• 関連の記事

「厚生労働省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

教育プロセス全体の見直しを:
「インターンシップ」小手先のルール見直し アンフェアな就活モード“押しつけ”の現状
インターンシップを通して取得した学生情報を企業が広報・採用選考活動に活用することを可能にする政府のルール見直し。しかし、そもそもインターンシップは学生にとって仕事選びに有効な場になっているのだろうか。(2022/6/29)

扇風機との併用も効果あり:
ダイキンが推奨するエアコンの風向きは? 節電のコツは「温度ムラの抑制」
猛暑が続き、政府が企業などに節電を要請する中、ダイキン工業が「電気代を抑えながら 快適に過ごすエアコンの上手な使い方」と称し、エアコンの節電方法をPRしている。(2022/6/29)

医療界がサイバー攻撃対策で新組織 厚労省と協力、年内にも
医療機関へのサイバー攻撃に対応するため、厚生労働省の協力の下、日本医師会など医療・製薬分野の関係団体が、サイバー情報を平時から独自に収集・分析する新組織を年内にも発足させる。(2022/6/28)

現場管理:
作業員安全見守りサービスの新機能「AIヒヤリ・ハット予報」
ユビテックは、工場や工事現場などで働く作業者の安全見守りサービス「Work Mate」の新機能「注意力低下検知機能『AIヒヤリ・ハット予報』」を開発、鹿島建設と共同で試行運用を開始した。労災事故原因の40%を占める転倒・転落の抑止力を強化する。(2022/6/28)

ブラック社長は4種類:
「いつでも全力で走る」「オレの背中を見てくれ」 意識高い系“ブラック社長”の落とし穴
「オレはこの国の未来を輝かせたい」。出版関係の会社を経営するA社長は、この目的を達成するために本気で考え、本気で行動しています。A社長自身の理念を会社の理念とし、社員に対し熱く語ることで想いを浸透させてきました。長時間労働も、深夜残業も、休日労働も、激しい叱責も「すべては”日本の輝く未来のために”避けては通れない」という幻想を抱き、それをすべての社員が受け入れていると思いこんでいました。(2022/6/28)

4月発売の「REON POCKET 3」:
ソニーの「着るエアコン」“バカ売れ” 猛暑追い風に「想定以上で推移」
連日の猛暑が続く中、ソニーグループ(ソニーG)が4月に発売した、充電式の冷温デバイス「REON POCKET 3」(レオンポケット3)の売れ行きが好調だ。同製品は「着るエアコン」とも呼ばれており、ビジネスパーソンを中心に売り上げを伸ばしている。(2022/6/27)

熱中症に警戒:
「屋外ではマスクをはずして」 厚生労働省、連日SNSで注意喚起
連日猛暑が続き、熱中症になるリスクも高まっている。厚生労働省は公式Twitterで「屋外ではマスクをはずしましょう」と連日、注意喚起を出している。(2022/6/27)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
2022年10月の「パートの社会保険の加入拡大」に向け、企業が必要とされる対応とは?
2022年10月からパートタイマーの社会保険の適用要件が変わると聞きました。現在、フルタイム従業員とアルバイト・パート従業員の合計で120人ほど在籍していますが、今後どのような対応が必要になるのでしょうか。(2022/6/27)

猛暑の日は要注意 厚労省「屋外ではマスクをはずしましょう」 夏の訪れに合わせて「熱中症」注意を呼びかける
これからの季節は熱中症もしっかり予防。(2022/6/25)

公開資料で検証:
コロナ禍最盛期でも売上高1000億円超え 欧州主要クラブとの比較で見えたJリーグの特徴と課題
国内外で新型コロナへの警戒感が薄れつつある中、コロナ禍がJリーグと欧州主要クラブの経営にどんな影響を与えたのか、公開資料を使い、検証した。(2022/6/26)

小学生以下の保護者に聞いた:
学校でマスク「状況に応じ外していい」9割超 熱中症に有効な対策は?
総合保育テックサービス「はいチーズ!」を運営する千は「子どもの熱中症に関する保護者の実態調査」を実施した。園や学校でのマスク着用について聞いたところ、「状況に応じて外していいと思う」と答えた親は9割を超えた。(2022/6/22)

【独自】くら寿司元店長が語る労働環境 「休みは取れず、上司は壁をたたきながら……」
くら寿司にアルバイトとして入社し、その後社員として店長まで勤め上げた元社員にインタビューを実施した。当時の働き方を聞くと、違法性が疑われる労働環境が明らかになった。くら寿司で何が起きているのか?(2022/6/22)

