• 関連の記事

「芸術」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!芸術・アート→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で芸術・アート関連の質問をチェック

関連キーワード

「これは芸術作品」「傑作!」 思わず見続けちゃう「カスタムペイントのヘルメットができるまで」がすごい
こんなに手が込んでいるのか……!(2022/5/11)

いきなりの極太眉毛! 魔裟斗、“アートメイク”姿に「え!?」「イモト風!」とファンからツッコミ
数日で落ち着いて2枚目のような見た目に。(2022/5/10)

アンディ・ウォーホルのマリリン・モンロー肖像画 20世紀アート史上最高額254億円で落札される
みんな知ってるあのマリリンの絵。(2022/5/10)

三菱地所社長 吉田淳一さん(63) 不動産堅調 都心をアートに変える
アートのある街ではなく、街全体がアートになるようなイメージ。(2022/5/10)

ファミコンカセット4256本で描いた巨大マリオでギネス世界記録 約18畳ものファミコンアートがすごい
引いて見ると、ヨッシーにまたがるマリオが……!(2022/5/10)

PR:SAOがアニメ10周年! 新作ゲーム「ソードアート・オンライン ヴァリアント・ショウダウン」の告知動画をジャックしたのはまさかのあの人物……!?
現在、公式サイトでクローズドβテスターを募集中です!(2022/5/7)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
机の上を美術館にしてしまうデスクライト「SALIOT pico」が演出する自然光の意外な効用
実際に美術館で使われている照明をデスクライトにしたらどんな効果が生まれるか。(2022/5/6)

「実家に帰ったら黒歴史がアートになってた」 センスありすぎなアート作品に「素敵なご家族」「親御さんの愛を感じる」
タイトルが秀逸です。(2022/5/5)

イオンの“看板あるある”を表現したファンアートに反響 「SATY懐かしすぎて」「地元にあった看板そっくり」「歴史を感じる」
看板から別のスーパーだった頃を思い出す……。(2022/5/5)

『不思義の国のアリス』手掛ける:
HYDEが心酔した画家・金子國義 美術を守り続ける息子の苦悩と誇り
L'Arc-en-Cielのhydeさんが“心酔”した画家が、2015年に78歳で亡くなった金子國義画伯だ。金子画伯は、『不思義の国のアリス』などを手掛け、退廃的で妖艶な女性の絵画を多く残した。その作品を管理し、販売している金子画伯の息子である金子修さんに、アートビジネスの現場の苦労と、芸術を受け継いでいく難しさを聞く。(2022/5/7)

日本の美術品市場の規模は2186億円、前年から7%減
「日本のアート産業に関する市場調査2021」。約2万人を対象とした購入動向調査により「美術品市場(彫刻・現代美術・写真など)」の規模を、2186億円と推計した。20年の2363億円から7%の減少となっている。(2022/5/2)

「リアル猫ちゃん」「どっちが本物かわからんwww」 アイシングクッキーで再現した愛猫のリアルさに驚きの13万いいね
まるで絵画のよう。(2022/5/7)

「パイの実」の空き箱からメルヘンなアートが誕生 リスが住まうステキな世界観に「住みたい」の声
よく見ると4匹のリスさんが暮らしています。(2022/4/30)

庵野秀明さんが紫綬褒章を受章 コメント全文
カラー代表で映画監督の庵野秀明さんが紫綬褒章を受章した。芸術文化に関わる功績での受章という。(2022/4/28)

「お金なさ過ぎて……」 全財産を“額に入れて飾った”写真がアートっぽくてジワる
全財産2万3712円。(2022/4/20)

タイムアウト東京のオススメ:
アートアクアリウム美術館が銀座三越に移転オープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2022/4/19)

展示品の解説をAR表示 KDDIが美術・博物館向けサービス 第1弾はバンクシー展
KDDIは、美術館や博物館の展示品に関する情報をスマートグラスでAR表示する「auビジュアルガイド」の提供を始めた。(2022/4/15)

