• 関連の記事

「若者」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「若者」に関する情報が集まったページです。

東京都がスタートアップの支援拠点を開設 現地は若者で賑わい 実際に行ってみた【写真あり】
東京都が、千代田区にスタートアップ支援拠点「Tokyo Innovation Base」をオープンした。起業を目指す若者がたまり場にできるスペースなどを備える。2023年11月にプレオープンしており、イベントがある日に開いていたが、2月15日からは毎日開放する。(2024/2/15)

NEWS Weekly Top10:
NHK時計のアプリは「ひどすぎる」? これぞ“ジェネレーションギャップ”か……
若者世代によるXへのこんな投稿が話題になった。「NHKの時計アプリ見つけたんだけど酷すぎて泣いてる今」。「NHK時計」は2009年にNHKが初めて出したiOSアプリだ。その存在を懐かしがる昭和世代との反応にジェネレーションギャップが生じている。(2024/2/13)

“マルハラ”に対して俵万智さんが一句 「句点を打つのも、おばさん構文と聞いて」 Xでは称賛の声
歌人の俵万智さんが読み上げた“マルハラ”についての短歌がX上で話題だ。マルハラとは、中高年から受け取ったメッセージが句点で終わっていると、若者は距離感や冷たさを感じて恐怖を抱く──というもの。一部メディアが報じ、議論を巻き起こしていた。(2024/2/8)

文末の句点に恐怖心? 若者が感じる「マルハラスメント」 SNS時代の対処法は
LINEなどSNSで中高年から送信される「承知しました。」など文末に句点がつくことに対し、若者が恐怖心を抱く「マルハラ(マルハラスメント)」が注目されている。専門家は、メールに長く親しんできた中高年とSNSを駆使する若者との間をめぐり、SNS利用に対する認識の違いが影響していると指摘する。(2024/2/6)

「マッチングアプリ」台頭で苦戦 結婚相談所の倒産増加、過去最多に 帝国データ調査
2023年の結婚相談所の倒産件数が初めて10件を超え、過去最多を更新したことが、帝国データバンクの調査で分かった。若者の結婚願望の減退や晩婚化の広がりに加え、オンライン上で恋人や結婚相手を探す「マッチング(婚活)アプリ」の台頭が一因とされており、相談所が結婚相手を紹介するスタイルが過渡期に至ったことを象徴している。(2024/2/6)

“キラキラ若手”が会社を辞める3つの要因
就業者の幸せな活躍にとって重要な社会へのエンゲージメントを「ソーシャル・エンゲージメント」という。このソーシャル・エンゲージメントという概念を用いながら、若者の仕事意欲の低下や離職リスクなどについて解説する。(2024/2/6)

モス、約130万食売れた「とり竜田バーガー」に新作 韓国料理モチーフで若者需要を狙う
モスフードサービスは2月7日から、「辛旨ヤンニョムのとり竜田バーガー 〜なめらかチーズソース〜」を期間限定で発売。同時に「和風旨だれのとり竜田バーガー 〜くし切りレモン添え〜」も復活販売する。(2024/2/5)

関東の私鉄沿線格差:
学生や若者が住みやすい路線はどこか 通うのに便利で家賃が安いところ
学生や若者が住みやすい路線はどこか。通うのに便利で、かつ繁華街などにもアクセスしやすい路線が挙げられるが、代表的な路線は……。(2024/2/3)

1回で水菜15万円分が全滅…… 平均年齢26歳の若者農家、自然の厳しさを乗り超える姿に「負けないで」「リスペクトしかない」
野菜を育てる大変さが分かります。(2024/2/1)

磯部孝のアパレル最前線:
“パクリ疑惑”続出のSHEINを、なぜ日本の若者は支持するの? ユニクロが訴訟を起こした根本的理由
ユニクロは1月16日、模倣商品の販売停止などを求めて、SHEINブランドを展開する3社を提訴したと発表した。パクリ騒動が後を絶たないSHEINはなぜ、若者に支持され続けているのか。(2024/1/31)

データに隠された真実:
県外に出た高卒生はどこへ行くのか 毎年「社会現象」が起きている
高校を卒業して県外に進学、就職する若者たちは、どこへ向かっているのでしょうか。(2024/1/27)

