• 関連の記事

「Y!mobile」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Y!mobile」に関する情報が集まったページです。

Amazon、Y!mobileのeSIMエントリーパッケージを販売 最大1万2000円キャッシュバックも
Amazonは、Y!mobileのeSIMエントリーパッケージを販売開始。指定プラン契約で最大1万2000円をキャッシュバックし、契約事務手数料3300円も無料となる。(2022/1/26)

Y!mobileがSIM単体契約のiPhone向けの保証サービス「持込端末保証 with AppleCare Services」を提供 月額950円から
Y!mobileが「持込端末保証 with AppleCare Services」の提供を開始する。SIM単体で新規契約した上で、対象のiPhoneを利用するユーザーなら誰でも加入できる。(2022/1/24)

最大30%還元の施策を見逃すな スマホ決済1月〜2月のキャンペーンまとめ【2022年1月23日】
2022年1月〜2月に開催のスマホ決済キャンペーンをまとめた。PayPayは2月1日からスーパーマーケットやドラッグストアで最大30%還元のキャンペーンを開催する。KDDIも2月1日から「たぬきの大恩返し 春」で最大10%を還元する。(2022/1/23)

Y!mobileの「AQUOS wish」が1月28日発売 新規/MNPなら実質約1万円に
ソフトバンクは、1月28日にY!mobileブランドから5Gスマホ「AQUOS wish」を発売。約5.7型ディスプレイを備え、指紋認証、おサイフケータイ、「Payトリガー」などの独自機能を利用できる。(2022/1/20)

ドコモなど他3キャリアは未対応:
ソフトバンク系3ブランド、携帯料金のPayPay支払いに対応
PayPayはソフトバンクとワイモバイル、LINEMO(ラインモ)の3ブランドが、QRコード決済サービス「PayPay」を使った「PayPay請求書払い」に対応したと発表した。自宅に届いた紙の請求書のバーコードをPayPayアプリで読み込むことで、料金を支払えるようになる。(2022/1/19)

ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの携帯料金がPayPayで支払い可能に
ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの払込票が「PayPay請求書払い」に対応。「PayPay」の「PayPayマネー」限定で支払えるようになる。(2022/1/19)

PayPayでソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの料金支払いが可能に
ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOの払込票が「PayPay請求書払い」に対応した。ユーザーは携帯料金などをPayPayで支払える。(2022/1/19)

LINEMO、新規契約で最大6000円相当の還元 1月19日まで
LINEMOは、PayPayボーナス3000円相当をプレゼントする「新規歓迎!スマホプランフィーバータイム」を開催。「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」と合わせると、最大6000円相当のPayPayボーナスがもらえる。(2022/1/14)

ソフトバンクが2022年春頃から「迷惑SMS対策機能」を提供 Y!mobile/LINEMOブランドでも利用可能
(2022/1/13)

Y!mobile、「AQUOS wish」を1月下旬以降に発売 3万1680円
ソフトバンクは、Y!mobileブランドから5Gスマホ「AQUOS wish」を1月下旬以降に発売。指紋認証やおサイフケータイを利用でき、「Payトリガー」などの独自機能も備える(2022/1/13)

iPhoneをすぐに使いこなす祖母とAirTagが必要になった祖父 実家のIT環境を見直した年末年始
2020年は帰省しなかったものの、21年は実家に帰ったという人も多いだろう。その際に実家のIT周りを見直す機会があるかもしれない。筆者も見回り活動を実施したのでその辺りの話を紹介したい。(2022/1/12)

IIJmio「ギガプラン」を8カ月使ってみた 通信品質はどう? どんな人にオススメ?
MVNOサービス「IIJmio」の「ギガプラン」を契約しました。格安SIMを検討している方、かつ「IIJmioのギガプラン」を検討している方向けに、IIJmioギガプランを契約して満足した点・不満を覚えた点をまとめていきます。通信速度や通話料金、向いている人などについて検証しました。(2022/1/12)

Mobile Weekly Top10:
「2021年を代表するスマホ」は何? ライター陣の視点に注目!/「楽天モバイル×iPhone」の問題が解決
その年を代表するスマートフォンを選出する「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー」が2021年も開催されました。審査員が推薦する端末から本戦に進むものを選ぶのですが、今回は数年ぶりにiPhoneが“選外”となりました。(2022/1/7)

年始も高還元率の施策が充実 スマホ決済1月のキャンペーンまとめ【2022年1月7日】
2022年1月開催のスマホ決済キャンペーンをまとめた。年明けはお年玉にちなんだ決済キャンペーンが目立つ。キャリアの乗り換えを促すキャンペーンにも注目したい。(2022/1/7)

