「QRコード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

LINEのトーク履歴、iPhoneとAndroidスマホ間で引き継ぎ可能に ただし直近14日間限定
LINEの新アップデートをとして、QRコードを使ってアカウントを移行できる「かんたん引き継ぎQRコード」が実装された。併せて、直近14日間に限り、iOSとAndroidをまたいだトーク移行が可能になった。(2022/6/28)

ICT:
高所作業車をキーレスで起動するスマートキーを開発、鹿島建設
鹿島建設は、レンタルのニッケンやMIYOSHIとともに、これまで使用されていた鍵の代わりにスマートフォンの専用アプリからQRコードを表示することで、高所作業車を起動するスマートキー「QRKAZAS」と既存の高所作業車に後付けするQRコードリーダーを共同開発した。QRKAZASは、利用することで、現場で日々行われている鍵の貸し出しや返却といった煩雑な作業が不要となり、社員や作業員の負担を減らせる。(2022/6/6)

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天、イオン、PayPayのユーザーが使う決済サービスやクレカは?
MMD研究所が、NTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天、イオン、PayPayを対象に「経済圏のサービス利用に関する調査」を実施した。それぞれの経済圏で最も利用しているポイントやQRコード決済/非接触決済などを調査している。(2022/5/31)

デンソーウェーブ、細長いQRコード「rMQRコード」を開発
 自動認識装置の開発などを行うデンソーウェーブ(愛知県知多郡)は、長方形型の新しいQRコード「rMQRコード」を新たに開発した。QRコードの特性である、優れた読み取り速度とデータ容量を持ちながら、細長く狭いスペースへの印字を実現する。(2022/5/30)

長方形タイプの「rMQRコード」開発 より多くのデータを格納
デンソーウェーブは、長方形型の「rMQRコード」を開発。QRコードの読み取り速度とデータ容量を維持しつつ、従来の3分の1程度の細長く狭いスペースへ印字できる。(2022/5/28)

FAニュース:
小型部品の個体管理に活用、デンソーウェーブが長方形型の新しいQRコードを開発
デンソーウェーブは2022年5月25日、長方形型の新しいQRコード「rMQRコード(アールエムキューアールコード」を開発したと発表した。正方形の従来のQRコードに対し高さ寸法が3分の1にできるため、従来はスペース的に貼付が難しかった小型部品やチケットなどでも活用できるようになる。(2022/5/27)

メカ設計ニュース:
SOLIDWORKS向けアドインの最新版、任意の文字情報をQRコードで図面配置可能に
キヤノンITソリューションズは「SOLIDWORKS」向け設計業務支援ツールの最新バージョン「SOLiShie Ver.11」を2022年5月24日から提供開始した。顧客要望の多かった、任意の文字情報をQRコード化して図面上に配置できる「図面用QRコード作成」機能を追加した他、既存の6つの機能の改善も図られている。(2022/5/27)

QRコード決済の利用率は57%、FeliCaを上回る インフキュリオン調査
インフキュリオンは、5月25日に「決済動向2022年4月調査」の結果を発表。QRコード決済の利用率は57%となり、FeliCa型電子マネーを上回った。後払い決済(BNPL)も若年層の女性を中心に拡大している。(2022/5/25)

細長いQRコード登場 読み取り速度と情報量はそのまま“狭い場所”に対応
デンソーウェーブが長方形の新型QRコード「rMQRコード」を開発した。QRコードの読み取り速度と十分な情報量を保ったまま、高さを3分の1に抑えた細長いQRコードで、狭いスペースに印字できる。(2022/5/25)

「シーマン」ASMRに コーヒーを飲みながら格言が聞ける
森永乳業は12日、チルドコーヒー「マウントレーニア」のパッケージに記載したQRコードから、いやしの「水音ASMR」動画を提供するキャンペーンを発表した。動画には「シーマン」が登場する。(2022/5/13)

「ホテルガチャ」第2弾、5月19日に販売 1回7777円で500個限定 新たにハローキティルームも対象に
東武鉄道は、東武ホテルグループの宿泊券やレストランの食事券が当たる「ホテルガチャ」の第2弾を販売する。東京ソラマチにて5月19日の1日限定で販売。価格は1回につき7777円で、販売数は500個。PayPayや楽天ペイなどのQRコード決済でのみ購入できる。(2022/5/12)