屋内でも不要な場合も:
屋外でのマスク着用は「不要」 厚労省、熱中症リスクで注意喚起
厚生労働省は熱中症のリスクが高まるとして、近距離での会話時を除き、屋外でのマスク着用を控えるよう注意喚起を出した。コロナ禍以降、新型コロナの感染防止策として政府はマスク着用を推奨していたものの、今回の方針でビジネスパーソンは徒歩や自転車での通勤時や、営業先への移動中などでマスクの着用が不要となる。(2022/6/21)

スピン経済の歩き方:
ユニクロの「フリース1000円値上げ」は正しい、なるほどの理由
ユニクロがネット上で叩かれている。「秋冬モノで1000円前後の値上げを予定している」と発表したところ、「高すぎる!」などと厳しい声が相次いでいるのだ。同社の値上げは“間違って”いるのだろうか。いや、実はそんなことはなく……。(2022/6/21)

海外医療技術トレンド(84):
米国のデジタル駆動型バイオエコノミーとサイバーセキュリティ
本連載第52回で、気候変動や環境問題の観点から欧州のバイオエコノミー戦略を取り上げたが、米国ではDXやサイバーセキュリティの観点からも注目されている。(2022/6/17)

Z世代に刺さるマーケ:
浜辺美波を新ミューズに起用 資生堂「エリクシール」が20代にエイジングケアを訴求する狙い
資生堂は「エリクシール ファースト エイジングケア」シリーズの新ミューズに、NHKの朝ドラにも出演が決まった人気若手女優、浜辺美波を起用した。若いうちからエイジングケアをする習慣を広く浸透させようとしている。(2022/6/17)

2つの理由を考える:
毎年「賃上げ」なのにいつまでたっても日本企業が低賃金なワケ
毎年賃上げがなされているにも関わらず、日本の賃金指数は横ばいです。なぜなのでしょうか?(2022/6/16)

車載電子部品:
ミリ波レーダーの進化版「4Dイメージングレーダー」、自動車と介護の見守りに提案
「4Dイメージングレーダー」を手掛けるイスラエルのVayyar Imagingの日本法人Vayyar Imaging Japanは2022年6月15日、日本での事業戦略を発表した。Vayyar Imagingは2022年2月に日本法人を設立。日本では、介護での見守りと自動車用の2つに注力する。(2022/6/16)

生食文化を守りたい:
刺身に電気を流して「アニサキス」撲滅 苦節30年、社長の執念が実った開発秘話
魚介類にひそむ寄生虫「アニサキス」による食中毒被害が増えている。この食中毒を防ぐため、創業以来30年以上に渡り、アニサキスと戦い続けてきた水産加工会社がある。昨年6月、切り身に電気を瞬間的に流してアニサキスを殺虫する画期的な装置を開発した。開発秘話を社長に聞いた。(2022/6/15)

働き方改革の功罪:
「ゆるい大企業」という“沈みゆく船” 優秀な若手の早期離職はもう止められないのか
2019年に「働き方改革関連法案」が施行されたことを機に日本の労働環境は大きく変わった。長時間労働は是正され、有休取得率も改善した。その一方で、残業はないものの同時に成長に必要な経験を得づらい「ゆるい大企業」から優秀な若手社員が早期離職する現象が起きているという。(2022/6/15)

日本の雇用課題にメスを:
氷河期支援、正規30万人増めざす→実績は3万人 国の施策が機能しない根本的な矛盾とは?
政府が直近3年間で就職氷河期世代の正社員を30万人増やす目標を掲げていたが、実績はわずか3万人に留まる。政府の施策のどこに問題があるのか。(2022/6/15)

初の調査:
「嫌がらせ」「雇い止め」 更年期不調で離職の実態
40代以降の「更年期」に現れる心身の不調が生活や仕事に及ぼす影響について、厚生労働省が初の実態調査に乗り出す。労働現場からは、つらい症状を周囲に相談できずに孤立したり、病状の理解が得られずに嫌がらせを受けたりした報告も相次ぐ。(2022/6/14)

テレワークに関するICTと労務管理について相談できる:
3回まで無料でコンサルティングを受けられる「テレワークの相談窓口」を設置 総務省
総務省は厚生労働省と連携して、テレワークに関するICTと労務管理についてワンストップで相談できる窓口をテレワーク相談センターに設置した。現状把握、導入準備、導入後のフォローに関するコンサルティングは3回まで無料で受けられる。(2022/6/14)

国民の多くが悩む睡眠事情:
「ヤクルト1000」絶好調のワケ 品薄が続く背景に何が?
睡眠向上やストレスの緩和が期待できるという機能性表示食品「ヤクルト1000」の売れ行きが絶好調だ。品薄が続く。睡眠に悩みを抱える日本人が少なくないことを裏付けているようだ。(2022/6/11)

