• 関連の記事

「昆虫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「昆虫」に関する情報が集まったページです。

蜘蛛の巣は「静電気で獲物を捕まえる」 仕組みを下敷きでとらえた動画が予想以上の動きで興味深い
昆虫が蜘蛛の巣に引っ掛かってしまう理由がよく分かる。(2022/7/28)

衝撃の「カブトムシ焼きメーカー」登場 ひとくちサイズの昆虫型カステラが焼けるホットプレート
決して“焼きカブトムシ”ではありません。(2022/7/19)

夏休みの家族のお出かけに、見て・知って・触れる「ファーブルに学ぶ!体感する昆虫展」 大人も子どもも楽しめて、自由研究にも役立ちそう
家族で夏の思い出作り。(2022/7/13)

医療技術ニュース:
ゴキブリにも有効、成虫に注射するだけの昆虫ゲノム編集法を開発
京都大学は、成虫に注射するだけでゲノム編集ができる、新たな昆虫ゲノム編集法「Direct Parental CRISPR(DIPA-CRISPR)」を開発した。従来法では不可能だったゴキブリに対しても、高効率なゲノム編集が可能になった。(2022/6/7)

「食べる昆虫ガチャ」 コオロギ、セミ、女王アリ、サソリなど全12種をワンコインで販売
渋谷PARCOで5月28日から。(2022/5/28)

5種類の木を使用:
レクサスのショールームで提供される「木を飲むドリンク」 木を食べる未来がくるのか?
食用花や昆虫食など「一見、食となじみがないけど食材になっちゃったよ」シリーズに「木」が追加される未来もそう遠くないかもしれない。日本草木研究所が、ヒノキなど5種類の木材を使用した「木を飲むドリンク」を開発した。どのような商品なのかというと……(2022/3/31)

ガンプラを昆虫風に改造する画期的な新ジャンル キュベレイ風「ハマーンオオカブト」はどの森にいますか?
昆虫標本風の飾り付けもいい感じ。(2022/3/19)

紙粘土で作った“機械昆虫”がかっこいい メタリックに輝くメカメカしい姿に「粘土とは」と驚きの声
塗装技術もデザインもすばらしい。(2022/1/23)

月90万円稼いだ自販機も:
「昆虫食の自販機」が全国的にじわじわ増えているワケ
全国的に「昆虫食自販機」がじわじわ増えているらしい。「高たんぱく」「食糧危機を救う」などの文脈でメディアに取り上げられているのを見るが、なぜ昆虫食自販機が増えているのだろうか? 実際に運営する事業者に話を聞いたところ、ビジネス的な「うま味」が見えてきた…….。(2021/12/21)

1本に約15グラムのタンパク質:
無印良品、「コオロギチョコ」を発売 昆虫食の第2弾
無印良品を展開する良品計画が、昆虫食の第2弾「コオロギチョコ」を発売する。(2021/12/14)

「人造昆虫カブトボーグ V×V」放送から15周年で何かが起こる!? 謎のTwitterアカウントが始動
公式なのか……?(2021/9/25)

リアルすぎぃぃ! 擬態昆虫を原寸大でフィギュア化したカプセルトイ「原色擬態昆虫」が登場
標本そっくり。(2021/9/20)

Innovative Tech:
ゴキブリの頑丈さとスピード、チーターの俊敏さを兼ね備えた昆虫ロボット
強い力で踏まれても動き続けるゴキブリのような頑丈さと、逃げる獲物を追いかけるチーターのような俊敏性を兼ね備えた昆虫サイズのロボット。(2021/9/16)

Innovative Tech:
コオロギ入りクッキーを3Dプリント 山形大学が開発
昆虫食の見た目に対する抵抗感を軽減するための手法。(2021/8/17)

静岡に“珍自販機スポット”現る 冷凍ラーメンから昆虫食、ふるさと納税まで
静鉄リテイリングは8日、JR藤枝駅直結の商業施設「オーレ藤枝」に多数の自動販売機を設置した無人販売所をオープンした。冷凍ラーメンや昆虫食など珍しい自動販売機を集めた。(2021/7/8)

