• 関連の記事

「厚生労働省」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

結婚式場、コロナ禍から業績が急回復 6割以上が「増収」に
東京商工リサーチが調査結果を発表した。(2024/7/12)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
中小企業は「もう不要なのか」 “人手不足スパイラル”で深刻化する、企業規模格差
「人手不足倒産」が相次いでいます。価格転嫁ができない、人手が欲しいのに雇えない、長時間労働はさせられない……“人手不足スパイラル”の中で苦しむ中小企業が多い中、大手企業では賃上げが進み、企業規模格差の深刻さは年々深まるばかりです。中小企業の未来、そして中小企業を買いたたく大企業が見落としていることとは――?(2024/7/12)

「時短社員」のフォローに限界……会社が今すぐ取るべき対策は?
「時短メンバーの分も働くことになってしんどい」「育休を取ることで周りのメンバーに迷惑を掛けないか心配」――。職場内で育児休業や時短勤務など、育児に関する制度を利用する社員がいる場合、周りの社員にとって業務負担が増えてしまうことがあります。働き方の多様化が進む一方で、最近は育児をしながら働き続ける層を「子持ち様」と表現するなど、“周囲の不満”も大きくなっているようです。(2024/7/11)

髙島屋グループ、「カスハラに対する基本方針」 を発表 悪質な場合は「出禁」も
髙島屋グループは7月9日、「カスタマーハラスメントに対する基本方針」 を発表した。同社は「お客さまからカスタマーハラスメントに該当する行為がありましたら、本方針に則って毅然と対応いたします」とコメントした。(2024/7/10)

働き方の見取り図:
生成AIに業務委託 必須になる「任せ上手」のスキルとは?
生産性向上が叫ばれる中、AIのように進化したツールは心強い存在だ。一方で、使い方を間違えると波紋を呼ぶ怖さと表裏一体でもある。進化が著しい技術にどう向き合えばよいのか。(2024/7/10)

人手不足倒産、年間の最多を更新か 労働市場の流動化も影響?
帝国データバンクが調査結果を発表した。(2024/7/9)

小林製薬は事態を把握していたのに、それでも報告が遅れた事情
小林製薬が製造・販売した「紅麹(べにこうじ)」成分のサプリメントを摂取した人の健康被害を巡り、因果関係が疑われる死者数の大半を厚生労働省に報告していなかったことが分かってから約1週間。当初5人としていた死者数は4日現在で、遺族からの相談件数が215人、このうち調査中が84人まで増えた。取締役会が形骸化していたことが判明し、コーポレートガバナンスが厳しく問われている。(2024/7/8)

障害者雇用のいま:
精神障害者の離職率を下げるには? レバレジーズが示す成功へのヒント
2024年4月から障害者雇用率が2.5%に引き上げられたが、障害者雇用のノウハウが乏しく、働く環境づくりに悩む企業が多い。レバレジーズが実現している、定着する障害者雇用の取り組みを紹介する。(2024/7/9)

キャリアニュース:
働き方改革による残業規制で「サービス残業が増えた」と23%が回答
就職支援サービス「ハタラクティブ」が「働き方改革の残業規制における残業の実態調査」の結果を発表した。残業規制により、23.3%が「サービス残業が増えた」、11.0%が「給与が下がった」と回答した。(2024/7/4)

「同僚のニオイで仕事に集中できない」人も 企業はどう対応すればいいのか
においで周囲を不快にさせる嫌がらせ「スメハラ」が広がりをみせている。職場の同僚の体臭に悩まされ、業務に集中できない人も少なくない。ただ、においの指摘は人の尊厳を傷つける可能性もあり……。(2024/7/2)

航空業界のカスハラ、全日空と日航が手を組む 「現場の体感としては増えている」
全日本空輸(ANA)と日本航空は28日、社会問題化するカスタマーハラスメント(カスハラ)の対策方針を共同で策定したと発表した。カスハラを受けた社員の離職が相次ぐ中、正当なクレームとの線引きが難しいカスハラの定義や該当行為を明確にして対策を講じ、迷惑行為に厳しく対応する。(2024/6/29)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
ビール列車があるのに、なぜ「京急蒲タコハイ駅」は非難された? 現地で聞いた「何が悪かったのか」の声
「京急蒲タコハイ駅」イベントが、NPO法人からの指摘を受けて一部実施内容を縮小することになった。問題点はどこにあるのか。現地を取材して見えてきたこととは。(2024/6/29)

