• 関連の記事

「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に関する情報が集まったページです。

セキュリティニュースアラート:
約9割が「セキュリティ人材不足」 KPMGが2023年の調査レポートを公開
KPMGコンサルティングは国内企業のサイバーセキュリティの調査結果をまとめた「サイバーセキュリティサーベイ2023」を発表した。調査によると、約9割の企業でセキュリティ人材が不足している。(2024/2/28)

IT×OTセキュリティはなぜ難しいか:
PR:ITセキュリティ担当者が知るべきOTセキュリティの真実
「つながる」がデジタルビジネスの重要キーワードになってきた。だが、この状況にセキュリティ対策が十分に追い付いていない。IT領域の方法論では対処できない課題はどう解消すべきだろうか。(2024/2/28)

2020年にサイバー攻撃受けたNTTコムに聞く“当時の教訓” 反省を踏まえ、どう変わったか
2020年にサイバー攻撃を受けたNTTコムに当時の反省とセキュリティ改善の現況を聞く。(2024/2/26)

今日から始めるサイバーレジリエンス実践ステップ:
サイバーレジリエンス徹底ガイド リスクごとに見直すべき評価項目まとめ
最近注目のキーワード「サイバーレジリエンス」。あなたの企業はこれをどのくらい実践できているだろうか。進捗状況を把握する方法とリスクごとに対処すべき評価項目をまとめたので確認してほしい。(2024/2/15)

セキュリティニュースアラート:
インシデントからの復旧、多くの企業が“2日以上” デルが実態調査を公開
デルはサイバー復旧に関する実態調査を発表した。サイバー攻撃によるダウンタイム発生時の復旧時間について、多くの企業が2日以上かかっていることが判明した。(2024/2/2)

セキュリティニュースアラート:
Sansan、脅威検知の拡大に向けてSIEM「Splunk Enterprise Security」を導入
SansanはSIEMソリューション「Splunk Enterprise Security」を導入した。個人情報や請求書情報へのサイバー攻撃対策と脅威検知の高度化を目指したとしている。(2024/2/2)

サイバー攻撃からの復旧にかかった時間、「2日以上」が6割超 デル調査
サイバー攻撃を受けた組織は、復旧までにどれだけの時間を要するのか──デル・テクノロジーズが1月31日、こんな調査結果を発表した。(2024/2/1)

約6割の企業がダウンタイムからの復旧に2日以上:
サイバー復旧を「よく理解している」経営層、具体的な内容は“回答できない”、デル調査
デル・テクノロジーズは、サイバー復旧に関する調査の結果を発表した。過去3年間に障害インシデントを経験したと回答した人の割合は4割超。サイバー復旧に対して「毎年投資している」と回答した企業は、復旧時間が短くなる割合が高いことが明らかになった。(2024/2/1)

ITmedia Security Week 2023秋 イベントレポート:
住友化学はいかにして工場とオフィスのサイバーレジリエンスを強化しているか?
セキュリティインシデントにつながる異変に気付き、報告できる人を育てるにはどうすればいいのか。工場とオフィスでサイバーレジリエンスの強化を実践している企業が内情を語った。(2024/1/24)

セキュリティニュースアラート:
GMOインターネットグループ 世田谷区用賀にSOCを開設、防御の新拠点に活用
GMOインターネットグループはサイバー攻撃防御や分析を実施する「GMOイエラエSOC 用賀」の開設を発表した。エンジニア常駐の「第一SOC」と緊急対応の「第二SOC」で構成され、セキュリティの研究開発や情報発信も担う。(2024/1/25)

マテリアルズインフォマティクス:
旭化成のDX戦略、MIで従来品の2倍の性能を実現し共創型MIの基盤も構築
旭化成は、東京都内とオンラインで説明会を開き、マテリアルズインフォマティクス(MI)の導入やデジタル人材の育成など、DXに関する同社の取り組みを紹介した。(2023/12/14)

ビル点検員に変装→オフィスにラズパイ持ち込んで社内システム侵入 Sansanが本当にやった“何でもアリ”なセキュリティ演習
標的型攻撃メールから物理侵入まで、Sansanが本当にやった何でもアリなセキュリティ訓練。携わってメンバーに話を聞いた。(2023/12/26)

社員がアダルトサイトにアクセスしまくってる!?→実は…… freeeで本当にあった笑えるインシデント対応
ど〜〜〜〜〜〜する!?(2023/12/6)

金融ISAC座談会:
今どきのフィッシングは「レベルが違う」 私たちが引っ掛からないためにできること
2023年の不正送金額は1〜6月の上半期だけで過去最多を記録した。フィッシング対策に向けて銀行はどのような取り組みをしているのか、また引っ掛からないために、消費者ができることは何か。(2023/11/8)

