• 関連の記事

「金融機関」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「金融機関」に関する情報が集まったページです。

オープンレガシーが野村総合研究所とパートナーシップを締結 国内金融機関のAPI開発ニーズに対応
オープンレガシー ジャパンは、「OpenLegacy HUB」の国内展開に向け、野村総合研究所(NRI)と販売パートナー契約を締結した。金融機関で高まるAPI開発ニーズなどに対応するとしている。(2022/7/4)

三菱UFJ銀行、NTTデータなど4社、地域金融機関に向けて法人ビジネスプラットフォームの提供を開始
三菱UFJ銀行、BusinessTech、NTTデータ、Salesforceの4社は、地域金融機関に向けた法人ビジネスプラットフォームの取り扱いを始めた。地域金融機関の取引先企業が抱える経営課題や社会課題に対するソリューションを一括提供する。(2022/6/28)

中国でコロナ対策アプリ不正操作 河南省幹部処分
中国河南省にある地元金融機関で預金が引き出せなくなり預金者らが抗議活動をしている問題で、地元当局者が抗議に加わっている預金者らの新型コロナウイルスの感染対策アプリを不正に操作して預金者らを外出禁止にしようとしていたことが明らかになった。(2022/6/24)

ロシア100年ぶりデフォルトへ 中国の支援の動きを阻止できるか?
 プーチン大統領がロシアの歴史に新たな汚名を残すのか。世界の大手金融機関でつくるクレジットデリバティブ決定委員会は1日、ロシア国債の利払いが「不履行」に当たると認定した。欧米から制裁を受けているロシアは、海外からの資金調達が長期間困難になるとみられる。ウクライナ侵攻の戦費枯渇に前進しているが、あの国が邪魔をしそうだ。(2022/6/3)

セキュアかつ迅速なサービス展開を実現する
APIエコノミー形成に欠かせない標準認証技術「OpenID Connect/OAuth」とは
金融機関をはじめ、さまざまな企業でビジネス拡大の切り札として「オープンAPI」を活用した外部とのサービス連携が進んでいる。ただしオープンAPI化にセキュリティの不安は付き物。安全なサービス連携を、どう実現すればいいのか。(2022/6/1)

マネフォ、スマホで銀行のサービス利用ができる「BANK APP」来春より提供開始
 マネーフォワードは、地域金融機関向けに、スマートファンで簡単に銀行のあらゆるサービスの利用ができる「BANK APP」の提供を開始すると発表した。第1弾として、来春、栃木銀行へ導入する。(2022/5/30)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【後編】
AIを使いたい金融機関が頭を抱える「データプライバシー」「ツール習得」問題
金融業界の企業がAIツールを使いこなすには、解決すべき課題が複数ある。金融業界各社のリーダーが、現場で感じた課題をまとめた。(2022/5/23)

「PayPay」で金融機関からチャージできない不具合発生
(2022/5/17)

金融業界のAI活用に立ちふさがる課題【前編】
金融機関が「AI」投資を増額へ それでも残る“あの問題”
金融業界の企業の間で、AI技術を組み込んだツールの導入を「避けられないもの」だと考える動きが広がっている。一方で金融業界がAI技術を積極的に活用する上では、解決すべき課題がある。それは何なのか。(2022/4/20)

米国金融システムで進むFinTechとの融合 地銀システムベンダーが示したモダンな戦略とは
FinTech市場をけん引する米国でも、従来からの金融機関は変革への岐路に立たされている。地銀向けにシステムを提供してきた企業が、新たにクラウドネイティブなテクノロジーに大規模な投資を表明した。(2022/4/19)

CIO Dive:
クラウド競争に出遅れた大手金融機関が巻き返せない理由
米国大手金融機関のクラウドシフトが進んでいる。複数の銀行が2022年1月の決算説明会でクラウド活用の必然性と取り組みへの姿勢を強調した。ただし、これらの企業は活用を阻む新たな課題にも直面している。(2022/4/15)

日立、高可用性と柔軟性を兼備するオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始
日立は、金融機関向けにオープン勘定系パッケージ「OpenStage」を提供開始する。レガシーシステムを抜本的に刷新して、高可用性と強靭性を備え、高効率かつ柔軟なシステムを実現し、金融機関のデジタルシフトとサステナブルな成長を支援する。(2022/4/13)

裁判から「解雇」の誤解を紐解く:
裁判結果が話題 「会社に貢献できない人はクビ」と主張する外資企業のウソ・ホント
「会社に貢献できない場合に退職を求められるのは、外資系金融機関では常識」「日本の判例で男性の解雇が無効とされれば、国際企業は日本から撤退する」」と主張する会社と退職を迫られた元幹部が争った裁判結果が話題になっている。(2022/4/8)

