• 関連の記事

「小学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

吉岡里帆、小学館の漫画原作ドラマ制作中止に「大事な決定だと思います」「色んなことが起きすぎて眠れません」
タイトルやキャストについては正式発表はされていませんでした。(2024/2/23)

小学生が描いた保護猫への思いにグッとくる 鳥取県米子の猫部屋リフォーム専門店で作品が展示中
すばらしいです。(2024/2/23)

踊り手りりり、高校卒業を報告 制服姿に「こんなに大きくなったんだ!」「小学生の時に会ったのが懐かしい」
卒業おめでとうございます!(2024/2/21)

親子でギャル! 『姉ageha』モデル、“小学生ギャル”の娘を初披露 「姉妹ですか?」「想像以上に可愛い」
ママは36歳、娘は小学3年生。(2024/2/20)

小学生が発明した“天才すぎる絆創膏” 予想を上回る売上と要望に「改良版」を検討
マツキヨココカラ&カンパニーのプライベートブランド「matsukiyo」から2023年8月に発売された「matsukiyo 指にまきやすい絆創膏」の話を聞きました。(2024/2/20)

上白石萌歌、海外在住時の幼少期ショットが尊すぎて国宝級 小学生で「既に美少女」「ほとんど変わってない」
面影ありまくりな幼少期。(2024/2/18)

日本テレビ、「セクシー田中さん」問題で社内特別調査チーム設置へ 小学館も協力
これまで独自に社内調査を行っていたとしています。(2024/2/15)

「セクシー田中さん」について日テレが声明 特別調査チームを設置へ 小学館なども協力
テレビドラマ「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、日本テレビ放送網は、声明を発表した。同社のドラマ制作部門から独立した社内特別調査チームを設置し、調査に臨むという。(2024/2/15)

小学生ギャル&ギャル男モデル、初バレンタインが反響「一生推せるカップル」 11歳彼女は「すっぴんで街を歩けない」発言が話題
2人ともかわいいな!(2024/2/15)

軽さが特徴の布製ランドセル、イトーヨーカ堂も参入 開発のきっかけとなった、小学生の悩みとは?
イトーヨーカ堂が2025年におけるランドセルのラインアップを公開した。初めて布製ランドセルに参入する。ニトリなども参入しているが、背景に何があるのか。(2024/2/15)

3歳妹のために小学生バイオリニスト兄弟が「アンパンマンたいそう」を弾いたら…… 雰囲気激変の音色に「ほんとに優しいヒーロー」「なぜだか涙が」
お兄ちゃんたちがヒーローだね。(2024/2/14)

「月曜から夜更かし」、“小学生ギャル”の現状にマツコ・デラックスも仰天「デパコス使ってんの!?」
ハイブラだと……!?(2024/2/13)

Amazonのタブレット「Fire HD 10 キッズプロ」を小学校低学年の子どもに使ってもらった結果
アマゾンジャパンが6歳以上の子どもが使うことを想定したタブレット「Fire HD 10 キッズプロ」を発売しました。筆者の子どもに実際に使ってみると、良い点と改善すべき点がいろいろ見えてきたので、まとめてみます。(2024/2/9)

芦原さん急死に関する小学館編集者からの声明に漫画家から賛否 「泣いちゃった」「第三者による検証は要る」
声明を肯定的に受け止める声がある一方。(2024/2/9)

小学館、「セクシー田中さん」芦原先生の逝去にコメント発表 現場編集者からの声明も
「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなったことを受け、小学館がコメントを発表した。また、小学館第一コミック局の現場編集者による声明も掲載。「芦原妃名子先生の訃報に接し、私たち第一コミック局編集者一同は、深い悲しみと共に、強い悔恨の中にいます」としている。(2024/2/8)

小学館編集部、芦原さん急死に対して声明 「著者の意向は必ず尊重」「意見を言うことは当然との認識が再発防止」
「社外発信する予定はない」とした報道から一転。(2024/2/8)

小学館、芦原妃名子さん逝去について声明 「痛恨の極み」 調査を進めていると明かす
(2024/2/8)

平愛梨、6歳長男のバースデーに久々顔出しショット 「4月から小学生!?」と感慨も“息子のひとこと”に困惑「え?」
イタリア在住時に誕生したので愛称は「バンビーノ(赤ちゃん)」。(2024/2/8)

小学館で連載の漫画家「編集で納得してる人はいない」 芦原さん急死受けた小学館の対応めぐり投稿
小学館で働く編集者たちも動揺している様子もつづられている。(2024/2/8)

