• 関連の記事

「タッチパッド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タッチパッド」に関する情報が集まったページです。

サンワ、マルチタッチ対応のBluetoothワイヤレスタッチパッド
サンワサプライは、Bluetoothワイヤレス接続に対応したタッチパッド「MA-PB521GM」を発表した。(2024/6/17)

COMPUTEX TAIPE 2024:
身近で便利で体感できるAIはSynapticsにあり? ビデオ会議やタッチパッド、ドッキングステーションなどをデモ
台湾で開催中の見本市「COMPUTEX TAIPE 2024」には、さまざまな企業がブースを出展している。ここではタッチパッドや生体認証、WebカメラなどでおなじみのSynapticsを紹介する。(2024/6/5)

スマートグラス「Rokid Max 2」発表 補正レンズなくても視度調節可能 タッチ操作のリモコン「Rokid Station 2」も
スマートグラスを開発する中国Rokid(霊伴科技)は2024年4月20日、スマートグラスとコントローラーをセットにした「Rokid AR Lite」を発表した。「Rokid Max 2」と「Rokid Station 2」を含む。Rokid Max 2は視野調整が可能で、Rokid Station 2はタッチパッドによる操作を可能とする。日本での販売はアナウンスされていない。(2024/4/25)

トラックパッド搭載でiPadをガッチリ守る! 第10世代iPadに対応したロジクールのキーボードケース「Combo Touch」を試す
第10世代iPad用のカバー兼キーボードに、新モデル「Combo Touch for iPad(第10世代)」が登場した。タッチパッドやキーボードバックライトを備えた本モデルを細かくチェックした。(2024/2/1)

CES 2024:
DellのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル登場 「XPS 13 Plus」のデザインを踏襲し14.5型と16.3型も追加
Dell Technologiesが、XPSノートPCの新モデルを発表した。従来「XPS 13 Plus」で展開していた「ボーダーレスタッチパッド」と「タッチ式ファンクションキー」を全面展開したことが大きな特徴だ。(2024/1/4)

CES 2024:
注目ポイントはキーボードとタッチパッド!? Core Ultra搭載でAI PCに進化した「ThinkPad X1ファミリー」の2024年モデルが登場
IntelがCore Ultraプロセッサを発売したことに合わせて、Lenovoが「ThinkPad X1ファミリー」の2024年モデルを発表した。AI PCであることはもちろんなのだが、長年のThinkPadユーザーには“見逃せない“見逃せない変化もある。(2023/12/15)

Gloture、超小型設計のタッチセンサー式ワイヤレスマウス
Glotureは、タッチ式ボタンを備えた超小型ワイヤレスマウス「GeeRig」の販売を開始した。(2023/2/20)

インフィニオン PSoC 4100S Max:
タッチセンシング技術を搭載したHMI向けSoC
インフィニオン テクノロジーズは、HMI向けのSoC「PSoC 4100S Max」を発表した。同社の第5世代タッチセンサー技術「CAPSENSE」を搭載し、相互容量センシングと自己容量センシングを備えるため、さまざまなタッチスクリーン機能に対応する。(2022/11/17)

日本航空電子工業 フィルムセンサー:
次世代車載内装UI向けの静電フィルムセンサー
日本航空電子工業は、次世代車載内装のUIに適したフィルムセンサーを開発した。静電センサー1枚に非接触センサー、タッチセンサー、感圧センサーを統合している。機能とデザイン性に優れた次世代UIを可能にする。(2022/9/5)

暗い場所でもケーブルを挿しやすく LEDライト付きUSB Type-C/Lightningケーブル
エレコムは、手で触れるとLEDライトが光るタッチセンサー搭載ケーブルを発売する。USB Type-A対応スマホ/タブレットやPCで利用でき、コネクターはUSB Type-CとLightningの2種類。(2022/7/19)

「ファンクションキー」と「タッチパッド」はどこ? 東京・代官山で「XPS 13 Plus」を確かめてみよう!
デル・テクノロジーズが、東京・代官山にXPS 13 Plusをフィーチャーしたポップアップストアを開設する。プレオープンの模様を取材したので、簡単にご紹介しよう。(2022/7/1)

