• 関連の記事

「位置情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「位置情報」に関する情報が集まったページです。

ポケモンGO、3月1日から新シーズン「ワールド・オブ・ワンダーズ」開始 パルデア地方の新ポケモン登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」は、3月1日から新シーズン「ワールド・オブ・ワンダーズ」を開始。ウルトラビーストの「ベベノム」が登場する他、アニメとのコラボイベントも実施する。(2024/2/29)

スマートビル:
オープン化で次世代の「ビルOS」構築 パナソニックと福岡地所が実証実験
パナソニック エレクトリックワークス社と福岡地所は、福岡市内で「次世代オープンビルプラットフォーム(ビルOS)」の実証実験を行っている。ビルOSを活用して管理スタッフの位置情報データAPIを生成。このデータをもとに業務管理アプリを開発して有効性を検証する。建物内の設備や人などの情報を統一的なAPIにより外部に提供する、新たな建物モデルの構築を進める。(2024/2/19)

小型GPS端末「あんしんウォッチャーLE」の本体代(5680円)が無料に KDDIのキャンペーンで
KDDIは2月1日、小型GPS端末「あんしんウォッチャーLE」の本体代(税込み5680円)を割り引くキャンペーンを始めた。条件を満たせば半額で入手できるか全額が割り引かれる。2024年2月末以降には位置情報や通知の精度などを改善するアップデートが予定されている。(2024/2/2)

自動車開発者向け、ブランド独自のナビゲーションを構築できる:
AIアシスタントで最適ルートを提供 Mapboxが「Navigation SDK」を公開
Mapboxは、AI機能を備えた「Navigation SDK」を公開した。車載ナビゲーションのビジュアルを強化し、位置情報に関する会話を自然で実用的なものにするAI音声アシスタント「MapGPT」を提供する。(2024/1/12)

製造業IoT:
製造現場の人や物の位置情報を自動マッピング キヤノンがRFIDシステム発売
キヤノンは、RFIDタグを利用して人や物の位置情報を自動マッピングする「Canon RFID 位置情報ソリューション」を、2024年1月に発売する。(2024/1/11)

「Zenly」開発チームが新しい位置情報共有アプリ「Location by amo」リリース
2023年2月にサービス終了した「Zenly」の開発チームが手がけています。(2023/12/20)

JR東海ともコラボ:
シブサワ・コウ明かす『信長の野望』位置情報ゲーム進出の狙い
シブサワ・コウことコーエーテクモホールディングスの襟川陽一社長、『信長の野望 出陣』の開発プロデューサー、「信長の野望」シリーズのIPプロデューサーの3人に位置情報ゲーム進出の狙いを聞いた。(2023/12/14)

住所「不明確」でもお届け ヤマハ発動機がタンザニアで宅配事業
バイクの機動力とスマートフォンの宅配専用アプリの位置情報などを活用して、住所の不明確な場所にも荷物を届ける。(2023/12/13)

組み込み開発ニュース:
DRMSで50cmの高精度測位を補正データなしで可能とするGNSS受信チップ
古野電気は、位置精度50cmの高精度測位を補正データなしで可能とするデュアルバンドGNSSチップeRideOPUS 9「ePV9000B」の量産を開始した。都市部でも高精度な位置情報を提供できる。(2023/12/13)

位置情報サービス「NauNau」、約300万人分のユーザー情報にアクセス可能だったとして謝罪
10月に「ユーザー200万人以上の位置情報やチャットなどが外部から閲覧できる状態になっていた」と報じられていました。(2023/12/7)

「200万人以上の情報が丸見え」報道の位置情報アプリ「NauNau」、調査結果を発表 300万人以上の現在地などが丸見えだった
200万人以上のユーザーの位置情報やチャット履歴が外部から閲覧できた可能性があるとして、提供元による調査が進んでいた位置情報アプリ「NauNau」。提供元のSuishow(東京都品川区)と親会社のモバイルファクトリー(同品川区)が、実際に外部から不正に閲覧可能な状態だった情報を公開した。(2023/12/7)

PayPayに「近くのおトク」機能追加 キャンペーンなどの情報を地図上に集約
キャッシュレス決済サービス「PayPay」に「近くのおトク」機能を追加。位置情報をもとに、地図上で「PayPayクーポン」や自治体キャンペーンなどを実施している店舗が探しやすくなる。(2023/12/6)

