「NHK」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NHK受信料がいらない」チューナーレステレビ 山善があえて“アフターサービス”に注力するワケ
「NHK受信料が不要」として、近年話題となっているチューナーレステレビ。家電メーカーだけでなく、ドン・キホーテやニトリなど小売メーカー、買い取り事業を手掛けるゲオなど異業種からの市場参入も増えている。2023年11月からチューナーレステレビを販売する山善は、増加するライバルに対し、サービスの質で対抗しようと考えている。(2024/6/30)

ものづくり ワールド[東京]2024:
SOLIZE、魔改造扇風機やトヨタ採用の3Dプリンタ製純正オプション部品などを展示
SOLIZEは「第2回 ものづくりODM/EMS展」に出展し、トヨタ自動車が採用した3Dプリンタ製純正オプションパーツやNHK「魔改造の夜」で優勝を果たした「瞬速!くるりんぱ3号」の実機展示などを通じ、デジタルモノづくりのメリットを訴求していた。(2024/6/27)

消えたキーマン──「新プロジェクトX」のスパコン「京」回が批判を受けた理由 富士通とNHKの見解は?
スーパーコンピューター「京(けい)」を取り上げたNHK「新プロジェクトX〜挑戦者たち〜」が、ネット上で波紋を広げている。当時、京の開発責任者を務め、その後富士通を離れた人物に番組でほとんど触れられなかったことで、企業の都合が番組に反映されたのではないかという見方だ。(2024/6/22)

新朝ドラ相手役俳優はNHK常連庭師で「決まりやん」 1カ月前のSNS投稿が“伏線”扱いで本命視
ロバート→青沼→三浦按針→?(2024/6/13)

NHK、noteで公開していた「取材ノート」を閉鎖 読者の評価は高かったが
NHKは「note」で2020年から更新してきた「取材ノート」のページを、6月末に閉鎖する。(2024/5/29)

NHK会長、ネット業務の必須業務化は25年度後半から ネット受信料は「地上契約と同じ水準」
NHKの稲葉延雄会長は、5月17日に国会で成立した改正放送法を受け、インターネットサービスの必須業務化は2025年度の後半になるという見通しを示した。(2024/5/27)

NHK技研、柔軟で伸縮するフルカラーLEDディスプレイを開発
NHK放送技術研究所は21日、ゴム基板や液体金属を使い、柔軟かつ伸縮可能なフルカラーディスプレイを開発したと発表した。(2024/5/22)

NHK「スマホやパソコンを持っているだけでは負担の対象にならない」 改正放送法成立受けコメント、詳細は検討中
NHKは17日、インターネットを使った番組などの提供をNHKの必須業務にすることを柱とした改正放送法が国会で成立したことを受け、コメントを発表した。(2024/5/17)

「また還元率改悪」 楽天カードがポイント付与率引き下げに落胆の声 「悪くなる一方」
NHK放送受信料は大幅な引き下げに。(2024/5/9)

「楽天カード」ポイント付与率一部引き下げ 楽天以外の携帯料金や保険料など
楽天カードは5月9日、携帯電話料金やNHK受信料、保険料などを楽天カードで支払った際に付与する楽天ポイントの付与率を、8月1日から引き下げる。(2024/5/9)

高嶋ちさ子、NHK番組中の“親族絡んだ失言”に頭下げる 亡祖父に「大変失礼な事を」「訂正してお詫びします」
偉大な祖父だったことを知った高嶋ちさ子さん。(2024/5/8)

NHK、旧「プロジェクトX」の名作回を月に1回のペースで再放送 4月は「黒四ダム」、今後「VHS」回も
NHKは、18年ぶりに復活した「新プロジェクトX〜挑戦者たち〜」を機に、旧シリーズで反響の大きかった回を月に1本のペースで再放送する。(2024/4/24)

「どーもくんかと思った」 路上でNHKの“あのキャラ”を思わせる車止めが!? 思わぬ発見に「そのまんまで草w」
カラーはほぼバッチリ。形もなんとなく一致(?)。(2024/4/24)

NHKで復活「新プロジェクトX」、第2回のテーマは“カメラ付き携帯” シャープのガラケーを特集
番組の情報公開後、シャープの公式X(旧Twitter)が同番組に言及し、シャープのカメラ付き携帯電話が放送内容に含まれることを明らかにした。(2024/3/13)