「それは最悪手ですよ」 『セクシー田中さん』問題、「小学館は経緯発表予定なし」報道に作家たちが不信感
波紋が広がっている。(2024/2/7)

ウサギとカエルの会話がリアルな中年に……! 小学3年生の答案に「ジワるwww」「笑いすぎて涙でた」
子どもの周りの誰かが腰を痛めているに違いない。(2024/2/6)

“小学1年生”最年少クラブDJ、まさかの“重大発表” 「すごいところまでいってるな」「スゴー」
ソニー・ミュージックレーベルズとの契約を発表しました。(2024/2/5)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
きっかけはパソナ 話題の店と有名シェフが淡路島に集結 「美食観光」ニーズが追い風に
淡路島が「美食の島」として盛り上がりを見せている。きっかけはパソナグループが地元小学校をリノベした複合施設を2012年にオープンしたことだった。(2024/2/3)

PR:あの「海鮮タワー丼」が“食べ放題”だと……? 千葉のローカルチェーン「大京」の新メニューが食いしん坊への挑戦すぎた
しかも小学生は無料。(2024/1/30)

小学館、『セクシー田中さん』『砂時計』作者の芦原妃名子さん訃報にコメント 「生前の多大なご功績に敬意と感謝」
「遺された素晴らしい作品の数々が、これからも多くの皆様に読み続けられることを心から願っております」(2024/1/30)

小学生高学年のスマホ所有率が4割に、小学6年生は半数を超す ドコモ調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所は、小中学生のスマホ/キッズケータイ所有状況(2023年11月)を発表。スマホの所有率は全学年上昇し、小学生の高学年では所有率が4割、小学6年生では半数を超えている。(2024/1/29)

小学生息子、大好きな親戚のお兄ちゃんの成人式にサプライズでかけつけて…… 「一生忘れない思い出になる」と610万再生
お祝いの花束を渡すためにお兄ちゃんを探す男の子です。(2024/1/19)

Innovative Tech:
「基本情報技術者試験」に最年少合格した小学3年生(8) どうやって勉強した? 学習法を紹介
2023年4月、東京の公立小学校に通う8歳の小学3年生(男子)が「基本情報技術者試験」(FE)と「情報セキュリティマネジメント試験」(SG)に最年少で合格した。合格者はどのような学習方法を行っていたのだろうか。(2024/1/18)

「余を使って例文を作りなさい」→小学生男子の回答は…… 二度見必至の珍回答に「爆笑しました」「最高です」
先生のコメントもすてき。(2023/12/30)

2023年のお年玉総額 小学生は「2万1064円」、中学生は?
小中学生が2023年にもらったお年玉の平均金額や、使い道は何か。学研ホールディングスが調査結果を発表した。(2023/12/29)

「一番笑った」 あまりに「強風オールバック」な日清「どん兵衛」M-1特別CMが最高な件
空気階段の鈴木もぐらさんが、胡散臭すぎる小学生の姿で出演!(2023/12/27)

雑誌「幼稚園」の付録にほぼ実物大の「こうしゅうでんわ」 NTT東日本が協力 テレカ付き
小学館は25日、雑誌「幼稚園」の4・5月号の付録が、NTT東日本の協力による「こうしゅうでんわ」になると明らかにした。(2023/12/25)

クリスマスプレゼントに欲しいもの「電子機器」が初のトップ5入り、バンダイアンケート
バンダイが実施する子供が欲しいクリスマスプレゼントに関するアンケートで、2023年はスマートフォンやタブレット、PCなどの「電子機器」が4位に入ったことが分かった。玩具ではない電子機器がトップ5に入ったのはアンケートを開始した1995年以降初めて。小学生が学校でタブレットを使う機会が増えたことが影響しているという。(2023/12/21)

沖縄スタートアップ、ちばりよー!:
「作文嫌い」だった小学生、AIはどうやって「楽しい」に変えたのか?
幼少期、筆者は「作文」が大の苦手だったのだが、どうやら今の小学生も同様の悩みを抱えているらしい。苦手は児童の文章は、時系列で並べただけだったり、紋切型だったりという課題があるようだ。しかし、大人になるまで作文嫌いだった筆者と異なり、彼らは県主催の体験学習を通じて「作文楽しい」を味わったらしい。どんな体験だったのか、取材した。(2023/12/20)

小学生「僕よりデュエマ弱いくせに!」 → デュエルでボコボコに勝利して勉強させた塾講師に「その道塞いでくれる先生って貴重」の声
これぞプロのデュエリスト。(2023/12/13)

