• 関連の記事

「安倍晋三」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「安倍晋三」に関する情報が集まったページです。

就活生25万人が利用:
逆求人の「OfferBox」はなぜ伸びているのか 人気の秘密は反「数打ちゃ当たる理論」
就職活動の日々を送る大学生も多いだろうが、学生はどのようなサービスを利用しているのか。その昔、学生が企業にエントリーして内定を得るという流れが多かったが、いまは違うようで……。(2024/5/13)

スピン経済の歩き方:
「外国人嫌いの国は経済が停滞する」は本当か いや、日本には当てはまらないシンプルな理由
米国バイデン大統領が「日本は外国人嫌いで移民を望んでいない」などと発言したが、日本の移民受け入れ状況は実際のところどうなのか。経済との関連性を見ると……。(2024/5/8)

河野太郎は「親中」「媚中」なの?──河野大臣が公式WebでQ&A公開 「コロナワクチン後遺症の責任」などに回答
河野太郎は「親中」「媚中」なのですか?──河野太郎デジタル大臣は、自身の公式ブログで「河野太郎に関するFAQ」という記事を公開した。フェイクニュースの拡散抑止が目的と思われる。(2024/4/18)

スピン経済の歩き方:
小林製薬の「紅麹」問題 「機能性表示食品」見直しの背景に何があるのか
小林製薬によるサプリメント健康被害問題を受け、「機能性表示食品制度の見直し」を行うべきとの動きがある。業界に与えるインパクトや、今後考えられるシナリオは……。(2024/4/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
ようやく制度化「セキュリティ・クリアランス」とは? 民間企業にどう影響するのか
閣議決定されたセキュリティ・クリアランス法案は、民間企業の従業員も無関係ではない。先端技術分野も機密情報となり、情報を扱うための適性評価の対象が民間にも広がるからだ。プライバシーの懸念も出ているが、国の安全と発展のために不可欠な制度だといえる。(2024/3/15)

外務省公電が中国に漏えい 2020年にサイバー攻撃
日本政府の「情報管理態勢」が問われる事態が発覚した。機密情報を含む外交公電を在外公館とやりとりする外務省のシステムが2020年、中国からサイバー攻撃を受け、情報漏えいが起きたことが分かった。(2024/2/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
教養は、ビジネスパーソンの武器になる――世界のエリートが学んでいる教養書 必読100冊を1冊にまとめてみた
いまビジネスパーソンの間で、教養がブームだ。現代の複雑な問題は、すぐに学べるノウハウでは解決できず、問題の本質を洞察して解決するには幅広い教養が役立つからだ。(2023/11/30)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
356億円が消えた「クールジャパン機構」の大失態 その“楽観的すぎる計画”の中身
10月31日の国会中継では、官民出資のファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の356億円にも上る巨額の累積損失が厳しく追及された。日本のアニメ、ファッション、食品などの文化コンテンツを海外市場に展開することを目的とするファンドだが、運用上の問題や損失が度々指摘されており、その経営効率と透明性が問題視されている。(2023/11/6)

開業20周年:
なぜJR東海は品川に「新幹線」の駅をつくったのか
東海道新幹線の品川駅が、開業20周年を迎えた。これを機に、なぜJR東海が品川に東海道新幹線の駅をつくったのかを振り返ってみたい。(2023/10/26)

最低賃金「1000円突破」を歓迎すべきではない、これだけの理由
2023年の法定最低賃金の目安が決まり、全国平均で初めて1000円を超えることが確実になりました。マスコミはこれを歓迎する論調で一色に染まっています。しかし、筆者はこの風潮に待ったをかけたいと思います。欧米に目を向けると、最低賃金制度は必ずしも必要ではないと言えます。(2023/9/27)

人気アイドル、指定難病を公表 「酷い時は動けないほど痛くて辛いです」「悔しくてどうしようもない時もあります」
以前から病院に通っていることはX(Twitter)で伝えていました。(2023/9/3)

スピン経済の歩き方:
中小企業にお金を“バラ”まけば、労働者の賃金が上がらないワケ
中小企業の倒産が、コロナ禍を上回るペースで増えているという。こうした報道を目にすると「早く補助金をバラまかないと、大変なことになる」といった声が出てくるが、バラマキに効果はあるのか。(2023/8/22)