PayPay、「Amazon.co.jp」で本格解禁 全ユーザーが利用できるように
QRコード決済サービス「PayPay」が大手ECサイト「Amazon.co.jp」で利用できるようになったと、運営元が発表した。3月末から一部ユーザーを対象に利用を解禁しており、今回で全ユーザーが決済手段として利用できるようになった。(2022/5/10)

PayPay、10月からポイント「外販」 楽天に対抗 来年は発行額首位目指す
ソフトバンク系でスマートフォンのQRコード決済大手PayPay(ペイペイ)は、支払いに利用できるPayPayポイントを10月以降にグループ外に開放する。(2022/5/2)

来年は発行額首位目指す:
PayPay、10月からポイント「外販」 楽天に対抗
ソフトバンク系でスマートフォンのQRコード決済大手PayPay(ペイペイ)は、支払いに利用できるPayPayポイントを10月以降にグループ外に開放する。(2022/4/28)

PayPay、登録者数4700万人突破 月間決済回数も3億回に
PayPayが「主要指標の推移(2021年度下期)」を発表し、QRコード決済サービス「PayPay」の登録者数が4700万人を突破したことが分かった。21年4月から22年3月までの総決済回数は36億回となり、月平均で3億回を超えた。(2022/4/25)

デンソーウェーブに聞く:
#あれ実は私なんです──QRコードの開発秘話と、その知られざる実力とは
Twitterで、デンソーウェーブの公式アカウントが「#あれ実は私なんです」「QRコードを開発しました。」とツイートをし、話題になっている。毎日のように見かけるQRコードの開発秘話や、意外と知らない活用用途とは? 担当者に話を聞いた。(2022/4/16)

「QRコード」は日本の発明品って知ってた? 4月18日「発明の日」に先立ち、特許庁が紹介
Twitterにて、ハッシュタグ「#あれ実は私なんです」をつけた投稿が話題になっている。その中で「QRコードを開発しました」と投稿をした企業がある。産業用ロボットの開発などを手掛ける、愛知県のデンソーウェーブだ。(2022/4/15)

一番利用されているQRコード決済、「d払い」「楽天ペイ」を抑えた第1位は?
 保険相談サービスを提供する保険マンモス(東京都港区)は、男女500人を対象にQRコード決済に関するアンケート調査を実施した。その結果、最も利用率の高いQRコード決済は「PayPay」であることが分かった。(2022/4/12)

LINE、QRコードでグループへの招待可能に
LINEに、QRコードや招待リンクからグループに招待できる機能が追加。(2022/4/8)

コスモ石油の「カーライフスクエア」がQR決済サービスを開始
コスモ石油マーケティングのアプリ「カーライフスクエア」が、QRコードを提示すれば燃料油代金を支払える決済サービスを提供開始。これまで別々に行っていた会員証とクーポン、決済までの対応を一括で行えるようになる。(2022/4/5)

Microsoft、PCとAndroid端末を連携する「スマホ同期」を「Windowsにリンク」に改名
MicrosoftはAndroid端末をPCと連携させるアプリ「スマホ同期」を「Windowsにリンク」に名称変更した。Windows 11に対応させ、UIも改善した。QRコードの読み取りでセットアップできるようになる。(2022/4/1)

JR九州、「PayPay」での特急券購入 2022年度も引き続き設定へ
 九州旅客鉄道とPayPayは3月25日、1月から3月にかけて実証実験していた「PayPay」のQRコード決済機能を活用した特急券を、2022年度も引き続き設定すると発表した。実証実験において、安定的な運用と乗客の利便性向上が確認できたため、継続設定に至った。(2022/3/30)

BANK Payっていったい何だ? 単なるQRコード決済ではないその秘密
BANK Payというサービスをご存じだろうか? よくある説明だと、「PayPayのようなQRコード決済の1つ。ただし、利用すると銀行口座から即座に料金が引き落とされる」なんて書かれている。これは間違いではないが、BANK Payの一つの側面しか見ていない。(2022/3/18)

MMD研究所が900人に調査:
「QRコード決済の総合満足度」ランキング 3位「メルペイ」、2位「PayPay」、1位は?
最も満足度の高いQRコード決済サービスは「楽天ペイ」で、次いで「PayPay」「メルペイ」。(2022/3/11)

