• 関連の記事

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

岩手など9県の職員がメール送受信できず 自治体向けのクラウド型セキュリティシステムで障害 順次復旧中
SBテクノロジーが管理する自治体向けのクラウド型セキュリティシステムで障害が発生。岩手県など9県の自治体職員がメールを送受信できなくなるなどの影響が出たという。システムは順次復旧している。(2022/8/8)

東亜産業、抗原検査キット140万本を無償配布 自治体を募集
東亜産業は、「新型コロナウイルス抗原検査スティックTM」計140万本を、全国の各自治体に無償贈答する方針を発表。8月10日までに返信を頂いた自治体が対象。(2022/8/8)

au PAYとPontaのキャンペーンまとめ【8月7日最新版】 最大50%還元の他、menuの配達料が無料に
KDDIが2022年8月7日から8月15日まで実施している還元施策やキャンペーンをまとめた。KDDIは、自治体と連携して最大50%を還元。ロイヤリティ マーケティングは、抽選で1000人に使ったポイントを最大全額還元している。(2022/8/7)

各自治体の戦略は?:
「ふるさと納税」寄付額が増えた自治体 3位は東京・日の出町、2位は大阪・太子町、1位は?
ふるさと納税総合研究所は「ふるさと納税に関する現況調査」の結果を発表した。2021年度の自治体別対前年度伸び率を分析したところ、1位は返礼品に「SK‐II」を採用した「滋賀県野洲市」が圧倒的な伸び率を示した。(2022/8/4)

LINEで行政手続き完結 マイナンバーカードを使った本人確認に対応、利用自治体を募集
LINEアプリでマイナンバーカードによる公的個人認証サービスに対応。導入を希望する自治体の申し込み受け付けを始めた。(2022/8/2)

大東建託が調査:
東北6県の「住みたい街」ランキング 5位は郡山市、3位は盛岡市、1位は?
大東建託は東北地方の6県に住んでいる人を対象に、居住自治体の満足度調査を実施し、「住みたい街ランキング」「住みここちランキング」として集計し発表した。「住みたい街」は仙台市が3年連続1位となった。(2022/8/2)

大東建託が調査:
岩手県の「住みここち」ランキング 3位「紫波町」、2位「滝沢市」、1位は?
大東建託は、岩手県に住む人を対象に、自治体の居住満足度調査を実施し、「住みここち」の良さと「住みたい街」ごとにランキングとして集計した。その結果、住みここちが良い街1位は「盛岡市」、2位は「滝沢市」、3位は「紫波町」となった。(2022/7/29)

大日本印刷とPwCがメタバースで協業開始 企業や自治体のメタバース参入をサポート
大日本印刷とPwCコンサルティングは協業を開始し、企業や自治体におけるバーチャル空間「メタバース」の導入や活用を支援する。メタバースへの注目が増す中で、両社の協業はメタバースに取り組みたい企業や自治体にとってどのようなメリットがあるのだろうか。(2022/7/28)

メタバース就活フェスってどんな感じ? 企業とユーザーをつなぐ「METANAVI」に参加してみた
メタバースに多くの企業・自治体が参加する昨今、企業活動の中でも重要な人材獲得をVRで行う試みが増えてきています。(2022/7/26)

福岡市が上位独占:
九州の住み心地がいい街 昨年7位→3位に躍進した沖縄の自治体は?
大東建託は九州・沖縄地域に住んでいる人を対象に、居住自治体の満足度調査を実施し、「住みここちランキング」「住みたい街ランキング」として集計し発表した。(2022/7/18)

自治体と高齢者が防災アプリ開発 地域「共助」を支援 豪雨や地震に
風水害リスクが高まる夏を迎え、防災アプリの活用が進んでいる。アップリーチは、浦安市の自治会や高齢者団体と共同開発した安否確認アプリ「ミテルライフ」のサービスを開始した。町内会の住民同士が助け合える仕組みを実現した。(2022/7/6)

自治体のDX化に追い風となるか RKKCSがAWSとの連携を発表
RKKCSはAWSと戦略的な連携を開始し、2025年をめどに新たな自治体基幹パッケージシステムを開発すると発表した。従来サービスに比べてどのように変化したのか、そしてAWSとの連携の狙いは?(2022/7/5)

SaaSに続く成長事業を目指す:
クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企業や地方自治体の利用を想定。(2022/7/4)