「トキ消費」とは? ライブ・エンタメ市場にもインフレの波
厚生労働省が発表した4月分の毎月勤労統計調査によれば、物価の影響を考慮した実質賃金は前年同月比0.7%減となり、過去最長を更新する25カ月連続マイナスの伸びとなった。(2024/6/27)

働き方の見取り図:
リスキリング機能不全? 学び直しても賃金が増えない、当然の理由
リスキリングによって賃上げにつながったという声をあまり耳にしないのは、なぜなのか――。現況を分析すると「学びと雇用の接続不全」という構造的な課題が浮かんでくる。(2024/6/26)

BUILTトレンドウォッチ(5):
2024年4月から本足場が義務化、変更点をおさらい
野原グループが運営する「BuildApp News(ビルドアップ ニュース)」とBUILTがコラボした本連載「BUILTトレンドウォッチ」では、建設DXの実現に向けた基礎知識から、法令動向、最新技術など、旬なキーワードをピックアップして解説します。(2024/7/3)

小川製作所のスキマ時間にながめる経済データ(24):
約8割がパートタイマーの業界も! 産業別の労働者数データを調べてみる
ビジネスを進める上で、日本経済の立ち位置を知ることはとても大切です。本連載では「スキマ時間に読める経済データ」をテーマに、役立つ情報を皆さんと共有していきます。今回は産業別にパートタイム労働者数を比較したデータを見ていきます。(2024/6/25)

スポットワーク市場に参入:
「メルカリ ハロ」はなぜ好調? 利用者が増えている、納得の理由
スポットワーク市場に参入した「メルカリ ハロ」が好調だ。サービス開始から3カ月弱で登録者数500万人、登録数も5万店舗を超えた。異業種からの参入にもかかわらず、急成長できた要因はどこにあるのか。(2024/6/24)

世界で「緑茶」ブーム? 国内市場は縮小を続ける一方、まだまだ大注目なワケ
市場が縮小し続けている日本茶だが、視点を変えるとまだまだ成長の余地はありそうだ。(2024/6/24)

「驚きがないPCメーカーになる」の真意 電撃退任したマウスコンピューター 小松社長の18年におよぶ歩みを振り返って分かったこと
マウスコンピューターが株主総会を開き、同社の社長交代が明らかになった。18年続いた小松永門 代表取締役社長の歩みを、大河原克行氏がまとめた。(2024/6/20)

わが子を“三大夏風邪”から守るには? 「手足口病」は例年と比べ増加傾向……現役小児科医が予防法を解説
現役小児科医・神田貴行先生が解説。(2024/6/19)

米公衆衛生局長官、SNSに「青少年の健康を損なう可能性」警告ラベルの表示を提唱
米公衆衛生局のマーシー長官は、SNSの利用が青少年の精神的健康を損なう可能性があるという警告ラベルの幼児を推進すると発表した。たばこやアルコール製品のラベルと同様の警告が必要だと主張している。(2024/6/18)

働き方の見取り図:
退職代行が流行 便利さに潜む3つの「落とし穴」とは?
近年、退職代行サービスへの注目が高まっている。これまであまり指摘されてこなかった退職代行を利用するデメリットについて考えたい。(2024/6/17)

時給300円増 コストコ進出が日本の地方経済に及ぼす特大インパクトとは?
群馬県南東部にある人口約1万人の明和町は「コストコホールセール」が2023年に進出したことで雇用情勢が激変。付近の飲食チェーンは人手を確保するため時給を3割上げざるを得なくなった。(2024/6/14)

ボーナスはどうして“夏と冬”の支給が多いの? 夏のボーナスの“平均額”は? この時期気になるあれこれについて調べてみた
素直な語源にくすっとしちゃう。(2024/6/14)

退職者が選ぶ:
「すぐに辞めたけど良い会社」ランキング トップ20社の傾向は?
新入社員の退職代行サービスの利用増が話題となっている。超短期での退職が増えることは問題だが、自身にあった会社を「選ぶ」ことは大切なこと。3年未満に退職した人に、その会社を評価してもらったところ……。(2024/6/13)

