• 関連の記事

「自治体」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自治体」に関する情報が集まったページです。

クレカ基盤への不正アクセス問題 自治体EC・映画予約サイトなど、安全のため決済機能停止
メタップスペイメントのクレジットカード決済基盤が不正アクセスを受けた問題で、複数のサービスがクレジットカード決済機能を停止する事態になっている。情報漏えいの有無は現在調査中。(2022/1/26)

行政向けネットワーク「LGWAN」で全国的な通信障害 自治体メール、証明書コンビニ交付サービスなどに影響【一部復旧】
「LGWAN」で全国的な通信障害が発生している。地方公共団体が利用するメールシステムや、コンビニでの証明書交付サービスなどに影響があり、地方公共団体情報システム機構が復旧を急いでいる。(2022/1/26)

NTT東がDX推進のための新会社設立 地方自治体や中小企業をワンストップ支援
NTT東日本は2021年1月24日、新会社「NTT DXパートナー」を設立すると発表した。地方の中小企業や自治体向けにDXコンサルティングやシステム実装などをワンストップで支援する。(2022/1/25)

業績に大きな開き:
飲食店社長が激白、自治体要請の“矛盾”「本来あるべき姿ではない」
新型コロナウイルスの流行は約2年に及び、飲食業は厳しい状況にさらされている。いまも「蔓延防止等重点措置」が各地で適用されるなか、全国に飲食店を展開する「ドリームリンク」の村上雅彦社長は、自治体の要請が抱える矛盾を指摘した。(2022/1/22)

代金支払いよりも避難を――「びっくりドンキー」の対応に賞賛の声 トンガ噴火で津波注意報
南太平洋の島国トンガを襲った、海底火山の大規模噴火。気象庁が津波警報や注意報を発令した。沿岸の自治体を中心に住民の避難指示が出る中、ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」の従業員が、代金の支払いよりも利用者の避難誘導を優先したとして、Twitterで賞賛を浴びている。(2022/1/21)

炎上・中止から9年――JR東、Suicaデータから駅の利用状況分析「カルテ」外販へ
Suica利用者のデータを基にした統計情報リポート「駅カルテ」をJR東が発表。駅ビルなど自社グループ内で活用する他、自治体など社外に販売することも検討する。(2022/1/21)

12自治体から試験的に実施:
ヤフー、自治体からの情報発信サービス機能を拡充 災害に加え生活情報も提供
ヤフーは、自治体からの情報発信サービスの機能を拡充した。(2022/1/17)

最新技術をフル活用して「運用のDX」を実現
自治体のネットワーク分離インフラでも採用された予兆検知、保守自動化製品とは
DXで重要な役割を担うITインフラだが、その運用管理では課題も多い。今、ITインフラの運用管理で何が課題なのか、解決のポイントは何か、どのような製品を、どう活用すればよいのか。そのヒントを探るセミナーが開催された。(2022/1/18)

世界デジタル政府ランキング 日本が9位に転落、なぜ?
早稲田大学電子政府・自治体研究所が「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を公表した。ICT先進国64カ国のデジタル政府の進捗度を、主要10指標で多角的に評価する。第16回では「デンマーク」が1位を獲得し、日本は前回の7位より2つランクを落とし、9位となった。(2022/1/13)

河川の水位、防災AIが7日先まで予測 自治体向けに展開へ
三信電気は、AIで7日先までの河川水位を予測する「水位予測AIソリューション」を発表。ほぼ全ての河川で1週間後の水位予測が可能になる。全国の自治体向けに防災ソリューションとして展開する。(2022/1/13)

有効期限は6カ月:
JR東、新ICカード「Suica Light」を発表 デポジット不要
JR東日本は新たな交通系ICカード「Suica Light」を発表した。従来のSuicaと異なり、500円のデポジットが不要で、6カ月の有効期限を設けているのが特徴。地方自治体の交通費補助事業や、修学旅行で来た学生・生徒の利用を想定しており、短期間の利用ニーズに対応する。(2022/1/12)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」 、2月以降参加の23自治体を発表
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」へ2月以降に参加する23の自治体を発表。305の自治体でのキャンペーン実施が決定し、2回目以降も124の自治体が実施している。(2022/1/11)

意外とやっかいな「消去の立証」
総務省の機器廃棄要件に困惑する自治体と企業、対応の近道とは
総務省は情報流出事件を受けて情報セキュリティガイドラインを改定し、情報資産や機器廃棄の在り方に方向性を示した。新たなガイドラインには「データ消去の証明」を求める項目もある。この“難題”に応える方法とは。(2022/1/21)