スマホ決済のお得な活用術:
条件達成でボーナス付与率が最大1.5%にアップ 「PayPay STEP」を攻略せよ
PayPayをお得に利用する方法はいろいろとあります。一番のおすすめは「PayPay STEP」の条件を達成して、PayPayボーナスの付与率をアップさせることです。通常0.5%の付与率を、PayPay STEPの4つの条件を達成することで1.5%まで引き上げることができます。(2022/1/5)

石野純也のMobile Eye:
一人勝ちのahamo、楽天モバイルの逆襲 2021年の“携帯料金競争”を振り返る
2021年の携帯料金競争で話題を集めたのが、ドコモ、au、ソフトバンクのオンライン専用プランだった。ユーザー獲得ではKDDIのUQ mobileや、ソフトバンクのY!mobileが健闘した。楽天モバイルも料金を改定して、0円からの「Rakuten UN-LIMIT VI」で支持を集めた。(2021/12/31)

Y!mobileオンラインストアで「iPhone 12 mini」「OPPO Reno5 A」のセール
Y!mobileは、12月27日に年末年始セールを開始。「iPhone 12 mini(128GB)」を5万4720円(税込み、以下同)、「OPPO Reno5 A」を9800円で提供する。(2021/12/27)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(6月編):PayPayがついに4000万ユーザーを突破/Leicaのスマホは日本限定
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年6月は、スマホ決済に関する記事や、ソフトバンクの「Leitz Phone 1」やドコモの新モデルに関する記事がよく読まれました。(2021/12/26)

LINEMO、乗り換えで最大1万2000円相当の還元 1月11日11時59分まで
LINEMOは、キャンペーン「フィーバータイム特別版!年末年始乗り換え大応援」を開催。キャンペーンページを経由して「スマホプラン」「ミニプラン」へMNPで申し込むと、PayPayボーナス最大5000円相当をプレゼントする。(2021/12/24)

携帯電話の「新料金プラン」、一般ユーザーの約2割が移行 総務省調べ
総務省が、携帯電話事業者の「新料金プラン」への一般ユーザーの移行率が約2割に達したと明らかにした。同省が2020年に打ち出した「アクション・プラン」で競争が活性化した成果だという。(2021/12/24)

Y!mobile、Amazonで最大1万2000円相当のキャッシュバック
Y!mobileは、AmazonでSIMスターターキットを購入して他社から乗り換えると最大1万2000円をキャッシュバックするキャンペーンを開催。終了日は未定だが、早期終了する場合がある。(2021/12/24)

Y!mobile、「Xperia 10 III」「OPPO Reno5 A」のクリスマスセール開催 12月27日10時まで
Y!mobileは、公式オンラインストアで「Xperia 10 III」「OPPO Reno5 A」のクリスマスセールを12月27日10時まで開催。新規またはMNPで機種代金が最大2万1880円割引となる。(2021/12/23)

ウィルコムの忘れ形見:
ソフトバンクが2022年4月1日に「ウィルコム沖縄」を吸収合併 「ソフトバンク」「Y!mobile」の運営主体が完全に一本化
沖縄県内でY!mobileブランドの通信サービスを提供している「ウィルコム沖縄」がソフトバンクに吸収合併されることになった。これにより、日本全国で「ソフトバンク」「Y!mobile」両ブランドの運営主体が一本化されることになる。(2021/12/22)

【お知らせ】「料金プラン」に関する読者アンケートにご協力をお願いします
いつもITmedia Mobileをご愛読いただき、ありがとうございます。弊誌では、読者の皆さまによりよい情報をお届けできるよう、「スマホ料金プランに関するアンケート」を実施しています。(2021/12/22)

MVNOサービスの回線数が約19%減 サブブランドやahamoなどの影響受け
MM総研が発表した「国内MVNO市場調査(2021年9月末時点)」によると、独自サービス型SIMの回線契約数は1239.5万回線と前年同期比19.3%減に。2021年3月末調査に続き、二半期連続で前年同期を下回る結果となった。(2021/12/21)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(4月編):「ながら充電」が改めて注目/楽天モバイルが「iPhone」を販売開始
ITmedia Mobileのアクセスランキングをチェックしながら2021年のトピックを振り返る企画。4月の1位は、スマホ決済キャンペーンのまとめ記事でした。ソニーとシャープの新製品告知に関する記事もよく読まれました。(2021/12/21)

