ 資金調達に奔走も債務超過を解消できず
オンキヨーホームエンターテインメントが、7月末に上場廃止となる見通しを発表。2020年3月期末からの債務超過が解消できず、3月31日まで債務超過の解消に向けて資金調達を行っていたが、解消まで23億1900万円足りなかった。(2021/4/1)

オンキヨー、7月末に上場廃止へ 債務超過を解消できず
3月30日に21億5700万円の出資を受けたと発表していた。(2021/3/31)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
潰れかけだった小僧寿しが今、大復活を遂げている真の理由
“潰れかけ”の状態にまで追い込まれていた小僧寿しが、今大復活を遂げている。2月19日には債務超過を解消したことで疑義注記の記載が解消され、経営危機状態も脱した。その要因はなぜだろうか。(2021/3/5)

霜降り明星・粗品、口座残高さらし「オーカネナイ」の叫び 衝撃の預金額に「借金大魔王の風格を感じる」の声
思わず目を疑う数字。(2021/3/3)

金ねぇ金ねぇ金ねぇわ! 霜降り明星・粗品、「うっせぇわ」の“借金替え歌”がリアルすぎて才能の無駄遣い
この発想は正直なかった。(2021/2/12)

電子ブックレット(BUILT):
神奈川県住宅供給公社が“莫大な負債”から再起したFM活用術
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回のブックレットは、第14回 日本ファシリティマネジメント大会で、神奈川県住宅供給公社が行った講演「持続可能な社会構築のための広域FM」をレポートします。(2021/2/10)

新型コロナ関連破綻、936件に達する 4分の1が東京の企業と突出
新型コロナウイルス関連の経営破綻(負債1000万円以上)が累計936件に達した。負債1000万未満の小規模倒産は累計46件と判明し、小規模倒産を含めた新型コロナ関連破綻は合計で982件に到達した。(2021/1/30)

太陽光:
太陽光事業の倒産が2年ぶりに増加、2020年は84件に
帝国データバンクが2020年の太陽光関連事業者の倒産動向に関する調査結果を発表。2020年の倒産件数は84件で、2019年比で13.5%増と2年ぶりに増加に転じた。負債総額は同12.8%増の239億5700万円で、こちらも4年ぶりの増加となっている。(2021/1/26)

約40万台の電動自転車が空き地に放置 ユーザーから“借金”も 中国シェアサイクルのトンデモ事情
コロナ禍以降、中国の都市では電動自転車のシェアリングサービスが急拡大。数多く街を走っている。だが車両が増えすぎた影響で管理がずさんになり、中国湖南省の省都・長沙では、約40万台が空き地に放置されているという。こうした中国シェアサイクルの実情を、現地の事情に詳しいジャーナリストの山谷剛史氏がレポートする。(2021/1/20)

新型コロナ関連倒産、900件を突破 半数は負債1億円未満の小規模倒産
帝国データバンクは1月18日、新型コロナウイルスの影響を受けた倒産が全国で900件に達したと発表した。関連倒産の第1号案件が2020年2月26日に発生してから、327日での到達となった。(2021/1/19)

旅行、飲食関連でコロナ禍が影響:
倒産件数が2年ぶり「減少」、支援策が下支え 新型コロナ関連倒産は792件
東京商工リサーチが発表した全国企業倒産状況によると、2020年1〜12月の負債1000万円以上の企業倒産件数は前年比7.2%減の7773件。2年ぶりに前年を下回った。一方、新型コロナ関連の倒産は792件に達し、旅行やアパレル関連などの大型倒産も目立った。(2021/1/13)

2020年の飲食業倒産は過去最多の842件 緊急事態宣言の発出で更なる増加の懸念
2020年における負債1000万円以上の飲食業倒産は842件で、前年に比べ5.3%増加した。これは年間最多だった11年の800件を上回る過去最多の記録だ。(2021/1/12)

再建難しい:
飲食業の倒産810件、過去最多を塗り替える
東京商工リサーチは12月23日、2020年1月〜12月22日までの飲食業倒産(負債1000万円以上)は、累計810件に達していることを明らかにした。(2020/12/24)

多額の負債抱えるてんちむ、「バーレスク東京」デビューでチップ200万円超 「歴代最高の記録を残せました」
銀座のホステスとしても活躍中。(2020/12/8)

反社会的勢力との関係は?:
社長が「電車に飛び込め」と罵倒か 一部報道に対してCasaがコメントを発表
家賃債務保証サービスを手掛けるCasaの社長が役員を罵倒したと週刊文春が報じた。反社会的勢力との関係を想起させる発言もあったという。Casaはこの報道を受けてコメントを発表した。(2020/12/3)

コロナ関連破綻、650件を突破 最多業種は飲食業
新型コロナウイルス関連の経営破綻(負債1000万円以上)が、2月から10月26日午後4時時点までに累計619件に達した。(2020/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。