ブランドの極意:
「ジョブズ超えしませんか?」 ホリエモン口説いた近畿大学の「広報戦略」
近畿大学の独自のブランド戦略の狙いについて、経営戦略本部長を務める世耕石弘氏に聞いた。(2023/8/3)

“序列”への挑戦:
つんく♂、ホリエモン、本田圭佑 近畿大学が著名人を起用し続ける理由
近大マグロのPRや、卒業生であるつんく♂氏を入学式のプロデューサーに起用するなど、独自の宣伝戦略を打ち出す近畿大学。その戦略の狙いは? 近畿大学で経営戦略本部長を務める世耕石弘氏に話を聞いた。(2023/8/2)

株主はコンビニ注力要求:
「物言う株主」と対立のセブン&アイ コンビニとスーパーの「二刀流」を選んだ理由
事業の方向性を巡り、米投資会社バリューアクト・キャピタル・マネジメントと「セブン&アイ」経営陣の対立が深まっている。セブン&アイはなぜコンビニとスーパーの「二刀流」を選んだのか。(2023/6/30)

ソーラーシェアリング入門(61):
そもそも「営農型太陽光発電」とは何なのか? 改めてその定義と意義を考える
ソーラーシェアリングについて解説する本連載。今回は昨今、不適切な事例の規制に向けた議論が行われている「営農型太陽光発電」について、その定義や意義、そしてソーラーシェアリングとの違いなどを改めて整理します。(2023/6/12)

今日のリサーチ:
WBC優勝で「活気」が上昇、野村総合研究所「日本の空気感指数」
「活気」「混乱」「落込み」「怒り」「不安」「疲れ」「平穏」の7つの指標で分析した生活者や社会の空気感。現時点ではどうなっているのでしょうか。(2023/5/15)

むしろ「本質的に良くない部分」を問うことが必要:
映画『Winny』公開記念 杉浦隆幸氏、高木浩光氏たちが振り返る「Winnyとは何だったのか」
それは権力による創造の抑圧だったのか――元IPAセキュリティセンター長、セキュリティ研究者、ユーザー、セキュリティエンジニア、「One Point Wall」開発者たちが、さまざまな立場からWinny事件が残した影響を振り返った。(2023/4/19)

22年飲食シーンを振り返る:
「パンケーキ酷評」「大量食べ残し」……世界一の美食国・ニッポンで絶えない、“食の炎上事件”のなぜ
ミシュランガイドで星を獲得したレストランの数で世界を圧倒する東京。世界一の美食国を誇る一方で、国内では食にまつわるさまざまな“炎上事件”が起きている。フードジャーナリストの東龍氏が22年の飲食シーンを振り返る。(2022/12/29)

Z世代&50代以上、年間ニュースランキング 全世代「安倍元総理襲撃」に関心
Gunosyは、ニュースアプリ「グノシー」内の2022年における掲載記事を対象とした「Z世代&50代以上が見た2022年のニュースランキング」をカテゴリ別に発表した。(2022/12/30)

メカ設計 年間ランキング2022:
共感せずにはいられない!? 中国部品メーカーで生じる品質トラブル事例が大人気
2022年に公開したメカ設計フォーラムの全記事を対象とした「人気記事ランキング TOP10」(集計期間:2022年1月1日〜12月20日)をご紹介します。(2022/12/22)

はびこる乱獲と密漁:
ロックフェラー家当主が設立した「海を守る組織」 日本支局トップに聞く“違法・無報告・無規制の漁業”
ロックフェラー家の当主デビッド・ロックフェラー・ジュニアさんが2004年に設立した海洋保護を目的としたNGO団体「セイラーズ フォー ザ シー」。企業や自治体を通して「ブルーシーフード」を普及させようとしている。日本支局のトップに企業として取り組むべきことを聞いた。(2022/12/15)

2000人にアンケート:
小中高生が選ぶ今年の漢字 3位「推」2位「恋」、1位は?
電気通信事業のニフティが運営する子ども向けサイト「ニフティキッズ」は、子どもたちから募集した「小中高生が選ぶ2022年の漢字」を発表した。「推」「恋」を抑えて今年の1位は「楽」が選ばれた。(2022/12/10)

どんな1年だった?:
今年の流行語大賞に「村神様」 トップ10に「宗教2世」「Yakult1000」など
ユーキャンは、今年流行した言葉を選ぶ「2022ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)を発表した。年間大賞には、プロ野球東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手の活躍ぶりを表現した「村神様」が選ばれた。(2022/12/1)