Meta、InstagramとFacebookで若者保護を強化 有害コンテンツを自動的に制限
Metaは、InstagramとFacebookでの十代の若者保護を強化すると発表した。自傷行為などの有害コンテンツを検索できなくなり、フォローしている相手の投稿でも有害コンテンツは表示されなくなる。(2024/1/10)

働き方の「今」を知る:
「あの頃、必死で働いたから今がある」「今の若者はヌルい」と考える上司へ
働き方改革が進む一方で「とはいえ、ハードワークで成長してきた」「今の若者はヌルい」と考えたことがある人が多いのではないだろうか。変わりゆく働き方の中で、上司や経営者はこのギャップをどのように捉えてマネジメントすべきなのか。(2024/1/4)

“路上の伝説”朝倉未来が映画化 樹林伸、三池崇史監督ら参加の「蒼き路上の伝説」で本人役出演
若者がBreakingDownへの出場を目指す青春ストーリーとなっているもよう。朝倉さんは若者に影響を与えた存在として描かれるようです。(2023/12/31)

2023年の好きなテレビ番組 『どうする家康』『水曜日のダウンタウン』を抑えた1位は?
若者のテレビ離れが進む中、2023年人気を集めたテレビ番組とは。クロス・マーケティング(東京都新宿区)が調査を実施した。(2023/12/31)

「缶コーヒーを飲まない若者」に人気のボス缶 なぜ「2カ月で2000万本」も売れたのか
2023年3月発売の「ボスカフェイン」の販売が好調だという。「カフェインを摂取できる」ことを打ち出すパッケージが、なぜ「缶コーヒーをあまり飲まない若い人」をターゲットに好調な売れ行きを示しているのか。(2023/12/26)

コロナ以降「採用要件を緩和」企業の52.8% メンタルに疾患抱える応募者増加で
レバレジーズは中途採用担当者330名を対象に、若者の採用意欲に関する実態調査を実施した。(2023/12/22)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
自ら“窓際社員”になる若者──「静かな退職」が増えるワケ
最近の若い人たちは、人生設計がしっかりしている。しかし、仕事のプライオリティは確実に下がっている──。そんな悩みを、リーダー職に就く方々から聞くことがよくあります。米国では「必要以上に一生懸命働くのをやめよう」という「静かな退職」が話題になりました。なぜ、このような現象が起きるのか、そしてマネジャー層はどのように対応すべきなのか。健康経営学者の河合薫氏が解説します。(2023/12/22)

“絶対に帯コメントを書かない”小説家が初めての帯コメントを書いたワケとは…… 心温まるエピソードに「アツい展開」「不覚にも泣いた」
真剣な若者への面倒見が良いことで知られる小説家、屋久ユウキさんのエピソード。(2023/12/20)

SNSから人気拡大、ニトリ「スマホ毛布」 若者向けに開発も、意外なユーザーから支持
電気代の高騰による節約意識の高まりから、消費電力が大きいエアコンを使用しなくても温かくなれる商品が注目を集めている。こうした節電ニーズとスマホを組み合わせて生まれたのが、ニトリの「スマホ毛布」だ。(2023/12/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
部下を育てる、Z世代攻略コミュニケーション法
「最近の若者は」と言っていても始まらない人材育成。若手人材からの不満の声と企業からの求める声。ここに人材育成のヒントがある。(2023/12/14)

「大工」がいない 20年で半減、住宅業界はどうなる?
大工の減少が深刻化している。大工数は令和2年時点で約30万人、20年で半減しており、このまま減少が続くと、木造住宅の建設やリフォームなどに大きな影響が出る可能性もある。背景には、大工の高齢化と若者離れがあり、その課題に取り組む企業を取材した。(2023/12/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
若者こそ「忘年会したい!」 それでも昭和の上司が勘違いしてはいけないワケ
「忘年会に参加したい派」の割合が最も多いのは20代──そんな驚きの結果が、Job総研の調査で明らかになった。コロナ禍の影響で「人と会って話したい」欲望を持つ若者が増えているようだ。しかし、何のためにどのような忘年会をやるのか、部下とどのようにコミュニケーションすべきかについて、気を付けるべきこともあって……。(2023/12/8)

Z世代200人に聞いた:
「盛れないから人気」は間違い? SNS「BeReal」流行の本当のワケは……
BeRealが流行したのは「盛れないからではない」と考えるZ世代(大学生)が8割に上ることが、新卒採用支援事業を手掛けるRECCOO(リクー、東京都渋谷区)の調査で分かった。若者が考える、BeReal流行の本当の理由とは――。(2023/12/7)