ソフトバンクとY!mobileが「メールアドレス持ち運びサービス」開始 年額3300円
ソフトバンクが、12月20日に「メールアドレス持ち運びサービス」を開始した。対象となるのはソフトバンクとY!mobileのメールアドレスで、回線を解約した後でも、キャリアメールを利用することができる。利用料金は、1メールアドレスにつき年額3300円(税込み)。(2021/12/20)

iPhoneにおけるデュアルSIM環境下の「緊急通報」不具合、iOS 15.2で解消か
デュアルSIM対応のiPhoneにおいて、一定の条件を満たすと緊急通報ができないことがある不具合が判明して約3カ月。iOS 15.2に更新すると不具合が解消することが判明した。ただし、完全に解消するとは限らないようで、更新後に正しく通常の通話を行えるかどうかの確認を行うことが推奨される。【更新】(2021/12/16)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(2月編):「ahamo」「LINEMO」が注目を集める中、大幅値下げを発表した「IIJmio」
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年2月は、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「LINEMO」に関する記事が良く読まれました。その影響か、MVNOにおける料金値下げのきっかけとなったIIJmioの新プランに関する記事も良く読まれました。(2021/12/15)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(1月編):大手キャリア(サブブランド含む)の新プランが気になる新年
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」が始まります。2021年1月は、前月(2020年12月)の“余波”を受けて、大手キャリアの料金プランに関する記事がとても良く読まれました。(2021/12/13)

ゲオ、中古iPhone SEとiPhone XRの最大2万2000円割引キャンペーン 12月25日まで
ゲオストアは、ゲオ/ゲオモバイル100店舗限定で中古iPhone SE(第2世代)とiPhone XRの最大2万2000円割引キャンペーンを開催。「UQ mobile」「Y!mobile」のいずれかの音声SIMを同時購入し、MNPでの契約が条件となる。(2021/12/13)

4キャリアのシェアが約90%に、MVNOの利用率は10%未満に低下
MMD研究所は、12月10日に「2021年12月通信サービスの利用動向調査」の結果を発表。メイン利用の4キャリア合計は90.7%で、うちオンライン専用プランは6.8%。新プランは同一キャリアから移行が半数以上となった。(2021/12/10)

LINEMOの「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」、ミニプランは対象外に
LINEMOは、スマホプランに新規契約/他社からの乗り換えでPayPayボーナスを付与する「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」の条件を変更。ミニプランはキャンペーンの対象外となる。(2021/12/7)

MVNOの満足度、SIM単体はNUROモバイル、端末セットではイオンモバイルが1位 オリコン調査
オリコンがMVNO事業者についての満足度調査の結果を発表した。調査はSIM単体と、SIMと端末のセットに分けて調査し、SIM単体ではNUROモバイルとmineo、端末とのセットではイオンモバイルが1位を獲得した。(2021/12/3)

Mobile Weekly Top10:
「Xperia」が好調!/「ブラックフライデー」は何を買った?
2021年度上半期のスマートフォンの出荷台数シェアにおいて、ソニー(旧ソニーモバイルコミュニケーションズ)がAppleに次ぐ2位に立ちました。ミドルレンジモデルの積極的な投入、個性的なハイエンドモデルとSIMフリーモデルの投入が奏功したようです。(2021/12/3)

格安SIMの満足度ランキング 3位は「UQmobile」、1位と2位は?
oricon MEは、全国の18〜84歳の男女に、オリコン顧客満度(R)調査「格安SIM/格安スマホランキング」を行った。「格安SIM」の1位は「NUROモバイル」「mineo」、「格安スマホ」の1位は「イオンモバイル」が選ばれた。理由は?(2021/12/3)

ゲオ、中古iPhone SE/iPhone XRを最大2万2000円割引 100店舗限定で12月10日まで
ゲオストアは、ゲオ/ゲオモバイル100店舗限定で中古「iPhone SE(第2世代)」「iPhone XR」と「UQ mobile」「Y!mobile」いずれかの音声SIMを同時購入すると最大2万2000円割引になるキャンペーンを開催。期間は12月10日まで。(2021/12/2)

PayPayボーナスに交換できる新「ソフトバンクポイント」が2022年4月にスタート 「Tポイント」の付与は2022年3月で終了
ソフトバンクが、新しい「ソフトバンクポイント」の提供を2022年4月に開始する。PayPayボーナスへの交換ができることが特徴で、従来付与していたTポイントの付与や利用は2022年3月をもって終了となる。(2021/12/1)