三菱重工や日立が受注:
日本製車両採用の「ドーハメトロ」、サッカーW杯観客輸送で活躍中 記者が乗ってみた
サッカーW杯を開催中のカタールで日本企業が受注した、日本製の鉄道車両がW杯の観客輸送で活躍している。現地滞在中の記者が実際に乗車した感想もレポートする。(2022/11/26)

7月1日〜9月30日の公開動画:
芸能人の動画再生数ランキング 2位「アントニオ猪木『最後の闘魂』」、1位を獲得したのは?
1位を獲得したのは、女優・ファッションモデルの個人チャンネルだった。(2022/10/31)

「お金に愛されないエンジニア」のための新行動論(8):
「新しい資本主義」をエンジニア視点で考えてみる
今回は「新しい資本主義」について考えてみます。きっかけは嫁さんの「新しい資本主義って何だろうね」というひと言。これを調べていくと、「令和版所得倍増計画」なるものの実施が絶望的に難しそうであることが明らかになってきました。(2022/10/31)

スピン経済の歩き方:
16億円もかけたのに、なぜ「国葬」がチープに感じたのか 「低賃金」ならではの理由
16億円をかけた「国葬」が、その額のわりに「安っぽい」という指摘が出ている。確かに、パイプ椅子が並んでいたり、祭壇が薄く見えたりしたが、それ以外にも理由があるのではないか。筆者の窪田氏は「安いニッポン」が影響しているのではないかと見ている。どういうことかというと……。(2022/10/4)

メカ設計メルマガ 編集後記:
あと3カ月で2022年も終わってしまう!? まずは上半期を振り返ってみよう
後半戦に向けてしっかりと準備していきたいところです……。(2022/10/4)

AIがおもちゃにも脅威にもなった9月 AIひろゆき、安倍元首相、静岡フェイク、mimic再開方針
8月には画像生成AIが世間を驚かせた。9月は、引き続き画像生成AIが話題に乗り続けたが、それ以上に音声合成AIがバズった。AIはおもちゃのように遊びにも使われたが、フェイクを作る脅威としてもかなり現実的になった。(2022/9/30)

旧統一教会に支払った額は平均270万円、500万円以上の相談も 消費者庁が相談件数など公表
7月に起きた安倍晋三元首相への銃撃事件の影響とみられ、相談件数は増加傾向。(2022/9/30)

「日本野鳥の会、国葬反対デモの参加者カウント」はデマ 同会が声明
日本野鳥の会は、「安倍晋三元首相の国葬当日に行われた反対運動の参加者を同会がカウントした」という内容がTwitterで拡散していることについて否定する声明を出した。(2022/9/30)

「AI安倍晋三」27日午後10時で公開終了へ 国葬受け“最後のメッセージ”動画を投稿
故・安倍晋三元首相の音声をAIで再現して物議をかもしている東京大学AI研究会(東京大学人工知能研究会)は、YouTubeの合成音声動画を9月27日午後10時をもって公開を終了すると発表した。(2022/9/27)

“安倍元総理の声をAIで再現”で物議醸す「東京大学AI研究会」、東大電子情報工学科・電気電子工学科が「当学科の団体ではない」とコメント
(2022/9/27)

安倍元首相に「デジタル献花」25万超 一時つながりにくく、30日まで受付延長
安倍晋三元首相へ弔意や感謝の気持ちを表す「デジタル献花」に25万件を超える献花が寄せられている。サイトが一時つながりにくくなったため、主催者は受付を30日まで延長すると発表した。(2022/9/27)

「当学科の団体ではない」 「東京大学AI研究会」にリンクされた東大電子情報工学科が声明
東大電子情報工学科は9月26日、「東京大学AI研究会(東京大学人工知能研究会)」のWebサイトのソースに、同学科のサイトのリンクが含まれていた件について、「(同研究会は)当学科の団体ではない」(2022/9/27)

安倍元首相の国葬きょう実施 ネットの視聴方法は?
政府が安倍晋三元首相の国葬を実施する。ヤフーや日本テレビ、テレビ東京、TBSテレビなど各社が現地の様子をYouTubeでライブ配信する予定。サイバーエージェントのインターネットテレビ局「ABEMA」でも生配信する。(2022/9/27)