働き方の「今」を知る:
「最近の若者は……」と突き放す上司は淘汰される、これだけの理由
上司と部下はいつの世代も分かり合えないのが世の常だ。しかし「若者世代はよく分からない」といって、部下とのコミュニケーションを放置するような上司や先輩は、どんどん淘汰されていく可能性が高い。なぜかというと……。(2023/11/21)

23年メンズトレンド調査:
「ポケモンスリープ」「原神」を超えた、若者に最も人気なゲームは?
SHIBUYA109エンタテイメント(東京都渋谷区)とマンダム(大阪府大阪市)の共同調査によると、Z世代男子が最もお金をかけていることの1位は「ゲーム」となったことが明らかになった。Z世代はゲームに何を求めているのか。(2023/11/16)

NEWS Weekly Top10:
おばさん構文で何が悪い?
先週のアクセストップは、“おばさん”世代がLINEのやりとりで使う「おばさん構文」に、若者に違和感を覚えているという内容。押しも押されもせぬおばさん(45歳)である筆者の心をグサグサ刺す記事だった。(2023/11/13)

コールドプレイ、ジャカルタ初公演の直前に抗議デモ “LGBT”支持に一部団体「若者を堕落させる」「我々は拒否する」
ツアーでアジア各地を巡っているコールドプレイ。(2023/11/12)

若者世代は「電話恐怖症」? 20代以上の約7割が苦手意識 民間会社調査
情報通信会社が発表した「電話業務に関する実態調査」で、調査に回答した20代の7割以上が電話対応に苦手意識を感じていることが分かった。同社は「SNSのチャットやメッセージ機能が普及したことに伴い、電話で話す機会が以前より減少したことで、電話に対する苦手意識を感じる『電話恐怖症』に陥っている若者が増加していると考えられる」と分析している。(2023/11/10)

テテマーチ調査:
「インスタ映え」もう古い? 「BeReal」「MBTI診断」が若者に受けた理由
企業向けSNSマーケティング支援を中心としたビジネス展開をする、テテマーチ(東京都目黒区)のZ世代マーケ研究室「lookey(ルーキー)」が「Z世代SNSトレンドグランプリ2023」を発表した。(2023/11/11)

単身者が選ぶ「首都圏で住みたい街」 3位「新宿」、2位「横浜」、1位は?
進学や就職などで上京して、ひとり暮らしをする若者たち。首都圏でひとり暮らしをしている未婚の20〜30代に「住みたい街」を聞いた。(2023/11/10)

「おじさん」の次は「おばさん構文」がやり玉に LINEを巡る世代間ギャップの背景
LINEをはじめとするSNSで中高年男性に特有の言い回しを揶揄する「おじさん構文」に続き、今度は「おばさん構文」が話題となっている。「おばさん〜」はギャル文化の名残も感じさせることが異なるが、共通するのは長文であることに加え、絵文字や顔文字を多用する点。専門家はこうした表現に若者が「イタイ」「サムイ」と違和感を覚える背景には、単なる世代間ギャップだけでなく、親しんできたコミュニケーションツールの違いがあると分析している。(2023/11/8)

“ラスボス”小林幸子、高級外車で若者の街に降臨→二度見必至なオーラでざわつかせる 過去には“庶民派”な愛車披露も話題に
原宿に降臨。(2023/11/6)

YouTube、若者への動画推奨に制限 メンタルヘルス保護で
Google傘下のYouTubeは、十代のユーザーが繰り返し視聴すると問題となる可能性のある動画の推奨頻度を制限すると発表した。(2023/11/4)

生成AI 若者は「おもしろいコンテンツを生み出す」 中高年は「仕事を手伝ってくれる」 アドビの意識調査
若者にとって生成AIは「おもしろいコンテンツを生み出すもの」というイメージが、中高年には「仕事を手伝ってくれるもの」という印象がある――アドビの調査でこんな傾向が。(2023/10/26)

あの三省堂から、オタク用語辞典「大限界」登場 今の若者が使う1600用語を収録
国語辞典「大辞林」など手掛ける三省堂が、「オタク用語辞典 大限界」を11月21日に発売する。名古屋短期大学現代教養学科の学生12人が、自身の周りで使われているオタク用語約1600項目を採集し、語釈と用例を付した辞典だ。(2023/10/24)