ふくおかFGの五島新社長インタビュー「客本位、収益上げ続ける」デジタル化軸に変革
マイナス金利政策の長期化など金融機関にとって厳しい経営環境が続く中、持続的な成長に向けて「顧客本位を徹底し、収益を上げ続ける」などと抱負を語った。(2022/4/7)

au PAY、ゆうちょ銀行やイオン銀行などでチャージ可能に
au PAYは、3月24日からゆうちょ銀行、イオン銀行、静岡中央銀行、大垣共立銀行、鳥取銀行の口座からau PAY 残高へチャージ可能に。これにより計126の金融機関へ対応となる。(2022/3/24)

対応第1弾は「モバイルSuica」:
銀行口座から電子マネーに直接チャージ ローソン銀行が「Suittoアプリ」の提供を開始
ローソン銀行が、銀行口座から電子マネーに直接チャージできるアプリ「Suitto(スイット)」の提供を始めた。ローソン銀行を含む10の金融機関の口座を登録可能で、対応電子マネーの第1弾は「モバイルSuica」となる。(2022/3/16)

VisaとMastercard、ロシアでのサービス停止を発表
VisaとMastercardは3月5日、ロシアでの事業を停止するとそれぞれ発表した。ロシアで発行されたカードで行われたすべての取引はロシア国外で機能しなくなり、ロシア国外の金融機関によって発行されたカードはロシア連邦内で機能しなくなる。(2022/3/6)

存続を危ぶむ声:
お賽銭が消える ゆうちょ銀行「有料化ショック」
金融機関で多数の硬貨を預ける際にかかる手数料について、1月からゆうちょ銀行が導入に踏み切った。大手銀行などが手数料を導入していく中で、手数料がかからないゆうちょ銀は「最後の砦(とりで)」のような存在だっただけに、硬貨を扱う機会が多い店舗や団体からは困惑の声が広がる。(2022/3/4)

銀行のクラウド活用の実情【後編】
銀行がクラウド活用を諦める“最大の原因”とは?
銀行はクラウドサービスを利用する上で、どのような課題を抱えているのか。全世界の金融機関を対象にしたクラウドサービス利用動向調査の結果から探る。(2022/3/4)

金融庁「サイバー攻撃の潜在的リスク高まった」 金融機関に注意喚起、ウクライナ情勢が影響か
金融庁は、金融機関に対してサイバー攻撃に警戒するように注意喚起する声明を発表した。「昨今の情勢を踏まえるとサイバー攻撃事案の潜在的なリスクは高まっている」と説明している。経済産業省も23日に、企業の経営者などに対して同様の注意を促していた。(2022/2/24)

地域金融機関19行参加 マネーフォワードが中小企業DX化のために独自グループウェアまで作成したワケ
マネーフォワードは2月24日、中小企業向けのサービス「DXF」を夏から提供すると発表した。バックオフィス向けのツールを中心に、グループウェア的な機能を中心とした簡易サービスだ。(2022/2/24)

つり銭とおさい銭を無償交換「コインチェンジ」 大阪・大東の野崎観音と商店街で
金融機関で硬貨の入金や両替の有料化が進む中、大阪府大東市の慈眼寺と野崎参道商店街が「コインチェンジ」という新たな取り組みを始めた。さい銭の預け入れに苦慮するお寺とつり銭不足に悩む店舗がコストを抑えるため助け合おうという新戦略だ。(2022/2/22)

AIが企業の業況を予測:
PR:銀行の与信管理をAIが支援――金融機関のDXを支えるクラウドサービスに必要な要件とは
銀行は融資先の業況変化を素早く把握したい。しかし、決算書を頼りにしていてはどうしても判断が遅れてしまう。何らかの方法で融資先の状態をリアルタイムに把握できないだろうか。クラウドを利用した業況変化の予測サービスを提供する企業に聞いた。(2022/2/17)

基準への準拠を確認する作業負荷を軽減:
NTTデータ、無償で「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を公開
NTTデータは、「『AWS FISC安全対策基準対応リファレンス』参考文書」を無償で公開した。AWSに構築したシステムが、FISC安全対策基準に準拠していることを判断するための参考情報。金融機関が実施すべき対策を具体的に示した。(2022/2/15)

