• 関連の記事

「アクセンチュア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクセンチュア」に関する情報が集まったページです。

東京ガス、膨大なデータを自然言語で検索するAIサービスを導入 データ資産を最大活用
東京ガスは、アクセンチュアが提供するデータ資産の活用を支援する「AI Powered ナレッジシェアリング」を導入した。同ソリューションは企業が保有するデータの価値を引き出し、データドリブン経営を支援する。(2022/5/6)

波紋広がる:
吉野家常務の「生娘シャブ漬け」発言  「当社との契約関係は一切ございません」と“破門状”も
早稲田大学の社会人向け講座で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言し、牛丼チェーン、吉野家の常務を解任された伊東正明氏(49)。19日にはコンサルティング大手、アクセンチュアなど2社の契約も解除された。「マーケティングのプロ」ともてはやされた伊東氏だが、関係していた企業が切り離しを急いでいる。(2022/4/21)

アクセンチュア、「生娘をシャブ漬け戦略」発言の吉野家元常務との顧問契約解除 「誠に遺憾」
アクセンチュアは、不適切発言したとして吉野家の常務取締役を解任された、伊東正明氏との契約を解除したと発表した。同社は2021年7月から伊東氏をマーケティング分野の社外アドバイザー(顧問)に起用していた。(2022/4/20)

Web会議の「不公平な壁」をなくす5つのヒント【第5回】
アクセンチュアやガートナーが伝授 ハイブリッドワークに合った企業文化の変え方
オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を成功に導く鍵は「企業文化」だと専門家は話す。米国企業がテレワーカーとオフィスワーカーの結束を高めるために取った方策を紹介する。(2022/4/7)

静かに現実味を帯びる「AIOps」【後編】
アクセンチュアが目指す「AIOps」の挑戦的な試みとは?
IT運用のさまざまな領域にAI技術が入り込んでいる。AIOpsを実践中のアクセンチュアは、自動化の適用範囲をさらに広げることにまい進する。同社が次に狙う成果とは。(2022/4/6)

静かに現実味を帯びる「AIOps」【中編】
アクセンチュアが実践する「AIOps」による定型業務の自動化とは?
ITコンサルティング会社のAccentureは、機械学習でIT運用を自動化する「AIOps」によって社内の業務負担を軽減している。同社が実践するAIOpsの取り組みと、その成果とは。(2022/3/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
仕事で死ねて本望? モーレツ社員の危険すぎる“過剰適応スパイラル”
先日、アクセンチュアが違法な残業で書類送検されました。コンサルや他の業界でも「この業界は、働いてなんぼの世界」「仕事が好き」「もっと会社に貢献したい」などと考える社員が、自ら進んで働きすぎてしまうことがあります。これは、長時間労働を一掃するのが極めて難しい原因の一つです。この難題と、どのように向き合っていくべきでしょうか。(2022/3/25)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒の東大・京大生が注目する企業 3位ソニー、2位アクセンチュア 1位は?
2023年に卒業予定の東大生や京大生は、どんな企業に注目し企業研究を始めているのか。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは調査結果を発表した。(2022/3/23)

メインフレーム人材確保の技【後編】
メインフレーム人材不足を解消する“アクセンチュア式トレーニング”とは?
ITサービスベンダーはメインフレームの運用や管理に精通する人材を確保するために、さまざまな対策を講じている。従業員育成、自動化技術の活用……。各社は何に力を入れているのか。(2022/3/17)

データドリブン経営を実現する「次世代システム」:
アステラス製薬、次期基幹システムでグローバルシングルインスタンスによる業務統合を推進
アクセンチュアは、アステラス製薬が進める次世代基幹システムの刷新を支援する。これまで国や拠点、部門にまたがって存在していたデータを連携させ、高度な経営モデルの実現を目指す。(2022/2/28)

製造IT導入事例:
商品欠品と過剰在庫の抑制のため、経営判断支援ソリューションを導入
ジンズは、商品欠品の抑制や過剰在庫による廃棄削減のため、アクセンチュアの経営判断支援ソリューション「AI Powered Management Cockpit」の本格運用を開始した。(2022/2/22)

セキュリティ技術への投資効果を調査:
「サイバー先進企業」に共通する6つの特徴とは アクセンチュアが「サイバーレジリエンスの現状 2021」を公開
アクセンチュアは、企業のセキュリティの優先度や現行のセキュリティ対策の有効性、セキュリティ技術への投資効果を調べた年次調査レポート「サイバーレジリエンスの現状 2021」を発行した。(2021/12/27)

PR:失敗するクラウド移行のパターンは? アクセンチュアのキーマンが語る「クラウド移行の判断基準」最新版
(2021/11/19)