「シン・秋葉原駅」バーチャル空間に出現 リアル秋葉原駅とQRコードで連携
HIKKYは8日、新しいバーチャル空間「Virtual AKIBA World」を25日にオープンすると発表した。「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」とのコラボも実施する。(2022/3/8)

「ドコモ払い」を「d払い」に統合、6月から ポイント還元率も変更、dカード以外のカードは還元なしに
NTTドコモは、デジタルコンテンツの購入代金を携帯電話の利用料金と一緒に支払えるサービス「ドコモ払い」をQRコード決済サービス「d払い」に統合すると発表した。統合は6月1日に実施予定。(2022/3/1)

スマホ決済のお得な活用術:
公共料金の支払いでも最大1.5%還元! 私が「PayPay請求書払い」を使う理由【追記あり】
主なQRコード決済サービスでは、「LINE Pay」「PayPay」「au PAY」「d払い」「FamiPay」などが請求書払いに対応。この中で筆者はPayPayの請求書払いを利用している。その理由は、税金の支払いでも0.5〜1.5%のPayPayボーナスがもらえるから。(2022/3/1)

保険金、電子マネーで受け取り可能に 損保ジャパンが5月提供予定
損害保険ジャパンと日本ユニシスは、国内初の電子マネーによる保険金支払いサービスを5月から提供予定と発表した。従来の銀行口座に加えて、普段利用している電子マネーアカウントを保険金の受取先に指定可能。QRコード決済サービスを対象に展開予定。(2022/2/28)

便利だけど危険? QRコードを悪用するサイバー攻撃が流行の兆し
URLの入力を省けるQRコードだが、近年これをサイバー攻撃に悪用する動きがある。開発者とユーザー向けにサイバー攻撃の実態と対策を紹介する。(2022/2/23)

Coinbase、スーパーボウルCMが大反響で一時サイトがクラッシュ
暗号資産事業を手掛けるCoinbaseが初めてスーパーボウルCMに参加。CMのQRコードでプロモーションサイトを開くようにしたところ、アクセスが予想以上に殺到してサイトが一時クラッシュした。(2022/2/15)

PayPay、三菱UFJ銀の口座から直接チャージできるように メガバンク3行に対応完了
PayPayはQRコード決済サービス「PayPay」に、三菱UFJ銀行の預金口座から残高を直接チャージできる機能を追加した。これまでみずほ銀行、三井住友銀行には対応していたものの、三菱UFJ銀はメガバンク3行で唯一未対応だった。(2022/2/3)

Innovative Tech:
肉眼では見えないQRコードを埋め込む技術、米MITと米Metaが開発
米MIT CSAILと米Facebook Reality Labs(現Meta Reality Labs)の研究チームは、QRコードやArUcoマーカー、バーコードなどの肉眼では見えない2次元タグを埋め込み、赤外線カメラを通して読み取れる技術を開発した。(2022/2/3)

PayPayに「あと払い」機能 2月1日から
2月1日からQRコード決済サービス「PayPay」に「あと払い」機能が追加される。運営元のPayPayが発表した。利用金額を翌月にまとめて支払えるようにすることで、利便性の向上を図る。(2022/1/31)

最も満足度が高いQRコード決済 2位の「PayPay」を抑えて1位になったサービスは? MMD調査
MMD研究所が「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」を発表。1位は楽天ペイが獲得した。(2022/1/27)

QRコード決済の満足度調査、PayPayを抑えて楽天ペイがトップに
MMD研究所は、1月27日に「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」の結果を発表。利用頻度が最も高いのは「PayPay」で、総合満足度は「楽天ペイ」がトップとなった。(2022/1/27)

この頃、セキュリティ界隈で:
そのQRコードは大丈夫? 詐欺目的の利用増加、キャッシュレス決済の普及を逆手に
米国でQRコードを使った詐欺の手口が相次いで報告されている。非接触のキャッシュレス決済での利用など便利な反面、軽い気持ちで読み取ってしまいがち。そこに付け込み、悪用するケースが増えているとして、米連邦捜査局(FBI)などが注意を呼び掛けた。(2022/1/26)

最も利用しているQRコード決済サービス、1位は「PayPay」
MMD研究所は、18〜69歳に「22年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」を実施。QRコード決済利用者に最も利用しているQRコード決済サービスは何か聞いたところ、1位は「PayPay」で45.4%だった。(2022/1/25)