製造ITニュース:
サイバー攻撃発生時の対応をメタバース上で学習する演習プログラムを開発
大日本印刷は、サイバー攻撃などを受けた場合の緊急対応と組織間連携を、メタバース上で効率良く学習できる「組織連携コース_メタバース演習」を開発した。(2023/10/25)

プロセス、ピープル、テクノロジーの3本柱で支える:
PR:日本銀行、みずほフィナンシャルグループが議論、金融セクターにおけるセキュリティ対策最前線
2023年9月27日、金融財政事情研究会主催によるセミナー「金融サイバーセキュリティカンファレンス 2023 特別編 ラテラルセキュリティ/ゼロトラストを考える」がオンラインで開催された。金融機関におけるネットワークセキュリティの最新動向について、制度や現状などの「プロセス」、現場における「ピープル」、そしてリスクを最小化する「テクノロジー」の3本柱から、現状と未来を考えるセミナーだ。(2023/10/17)

半径300メートルのIT:
見るべきは「CVSSスコア」“だけ”でいいのか? 脆弱性管理に役立つ指標をまとめてみた
脆弱性管理は単純なようで非常に難しい課題です。これを手助けする指標としては皆さんもご存じのCVSSがありますが、この指標だけを頼りにするのはおすすめしません。(2023/10/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバーセキュリティだけ「特別扱い」には無理がある――経営を脅かすリスクの1つと位置付け、メリハリのある対策を
ランサムウェアをはじめとするサイバー脅威の影響を踏まえ、多くの組織や企業がさまざまなセキュリティ対策に取り組んでいる。だが、なかなか功を奏しているようには見えない。いったいどこに根本的な課題があるのだろうか。(2023/10/4)

半径300メートルのIT:
警察庁が名指しで注意喚起 高い技術力を持つBlackTechにどう対処する?
中国が支援する脅威グループBlackTechについて、日米政府機関が合同で注意喚起を発表しました。なかなか大事のように思えますが、企業または個人にはどのような影響があるのでしょうか。(2023/10/3)

セキュリティニュースアラート:
「EDRとXDRの違いが分からない」「約9割が人材不足」 企業セキュリティの厳しい実態
サイバーリーズンの調査によって、多くの組織がセキュリティ体制に不備がありXDRの詳細な理解が浅いことが明らかになった。(2023/10/2)

「原因は何だ」「顧客にどう説明すればいい」:
セキュリティインシデント対応の“ヒリヒリ感”をメタバースで体感できる演習 大日本印刷が開発
大日本印刷は「組織連携コース_メタバース演習」を開発した。サイバーセキュリティ人材育成サービス「サイバーナレッジアカデミー」の新しいコースとして2023年11月8日から受講できる。(2023/9/29)

OSS活用の際に直面する“3つの課題”と自社システムの脆弱性にどう立ち向かうか:
PR:求められるSBOM対応、ソフトウェアのリスク管理は「待ったなし」、さあどうする?
各国政府や国際機関が、SBOMなどを通じたサイバーセキュリティやソフトウェアのサプライチェーンへの取り組みを急速に進めている。これは人ごとではない。各国政府や、業界団体は、制度化や国際標準化により企業への対応を強く求めている。今後、企業にはどういうアクションが求められるのだろうか。(2023/9/28)

ITmedia Security Week 2023 秋:
日本セキュリティオペレーション事業者協議会副代表が提言、ペネトレーションテストの成果を3倍おいしくいただくには
2023年8月に開催された「ITmedia Security Week 2023 秋」において、日本セキュリティオペレーション事業者協議会 副代表、そしてGMOサイバーセキュリティ by イエラエ サイバーセキュリティ事業本部 執行役員 兼 副本部長 阿部慎司氏が「ペネトレーションテストを技術観点、運用観点、組織観点で3倍美味しく活用するメソッド」と題して講演した。(2023/9/21)

セキュリティニュースアラート:
Teamsのセキュリティ機能が“通用しない”マルスパムキャンペーンが増加中
TruesecはTeamsを悪用するマルスパムキャンペーン「DarkGate Loader」が増加していると報告した。このキャンペーンはTeamsのセキュリティ機能では対応困難であると指摘している。(2023/9/12)

Itmedia Security Week 2023夏 イベントレポート:
「セキュリティ理解ゼロ」の経営層から予算を引き出すには? エンドポイント対策の現在地
企業規模の大小を問わずサイバー攻撃の標的となる可能性が増す一方で、経営層のセキュリティ対策への理解が十分とはいえない企業が多いのが実態だ。予算を確保するために「セキュリティ理解ゼロ」の経営層をいかに説得すべきか。現在押さえるべきエンドポイント対策と併せて、サイバーディフェンス研究所の名和利男氏の提言を紹介する。(2023/9/1)

