• 関連の記事

「吉野家」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「吉野家」に関する情報が集まったページです。

小売・流通アナリストの視点:
すき家は増収、吉野家は減収のワケ コロナ禍後、V字回復する外食チェーンは?
コロナ禍によって、外食産業の市況は大きく変化した。この記事では、大手外食チェーンに着目して現状を整理し、今後の見通しを予測する。V字回復や持続的な成長が見込める企業と、その理由とは?(2022/8/9)

「出前館」でウルトラ半額祭実施! 過去最大9400店舗で牛丼やピザなどの値段が50%オフ
(1)8月5日から8月7日、(2)8月19日から8月21日の2回にわたって行われます。(2022/8/1)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ウナギのチェーン店が急増中! 価格が高騰しているのに、売り上げが好調な理由
コロナ禍に入ってから、ウナギのチェーン店が急増している。ウナギのファストフード「名代 宇奈とと」は、約2年で店舗数が7倍に増えた。一方、高級なウナギ料理を提供するチェーン店の存在感も増している。(2022/8/1)

かつやユーザーが他に検討する飲食店 2位は「松屋」、1位は?
 ロイヤル顧客の反応可視化ツールを提供するスパコロ(東京都港区)は、東京都在住の15〜69歳を対象に行った「利用実態調査 かつや編」の結果を発表した。1年以内にかつやを利用する時に「他に候補としてあがる飲食店」はどこかを聞いたところ、1位は「吉野家」(11.8%)だった。(2022/7/30)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
「コロナ禍」見誤った中国火鍋チェーン「海底撈」、海外事業切り離しで立て直し? 日本でも大量出店のち休業
中国最大の火鍋チェーン「海底撈火鍋」を経営する海底撈国際控股が、海外事業部門を分社し、香港証券取引所に上場申請した。同社はコロナ禍で大量出店する「逆張り」戦略が失敗し、直近の決算で巨額赤字を計上。国内外の同時改善は難しいと判断し、重荷の海外部門を切り離したようだ。(2022/7/21)

「Yahoo!」「SmartNews」アプリのお得なクーポン【7月最新版】 コンビニやレストランで半額など
スマホアプリやWebサイトで得するクーポン。配信されているアプリ、サイトのキャンペーンをまとめた。今回紹介するのはYahoo!とSmartNewsで、コンビニやレストランなどの情報が中心。(2022/7/16)

外食チェーン初:
吉野家、「トクホの牛丼の具」発売 食後の血糖値上昇をおだやかに
吉野家が、特定保健用食品の許可を獲得した冷凍牛丼の具「トク牛サラシアプレミアム」を7月11日より販売開始した。(2022/7/12)

吉野家でトクホの牛丼の具を販売 外食チェーン初のトクホは構想8年、申請から4年
食事から摂取した糖の吸収を減らす特定保健用食品許可取得商品を7月11日より販売開始。(2022/7/11)

PayPayキャンペーンまとめ【7月10日最新版】 最大10万ポイント、毎週100円相当還元など
PayPayが2022年7月10日から18日まで実施しているキャンペーンをまとめた。7月からスタートする「夏のPayPay祭」は最大10万ポイント還元、クーポン配布の強化など、注目の内容だ。「PayPayフリマ」は、初回販売時に最大1800円分の送料を実質無料にするキャンペーンを開催している。(2022/7/10)

ネット利用に対応した「PayPayクーポン」配布 「夏のPayPay祭」期間中は20%還元も
PayPayは、7月1日にインターネット利用や注文に使える「PayPayクーポン(決済総額型)」を提供開始。「夏のPayPay祭」期間中もPayPayポイント付与率が最大20%になるクーポンなどを配布する。(2022/7/4)

再販の可能性も:
吉野家、「親子丼」の販売“一旦終了” 再販も? 元常務の「生娘をシャブ漬け」発言乗り越え、350万食販売
吉野家が「親子丼」の販売を終了すると発表した。2012年に販売していた商品を、10年の開発期間をかけて復活させ、4月に販売を開始していた。親子丼について吉野家は「食材がなくなり次第、販売を終了する」としている。(2022/6/23)

