• 関連の記事

「惣菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「惣菜」に関する情報が集まったページです。

「人間の脳はこうやって壊れるのか……」 長時間の手術を終え、緊張の糸が解けた医師とのやりとりが噛み合わない
お惣菜はきんぴらがいいかな。(2022/6/24)

食卓の“もう一品”:
ローソン、賞味期限を延長したオリジナル総菜から新作6品 チキン南蛮、油淋鶏など
ローソンは賞味期限を延長したオリジナル総菜から新商品を6品を発売する。自宅で調理するには手間のかかるメニューを食べきりサイズで販売。食卓の“もう一品”としての買い置き需要を見込む。(2022/6/23)

セブンは値上げ:
セブンの「いれたてコーヒー」、粗利率は50%超え? コンビニが100円コーヒーをやめられない“おいしい”理由
セブンの100円コーヒーが値上げをし、注目を集めている。「コンビニにはいれたてコーヒーを強化する理由がある」という。各社が100円コーヒーに力を入れるのはなぜか。(2022/6/15)

FOOMA JAPAN 2022:
冷凍フライ投入システムを初披露、山積み状態でも材料を的確に認識
デンソーウェーブは「FOOMA JAPAN 2022(国際食品工業展)」(2022年6月7〜10日、東京ビッグサイト)において、協働ロボットを使った冷凍フライ投入システムを紹介した。人協働ロボットによる自動クレープ調理システムも出展した。(2022/6/15)

全面改装は初:
ユニー、アピタ新潟亀田店を全面改装 ドンキがオープン!
ユニーは7月1日に「アピタ新潟亀田店」を全面改装し、「APITAパワー新潟亀田店」としてリニューアルオープンする。8月上旬には「ドン・キホーテ」をオープンし、新たな客層の獲得も目指す。(2022/6/13)

物流のスマート化:
つくば市内で自動配送ロボットによる公道走行の商品配送サービス開始
パナソニック ホールディングスは、楽天グループおよび西友と共同で、つくば市内において自動配送ロボットの公道走行による商品配送サービスの提供を開始した。(2022/6/10)

6月14日発売:
サントリー、からあげ用のペプシを発売 カロリーゼロで"透明"に
サントリーは「ペプシ からあげ専用」を発売する。国民食と人気の高い「からあげ」に注目して開発に至った。カロリーを気にせず唐揚げが食べられるように、カロリーゼロ設計の透明なコーラに仕上げた。(2022/6/9)

大手3社の値上げまとめ:
セブンの100円コーヒーにローソンのからあげクン コンビニの値上げラッシュが止まらない
コンビニの値上げラッシュが止まらない。セブンの100円コーヒーにローソンのからあげクンなど。ファミマ、ローソンは今後も値上げを行う予定だと明らかにしている。(2022/6/3)

マイボイスコム調べ:
作るより買うお総菜ランキング 3位「焼き物」、2位「漬物」、1位は?
マイボイスコム(東京都千代田区)は、お総菜に関する調査を実施した。お総菜を週1回以上購入する人は57.3%となり、昨年より4.6ポイント増加した。(2022/5/31)

数々のヒット商品:
1キロのプリンで分かる「業務スーパー」本当の強さ 比類なき成長続けられる理由とは
業務スーパーを展開している神戸物産が急成長している。強さの秘密はどこにあるのか。筆者は「商品改革」が特に優れていると指摘する。(2022/5/31)

クラウドニュースフラッシュ
Googleがクラウドで奇策 「AWSやAzureと“戦わずに勝つ”」戦略とは?
Googleが進める「Google Cloud Platform」の拡充戦略や、NTTドコモの新しい仮想マシンサービスの発表など、クラウドに関するニュースを取り上げる。(2022/6/1)

小売・流通アナリストの視点:
成城石井、上場へ 消費意欲が下がる中、高価格帯スーパーに勝ち目はあるか?
ローソングループの成城石井が東証プライム市場に上場することが明らかになった。「巣ごもり特需」も消え、食品スーパー各社が苦戦する中、成城石井はなぜ今上場するのか。消費意欲が下がる中、高価格帯スーパーである同社に勝ち目はあるのだろうか──?(2022/5/30)