『ドラゴンクエスト』位置情報ゲーム、リアルイベントも好調なワケ スクエニに聞いた
『ドラゴンクエスト』位置情報ゲームのリアルウォーキングイベントが盛況だ。ゲームを運営するスクウェア・エニックスは、なぜリアル開催にこだわったのか。同社の柴貴正プロデューサーに開催の経緯を聞いた。(2023/11/12)

ウェアラブルニュース:
RTKによる高精度位置情報測位サービス、ヘルメットに装着可能な超小型端末で
NTTコミュニケーションズは、RTK測位技術による高精度位置情報測位サービス「Mobile GNSS」の提供を開始した。建設現場にGNSSを導入しやすくなり、正確な位置情報による現場の安全性や生産性向上が期待できる。(2023/11/2)

9600万の顧客基盤を基に流通小売業の課題を解決する「ドコモリテールDXプログラム」、GAFAにない強みとは?
NTTドコモが保有する9600万を超えるdポイントクラブ会員の属性情報や位置情報などを活用。小売業向けのDX支援プログラムを提供する。(2023/10/31)

吉野家、ポケモンGOの公式スポンサーを年内で終了
吉野家が、位置情報ゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」の公式スポンサーを2023年12月31日に終了する。ポケストップとジムは、2024年1月1日以降、ゲームから消去される。吉野家は、2020年10月20日からポケモンGOのオフィシャルパートナーになっている。(2023/10/30)

製造業IoT:
ソニーのLPWA「ELTRES」を用いた車両の位置情報管理サービスを提供開始
NSWは、同社のクラウド型ソリューション「NSW-MaaSプラットフォーム」と、ソニーネットワークコミュニケーションズの「ELTRES IoTネットワークサービス」を連携させた位置情報管理サービスの提供を開始した。(2023/10/26)

位置情報サービス「NauNau」に200万人以上の個人情報漏えいの報道 運営元は「事実確認中」
「200万人以上のユーザーの位置情報やチャットなどが外部から閲覧できる状態になっていた」と報じられていました。(2023/10/23)

位置情報アプリ「NauNau」で漏えいか、200万人以上のチャット履歴などが外部から丸見えだった可能性 提供元「確認中」
スマートフォン向けゲーム事業を手掛けるモバイルファクトリーが、子会社のSuishowが手掛ける位置情報アプリ「NauNau」について、少なくとも200万人以上のユーザーの位置情報やチャット履歴が外部から閲覧可能だった可能性があったと発表した。(2023/10/23)

サダタローのゆるっとマンガ劇場:
外へ“ひと狩り”行きたいけれど……「モンハンナウ」プレイしたマンガ家が感じた不安と不満
米Nianticからスマホ用アプリ「Monster Hunter Now」が登場しました。現実世界を歩き回って楽しむ位置情報ゲームというものをあまり遊んでこなかったボクも、運動不足解消のためにプレイしてみました。(2023/9/24)

iOS 17では「メッセージ」がさらに楽しく ライブステッカーで一芸を披露しよう
9月19日に配信されたiOS 17で追加された、iMessageの新機能「到着確認」などを試す。到着確認は指定した時間に指定場所に到着していないと、相手に位置情報などを通知する機能だ。この他「ライブステッカー」や「返信」機能も試してみる。(2023/9/22)

Google、不正な位置情報追跡で提訴したカリフォルニア州と9300万ドル支払いで和解へ
カリフォルニア州司法長官は、Googleの位置情報追跡が州法に違反しているという申し立てを、9300万ドルの支払いと差し止め条件の受け入れで和解すると発表した。(2023/9/15)

モンハンの位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」配信開始 モンスターの迫力増す「ARカメラ機能」も
Nianticとカプコンは、位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」を正式リリース。モンスターと遭遇する感覚をよりリアルに体験できるARカメラを搭載し、プレイヤー同士で協力できるソーシャル機能なども利用できる。(2023/9/14)

「モンハンナウ」配信開始で“リアル狩猟”解禁 βテストで要望の多かったマイセット機能など追加
米Nianticとカプコンは9月14日、AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」(iOS、Android)の配信を始めた。「今までにないモンスターハンター」という。(2023/9/14)

総務省がヤフーへ行政指導 事前に周知せず位置情報などをNAVERへ提供
総務省は、ヤフーに対して検索関連データの提供に関する利用者周知と安全管理措置の実施を文書で指導。約756万のデータを利用者に対して事前の十分な周知を行わず、NAVER Corporationへ提供し利用させていたため。(2023/8/30)

