• 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

IKEA、「イケアのサメ」など70品以上値下げ 運用コストの削減で実現
イケア・ジャパンは7月11日から、寝具や家具、生活雑貨などの70品目以上を値下げした。運用コストの削減により実現したとしている。(2024/7/12)

「LINE AIアシスタント」有料プランを月額900円→200円に値下げ 「GPT-4o」を利用可能に
コミュニケーションアプリ「LINE」内で提供する「LINE AIアシスタント」の月額利用料金と料金プランを改定。有料プランは月額900円から200円に変更し、体験プラン期間を問わず10回分無料で利用できる。(2024/7/10)

まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも
Steamが恒例の大型セール「Steamサマーセール2024」を実施中だ。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、新作から旧作まで幅広いタイトルが値下げされている。日本時間で7月12日午前2時までとなる。(2024/7/8)

ユニー、値下げする商品を「従業員投票」で決定 より生活者に近い目線を意識
東海地方を中心にスーパー「アピタ」や「ピアゴ」を展開するユニー(愛知県稲沢市)は、値下げする商品と価格を従業員の投票によって決める「第2回価格総選挙」を実施した。選ばれた商品を含む最大300品目の値下げは、アピタ、ピアゴ、ユーストア130店舗で7月1日からスタートした。(2024/7/2)

ソフトバンクの「motorola razr 40s」、2年後返却で実質24円 機種変更も対象
ソフトバンクが、折りたたみスマートフォン「motorola razr 40s」の機種代金を値下げしている。「新トクするサポート(スタンダード)」を適用して48回払いで購入すると、1〜24回の金額が月額1円になる。ソフトバンクの機種変更も対象となっている。(2024/6/29)

イトーヨーカ堂、食品など100品目を約1割値下げ 低価格ブランドも強化
イトーヨーカ堂(東京都千代田区)は7月1日から、食料品と日用品のうち計100品目を値下げする。対象商品は調味料や徳用菓子、洗剤など。購入頻度の高い品目を買い求めやすくすることで、集客につなげたい考えだ。(2024/6/28)

「これ先日ゲットしました」 GU、値下げで990円の商品も! 女性にオススメの“厳選メンズアイテム”に「参考になる!」
記事執筆現在までに30万回以上再生されています。(2024/6/22)

ドコモ、「AQUOS R8 Pro」を17万6000円に値下げ 6月21日から
NTTドコモは、6月21日以降にドコモオンラインショップで「AQUOS R8 Pro SH-51D」を値下げ。20万9000円のところ17万6000円(税込み)になる。ライカ監修のズミクロンレンズや、1型センサーを採用したカメラを搭載する。(2024/6/20)

「AQUOS R9」で起きた“3つの異変” Proなし、デザイン刷新、実質値下げの意図を聞く
シャープのフラグシップスマートフォン「AQUOS R9」が、7月中旬以降に発売される。RシリーズはスマートフォンAQUOSの最上位モデルであり、最先端の技術やスペックを盛り込んでいる。しかし2024年は“異変”が起きている。Proモデルがないこと、デザインを刷新した意図をシャープに聞いた。(2024/6/19)

LINEMOの新料金プランに「10GBまで」を加えた理由 20GBは値上げだが「ほとんどのお客さんには値下げになる」
ソフトバンクが、オンライン専用ブランド「LINEMO」の新料金プランを7月下旬以降に提供する。10GBまでの「LINEMOベストプラン」と30GBまでの「LINEMOベストプランV」の2つを用意。ソフトバンク 専務執行役員 コンシューマ事業推進統括の寺尾洋幸氏が、新料金プランの狙いを説明した。(2024/6/6)

ARグラス「XREAL Air」、4000円値下げで4万5980円に
XREALは、6月4日にARグラス「XREAL Air」を4万9980円から4万5980円(税込み)に値下げ。公式オンラインショップでは改定後の価格で販売開始している。(2024/6/5)

やったー! KFCの定番セットメニューが値下げ 最大160円お得になるから「ケンタッキーにしな〜い?」
5月29日から。(2024/5/28)

楽天モバイルが「Apple Watch」を値下げ Series 8は最大約1.9万円値下げ
楽天モバイルは、楽天モバイル公式 楽天市場店の「Apple Watch Series 8」と2023年モデルの「Apple Watch SE(第2世代)」、楽天モバイル公式サイトと楽天モバイル公式 楽天市場店の「Apple Watch Ultra 2」を値下げする。(2024/5/22)

