• 関連の記事

「オートバックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オートバックス」に関する情報が集まったページです。

「中がホテルみたい」 チュート徳井、自慢のハイエース「おじキャン仕様」を披露「ハイエース乗って人生変わりました」
そのまま暮らせちゃいそうです。(2022/1/22)

モバイルTカード、Yahoo! JAPAN ID不要で登録可能に
Tポイント・ジャパンは、従来の半分の手順でモバイルTカードを作ることができる簡単登録を開始。Yahoo! JAPAN IDや手元にTカードを用意する必要はなく、いらすとや限定デザインも設定できる。(2022/1/17)

超小型BEV「ガチで自作」しちゃった! オートサロンに出展したスゴ腕YouTuberの必見ぶっとびやばすぎマシン
「自動車メーカーになる!」 ……ホントになれそうな自作BEVがマジSUGEEE。これ必見ですよ!(2022/1/14)

新型「フェアレディZ」来るよぉぉ! 日産、東京オートサロン2022で“日本仕様モデル”初公開
そのまま“基地”になる「キャラバン」カスタムも本気度MAX〜。(2021/12/23)

オートバックス、大分市内で電動キックボードシェアサービスの実証実験 駅から大学キャンパスの移動に
スイスイ快適になりそうです。(2021/12/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高齢者の踏み間違えは防げるか? 誤発進抑制機能の有効性
毎日のように報道を賑(にぎ)わせている交通事故として、クルマが商店などに飛び込んでしまうという誤発進による事故が目に付く。そのほとんどは高齢ドライバーが引き起こすもので、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と自らの運転操作ミスを認める内容の発言も報じられることが多い。(2021/11/8)

オートバックスがEV市場に参入 車両の販売、メンテナンスサービスの提供を検討
オートバックスセブンがEV市場に参入したと発表した。EV開発を手掛けるHW ELECTROに出資し、オートバックス店舗で商用EV「ELEMO」の販売とメンテナンスの提供を検討する。(2021/10/28)

よゐこ濱口、キャンプ用品求めてまた爆買いか 夢見た初の「キャンプギア」、買ったのは……
濱口キャンプにはソーセージ必須。(2021/7/27)

マーケティングの視点から分析:
「ドラレコ」の売れ筋価格が急上昇 “高付加価値化”が止まらない根本的な理由
ドライブレコーダーが急速に普及している。なぜ、カー用品の大ヒット商品に育ったのか。筆者の分析によると……。(2021/6/28)

高根英幸 「クルマのミライ」:
アイドリングストップのクルマはなぜ減っているのか? エンジンの進化と燃費モードの変更
アイドリングストップ機構を備えないクルマが登場し、それが増えているのである。燃費向上策のキーデバイスに何が起こっているのか。(2021/6/21)

オリコンが調査:
満足度の高い「カー用品店」ランキング 3位「イエローハット」、2位「ジェームス」、1位は?
oricon ME)は、「カー用品店」における顧客満足度調査の結果を発表した。1位になったのは?(2021/6/3)

20〜30%還元の大型施策がめじろ押し スマホ決済3月のキャンペーンまとめ
2021年3月はPayPayやd払いで開催する飲食店やスーパーなどを対象としたキャンペーンが目立つ。特に最大30%還元や全額還元の「超PayPay祭」は見逃せない。今回もPayPay、au PAY、d払いを中心に2021年3月開催のキャンペーンをまとめた。(2021/3/8)

買い物需要を喚起:
モバイルTカードでポイントが2倍に Tポイント・ジャパンがコロナ禍の買い物需要を喚起
Tポイント・ジャパンは1月12日、全国の対象店舗で、モバイルTカードを提示して買い物をすると、ポイントが2倍になるキャンペーンを実施すると発表した。コロナ禍で人との接触を控えた買い物が求められる中、キャンペーンを実施し加入者増を狙う。(2021/1/12)

ホームセンターとITを融合 カインズが仕掛けたデジタル戦略とその取り組み
カインズは、2017年にデジタル戦略本部を立ち上げた。「ホームセンター」と「IT」という全く異なる分野を融合して実績を出し続けるデジタル戦略本部の担当者に取り組みをきいた。(2020/10/20)

非接触で給油や洗車が可能な「スマホで給油オーダー」に新機能が追加
スマホアプリで給油の予約と決済ができる「スマホで給油オーダー」にフルサービスステーション向けの新機能が追加。窓拭きやタイヤの空気圧チェックなどの付加サービスも要不要を事前注文できるようになり、車の窓を開けることなく、非接触で給油と各種サービスを受けられる。(2020/10/13)

レガシーからの脱却を目指せ JALの「翼を支える」クラウド基盤とは?
JALは、IBM主催の「IBM think summit Japan 2020」で、IT基盤を再構築するプロジェクト「ITグランドデザイン」の一環として、同社のクラウド基盤を刷新したと発表した。(2020/9/10)