コロナ前を見込めない:
外国人観光客の受け入れ、沖縄はいつから?  「再開しても赤字」 海外路線めど立たず
訪日外国人観光客の受け入れが10日から始まるが、那覇発着の海外路線の再開のめどは立っていない。理由は……。(2022/6/10)

見分けづらいケースが大半:
「パワハラ」と「厳しめの指導」の見分け方 3つの基準
パワハラの特徴に「注意、指導との境界線がはっきりしない」ことがあります。比較的要件がはっきりしているセクハラと異なり、パワハラは境が曖昧です。両者はどのように見分けられるでしょうか?(2022/6/10)

働き方の「今」を知る:
「フリーランス」の響きはいいけれど……驚くべき“脱法契約”の実態
「フリーランス」は、一見華やかな働き方に思える。しかし、その仕組みを悪用する企業が増加している。この記事では、悪意ある企業の手口を紹介し、フリーランスで働く人やこれからそうした働き方を検討する人がどのように身を守るべきかについて、ブラック企業を研究する新田龍氏が解説する。(2022/6/10)

「全国初」“男性の子宮頸がんワクチン接種”助成へ 「いいなぁ」「全国に広まってほしい!!」青森県平川市が称賛される
全国的に始まることを望みます!(著者の声)(2022/6/10)

退職代行会社とのやり取りはどうする?:
「部下に退職代行を使われた」 無理やり本人を出勤させることはできるのか?
退職の申し出をする際に退職代行サービスを利用する人が増えてきたという意見を耳にする。退職代行会社から連絡が来ても本人を出勤させることはできる? 引き継ぎはどうすべき? などの疑問を社労士が解説。(2022/6/9)

CAEニュース:
建物内の空気の流れを可視化するシミュレーションサービスを価格改定
Mr.Flowは、建物内の換気シミュレーションサービス「流体解析」の価格改定を2022年4月に実施した。図面から室内を3Dモデルで再現し、ダクトや窓の位置情報に基づいて解析することで、空気の流れを可視化する。(2022/6/6)

Q&A 総務・人事の相談所:
リモートワークなので「休日でもメール返信」「精神的に疲れる」 どんなルールにすべきか?
「仕事とプライベートの区別が難しい」「常にメールへの返信を求められるようで精神的に疲れる」。そんな声に、会社としてどのように対応すべきでしょうか? EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社の山田俊輔氏の回答は?(2022/6/6)

大浦龍宇一、「ベストフレンド」坂口憲二と“再会”ショット 22歳年下の妻・ゆりえは2人の仲に「不思議な気持ちになりました」
世代の差を感じるほほえましいエピソード。(2022/6/5)

なぜ?:
よかれと思って導入「勤務間インターバル」が、“大きなお世話”になってしまう理由
なぜ、勤務間インターバルは“大きなお世話”な制度になってしまうのでしょうか。勤務インターバルとは何か、運用方法と合わせて解説します。(2022/6/3)

対策を間違えると逆効果も:
この「印籠」が目に入らぬか 悪質クレーマー防止に効く意外な“切り札”とは?
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」。従業員を下の立場と見なして無理な要求や暴言、暴力行為などをはたらく悪質な実態が報告されており、国会でも法制化に向け議論が始まっている。カスハラ防止に向け、独自に対策を取る店もあるが、一歩間違えると、悪質クレーマーの怒りに油を注ぎかねない危険性もはらむ。(2022/6/2)

医療機器ニュース:
医療機器を含む複数認証を取得した、組み込みハイパーバイザー製品を発売
BlackBerryは、リアルタイム組み込みハイパーバイザー製品の最新版「QNX Hypervisor for Safety 2.2」の提供を開始した。医療機器用ソフトウェアの最高機能安全基準など、複数の認証を取得している。(2022/6/1)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
「雑用ばかりさせるのはパワハラ」 裁判所の“意外”な判断、その理由とは
日常的に部下を指導する立場にある者にとって、「適切な指導」と「違法なハラスメント」の境界は気になるところでしょう。特に、パワーハラスメントは区別がつきにくいので問題です。今回は、「パワハラらしくない」と受け止められがちな、“意外なパワハラ”の2つのパターンについて解説します。(2022/5/31)

“ゆるいマネジメント”からの脱却へ:
社員に「空気読ませる」のはNG テレワーク時代に求められるマネジメントとは?
コロナ禍に伴うテレワークの定着で、チームマネジメントの在り方に変化が求められている。社員が成果を発揮するために必要なマネジメントの3つのポイントとは――。(2022/5/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
令和4年は給与の半分以上が税と社会保障に消える? 財務省「潜在的な国民負担率は56.9%へ」
財務省のWebページを見ると、「令和4年度の国民負担率は、46.5%となる見通しです」と記されている。さらに、「国民負担に財政赤字を加えた潜在的な国民負担率は、56.9%となる見通しです」と記載されている。令和は江戸時代よりも重い「六公四民」に近い状態となりつつあるようだ。(2022/5/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「最近の若者はすぐ辞める」と怒る前に知るべき、「仕事が合わない」と言い出す新人の真実
“辞める新入社員”が話題になる季節だ。近年は「仕事が合わない」と話す若者が特に目立ち、連合の調査でも退職理由のトップとなっているが、これにはキャリア教育や上司とかかわりが深く関係しているという。「仕事が合わない」と言い出す新人の真実とは――。(2022/5/27)