第11世代Core採用:
サードウェーブ、使い勝手を重視した15.6型ノートPC「THIRDWAVE SA50xi」を発表
サードウェーブが、第11世代Coreプロセッサを採用した新しい15.6型ノートPC「THIRDWAVE SA50xi」を発売する。従来の15.6型モデルよりも広いユーザー層を想定したモデルで、テンキーにもなるタッチパッドを備えるなど利便性を高めたことが特徴だ。(2022/5/19)

独自のロールツーロール工法を採用:
低抵抗で高い透過率の透明導電フィルムを商品化
パナソニック インダストリー社は、独自のロールツーロール工法を用い、低抵抗で透過率の高いメタルメッシュタイプの「透明導電フィルム」を商品化した。車載や民生用途のタッチセンサー、透明アンテナ、透明ディスプレイ用基板、透明ヒーターなどの用途に向ける。(2022/2/18)

価格は13万円前後:
レノボ、外付けディスプレイとしても使える12.6型Wi-Fiタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」を発売 キーボードとペンが付属
レノボ・ジャパンが、12.6型有機ELディスプレイを採用したAndroidタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」を発売。4096段階の筆圧感知や傾き検知機能を備えたLenovo Precision Pen 3や、大型のタッチパッドを搭載したキーボードを付属する。(2022/1/25)

スマホ感覚でPC操作ができるBluetoothタッチパッドが発売 軽い力で動いて手首に優しい
省スペースなのもうれしい。(2021/10/21)

サンワ、Bluetooth接続に対応したワイヤレスタッチパッド
サンワサプライは、Bluetoothワイヤレス接続に対応した小型タッチパッド「400-MABT128」の販売を開始した。(2021/10/20)

Nubia、Snapdragon 888+搭載のゲーミングスマホ「REDMAGIC 6S PRO」10月末に国内発売
ZTE傘下のNubia Technologyは、10月末頃にゲーミングスマホ「REDMAGIC 6S PRO」の国内販売を開始。透明な背面カバーにはマッピング可能なタッチパッドエリアを搭載し、450Hzのタッチサンプリングレートに対応する。(2021/9/30)

ドンキの格安ノートPCに新モデル 指紋認証搭載、メモリ4GBで3万2780円 1TBまでのSSDを増設可能 
PPIHがノートPC「MUGA ストイックPC4」を発表。タッチパッドに指紋認証機能を搭載。1TBまでのM.2 SSDを接続できる拡張スロットも備える。価格は3万2780円(税込)。(2021/5/13)

ユニーク、タッチパッド機能内蔵キーボード「mokibo」に英語配列モデルを追加
ユニークは、同社が取り扱うタッチパッド機能内蔵キーボード「mokibo」に英語配列モデルを追加、クラウドファンディングサイト「machi-ya by CAMPEIFE」で先行販売を開始する。(2021/3/23)

Innovative Tech:
表と裏を独立検知できる布地タッチセンサー Google、「ZebraSense」開発
表裏のセンサーを交互に組み込むことで、表からも裏からも操作可能。(2021/3/16)

タッチパッド付きで折りたためる サンワのiPhone/iPad向けBluetoothキーボード
サンワサプライは、タッチパッドを備えたiPhone/iPad向けBluetoothキーボードを発売。コンパクトに持ち運べる折りたたみ式で、最大3台の機器をワンタッチで切り替えられる。(2021/3/4)

サンワ、タッチパッド付きのiPad/iPhone向けBluetoothキーボードを発売
サンワサプライは、タッチパッド付きでマウスのようなカーソル操作ができるiPad/iPhone向けBluetoothキーボードを発売。端末を立てかけられるスタンド付きで、快適な文字入力が行えるアイソレーション形式となっている。(2021/3/3)

オウルテック、タッチパッド付きの折りたたみ式Bluetoothキーボード
オウルテックは、タッチパッド機能を内蔵した折りたたみ式Bluetoothワイヤレスキーボード「OWL-BTKB6301TP」を発売した。(2021/2/18)

アームが自動開閉するワイヤレス充電式車載ホルダー エレコムから
エレコムは、タッチセンサーでアームが自動開閉するワイヤレス充電式車載ホルダーを発売。コンパクトタイプと長さや向きを調整できるロングアームタイプに加え、それぞれ2ポートのシガーチャージャー付きモデルも提供する。(2021/2/17)

