• 関連の記事

「値下げ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「値下げ」に関する情報が集まったページです。

Nクールも限定価格:
ニトリ、家具やインテリア用品を限定値下げ 「生活応援キャンペーン」
ニトリ8月8日、一部商品を期間限定価格で提供する「生活応援キャンペーン」を開催すると発表した。(2022/8/8)

「Zenfone 8」がIIJmioのキャンペーンで2万9800円〜に
IIJは、8月5日にASUS製スマホ「Zenfone 8」「Zenfone 8 Flip」を値下げ。一括5万4800円(税込み)から購入でき、乗り換え応援キャンペーンやサプライサービスセールの対象に含まれる。(2022/8/5)

「PayPayはマネタイズの時期に」「KDDI通信障害は対岸の火事ではない」 ソフトバンク宮川社長
ソフトバンクが2023年第3月期1四半期の連結決算を発表した。携帯事業の値下げが響き、増収減益となった。登録者数が4800万人を超えたPayPayについては「これまでの種まきの時期から本格的なマネタイズの時期に移行したい」と宮川社長は言う。KDDIの通信障害については「対岸の火事ではない」と話し、事業者間ローミングでeSIMを活用する案を披露した。(2022/8/5)

ドミノ・ピザ、持ち帰りの「ドミノ・デラックス」を600円に 「ニッポン応援プロジェクト」始動
第1弾の対象は『ドミノ・デラックス』Mサイズ。8月1〜21日の期間限定かつ、持ち帰り限定の値下げとなる。(2022/8/3)

石野純也のMobile Eye:
ドコモが「非通信領域」でライバルに勝つための秘策 前田副社長に聞く
ドコモは、7月から社内カンパニー制を採用し、コンテンツや金融・決済、データビジネスなどの「非通信領域」を担うスマートライフ領域の組織を刷新した。事業の機動性を高め、収益に対する責任を明確化するのがこの仕組みの特徴。料金値下げなどで通信事業の収益が落ち込む中、ドコモは非通信の事業を成長のドライバーにしていく方針を掲げている。(2022/7/30)

Steamでサマーセールが開催中! 定番タイトルから新作も対象に
Steamが日本時間で7月8日午前2時まで恒例の「サマーセール」を実施している。新旧のゲームがセール対象となるイベントで、新作から旧作まで幅広いタイトルが値下げされている。(2022/6/24)

「初音ミク Project DIVA MEGA39’s」DL版値下げ 6589円→3300円に
Nintendo Switch用「初音ミク Project DIVA MEGA39’s」のダウンロード版が約半額に値下げ。各追加パッケージも約5割値下げしている。(2022/6/23)

インボイス制度Q&A:
免税事業者に「値下げ」を要求したら、買いたたき? 「合理的な理由」の条件は? インボイス制度Q&A
2023年10月から適用されるインボイス制度。これに伴い、仕入先である免税事業者との取引条件を見直したい事業者もいるかもしれません。しかし「合理的な理由」なく値下げを要求すると、買いたたきと見なされる場合もあるようです。合理的な理由とは何でしょうか。解説は、税理士法人クラウドフォーカス代表の村井隆紘氏。(2022/6/2)

GMOあおぞら、外貨為替手数料改定 米ドルは2倍の4銭に
GMOあおぞらネット銀行は8月1日から外貨普通預金にかかわる為替手数料を改定する。改定後は、米ドルが2銭から4銭に、ユーロが10銭から11銭に、英ポンドが15銭から20銭に値上げとなる。一方で、NZドル、カナダドルは値下げする。(2022/5/31)

石野純也のMobile Eye:
「料金値下げ」がドコモ、KDDI、ソフトバンクを直撃 それでも収益改善に前向きな理由
5月11日から13日にかけ、NTT、KDDI、ソフトバンクの3社が通期の決算を発表した。政府の意向に沿った形で進んだ料金値下げの影響を受け、通信料収入が減少する。一方で、手薄だった法人事業の強化や、上位レイヤーのサービス、特に金融事業を伸ばしてそれを補うというのは3社の共通項だ。(2022/5/28)

住信SBIネット銀、為替手数料改定 米ドルは1.5倍に
住信SBIネット銀行は5月25日、外貨預金および外貨積立の際の為替手数料を改定すると発表した。米ドルやユーロなどを値上げする一方、英ポンドや豪ドルなどは値下げする。改定は7月25日から。(2022/5/25)