PR:職員と市民をつなぐ情報基盤 事例から知る最新自治体DXとは?
(2022/1/6)

「ふるさと納税」寄附したことがある人は約3割 自治体を選ぶ理由「返礼品が魅力的」に次ぐ、第2位は?
インターネットリサーチを手掛けるマイボイスコム(東京都千代田区)は、「ふるさと納税」に関する調査を実施した。(2021/12/28)

都道府県と政令指定都市は「100%」に――総務省が地方自治体におけるテレワークに関する調査を実施
総務省が、2021年10月1日現在における「地方公共団体におけるテレワークの取組状況」の調査結果を公表した。都道府県に加えて政令指定都市でもテレワーク導入率が100%になったが、実際にテレワークするに当たって課題も少なからずあるようだ。(2021/12/24)

電気自動車:
EVがカーボンニュートラルに貢献するための環境整備へ、日産が自治体の支援強化
日産自動車は2021年12月22日、自治体のカーボンニュートラル達成を支援するパートナーシップを締結したと発表した。住友商事や住友三井オートサービスとともに、EV(電気自動車)の導入やシェアリングによる地域の移動手段の脱炭素化と、再生可能エネルギー由来の電力の導入を支援する。(2021/12/23)

万博にらみ関西版「MaaS」 来年度にアプリ運用開始
さまざまな移動手段の予約や決済などを一体的に提供する次世代交通サービス「MaaS(マース)」の構築に向け、鉄道、バスなど交通事業者をはじめ、国や自治体などでつくる「関西MaaS推進連絡会議」の初会合が21日、大阪市内で開かれた。国内外から多くの人が訪れる2025年大阪・関西万博に合わせ、官民共同でサービス提供を目指す。(2021/12/22)

自然エネルギー:
地域特性を生かした再エネは何か? 6割の自治体が「屋根置き太陽光発電」と回答
矢野経済研究所は2021年12月8日、共同通信社と共同で実施したカーボンニュートラルに向けた施策の動向に関する自治体アンケート調査の結果を公表した。約6割の自治体が、地域の特徴を生かした再生可能エネルギー電源のトップに「屋根置き太陽光発電」と回答している。(2021/12/22)

au PAY、10自治体と連携して最大30%還元のキャンペーン 1月から
KDDIは、2022年1月1日からau PAY 残高の還元キャンペーンを開催。地方自治体と共同で実施している「au PAY×地方自治体連携キャンペーン」 の一環で、東京都をはじめとした10自治体と連携して行う。(2021/12/21)

ICT:
IoTセンサーと3D都市モデルを活用した防災サービスの開発をスタート、応用地質ら
東京海上日動火災保険と応用地質は、IoTセンサーで取得したデータと3D都市モデルを活用し、台風や集中豪雨などによる浸水被害を見える化する防災サービスの開発をスタートした。今後は、高度な流体解析技術やリアリティーのある可視化技術を取り入れて、データ活用の高度化を目指す。さらに、自治体から地域住民への効果的な防災情報の伝達や企業からステークホルダーに対する災害リスク説明を効率化するリスクコミュニケーションツールの開発を進める。(2021/12/21)

LED:
パナソニックがアイススポーツ施設のライティングをサポート、多様な利用形態に対応する劇場空間を創出
パナソニック エレクトリックワークス社は、屋内/屋外を問わず、高度なライティング技術を多くの自治体や公共施設に提供している。青森県八戸市の「FLAT HACHINOHE」でのアリーナ照明設備もその一つだ。FLAT HACHINOHEは、近隣の小・中学生のスケート授業からプロチームのアイスホッケーまで、各種アイススポーツに利用されており、フロアを転換することで、氷上以外の多彩な催しの場ともなっている。(2021/12/20)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
日本に「雑務ばかりの職場」がはびこる背景にあるもの
なぜ、職場から「雑務」がなくならないのか? 350以上の企業や自治体、官公庁などでの組織や業務の改革支援を行ってきた沢渡あまね氏が、「雑務ばかりの職場」を生む背景を8つに分けて考察し、その解決策を紹介する。(2021/12/15)

“政府のデジタル化”世界ランキング、日本は何位? 早稲田大調査
早稲田大学電子政府・自治体研究所(東京都新宿区)は12月10日、「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を発表した。1位はデンマークが獲得。日本は2020年から2つ順位を落として9位にランクインした。(2021/12/14)

