• 関連の記事

「明治大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「明治大学」に関する情報が集まったページです。

MARCH現役「実」合格者数ランキング トップは?
MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)の現役「実」合格者数ランクをお届けする。実合格者数とは、同一人物が複数の学部に合格しても、1人としてカウントした数値のことだ。(2022/7/1)

マネジャーの悩み:
「割り込み」「中断」が多すぎます! 中間管理職がタスクをさばくコツはありませんか?
マネジャーのよくある悩みの1つは、自身の仕事の間に入る「割り込み」。部下からは「どうすればいいですか?」、上司からは「これを急ぎでやっておいて」というように、割り込みが半端なく多く、対応に追われている人もいるのでは。自分のタスクが後回しになりがちなマネジャーがタスクをさばくコツとは?(2022/6/30)

「新宿駅」まで30分以内、家賃が安い駅ランキング 3位「花小金井」、2位「生田」、1位は?
リクルートが運営するニュースサイト「SUUMOジャーナル(スーモジャーナル)」の調査で、「新宿駅」まで30分以内で家賃が安い駅ランキングを発表した。(2022/6/29)

マネジャーの悩み:
部下が顔色ばかり伺ってきます……「裸の王様」上司を卒業する方法を教えてください
メンバーが自分の顔色ばかりを伺ってきて、あまり提言・提案をしてくれない──。そんな悩みを抱えるマネジャーもいるのでは? 部門をけん引するマネジャーとして、自分の考えに自信を持ち、示すことも重要ですが……そのままの状態を放置しても大丈夫なのでしょうか?(2022/6/29)

長時間労働の是正:
「手に負えませんよ」 アイデアがない残業だらけの会社で起きた「時短」の裏側
「働き方改革」がメディアに登場することが多くなるにつれ、長時間労働の是正に本腰を入れ始める会社が増えていきました。それと同時に、人材を確保するためには、働く環境の改善に取り組まざるを得なくなったことも大きな要因でした。時短に向けた取り組みは各社さまざまです。その一方で、「時短はしたいが特にアイディアがない」なんていう会社があるのも事実です。そんな会社ではこんなことが起こっています。(2022/6/29)

ブラック社長は4種類:
「いつでも全力で走る」「オレの背中を見てくれ」 意識高い系“ブラック社長”の落とし穴
「オレはこの国の未来を輝かせたい」。出版関係の会社を経営するA社長は、この目的を達成するために本気で考え、本気で行動しています。A社長自身の理念を会社の理念とし、社員に対し熱く語ることで想いを浸透させてきました。長時間労働も、深夜残業も、休日労働も、激しい叱責も「すべては”日本の輝く未来のために”避けては通れない」という幻想を抱き、それをすべての社員が受け入れていると思いこんでいました。(2022/6/28)

PR:数分かかる検査作業を3秒以下に AI活用で工事現場の安全確認を迅速化 速さのカギは「仮想GPU基盤」にあり
(2022/7/1)

4つの事項:
「どうせ罰則はないでしょ?」は令和では通用しない! パワハラ防止法の中身
「どうせ罰則ないならほっとけばいいでしょ?」。法律を考えるとき、何かと罰則の有無で判断する経営者が少なからずいるようです。果たして、令和の時代にそれは通用するのでしょうか。(2022/6/13)

志願者数は減少:
主要私立大の人気学部ランキング、3位「観光」、2位「薬学部」、1位は? 
近年、受験生に人気がある学部は何か。大手私立110大学の集計で、志願者が1万人を超えている系統を対象に、前年を100として算出した指数でランキングした。(2022/6/10)

2022年度私立大志願者ランキング ぶっちぎり9年連続1位は?
 今回は2022年度の私立大一般選抜志願者数ランキングを見ていく。(2022/6/3)

なぜ?:
よかれと思って導入「勤務間インターバル」が、“大きなお世話”になってしまう理由
なぜ、勤務間インターバルは“大きなお世話”な制度になってしまうのでしょうか。勤務インターバルとは何か、運用方法と合わせて解説します。(2022/6/3)

本田真凜、在籍する明治大学でのレアな学生姿に反響 「こんな同級生いたら皆勤賞取れる」「明大志願者爆増」
大学生の本田さんもステキだなあ。(2022/5/31)

早期離職の引き金に:
「こんなはずじゃなかった……」 新入社員を悩ます“ガチャ”の正体
「配属ガチャ」「上司ガチャ」に頭を悩ます新入社員が少なくない。特に、配属へのこだわりを持つ人は年々増えている。何が新入社員の不安を増大させているのか? トラブルを防ぐにはどうしたらいいのか? 人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/5/30)