週4以上オンライン会議をしている100人を対象:
若者の9割がオンライン会議で「カメラオフ」 上司との認識ズレ、社内のルールは?
オンライン会議でのカメラのオンオフ事情を調査したところ、全体の約9割が「カメラオフ」で参加していることが分かった。社内ではどのようなルールを設けているのだろうか?(2023/10/17)

最近の若者が会社選びで重視すること 3位「福利厚生」、2位「休暇の取りやすさ」、1位は?
Z世代向けの企画・マーケティングを行う「僕と私と」が、2024年に新社会人となるZ世代を対象に、会社選び・就活に関する意識調査を実施した。(2023/10/4)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
若手人材の早期離職を解決! 部下を活かすマネジメント“新作法”とは
現状を聞き分析する中で分かったのは、企業側が若者の真の離職理由を捉えきれていないこと。いったい何が食い違っているのだろう。なぜ若者はすぐに辞めてしまうのだろうか。(2023/9/28)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第2回】
技術教育を変える――「Raspberry Pi」でイノベーションを生んだ女性の活躍
英国Computer Weeklyは2012年から毎年、IT業界で活躍する女性を表彰している。本稿は、子どもや若者の活動を支援する、2人の女性の活動を紹介する。(2023/9/24)

小倉優子、“30代ラストのメイク動画”で披露したスッピンに見惚れる人々 「え…嘘!?」「何歳になってもずっと若者」
タレント兼、現役女子大生兼、3男児の母の小倉さん。(2023/9/23)

本を最もよく読む世代は? 「若者の読書離れ」実際は……
「半年に1冊以上本を読む」とした人は52%に上ったことが、マーケティング調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。(2023/9/21)

「Xperia 5 V」のターゲットは“若者” スペックよりも体験を伝える手法とは
ソニーは9月20日、スマートフォン「Xperia 5 V」の国内における販路を発表した。NTTドコモ、KDDI、楽天モバイル、ソニーストアが取り扱う。同日の説明会でソニーがXperia 5 Vのプロモーションに「NiziU」を起用した狙いなどが語られた。(2023/9/20)

石川温のスマホ業界新聞:
ソニーが6.1インチ「Xperia 5 V」を発表――「Xperia 1のコンパクト版」から「若者狙い」にシフト
ソニーが「Xperia 5 V」を発表した。従来の「Xperia 1シリーズのコンパクトモデル」という方向性から若干脱却し、「若年層向けのハイエンドモデル」という位置付けになったようである。(2023/9/10)

地下鉄車両の上に乗る「地下鉄サーフィン」 SNSのトレンドで若者死亡 ニューヨーク市が防止キャンペーン
「地下鉄サーフィンは命を奪う。車内に乗って命を守ろう」と呼びかけ。(2023/9/6)

5500万円のロールスロイス、皇治がキャッシュで“一括購入”「天才じゃなくてもこうなれる」「もっと成り上がろう」
若者に夢を見せたい皇治選手。(2023/9/1)

仕事に対する価値観:
職場の若い人は何を考えているの? Z世代とうまく付き合う方法
「Z世代」という言葉をよく耳にするようになった。X・Y世代と違って、若い人たちはどのような傾向があるのか。仕事の価値観などを解説する。(2023/9/1)

店舗予算は「分かりません」 数字を知らないキャンディ店、社長はどう変えた?
店舗予算は「分かりません」「日々頑張ります」――アメ細工のパフォーマンスで若者から人気を得ている「PAPABUBBLE」だが、経営はアナログで行き当たりばったりだった。そんな中、4月に代表に就任したのは電通やゴンチャジャパンでマーケティングを極めてきた越智大志氏。就任後5カ月で、会社はどう変わったのか。(2023/8/31)

「若くて新しい会社より、歴史がある会社」がいい 若者が働きたい組織の特徴は?
リクルート(東京都千代田区)の研究機関である就職みらい研究所が「働きたい組織の特徴」を調査した。(2023/8/30)

20代の6割が「投資に意欲」 投信、株を超えた人気1位は?
若年層の資産形成への関心が高まっている。三井住友カード(東京都江東区)の調査で、20代の3割が投資をしていることが分かった。若者は投資に対してどのような意識を持っているのか。(2023/8/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。