AccentureとSplunkがビジネスグループ創設を発表 データ分析支援強化へ
AccentureとSplunkは、新しいビジネスグループ「Accenture Splunk Business Group」を創設する。共同で進めてきた事業や互いの知見を生かした製品を基に、顧客のデータ分析を支援する。(2021/11/4)

TechTarget発 世界のITニュース
Accentureにランサムウェア攻撃 「機密情報を公開」の脅しにどう対処したか?
ハッカー集団「LockBit」はコンサルティング大手のAccentureにランサムウェア攻撃を仕掛け、同社の機密情報を公開すると脅した。攻撃者は本当に機密情報を手に入れたのか。(2021/10/29)

クラウド先進企業の特徴とは:
「コスト削減を目的にしたクラウド移行は競争優位性を低下させる」 アクセンチュアがクラウドに関する調査
アクセンチュアは、クラウドに関する企業調査レポートで、コスト削減を目的としてクラウドに移行している企業は、戦略的にマルチクラウド化を推進している企業よりも競争優位性が低下すると指摘した。(2021/10/5)

単純なクラウド移行が「競争優位性の喪失」につながってしまう理由
アクセンチュアが実施した企業のクラウド活用と事業継続への効果に関するグローバル調査によると、クラウドの価値を最大限に享受している企業には、複数の特徴があることが分かった。(2021/10/1)

製造マネジメントニュース:
コスト削減目的でのクラウド移行は企業の競争優位性を損なうリスクあり
アクセンチュアは2021年9月30日、企業におけるクラウドテクノロジー導入の実態に関するグローバル調査の最新レポートを発表した。調査ではクラウドの価値を引き出せている「クラウド先進企業」と、コスト削減を主な目的とする企業の比較などを紹介している。(2021/10/1)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアとクボタがパートナーシップ締結、DX加速と人材強化目指す
アクセンチュアとクボタは、サステナブルな社会の実現に向けたDXの加速とデジタル専門分野での人財強化のため、戦略的パートナーシップを締結した。(2021/9/14)

人工知能ニュース:
企業が「責任あるAI」を実現するための4つのアプローチ
アクセンチュアは2021年8月25日、AI設計や活用において企業の社会的責任をいかにして実現するかという、「責任あるAI」をテーマとしたセミナーを開催した。セミナーでは企業が社会的責任を実現するための、4つの具体的なアプローチ方法を紹介した。(2021/8/31)

アクセンチュアと中部電力の新会社が協業 グループのデータドリブン改革を支援
アクセンチュアは、中部電力の新会社TSUNAGU Community Analyticsとデジタル変革に向けたデータアナリティクス事業で協業を発表。データアナリティクスを活用した中部電力グループの業務変革や新規事業の創出を支援する。(2021/8/11)

モノづくり最前線レポート:
後れを取る日本のデジタル競争力、製造業オペレーションDXの現在地
ダッソー・システムズ主催のオンライン年次カンファレンス「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2021」において、アクセンチュア インダストリーXグループ 日本統括の河野真一郎氏は「製造業オペレーションDXの現在地、デジタル変革の検証フェーズから抜け出しスケールするには」をテーマに、デジタル化の進行状況に関する調査結果の解説とともにDXのPoCから抜け出すためのカギとなる成功要因などを紹介した。(2021/7/19)

マイナス成長する市場が目立つ:
売上額トップは富士通、成長率が高いのはアクセンチュア IDCが国内ITサービス市場の売り上げランキングを発表
IDC Japanは、国内ITサービス市場について、2020年のベンダー売り上げランキングを発表した。トップは富士通。2位はNTTデータで、前年の3位から順位を上げた。対前年比売り上げ成長率が最も高かったのは、アクセンチュアだった。(2021/7/14)

製造マネジメントニュース:
製造業向けPLM、ALMシステムの導入コンサルティング事業を取得
アクセンチュアは、ディアイスクエアの製造業界向けPLM、ALMシステム導入コンサルティング事業を取得した。同事業および関連ノウハウ、顧客基盤を引き継ぐほか、約70人の人材をアクセンチュアのインダストリーXグループに迎え入れる。(2021/6/24)

製造マネジメントニュース:
オリンパスがITソリューション子会社の全株式をアクセンチュアに譲渡
オリンパスは2021年6月1日、同社の子会社であるオリンパスシステムズの全株式をアクセンチュアに譲渡する契約を締結したと発表した。譲渡は2021年8月末までに完了する予定。(2021/6/4)

2021年のテクノロジーリーダーに求められる資質は? ペルソナ5人に見る「変化の達人」ぶり
アクセンチュアは、テクノロジートレンドに関する調査レポート「Accenture Technology Vision」の2021年版を発表した。2021年を代表する5つのテクノロジートレンドとそのペルソナを紹介する。(2021/5/28)