“国葬”で配送遅延の可能性、佐川・ヤマトなどが注意喚起 都内の一部エリア
佐川急便などが、9月26日から28日にかけて、東京都の一部エリアで配送が遅延する可能性があると注意喚起。27日午後に政府が実施する安倍晋三元首相の“国葬”に伴う交通規制の影響という。(2022/9/26)

安倍元首相の国葬儀に伴い首都高と一般道路で交通規制 規制中は歩道も通行不可
一部地域では荷物の配送遅れも見込まれています。(2022/9/26)

「AI安倍晋三」ネットで物議 合成音声のYouTube動画、“東京大学AI研究会”が公開
「故安倍晋三元総理追悼AIプロジェクト」がネット上で物議を醸している。東京大学の学生有志が立ち上げたという「東京大学AI研究会(東京大学人工知能研究会)」を名乗る団体が安倍晋三元首相の肉声を再現した合成音声動画を公開した。(2022/9/26)

断水続く静岡市、市長が自衛隊派遣や発信の遅れについて弁明 「絶望感しかない」など批判の声
復旧時期について「最大1週間」という目標をあらためて示しました。(2022/9/26)

国内外の要人6000人参列予定:
安倍晋三元首相の国葬、9月27日開催 会場は日本武道館、警備強化で物流に影響か
安倍晋三元首相が暗殺された事件を巡り、政府が安倍元首相の国葬を9月27日に日本武道館で開催することが正式に決まった。国内外からの要人が最大6000人参列する可能性があり、会場周辺の警備強化で物流に影響が出る可能性がある。(2022/8/31)

安倍元総理を弔うデジタル献花サービスを有志が公開 献花とメッセージを約1カ月間受付
菊やききょうなどを選び、メッセージを添えて送れます。(2022/8/25)

安倍元首相死去で放送中止 アニメ「てっぺんっ!!!!!!!!!!!!!!!」第2話の放送日が決定、大統領暗殺を阻止する内容か
9月10日から順次放送。(2022/8/24)

世界を読み解くニュース・サロン:
日本の会社も“他人事”ではない トランプ前大統領のスパイ容疑
自宅に家宅捜索が入った米国のトランプ前大統領だが、公文書の持ち出しや文章改ざんの恐れという法律違反に加えて、スパイ防止法違反の容疑も含まれている。ここ数年の同氏の怪しい動きとは……。(2022/8/18)

9月27日の国葬に合わせ:
安倍晋三元首相追悼のクラファン、4000万円集まる 「産経新聞」主催、購入者殺到で目標額の8倍に
産業経済新聞社(産経新聞社)が募集していた、安倍晋三元首相を追悼するクラウドファンディングが締め切られ、最終的に4000万円が集まった。当初の目標額は500万円だったため、8倍の金額が集まったことになる。(2022/8/15)

DXの遅れに強い危機感を表明:
河野太郎デジタル大臣が初会見 「日本企業のDXはコストダウンや省人化止まり」
河野デジタル大臣が就任後初の記者会見を開いた。会見の中で同氏は、日本の行政府だけでなく民間企業におけるデジタル化とDXの遅れにも強い危機感を示し、その原因に言及した。(2022/8/15)

コンビニ店がハッキング被害も:
「ペロシ氏の飛行機撃墜」「安倍氏の死祝う」――企業SNSの“なりすまし被害”やフェイクニュースが増加
ペロシ米下院議長の訪台を機に、SNS上ではフェイクニュースや偽情報が拡散している。台湾ではフェイクニュースを取り上げて事実関係をチェックするNGOが連日、結果を公表して市民に注意を呼び掛けている。偽情報からどう身を守るべきなのか。(2022/8/13)

閣僚にも働き方改革?:
「今晩遅くなるので」──就任会見延期で話題の河野太郎デジタル相 きっかけに過去の問題提起
前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員がデジタル相に就任した。2021年9月の自民党総裁選出馬に向け、大臣を辞任して以来、約1年ぶりの閣僚復帰となる。(2022/8/11)

2006年公表の「あったかハッピープロジェクト」報告書にネットで批判の声 「少子化の原因を個人に転嫁」
ほかには、「今日の深刻な少子化の原因の一つとして、過度に経済的な豊かさを求め、個人を優先する風潮があると考えられる」などとも記載。(2022/8/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。