• 関連の記事

「トーマツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

年商500億円以上の企業の役職者を対象に調査:
回答者の約7割が「自社は既存の事業を着実に推進し、新しい技術の採用には慎重」と認識 デロイト トーマツ
デロイト トーマツは、「日本経済および日本企業の競争力に関する調査」の結果を発表した。それによると、回答者の約47%が「自社は競争力を持っている」と認識していることが分かった。(2024/4/26)

CFO Dive:
生成AIは2025年には“オワコン”か? 投資の先細りを後押しする「ある問題」
世間の注目が生成AIに集まる中、デロイト トウシュ トーマツが実施した調査によると、CFO(最高財務責任者)の3分の2近くが今後、生成AIへの投資を控えようとしているという。その背景にある「ある問題」とは。(2024/4/22)

オンプレミスでも利用可能:
デロイト トーマツが「ファインチューニング付きLLM」の開発サービスを提供開始
デロイト トーマツは、「特化型LLM」の開発サービスを提供開始した。クラウド提供型LLMが利用できない業種、業界に向けてオンプレミス運用可能な特化型LLMを提供することで、企業のLLMの活用を促進するという。(2024/4/11)

デロイト トーマツ グループが「クライシスマネジメント」の実態調査結果を発表:
日本国内で優先的に対処すべきリスク 第2位は「原材料、原油価格の高騰」、1位は?
デロイト トーマツ グループは、「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の2023年版を発表した。特定のクライシス(企業に重大な影響を与える出来事)については、51.4%の会社が対応計画を策定しているものの、リスクマネジメントと連動した体系的な対応計画を策定している企業の割合は一桁台と非常に少なかった。(2024/4/4)

電動化:
次に買うクルマのパワートレインやブランドは? グローバルでの調査結果
デロイト トーマツ グループは26カ国2万7000人を対象にした自動車に関する消費者意識調査の結果を発表した。(2024/3/1)

PR:Salesforce管理者なら知っておきたいセキュリティリスク ファイルスキャンが“不可欠”な理由と対策をデロイト トーマツの専門家が解説
(2024/3/1)

3社の専門性とノウハウを統合:
デロイト トーマツのグループ3社が合併、デジタルマーケティング領域の支援強化
エスピーアイと、SPIインタラクティブ、シンプルビジネスソリューションズの3社は、エスピーアイを存続会社として合併した。(2024/2/16)

今日のリサーチ:
「生成AIに仕事を奪われる」に日本人は楽観的? 悲観的?――デロイト トーマツ グループ調査
生成AIに対する消費者反応を日本、英国、ドイツ、オランダ、イタリア、デンマーク、ノルウェー、スウェーデンで比較したグローバル調査の結果です。(2024/2/3)

CFO Dive:
デロイトトーマツの「生成AI」浸透術 1万8千人に使わせる方法
巨大会計事務所であるデロイト トウシュ トーマツは会計監査業務に生成AIを取り入れている。同社は1万8000人の監査専門家にいかに生成AIを使わせているのか。「導入したが、使われなくなったツール」にしないための方策を見てみよう。(2023/12/14)

製造マネジメントニュース:
「使えるデータ」で変化に強く、スマート工場の展示施設が東京にオープン
デロイト トーマツ グループはロボットやデジタル技術による生産現場の自動化を体験できる施設「The Smart Factory by Delloitte @ Tokyo」(東京都千代田区)を開設した。(2023/12/13)

デロイト、情報セキュリティ人材育成「サイバーアカデミー」開設
デロイト トーマツ グループが、サイバーセキュリティ人材の育成サービス「デロイト トーマツ サイバーアカデミー」の提供を始めた。(2023/12/8)

素材/化学メルマガ 編集後記:
製造業がけん引しAI活用をリードする日本企業
米国のコンサルティング会社であるデロイト トーマツグループのDeloitte AI Instituteで所長を務める森正弥氏の講演「加速するAI活用の時代、気を付けるべき全体戦略・ガバナンス・組織」について紹介しています。(2023/11/13)

今日のリサーチ:
デジタル地域通貨の利用で「高還元」に迫るメリットは?――デロイト トーマツ調査
デロイト トーマツ グループが実施した、デジタル地域通貨の利用実態についての調査結果です。(2023/11/7)