フランス大手銀行Societe Generaleの挑戦
大手金融機関がAIとデータを頼りに進む「データドリブン銀行」への道
フランスの大手投資銀行Societe Generaleが、データとAI(人工知能)技術に注力している。「データドリブン銀行」を目指すという、その取り組みの中身とは。(2022/2/15)

銀行のクラウド移行に残る課題【後編】
Googleクラウド幹部が語る「金融機関のクラウド移行が高くつく理由」
金融機関のクラウドサービス移行が労力を要するのはなぜか。「Google Cloud Platform」の責任者の話を基に、金融機関のクラウドサービス移行が抱える課題を探る。(2022/2/14)

りそなとNTTデータ、IBMが金融デジタルプラットフォームを提供する新会社設立へ
りそなホールディングスとNTTデータ、日本IBMは、金融デジタルプラットフォームの提供を目的とする新会社「FinBASE」の設立において合弁契約を締結した。同プラットフォームは、サービスを提供するフィンテック企業と地域金融機関とを仲介する基盤となる。(2022/2/9)

Goldman Sachsの新しい金融クラウドサービスとは【後編】
ゴールドマンはなぜ「AWS協業クラウド」をライバル金融機関に提供するのか
Goldman SachsはAmazon Web Servicesとの協力関係を土台に、金融データのリアルタイム分析に利用できるクラウドサービス群を他の金融機関に向けて提供する計画だ。なぜこうしたクラウドサービスを提供するのか。(2022/2/8)

銀行のクラウド移行に残る課題【前編】
「合併を繰り返した銀行」がクラウドを避けたがる本当の理由
金融機関にはクラウドサービスの導入を妨げる特有の事情がある。金融機関のクラウドサービス活用の状況と、クラウドサービスの導入を妨げる障壁とは。(2022/2/7)

NGポイントは?:
金融機関に評価される「経営改善計画書」の書き方
融資を必要とするときは「大きく成長するとき」や「苦境を脱するとき」など、会社にとって一つの転機です。ここでは金融機関に評価される経営改善計画書の書き方に加え、社内での有効活用について考えます。(2022/2/3)

自治体と銀行、ライフライン事業者を丸ごと連携「引越しワンストップサービス」は実現するか、実証実験の結果
トッパン・フォームズは、引越しに伴って発生する各種手続きのオンライン化に関する実証実験を実施した。複数の自治体や金融機関での各種手続きをスマートフォンから一度にまとめて手配する仕組みだという。(2022/2/1)

Goldman Sachsの新しい金融クラウドサービスとは【前編】
ゴールドマンが“クラウドベンダー”に? AWSと始めた「金融クラウド」の正体
Goldman SachsはAWSと協力し、新しい金融データ分析クラウドサービスを他の金融機関に向けて提供する。両社の協業は金融サービス業界にどのような価値をもたらすのか。(2022/1/31)

日本の金融セキュリティを世界の先行事例で支援:
PR:世界基準の安全性と利便性を両立 ポーランド生まれの金融ソリューション企業が日本進出
金融機関を狙うサイバー攻撃を防ぐには、ユーザーへの周知と技術的な対策の強化が必要だ。しかし既存のシステムでは検出精度や運用コストに課題がある。それらを解決する、金融分野に長(た)けたポーランドの企業が日本市場に進出している。(2022/2/2)

調査で浮かび上がった「信頼の赤字」への懸念
金融機関が「予測分析」に基づく意思決定をためらう理由
“ある懸念”が、金融サービスでの予測分析の導入を妨げているという。その懸念とは何か。BIツールベンダーのQlik Technologiesによる調査結果から探る。(2022/1/13)

全国メインバンク社数ランキング 1位「三菱UFJ銀行」、地銀トップは?
帝国データバンクは、2021年の全国金融機関ランキングを発表した。全国メインバンク社数トップは、2009年の調査開始以降13年連続のトップとなった「三菱UFJ銀行」だった。(2022/1/5)

金融機関ならではの要望に応えられる:
PR:地銀向け投信・保険販売システムを高セキュアにクラウド化、システム基盤選択の決め手は?
金融機関向けのサービスをクラウドで提供する場合、セキュリティの高さが非常に重要視される。さらに金融機関が必要なセキュリティは一般の企業とは異なる。加えてFinTech企業が開発しやすいプラットフォームであることが望ましい。金融機関向けサービスをクラウド化した企業の事例からは何が学べるだろうか。(2021/12/28)

au PAYチャージ、三菱UFJ銀行/みずほ銀行/三井住友銀行など109の金融機関から可能に
三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行を含む109の金融機関の口座から、au PAY 残高へチャージが可能に。これにより計118の金融機関からチャージできるようになった。(2021/12/23)