これからの「労働時間」(3):
「裁量労働制=悪」ではない うまく運用できる企業の“4つの特徴”
働きすぎによる健康被害の懸念など、批判されることの多い「裁量労働制」。しかし、柔軟な働き方に満足している人も多い。うまく運用できる企業とそうでない企業の違いはどこにあるのか。実際の事例を参考に、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が解説する。(2022/5/26)

大東建託が居住の満足度を調査:
首都圏の住みたい街 「世田谷区」が初の1位に 男性は繁華街、女性は郊外好む傾向も
大東建託は居住満足度調査を実施し、その結果を「いい部屋ネット 住みたい街 ランキング2022<首都圏版>」として集計した。その結果、住みたい街ランキングの1位は「世田谷区」、2位は「港区」、3位は「武蔵野市」となった。(2022/5/21)

PR:AIで心疾患を見つけ出せ――医療現場のAI活用、その現状を追う AIは「勉強熱心で優秀な研修医」になるのか
(2022/5/20)

PR:AIやDXは事業サイクルを加速させる武器だ――松尾豊教授が語る 企業のAI活用を後押しするセミナーを徹底レポート
(2022/5/13)

これからの「労働時間」:
どうなる裁量労働制──本来の裁量がない、過労自殺などの事例も
リモートワークの普及によって、自由度の高い働き方への関心が高まっている。労働者に働く時間などの裁量をゆだねる「裁量労働制」は今後普及するだろうか? そのために、今後解決すべき課題とは?(2022/4/19)

「味が薄い……」を救う、すごい箸:
減塩食の「塩味を1.5倍」にする箸型デバイス、キリンと明大が開発
キリンホールディングスと明治大学総合数理学部先端メディアサイエンス学科の宮下芳明研究室は、減塩食品の味わいを増す、電気刺激を用いた箸型のデバイスを開発した。減塩食を食べたときに「感じる塩味が1.5倍程度に増す」ことを世界で初めて確認したという。(2022/4/12)

減塩食を“しょっぱく”感じる箸型デバイス、明大とキリンが開発 電気で味覚を操作
明治大学とキリンホールディングスは、減塩食品の味わいを増強させる箸型デバイスを開発した。減塩食を食べたときに感じる塩味が1.5倍程度に増強されることを世界で初めて確認したという。(2022/4/11)

Innovative Tech:
味をデジタル化する「電気味覚」の可能性(後編) 塩分制御システムやガム型デバイスなどの研究成果
味をデジタル化を実現するために、世界中の研究室で研究が進む「電気味覚」。これを利用し、塩分制御システムやガム型デバイスなど、世界中の研究室はさまざまな研究成果を発表している。(2022/3/31)

Innovative Tech:
味をデジタル化する「電気味覚」の可能性(前編) 「味をSNSへ投稿する」を実現するための研究
味をデジタル化を実現するために、世界中の研究室で研究が進んでおり、その基盤になるのが味のデジタル化において重要な要素である「電気味覚」という現象だ。一体どのような現象なのか。解説する。(2022/3/31)

早慶・MARCHも発表:
23卒東大・京大生が選ぶ「注目企業ランキング」 トップ3は同じ結果に
就職・転職の口コミサイト「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)は「23卒就活生が選ぶ、就職注目企業ランキング【大学別編】」を発表した。(2022/3/24)

就職人気から占う今後のIT業界:
23年卒の東大・京大生が注目する企業 3位ソニー、2位アクセンチュア 1位は?
2023年に卒業予定の東大生や京大生は、どんな企業に注目し企業研究を始めているのか。社員の口コミなどを掲載する就職・転職プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワークは調査結果を発表した。(2022/3/23)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
「発令がないから、これは休職ではない」──退職ぎりぎりまで休んだ社員の主張に、どう対応すべきか?
持病で退職ぎりぎりの日数まで休んだ社員に、もうすぐ休職期間満了になる旨を通知したところ「休職を発令されていない。休職という認識がなかった」との返事がありました。どう対応すべきでしょうか?(2022/3/22)

PR:「AIは即戦力だ」 人材不足の製造業、“職人の経験”頼りの現場をAIは救えるか 専門知識なしでAI開発する方法とは?
(2022/3/18)

