• 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

2月14日まで:
ニトリ、家具174アイテムを値下げ 配送料も無料
ニトリは生活応援キャンペーンとして、「家具174アイテムの期間限定値下げ」と「家具の配送料無料」を実施する。期間は2月14日まで。本キャンペーンは昨年度に実施したものの第2弾。(2022/1/28)

料金以外の部分に競争がシフト:
主要IaaSの料金、どこに向かっているのか
調査会社のRedMonkは、主要なIaaSの料金のパターンとトレンドの調査結果を発表した。特定のリソースに対する料金のばらつきは収束しており、サービス料金の積極的な値下げが少なくなっている。クラウドプロバイダーの競争の本質が変わったというのが同社の結論だ。(2022/1/28)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
お買得品ゲットのために知っておきたい PC周辺機器「2種類の値下げ」を見分ける方法
あるPC周辺機器が大幅値下げになった場合、慌てて飛び付いてもいいものだろうか。というのも、こうした突発的な値下げには、飛び付いてよい値下げと、しばらく待ってじっくり見極めるべき値下げの2種類があるからだ。その見分け方とは?(2022/1/28)

楽天、自社スマホ大幅値引き 「Rakuten Hand」は1万2980円に 「販売戦略の一環」
楽天モバイルがオリジナルのスマートフォン「Rakuten Hand」「Rakuten BIG S」の価格を改定。Rakuten Handは2万円から1万2980円に、Rakuten BIG Sは5万980円から3万9980円へ値下げする。(2022/1/14)

楽天モバイル、「Rakuten Hand」「Rakuten BIG s」を値下げ Handは実質0円に
楽天モバイルのオリジナルスマホが値下げ。「Rakuten Hand」は2万円から1万2980円(税込み、以下同)、「Rakuten BIG s」は5万980円から3万9980円に改定する。(2022/1/14)

G-Call SIM、音声通話料と10分かけ放題オプションを値下げ
ジーエーピーは「G-Call SIM」の音声通話料を10円から8円/30秒(不課税)に値下げ。「10分かけ放題」オプションも月額880円から770円(税込み)に値下げする。(2022/1/11)

MVNOの深イイ話:
なぜ2021年にMVNOの「通話料値下げ」が実現したのか 音声通話の歴史を振り返る
MNOが本腰を入れて廉価プランの提供を開始した2021年は、MVNOにとっても大きな進化を遂げた年となりました。各社が、より使いやすく、よりリーズナブルなプランを開始し、MNOの廉価プランでは満足できないお客さまを獲得しつつあります。その中で2021年大きく拡充されたのが、各社の音声通話プランです。(2021/12/27)

QTモバイル、国内通話と無制限かけ放題を最大50%値下げ 2022年2月から
モバイル通信サービス「QTモバイル」が、2022年2月1日から国内通話料金と音声定額サービス(無制限かけ放題など)を値下げ。通話料金は50%オフの11円/30秒(税込み、以下同)、無制限かけ放題は42%オフの月額1600円となる。(2021/12/23)

NHK値下げ法案を再提出へ 1月通常国会 剰余金の活用義務付け
総務省が、NHKの受信料引き下げに向けた放送法改正案を2022年1月の通常国会に提出する。NHKに対し、積み立てた剰余金を受信料の値下げに充てることを義務付ける内容。(2021/12/21)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが扱う「TONE for iPhone」の狙い 料金は約50%値下げ、課題はAndroid端末
ドコモの「エコノミーMVNO」に、フリービットグループのトーンモバイルが加わる。ドコモ向けの専用プランを用意して、既存の「TONE SIM(for iPhone)」よりも値下げをした。ドコモにとっても、キッズ向けのサービスを拡充できるというメリットがある。(2021/12/18)

y.u mobile、10分/無制限かけ放題を値下げ 2022年1月から
Y.U-mobileは、2022年1月からMVNOサービス「y.u mobile」の「10分かけ放題」オプションを月額550円、「無制限かけ放題」オプションを1400円へ値下げする。(2021/12/15)

Mobile Monthly Top10:
2021年を振り返る(2月編):「ahamo」「LINEMO」が注目を集める中、大幅値下げを発表した「IIJmio」
1年間でよく読まれた記事を月単位で振り返る「Mobile Monthly Top10」。2021年2月は、NTTドコモの「ahamo」やソフトバンクの「LINEMO」に関する記事が良く読まれました。その影響か、MVNOにおける料金値下げのきっかけとなったIIJmioの新プランに関する記事も良く読まれました。(2021/12/15)