みずほ銀行のQRコード決済「J-Coin Pay」 全国74の信用組合と口座接続開始
 みずほ銀行は12月13日より、提供するスマホ決済サービス「J-Coin Pay」に新たに全国74の信用組合と口座接続を開始したと発表した。これにより、口座接続金融機関数は161金融機関となる。(2021/12/14)

専用アプリが必要:
銀行口座から「モバイルSuica」などに直接チャージ ローソン銀行とJR東日本が2022年春をめどに提供
ローソン銀行とJR東日本が、提携金融機関の預金口座の残高からモバイルSuicaにチャージできるサービスを開始する。利用には専用アプリが必要で、口座登録時にローソン銀行のATMでの「本人確認」も求められる。(2021/12/8)

ゴールドマン・サックスとAWSが金融機関向けクラウドサービスを提供開始
AWSとゴールドマン・サックスは、クラウドネイティブな金融データ管理と分析に向けた「GS Financial Cloud for Data」を発表した。金融データの「洪水」から価値ある情報を拾い上げて価値に転換するための方法とは。(2021/12/7)

バンキング型トロイの木馬が30万台以上のAndroidに感染か 国内金融機関も標的に
Androidを使っている場合、Google Play Store経由でインストールしたアプリであっても注意が必要だ。同ストアからインストールしたアプリを介して30万台以上のAndroidにトロイの木馬が感染したことが明らかになった。(2021/12/2)

非対面アプローチの強化にMA活用:
三菱UFJ銀行が危機感をバネに進める「パーパスドリブン」のDX戦略の中身
収益モデルの転換を急ぐ金融機関。三菱UFJ銀行がデジタルを軸にめざす顧客体験の変革とは。(2021/11/4)

金融機関のクラウドサービス利用に関する調査結果
Googleの調査で分かった「金融機関がクラウドを使わない“本当の理由”」
金融業界でハイブリッドクラウドやマルチクラウドなどのIT戦略の採用が進みつつある。ただしクラウドサービスの導入状況は金融機関によってまちまちだ。金融機関がクラウドサービスの導入で抱える課題とは。(2021/10/19)

三菱UFJ国際投信と楽天証券、ライフプランニングサービス提供 地域金融機関と協働
 三菱UFJ国際投信と楽天証券は10月6日、三菱UFJ国際投信による資産配分の助言と、楽天証券によるラップサービスのスキームを活用した新たなライフプランニングサービス「マネーの一任」を、2022年1月より提供開始すると発表した。(2021/10/11)

オールバンクのスマホ決済サービス「Bank Pay」 本格始動で利用拡大を目指す
 日本電子決済推進機構(東京都千代田区)は10月5日、2019年10月より開始した「Bank Pay」(バンクペイ)の取り扱い金融機関が33行、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大したと発表した。(2021/10/6)

「Bank Pay」が本格始動 取扱金融機関は33行、加盟店は13万カ所以上に拡大
日本電子決済推進機構が提供し、オールバンクで取り組むスマホ決済サービス「Bank Pay」の取扱金融機関が33行(2021年中に127行予定)、利用可能な加盟店が13万カ所以上に拡大した。(2021/10/5)

最も有利子負債が多い企業は? 第1回「借金王ランキング」
調査は金融機関を除く、決算短信提出企業・3151社を対象に実施した。(2021/9/30)

ZUUとNTTドコモの共同運営金融メディア「fuelle」「MONEY TIMES」 月間3700万PV、1100万UU突破
 金融機関のフィンテック化支援などを行うZUU(東京都目黒区)は9月9日、NTTドコモと共同運営する金融メディア「fuelle」「MONEY TIMES」の2メディア合計で、月間3700万PV、1100万UUを突破したと発表した。(2021/9/10)

デル・テクノロジーズ株式会社提供eBook
パフォーマンスと拡張性を両立、金融機関のシンクライアントシステム更改事例
導入から時間が経過したITインフラは、パフォーマンスに課題が生じるケースがある。本資料では、シンクライアントシステム更改に際してこれらの課題を解決した金融機関を事例として、新たなソリューション選定のポイントを解説する。(2021/9/10)

3日でデータ活用人材を育成 浜銀総研とSASが金融機関向けトレーニングを開始
浜銀総研とSASは、金融機関に向けたデータ利活用人材育成トレーニングを共同開発し、2021年10月25日から1回目のトレーニングを開講する。MCIFデータを駆使するデータ活用人材の育成を支援する。(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。