NHKで「さらば青春の光」冠番組が放送決定 「ブクロもいます!」森田哲矢は驚き隠せず
NHKプラスで見逃し配信もあります。(2024/3/9)

NHKのネット配信「必須業務」へ 配信利用者はテレビなくても契約対象──放送法改正案
総務省は1日、NHKによる番組のインターネット配信を“必須業務”とする放送法改正案が閣議決定されたと明らかにした。(2024/3/1)

大谷翔平が結婚発表→直後にNHKが“まさかのニュース”報じる 「よりによって……」「このタイミングは草」
たまたま重なってしまったようです。(2024/3/1)

伊藤万理華、障害者と向き合うテレビ局職員に NHKドラマ初主演 「頭を抱えた」担当Pの経験がヒント
5月11日放送開始。全4回です。(2024/2/26)

NHKも採用する「バーチャルプロダクション」 先進性だけじゃない、業界の“切実な導入理由”とは
一般のテレビ番組でも広がりつつあるバーチャルプロダクションだが、どうも先進性だけでなく「切実な面」でも選ばれるようになっているという。バーチャルプロダクションにいち早く参入し、NHKとも協力するスタジオブロスに、業界が導入する背景を聞いた。(2024/2/21)

NHKの「プロジェクトX」18年ぶり復活 4月から毎週土曜夜
NHKの人気番組だった「プロジェクトX」が18年ぶりに復活する。(2024/2/14)

NEWS Weekly Top10:
NHK時計のアプリは「ひどすぎる」? これぞ“ジェネレーションギャップ”か……
若者世代によるXへのこんな投稿が話題になった。「NHKの時計アプリ見つけたんだけど酷すぎて泣いてる今」。「NHK時計」は2009年にNHKが初めて出したiOSアプリだ。その存在を懐かしがる昭和世代との反応にジェネレーションギャップが生じている。(2024/2/13)

一世風靡の「電波少年」タレント、NHK取材に“東京から参加した人”名義で登場→視聴者が本人と特定へ 「一般人扱いで笑ってしまった」
やはりご本人だったとのこと。(2024/2/11)

“がんサバイバー”の元NHKアナ、寛解後はストレスフリーな生活目指すも…… 思春期の娘2人に「イライラせずに過ごすなんて到底無理」
「呼吸と我慢でなんとか乗り切るしかない!」(2024/2/5)

製品動向:
画像から厚さを自動算出、2024年度に建設現場へ本格導入
長谷工コーポレーションはNHK財団が保有する映像処理技術を活用した「厚さ計測システム」を開発した。施工前後に撮影した画像データを解析して厚さを自動算出する。今後、建設現場のさまざまな施工工程でシステムの検証を進め、2024年度中の本格導入を目指す。(2024/2/5)

ドンキとニトリが飛びついたチューナーレステレビ 「NHK避け」だけじゃないニーズを考える
チューナーレステレビが話題になって久しい。これまで家電と縁遠かったドンキやニトリが販売するようになり、目にする機会が増えた。話題になる際はNHKの受信料と一緒に語られることが多いものの、真のニーズは違うところにありそうだ。(2024/1/31)

神木隆之介、浜辺美波の「パーンチ!」にも無表情 映画「ゴジラ-1.0」コンビの“じゃれあい”にファンほっこり「ここ最近一番好きなペア」
NHK朝の連続テレビ小説「らんまん」でも共演していた2人。(2024/1/13)

テレビドラマ「VRおじさんの初恋」 NHKで4月から放送 “バ美肉おじさん”の恋を描く
NHKは、テレビドラマ「VRおじさんの初恋」を4月から放送すると発表した。主人公の中年の独身男性がVR空間で制服姿の少女として過ごす中で、ある美少女アバターに恋をした姿を描くヒューマンドラマ。主演は俳優・野間口徹さん。(2024/1/10)

NHK、紅白視聴率&公式配信の結果を発表 配信視聴UB数は前年比1.5倍の伸び 「視聴習慣の変化が」
NHKプラスでの同時&見逃しのUB数などを発表。(2024/1/10)