現状は「トゥーマッチ」? オートバックスが描く新事業プラットフォームの衝撃
オートバックスセブンは、IBM主催の「IBM think summit Japan 2020」で、中古車売買市場におけるC2Cプラットフォームの提供を発表した。同社が見据えるエコシステムの未来とは。(2020/9/7)

濃霧中の安全走行補助システム、5Gと画像認識技術を活用してNTT Comらが実証実験
NTT Comらは、運転中の周囲の車両やガードレールなどを画像認識して、5Gでリアルタイムに車内のディスプレイに表示する実証実験を大分県で実施する。濃霧が発生した高速道路を安全に走行できる運転補助システムを確立する。(2020/2/13)

濃霧での安全運転をサポート 車載カメラで状況把握、NTT Comなど実験
NTTコミュニケーションズなどが、車載カメラと5Gなどを活用し、濃霧でも安全運転できる仕組みの実験を行った。カメラ映像をクラウド上で解析し、周囲の車両やガードレールなどを認識。運転手に知らせる。(2020/2/12)

「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
カー用品量販店大手のオートバックスセブンが、車載型IoT機器を使った運転見守りサービスの提供を始めた。(2019/12/6)

PR:新型RAV4やセレナがもらえるかも!? オートバックスで豪華賞品が当たる「45周年感謝祭」開催
賞品のクルマには“オートバックスおすすめ”の充実装備付き。(2019/10/31)

CEATEC 2019:
あえてカメラをなくした“緩い見守り”を実現するAIロボット
オートバックスセブンは「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)に出展し、ミミズク型AI(人工知能)ロボット「ZUKKU(ズック)」を活用した見守りサービスを展示した。(2019/10/18)

あおり運転事件の影響でドラレコ売れる? 関連企業の株価が上昇
ドラレコの出荷は拡大中。(2019/8/20)

自動ブレーキ搭載車両:
高齢者ドライバー対策、「専用免許」では解決しない
日本政府は「自動ブレーキ搭載車両のみ運転可能」という高齢者専用免許案を真剣に考えているらしいが、大多数のお年寄りにとって現実的な選択肢にはならないだろう。「アメとムチ」の組み合わせて……。(2019/7/26)

大手チェーンなのに:
本当に同じ店? 外装をどんどん変える「焼肉きんぐ」の狙い
一般的に、大手チェーンの看板や外装は劇的に短期間で変わらない。しかし、業界大手の「焼肉きんぐ」は20年の間に、外装計画を何度も変えている。「同じ店なの?」と思ってしまうほど変化させる理由とは?(2019/3/18)

SNS依存からの脱却:
ミクシィの木村社長が語る「モンスト」と「Facebook」
SNS依存からの脱却に成功したミクシィ――。2013年にリリースしたスマートフォン向けゲームアプリ「モンスターストライク」が記録的な大ヒット作品に成長。なぜモンストだけがこれほどまでに人気を得ることができたのか。同社の木村弘毅社長に話を聞いた。(2019/3/14)

クルマだけじゃない「安心・安全」:
杖にIoT? オートバックスが「見守り」を新事業にするワケ
カー用品大手のオートバックスセブンが独自のIoTプラットフォームを構築。高齢者や視覚障害者が使う杖にIoT機器を取り付ける見守りサービスなどを展開する。なぜ自動車分野を超えた新事業に挑むのか。そこには将来を見据えた構想があった。(2019/3/13)

国際福祉機器展:
高齢者見守る「IoT杖」 市販の杖をクラウド連携
GPSで高齢者を見守る「IoT杖」が「国際福祉機器展」で展示された。(2018/10/12)

車種を登録して探せる:
パーツ取り付けもOK アマゾンがカー用品に注力するワケ
Amazonが自分の車に合ったパーツに絞り込んで検索できる新機能「Auto Parts Finder」の提供を開始した。アマゾンがカー用品に力を入れる理由と、それを可能にした背景とは。(2018/3/16)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

PR:「4万6200時間分の仕事を150時間で」──AIはビジネス活用の検討段階ではなく“実用段階”に入っている
(2017/11/17)

新連載・冴えるクラウドファンディングの育てかた:
「クラウドファンディングで日本一に」──社員わずか20人、和歌山発・乗り物ベンチャーの挑戦
日本のクラウドファンディングで、最も資金を集めた“ハイブリッドバイク”を知っていますか。(2017/9/18)

「4YFN」登壇のベンチャー起業家に学ぶ:
「グローバルファースト」で世界に売り込む方法
世界に対して自らのビジネスを売り込むためにはどうすればいいか。ITジャーナリスト占部雅一が、スペインで開催されたベンチャー企業イベントに登壇したある日本人起業家の軌跡をたどりながら、その方法を探る。(2017/3/23)

メンテナンスに特化:
オートバックス、完全予約制の新業態 女性客取り込みへ
オートバックスが、メンテナンス特化型の店舗を大阪府茨木市に開店する。女性など新たな顧客層の取り込みが狙いだという。(2017/2/3)