からやま、疲れた時に食べたくなる「カレーからあげ」新発売 狙いは?
「かつや」などを展開するアークランドサービスホールディングスの子会社であるエバーアクションは、5月27日より国内の「からやま」にて「カレーからあげ」の販売を開始すると発表した。(2022/5/26)

サプライチェーン改革:
パナソニックの“現場最適化”が体験可能に、顧客接点の拠点を刷新
パナソニック コネクトは、B2Bの顧客との接点となるハブ機能として東京・浜離宮の本社内に2019年1月にオープンした「カスタマーエクスペリエンスセンター(CXC)」をリニューアルし報道陣に公開した。2022年度は、今回のリニューアル効果も合わせて約300社の来場を見込む。(2022/5/25)

客席を共有:
「NewDays」と「ベックスコーヒーショップ」の融合店舗、初の試み
JR東日本クロスステーションは5月31日、「NewDays」と「ベックスコーヒーショップ」が融合した店舗をJR目黒MARCビル1階にオープンする。(2022/5/25)

タンパク質を手軽に摂取:
キユーピー、“殻なしゆでたまご”から「ほんのりしお味」 一部コンビニで発売
キユーピーが、たまご商品ブランドの「キユーピーのたまご」から「ゆでたまご ほんのりしお味」を、5月24日より関東エリアの一部コンビニエンスストアで販売する。(2022/5/20)

熊本県民のソウルフード「ちくわサラダ」がネット購入可能に 発祥の店「ヒライ」が全国発送開始
ちくわにポテサラ詰めて天ぷらにしたヤツー!(2022/5/18)

値下げで勝負:
「焼肉の和民」客数2倍に 補償なき人数制限はあり得ない
ワタミは13日決算会見を行った。行動制限によって大きく影響を受けていた今年3月までの数字であり赤字の着地となった。しかし、減損要因を除くと、ほぼトントンまでこぎつけた。今期は何としても黒字化を達成する。(2022/5/18)

キッチンマルシェ:
JR大阪駅内の「エキマルシェ大阪」に新飲食店ゾーン 7月全館オープン
ジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR大阪駅構内の商業施設「エキマルシェ大阪」の第2期リニューアルエリア「キッチンマルシェ」を7月14日に開業すると発表した。(2022/5/18)

金沢「特撰日本海かにめしと能登牛しぐれ丼」(1250円):
料亭と駅弁、その根底で共通するものとは? 金沢駅弁・大友楼に聞く
老舗駅弁店のルーツをたどるとかつて「料亭」を経営していた例が多いです。金沢駅弁の大友楼は現在も駅弁と料亭を兼業しています。料亭の味と駅弁の味、その両立の苦労とは? 8代目に聞きました。(2022/5/14)

コンセプトは「好きなものだけ、ちょっとずつ。」:
ローソン、小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売 食のパーソナライズ化に対応
ローソンは小容量総菜「マチのデリ」を全国で販売する。2021年に一部店舗で先行販売し、女性やシニア世代に好評だった。彩り豊かなサラダを中心に展開。(2022/5/12)

半額以上割引するセールも:
ドンキ渋谷、「NFT」の配布キャンペーン 開業5周年記念で限定イラストを用意
MEGA ドン・キホーテ渋谷本店は開業5周年を記念してNFTの配布キャンペーンを実施する。ドン・キホーテのキャラクター「ドンペン」の5周年限定イラストをデジタル化。最低でも半額以上の割引を実施するタイムセールも開催する。(2022/5/10)

NEWS
総菜大手がDRシステム刷新 ストレージの容量不足を解決した方法とは?
「RF1」「神戸コロッケ」などの総菜を手掛けるロック・フィールドは、災害復旧(DR)システムを刷新。ストレージの容量不足の問題を抱えていた同社が「Veeam Backup & Replication」で実現した手法と成果は。(2022/5/10)