製造ITニュース:
「ミラーワールド」に「草の根DX」、今後3年間で注目の技術トレンド
アクセンチュアは2021年5月24日、今後重大な影響力を持つテクノロジートレンドをまとめた調査レポート「Accenture Technology Vision 2021」についての発表会を開催した。同調査では、今後3年間で重要性を増すテクノロジートレンドとして、テクノロジー戦略と事業戦略の関係性やノーコード/ローコードツールなどが取り上げられた。(2021/5/25)

Droga5が東京オフィス開設:
「世界最大のエージェンシー」としてのアクセンチュアが目指すブランドパーパス起点のクリエイティブとは?
アクセンチュア インタラクティブ傘下のクリエイティブエージェンシーDroga5が東京オフィスを開設。日本のブランドに変革をもたらす彼らのアプローチとは。(2021/5/24)

顧客ロイヤルティプログラム開発支援サービス「Loyalty Management」を国内でもスタート、SFDC
セールスフォース・ドットコムは顧客ロイヤルティーマネジメント製品「Salesforce Loyalty Management」の国内展開をスタートさせた。国内ではアクセンチュアと電通デジタルが顧客向けロイヤルティープログラムのアドバイスやソリューションも併せて提供する。(2021/5/21)

Weekly Memo:
老舗の大企業で相次ぐ「DX新会社」の強みとリスクは? 資生堂とアクセンチュアのDX合弁から探る
資生堂がアクセンチュアの力を借りてDXへの本格的な取り組みを開始した。この動きから、企業がDXを推進していく上での勘所と懸念を探ってみたい。(2021/5/17)

資生堂がDX推進の専門組織を設立、7月からアクセンチュアと合弁で
データ活用、クラウドシフト、DX人材獲得。日本企業のDX推進で必要となる3つの要素について、資生堂はアクセンチュアとの合弁会社を立ち上げて機動的に獲得する計画だ。専門の子会社を立ち上げてDX戦略実行を急ぐ。(2021/5/17)

アクセンチュアと合弁会社を設立:
資生堂が考えるビューティー領域のDX マーケティングと営業の在り方はどう変わる?
資生堂とアクセンチュアは合弁で、ビューティー領域に特化したデジタル・ITの戦略機能会社を7月に設立する。その背景を資生堂社長兼CEOの魚谷雅彦氏が記者発表会で語った。(2021/5/12)

肌診断の履歴データなどを分析:
資生堂、アクセンチュアと合弁会社設立 デジタルマーケ戦略を強化
資生堂は5月11日、アクセンチュアと合弁会社「資生堂インタラクティブビューティー」を7月に設立することを合意したと発表した。新会社は、資生堂およびそのグループ会社にデジタルマーケティング業務とデジタル・IT関連業務を提供する。(2021/5/11)

TechTarget発 世界のITニュース
コロナ禍で「DX」の先進派と後進派に格差 Accentureが調査
Accentureが技術トレンドに関する調査レポートを発表した。調査レポートによると、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが企業のDXを加速させる一方で、企業間の収益の格差を広げた。(2021/4/15)

スーパーシティは立ち上がるか:
会津若松市がアクセンチュアと取り組む産業DX「CMEs」とは
 中小企業の「非競争領域」の効率化を支援する仕組みとして機能するプラットフォームが稼働した。全国中小製造企業の生産性向上に貢献するとしている。(2021/4/12)

製造ITニュース:
「SAP S/4」のシェアリングで中小製造業の生産性25%増へ、会津地域で導入開始
会津産業ネットワークフォーラム(ANF)とアクセンチュア、SAPジャパンは、ANFの会員企業がERPの「SAP S/4」などを共同利用できる共通業務システムプラットフォーム「コネクテッド マニファクチャリング エンタープライゼス(CMEs)」を構築したと発表。先行ユーザーであるANF会員企業のマツモトプレシジョンでの運用を開始した。(2021/4/12)

DX推進に向けて合弁会社の設立が相次ぐ 住友化学やアクセンチュアらが発足
企業のDX推進を支援するため合弁企業を設立する動きが出ている。住友化学とアクセンチュア、日本IBMとJTBが新たに合弁会社を設立した。事業の詳細とは。(2021/4/2)

Weekly Memo:
企業のデータ戦略を推進する「CDO」は、CFOが担え――専門家が主張する理由は
企業がDXを推進する上で重要な役割を担う「CDO(最高データ責任者)」。アクセンチュアは独自調査の結果を基に「CDOはCFOが担うべき」と主張する。なぜか。そのアプローチとともに考察したい。(2021/3/1)