“働く場所”の今とこれから(3):
日本から「望まない転勤」がなくなる日は来るのか?
多くの企業で、転勤を含む人事異動が行われる季節が近づいてきた。一方で、「望まない転勤」の廃止を目指す企業が増えている。日本から「望まない転勤」がなくなる日は来るのか、そのためには何が必要だろうか──?(2022/3/18)

数学×Pythonプログラミング入門:
[数学×Python]再帰呼び出しをマスターしよう
再帰に対して多くの人が持つであろう苦手意識を払拭(ふっしょく)するために、再帰の基本から、その考え方とプログラミングの方法を見ていく。動的計画法を利用した最小コストの計算法などについても紹介する。(2022/3/17)

“ビリギャル”小林さやか、名門コロンビア大学院へ合格を報告 受験決意公表から2年「意思あるところに道は拓ける!」
ハーバード大学は残念ながら不合格に。(2022/3/15)

プロジェクト:
“100年に一度の街づくり”を進める「中野駅前再開発」の概況
本稿では、東京の賑わいを担う街として、“100年に一度”の街づくりでさらに発展が見込まれる「中野」駅周辺地域の再開発計画について、複数資料からこれまでの経緯と今後の見通しを紹介する。(2022/3/11)

PR:「AIを使えない企業は衰退する」――勝機はAI活用にアリ 明大教授が訴える“知っておくべきこと”とは?
(2022/3/3)

“働く場所”の今とこれから(2):
増える“転勤拒否族”、揺れる企業のホンネ
共働き世帯が増加し、生活拠点の変更を迫られる転勤が、社員の離職につながる危険性が増している。しかし、「転勤廃止」は全ての企業に現実的な策ではない。揺れる企業のホンネと、迫る課題の解決策とは──?(2022/3/3)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 曽山哲人氏:
戦略人事“8つの鉄則”──サイバーエージェントの変革期を支えたCHOが語る心得
サイバーエージェントを変革期から支えてきた常務執行役員CHOの曽山哲人氏。経営に貢献する人事になるには、「8つの考え方」が必要だと話す。それは何か──。(2022/3/1)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
琉球アスティーダの奇跡 夢を実現する志の力
創設3年でプロスポーツチームとして日本初の株式上場をはたした、琉球アスティーダスポーツクラブ。また、運営している卓球チームも初の日本リーグ優勝を果たした。なぜ、たった3年でここまで達成ができたのだろうか。(2022/2/24)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」SNS編:
炎上を恐れすぎる必要はない! 「SNS採用」のプロが語る、候補者の“心に響く”情報発信
SNSの普及により、新しい採用の形が生まれた。しかし、トラブルも後を絶たない。このSNS時代に、人事や経営者はどのようなことに気を付けるべきなのか。また、採用につなげるためにはどのような情報発信をしていくべきなのだろうか──。(2022/2/21)

“働く場所”の今とこれから(1):
NTT、JTB、カルビーも“強制転勤廃止” それでも多くの企業に残る課題
コロナ禍のテレワークの普及に伴い、従来の“転居を伴う転勤制度”を見直す企業が徐々に増えている。こうした転勤廃止の流れは、どこまで広がるのだろうか? 「日本型雇用」の歩んできた道を振り返りながら、“働く場所”の今とこれからについて、人事ジャーナリストの溝上憲文氏が考察する。(2022/2/18)

早大は2年連続で:
私大志願者数最終速報 1位は近大、躍進したのは?
大学通信の協力を得てまとめた、私大の「55校志願者数最終ランキング」が判明した。近畿大が9年連続で1位となったほか、法政大や関西学院大の躍進が目立った。その理由は――。(2022/2/16)

コロナが変えた会社のカタチ:
小田急電鉄、徒歩圏内の暮らし充実目指した「下北線路街」計画 コンセプトは?
新型コロナウイルスの感染拡大で、生活の中心が自宅周辺となり、最寄りの商業施設などの関心が高まっている。(2022/2/13)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
「コロナが不安で、保育園を休ませたい」 特別に在宅勤務を認めるべきか?
従業員から、「子どもの保育園で新型コロナの感染者が出た。しばらく休ませたいので、在宅勤務にできないか」と相談があった企業。在宅勤務は実施していないが、このような場合は特別に在宅勤務を認めなければならないのだろうか? 弁護士が対応や気を付けるべき点について、解説する。(2022/2/9)