国土強靭化:
国土強靭化新時代へ 災害時にリアルタイムで情報共有するブイキューブのコミュニケーション電子地図
災害発生などの緊急時での対応は、コミュニケーションの精度や効率性が問われる。ブイキューブでは、国土強靱化新時代に向け、リアルタイムな情報共有を支援する防災DXソリューション「V-CUBE コミュニケーションマップ」を自治体を中心に提供を開始した。(2022/7/1)

便器の洋式化:
学校のトイレ、感染症対策はどのくらい進んだのか
TOTOなどトイレ関連6社が運営している「学校のトイレ研究会」は「2021年度全国自治体アンケート調査」を実施し、その結果を発表した。学校トイレの感染症対策を聞いたところ……。(2022/7/1)

CMSベンダーに独禁法違反の疑い 「独自の方がセキュリティ対策になる」と自治体に営業、他社参入を阻害
サイネックスとスマートバリューに独占禁止法の規定に違反する疑いがある。2社はWebサイトの改修を計画する自治体に、独自開発のCMS導入が情報セキュリティ対策になると営業活動を行い、他社が受注競争に参加しにくくなるよう働きかけていた。(2022/6/30)

大東建託調べ:
愛知県の住みここちが良い街 2位は「名古屋市昭和区」、1位は?
「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<愛知県版>」の結果を発表した。住みここちが良い自治体、駅の結果を発表。愛知県民に人気を集めた街は?(2022/6/29)

尼崎USB紛失 他の自治体の情報管理は
兵庫県尼崎市の全市民約46万人の個人情報が入ったUSBメモリが紛失した問題。他の自治体では、USBメモリの持ち出し禁止、コピー禁止、作業後はデータ削除、事前申請を求めるなどさまざまな対策を実施している。(2022/6/27)

電子契約「導入予定なし」が過半数 全国の自治体の電子契約システムの導入実態調査
GMOグローバルサインは、全国の自治体の電子契約システム導入実態に関する調査結果を発表した。電子契約システム導入の効果への期待が高い半面、具体的な調査や検討を進める自治体は全体の約4割にとどまることが分かった。導入検討が進まない理由は何か。(2022/6/27)

「SFプロトタイピング」で“未来のイノベーション”を起こせ!:
富士山が噴火!? その時、日本は――“災害DXベンチャー”がSFで描く未来 無人航空機が果たす役割とは
もし富士山が噴火したら――こんな想定のSF小説があります。これはSFをビジネスに活用する「SFプロトタイピング」の実践例です。自治体の災害対策をテクノロジーで支援するテラ・ラボの事例を紹介します。(2022/6/24)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
パスワード桁数が知られるとまずい? 尼崎市民46万人分の個人情報入りUSBメモリ紛失問題
自治体の個人情報データが入ったUSBメモリが紛失されてしまった。この問題について編集部で話し合った。(2022/6/23)

デジタル庁の“オンライン引っ越し手続きサービス” 実証実験の参加自治体発表
デジタル庁が、2022年度内に実施予定のマイナポータルを使った引っ越し手続きサービスについて、実証実験に参加する自治体を発表した。サービスのUI・UX開発や申請のテストを行う。(2022/6/20)

「Internet Explorer」サポート終了で、東京・調布市「なんで急に」報道 自治体DXに必要な“たった1つ”のこと
「Internet Explorer」サポート終了で、東京都調布市の職員が「なんで急に」とコメントしたとする報道がTwitterで話題となっている。自治体DXの推進に必要な視点を考察した。(2022/6/18)

TBS報道が話題:
「Internet Explorer」サポート終了に自治体「なんで急に」報道 Twitterで「さすがに草」などの声
米マイクロソフトが「Internet Explorer」のサポートを終了したことに関連して、TBSの取材内容が話題となっている。(2022/6/16)

阪急沿線ブランドの根強い人気:
関西の住みたい街ランキング 梅田・京都を抑えた不動の1位は?
大東建託は関西2府4県に住む男女約3万人を対象に居住満足度調査を行った。「住みたい街(駅)ランキング」1位は、2021年と同じ、兵庫県の西宮北口(阪急神戸線)だった。「住みたい街(自治体)ランキング」でも西宮市は昨年に続き1位となり、根強い人気を見せた。(2022/6/16)