坂口憲二、芸能活動休止から久々のコミカル“演技” ウンザリ〜得意げまでの七変化に「憲ちゃんがCUTE過ぎ」
見てて楽しくなるね!(2022/5/26)

光るゲーミング箸、上海問屋から 「ゲーミング要素を加えて気分を高めたいときにおすすめ」
サードウェーブは、ユニークな商材を扱う「上海問屋」限定商品として、「光るゲーミング箸」を発売した。持ち手に付いているボタンを押すと、透明な樹脂部分が光る。(2022/5/26)

これからの「労働時間」(3):
「裁量労働制=悪」ではない うまく運用できる企業の“4つの特徴”
働きすぎによる健康被害の懸念など、批判されることの多い「裁量労働制」。しかし、柔軟な働き方に満足している人も多い。うまく運用できる企業とそうでない企業の違いはどこにあるのか。実際の事例を参考に、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/5/26)

医療機器ニュース:
クラウド上での医療情報ガイドラインに準拠したシステム運用を支援
キヤノンITソリューションズは、国の定めるガイドラインに準拠した、クラウド上での医療情報システム運用を支援する「医療ITクラウドコンプライアンスサービス」の提供を開始した。(2022/5/25)

我慢の限界に達する現場:
正座で軟禁・盗撮しSNSに投稿…「カスハラ」の深刻な実態と従業員の「怒りの声」
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が深刻度を増している。暴力行為、土下座の強要、無断撮影しSNSに投稿――。度が過ぎた行為に、現場は苦悩を募らせる。体調不良や離職にもつながりかねないカスハラ被害に、有効な手立てはあるのか。鉄道や航空、輸送などの現場で働く人が集い、カスハラの実態と対策について話し合った。(2022/5/25)

ロボット:
コンクリート吹付け作業の遠隔操作技術を改良し本格運用を開始、大成建設
大成建設は、2019年に開発した山岳トンネル工事で使用しているコンクリート吹付け作業の遠隔操作技術「T-iROBO Remote Shotcreting」に改良を施した。今回の改良は複数のカメラを増設し、操作者は切羽から十分離れた吹付け機操作席から切羽近くに居るような臨場感を持ちながら吹付け厚さの管理を含む一連の作業を行え、吹付け作業の安全性向上と作業環境改善を実現する。(2022/5/25)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
元社員が"退職エントリ"でパワハラを暴露 会社はどう対応すべき?
当社を退職した元社員が、「退職エントリ」と称した個人的なブログを公開しました。その中に数年前の話として「当時の上司は、企画書が出来上がらないと終電の時間になっても帰してくれなかった」「できないと、何時間でも怒鳴られ続けるハードな環境だった」との記述がありました。(2022/5/25)

Q&A 社労士に聞く、現場のギモン:
中小企業も義務化 「パワハラ防止措置」とは、つまり何をすべきなのか?
2022年の4月から中小企業にもパワーハラスメント防止措置が義務化されたと聞きました。これを機に当社でも制度を整え、社内喚起をしようと考えています。取り組むべき内容を教えてください。(2022/5/24)

連載「情報戦を制す人事」:
「10年で3部署」は本当に“時代遅れ”なのか? ジョブローテーションについて、今こそ考える
「10年で3部署」のように、定期的な配置転換を実施し、従業員にさまざまな職務を経験させる「ジョブローテーション」。時代遅れと見る向きもあるようですが、本当にそうなのでしょうか。日本企業の現状を紐ときます。(2022/5/23)

洗脳手法:
鬼マナー研修や地獄の特訓に参加させる企業が、経営的無能な理由
激しい言葉でスタッフを叱責したり、泣かせる「指導」がテレビでも放映されます。昔からある地獄の特訓的スパルタ社員教育はなぜ存在するのか。そもそもそうした指導は意味があるのか、人事と経営視点で考えます。(2022/5/23)

マネジメントのポイント:
「社員が副業をする」と言ってきた メリットは3つ、デメリットは2つ
パーソル総合研究所の調査によると、55%の企業が正社員の副業を認めているという。この数字はじわじわ増えているわけだが、こうした動きに対して企業はどのように対応すればいいのだろうか。メリットとデメリットをまとめてみた。(2022/5/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。