PayPay、ユーザー数4500万人突破 スマホユーザーの半数以上が利用か
PayPayは、同社が運営するQRコード決済サービス「PayPay」のユーザー数が4500万人を突破したと発表した。総務省の統計を用いて算出したところ、日本国内のスマートフォンユーザーの2人に1人以上が利用している計算になるという。(2022/1/24)

QRコード決済、PayPayが若干のシェア減 最もシェアを伸ばしているのは? MMD調査
MMD研究所が「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」を発表した。「最も利用しているQRコード決済」という項目でPayPayがトップを獲得したが、21年7月の調査と比べるとポイントが若干減っていることも分かった。(2022/1/21)

定食レストラン「やよい軒」が券売機をリニューアル クレカやコード決済など支払い方法を大幅拡充
プレナスが展開する定食レストラン「やよい軒」が、新型券売機を1月末までに順次導入する。導入店舗では、クレジットカードやQRコード決済など、18種類のキャッシュレス決済方法を利用できるようになる。(2022/1/21)

利用しているコード決済、「PayPay」が大差でトップ MMD研究所の調査
MMD研究所は、1月21日に「2022年1月スマートフォン決済(QRコード)利用動向調査」の結果を発表。QRコード決済の認知は94.5%となり、利用しているサービス上位は「PayPay」「d払い」「楽天ペイ」となった。(2022/1/21)

ドコモなど他3キャリアは未対応:
ソフトバンク系3ブランド、携帯料金のPayPay支払いに対応
PayPayはソフトバンクとワイモバイル、LINEMO(ラインモ)の3ブランドが、QRコード決済サービス「PayPay」を使った「PayPay請求書払い」に対応したと発表した。自宅に届いた紙の請求書のバーコードをPayPayアプリで読み込むことで、料金を支払えるようになる。(2022/1/19)

au PAYアプリを刷新、起動後すぐコード決済が可能に
KDDIは、1月25日以降順次「au PAY」のアプリをリニューアル。アプリ起動時にホーム画面へバーコードとQRコードが表示されるようになり、各サービスへのアクセスも容易となる。(2022/1/19)

サイトの引っ越しに対応できるQRコード登場 あとから遷移先を更新できる仕組み
メディアシークが、アクセス先Webサイトの引っ越しなどでドメインが変わっても常に最新のページに誘導できるQRコード生成サービスを開発した。QRコード生成後に、表示する情報やURLを更新できる。(2022/1/11)

明日から使えるITトリビア:
QRコードを徐々に消していく“闇のゲーム” 実際どこまで消しても読めるのか
Twitterで「QRコードを徐々に消していき、リーダーで読み取れなくなったら負けになる闇のゲーム」が話題になった。QRコードには「誤り訂正機能」という、汚れや破損に対応する強さがあった。(2021/12/23)

QRコードを使った闇のゲームが楽しそうと話題 読み取れなくなるまで1ピクセルずつ消していく「現代版ジェンガ」
ブラウザで遊べるバージョンも公開。(2021/12/22)

政府の「新型コロナワクチン接種証明アプリ」がリリース “COCOAの悪夢”を教訓に
政府は「新型コロナワクチン接種証明アプリ」(iOS/Android、無料)をリリースした。NFC対応スマートフォンでマイナンバーカード(マイナカード)を読み込むことで、接種証明の電子申請や、接種履歴をQRコードとしてスマホの画面上に表示することができる。(2021/12/20)

損保ジャパンと共同で:
PayPayアプリで保険販売、「PayPayほけん」開始 「コロナお見舞い金」など7プラン提供
PayPayが、QRコード決済サービス「PayPay」のアプリ上で保険を販売する「PayPayほけん」の提供を始めた。新型コロナに感染した場合に契約者に一時金を支払う「コロナお見舞い金」など7プランを、損保ジャパンと共同で提供する。(2021/12/16)

JR九州、「PayPayで買える特急券」の実証実験 2022年1月から
QRコードをピッと読み取れば買えるようになります。(2021/12/14)

みずほ銀行のQRコード決済「J-Coin Pay」 全国74の信用組合と口座接続開始
 みずほ銀行は12月13日より、提供するスマホ決済サービス「J-Coin Pay」に新たに全国74の信用組合と口座接続を開始したと発表した。これにより、口座接続金融機関数は161金融機関となる。(2021/12/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。