なりたい職業も調査:
小学生の流行語 「それってあなたの感想ですよね?」「なぁぜなぁぜ」を抑えた1位は?
ベネッセコーポレーション(岡山県岡山市)が提供する「進研ゼミ小学講座」が「2023年の出来事や将来に関する小学生の意識調査」を実施した。(2023/12/10)

雪見だいふく、クーリッシュを生んだ創造的思考力とは? ロッテ社長が母校で出張授業
ロッテの牛膓(ごちょう)栄一社長は横浜市の大道小学校で出張授業をした。その狙いと手応えは? 牛膓社長にインタビューした。(2023/12/8)

Innovative Tech:
小学校の「端末パスワード問題」どう考える? 児童が被害/加害者になる可能性も 指紋認証は代替え案になるか
広島市立大学大学院情報科学研究科に所属する研究者らは、小学校で普及している端末のパスワード問題を取り上げ、代替案として学校向けのパスワードを用いない指紋ベースのFIDO認証適用の可能生と課題について調査した研究報告を発表した。(2023/12/8)

人生をやり直したのに同じ人を好きになっちゃった 素直になれない小学時代の恋模様を描いたラブコメマンガに「小学生に戻りたい」「読んでると幸せになる」の声
人生2周目なのに恋愛だけはレベル1の主人公。(2023/12/11)

中学生YouTuber「ちょんまげ小僧」がCM初出演! おなじみの“ひき肉ポーズ”で「スマホデビュー1年生」をアピール
ソフトバンクモバイルによる、小学館の学年誌パロディー。(2023/12/1)

寝込んだママが心配でたまらない元保護犬と小学生息子 それぞれが見せるけなげな姿に「泣けてきた」「なんて優しい子!」
涙腺が……。(2023/12/1)

小学生が拾ってきた「かっこいいやつ」の正体とは……? 無邪気に見せてきたデリケートな物体に大人ざわつく
この世の法則が乱れそう。(2023/11/23)

一家に1台欲しいアイテム! エレコムの子ども用キーボード「キーパレット」を小学生の娘に使ってもらった結果
エレコムが発売した子ども向けキーボード「KEY PALETTO(キーパレット)」は、特に小学生が使うことを前提としている。どこに“小学生向け”な要素があるのか、娘に使ってもらいつつ検討してみたい。(2023/11/21)

「最高にクール」大谷翔平のグラブ寄贈、海外で広がる称賛 スポーツメーカーの宣伝効果も絶大
米大リーグで自身2度目のア・リーグ最優秀選手を満票で獲得した大谷翔平が、日本国内の全小学校約2万校に3個ずつ、計約6万個のグラブを寄贈することを発表したことを巡り、海外で称賛の声が広がっている。(2023/11/20)

「できたできた!」の声が響くSTEMプログラミング出張授業 アイロボットジャパンの場合
アイロボットジャパンによるSTEMプログラミング出張授業が、東京・世田谷の下北沢小学校で開催された。対象となったのは小学2年生。「いちばんえらい人」の登場や、プログラミングロボットRoot100台の寄贈式もあった本授業で、子どもたちは何を学んだのか。(2023/11/15)

大谷翔平、全国約2万の小学校へ“神対応”で大反響 “6万個の一挙寄贈”に「大谷さんとプレーできる日が来るかも」「スケールデカすぎ!」
なんという慈善精神。(2023/11/9)

「犬が白線ゲームしてる」とネット仰天 緊張感漂うお散歩風景に「小学生みたいw」「息止めていけばセーフ!」の声
ついついやっちゃう、アレ。(2023/11/7)

中学生のSNS利用率は88%、利用時間は? ドコモモバイル社会研究所が調査
NTTドコモのモバイル社会研究所は、親と子に関する調査の中からSNSの利用に関する結果を公開。SNSの利用時間は小学生低学年が10分、高学年が24分、中学生が72分で、中学生の利用には個人差が大きいことが分かった。(2023/11/6)

島しょ国で起きたネットワーク変革
クック諸島の小学校が入れ替えたネットワークは「島国ならでは」だった
南太平洋の島国であるクック諸島にある一部の小学校は、通信衛星を介したネットワークを利用していた。しかし、通信衛星ではオンライン教育に十分な性能のネットワークを提供できなかった。(2023/11/1)

散歩中のデカワンコを見た小学生のピュアな感想に「可愛すぎる!」「確かに」 秀逸なビジュアルが180万表示突破
いつもは熊さんと言われがち。(2023/10/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。