Uber Eatsの配送料定額サービス、大幅値下げ 月額980円→498円に
ウーバージャパンはフードデリバリーの「Uber Eats」(ウーバーイーツ)で提供中のサブスクサービス「Eats パス」の料金を月額980円から498円に値下げすると発表した。同社は値下げの理由について「ユーザーがサービスを利用しやすくするため」としている。(2021/12/13)

まとめてみた:
「値下げ商品教えます」 大手家具店に無印良品や野菜・電車も
原油高や原材料高を背景に電気料金やガソリン価格、食品など身近な商品の値上げが相次いでいる。家計が逼迫する冬場となるが、よく探してみると値下げ品や割安な商品も少なからずある。(2021/12/6)

Steamでオータムセールが開催中!
Steamが12月2日午前3時(日本時間)まで、「オータムセール」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、今回は恒例のホラー作品の値下げが目玉だ。(2021/11/27)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
ネットショップのセールに潜む「ニセ特価品」という闇 高い割引率を装う手口とは
ネットショップの特価セールは、家電量販店のチラシセールと違ってメーカーの意図が強く反映されており、必ずしもお得でないこともある。また海外業者の中には、実際には安くなっていない品を、さもセールに合わせて値下げしたように見せかけて売っている場合もある。今回はこうした裏事情をみていこう。(2021/11/26)

税込み2万2000円のWindowsタブ「mouse E10」を使って分かったこと【後編】
従来モデルから大幅に値下げしたことにより、税込み2万2000円でWindows 11も使える2in1 PCとなったマウスコンピューターの「mouse E10」について、CPUの異なる2モデルをテスト。Windows 11へのアップグレードや便利な使い方も紹介しよう。(2021/11/25)

2022年1〜6月のユニバーサルサービス料は「月額2.2円」に 1.1円値下げ
電話番号の割り当てを受けている主要な電気通信事業者が、2022年1〜6月利用分(2022年2〜7月請求分)における「ユニバーサルサービス料」について告知した。現行の税別3円(税込み3.3円)から税別2円(税込み2.2円)に値下げされる。(2021/11/24)

最大1653アイテム:
ニトリ、インテリア用品に続き“家具”も限定値下げ 「セット購入」で買い替え需要を喚起
ニトリが、期間限定で家具264アイテムを値下げすると発表した。「生活応援値下げ」が好調なことから、アイテムを拡大し消費者のニーズに応える。(2021/11/18)

石野純也のMobile Eye:
4キャリアの決算が出そろう 大赤字の楽天モバイルは“包囲網”をくぐり抜けて黒字化なるか
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3キャリアと、モバイル事業に新規参入して1年半が経過した楽天の決算が出そろった。政府主導で行われた料金値下げの影響を受ける形で、大手3社の通信事業は減益に見舞われている。対する楽天は、楽天モバイルのエリア拡大が途上ということもあり、1000億円を超える大幅な赤字を計上した。(2021/11/13)

石川温のスマホ業界新聞:
ソフトバンクが料金値下げで260億円のマイナス影響――宮川社長「通信の開発面で日本が遅れてしまうのではないか」と懸念
大手キャリアが2021年度第2四半期決算を相次いで発表した。総務省が主導する形で携帯電話料金の値下げが行われてきた中で、今後不安要素として挙がってくるのは「通信品質」である。現に、ヨーロッパなど携帯電話料金が安い国や地域では通信が不安定だったり5Gエリアの整備が遅れたりといった現象が見受けられる。(2021/11/13)

節約志向に対応:
ニトリ、インテリア用品1389アイテムを値下げ 「おうち時間」充実を訴求
ニトリがインテリア用品1389アイテムを値下げする。コロナ禍でおうち時間を過ごすことが増えた消費者に安さをアピールする。(2021/11/12)

携帯3社減益 楽天は苦戦続く
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は菅前首相の要請を受け打ち出した携帯料金の値下げの影響でいずれも増収減益となった。一方楽天グループは先行投資が響き携帯電話部門の営業損失が前年同期比から約440億円悪化した。(2021/11/12)

MVNOに聞く:
5GBで1070円への値下げは「相当きつかった」 それでもy.u mobileが料金改定した背景は?
USEN-NEXT HOLDINGSとヤマダ電機の合弁会社が運営するy.u mobileが、10月に新料金プランを導入した。10月に導入した新料金は、2つの軸がある。1つは、シングルプランのさらなる値下げで、容量は5GBに据え置いたまま、料金を1070円まで下げた。もう1つは、U-NEXTがセットになった新料金プランの導入だ。(2021/11/12)