房野麻子の「モバイルチェック」:
通信減収の携帯3社、法人と金融で増益 どうなる楽天?
携帯電話各社は決算を発表した。NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社は、2022年3月期通期の決算だ。通信料金値下げの影響で減益も予想されたが、蓋を開けてみれば3社とも増益を達成した。そして新規参入の楽天は、モバイル事業の先行投資により大幅な赤字拡大となっている。携帯4社の状況を見ていこう。(2022/5/18)

非通信が貢献:
携帯大手3社、値下げでも増益 なぜ?
携帯電話大手3社の令和4年3月期連結決算が13日、出そろった。料金値下げの影響がある中、金融や法人向け事業など非通信分野が伸長し……。(2022/5/14)

ahamoで若年層獲得も、通信事業は減収減益のドコモ 値下げはまだ続く?
ドコモの2021年度の業績は減収増益となった。2022年度は法人事業とスマートライフ事業を強化して、2つ合わせて通信事業以上の業績を目指す。ahamoの提供で若年層は獲得できたので、そうした層が楽しめるコンテンツも強化していく。(2022/5/13)

「俺が献立を決めるのではなく“半額シール”が決めている」 名言すぎるツイートに共感の嵐「悲しいけど分かる」
値下げの肉を軸に炒め物などするあるある。(2022/5/5)

カメラとAIで人件費25%削減 トライアルGOが取り組む自動値下げや顔年齢確認の可能性
トライアルは4月20日、福岡県宮若市において新型店舗「トライアルGO脇田店 in みやわかの郷」をオープンした。「日本で初めて」という年齢確認付きの顔認証決済や、「世界初」という売り場カメラと電子棚札が連動する「自動値下げ」などを実現した「次世代型スマートストア」と位置づける。(2022/4/22)

バーミヤンが一部商品を値“下げ” ワンタン麺100円値下げ、ハイボール134円値下げなど
まさかの。(2022/4/20)

幸楽苑、価格改定で餃子など値上げ ただし中華そばは据え置き、なぜか値下げするものも
メニュー見直しと効率化で「おつまみセット」など最大100円値下げも。(2022/4/20)

4月22日〜6月20日:
ニトリ「生活応援キャンペーン」 最大425アイテムを限定値下げで“値上げの春”に対抗
ニトリは4月18日、「生活応援キャンペーン」の実施を発表した。実施期間は4月22日〜6月20日。家具とインテリアを合わせて最大425アイテムを期間限定で値下げする他、家具の配送料に関するキャンペーンも行う。(2022/4/18)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の反響と値下げの狙い 音声対応eSIMは「準備が整いつつある」
IIJは、2021年4月に導入したIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」を、4月1日に値下げした。消費税の総額表示に対応した際の端数をなくすための色合いが濃いわずかな値下げだが、4GBプランを特に大きく値下げしている。ギガプラン開始から1年経過したのを機に、IIJmioの最新動向をうかがった。(2022/4/18)

PR:通信キャリア選びでお悩みの人に「IIJmio」をオススメしたい7つの理由
キャリアやMVNOの値下げが続く中、結局どのサービスを選んでいいか分からないという人は多いだろう。今回はその中でもオススメしたいIIJmioを選ぶべき7つの理由を解説する。IIJmioは豊富なプラン、データシェア、サブ回線のお得さ、幅広い端末ラインアップなどが魅力だ。(2022/4/18)

コンテナ基盤のハードルを下げる:
レッドハットの2022年度、DXコンサルティングの強化と値下げで垂直、水平の市場拡大狙う
レッドハットが2022年度の事業戦略を発表した。組織文化の変革やアジャイル人材の育成で、顧客企業との関わりを深める一方、通信基盤やエッジの市場開拓に注力する。また同社は、興味深い値下げをしたことを明らかにしている。(2022/4/15)

4月18日から:
フィリップ モリス、IQOSイルマを値下げ 加熱式デバイス3製品
フィリップ モリス ジャパンが加熱式たばこ「IQOS ILUMA(イルマ)」シリーズ2製品と「リル・ハイブリッド」 のメーカー希望小売価格を引き下げると発表した。(2022/4/14)

下げた客単価を客数でカバー:
“値上げの春”に逆張り ワタミが「焼肉の和民」で仕掛けた「薄利多売」戦略
外食チェーンのワタミは3月、「焼肉の和民」の商品価格を全商品429円以下での販売を始めた。同社は値下げをすることで客足を増やし、“薄利多売”の戦略を取ることによって売り上げの拡大を狙おうとしている。(2022/4/13)

「0円プラン」や「iPhone投げ売り」が与える影響は? MVNO復活に必要なこと(後編)
「モバイルフォーラム2022」のパネルディスカッション後編では、「MVNOの主なトピックから見える光明と課題」「MVNOに影響を及ぼすMNOの動き」の2テーマを議論した。MVNOも値下げ競争を繰り広げる中、どのように独自性を出せばいいのか。ドコモの「エコノミーMVNO」や「0円プラン」が業界に与える影響は?(2022/4/8)