ウクライナ侵攻の影響:
“小麦粉ショック”で「米粉」に脚光 どんな風に使われているのか?
ロシアおよびウクライナが主要原産国である小麦の価格高騰により、米粉に注目が集まっている。現在、米粉を取り巻く状況はどのようになっているのか。トップメーカーである波里の代表取締役社長に話をうかがった。(2022/5/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
1000円超の“高級のり弁”に行列、外食大手も注目 昔懐かしい国民食がなぜブームに?
「のり弁」ブームが起きている。1000円超の高級弁当を売る店には行列ができており、大手外食チェーンも注目している。消費者に支持される背景を探った。(2022/4/29)

行けば何かある:
ローソンの「売り場」「冷凍食品」改革が奏功 どのように?
コンビニ大手のローソンは2020年、竹増貞信社長を委員長とする「ローソングループ大改革実行委員会」を立ち上げた。「ローソンに行けば何かある」と推薦される「レコメンドNo・1」企業を目指す。(2022/4/28)

マイボイスコム調べ:
自分でお弁当を作る理由 「手作りの方がおいしい」「好きなものを食べられる」を抜いた1位は?
マイボイスコムの「弁当」に関する調査で、自分でお弁当を作る理由1位は「食費の節約」であることが分かった。同調査は今回で4回目。(2022/4/23)

カメラとAIで人件費25%削減 トライアルGOが取り組む自動値下げや顔年齢確認の可能性
トライアルは4月20日、福岡県宮若市において新型店舗「トライアルGO脇田店 in みやわかの郷」をオープンした。「日本で初めて」という年齢確認付きの顔認証決済や、「世界初」という売り場カメラと電子棚札が連動する「自動値下げ」などを実現した「次世代型スマートストア」と位置づける。(2022/4/22)

堀川北山店:
ライフ、京都市北区に初出店 少人数世帯が多いエリアに特化した店作り
ライフコーポレーションは4月27日、京都市北区に「ライフ堀川北山店」をオープンする。(2022/4/22)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
増え続ける「ギョーザ無人販売所」はどうなる? ブームの次を見据えた“新たな戦略”
コロナ禍で「ギョーザの無人販売所」が増えている。“ブーム”が巻き起こっているが、どんな事業者が参入しているのか。生き残るために打ち出した、新しい戦略とは。(2022/4/22)

大型リニューアルのポイントは?:
ダイエー西宮店、食品売場を刷新 近畿エリアの旗艦店舗“地域で最も支持される店舗を目指す”
ダイエーは4月23日、「ダイエー西宮店」(兵庫県西宮市)をリニューアルオープンすると発表した。(2022/4/21)

中華に根強い支持:
人気の冷凍食品 ハンバーグや唐揚げを上回る1位は?
CCCマーケティングは、7000万人に上る購買データをもとに、年齢性別ごとの購買傾向を読み解いた「冷凍食品の人気ランキング」を発表。「おかず系の冷凍食品」総合ランキングの3位は「味の素 ザ・シュウマイ」、2位は「イートアンド 餃子」という結果に。1位は――?(2022/4/23)

地産地消料理を提供:
トライアル、スーパーとレストランを合体させた新店舗を福岡にオープン
トライアルはスーパーとレストランを合体させた新店舗「グロッサリア」を福岡に開業。地元九州の食材を使った地産地消料理を提供する。同社は宮若市と協業し、リテールDXタウンとして街づくりを進めている。(2022/4/20)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「高級食パン」ブームは本当に終了したのか? “大量閉店”騒動が隠した本当の姿
「高級食パンのブームが去った」という報道が目立つ。SNSでは“大量閉店”の情報が飛び交う。最新の「高級食パン勢力図」から見えてきたものとは?(2022/4/13)

エンタメ・金融事業も回復傾向:
ローソン決算、コロナ前後でコンビニ、成城石井、エンタメなど各セグメントはどう変化した?
ローソンは2022年2月期通期の連結決算を発表した。コロナの影響を受け不調は続くものの、全体的に回復傾向が見られた。国内コンビニの不調は、デリバリー強化や巣ごもり需要への対応で対処していく。(2022/4/12)

セブン-イレブンとファミリーマートが最大15%値上げへ 弁当・麺・惣菜・パン・ホットスナックなどが対象
なんと……。(2022/4/2)