職場のハラスメント、Z世代の8割が「通報」、ミレニアル世代は4割 なぜ差?
デロイト トーマツグループ(東京都千代田区)は、同社がグローバルで行うZ世代・ミレニアル世代を対象とした年次調査「Z・ミレニアル世代年次調査2023」における、日本の結果を発表した。(2023/10/31)

人的資本経営って面倒? いやいや「人事のやりたいこと」をする“武器”になる! 歓迎すべき理由とは
人的資本経営のストーリーを使えば、人事施策を説明しやすい――人的資本の考え方を“うまく使うコツ”を、デロイト トーマツ コンサルティングの執行役員が解説します。(2023/10/4)

迫る2025年問題!:
PR:ビジネスの根幹「保全業務」 安定維持に必要なことは? 日本IBM×デロイト トーマツ コンサルティングが示す答え
高齢化社会による労働人口の減少で、ものづくりに欠かせない設備の保全業務が破綻の危機にひんしている。真の課題解決は、IoT機器を導入することではない。では、何が決め手となるのだろうか。(2023/9/21)

今日のリサーチ:
食生活へのこだわりが低下する中で「コスパ」「健康」への意識は高く――デロイト トーマツ調査
生活者にとって身の回りのさまざまなモノの値上げが相次ぐ中、食生活に関する価値観や消費実態はどのように変化しているのでしょうか。(2023/8/16)

今日のリサーチ:
日本企業のコンタクトセンター、AI導入率が約50%に伸びるも成果創出に苦戦――デロイト トーマツ調査
コンタクトセンターにおけるAI導入済企業の割合は海外企業の44%を上回り、日本企業は49%と約半数に到達。(2023/8/9)

71%が課題解決に着手するが、53%が解決できていない:
DX先行企業の半数が悩む「研修実施や報酬アップでは解決できない人材育成の課題」とは デロイト トーマツ コンサルティング
デロイト トーマツ コンサルティングは、デジタル人材育成に関する実態調査の結果を発表した。企業のデジタル研修はある程度進んでいるものの、学びを生かす「実践の場」の提供が課題になっていることが分かった。(2023/7/27)

今日のリサーチ:
アフターコロナは「レストラン」「旅行」の消費が拡大――デロイト トーマツ コンサルティング調査
アフターコロナの購買意欲は「ウチからソトへ」と向かいつつあるようです。(2023/7/12)

データ収集から構築したアプリケーションの運用まで:
「具体的に何をしたいのか」に合わせ、最適なAI活用基盤を構築するサービスをデロイト トーマツが提供開始
デロイト トーマツ コンサルティングは、ユースケース別に企業のAI活用を支援するワンストップサービスの提供を開始した。データ収集から分析基盤の整備、アプリケーションの導入、運用までを支援するサービスを提供するという。(2023/7/7)

成長を約束するDX構想は一貫した思想と実装がものをいう:
PR:三菱自動車とデロイト トーマツ コンサルティングとの共創に学ぶ、これからの「コンサル」との付き合い方
企業の成長を支えるにはDXの企画構想だけでなく一貫した思想に基づいた実装こそが重要――。コンサルティング企業でありながらアドバイザリーだけでなく、新規サービス立ち上げに必要な仕様詳細の設計から最新クラウドテクノロジーを生かしたサービス基盤の選定、エコシステムの具体化といった「出口」までを一貫して伴走し、成功を支える体制を整えるのがデロイト トーマツ コンサルティングだ。実際に同社とタッグを組んだ三菱自動車は短期間でその成果を出し始めている。構想の立ち上げから現在までの軌跡を取材した。(2023/6/13)

PR:三菱自動車とデロイト トーマツ コンサルティングが二人三脚で創る、新しい自動車サービスのカタチ
(2023/6/13)

6つのテーマと日本の動向に焦点:
AIは「ヒトの代替」ではなく「ビジネスの協業相手」 デロイト トーマツが「Tech Trends 2023 日本版」を発行
デロイト トーマツ グループは、「Tech Trends 2023 日本版」を発行した。メタバースの活用、信頼に基づくAI活用の深化、マルチクラウドの駆使と適切な管理など6つのトレンドを紹介している。(2023/5/11)

オープンテキストがデロイト トーマツと協業開始 AI-OCRと情報管理プラットフォームを連携
オープンテキストは、デロイト トーマツ リスクアドバイザリーとの協業を開始する。2社の協業の目的とは。(2023/4/18)