日本企業はセキュリティとDXを両立できていない? 専門家が分析する課題と対策
ペーパーレス化や“脱ハンコ”など、さまざまな施策が進む日本企業のDX。一方で、日本企業のDXにはセキュリティの課題もあるという。明大の齋藤教授など3人の専門家が、日本のDXが抱える課題点を分析する。(2022/2/3)

どうなる? 「週休3日制」(3):
「週休3日制」をうらやむ前に、知っておきたいメリット・デメリット
導入を検討する企業が増えている「選択的週休3日制」は、育児や介護を担う人や、副業や資格取得をしたい人にとって便利でメリットの大きい制度だ。しかし、選択には思わぬデメリットもある。本記事では、「週休3日制」をうらやむ前に、知っておきたいメリット・デメリットを解説する。(2022/2/3)

不景気で理工系が人気:
私大志願者数ランク速報 3位早稲田大、2位明治大、1位は?
コロナ禍で2年目となる大学入試。受験関連の分析に定評のある「大学通信」の協力を得て、私立大の主要55校の出願状況速報(別表)を検証した。志願者を減らす大学が多い中、人気を集める大学や学部には、受験生の意識の変化が反映されているという。(2022/2/2)

実用化は2〜3年後:
「舐めると味がするテレビ」がスゴい! 世界初公開“進化版”を見せてもらった
『ドラえもん』に登場するひみつ道具「グルメテーブルかけ」を想起させるテレビがある。舐めると味がする「味わうテレビ」だ。「ピザ」の映像が映し出された画面を舐めると、ピザの味が楽しめるという。どういう仕組みなのか? 開発者に話を聞いてみたところ……(2022/2/2)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ポジウィル金井氏:
人事担当者こそ熟考すべき、「人生のイメージ」と「会社の方向性」
変わりゆく世の中で、人事はどのように採用候補者と向き合い、またどのように自分のキャリアを描くべきなのか──。キャリアに悩む人に向けたパーソナル・トレーニングを提供する、ポジウィルの金井芽衣氏(代表取締役)と、「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談した。(2022/2/2)

リクルートが調査:
明治大学・和泉キャンパス周辺で家賃が安い駅ランキング 2位「久我山」「三鷹台」、1位は?
リクルートはニュースサイト「SUUMO ジャーナル」にて、「明治大学・和泉キャンパスに通いやすく、家賃相場が安い駅ランキング」を発表した。その結果、和泉キャンパスの最寄り駅「明大前」まで15分以内の家賃相場が安い駅2位は「三鷹台」と「久我山」だった。(2022/1/31)

日大への助成金カットで注目:
私学助成金の交付額が多い大学ランキング 3位「慶応義塾大学」、2位「日本大学」、1位は?
私学事業団が、私立学校への私学助成金の交付額ランキングを発表している。3位「慶応義塾大学」、2位「日本大学」だった。2020年度は全859校(短期大学・高等専門学校を含む)に、総額3077億7530万9000円を交付した。(2022/1/28)

セーレン・川田会長の革命【後編】:
「本社にこもっている経営者はダメ」 セーレン・川田達男会長が徹底する「現場主義」
倒産寸前だったセーレンを再建し、日本を代表する総合繊維メーカーに育て上げた川田達男会長。川田氏の成功の要因となったのは、経営トップになってからも現場主義を貫き通したことにほかならない(2022/1/20)

どうなる? 「週休3日制」(2):
本当は怖い「週休3日制」 導入にはデメリットも
「選択的週休3日制」の導入を検討する企業が増えている。しかし、週休2日で働く社員と週休3日で働く社員が混在することで、思わぬデメリットを生む可能性もある。導入前に考慮すべき、4つのデメリットとは?(2022/1/20)

セーレン・川田会長の革命【前編】:
「このままではつぶれる……!」 繊維業界の常識を壊して倒産危機を救ったセーレン・川田会長の革命
明治維新以降、日本の基幹産業だった繊維は、1970年代ごろから衰退の一途をたどった。染色加工が中心だったセーレンもそのあおりを受けて倒産寸前に。この窮地を救ったのが、当時社長に就任したばかりの川田達男氏だった。同氏が起こした「革命」とは。(2022/1/19)

Q&A 弁護士に聞く、現場のギモン:
営業部長の“社内ダブル不倫”を、部下が密告──人事はどう対応すべき?
営業部員から人事部に「部長が部内でダブル不倫をしている。彼らと一緒に仕事をしたくないし、相手の女性が部内で優遇されている」と相談が──人事はどう対応すべきなのか? 弁護士が解説する。(2022/1/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。