Innovative Tech:
髪の毛1本サイズの極細ワイヤー型タッチセンサー「ThreadSense」 ダートマス大学が開発
髪の毛に編み込んで、コントローラーとして使うこともできる。(2020/11/27)

Tech TIPS:
【Windows 10トラブル対策】タッチパッドが反応しない
ノートPCのタッチパッドが「反応しなくなった」「反応が鈍くなった」という場合の対応策を取り上げる。タッチパッドが反応しなくなっても慌てず対応しよう。(2022/8/26)

Innovative Tech:
“液タブ”機能付きノートPC向けタッチパッド「MirrorPad」 KAISTが開発
ノートPCとタブレットのいいところを合体させたユーザーインタフェースの新提案。(2020/8/26)

Innovative Tech:
手の爪使ってタッチ入力する「Nailz」 29通りのアクションを片手だけで
ちょっと変わったネイルアートのようにも見えるタッチセンサーを駆使して入力する。(2020/8/18)

福田昭のデバイス通信(251) 2019年度版実装技術ロードマップ(59):
スマートフォンと車載情報機器の進化を支えるタッチパネル(前編)
今回は、「入出力デバイス」からタッチパネルを取り上げる。タッチセンサーについて、主要な5つの方式を紹介する。(2020/6/22)

5G対応モデルも10月以降に追加:
使い勝手を強化したモバイルPC「LAVIE Pro Mobile」登場 USB Type-C端子から映像出力も可能に
NECの軽量モバイルPC「LAVIE Pro Mobile」に2020年夏モデルが登場。先代のコンセプトをキープしつつも、第10世代CoreプロセッサやWi-Fi 6対応無線LANモジュールを搭載し、キーボードやタッチパッドのサイズを拡大するなど使い勝手を向上している。(2020/6/16)

タッチパッドで操作できるiPhone/iPad向けBluetoothキーボード サンワサプライから
サンワサプライは、iPhone/iPadで利用できるタッチパッド付きBluetoothキーボード「400-SKB066」を発売。カーソル操作やクリックが可能で、ボタンを押せば3台の機器をワンタッチ切り替えできるマルチペアリング機能を備えている。(2020/6/10)

「iPad Pro」用のMagic Keyboardの受注がスタート 4月21日から順次出荷予定
新しい「iPad Pro」の目玉オプション品である、トラックパッド(タッチパッド)付きキーボードの受注が始まった。日本語以外にも米国英語、英国英語などの配列が選べる。(2020/4/16)

Zytronicが展示:
最大100点のタッチが可能なディスプレイ
タッチセンサー技術やタッチパネルの開発を手掛ける英Zytronicは「embedded world 2020」(2020年2月25〜27日、ドイツ・ニュルンベルク)で、最大100点のタッチが可能なディスプレイを展示した。同社のタッチコントローラー1個で制御できる。約1年半前に開発したもので、既に量産を開始している。(2020/3/31)

ASUS、テンキー付きタッチパッド搭載13.3型ノート「ZenBook 13 UX333FA」にWindows 10 Pro搭載モデルを追加
ASUS JAPANは、同社製13.3型モバイルノートPC「ZenBook 13 UX333FA」にWindows 10 Pro搭載のビジネス向けモデルを追加した。(2020/1/22)

日本HPが「Spectre」「ENVY」の新2in1モデルを順次発売 「LTE」「リアルウッド」も用意
日本HPが「Spectre」「ENVY」ブランドのノートPCの新製品を発表。SpectreはLTE通信機能を搭載するモデル、ENVYにはパームレストとタッチパッドに実際の木材を使ったモデルや日本限定の新色が目玉だ。(2019/12/4)

ガラス形状は個別要求にも対応:
Zytronicのタッチセンサー技術、90型まで対応
Zytronic(ザイトロニック)は、「SENSOR EXPO JAPAN 2019」で、独自の投影型静電容量型タッチセンサー技術を用いた27型タッチスクリーンを展示した。(2019/9/12)

“タッチパッドなディスプレイ”がリニューアル ASUSから新型「ZenBook 14」「ZenBook 15」登場
ASUSのプレミアムノートPCに新モデルが登場。サブディスプレイにもなるタッチパッド「ScreenPad」は第2世代となり、操作の快適性が増した。(2019/8/20)