小田急、子ども運賃を50円に 22年春からICカード利用で 「子育て応援トレイン」の常設化も検討
小田急電鉄は、2022年春からICカード利用時の子ども運賃を一律50円に値下げする。「子育て応援トレイン」の常設化も検討。小田急線を「子育てしやすい沿線にする」。(2021/11/8)

Mobile Weekly Top10:
iPhone 12の値下げ販売も増えてきた?/日本にもハイエンドスマホを投入するXiaomi
NTTドコモの「ドコモオンラインショップ」がiPhone 12とiPhone 12 miniの販売価格を値下げすることになりました。最近はiPhone SE(第2世代)の安売りが注目されていましたが、iPhone 12シリーズの販売価格にも注目したいです。(2021/11/5)

ロケットモバイル、200kbpsでデータ無制限「神プラン」を月額490円に値下げ
格安SIM「ロケットモバイル」は、11月1日に「ロケットモバイル Dプラン 通話プラン」の利用料金を値下げ。データ容量無制限、通信速度200kbpsを490円(税込み)で利用できる。(2021/11/2)

石野純也のMobile Eye:
20GBの中容量帯でahamoやpovoに反撃 y.u mobileとNUROモバイルの新プランを解説
大手キャリアが料金を値下げし、低容量プランでMVNOの得意とする領域に攻め込みつつある中、MVNO側も徐々に中容量プランの市場を開拓し始めるようになった。y.u mobileがU-NEXTをセットにした「シングルU-NEXT」、NUROモバイルがMNO並みの品質を目指す「NEOプラン」を提供。なぜ中容量帯のプランを投入したのか、その狙いを解説したい。(2021/10/30)

ドコモオンラインショップ、11月4日以降にiPhone 12/12 miniを値下げ
NTTドコモは、11月4日以降にドコモオンラインショップ販売しているiPhone 12/12 miniの価格を変更。また「スマホおかえしプログラム」から「いつでもカエドキプログラム」の対象機種に変更となる。(2021/10/29)

Steamでハロウィンセールが開催中!
Steamが11月2日午前2時(日本時間)まで、「ハロウィンセール」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、今回は恒例のホラー作品の値下げが目玉だ。(2021/10/29)

「5G」でのマネタイズの難しさ
「『5G』値下げ競争」早くも勃発 それでも通信事業者が稼ぐ“奥の手”とは
通信事業者各社は「5G」を刺激剤に、新たな伸びを見せようとしている。アジアを中心に早くも料金の値下げ競争が起こる中、5Gを安定した収益源とするために通信事業者が取り得る策とは。(2021/10/27)

Google、サブスクと書籍・音楽のアプリストア手数料を実質値下げ
GoogleはAndroidアプリストア「Google Playストア」の有料アプリ登録手数料をまた変更する。サブスクリプションベースのアプリの手数料は初年度から15%になる。電子書籍とオンデマンド音楽ストリーミングサービスは最低10%になる。(2021/10/22)

Apple、「AirPods (2nd generation) 」値下げ 第3世代登場で
AirPods新モデル登場で、旧世代のAirPodsが値下げされた。(2021/10/19)

MVNOに聞く:
「新料金プランの220円値下げ」や「キャリアの端末販売」の狙いは? イオンモバイルに聞く
イオンモバイルが10月1日から、新料金プランをさらに220円値下げした。ドコモ回線に関してはオートプレフィックスも導入して、標準の電話アプリ経由での通話が原則として「イオン電話」と同じ扱いになった。10月1日にSIMロックが原則として禁止になることを見越して、キャリア端末とイオンモバイルの回線のセット販売を店頭で訴求していくという。(2021/10/14)

B2Cに本格参入:
メルカリ内にネットショップを開設できる「メルカリShops」、全事業者に提供開始 値下げ交渉に応じる必要なし
メルカリ子会社のソウゾウは、事業者向けネットショップ開設支援サービス「メルカリShops」(メルカリショップス)の本格提供を始めた。期間限定で、通常10%の販売手数料を無料にするキャンペーンの実施も併せて発表した。(2021/10/7)

メルカリ内でショップを開ける「メルカリShops」開始 値下げ交渉なしで販売可
メルカリ子会社のソウゾウが、フリマアプリ「メルカリ」内でネットショップを開設できるサービス「メルカリShops」の提供を、全ユーザー向けに始めた。開設は無料で、販売手数料は売上金の10%。個人間取引と違って値下げ交渉に応じる必要がない点が特徴という。(2021/10/7)