財布のひもは:
値上げラッシュの中「値下げ」企業の狙いとは? 伊藤園、すかいらーく、ワークマンに聞いてみた
食品や外食、タイヤなど、原材料価格高騰や円安によって各業界が値上げに踏み切り、消費者にとっては厳しい新年度になっている。そんな値上げラッシュの流れに抗い、値下げや、増量による「実質値下げ」を敢行する企業もある。どのような狙いがあるのか。(2022/4/8)

シャープ、抽選販売のマスクを値下げ 100回到達を機に
シャープは6日、抽選販売の不織布マスクを値下げした。「マスク定期便」の「クリスタルマスク」なども同時に価格を改定した。(2022/4/6)

「BIC SIM」が値下げ 音声付きSIMは4GBで990円に
ビックカメラグループのラネットは、プライベートブランドのSIMカード「BIC SIM」の月額基本料金を値下げした。改定後の音声付きプランは、2GBが850円、4GBが990円、8GBが1500円、15GBが1800円、20GBが2000円となる。いずれもギガプランの対象プランを契約しているユーザーに自動適用される。(2022/4/1)

auの「Xperia 1 III」「OPPO Find X3 Pro」「Galaxy S21+ 5G」が値下げ
KDDIは、3月30日に「Xperia 1 III」「OPPO Find X3 Pro」「Galaxy S21+ 5G」を値下げした。これによりスマホトクするプログラム適用時の実質負担金は4万9680円〜7万6820円(税込み)になる。(2022/3/30)

値上げの条件がそろっているのに:
なぜ焼肉の和民は「値下げ」戦略をとるのか
世界的なインフレ傾向は続くだろう。背景にコロナ禍の財政支出による通貨の供給過剰や、ロシアのウクライナ侵攻でエネルギー価格の上昇がある。さらに日米の政策金利差と、日本の経常収支の赤字で円安危機も加速するだろう。外食産業は、値上げの条件がすべてそろっているのが現実だ。(2022/3/30)

UQ、「WiMAX +5G」の期間条件なしプランを月額4950円に値下げ
UQコミュニケーションズが、2022年4月1日からWiMAX +5Gの料金プランを改定する。対象となるのは「ギガ放題プラス モバイルルータープラン」と「ギガ放題プラス ホームルータープラン」の期間条件なしプラン。4月以降、月額料金を5005円から4950円に値下げする。(2022/3/29)

古田雄介の週末アキバ速報:
ASUSのGeForce RTX 3060 Ti搭載グラフィックスカードが7.8万円に値下がり
長期的な値上がり傾向が続いているグラフィックスカードだが、一部ショップで1〜2万円程度の値下げが行われたモデルもある。(2022/3/26)

イオンモバイル、大容量プラン最大で1100円の値下げ 4月より
 イオンモバイルは、「さいてきプランMORIMORI」(20G〜50Gバイト)の各プランを、4月1日より値下げすると発表した。また、4月中旬以降、シェアプランに1G〜3Gバイトプランを新設する。(2022/3/22)

古田雄介の週末アキバ速報:
「Intelと拮抗」「焼け石に水」「もう一声」――揺れる値下がりしたRyzenの評判
3月19日から“3連休”が始まる。それを控えた秋葉原のPCショップでは、期間限定のRyzen 5000シリーズの“値下げ”がいろいろな意味で影響を与えている。(2022/3/19)

MVNOの業界団体が政策提言 「1円端末の復活は早急に規制すべき」「接続料算定の適正化を」
大手キャリアの料金値下げでシェアが鈍化しつつあるMVNO。こうした事態を受け、テレコムサービス協会MVNO委員会は「MVNOの事業環境の整備に関する政策提言2022」を発表した。接続料算定のさらなるブラッシュアップ、5Gから6Gを見据えたMVNOの在り方の検討、端末の大幅値引きなどで利用者を誘引するモデルの根絶などを求めている。(2022/3/18)

イオンモバイル、20GB〜50GBプランで220円〜1100円値下げ
イオンモバイルは、4月1日から「さいてきプラン MORIMORI」の20GBプランを220円(税込み、以下同)、30GB以上は1100円値下げ。4月中旬にはシェア音声プランへ1GB〜3GBを追加する予定。(2022/3/17)

GCPが一部サービスの料金を改定、値上げも値下げも 10月から
米Googleが、クラウドサービス「Google Cloud Platform」について、一部サービスの価格を10月1日に改定する。リージョンを跨ったデータの複製などが対象になるという。(2022/3/15)

