検索
連載

技術者が行けない! タイでの新製品量産を遠隔立ち上げしたOKIデータの挑戦スマート工場最前線(3/4 ページ)

COVID-19により人の移動が制限される中、従来は技術者を派遣していた海外工場での量産立ち上げなどが行えない状況が生まれている。こうした中で、新規設計製品の量産立ち上げを完全リモートで行い成功したのがOKIデータである。カラーLEDプリンタ戦略製品の遠隔立ち上げへの取り組みを紹介する。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena

海外工場と日本を映像と音声でリアルタイムに接続

photo
タイ工場とリアルタイムで接続(クリックで拡大)

 これらの課題に対応するため、環境整備などにも取り組んだ。最も大きなものが、カメラと通信端末を工場内に設置し、海外工場と日本とをライブ配信でつないだ取り組みだ。海外工場で生産ラインを遠隔で撮影し、作業トラブルなどを把握するものや、作業者の作業内容を把握するものなど、複数のカメラを設置。一方で日本側には「コックピット」として、カメラの映像と、工程管理システムなどの情報を表示したモニタールームを用意。必要があればその場に関係部門のメンバーが集まってすぐに話をしながら課題改善を行う体制とした。

 コックピットルームは生産試験室に設置しており、生産面でトラブルが起きた場合、その周辺ですぐに課題解決のための作業確認や治具製作など試行錯誤が行える。OKIデータ 生産統括本部 生産技術部 生産技術チーム サブチームリーダーの高井秀人氏は「現場でトラブルがあったり、作業データなどから問題が見えたりした場合にはすぐに、日本と現地工場のメンバーで集まって一緒に解決への取り組みを行えるようになった。同じ場にいるような形で進められている」と語っている。

photo
日本側に設置されたコックピットのモニター。カメラ映像や生産情報が表示されている(クリックで拡大)

 OKIデータのこうした取り組みが進んだ要因としては、土台として生産データや工程データを共有する一種のスマートファクトリー化の仕組み作りが進んでいたことも大きい。もともと「工程管理システム」として、生産の状況をリアルタイムで監視し、問題点を迅速に把握できるシステムを独自で用意しており、さまざまなツールで工程を分析できるような体制が整っていた。さらに、プリンタの品質試験結果をリアルタイムで取り込み、そのデータの変化から不具合予兆を把握し、早期にフィードバックを行う「可視化システム」などもあり、品質面で発生した問題もシステムによる情報共有で把握できるようになっていた。

 OKIデータ 生産技術本部 生産技術部 生産改革チーム チームリーダーの望月克氏は「既にインフラとしての大枠は遠隔でも量産立ち上げが行える体制が整っていた。新たな投資としては、日本側のモニターや海外工場でのカメラとWi-Fiなど程度ですんでいる。もともとそういう発想がなかっただけで『リモートでやる』となった時に周辺を見てみると材料はそろっていたという形だ」と語っている。

photo
インフラ改善への取り組み(クリックで拡大)出典:OKIデータ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る