メガネ型デバイス「JINS MEME」に新モデル 小型軽量化で価格は半分 「テック好きでなくてもかけられるように」
ジンズが、メガネ型デバイス「JINS MEME」(ジンズミーム)の新モデルを10月14日に発売する。「テック好きでなくてもかけられるように」として小型軽量化した他、デザインを一新。価格も旧モデルから値下げし、1万9800円で提供する。(2021/10/6)

ドコモの完全子会社化は携帯値下げの代償とは認められず 総務省が会食問題で最終報告
2016年から2020年にわたってNTTグループ幹部と総務省職員の間で開かれたとされる会食問題について、総務省が最終報告書を公開した。多くの資料が文書、データともに提出され、慣行となっていた両者の会食や総務省職員の認識についても報告されている。(2021/10/4)

auとUQ mobile、iPhone 12シリーズを値下げ
auとUQ mobileは、iPhone 12シリーズの販売価格を改定。auでは「スマホトクするプログラム」対象機種となり、iPhone 12(64GB)をauでMNP契約した場合は実質負担額が2万9405円(税込み)になる。(2021/10/1)

違約金廃止も:
携帯プラン、大手各社が大幅値下げで競争激化
約1年の菅義偉政権が残した成果の一つが携帯電話料金の引き下げだ。大手各社が大幅に値下げした料金プランを発表後も、「2年縛り」の違約金廃止や、割安プランの「基本料金0円」など、競争は激化している(2021/10/1)

振込手数料競争勃発、GMOあおぞら、住信SBI銀が追加値下げ 最安は75円に
10月に全国銀行資金決済ネットワーク(全銀ネット)が銀行間手数料を引き下げることを受けて、各銀行で振込手数料引き下げの動きが進んでいる。特にネット銀行においては、「最安」の座を巡って最後まで値下げ競争が続いている。(2021/9/30)

Y!mobileがiPhone 12/12 miniを値下げ ヤフー店の特典もリニューアル
Y!mobile公式オンラインストアは、新規/MNPでのiPhone 12/12 mini機種代金を6万4800円〜7万7040円(税込み)に値下げ。ヤフー店ではPayPayボーナスが貰える特典をリニューアルする。(2021/9/30)

楽天モバイル、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを値下げ 4キャリアで最安に
iPhone 12 Proシリーズを販売する4キャリアの中で最も安く。(2021/9/28)

正式決定する見込み:
千葉県の北総鉄道、来年秋ごろ運賃値下げへ
北総鉄道は、他社と比べて割高とされる運賃を来年秋ごろにも値下げする方針を示した。(2021/9/26)

ソフトバンクが「iPhone 12」シリーズを値下げ 9月24日から
ソフトバンクが、9月24日から「iPhone 12」シリーズを値下げする。iPhone 12は9万5040円から、iPhone 12 Proは11万8080円からになる。いずれも「トクするサポート+」の対象。(2021/9/24)

auとUQ mobileがオンラインショップでの「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格を一部値下げ auなら「スマホトクするプログラム」も適用可
au Online ShopとUQ mobileオンラインショップにおける「iPhone 12 mini」「iPhone 11」の販売価格が一部値下げされた。au Online Shopであれば、残価設定型の分割払いにも対応する。(2021/9/17)

楽天モバイル、iPhone 12シリーズやiPhone SEを値下げ
楽天モバイル公式サイトと楽天モバイルショップが「iPhone 12 mini」「iPhone 12」「iPhone 12 Pro」「iPhone 12 Pro Max」「iPhone SE」の販売価格を改定した。(2021/9/16)

Apple、iPhone 11を再び値下げ、256GBモデルの販売を終了 iPhone 13発表で価格改定
iPhone 12発売時に値下げしたiPhone 11。iPhone 13発売の今回も値下げされた。(2021/9/15)

Apple、iPhone 12 miniとiPhone 12を値下げ iPhone 13発表で
iPhone 13発表に合わせ、旧モデルのiPhone 12と12 miniが値下げされた。(2021/9/15)

新iPhone登場で残ったモデルの容量構成と新価格は?
Appleは製品発表イベントで「iPhone 13」シリーズを発表した。同時にWebサイトのiPhoneラインアップが変わり、3モデルが販売終了。残ったモデルはすべて値下げされた。(2021/9/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。