スマートグラスで展示作品を解説する「auビジュアルガイド」、バンクシー展で活用
KDDIはスマートグラス/XRを活用し、美術館や博物館、展覧会などの展示作品を視覚的に解説する「auビジュアルガイド」を提供開始。北海道札幌市で開催中の「バンクシー展 天才か反逆者か」でも提供する。(2022/4/15)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第5回):
絵巻物のモチーフをAIで判別 木、橋、動物――作品の共通点に注目する新たな鑑賞スタイルを体験
AIを活用して新たな美術鑑賞スタイルを提示するWebアプリ「Beyond Scrolls & Screens」を体験した。絵巻物や屏風に描かれたモチーフをAIで判定し、「木」「動物」など各作品の共通点に注目して鑑賞できる。(2022/4/9)

メタモンが爪先を彩るネイルアートに変身 今にも動き出しそうな3Dアートに「かわいい」「ゲシュタルト崩壊しそう」の声
変身しそう。(2022/4/8)

コロナ禍の影響は:
オフィス移転「都市部→郊外」はどれだけ増えたのか?
コロナ禍で、オフィス移転のエリア選定はどのように変わったのか? アート引越センターの調査内容を紹介する。(2022/4/4)

ダイアナ「絵画シリーズ」に春めくミュール&サンダルが登場 ミュシャの「ルビー」、伊藤若冲の「薔薇小禽図」の新デザインも
繊細で美しい。(2022/3/31)

クリエイター必見? 締め切りを守るためのお守り「締切守」を所沢で入手 果たして効果は
小説家や漫画家、写真家、芸術家といった作家はもちろん、同人メインで活動する個人のクリエイターに必ずついて回るのが「締め切り」だが、それを守るためのお守り「締切守」が存在するという。(2022/3/30)

ウクライナ、軍事資金調達のための“NFT戦争博物館”立ち上げ
ロシアに侵攻されているウクライナのフェドロフ副首相は、資金調達のためにNFTコレクションを立ち上げたと発表した。侵攻開始からの事象を表現するアート作品を時系列に並べた博物館になっている。売上はウクライナDX省のウォレットに送られる。(2022/3/28)

スリコ×カップヌードルが異色コラボ “レトロかわいい”オリジナルアイテム全16種を3月28日発売
かわいいアートは人気イラストレーターのサンレモさんによるもの。(2022/3/26)

「いのちの輝き」ファンアートが続々作られ輝きを増す 漫画にイラスト、ネイルやぬいぐるみまで
まばゆいばかりの輝き。(2022/3/23)

Innovative Tech:
「持ち上げて伸びるネコの骨や肉を感じる」――猫の体内をリアルに再現したロボット 大阪芸大などが開発
大阪芸術大学とATR(国際電気通信基礎研究所)の研究チームは、呼吸や身体に触れたときの動作などを忠実に再現する猫型ロボットを開発した。リラックスした猫を持ち上げた際の柔軟に伸びる特徴と呼吸の表現にこだわった。(2022/3/18)

導入事例:
戸田建設の現代アート作品公募「KYOBASHI ART WALL」、新本社ビルの仮囲いで受賞作品を展示
戸田建設が現代アートを東京・京橋の新TODAビル建設現場の仮囲いに展示する試み「KYOBASHI ART WALL」で、第1回の優秀作品に、応募総数222作品のうち2作品が選出された。(2022/3/14)

「ただ紙の上に乗ってるだけのうちの猫」が絵画のよう 逆パターンの“だまし絵”に「トリックアートかと」と驚きの声
本物の絵みたい。(2022/3/12)

弥生ロマンをバーチャルで実感「唐古・鍵遺跡」
奈良県田原本町は唐古・鍵遺跡から出土した絵画土器などをインターネット上で紹介する「唐古・鍵バーチャルミュージアム」を2022年度に構築することを決め、当初予算案にそのための事業費を含む関連経費を計上した。(2022/3/11)

ダイアナ「絵画シリーズ」がスニーカーになって帰ってきた モネやゴッホの名画プリントで足元を華やかに
パンプスよりもカジュアルな印象です。(2022/3/8)

モデルのファンにも訴求:
サウナとアートを融合 写真展「時をかけるサウナちゃん」の第2弾が原宿で開催
サウナをテーマにした写真展「時をかけるサウナちゃん」の第2弾が3月19〜21日に東京・原宿で開催。最近のサウナブームを一過性のものとせず、サウナとしての新しい姿をPRし利用者を増やす狙いだ。(2022/3/7)