総務省、ヤフーに行政指導 位置情報などを韓国NAVERに提供していたとして
総務省がヤフーに行政指導した。同社がユーザーに適切な周知をすることなく位置情報などを韓国NAVERに提供していたことや、NAVERにおいて情報の十分な安全管理措置が取られていなかったことが分かったとしている。(2023/8/30)

Android Tips:
Androidスマホでバッテリーの消費を抑える方法
外出時はスマホを触ることも多く、位置情報の利用もあってバッテリーを消耗しやすい。今回はAndroid端末でバッテリーの減少を抑える方法を紹介する。(2023/8/26)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
デジタル広告×位置情報で計測しにくかった実店舗への集客広告効果を可視化する
今週は、ネイティブ広告大手のTaboolaが実店舗を持つ企業の広告効果を高めるために位置情報サービスのFoursquareと協業したニュースなどを紹介する。(2023/8/25)

「モンハンナウ」事前登録者が200万人を突破 “狩猟解禁”まであと3週間
米Nianticは22日、AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」の事前登録者数が200万人を超えたと発表した。(2023/8/22)

“住所の表記揺れ”の正規化サービス登場 Excelファイルをアップするだけ
位置情報に関連するクラウド事業を手掛けるGeoloniaは、住所の表記揺れを正規化できるサービス「クイック住所変換」の提供を始めた。表記ゆれしているExcelデータをアップロードすると、住所を正規化し、緯度経度の情報を付与できる。(2023/8/16)

ポケモンGO、新機能「ルート」を提供 他のトレーナーが歩んだ道をたどれる
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が、新機能「ルート」を提供開始。北海道札幌市や宮城県石巻市など、自治体がおすすめの場所を選定した「公式ルート」も登場する。(2023/7/21)

物流のスマート化:
日産自動車とTOPPANエッジ、完成車両の位置をリアルタイムで把握する物流管理システム開発
日産自動車とTOPPANエッジは、GPSとRFIDを用いて、完成車両の位置をリアルタイムで把握できる物流管理システムを共同開発した。完成車両を移動させる作業者が、専用デバイスのボタンを押すことで、車両情報と位置情報を登録できる。(2023/7/18)

AI「Bard」は位置情報を常に取得 会話を「人間がレビューする可能性」も Googleが理由説明
GoogleのAI「Bard」の初期画面に、「人間のレビュアーがBardとの会話を処理する場合があります」と明示。ユーザーの位置情報も利用中常に取得されるようになった。(2023/7/14)

スペースインベーダー、現実の街に襲来? AR位置情報ゲームを18日から世界同時配信
タイトーは11日、AR位置情報ゲーム「スペースインベーダー ワールドディフェンス」を18日から世界同時に配信すると発表した。(2023/7/11)

「ポケモンGO」7周年記念イベントが7月6〜12日に開催 新衣装のポケモン登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が、7月6日〜7月12日に7周年記念イベントを開催。新たな衣装を身にまとったポケモンが登場し、毎日その日限りのボーナスも用意される。(2023/7/5)

現場管理:
竹中工務店の「位置プラス」シリーズがカナモトと西尾レントオールで取扱いを開始
竹中工務店の位置情報を活用して建設現場の業務効率化を図るアプリ「位置プラス」シリーズの提携レンタル会社に、カナモトと西尾レントオールが加わった。(2023/6/15)

「Pokemon GO Fest 2023:大阪」の詳細発表 ほうせきポケモン「ディアンシー」が初登場
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が8月4日〜6日に大阪で「Pokemon GO Fest」を開催。ほうせきポケモンの「ディアンシー」が初登場し、イベント限定「スペシャルリサーチ」のストーリーで出現する。(2023/6/7)

「ポケモンGO」のWebストア開設 ポケコインも値下げ
米Nianticの位置情報ゲーム「ポケモンGO」が「Pokemon GO Web Store」を開設。期間限定セールやWeb限定のボックス、限定オファーなどを取り扱う。あわせて、ゲーム内の価格も調整され、ポケコインの価格が値下がりした。(2023/5/25)

トヨタ「215万人分のクルマの位置情報、漏えいの可能性」公表 クラウド環境誤設定、約10年にわたり
トヨタのテレマティクスサービスで情報漏えい。215万人分の車両の位置情報や時刻などが外部から閲覧された可能性があるという。(2023/5/12)