Y!mobile、Amazonブラックフライデーで「Android One S5」「Libero S10」を1円に
Y!mobileは、Amazonブラックフライデーの特選タイムセールで「Android One S5」「Libero S10」をMNPで購入した際に1円で販売する。期間は11月29日〜12月2日。(2021/11/29)

Y!mobile、「Libero 5G II」を12月3日に発売 MNPで1円に
ソフトバンクは、Y!mobileブランドから5Gスマホ「Libero 5G II」を12月3日に発売。Y!mobileオンラインストアでは、MNPで契約すると機種代金が1円で購入できる。(2021/11/29)

Y!mobileオンラインストアでセール、「OPPO Reno5 A」が9800円に Amazonでは360円端末も
ソフトバンクが、Y!mobileオンラインストアで12月6日10時までブラックフライデーのセールを実施している。新規契約やMNPでの契約者を対象に、端末を特価で販売する。Amazonでもセールを実施している。(2021/11/27)

Xperiaが国内Androidシェア1位に躍進した理由 「ミッドレンジが好調」だけにあらず
2021年度上期の国内スマートフォンシェアでソニーが2位に上昇した。「Xperia 10 III」「Xperia Ace II」といったミッドレンジモデルの販売が非常に好調であることが大きな要因だという。赤字続きだったモバイル・コミュニケーション事業も2020年度は黒字に転換している。(2021/11/24)

「ワイモバ親子割」提供 5〜18歳と家族割引グループの月額料金が1年間1100円引きに
ソフトバンクは、Y!mobileを契約した5〜18歳と、同一の家族割引グループを対象とした「ワイモバ親子割」を提供開始。「シンプル M/L」の月額基本使用料を1年間1100円引きする。(2021/11/15)

Y!mobile、5Gスマホ「Libero 5G II」を12月上旬以降に発売 防水+おサイフ対応
Y!mobileは、12月上旬以降に5Gスマートフォン「Libero 5G II」を発売。約6.67型ディスプレイや3900mAhのバッテリーを搭載し、防水/防塵(じん)や指紋認証、おサイフケータイなどに対応する。(2021/11/15)

ポケモンGOの「スペシャル・ウィークエンド」、ソフトバンクの参加条件が「ハードル高い」と話題に 3日間のスポンサー出そろう
ポケモンGOで12月に実施する企業コラボイベントの全貌が明らかに。ファミリーマートやソフトバンクも協賛。ソフトバンクの参加条件は一部で「ハードルが高い」と話題になっている。(2021/11/15)

石野純也のMobile Eye:
4キャリアの決算が出そろう 大赤字の楽天モバイルは“包囲網”をくぐり抜けて黒字化なるか
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアと、モバイル事業に新規参入して1年半が経過した楽天の決算が出そろった。政府主導で行われた料金値下げの影響を受ける形で、大手3社の通信事業は減益に見舞われている。対する楽天は、楽天モバイルのエリア拡大が途上ということもあり、1000億円を超える大幅な赤字を計上した。(2021/11/13)

2021年度上期のスマホ出荷シェアはソニーが2位、5G対応が過半に
MM総研は、2021年度上期(2021年4月〜9月)の国内携帯電話端末の出荷台数を調査。スマホは1472.4万台(9.3%増)で、5Gスマホは774.8万台(586.9%増)とスマホ出荷全体の過半数を占めている。(2021/11/11)

ソフトバンク、「LINE MUSIC」を6カ月無料に 7カ月目以降は20%のPayPayボーナス付与
ソフトバンク、Y!mobile、LINEMOは、11月17日から音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」を6カ月無料で提供。ソフトバンクプレミアムの特典内容も変更し、新たに「LINE サービス特典」として開始する。(2021/11/10)

LINE MUSIC、ソフトバンク系携帯ユーザーに6カ月間無料提供 「ソフトバンク」「ワイモバイル」「LINEMO」利用者向け
7カ月目以降は月額料金の2割相当をPayPayボーナスで提供。(2021/11/10)

石野純也のMobile Eye:
決算で判明、明暗分かれたpovoとLINEMO “オンライン”以外での差別化がカギに
鳴り物入りで登場した大手キャリアのオンライン専用料金ブランド/プランだが、開始から1年たたずに、サービスの姿を変えつつある。LINEMOは3GBプランを追加し、povoは月額0円からの「povo2.0」にリニューアル。特に支持されているのはpovo2.0のようだ。(2021/11/6)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。