製造マネジメントニュース:
デジタルツインを横展開して差別化に、NECが見据えるDXでの勝ち筋
NECは、DX事業についての説明会を開催し、共通基盤である「NEC Digital Platform(NDP)」を軸にAI技術などを組み合わせたデジタルツインの実現で差別化を進めていく方針を示した。(2023/8/31)

半径300メートルのIT:
GRIPS発の「インシデント報告書」は赤裸々に語られた“生きた事例”の宝庫だった
政策研究大学院大学(GRIPS)が不正アクセス被害に関する調査報告書を公開しました。侵害の経緯から原因、対策までを生々しくかつ非常に詳細にまとめています。セキュリティ担当者“必読の書”のポイントをまとめました。(2023/8/29)

デバイスとネットワークのセキュリティレベルをどう維持する?:
PR:狙われるモバイル端末 「企業の情報をどう守るか」へのシンプルな答えはあるのか
企業を狙った攻撃から情報を守るのにモバイル端末の保護は欠かせないが、その対応は複雑で複数のソリューションが必要になることもある。さらに今後IoT(モノのインターネット)端末にまで目を光らせる必要が出てくるとセキュリティレベルの維持は一層困難になる。この状況をシンプルに解決する方法を有識者に聞いた。(2023/9/6)

セキュリティ人材育成を考える(2):
必要なのはどのようなサイバーセキュリティ人材か? 業務内容と職種を整理する
サイバーセキュリティ人材不足をどう解決すればいいのか、セキュリティ人材の育成などについて解説する本連載。第2回は、企業、組織においてどのようなサイバーセキュリティ人材が必要となるのかについて。(2023/8/25)

積水化学の“本気すぎる”セキュリティ対策 リテラシー教育から情報管理体制構築まで
積水化学工業は役員や一般従業員といった非IT従事者に向けて徹底したサイバー演習やリテラシー教育を実施し、強固なリスクマネジメント体制を整えている。同社の事例を紹介しよう。(2023/8/16)

特集:中堅・中小企業が導入するEDRの現実解(2):
中小企業がゼロから始めるセキュリティ対策 ココだけは死守したい3つのリスク
サプライチェーン攻撃が激化している今、予算やリソースに余裕がない中小企業はこれにどう立ち向かうべきか。中小企業のセキュリティインシデント被害事例と、実態に即した対策を川口設計の川口 洋氏が語った。(2023/8/23)

企業が押さえておくべき3つの重要事項とは:
「一時停止を決断しやすいシステム」が被害拡大を防ぐ ガートナーが企業のインシデント対応について提言
ガートナージャパンは、インシデントレスポンスの強化に向けて企業が押さえておくべき3つの重要事項を発表した。脅威が複雑化する中、個別の問題に対処するだけでは問題の本質が見えないため、「全体を俯瞰する視点が重要だ」としている。(2023/7/25)

セキュリティ体制構築に悩んだときは:
PR:リソース不足の企業が脅威に立ち向かう現実解 新しいSOCの姿とは
社内でセキュリティ担当者を確保できない場合はSOCの利用を検討すべきだ。だがSOCに丸投げするのは良くない。定期的な報告だけでは情報が不足し、攻撃を受けたときに判断が遅れてしまう。どうすればよいのだろうか。(2023/7/21)

企業の多くがセキュリティインシデント対応に“自信なし” 押さえておくべき重要事項とは
ガートナーが提唱するインシデント対応、「早く探し出し」「早く閉じ込め」「早く元に戻す」の意味とは。(2023/7/21)

ITmedia Security Week 2023 夏:
「殿、ゼロトラストでござる!」から始まる城下町(企業ITインフラ)のデザイン方法
2023年6月、ITmedia Security Week 2023 夏で、日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会 運営委員長の萩原健太氏が「ゼロトラストを進められる組織とは?」と題して講演した。(2023/6/22)

「RDP」の注意喚起と対策【後編】
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)を“危険にしない”10項目
「リモートデスクトッププロトコル」(RDP)を狙ったサイバー攻撃が拡大している。ユーザーはセキュリティを強化するために、どのような対策を取ればいいのか。(2023/5/30)

リスクは「脅威」「脆弱性」「資産」のかけ算:
PR:担当者を疲弊させない「クラウド時代のセキュリティ運用」、その実現方法とは
クラウド利用が当たり前となり、それに対応するためのセキュリティ製品やサービスも無数にある。だが、ハイブリッドクラウドやマルチクラウド、コンテナ、サーバレスなどさまざまな環境が混在している現在、セキュリティの難易度は上がり、セキュリティ担当者は疲弊するばかり。効率的なセキュリティ運用を実現するためには何をすればいいのか。「AWS Security and Risk Management Forum 〜公共・金融DXの大前提、AWSセキュリティの理解と実践〜」の講演からその答えを探る。(2023/5/10)