吉野家の親子丼が終売へ 「レギュラーじゃなかったの?」「まだ食べ足りない」と惜しむ声
販売総数は350万食達成。食材がなくなり次第終了とのことです。(2022/6/23)

吉野家が出題した「間違い探し」が難しすぎる 違うところは3つ これで難易度が★★☆☆☆だと?
見てるとお腹すいてくる。(2022/6/22)

丸亀製麺ユーザーが、他の店を利用するのはどんなとき? 競合はなんとマクドナルド
スパコロは、東京都在住の15〜69歳を対象に行った「競合探索調査 丸亀製麺編」の結果を発表した。「丸亀製麺」を利用しようとした時の他の候補はどこか聞いたところ、1位はなんと「マクドナルド」だった。(2022/6/9)

13卒と23卒の人気ランキングを比較:
就活戦線に異状あり──10年前の人気企業がTOP10から“消滅”した理由
マイナビの2013年卒と23卒の就職人気企業ランキングを比較したことで分かったこととは?(2022/6/2)

厳しい声:
「上級幹部社員のテロだ」株主から批判噴出 吉野家HD総会
吉野家ホールディングスは26日、東京都内で定時株主総会を開いた。傘下の牛丼チェーン、吉野家では最近、女性蔑視発言をした常務の解任や、外国籍と判断した大学生の採用説明会への参加拒否といった、企業体質に疑念を持たれかねない問題が相次いで発覚。出席した株主によると、総会では出席株主から厳しい声が続出した。(2022/5/27)

輪郭に見覚えがありすぎる謎の看板が東急プラザ銀座に出現 「何ーウォーズだ?」とTwitterが大喜利状態に
「何のお店か想像つかないけどダースベイダーが出てきそう」など、とぼけた回答続々。(2022/5/26)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
コメダ珈琲は、なぜコロナの悪影響をあまり受けなかったのか?
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。第3回目として取り上げるのはコメダホールディングスです。もちろんコメダコーヒーの運営をしている企業です。(2022/5/12)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
吉野家は、飽和する国内市場でなぜ郊外と女性に目をつけたのか?
今回取り上げるのは吉野家ホールディングスです。牛丼チェーンの吉野家を中心に展開していて、それ以外にも大きなチェーンでははなまるうどんもこの吉野家グループの企業です。最近は本業以外の部分でも話題になることが多い吉野家ですが、今回はそんな吉野家の現状と今後について考えていきましょう。(2022/5/11)

スピン経済の歩き方:
なぜ吉野家は「炎上3連チャン」をやらかしたのか わずか1カ月半の間に
お客様相談室長、常務取締役、採用担当者――。吉野家の炎上が止まらない。わずか1カ月半の間に、なぜ「3連チャン」をやらかしたのか。その背景に何があるのかというと……。(2022/5/10)

NEW! 妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
サイゼリヤがコロナ前をはるかに上回る利益水準になった理由
決算書で分かる日本経済の動向という事で、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのはサイゼリヤです。もちろんイタリアンのファミリーレストランであるサイゼリヤを運営している企業です。(2022/5/10)

該当者には“おわびメール”送付:
吉野家、外国籍学生の就職説明会“排除”で謝罪 理由は「就労ビザ」 参加拒否の学生、他にも多数
外国籍の学生に対し、国籍を理由に自社の企業説明会への参加を拒否していたとして、吉野家が謝罪した。同社は拒否した理由について「(外国籍の学生は)就労ビザの取得が困難。ビザを取得できず過去に内定を取り消したケースがあったため」と説明している。(2022/5/10)

進化するカプセル玩具:
なぜ駅ナカに? 「ガチャガチャ」専門店が相次ぎオープン 市場規模は400億円超
「ガチャガチャ」や「ガチャポン」の愛称で親しまれるカプセル玩具の専門店が近年、“駅ナカ”に相次いでオープンしている。ガチャガチャといえば、かつてはスーパーマーケットの店先やゲームセンターに設置され、子どもが親に「買って」とねだる、そんな印象が強かったが、近年は売場も客層も大きく変化しているようだ。(2022/5/5)