橋ができて赤字に:
「故郷の風景が……」沖縄の島で100年続く共同売店がピンチ
沖縄県うるま市伊計島の伊計島共同売店が経営悪化による存続の危機に陥っている。来年には創立100周年を控える歴史ある共同売店なのに……。(2022/3/30)

経営統合して1年:
Zホールディングス川辺、出沢CEOが語る展望 ヤフーとLINEの相互理解を深めて世界の“第3極”に
「Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)」を運営するヤフーを傘下に持つZホールディングス(ZHD)と、LINEが経営統合して1年。ZHDの共同CEO(最高経営責任者)の川辺健太郎氏と、LINEの出沢剛氏にインタビューした。(2022/3/29)

本州にも店舗がある:
「セコマ」6年連続で顧客満足度1位のなぜ 大手がやらない“非効率の極み”経営
北海道発のコンビニチェーン「セイコーマート」。ある調査では6年連続で顧客満足度1位を獲得している。大手がやらないことをやる戦略とは?(2022/3/29)

カツオのたたきってそうじゃないだろ! 光るカツオを包丁でたたくゲームがカプセルトイで登場
カツオをいっぱいたたこう。(2022/3/30)

「ぶん殴ってやりたい」 藤本美貴、“お総菜は手抜き”の声を一刀両断 仕事と育児の毎日で土日は「掃除の嵐」に
同じような体験しているママ多そう。(2022/3/26)

Shufoo!調べ:
購入する冷凍食品 「チャーハン」「鶏の唐揚げ」を抑えた1位は?
ONE COMPATHが、「Shufoo!(シュフー)」の利用者を対象に「冷凍食品」に関する意識調査を実施した。(2022/3/24)

電子ブックレット(FA):
食品を自在につかむロボット/ロボットフレンドリー環境の実現
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、MONOistで2021年8〜12月に公開した産業用ロボット関係のニュース(合計12本)をまとめた「産業用ロボット ニュースまとめ ―― 2021年8〜12月」をお送りします。(2022/3/23)

朝倉未来、1億円の土地購入も怒りあらわ 酒やタバコの“ポイ捨て被害”に「マジで嫌いです」
朝倉さん「ポイ捨てとかする奴マジで嫌いですね」(2022/3/20)

約1万人に聞いた:
「コンビニにあってよかった」と思うもの 3位「ATM」、2位「トイレ」、1位は?
マイボイスコムが実施した「コンビニエンスストアの利用」に関する調査によると、コンビニにあってよかったと思うもの1位は「お弁当やおにぎり、パン」だった。同調査は今回で7回目。(2022/3/19)

シンプルすぎんだろ…… ローソンストア100から具無しの皮だけ「中華まん」発売 「ウインナー弁当」発案者のアイデアで商品化
引き算の美学。(2022/3/18)

高い頻度での利用を促す:
ユニー、「アピタ木曽川店」をリニューアルオープン カテゴリーの専門性を強化
ユニーは、愛知県一宮市にある「アピタ木曽川店」を全面改装し、「APITAパワー木曽川店」として22年3月25日にリニューアルオープンすると発表した。カテゴリーの専門性を高めたファッションや生活雑貨の売り場と、テナント専門店を進化させることで、高い頻度での利用を促す。(2022/3/15)

ウクライナ影響:
大阪名物「粉もん」はどうなる? 値上げピンチ
ロシアによるウクライナ侵攻が続く中、お好み焼きやたこ焼きといった関西の食文化「粉もん(粉もの)」への影響が懸念されている。(2022/3/14)

1月には北海道フェアも:
セブン、「九州フェア」で有名店監修のラーメンや角煮丼 “旅行に行った気分”に商機
セブン‐イレブン・ジャパンは3月15日から、全国のセブン‐イレブンで「九州フェア」を開催する。有名店が監修したラーメン屋角煮丼を用意した。コロナ禍で旅行・外食が難しくなっていることから企画した。(2022/3/11)

「イオン上飯田店」跡地:
イオン、名古屋市に“新”都市型ショッピングセンター「そよら」出店 小商圏の新フォーマット
イオンリテールは4月7日、名古屋市北区で2020年に閉店した「イオン上飯田店」の跡地に「そよら上飯田」をオープンする。(2022/3/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。