キンドリルのエキスパートが提言:
PR:時間が迫る公共組織のガバメントクラウド移行、セキュリティ統制はどうすればよいのか
地方自治体などは、2025年度末までに20業務をガバメントクラウドに移行するよう定められている。アプリケーション移行やモダナイズの計画、設計、実行など、クリアしていかなければならない課題は多い。さらに担当者の頭を痛めるのが「セキュリティ統制」の問題だ。これについて、AWSセキュリティのイベントでキンドリルジャパンのエキスパートが提言を行った。(2023/4/24)

ITワード365:
【クイズ】「受信者が望んでいないにもかかわらずに大量に送信されてくる電子メールやメッセージのこと」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/4/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
スタートアップと金融機関、2つの側面を持つbitbankのセキュリティ対策とは? ――ビットバンク 橋本健治氏
暗号資産取引所サービスのセキュリティというと「高度なソリューションを駆使して取り組むもの」というイメージがあるが、まず取り組んだのは「自社を知る」という地道な作業から。(2023/4/4)

人手不足で「脅威に脆弱な組織」を助けるサイバーリーズンの新製品とは
サイバーリーズンは2023年事業戦略発表会を開催した。サイバー攻撃が激化する一方でセキュリティ人材が不足しているのが実情だ。同社はこれをどのように解消するのか。新製品である「Cybereason XDR」の詳細に迫った。(2023/3/31)

ITmedia Security Week 2023 春:
導入から3年、不正アクセス0件――MIXIが「ゼロトラスト」セキュリティに至るまでの課題と解決方法
2023年3月に開催された「ITmedia Security Week 2023 春」の「クラウド&ゼロトラスト」ゾーンにおいてMIXI 開発本部 セキュリティ室 室長 亀山直生氏が「MIXIにおけるゼロトラストの取り組み」と題して講演した。(2023/3/31)

停止できない業務に“回復力”を セキュリティ対策「サイバーレジリエンス」とは 金融業界を例に解説
サイバー攻撃の手段が多様化する中、セキュリティ対策「サイバーレジリエンス」に注目が集まる。インシデント発生時の被害を抑え、業務を継続するための考え方を、対策が進む金融業界を例に解説する。(2023/3/24)

ウイルス対策ソフトは死んだ。では、何をすればいいのか?:
5分で分かる「EDR」「XDR」
本稿では、「EDR」(Endpoint Detection and Response)、「XDR」(eXtended Detection and Response)について「5分で分かる」ようにざっくりとお伝えします。(2023/4/12)

半径300メートルのIT:
“従業員を巻き込む”セキュリティ対策で、10大脅威に対抗せよ
IPAによる2023年版「情報セキュリティ10大脅威」の解説書が公開されました。10大脅威はランキングを知るだけで満足してしまいがちですが、本当に大切なのはこの後。解説書に書かれた対策を実践することなのです。(2023/3/7)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
経営と現場の板挟みになりがちなガバナンス、優先してやるべきことを明確に――リクルート 鴨志田昭輝氏
リクルート社内のセキュリティ組織を立ち上げ、「なるべくガバナンスをしない」を旗印にセキュリティインシデント対応に当たってきたが、今度は「ガバナンス担当」を命じられ、もがきながらも前進している。 (2023/3/7)

8割以上の組織がセキュリティ人材不足 サイバーリーズンが調査レポートを公開
サイバーリーズンはセキュリティ対策状況に関する実態調査レポートを公開した。調査によると、85%の組織が社内サイバーセキュリティの人材を十分に確保できておらず、不安を抱えていることが分かった。(2023/3/4)

サイバーリーズンが「セキュリティ対策に関する調査結果レポート」を発表:
「アレを導入していれば防げたのに……」 サイバー攻撃被害の企業が未導入を後悔した製品とは?
サイバーリーズンは、「セキュリティ対策に関する調査結果レポート」を発表した。サイバーセキュリティ人材を十分に確保できていないことに不安を抱えていたり、EDRとNGAVの導入がセキュリティ対策に有効だと認識していたりする企業が多いことが分かった。(2023/3/3)

半径300メートルのIT:
悩めるCISOやCSIRT、セキュリティ担当者を助ける“教科書”とは?
最近、CISOやCSIRT担当者、現場のセキュリティ担当者のための資料やドキュメントが充実してきたように感じます。今回はその中でも「セキュリティ対応組織の教科書」について紹介しましょう。手探りでセキュリティを進めている担当者は必見です。(2023/2/28)

伊藤忠商事がサイバーセキュリティ対策専門子会社を設立、サプライチェーン攻撃に備える
サプライチェーン攻撃のリスクが増大する中、企業グループでサイバーセキュリティの専門チームのリソースを活用する取り組みが出てきた。(2023/1/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。