ドコモが「iPad(第10世代)」「Pixel 7a」を値下げ 5月15日から
NTTドコモは、5月15日以降にドコモオンラインショップで販売している「iPad(第10世代)」「Google Pixel 7a」を値下げ。「いつでもカエドキプログラム」適用時のユーザー負担額も変更となる。(2024/5/14)

KDDI高橋社長が語る新戦略 ローソン協業でPonta経済圏をさらに拡大、5Gは“auだけ”の強みを生かす
KDDIは5月10日、2024年3月期の連結決算を発表した。特に携帯料金の値下げ影響による通信ARPU収入の減少から反転し、増収に転じた。高橋誠社長は、生成AIやローソンとのコンビニ事業、5G戦略などの詳細を語った。(2024/5/11)

ソフトバンクが「Pixel 8a」を値下げ 8万8560円→7万7760円 改定対象はオンラインショップ価格
ソフトバンクは5月14日に発売する「Google Pixel 8a」の価格を改定した。改定の対象となる販路はソフトバンクオンラインショップ。同社は発表日の8日、通常価格(一括)を8万8560円と案内していたが、10日には7万7760円と案内。当初から1万800円安くなったことになる。(2024/5/10)

ソフトバンクのモバイル事業、官製不況を脱し増収増益に 宮川社長「本当に胃が痛い2年半」と振り返る
ソフトバンクのコンシューマー事業におけるモバイル売上高は、携帯料金4割値下げという官製値下げ以降、減収が続いていた。2023年5月の中期経営計画では2023年度を底に反転して2024年度から増収になるとしていた。ところが実際は2022年度の時点で底を打ち、2023年度に前倒しで反転して増収になった。(2024/5/10)

Apple、ホームボタン付きでLightning端子の最後のiPad、「第9世代」販売終了
AppleはiPadのラインアップを刷新し、「iPad(第9世代)」の販売を終了した。2021年9月発売の第9世代は、Lightning端子とホームボタン付きとして最後のiPadだった。これで最安モデルは1万円値下げの第10世代になった。(2024/5/8)

Apple、「iPad」無印モデルを値下げ 最大1万円安く
新型「iPad Pro」「iPad Air」の発表にあわせ、米AppleがiPadの無印モデル(第10世代)を価格改定した。これまで6万8800円だった64GBのWi-Fiモデルの場合、1万円安い5万8800円で購入できるようになる。(2024/5/8)

10.9型iPad(第10世代)が価格改定 1万円値下げで5万8800円スタートに
Appleが10.9型iPad(第10世代)を値下げした。ベーシックなiPadがさらに手に入りやすくなった。(2024/5/8)

MVNOに聞く:
イオンモバイルが異例の“200GBプラン”を提供する狙い 金融連携サービスも強化で大手キャリアに対抗しうる存在に
イオンモバイルが、4月1日に一部料金プランの値下げと大容量プランの追加を行った。「さいてきプランMORIMORI」と名付けられた30GB、40GB、50GBの料金を下げるとのと同時に、60GB以上のデータ容量を選択肢として追加した格好だ。小容量を主戦場にしていたMVNOが、ここまで大きな容量の料金プランを用意するのは異例といっていい。(2024/5/7)

Steamで「ゴールデンウィークゲームフェス」開催中! 最大90%オフも
Steamが日本時間で5月7日午前2時まで、「ゴールデンウィークゲームフェス」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、新作から旧作まで幅広いタイトルが値下げされている。(2024/4/27)

ドコモ、「iPhone 15」の実質負担額を値下げ 4月26日から
NTTドコモが、4月26日から「iPhone 15」の実質負担額を値下げする。「いつでもカエドキプラグラム+」の対象外になり、2年間使うことが前提となる。23カ月目に返却する場合、iPhone 15(128GB)の実質負担額は6万2898円。(2024/4/25)

ドコモ、「Xperia 10 V」を5万8850円に値下げ 「iPhone 15(128GB)」の4.4万円割引が復活
NTTドコモは、4月26日以降に「Xperia 10 V」を5万8850円(税込み)へ価格改定。iPhone 15やGalaxy S23などは最大4万4000円割引、またはdポイントを最大2万ポイント進呈する。(2024/4/25)