2022年版「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」:
国内企業が最優先で対応したい「地政学リスクを超えるリスク」とは デロイト トーマツ グループ
デロイト トーマツ グループは、「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の2022年版を発表した。優先的に対処すべきリスクとして最も多かったのは「人材不足」だった。(2023/4/11)

昨対比で約14%増:
売上高1兆円以上の企業、社長の報酬はいくら?
デロイト トーマツ グループは、日本企業における役員報酬の水準などを調べた「役員報酬サーベイ(2022年度版)」を実施。売上高1兆円以上の企業におけるCEO、社長の報酬総額の中央値は1億1224万円だった。(2022/11/1)

「熟練のノウハウ学習」 会計士業務を支援するAIツール、トーマツが開発
熟練公認会計士のノウハウを学習したAIを使って日本語契約書などの情報を処理し、会計士業務を効率化するツールをトーマツが開発。(2022/10/17)

「企業の不正リスク調査白書Japan Fraud Survey 2022-2024」:
だから企業不正がなくならない 「納期や業績を優先する組織文化」以外の発生要因は?
デロイト トーマツは「企業の不正リスク調査白書Japan Fraud Survey 2022-2024」を発表した。過去3年間に何らかの不正、不祥事が発生した企業の割合は若干減少していた。同社は「テレワーク環境下で不正・不祥事が発覚しづらい状況が影響した」と分析している。(2022/10/11)

製造ITニュース:
IoT製品のセキュリティ対策のため、SBOM管理ソリューションを提供
デロイト トーマツ サイバーは、IoT製品の製品ライフサイクル全般にわたって、セキュリティ対策の危殆化や脆弱性を管理する機能を備えた「SBOM管理ソリューション」を提供する。(2022/9/30)

先進事例に学ぶ:
PR:“惹きつけて売る”その先へ オラクル×デロイトがデザインするロイヤルティマーケティングの成功戦略
今、ロイヤルティマーケティングの機運が高まっている。新規顧客獲得だけに注力するのではなく、いかに既存顧客のエンゲージメント、ロイヤルティを高めるか――熱量の高いファンを獲得し、再購入率や継続利用率につなげることが主な狙いだ。グローバルでロイヤルティマーケティング支援に取り組むオラクルとデロイト トーマツに、今、日本企業が持つべき“価値提供”の視点について話を聞く。(2022/7/19)

ストレスレベルが上昇:
働く女性の50%が「燃え尽き症候群」 ハラスメントを受けた割合は?
デロイト トーマツ グループは、働く女性を対象に実施した世界調査「Women @ Work 2022: A Global Outlook」の日本版を発表。日本の女性は50%が「燃え尽き症候群」であることが分かった。(2022/6/10)

今日のリサーチ:
JD.comが初のトップ10入り デロイト トーマツが世界の小売業ランキング2022発表
今回が25回目となる年次調査。日本企業でトップ250入りしたのは前年比1社増の29社でした。(2022/6/4)

グローバル規模のレポートに日本独自の視点を追加:
目の前の変化を見逃すな デロイト トーマツが「技術の最新トレンド」を解説したレポートを発行
デロイト トーマツ グループは、「Tech Trends 2022 日本版」を発行した。7つのトレンドを取り上げ、データやブロックチェーンを活用した「新たなビジネスモデルの可能性」や、今後数年の間に普及期を迎えると予想される技術の方向性などについて考察したという。(2022/5/27)

地政学リスクも顕在化:
人材不足よりサイバー攻撃より「自然」が怖い? デロイト トーマツが企業のリスク管理に関する調査結果を発表
デロイト トーマツは、2021年版の「企業のリスクマネジメントおよびクライシスマネジメント実態調査」の結果を発表した。国内企業が優先的に対処すべきと考えているリスクの第1位は「異常気象、大規模な自然災害」だった。(2022/4/14)

日本の低成長はクラウド導入の遅れが影響か デロイト トーマツが提言
デロイト トーマツは、ホワイトペーパー「クラウドによる経済成長の実現」を公開した。同社は、日本全体でクラウド導入を推進する必要があることを政府は認識すべきだと提言する。(2022/4/11)

管理職に求められるスキルや振る舞いは? 現実とのギャップが明らかに
人材育成サービスを提供するラーニングエージェンシー(旧トーマツ イノベーション、東京都千代田区)は、「組織・チームの在り方の変化に関する意識調査」を実施した。調査から分かった「求められる管理職の在り方」とは?(2022/2/24)