現場管理:
鹿島、大量資材のトレーサビリティー管理を実現する「Kトレース」開発
鹿島建設は、建設現場の建設資材の個別情報をWeb上に登録し、GNSSで取得した位置情報と紐付けることで、大量の資材の位置情報を瞬時に把握できるシステム「Kトレース」を開発した。同社は、「丸亀城石垣崩落復旧整備事業」の石材管理に採用し、1万個以上の石材を簡易・迅速・正確に一元管理できることを実証した。(2023/5/9)

「Pokemon GO Fest」大阪で初開催 8月4〜6日、早割チケットは3000円
米Nianticは同社の位置情報ゲーム「ポケモンGO」にて、リアルイベント「Pokemon GO Fest」を8月4〜6日に大阪、8月26/27日に全世界で実施すると発表した。参加にはチケットが必要で、チケットの価格は大阪府内開催が3000円、全世界共通イベントが14.99米ドル。(2023/4/27)

9月から全世界配信:
『モンハン』新作は“位置ゲー” カプコンが『ポケモンGO』開発元とタッグ
人気ゲーム『モンスターハンター』のスマートフォンゲーム『Monster Hunter Now』が9月に登場する。『ポケモンGO』を手掛ける米ナイアンテックと共同で、シリーズ初の位置情報を使ったゲームとして全世界リリースする。(2023/4/18)

モンハンの位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」、Nianticとカプコンが9月に配信
Nianticとカプコンは、アクションゲーム「モンスターハンター」の位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」をリリースする。9月のグローバルサービスインを目指し、4月25日にクローズドβテストを開始する予定。(2023/4/18)

AR位置情報ゲーム「モンハンナウ」9月開始 Nianticとカプコンのタッグで 25日からβテスト
カプコンが「ポケモンGO」の米Nianticとタッグを組んだ。AR位置情報ゲーム「Monster Hunter Now」を9月から世界同時に提供する。招待制のβテストを4月25日から実施する。(2023/4/18)

位置情報ゲームで配電設備を点検を効率化できるか 「電柱聖戦」東北電力など開催
東北電力ネットワークとNPO団体のWhole Earth Foundation(WEF)は、4月21日から市民参加型イベント「電柱聖戦」を開催する。位置情報ゲーム「TEKKON」を活用、電柱の写真を集めて配電設備の巡視点検業務に代えられるか可能性を検証する。(2023/4/17)

“サイバー傭兵”によるiPhoneスパイウェア「KingsPawn」についてMicrosoftとCitizen Labが解説
iPhone向けゼロクリックマルウェア「KingsPawn」についてMicrosoftが解説した。イスラエルQuaDreamが開発し、国家政府向けに販売した。主にiOS 14搭載iPhoneを狙い、カレンダー招待状を悪用して配信され、音声や位置情報等を盗む。(2023/4/12)

Hameeのキッズスマホ「Hamic MIELS」、約3万円で発売 電池切れでも居場所を検知可能
Hameeは、キッズスマホ「Hamic MIELS」を販売開始。端末の電池が切れても一定期間は微弱電波を発信し、位置情報を割り出す機能を備える。価格は2万9700円(税込み、以下同)で、ベーシックプラン(データ容量1GB)は月額1100円。(2023/4/5)

まるで『ポケモンGO』?:
『信長の野望』、シリーズ初の“位置ゲー”に 40周年で「新たな戦場に歩み出す」
コーエーテクモは、人気ゲーム『信長の野望』シリーズの新作としてスマホゲーム『信長の野望 出陣』を発表した。ユーザーの現実世界での位置情報をアプリ上に反映し、ゲーム内で戦国時代を疑似体験できる仕様となっている。(2023/3/30)

ロボット開発ニュース:
群制御モジュールの導入で複数台のAGVによる自動搬送を効率化
Industry Alphaは、複数台のAGVの動きを最適化する群制御モジュールを導入し、スマート倉庫における自動搬送を効率化した。各AGVが位置情報を共有し、エリア内を最短経路で走行できるようになった。(2023/3/27)

Innovative Tech:
レトロRPGの世界で“アニメ聖地”を巡礼できる位置情報ゲーム 札幌市立大と大阪芸術大が開発
札幌市立大学と大阪芸術大学に所属する研究者らは、実世界の位置情報データをレトロRPGゲーム風に変換する手法を提案した研究報告を発表した。(2023/3/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。