UQ mobileオンラインショップが「Pixel 7a」「Xiaomi 13T」など販売終了 中古iPhoneは値下げ
UQ mobileオンラインショップは「Pixel 7a」「Xiaomi 13T」などを在庫がなくなり次第販売終了。au Certified (認定中古品)のiPhone 12/12 ProやiPhone 11などは割賦価格を値下げする。(2024/4/23)

MVNOが成長するのに“足りていないこと” 「格安スマホ」激動の10年を振り返りながら議論
モバイルフォーラム2024で実施したパネルディスカッションを紹介する。テーマは「格安スマホから10年、これからのMVNOにユーザが望むこととは」。大手キャリアの値下げでMVNOは苦境に立たされたが、まだ成長するチャンスはあるという。(2024/4/19)

イケア、550点以上の商品を値下げ 収納家具やキッチン雑貨など
5月にも値下げ予定。(2024/4/12)

Y!mobile、オンラインストアで「AQUOS wish3」を一括3980円に MNP&シンプル2契約で
Y!mobileオンラインストアは、4月11日に「AQUOS wish3」を値下げ。MNPかつシンプル2 M/L契約で一括価格が7920円のところ3980円(税込み)になる。(2024/4/11)

エプソンダイレクト、一部PC/ディスプレイ製品の価格を値下げ 最大約34%引き
エプソンダイレクトは、同社製PCおよび一部ディスプレイ製品の価格改定を実施した。(2024/4/9)

ドコモ、「iPhone 14 Pro Max」を最大4万4000円割引 「AQUOS wish3」を2万2000円に値下げ
NTTドコモは、4月9日以降に「AQUOS wish3」を値下げ。「オンラインおトク割」「5G WELCOME割」なども内容を変更し、「iPhone 14 Pro Max」「Xperia 1 IV」などを割り引く。(2024/4/9)

楽天モバイルがApple Watch Series 8/SEを値下げ 楽天市場店にて
楽天モバイルは、楽天モバイル公式 楽天市場店での「Apple Watch」シリーズを値下げ。「Apple Watch Series 8」「Apple Watch Ultra」「Apple Watch SE(第2世代)」が対象で、最大2万4160円(税込み)値下げしている。(2024/4/4)

イトーヨーカ堂、食料品71品目を平均10%値下げ プライベードブランド商品も拡充
4月1日より実施(2024/4/2)

法令改正で「Galaxy Z Flip5」の価格はどれくらい変わった? ドコモ、auの最安値【3月29日最新版】
「電気通信事業法第27条の3」に関する省令が2023年12月27日に改正されたことで、Galaxy Z Flip5の価格はどう変わったのか。ドコモとauの価格を比較。ドコモは3月29日にGalaxy Z Flip5を値下げしている。(2024/3/29)

ドコモが「Galaxy Z Flip5」を約13.9万円に値下げ、iPhone 15 Proで最大3万3000円割引も 29日から
NTTドコモは、3月29日以降に「Galaxy Z Flip5」を13万8820円へ値下げ。「オンラインおトク割」「5G WELCOME割」なども内容を変更し、iPhoneシリーズなどを最大3万3000円割引する。(2024/3/29)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
オフピーク定期券「値下げ」の迷走、なぜ売れない? どうしたら売れる?
JR東日本は3月5日、「オフピーク定期券」のサービス拡充と値下げを発表した。割引率が約10%から約15%になり、ポイントサービスも拡充される。すでに20万人の利用者がいるが、報道によると予想を下回っており、値下げでテコ入れするらしい。値引きすれば売れるのか。(2024/3/23)

「Meta Quest 2」値下げ、過去最安の3万1900円に
米MetaのVRヘッドセット「Meta Quest 2」が、Amazonや家電量販店だけでなく、Metaの公式ストア含め値下げされている。対象は128GBモデルで3万1900円で販売。これは発売当初の販売価格を下回っており、Quest 2にとって過去最安となる。(2024/3/21)

ドコモ販売ランキング:iPhone 14が1位をキープ、値下げのXperia 10 IVも上昇【3月4日〜3月10日】
ドコモオンラインショップの「売れ筋ランキング」。3月4日〜3月10日の期間は、「iPhone 14(128GBモデル)」が1位をキープした。(2024/3/16)

石野純也のMobile Eye:
月額1万円超えで200GBは誰向け? イオンモバイル新料金プランの狙い MVNOで中・大容量プランの競争が激化
MVNOのイオンモバイルが、4月1日に料金プランを改定する。中容量帯の30GBから50GBを値下げするとともに、60GB〜200GBのデータ容量を選択可能にする。背景には、データ使用量の増加や、シェアの利用が拡大していることがあるという。(2024/3/16)