古田雄介の週末アキバ速報:
Ryzen 9 5950Xが8.6万円に!――Ryzen 5000シリーズ気合いのセールが話題を集める
第12世代Core iシリーズがヒットする中で、ライバルのRyzen 5000シリーズが期間限定の値下げセールを延長し、さらに攻め込んだ価格設定に。各ショップで話題となっている。(2022/3/12)

バルミューダ、BALMUDA Phoneを値下げ 10万4800円→7万8000円に
バルミューダは3月10日、BALMUDA Technologiesの5Gスマートフォン「BALMUDA Phone」のSIMフリーモデルの価格を7万8000円に改定すると発表した。(2022/3/10)

「BALMUDA Phone」値下げ SIMフリーモデルを7万8000円に 発売から4カ月で
バルミューダが自社スマホ「BALMUDA Phone」を7万8000円に値下げした。2021年11月に発売した際は10万4800円で販売していたが、発売から4カ月での価格改定となる。(2022/3/10)

「BALMUDA Phone」SIMフリーモデルが7万8000円(税込み)に 2万6800円値下げ
バルミューダが、「BALMUDA Phone」のSIMロックフリーモデルの価格を改定した。3月10日からは、2万6800円値下げした7万8000円(税込み)で販売されることになる。(2022/3/10)

一部機能を省略して約1万円値下げ 4Kディスプレイ「HUAWEI MateView Standard Edition」登場
ファーウェイ・ジャパンの4Kディスプレイ「HUAWEI MateView」に、Wi-Fi/Bluetooth/NFCを省いた廉価版が登場する。直販ストアでの販売価格は7万9800円(税込み)と、1万円の値下げとなっている。(2022/3/8)

PR:新生活で家計がピンチ! 大手キャリア→IIJmioに乗り換えて携帯料金はどうなる?
新生活に向けて家計がピンチになったので、携帯料金を抑えたい。今契約している大手キャリアから格安SIMに乗り換えたいのだけど、その第1候補に挙がったのが「IIJmio」だ。4月1日から料金プランを値下げし、お得なキャンペーンも実施中だとか。一体どれだけ安くなるのか、シミュレーションしてみた。(提供:株式会社インターネットイニシアティブ)(2022/3/7)

IIJ、ギガプラン値下げ 4ギガは990円で提供
 インターネットイニシアティブは、MVNO携帯電話サービス「IIJmioモバイルサービス ギガプラン」の月額料金を4月1日より価格改定すると発表した。(2022/3/2)

AIボイスレコーダー「AutoMemo」、1万9800円から9900円に値下げ
ソースネクストは、AIボイスレコーダー「AutoMemo(オートメモ)」を1万9800円から9900円に値下げした。「AutoMemo S」を購入し、満足できなかった場合、本体代全額を返金する「満足保証フェア」を実施する。期間は3月1日〜31日。(2022/3/1)

auの「Galaxy Z Flip3 5G」が12万8915円に値下げ
KDDIは、3月1日に「Galaxy Z Flip3 5G SCG12」を値下げ。販売価格を14万8925円から12万8915円(税込み、以下同)とする。スマホトクするプログラム適用時は、実質負担金が7万9235円(月3445円)になる。(2022/3/1)

G-Callが国内通話料を8円/30秒に値下げ 10分かけ放題は月額770円に
ジーエーピーは、3月1日にG-Call電話サービス通話料金を20%値下げ。国内通話は8円/30秒(不課税)、10分かけ放題オプションは月額770円(税込み)になる。(2022/3/1)

IIJmio「ギガプラン」が値下げ 4GB音声付きなら月額990円に
インターネットイニシアティブ(IIJ)は、IIJmioモバイルサービスの「ギガプラン」の月額料金を4月1日に改定すると発表した。eSIMを除く全てのデータ容量プランで値下げする。同日以降、新規・既存ユーザーに自動適用する。(2022/3/1)

肉の消費期限は3日→13日に:
値下げ品がスーパーから消える? 消費期限を延ばす”魔法のパック”とは
三井・ダウ ポリケミカルが生鮮食品などの消費期限を延ばす”魔法のパック”を開発している。肉の消費期限は3日から13日に、魚は2日から7日に延ばせるという。夢みたいな話だが、品質に問題はないのか? どういう製品なのかというと……(2022/3/2)

ASUS、Zenfone 8/8 Flipを値下げ 7万2800円から
ASUS JAPANは、2月25日から「Zenfone 8」「Zenfone 8 Flip」の価格を改定。希望小売価格から、それぞれ7000円値下げする。(2022/2/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。