25カ月連続マイナスの実質賃金 “いつ浮上”するのか
厚生労働省の毎月勤労統計で、実質賃金が25カ月連続でマイナスとなった。プラスに転換する時期はいつごろか。早期にプラス転換させるには、どのような施策が必要だろうか。(2024/6/12)

日刊MONOist月曜版 編集後記:
ものづくり白書2024に見る製造DXと産業データ連携のポイント
ボトムアップ型とトップダウン型の両面での取り組みが重要です。(2024/6/10)

産業動向:
改正建設業法/入契法が成立 建設業の担い手確保へ、賃金引き上げやICT活用強化
建設業法と公共工事入札契約適正化法(入契法)の改正案が、参議院本会議で可決、成立した。人手不足が深刻化する建設業での担い手確保を目的に、賃金引上げなど労働者の処遇改善を図るため、適正な労務費の確保やICT活用による生産性向上を進める。法改正により、2024〜2029年度に全産業を上回る賃金上昇率の達成と、2029年度までに技能者/技術者の週休2日を原則100%達成することを目指す。(2024/6/10)

働き方の見取り図:
勢いづく出社回帰 テレワークは消えゆく運命なのか?
出社回帰する企業が増えている。日常の景色がコロナ前とほとんど見分けがつかなくなっている中、テレワークは消えていくのか。(2024/6/10)

イーロン・マスク氏、東京都の“官製マッチングアプリ”に好反応 日本の少子化憂う
米Xのオーナーであるイーロン・マスク氏が日本の少子化を心配している。ある海外のXユーザーの投稿に反応して“日本消滅”の可能性に危機感を示した。(2024/6/6)

働き方の見取り図:
「もっと働け」と強いる“女性活躍推進”のむなしさ 男女の格差なぜなくならない?
海外と比較しても大きいと言われる日本の男女間の賃金格差。女性活躍をさらに推進することで解決できる問題なのか?(2024/6/6)

給与とメンタルをむしばむ「多重下請け構造」 なぜ法規制しきれないのか?
「多重下請け構造」の問題点は長年指摘されていますが、なぜ法規制しきれないのか? 社会保険労務士がそのワケを解説します。(2024/6/5)

立ち上がる“スタートアップ特化の健康保険” 保険料率8.98%、設立の背景は
4月24日に厚生労働省からの設立認可を受け、6月1日に設立されたVCスタートアップ健康保険組合。スタートアップが健保を利用しにくい現状に対して立ち上がったという。その特徴と、目指すところは。(2024/6/3)

聞いてた話と違う! 中途採用で「経歴詐称」が発覚、会社はどう対応すべき?
従業員を雇用した後に「大卒だと思って採用したのに高卒だった」「営業経験者として採用したのに職務未経験者だった」など、学歴や職歴を詐称していたことが発覚した場合、企業はそのことを理由に従業員を解雇できるのでしょうか? この記事では事例をもとに、経歴詐称による解雇可否の判断基準、採用時に経歴詐称を防ぐための注意点を解説します。(2024/6/3)

iPhoneへの「マイナンバーカード」にまつわる誤解を解く プラスチックカードより安全だが課題もある
Appleが、2025年春後半にiPhoneのウォレットに「マイナンバーカード」を搭載できるようにすることを発表した。米国外では初めての公的身分証明書(本人確認書類)機能への対応となるが、疑問や課題もある。筆者なりにまとめていきたい。(2024/5/31)

労働災害:
2023年の労働災害死亡者数、過去最少に 建設業の死傷者数も減少
厚生労働省は、2023年1〜12月の労働災害発生状況を公表した。労働災害による死亡者数は過去最少だったが、休業4日以上の死傷者数は3年連続で増加した。建設業は死亡者数、死傷者数ともに減少した。(2024/5/31)

小売業が「値引き」以外で売れる体制を作るには? 現地調査をして分かったこと
値上げが話題になることも多い昨今、小売業において価格設定はかなり重要なテーマだ。一方で、ただ値引きをする以外にも売れる体制を作る方法はある。識者が現地調査などを交えて解説していく。(2024/5/31)