COMPUTEX TAIPEI 2019:
ASUS、14インチのセカンドディスプレイ搭載ノートPC「ZenBook Pro Duo」
ASUSが、キーボードの上に14インチのセカンドディスプレイ「ScreenPad Plus」を設置し、タッチパッドをキーボードの右に配置したノートPC「ZenBook Pro Duo」を発表した。(2019/5/28)

CORSAIR、円形タッチパッド+ジョイスティックも装備した多機能ワイヤレスキーボード
アスクは、CORSAIR製の無線+有線接続に対応した多機能キーボード「K83 Wireless」の取り扱いを開始する。(2019/4/12)

FOX、ミッドレンジスマホ「BlackBerry KEY2 LE」4月19日に発売 5万円台半ば
FOXは、4月19日にBlackBerryのエントリーモデル「BlackBerry KEY2 LE」を発売する。タッチセンサー機能をそぎ落とし物理キーボードを備え、日本語入力システム「iWnn」も搭載。ポリカーボネート製で軽量化を実現し、背面はソフトタッチ素材で仕上げグリップ性能を向上させている。(2019/4/9)

ASUS、テンキー機能内蔵タッチパッドを備えた13型モバイルノート「ZenBook 13 UX333FA」など4製品
ASUS JAPANは、テンキー機能付きタッチパッドを搭載した13型モバイルノートPC「ZenBook 13 UX333FA」など計4製品を発表した。(2019/3/29)

サンコー、スマホを置くだけで固定できる車載ホルダー
サンコーは、2月15日にスマートフォンを置くだけで自動的にホールドするセンサーを備えたホルダーを発売。約1時間のUSB充電で7日前後稼働し、外す際は本体上部のタッチセンサーに触れると自動でストッパーが開くため片手で簡単に外すことができる。(2019/2/18)

ASUS、液晶タッチパッド“ScreenPad”を内蔵した14型ノートなど4製品を投入
ASUS JAPANは、液晶タッチパッドを装備した14型ノートPC「ASUS ZenBook Pro 14 UX450FDX」など計4製品の販売を開始する。(2018/12/12)

タッチパッドがディスプレイ!? ASUSのプレミアムノート「ZenBook Pro 15 UX580」徹底レビュー
「ZenBook Pro 15 UX580」はCore i9を搭載するハイスペックなシステムに独自の「ScreenPad」も内蔵するASUSのフラグシップノートPCだ。じっくりレビューしていこう。(2018/9/6)

タッチパッド搭載ワイヤレスミニキーボードに日本語配列モデルが登場
サードウェーブは、ワイヤレスミニキーボード「DN-915459」(日本語配列モデル)を2999円(税別)で発売した。(2018/8/17)

ゲームパッド風デザインのタッチパッド付きワイヤレスキーボード
ドスパラは、タッチパッドを標準で搭載した小型ワイヤレスキーボード「DN-915415」の取り扱いを開始した。(2018/7/20)

ディスプレイをタッチパッドに埋め込んだCore i9搭載4KノートPC「ZenBook Pro 15」
タッチパッドにディスプレイを統合するアイデアは、かつて“失敗例”としてPCの歴史に埋もれていった。ASUSの「ScreenPad」はどうか。(2018/6/20)

上海問屋、ゲームパッド感覚で使えるタッチパッド付き超小型ワイヤレスキーボード
ドスパラは、スマートフォンサイズの小型ワイヤレスキーボード「DN-915265」の取り扱いを開始した。(2018/5/7)

Samsung、GalaxyをPCのように使える「DeX Pad」を米国で予約開始
Samsungが、昨年発売したGalaxy端末をPCのように使うクレードル「DeX Station」の後継モデル「DeX Pad」を米国で5月に99.99ドルで発売する。Galaxy S9/S9+もサポートする。端末のディスプレイをタッチパッド代わりに使え、解像度も高くなった。(2018/4/10)

ホンダ、“Androidベースの”10インチでタッチパッドで操作するディスプレイ搭載「2019 Acura RDX Prototype」披露
ホンダの米国法人が、北米国際自動車ショーで、ドライバーが音声とタッチパッドで操作できる10.2インチディスプレイ搭載のコンセプトカー「2019 Acura RDX Prototype」を披露した。OSは「Androidベース」となっている。(2018/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。