専門家のイロメガネ:
吉野家、ミスターチーズケーキ、牛宮城、食品表示で炎上が絶えない根本原因
元雨上がり決死隊の宮迫博之さんの焼き肉店で、メニュー表記をめぐってトラブルが発生し、大きく報道された。高級チーズケーキを販売するMr. CHEESECAKEでもTwitterでの炎上騒ぎがあった。表示をめぐる問題はたびたび発生しているが、一度発覚すると企業のブランドを大きく損なう。企業はどうすればいいのか。(2022/4/29)

「生娘をシャブ漬け戦略」が生まれた背景は:
吉野家元常務の舌禍事件から考える マーケティング業界の病巣とシニア権力を持ち続けるリスク
「生娘をシャブ漬け戦略」という破廉恥ワードはなぜ生まれたのか。背景にはマーケティング業界の問題と、シニア世代の価値観があると筆者は指摘する。(2022/4/22)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
「バイトテロ」ならぬ「上層部テロ」で炎上の吉野家、それでも株価は上がり続けるワケ
吉野家では「バイトテロ」から一歩進んで、「上層部テロ」が脅威となっているようだ。しかし、吉野家は複数の炎上を経ても株価が下落するどころか、むしろ上がっているのだ。(2022/4/22)

吉野家の新メニュー“親子丼”に「売り切れだった」報告相次ぐ 吉野家広報「販売状況によっては売り切れる可能性」
炎上騒動が思わぬ形で後押しに……?(2022/4/21)

「親子丼」発売:
吉野家イメージ回復の秘策 森永卓郎氏「女性のみに向けたおわびはかえって批判」
元常務の「生娘シャブ漬け」発言で大炎上した牛丼チェーン、吉野家。騒動のなかで、開発に10年をかけた新商品「親子丼」(並盛437円)の発売が始まった。イメージを回復させて女性客を増やすことはできるのか。(2022/4/21)

くら寿司“あぶりネタ”宣伝ツイートに批判集まる 「このタイミングであぶりって…」「二度と行きません」
記事掲載の前日のツイートでしたが……。(2022/4/21)

波紋広がる:
吉野家常務の「生娘シャブ漬け」発言  「当社との契約関係は一切ございません」と“破門状”も
早稲田大学の社会人向け講座で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言し、牛丼チェーン、吉野家の常務を解任された伊東正明氏(49)。19日にはコンサルティング大手、アクセンチュアなど2社の契約も解除された。「マーケティングのプロ」ともてはやされた伊東氏だが、関係していた企業が切り離しを急いでいる。(2022/4/21)

アクセンチュア、「生娘をシャブ漬け戦略」発言の吉野家元常務との顧問契約解除 「誠に遺憾」
アクセンチュアは、不適切発言したとして吉野家の常務取締役を解任された、伊東正明氏との契約を解除したと発表した。同社は2021年7月から伊東氏をマーケティング分野の社外アドバイザー(顧問)に起用していた。(2022/4/20)

余波が収まらない:
吉野家常務“暴言”の代償 株価急落、「最悪のマーケティング」に
牛丼チェーン大手「吉野家」の常務が、若者を狙ったマーケティング戦略で「生娘がシャブ(薬物)漬けになるような企画」と発言した余波が収まらない。外資出身のエリート常務の暴言は「最悪のマーケティング」となった。(2022/4/20)

「お金なさ過ぎて……」 全財産を“額に入れて飾った”写真がアートっぽくてジワる
全財産2万3712円。(2022/4/20)

逆にレアだこれ! ガンプラのシールドが買った時点で真っ二つ 購入者「ダメージ表現しやすい」と不良品に歓喜
ヒートホークで割られた感。(2022/4/20)

最近よく見る「Cookie使用同意バナー」、実は無意味? 専門家が指摘するちぐはぐ対応
Cookieとは、閲覧したWebサイトからスマートフォンやPC内のブラウザに保存されるファイルのことです。(2022/7/8)