「凄すぎる…!!間近で見ても枝片にしか見えない」 昆虫の見事な擬態に驚きと好奇心が止まらない声続々
すごいしかわいい。※追記・修正あり(2021/6/27)

ハエも老化で“リズム感”狂う 東北大研究
数秒単位のリズムに応じて行動できる“リズム感”は、人間など脊椎動物だけでなく昆虫のハエにもあり、人間と同様、老化によってハエのリズム感も狂う――東北大学は4月12日、こんな研究結果を発表した。(2021/4/13)

ホビーメーカー「押すだけでフタができる塗料ボトルができました!」→「フィルムケースじゃねーか!」とツッコミ殺到 懐かしすぎてトレンドに
フィルムケースと同様、昆虫の観察やピルケースなど、いろいろな用途に使えそう。(2021/4/9)

リアルな「昆虫そっくりグミ」が作れる! クッキングトイ「グミップルラボ ドキッとステーション」発売
魚釣りグミも作れます。(2021/4/5)

Innovative Tech:
蛾の触角をドローンに移植 匂いの発生源に向かって飛行する「Smellicopter」
改造昆虫ドローンの登場。(2021/3/20)

期間限定で復活したジャポニカ学習帳「昆虫シリーズ」の切手シート登場 ヨドバシ.comで販売
学習帳2種とA4クリアファイルとのセットで数量限定販売。(2021/2/5)

ウォッカの中にサソリやイモムシ 昆虫食のショップから“昆虫酒”登場
昆虫はお酒から出して食べることも可能。(2021/1/16)

【大人だけど子ども向けアニメファンインタビュー】玩具を売る気がない玩具販促アニメ『人造昆虫カブトボーグ V×V』が定期的に見たくなる
2007年放送終了。もう令和ですが、今でも非公式ファンイベントが行われているとか。(2020/11/30)

これが紙!? 紙で作った昆虫や水生生物がすごい 動き出しそうな躍動感
時間を忘れて眺めたくなる完成度の高さ。(2020/10/11)

イラスト柄も販売:
懐かしい「昆虫」が復活 ジャポニカ学習帳販売開始50周年
ショウワノートは「昆虫」をテーマにした10種類のジャポニカ学習帳を9月から販売する。子ども向けの「学習帳」での採用は2012年以降で初。子どもたちに昆虫のビジュアルに興味を持ってもらい、自然環境に目を向けてもらいたいという。昆虫のイラスト柄を採用した商品も展開する。(2020/8/28)

「ジャポニカ学習帳」昆虫シリーズ復活 50周年記念で
「ジャポニカ学習帳」の「昆虫シリーズ」が、50周年商品として帰ってきた。昆虫が苦手な子ども向けに、昆虫のかわいいイラストをあしらったノートも。(2020/8/25)

さ・い・こ・うDEATH! 香川照之の「昆虫すごいぜ!」が「半沢直樹」ネタぶっこみ とうとう局の垣根を越えてしまう
大和田、クマゼミとの頂上決戦!(2020/8/21)

さすがカマキリ先生! 香川照之が寄贈した“昆虫柄”の子ども用マスクが「すごくかわいい」と評判
大人も思わず欲しくなっちゃう(2020/5/20)

【7年前の今頃は?】昆虫が「食料」として認められる 国連が虫のポテンシャルをベタ褒め
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/5/14)

無印良品が大まじめに“コオロギせんべい”を発売 世界の食糧危機対策として昆虫食を提案
エビに近い、香ばしい味。(2020/5/13)

食用コオロギを配合した「コオロギスナック」発売 “近未来ラーメン味”で昆虫食初心者も食べやすい
スーパーフードに挑戦してみる?(2020/3/20)

昆虫食の自販機、東京・上野のアメ横に登場 コオロギやタガメ販売
上級者向けの姿そのままのタガメ、ゲンゴロウ、タランチュラから、食べやすい(?)コオロギ粉末入りのプロテインバーまで!(2020/3/20)

タガメが売買禁止となる日に「合法タガメ」発売 標本をCTスキャンして作ったリアルなタガメフィギュア
愛されてる水生昆虫。(2020/2/8)