知らないとマズいトレンドワード:
3分で分かる「ブロックチェーン」最新事情
今年は国内で仮想通貨の法整備が進んだほか、ビットコインを利用できるサービスも続々と増えてきており、その認知度と期待度は加速している。それと同時に注目を集めているのが、仮想通貨を支えている技術「ブロックチェーン」だ。(2016/12/27)

ブロックチェーンで中古カー用品売買は可能? オートバックスが検証
オートバックスセブンが、P2P型のブロックチェーン技術「Ethereum」を使用した個人間売買サービスの実証実験結果を発表した。(2016/11/16)

オートバックスセブンが「2800万人」の顧客データを分析できた理由
1980年代から会員カードの発行を始め、1990年代にポイント制度を導入するなど、顧客の属性や購買行動を基にしたマーケティング活動を早くから始めてきたオートバックスセブン。近年は約2800万人のデータを分析しているが、分析精度を高める取り組みとともに、データ分析基盤の整備も行ってきた。(2016/6/1)

水曜インタビュー劇場(DM公演):
驚異の67.5%! オートバックスセブンのDMヒット率が、ものすごい理由
カー用品店を展開するオートバックスセブンが、約2800万人の顧客データを分析している。なぜ、そんなことをしているのか。顧客データを分析することで、お客さんと“つながろう、つながろう”としているのだ。詳しい話を同社の担当者に聞いた。(2016/5/18)

Ingressとオートバックスがコラボ 「これまで接点がなかったお客様(徒歩プレイヤー)が来店するきっかけに」
国内自動車関連企業では初の試み。(2016/4/27)

全力でお姉さんを紹介します! 「東京オートサロン2016」が幕張で開幕
今年は出展者数も出展車両台数も展示ブース総数も過去最大。つまり、過去最大のお姉さん祭り!(2016/1/16)

電気自動車:
EVスポーツカー「トミーカイラZZ」をオートバックスセブンが販売、試乗もできる
電気自動車(EV)ベンチャーのGLMが、カー用品店大手のオートバックスセブンと業務提携する。GLMが開発した電気自動車プラットフォームを用いるスポーツカー「トミーカイラZZ」の国内販売網を強化する狙い。(2015/12/18)

監督・主演・撮影全部オレ! 柳沢慎吾さんが全力出しすぎな防犯対策動画「自動車盗難、あばよ!!」
さすがのベテラン芸。(2015/10/8)

docomo Wi-Fi、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などにエリア拡大
ドコモが、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアを、阪急電鉄宝塚線や心斎橋筋商店街などに拡大した。(2013/6/28)

docomo Wi-Fi、神戸市営地下鉄西神・山手線、長崎電気軌道などにエリア拡大
ドコモの公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」のサービスエリアが、神戸市営地下鉄西神・山手線や長崎電気軌道などにエリアを拡大した。(2013/6/10)

インテリア・防災両方で活用できる――ワイズ、消火器「ファイヤーブリッツ」を9月1日発売
3.11ですっかり霞んでしまいましたが、9月1日は火災が大被害をもたらした「関東大震災」の日。その日にあわせ、カジュアルなデザインの消火器が発売されます。(2011/8/26)

先取り突撃! DMS2010:
計画系の可視化と現場連携強化にプロの知恵を
2010年6月23〜25日の3日間、東京ビッグサイトで「第21回 設計・製造ソリューション展」が開催される。開催に先立ち、@IT MONOist編集部では、出展を予定している日立東日本ソリューションズに展示の見どころを聞いた。(2010/6/11)

事例紹介 キッコーマン株式会社:
PR:業務改善 と企業力強化を実現した“予測力”の秘密に迫る
世界経済が混迷し、先を読むことがいよいよ困難となってきた。コスト削減のために、在庫圧縮も叫ばれている。こんな時代だからこそ、注目を集めているのが需要予測支援システムである。需要予測システム市場において、世界1万2000社以上、日本国内でも350社以上で導入されているのが「ForecastPRO」だ。キッコーマンではForecastPROの可能性にいち早く着目し、活用を始めてから数年がたつ。今回、その使用現場を訪問して、抱えていた課題と解決方法、ForecastPROの効果的な活用方法などを聞いた。(2010/6/1)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
欧州金融不安の再燃、商品市況が軟調となり上値の重い展開
(2010/3/10)

富士通、オートバックスIT子会社を共同運営
富士通がオートバックスセブンのIT子会社株式を取得。顧客のIT部門を共同運営するマネジメントサービスで情シス活用を支援する。(2009/7/16)

チラシをデジタル化してケータイに配信――ペタビットの「携帯デジタルチラシ」
チラシやダイレクトメールをデジタル化してケータイに配信――。ペタビットが「携帯デジタルチラシ」サービスを開始した。(2009/7/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。