上位6位のうち3自治体が県外:
和歌山県の住みたい街ランキング 白浜・田辺を抑えた1位は?
大東建託は、和歌山県に住む男女約4300人を対象に、居住の満足度調査を実施。「住みここち」が良い街の1位は、昨年4位だった西牟婁郡の上富田町が選出。「住みたい街」のトップは県庁所在地の和歌山市となったが、上位6自治体のうち、3自治体が県外の街となった。(2022/6/16)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、8月以降のキャンペーンを発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ8月以降に参加する自治体を発表した。新たに13の共同キャンペーンを実施し、335の自治体での実施が決定した。(2022/6/16)

続出する公的機関の偽サイトに国が注意喚起 「必ずドメインを確認して」
内閣サイバーセキュリティセンターが、地方自治体などをかたる偽サイトを確認したとして注意喚起。自治体などの偽サイトを巡っては、長野県長野市などが、特定の検索エンジンを使ったとき、偽物が本物より上位に表示されるとして、注意を呼び掛けている。(2022/6/15)

まちじゅうEVANGELION:
JAL、エヴァ聖地巡礼ツアーを発売 地方自治体と連携したアニメツーリズムを推進
JALは、山口県を舞台にアニメ「エヴァンゲリオン」の世界観を再現したツアー「JAL PAK×庵野秀明展×まちじゅうEVANGELION」を発売した。地方自治体と連携したアニメツーリズム商品の第一弾として、ファンの需要を取り込む。(2022/6/15)

関西人が選ぶ住みやすい街は?:
関西版「住みここちランキング2022」 3位「箕面市」、2位「奈良県王寺町」、1位は?
大東建託は、「住みここちランキング2022<関西版>」の結果を発表した。住みここち(自治体)ランキング1位は「大阪市天王寺区」、2位は「奈良県北葛城郡王寺町」、3位は「大阪府箕面市」だった。(2022/6/15)

au PAYなどの還元施策やキャンペーンまとめ【6月12日最新版】 50万ポイント山分けやmenu配達無料など
KDDIが2022年6月12日から20まで実施している還元施策やキャンペーンをまとめた。大丸松坂屋オンラインストアでauかんたん決済を使うと50万Pontaポイント山分けになる。menuの配達料が何度でも無料になる。自治体との連携で最大30%還元も見逃せない。(2022/6/12)

地方自治体の偽サイト相次ぎ出現 Bingなどで検索上位に 不審なURLに注意
地方自治体の偽サイトが相次いで出現し、各自治体が注意を呼び掛けている。長野県長野市は6月8日、同市になりすました偽サイトがWeb上で公開されていると発表。特定の検索エンジンで検索すると、本物のサイトよりも上位に表示されていると注意喚起した。(2022/6/10)

神戸市や渋谷区が参加:
「アイデアはあるのに……」 埋もれた“起業家予備軍”150万人、自治体・企業とつなぐ「NOROSI」発足
起業のアイデアはあるけれど、仲間がおらず、環境も整っていないので実現できない──。そうした人が事業アイデアを狼煙(のろし)のように上げ、支援者を集め、地方自治体や企業とつながる。そんな取り組み「NOROSIスタートアップ」が発足した。具体的にはどんな取り組みなのか。(2022/6/10)

ふるさと納税で現金付与のキャシュふる、早くも全額返金 自治体からは「無関係」
ふるさと納税で現金がもらえる」と銘打った「キャシュふる」。6月8日にサービスを開始したが、早くも利用したユーザーに対して、違約金込みで全額返金となった。(2022/6/9)

ふるさと納税で現金バックの「キャシュふる」、自治体名の無断利用で謝罪 全額返金
ふるさと納税の返礼品の代わりに現金が受け取れるサービス「キャシュふる」を提供するDEPARTUREは、提携関係のない自治体の名称を同サービスのWebサイト上で無断掲載したとして謝罪した。一部ユーザーには入金額に違約金などを加えて全額返金するという(2022/6/9)

ServiceNowが自治体のデジタル化を支援 「脱・手作業」を推進するソリューションのポイントは?
コロナ禍を経てデジタル化の遅れが浮かび上がる中、自治体のDXは急務だ。ServiceNowは「自治体には人を中心に据えた利便性の高い仕組みが重要だ」という。同社の自治体支援ソリューションのポイントは何か。導入事例も交えて見ていく。(2022/6/10)

リクルート調べ:
福岡県の住み続けたい自治体ランキング 3位「福岡市早良区」、2位「新宮町」、1位は?
リクルートが「SUUMO住民実感調査2022 福岡県版」の結果を発表した。住み続けたい自治体や、子育てがしやすいと思う自治体は?(2022/6/9)