政府の「接種証明アプリ」は普及するのか マイナンバーカード所持が前提 自治体独自のアプリには成功例も
 デジタル庁は20日、新型コロナウイルスワクチンの接種証明アプリを公開する。書面で交付されている接種証明をスマートフォンでできるようにして利便性を高める狙いだが、申請にはマイナンバーカードが必要になるなど「利用へのハードルが高い」という指摘もある。普及するのか。(2021/12/14)

ワクチンパスポートアプリを公開 政府
政府は13日、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明する「ワクチンパスポート」について、スマートフォン上で表示するための電子交付アプリを公開した。20日からダウンロードでき、大半の自治体で電子発行が可能になるという。氏名や生年月日、接種記録などが表示され、緊急事態宣言が出ても行動制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」や海外渡航手続きでの使用を想定している。(2021/12/14)

政府の「接種証明アプリ」は普及するのか マイナンバーカード所持が前提 自治体独自のアプリには成功例も
デジタル庁が新型コロナウイルスワクチンの接種証明アプリを公開する。接種証明をスマートフォンでできるようにして利便性を高める狙いだが、申請にはマイナンバーカードが必要など「利用へのハードルが高い」という指摘もある。(2021/12/14)

「行財政改革への貢献度」「オープンガバメント」などの項目で1位:
1位は「デンマーク」 早稲田大学が「世界デジタル政府ランキング2021」を発表
早稲田大学電子政府・自治体研究所は、「第16回早稲田大学世界デジタル政府ランキング2021」を発表した。1位はデンマーク、2位はシンガポール、3位は英国。日本は9位だった。(2021/12/13)

兵庫県伊丹市がサイボウズのクラウドサービスを導入 クラウド導入自治体の先駆けに
伊丹市がサイボウズのクラウド版「Garoon」「kintone」を導入した。市民サービス充実と市職員の生産性向上を図る。(2021/12/10)

PayPayの「あなたのまちを応援プロジェクト」、2022年1月以降の参加自治体が決定
PayPayは、地方自治体と共同で実施している「あなたのまちを応援プロジェクト」で2022年1月以降の参加自治体を発表。新たに27の自治体が参加し、2回目以降に実施する自治体は118で全国45都道府県に広がっている。(2021/12/8)

18歳以下の5万円分クーポン、デジタルと紙の2通りで
政府が追加経済対策の目玉として盛り込んだ18歳以下への10万円相当の給付のうち、来春支給する5万円分のクーポンの配り方が5日、分かった。自治体が開設した通信販売専用のサイトで利用できるポイントを付与する形式を検討しているほか、過去の給付と同様に紙のクーポン券も用意。実務を担う市区町村が域内でどちらを使うか選択できる仕組みになる見通しだ。(2021/12/6)

NTTドコモの調査:
自治体の災害情報配信サービス 登録している人は何割?
NTTドコモ モバイル社会研究所は「防災に関する調査」を実施した。その結果、居住している自治体の災害情報配信サービスに登録している人は約4割だった。(2021/11/25)

DXはデンマークに学べ 茨城・守谷、行政手続きスマホで完結へ
DXを先進国に学び、行政のデジタル化を進めようと、茨城県守谷市は同県内の自治体で初めて、駐日デンマーク大使館とDXに関する覚書を締結した。同国の知見や技術を取り入れ、将来的には市民が市役所を訪れなくても済むことを目指している。(2021/11/25)

新設のデジタル田園都市国家交付金、補正に100億円
政府が「デジタル田園都市国家構想推進交付金」として100億円を2021年度補正予算案に計上する方針を固めた。地方自治体のデジタル分野の取り組みを支援し、経済成長につなげたい考えだ。(2021/11/24)

大東建託が調査:
沖縄県の「住み続けたい街」ランキング 3位「南城市」、2位「豊見城市」、1位は?
大東建託は沖縄県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果、「住み続けたい街(自治体)ランキング」の2位は「豊見城市」、3位は「南城市」だった。(2021/11/23)

大東建託が調査:
鹿児島県の「住み続けたい街」ランキング 3位「霧島市」、2位「姶良市」、1位は?
大東建託は鹿児島県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。その結果「住み続けたい街(自治体)ランキング」の1位は「日置市」だった。(2021/11/22)

都内区市町村のバイク駐車場に対する温度差と放置駐車の現状 二輪車利用環境改善部会レポート
バイク乗りが抱える「駐車場がなくて困る」問題。2021年4月に江東区が条例を改正し進展が期待されますが、その他東京都各自治体のバイク駐車場に対する温度差は……。(2021/11/21)