「自律的・機動的なDXを加速させる」:
「Amazon Web Services(AWS)を熟知したエンジニア」の採用から開発環境の整備まで スカイアーチネットワークスら3社が協業して内製化を支援
スカイアーチネットワークスとスカイアーチHRソリューションズは、デロイト トーマツ ウェブサービスと協業を開始する。顧客企業がITシステム内製化を通じてDXを加速する体制を構築できるよう、3社共同で支援する。(2022/2/14)

「不正スコア」の算出理由も説明可能:
AIで不適切会計を検知 トーマツが不正検知モデルを開発
トーマツはAIを使って、会社と勘定科目の単位で不正を検知する不正検知モデルを開発した。2022年1月に本格導入を開始する。「さまざまな企業監査事案に網羅的に対応可能な手法を確立した」という。(2022/1/11)

不正会計リスク、AIで“監査” 過去の不正企業との近似率を計算 トーマツ
トーマツがAI技術を活用して不正会計のリスクを予測する「不正検知モデル」を開発した。AIによる監査の高度化を目指す。(2022/1/7)

経費精算、承認レスで320時間→23時間に コンカーが不正検知機能強化
大企業向け経費精算システム大手のコンカーは12月7日、新たに日本IBMおよびデロイト トーマツとの協業を発表した。目指すのは、「経費精算がなくても仕事が回る世界」(コンカーの三村真宗社長)だ。(2021/12/7)

採用活動にも直結:
SDGsが経営にメリットをもたらす、これだけの理由 デロイトトーマツコンサルティング佐瀬社長に聞いた
SDGsという言葉が流行する前から貧困問題や環境問題に向き合ってきたデロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長の佐瀬真人氏にインタビュー。話を聞くと、SDGsが経営にもたらすメリットが見えてきた――。(2021/9/1)

データで気候変動やパンデミックの影響も判定 SASとトーマツが金融機関向けの信用評価ツールを発表
トーマツとSAS Institute Japanは、金融機関が貸出先の信用を評価するためのツールの開発とその導入に向けたサービスを開始する。金融機関向けにそれぞれリスク評価ツールを提供してきた両社のノウハウを組み合わせた。(2021/8/16)

今日のリサーチ:
コンタクトセンターのKPI 日本ではいまだに「応答率」を最重要視――デロイト トーマツ調査
「日本版グローバルコンタクトセンターサーベイ」の結果です。(2021/8/10)

2020年度の実態調査:
社長・CEOの報酬水準、日米格差が13倍に 役員報酬が減った業種は?
デロイト トーマツ グループは、計5カ国の企業を対象に実施した「2020年度 社長・CEO報酬の実態調査」の結果を発表。報酬水準の日米格差は2019年度の12倍から13倍へと広がっていることが分かった。(2021/7/25)

今日のリサーチ:
ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最も多く、「デジタルへの精通」を挙げた人の割合は日本と世界で差が出ました。(2021/7/21)

今日のリサーチ:
1位「Walmart」、2位「Amazon.com」 デロイト トーマツが世界の小売業ランキング2021発表
Amazon.comが前年から順位を上げ、Walmartに次いで2位に躍進。日本企業でトップ250入りした企業数は28社でした。(2021/6/23)

ワークライフバランスが悪化:
働く女性の57%が「2年以内の退職」を検討 
デロイト トーマツ グループは、働く女性を対象に実施した世界調査「Women @ Work: A global outlook」の日本版を発表した。ワークライフバランスの悪化などによって、回答者の57%が「2年以内の退職」を検討していることが分かった。(2021/6/22)

今日のリサーチ:
デジタル広告不正の内容理解は4割にとどまる――デロイト トーマツ調査
問題意識はあるものの理解は浅く、取り組みもまだ不十分というのが現状のようです。(2021/6/10)

デロイトトーマツ「Tech Trends 2021 日本版」:
2023年までに進む9つの技術トレンド発表 日本企業の“苦手分野”は?
デロイト トーマツが「Tech Trends 2021 日本版」を発表した。基幹システムやSCMのビジネス戦略に合わせたアライン、AIや機械学習などの労働力へのシフト、従業員や顧客への新たなエクスペリエンス提供など、ビジネスに影響を及ぼすテクノロジートレンドを解説している。(2021/5/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。