モビリティサービス:
ヤマハ発動機とJAFで電動ランドカーを日本全国に提案、衰退する公共交通を補完
ヤマハ発動機と日本自動車連盟(JAF)は2022年6月8日、電動ランドカーで協業を始めると発表した。JAFの全国のサービス網や自治体とのつながりを生かして、移動困難地域や観光地などにヤマハ発動機の電動ランドカーを普及させる。(2022/6/9)

みずほ銀行、企業や自治体に決済インフラ提供 J-Coin Pay基盤活用
みずほ銀行は6月8日、企業や自治体向けに決済インフラの提供を開始すると発表した。取り組みの一つ「ハウスコイン」は、チャージ型のコード決済サービス。同社が提供している「J-Coin Pay」の決済基盤を活用し、導入した各社が自社専用の決済システムに組み込んで使えるようにする。(2022/6/8)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、7月以降のキャンペーンを発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ7月以降に参加する6の自治体を発表。今回発表した自治体を含め、330の自治体でキャンペーンを実施している。(2022/6/6)

au PAY還元施策やキャンペーンまとめ【6月5日最新版】 menu配達無料や最大30%還元が目立つ
KDDIなどが2022年6月5日から6月13日までに実施している還元施策やキャンペーンをまとめた。自治体と連携して最大30%還元している。menuの配達料が何度でも無料になるサービスや、menu利用金額の最大10%を還元するキャンペーンにも注目したい。(2022/6/5)

企業誘致で人口が増加中:
長野県の住みここちが良い街 2位「松本市」抑えた1位は?
大東建託は、全国の都道府県で居住地の満足度調査を実施。長野県の自治体について「住みここちランキング」「住みたい街ランキング」として集計した。住みここちの良さでは、御代田町が2位の松本市を抑え、2年連続トップとなった。(2022/6/4)

新たなソリューション導入で、新規事業を生む
「ローカル5G」の普及期がついに到来 Wi-Fiにはできない無線の活用法とは?
企業や自治体が自前の「5G」ネットワークを運用する「ローカル5G」には、「Wi-Fi」にはないメリットがある。企業はローカル5Gをどのように活用しているのか。事例を基に説明する。(2022/6/3)

泉佐野市、メタバース内でふるさと納税呼び掛け 返礼品を3Dモデル化して展示
大阪府泉佐野市が、ふるさと納税の呼び掛けを目的にVRイベント「バーチャルマーケット2022 Summer」に出展する。開催元のHIKKYによれば、自治体がふるさと納税の呼び掛けを目的に同社のイベントに出展するのは初という。(2022/6/1)

医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記
医療機関や自治体が電子カルテやレセプト(診療報酬明細書)、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境を整備したり、感染症の流行状況などを的確に把握したりする狙いがある。(2022/5/27)

医療情報、デジタル化で共有 プラットフォーム創設 骨太方針に明記
政府の「骨太の方針」に、医療現場でのDXを加速する基盤の創設を盛り込むことが分かった。医療機関や自治体が電子カルテやレセプト、予防接種などの情報を共有し、患者が最適な治療を受ける環境の整備、感染症の流行状況の把握などを目指す。(2022/5/27)

ひろゆき氏が自治体アドバイザーに 「若者に夢と希望を」福岡県中間市長
福岡県中間市が、ひろゆき氏をPRアドバイザーに迎えた。「市の若者に夢と希望を」と市長は期待。(2022/5/26)

大東建託が居住の満足度を調査:
首都圏の住み心地がいい街 「東京・中央区」が4年連続1位
大東建託は「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2022<首都圏版>」を発表した。「住みここち(自治体)ランキング」の1位は「中央区」、2位は「文京区」、3位は「目黒区」となった。(2022/5/22)

埼玉県の「住みここち」ランキング、自治体1位は「さいたま市浦和区」 住みたい街の上位は?
調査対象者は埼玉県に居住する、成人男女3万5595人。(2022/5/19)

自治体が本気で取り組むマーケティング活動 「メンマ爆売れ」の裏で市役所職員は何を仕組んでいたか
最先端のマーケティング施策を自治体が駆使することは可能だろうか。福岡県糸島市が示したのは、データを駆使すれば街の活性化は不可能ではないという事実だ。(2022/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。