サバ缶の中に図書館ができちゃった!? 秘密基地みたいなミニチュア作品“図書缶”がすてき
照明の雰囲気もおしゃれ。(2022/4/19)

「映画館で同じ映画を292回鑑賞」 「スパイダーマン」最新作でギネス記録更新
費やした時間はおよそ30日間分。(2022/4/19)

『ジョジョ』ポルナレフの円柱ヘアをありのまま再現 美容師の神業に「ブラボー! おお……ブラボー!!」と称賛の声
ウィッグ18本を使用し、髪の密度だけでてっぺんの平面を再現。(2022/4/19)

「Googleマップでロシアの軍事施設のぼかしがなくなった」投稿拡散 Googleは「変更ない」と否定
「ロシアの衛星画像のぼかしを変更していない」とGoogleは否定しています。(2022/4/19)

ファイナルファンタジー35周年記念Tシャツがユニクロから登場 歴代ナンバリング16作品をフィーチャー
2点以上購入した人には、先着でオリジナルトランプをプレゼント。(2022/4/19)

吉野家“生娘シャブ漬け戦略”の謝罪文、渦中の常務本人が作成者に 理由を聞いた
吉野家は、若者へのマーケティング戦略について「生娘がシャブ漬けになるような企画」などと表現した伊東正明常務取締役を「解任したと発表した。発言を巡っては吉野家が18日に自社サイトに掲載した謝罪文の作成者が「Ito Masaaki」だったこともTwitter上で話題になっている。(2022/4/19)

吉野家常務の「生娘をシャブ漬け戦略」発言 講座主催者の早稲田大も謝罪 「再発防止に努める」
吉野家の伊東正明常務が早稲田大学の社会人向け講座で若手女性向けの自社戦略を「生娘をシャブ漬け戦略」と表現した問題で、早稲田大が「講座主催者として深くお詫び申し上げます」と謝罪した。同大は「再発防止に努める」としている。(2022/4/19)

『ゴールデンカムイ』実写化決定に不安の声が噴出 「やめた方が良いと思うんだよなぁ」「うーん…大丈夫なのか?」 
現時点で公開時期やキャストは未発表です。(2022/4/19)

吉野家、「生娘シャブ漬け戦略」発言の役員を解任
「人権・ジェンダー問題の観点から到底許容することの出来ない職務上著しく不適任な言動があったため」として、18日付けで解任したと報告しています。(2022/4/19)

吉野家が問題発言の役員を解任 「当社と同氏との契約関係は一切ございません」
吉野家ホールディングスは4月19日、同社執行役員で吉野家常務取締役の伊東正明氏を解任したと発表した。18日に開催した臨時取締役会で決議した。(2022/4/19)

吉野家、開発期間10年の「親子丼」発売 幹部の「生娘をシャブ漬け戦略」発言でPR自粛
吉野家が「親子丼」の販売を全国の店舗で始めた。2012年に販売していた商品を、10年の開発期間をかけて復活させた。ただ、伊東正明常務の外部講演会での不適切発言を受け、広報活動を自粛。同日に予定していた発表会も中止した。(2022/4/19)

そんな緊急発表で大丈夫か? 「エルシャダイ」Nintendo Switch版が製作決定で問題ない
詳細は11周年の4月28日に発表予定。(2022/4/19)

スピン経済の歩き方:
「生娘をシャブ漬け戦略」で大炎上! なぜ吉野家の役員は“暴言”を吐いたのか
吉野家の常務取締役企画本部長が、女性向けマーケティング施策を「生娘をシャブ漬け戦略」などと表現して、大炎上している。それにしても、なぜ大手企業の役員がこのような“暴言”を吐いたのだろうか。筆者の窪田氏は……。(2022/4/19)

「処分を含め厳正に対応」 吉野家、取締役の「生娘をシャブ漬け戦略」発言で見解
吉野家の常務取締役が早稲田大学の社会人向けマーケティング講座で不適切発言した問題で、同社は取締役の処遇について「本件を受け、 社内規定に則って当人への処分を含め厳正に対応を進めていく」と明らかにした。(2022/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。