働き方の「今」を知る:
熱心な指導とパワハラの境界線が「正直分からない」と悩む上司へ
「ハラスメントかどうかの判断が難しい」――厚生労働省の職場のハラスメントに関する実態調査で、ハラスメント予防の取り組みを進める際の課題として最も回答が多く6割以上が当てはまるとしたのがこの項目だ。「熱心な指導」と「パワハラ」の根本的な違いはどこにあるのか?(2024/6/4)

プロダクトInsights:
「完全食おにぎり」オルビスが発売 狙いは?
オルビス(東京都品川区)は5月29日、無添加の完全食おにぎり「COCOMOGU(ココモグ)」を発売した。1日に必要な栄養素を効率的に摂取できる、無添加の完全栄養食として訴求するという。(2024/5/29)

「京急蒲タコハイ駅」看板撤去へ 「乗客に禁酒中の人もいる」
サントリーと京浜急行電鉄が18日から京急蒲田駅で実施しているコラボイベントが、アルコール依存問題の予防に取り組むNPO法人から「公共の場にそぐわない」などと抗議を受け、対応に追われている。(2024/5/29)

働き方の「今」を知る:
令和になっても「パワハラが引き起こす悲しい事件」が減らない、4つの理由
パワハラが引き起こす悲しい事件がたびたび報道される。実際、厚生労働省の発表によるとパワハラ相談件数は年々増加している。組織を取り巻く課題を4つに分けて考察する。(2024/5/30)

スピン経済の歩き方:
なぜヒグマ駆除が「日当8500円」なのか 背景に、働く人の責任感に甘えすぎる問題
北海道空知地方の奈井江町がヒグマ駆除のハンターたちに提示した日当が8500円だとして騒動になっている。周辺の自治体が「賃上げ」する中、なぜ同自治体だけ低賃金なのか。考えられる理由は……。(2024/5/29)

働き方の見取り図:
「あえて非正規」増加 ウラに潜む“由々しき問題”とは?
自ら望んで非正規を選ぶ「あえて非正規」が増えていると言われている。その裏にはさまざまな誤解があると筆者は指摘する。(2024/5/28)

プロダクトInsights:
ローソン、「タイパ+栄養バランス」のパン発売 時短のニーズ受け
ローソンは5月28日から、健康志向のパン「サポートブレッド」2商品を発売する。不足しがちな栄養素を「タイパ」良く摂取できる商品として訴求する狙いだ。(2024/5/24)

物流のスマート化:
2030年の物流業界に関する調査結果を発表
矢野経済研究所は、2030年の物流業界に関する調査結果を発表した。需給ギャップが年間7億4600万tに達すると予測している。1カ月のうち約11.5日分の荷物が運べない計算となる。(2024/5/24)

ドラマ「プライド」、放送から20年 平成の人気ドラマに出演していたキャストの現在
フジテレビ系の「月9」枠で放送されていました。(2024/5/24)

社労士・井口克己の労務Q&A:
「有給を使い切って退職」と「買い取って早めに退職」 会社・社員にとってお得なのは?
【Q】従業員から「退職したいので、使い切れなかった年次有給休暇を買い取ってほしい。それができないなら、有給休暇を使い切るまで在籍する」と言われました。退職する従業員の年休を買い取ることには、どのような問題がありますか?(2024/5/23)

営業用貨物自動車の2030年度の需給ギャップを予測 月に約11.5日分の荷物が運べない恐れも
矢野経済研究所は国内の物流業界に関する調査を実施し、2030年度における営業用貨物自動車の貨物輸送に関する需給ギャップの予測を発表した。(2024/5/23)

中堅は「給料減」 相次ぐ大手企業の「初任給アップ」の背景にある悲しい事情
初任給アップの波が急速に拡大していることが分かります。大手企業で相次ぐ初任給アップの波は、本当に“いいことばかり”なのでしょうか?(2024/5/22)

キリン、電気で「しょっぱくなる」スプーン発売 開発に5年、減塩食の物足りなさ解消へ
キリンホールディングスは5月20日、食器型デバイス「エレキソルト スプーン」(1万9800円)の市販化を発表した。同商品はスプーンの先端から微弱な電流を流すことで、食品の塩味を約1.5倍に増強する機能を搭載している。「減塩食は薄味で物足りない」「減塩の大切さは分かるが続けにくい」といった声に着目し、約5年の開発期間を経て市販化に至った。(2024/5/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。