Innovative Tech:
ハエたたきでも壊れない昆虫ロボ「DEAnsect」 ペシャンコになっても元通りに
剥がすと元通りになる虫ロボット。害虫なら嫌なものだがロボットなら有用だ。(2020/1/9)

遺伝情報が長持ちする昆虫標本、市販の成分で安価に作成 1匹当たり約10円 兵庫県立大などが新技術
兵庫県立大学、京都大学、東京大学が、遺伝情報を長く保存できる昆虫標本の作製方法を開発。保湿剤などに使われる有機化合物「プロピレングリコール」を使用する。自然科学のさまざまな研究分野へ応用が見込める。(2019/12/24)

高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始
友だちとチャレンジしてみるのもありかも……?(2019/12/8)

無印良品からコオロギの粉末使った「コオロギせんべい」 来春発売
昆虫食の研究の第一人者の徳島大学と開発します。(2019/11/22)

おいしい昆虫食の開発目指す無印良品、20年に「コオロギせんべい」発売へ
(2019/11/22)

昆虫に学べ 小型ドローン群で災害時の人命探索
自律飛行しながらも計算量を減らし、冗長性も確保できる方法が、昆虫の行動を参考に考案された。(2019/11/15)

人工知能ニュース:
防虫管理は守りから攻めへ、「世界初」のAIを採用した捕虫器が誕生
アース環境サービスとLuci、ゴウハウスの3社は2019年9月12日、昆虫の混入事故を防止するAI(人工知能)捕虫器「RIG1.0」を共同開発したと発表した。昆虫を誘引する光源としてLEDを採用したことや、捕獲昆虫の判定やカウントで「おそらく世界初のAIシステムを構築した」(ゴウハウス CEOの佐藤哲也氏)ことが特徴だ。(2019/9/13)

東京スカイツリータウンの夏休みは「昆虫」「恐竜」「海の生き物」! 限定フードとグッズに子どもがワクワクしそう
「大昆虫展」も開催中。(2019/7/19)

令和初、「仮面ライダーゼロワン」が9月からスタート! 新ライダーに「キカイダーを思い浮かべちゃう」「昆虫っぽいデザインでいい」の声
AI監修には国立情報学研究所が参画。(2019/7/18)

カマキリ先生ついにNスペ進出!  昆虫王国コスタリカで人類の危機に向き合う
8月1日放送、ツノゼミ、モルフォチョウなど魅惑の昆虫が多数登場。(2019/7/8)

1円玉より軽い昆虫型ドローン、太陽光発電で単独飛行実現 昆虫の推力効率に匹敵
電力から得られる推力の効率はハナバチなどの昆虫に匹敵。研究チームは「持続的に単独飛行できる飛行ロボットとしては世界最軽量だ」と話している。(2019/7/1)

むしタイプ専用モンスターボール! 冒険に出たくなる「モンスターボール 虫カゴ」が6月8日に発売
ポケモン(昆虫)ゲットだぜ!(2019/6/3)

「みんなのアイドル」「超絶かわいい」 高田夏帆、NHK「昆虫すごいぜ!」の“子カマキリ”役に絶賛の声
カマキリ姿でもみんなのアイドル!(2019/4/27)

令和最初のカマキリ先生登場! Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」6時間目は「アリ」
体を張って奮戦するカマキリ先生、何種類のアリを捕まえられる?(2019/4/18)

水曜インタビュー劇場(臭み公演):
コオロギが50匹入った昆虫食は、どのようにして生まれたのか
50匹分のコオロギが入ったプロテインバーが登場した。日本初の商品になるわけだが、どんな味がするのか。また、商品ができるまでどんな苦労があったのか。ベンチャー企業「BugMo」の創業メンバーに話を聞いたところ……。(2019/3/27)

「物心ついたころから昆虫好きの昆虫少年」 Twitterのヒアリ鑑定人「ヒアリ警察」の人柄を探ってみた
Twitter屈指の昆虫ガチ勢。(2018/12/8)

「昆布」「昆虫」 有村昆、なぜか名前を“ちょい足し”される事案が頻発 「児嶋だよの気持ちわかる」と嘆き
「手塚治虫」感ある。(2018/10/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。