大東建託の調査:
九州・沖縄エリアの「住み続けたい街ランキング」 1位を獲得した沖縄県の自治体は?
大東建託は、九州・沖縄エリアの「住み続けたい街ランキング」を発表した。1位は沖縄県の自治体が獲得した。どのような場所なのか。そのほか、幸福度ランキングなども発表。(2021/11/19)

デジタル臨時行政調査会が初会合 社会のDXの具体化本格始動
政府が「デジタル臨時行政調査会」の初会合を開いた。デジタル化を遅らせる要因となっている法規制を改め、国と地方自治体とのデータ共有の円滑化策なども検討。規制改革や行政改革と一体となった日本のDXの進め方を議論する。(2021/11/18)

大東建託が調査:
長崎県の「住み続けたい街ランキング」2021 「長崎市」や「佐世保市」を上回った自治体は?
大東建託は長崎県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。「住み続けたい街ランキング」と「街の幸福度ランキング」の結果は?(2021/11/17)

Salesforce日本法人、性転換手術の費用を補助する制度導入 LGBTQ+向け福利厚生で 上限400万円
セールスフォース・ドットコムが、LGBTQ+向けの福利厚生制度を導入した。性転換手術や、国・自治体に同性パートナーとして認められるために必要な書類の作成費用などを補助する。(2021/11/16)

日本でのMaaS普及、“ラストワンマイル”はデータ連携? Uberや国交省などが議論
国交省が旗振り役となって進めている“日本版MaaS”。交通事業者やデジタルプラットフォーマー、自治体が参加して進めるが、“日本版”たる日本特有の事情から、各プレイヤーが共通して抱える課題が明らかになってきた。(2021/11/15)

普及の後押しになるか KDDIらが"都市連動型のメタバース"に向けコンソーシアムを発足
KDDIらは4社共同で都市連動型のメタバースの利活用に向けたガイドライン策定を目指す「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。自治体や管轄省庁と連携し、仮想空間と実在都市を相互的に発展させる計画だ。(2021/11/12)

自治体のAI導入事例を基に作成:
「実際に自治体が導入したAI製品」のカオスマップをアイスマイリーが公開
アイスマイリーは、自治体のAI導入事例をまとめたカオスマップを公開した。自治体のAI導入事例を「議事録」「画像認識」「チャットbot」などのカテゴリーに分けて、AI製品の提供ベンダーをマッピングしている。(2021/11/10)

行政機関で広がるクラウド活用【後編】
クラウドベンダーが「行政IT」市場を狙う“当然の理由”
大手クラウドベンダー各社は、行政IT市場への攻勢を強めている。その背景には、自治体のIT担当者が重要なデータを管理する際に直面する、“ある問題”があった。(2021/11/10)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
今変わるべき霞が関──「雑務」が日本を滅ぼす前に
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAXなど──とにかく雑務が多い日本。政府が「働き方改革」「DX」を掲げているにもかかわらず、霞が関内部にはガラパゴス化した理不尽な働き方がはびこっている。霞が関は変わることができるのだろうか? 具体的には、何から取り組むべきなのだろうか? 多くの企業や自治体、官公庁で業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/5)

大東建託が調査:
香川県の住み続けたい街ランキング 「三豊市」や「東かがわ市」を上回った1位は?
大東建託は香川県に住む成人を対象に、居住満足度調査を実施した。「住み続けたい街(自治体)ランキング」と「街の幸福度ランキング」の結果は?(2021/11/4)

新連載:沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
日本から「雑務」がなくならないのはなぜ? 震源地は“東京のど真ん中”
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAX、出頭、PPAP、印紙、注文請書……。日本から無数の“雑務”がなくならないのはなぜなのか。その原因はどこにあるのか? 多くの企業や自治体、官公庁などで業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/4)

自治体初:
「自動運転バス」実用化から約1年、茨城県境町の変化は?
2020年11月、自治体初の事例として自動運転バスを3台導入し、定時・定路線での運行を始めた茨城県境町。21年8月より停留所の数を16カ所に増やして、土日の運行も開始した。約1年間の実用化によって、町にどんな変化があったのか。(2021/11/3)

“大退職時代”の人材維持・獲得策【前編】
新入社員への「入社祝いボーナス」がもたらす“侮れない効果”
組織は人材雇用の難しさと、従業員の定着を課題としている。そうした中、従業員に入社時一時金であるサインオンボーナスの支払いをする自治体や企業が現れ始めた。その効果は。(2021/11/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。