「春夏秋冬 四季の味わい」「うまみ三段仕立て」 “金麦”のパッケージをデザインしたネイルアートの再現度に驚き
飲みたくなる……!(2022/3/6)

ポッチャマを金属ザルに刺しゅうする猛者現る 斬新すぎるポケモンファンアートに「発想に脱帽」の声
完成が楽しみです。(2022/3/5)

清水寺にサイバーな“こま犬”降臨 赤い目にメタリックなボディーで厄除けする現代アート作品が36万回再生
メカゴジラやメガテン的なかっこよさ。(2022/3/4)

動物園に行った娘が撮った写真が「なぜ、柴犬の後ろ姿……?」 トリックアートのような写真に「だまされた!」人続出
写真ではなく、絵画のように見えたという声も。(2022/3/4)

ポケモンの黒板アートがすごい! 生徒たちの卒業を祝うために美術教師が描いた絵が胸アツなかっこよさ
作品に込められたメッセージもエモい。(2022/3/3)

すげー! パティシエールが頑張って作った“バラのりんごタルト”が細かすぎてもはや芸術
包丁でスライスしたそうです。(2022/3/2)

「ポケモン スカーレット・バイオレット」の新御三家が人気 最終進化予想やファンアートで早くもTwitter大盛り上がり
いやー。全部かわいい。(2022/2/28)

「砂糖の呼吸を使えるパティシエ」が全集中したケーキのデコが神業 レース編みのような美しさに「もはや芸術」「弐之型 絹糸」
糖柱が繰り出す妙技にうっとり。(2022/2/25)

転勤の引越件数も戻りつつある:
3〜4月に引越予定の400人に聞いた 2022年春の引越トップシーズンは?
アート引越センターのシンクタンクである「0123引越文化研究所」が、春の引越大予測調査を行った結果、今年の引越トップシーズンは、3月26日〜4月3日と予測されることが分かった。(2022/2/25)

3Dプリンタニュース:
アート作品の制作にUV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタを採用
ミマキエンジニアリングは、同社のUV硬化インクジェット方式フルカラー3Dプリンタ「3DUJ-553」で制作されたアート作品が、商業施設「丸の内テラス」内にある会員制プライベートクラブ「OCA TOKYO」で展示されたことを発表した。(2022/2/24)

スパイダーマンっぽいシートもいいね BMW、アメコミ風ポップデザインのアートカー「THE 8 X JEFF KOONS」発表
限定99台の生産です。(2022/2/23)

povo、「#ギガ活」の対象店舗を順次追加 最大20GBの特典も
オンライン専用プラン「povo2.0」でデータ容量(ギガ)をためられる活動「#ギガ活」において、新たに6つの店舗・サービスが対象となる。対象はAOKIやアート引越センターなど。ブックパスとTELASAが2月28日に対象から外れる。(2022/2/22)

3Dプリンタが生み出した悲しき「芸術作品」を募る「もじゃもじゃコンテスト」 第2回が作品を募集中 ユニークなオブジェが続々投稿
今回から現物を募ってのリアル展示も。(2022/2/22)

「そんなことある?」 すごい位置ではまったラムネ、取れなくなった光景が「まさに奇跡」「芸術的」と話題
ラムネの団結力を感じる。(2022/2/20)

この自己紹介はアバンギャルドすぎる 投げ込みチラシやレシートで己を語る京都芸術大学の卒業制作が秀逸
レシートや駄菓子、バニラのトラックなど、日常的に目にするデザインのパスティーシュ。(2022/2/20)

煉獄さんや五輪マスコットも再現……! 楽しく食べて作る「アイスアート」がすごいと話題、作者に話を聞いた
削っては食べ、溶けそうになったら冷凍し直し……と、丹念に作られた力作。(2022/2/20)

モネやルノワールの名画がトートや巾着に サンキューマート「クラシカルガーリー」シリーズが日常にアートを添えてくれそう
日常使いできる27アイテム。(2022/2/18)

リアルでかわいいフェイクスイーツアートや制作風景を公開 「スイーツアートの世界展2022 in 名古屋」開催
おいしそう……!(2022/2/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。