未来に向かうための「5つの技術トレンド」を定義:
「変化の達人」が未来をけん引 アクセンチュアが「テクノロジービジョン2021」を発表
アクセンチュアは、世界の技術トレンドに関する調査レポート「Accenture Technology Vision 2021」を発表した。同社は、技術を駆使して変化を巧みに取り入れる企業が未来をけん引すると予測する。(2021/3/1)

今日のリサーチ:
「企業の成長のためにCFOはCDOの役割を担うべき」の真意とは?――Accenture調査
Accentureの最新調査によると、企業のデジタル戦略と実行においてCFO(最高財務責任者)が重要な役割を担うようになっています。(2021/2/24)

3社に2社がクラウドの価値を享受できず アクセンチュアが提言する4つの施策
アクセンチュアの調査によると、コロナ禍の影響でクラウド活用が避けられない状況の中、約3分の2の企業が「期待通りにクラウドの価値を享受できていない」ことが判明した。企業がクラウドの価値を最大限に引き出すために有効な4つの施策とは?(2021/2/24)

「約3分の2の企業は期待通りにクラウドの価値を享受できていない」 アクセンチュア調査
日本を含む17カ国、11の業界の大企業の上級役職者およびIT担当役員750人を対象にした調査結果を公開。(2021/2/22)

サプライチェーンの再考が成功の鍵
AmazonにWalmart――コロナ禍の“勝ち組小売り”は何をした? Accentureに聞く
小売業者はサプライチェーンを成長要因として再考することで、パンデミックに伴う消費者行動の変化に対処している。具体的に何をしているのか。Accentureの調査結果と幾つかの事例を基に探る。(2021/2/4)

データを意図的に漏えいさせる「ハックアンドリーク」が増加:
ランサムウェアが収益性の高い攻撃モデルの台頭を後押し アクセンチュアが調査レポートを発表
アクセンチュアは、セキュリティに関する年次レポート「2020 Cyber Threatscape Report」を発表した。サイバー犯罪グループは、オープンソースの攻撃ツールを駆使して企業の電子メールシステムに侵入し、企業に身代金を強要する動きを活発化させている。(2020/12/25)

スマートファクトリー:
スマート工場化のカギは「現場と経営をデータでつなぐ」を誰がやるか
スマート工場への取り組みが広がる一方で、成果が出せずに悩む企業が多く存在する。その要因はどういうものがあるのだろうか。本稿ではスマート工場化の進め方について、オムロン、アクセンチュア、ネットアップが参加したパネルディスカッションの様子をお伝えする。(2020/12/17)

TechTarget発 世界のITニュース
AccentureとServiceNowが「DX」推進支援で協業 業界向け製品を共同提供
AccentureとServiceNowはDX推進支援のビジネスグループを発足させた。まずは金融サービスや行政サービス、電気通信の各業界向け製品・サービスを共同で提供する。(2020/11/12)

アクセンチュア、腎臓移植へのAI活用で東京女子医大と共同研究 拒絶反応の事前予測などに期待
アクセンチュアは腎臓移植へのAI活用について、東京女子医大と共同研究を行うと発表。移植した患者の拒絶反応や副作用の予測にAIを活用できるか検証するという。(2020/11/5)

製造マネジメントニュース:
アクセンチュアがデジタル本部を発展解消、新体制で「変化を促す存在」へ
アクセンチュアは2020年9月にスタートした新年度(2021年8月期)の事業方針と次世代成長モデルについて説明。米国本社の新CEOとしてジュリー・スウィート(Julie Sweet)氏が就任した2019年9月からの1年間で組織改編を進めており、日本法人でも新たな組織体制を発足させて次なる成長に備えているという。(2020/11/4)

人工知能ニュース:
KPIを予測し対応シナリオを自動提示、アクセンチュアの業務適用型AIサービス
アクセンチュアは2020年10月21日、AIエンジン基盤「AI HUB プラットフォーム」をベースに開発した、業務別に最適化されたAIが使える「AI Powered サービス」に6つの新規サービスを追加したことを発表した。AIがKPIの着地地点を自動予測し、取るべきシナリオを自動提示して経営意思決定を補助する「マネジメントコックピット」などが新たに利用可能となった。(2020/10/23)

AI、スマートプロダクトなど5つを紹介:
アクセンチュア、「テクノロジービジョン 2020」を発表 「ポストデジタル時代」に必要なトレンドとは
アクセンチュアは、世界のテクノロジートレンドに関する調査「テクノロジービジョン 2020」を発表。企業が旧来型のモデル/サービス/システムから脱却するために、何を取り入れていくべきかを5つのトレンドを挙げて紹介した。(2020/8/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。