検索
ニュース

燃料電池工場の電力を燃料電池でまかなう、パナソニックが「世界初」の実証施設脱炭素(1/2 ページ)

パナソニックは2022年4月15日、同社の草津事業所で、純水素型燃料電池などによって、工場消費電力を再生可能エネルギーで100%まかなうための実証施設「H2 KIBOU FIELD」の稼働を開始した。自家発電燃料として水素を本格的に活用し、工場の稼働電力をまかなう実証としては「世界初」(パナソニック)の試みだという。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

 パナソニックは2022年4月15日、家庭用燃料電池を生産する同社の草津事業所(滋賀県草津市)において、純水素型燃料電池などによって、工場消費電力を再生可能エネルギーで100%まかなうための実証施設「H2 KIBOU FIELD」の稼働を開始した。自家発電燃料として水素を本格的に活用し、工場の稼働電力をまかなう実証としては「世界初」(パナソニック)の試みだという。


実証施設「H2 KIBOU FIELD」[クリックして拡大]

燃料電池を99台、太陽電池を1820枚設置

 H2 KIBOU FIELDでは、草津事業所内に純水素型燃料電池と太陽電池、リチウムイオン蓄電池を設置し、事業所内にある燃料電池工場の製造部門における使用電力を100%まかなうシステムを構築している。3種類の電池を連携させることで、天候に左右されず安定した電力供給が行える仕組みを実現したという。実証施設の施設面積は約6000m2で、元は駐車場だったスペースを活用している。


H2 KIBOU FIELDの全景イメージ[クリックして拡大] 出所:パナソニック

 1台当たり出力5kWのパナソニック製純水素型燃料電池を99台、1枚当たり出力315Wの太陽電池を1820枚設置する。最大出力は純水素型燃料電池が合計で495kW、太陽電池が570kWで、合計で約1.07MWとなる。リチウムイオン蓄電池の蓄電容量は約1.1MWhである。


太陽電池が並ぶ様子[クリックして拡大] 出所:パナソニック
       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る