イオンモバイルが大容量プランを値下げ+200GBまで拡大 プラン激増でも「迷わない」ワケ
イオンリテールが、「イオンモバイル」の料金プランを4月1日から改定する。30GB、40GB、50GBのプランを値下げし、60GB〜200GBの大容量プランを追加する。3月21日からは、シェアプランの上限回線数を5回線から8回線に拡大する。(2024/3/15)

ドコモ、「Xperia 1 IV」「Galaxy A54 5G」などを値下げ iPhone 15 Plusも2万2000円割引
NTTドコモは、3月15日以降に「Xperia 1 IV」「Galaxy A54 5G」「arrows N」のオンラインショップ価格を値下げ。「オンライン限定 機種購入割引」では「iPhone 15 Plus」などを最大2万2000円割引する。(2024/3/15)

JR東、「オフピーク定期券」を10月から値下げへ 利用者拡大を目指す
JR東日本は、3月25日以降で有効開始となる「オフピーク定期券」において、購入金額に対して5%のJRE POINT還元を開始する。10月からは、通常の定期券より約15%割安な価格への改定も予定するなど、発売から1年を機に、「オフピーク定期券」のさらなる普及を目指す。(2024/3/11)

JR東、「オフピーク定期券」で5%ポイント還元 10月には値下げも 普及目指し“割安感”アピール
JR東日本は5日、「オフピーク定期券」の普及に向け、3月25日以降に有効となるものについて購入時にJRE POINTで5%還元すると発表した。10月には値下げも実施する。(2024/3/5)

ドコモ、「Xperia 10 IV」「Galaxy A23 5G」「Galaxy S22」を値下げ 3月6日以降
NTTドコモは、3月6日以降に「Xperia 10 IV」「Galaxy A23 5G」「Galaxy S22」のオンラインショップ価格を値下げ。これに伴い「いつでもカエドキプログラム」のユーザー負担額などが変更される。(2024/3/5)

M2版「MacBook Air」値下げ 最大3万円安く
米Appleは3月4日、新型「MacBook Air」を発表したのにあわせ、旧モデルであるM2チップ搭載モデルの価格を改定した。なお、M2モデルのラインアップは13インチのみとなっている。(2024/3/5)

ドコモオンラインショップ、「Xperia 5 IV」を値下げ 一括13万7280円→12万6280円に
ドコモオンラインショップが「Xperia 5 IV」を値下げ。1万1000円安くなった。2月29日までは一括13万7280円(税込み、以下同)だったが、値下げ後は一括12万6280円に。(2024/3/2)

中国Alibaba Cloud、過去最大の値下げ発表 最大55% AI顧客獲得狙う
中国Alibaba Cloudが、一部製品価格を最大55%引き下げると発表した。AIソフトウエア開発者などヘビーユーザーの獲得競争が激化する中、これまでで最も大幅な値下げとなった。(2024/3/1)

知らないと損!?業界最前線:
高齢者の聞こえをサポートする「ミライスピーカー」に2万円を切る新型が登場 低コスト化できた理由とは?
高齢者などのテレビの音が聞き取りにくい課題に対応するミライスピーカーに、新モデルの「ミライスピーカー・ミニ」が2月29日に登場した。曲面スピーカーの仕様・構造は従来品から変えずに、約3割の値下げを実現。値下げの背景や従来品との違い、今後の狙いをCTOとCMOに聞いた。(2024/2/29)

無印良品のレトルトカレー23品目が値下げ
無印といえばカレー、カレーといえば無印ってくらいレトルトカレーが潤沢。(2024/2/28)

ブランドを傷付けないために知るべき、ダイナミックプライシング「9つのポイント」
消費者の価格に対する視線が厳しくなっている昨今、値下げしようにもなかなか取り組みにくい環境に企業が直面している。その中で注目を集めるのがダイナミックプライシングだ。今回の記事では、その注意点や効果を高めるための9つのポイントを解説する。(2024/2/28)

ドコモ、iPhone 14(128GB)を値下げ 14/14 Plusの割引額変更も
NTTドコモは、2月22日以降に「iPhone 14」「iPhone 14 Plus」の価格や割引額を変更。これに伴い「いつでもカエドキプログラム」の実質負担やオンラインショップの価格をはじめ「5G WELCOME割」などの割引額が変更になる。(2024/2/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。