今日のリサーチ:
第74回NHK紅白歌合戦で最も注目度の高かったシーンはあの完璧で究極のパフォーマンス
2023年末に放送された「第74回NHK紅白歌合戦」がどのように見られていたか。NHK関東の地上波放送かつ個人全体を対象に集計した結果です。(2024/1/6)

NHKロゴ使ったフェイク投稿、Xで拡散 能登半島地震や原発巡る内容
1月1日に発生した石川県能登半島を震源とする地震(令和6年能登半島地震)を巡り、NHKをかたる偽の情報がX(旧Twitter)で出回っているとして、NHKは4日、ニュースサイト「NHK NEWS WEB」で注意喚起した。(2024/1/5)

Wi-Fi設置に沸く報道陣、TBSレコ大に駆けだす記者 NHK紅白歌合戦2023取材の裏側
4年ぶりの紅白取材になる記者が、リハーサルの裏側などを振り返ります。(2024/1/3)

第74回NHK紅白歌合戦:
YOSHIKI、“全身全霊”で『ENDLESS RAIN』『Rusty Nail』披露 第74回NHK紅白歌合戦出場で優しい人柄伝わる会見
「演奏する曲は『ENDLESS RAIN』『Rusty Nail』です」と自ら発表(2023/12/31)

純烈「QRコードパフォーマンス」の影響? 紅白放送中、NHKプラスに「ログインできない」との報告相次ぐ
アクセスが集中した模様です。(2023/12/31)

第74回NHK紅白歌合戦:
新しい学校のリーダーズ、今年を表す漢字は「首」 第74回NHK紅白歌合戦リハーサルに初参加!
OP演出については「さみしくはない」「壮大」「華やか」とヒント。(2023/12/29)

第74回NHK紅白歌合戦:
「第74回NHK紅白歌合戦」のリハーサルがスタート! 音合わせトップバッターは「緑黄色社会」
「緑黄色社会」の今年の漢字一文字は「作(つくる)」。(2023/12/29)

NHK「第74回NHK紅白歌合戦」44組の歌唱順が発表 トップバッターは「新しい学校のリーダーズ」、白組一番手は「JO1」
出場歌手44組の順番を発表。(2023/12/26)

イエエェエーイ!! サンシャイン池崎、休養中の推しアイドルに「100分学んだ愛」叫ぶ “鬼のNHK攻め攻め番組”年末も放送決定
年末深夜、推しへの愛の叫びがこだまする。(2023/12/25)

NHK・中川安奈、“ぴったりニット”のラフコーデで抜群スタイルにくぎ付け プライベートのギャップに「ヴィーナス降臨」「色っぽい!」
「サンデースポーツ」などに出演の中川安奈アナ。(2023/12/22)

今年も放送、NHK「ゆく年くる年」 中継内で「2024年問題」に触れる
テーマは「希望を紡ぐ 明日への歩み」(2023/12/20)

NHK、取材メモ流出認め謝罪 子会社の派遣スタッフによるもの
ネットでの誹謗中傷問題を取り上げる企画概要や、取材対象者へのインタビュー内容など。(2023/12/1)

紅白初出場で注目のグループ、新曲MVがたった一夜で170万超再生 急上昇ランク浮上の反響
韓国の8人組グループ「Stray Kids」が第74回NHK紅白歌合戦への初出場を決めました。(2023/11/20)

「“ヤバい職場”の採用担当者」罪悪感ないの? NHK「ねほぱほ」がホンネを掘る
「自分が採用した社員が入社数カ月でボロボロになっていくのを横目に、また新たな人材を絶妙な誘い文句で引きずり込む」のが仕事だった。(2023/11/14)

NHK、ビットコイン開発者「サトシ・ナカモト」に迫る 新番組「市民X」初回
謎の天才「サトシ・ナカモト」は何者か?――NHKが新番組で真相に迫る。(2023/11/13)

NHK、受信契約求め都内3世帯を訴える 初の「割増金」も請求
NHKは6日、東京都内の3世帯に対して、放送受信契約の締結および受信料、割増金の支払いを求める民事訴訟を東京簡易裁判所に提起したと発表した。割増金の支払いを求めるのは初めて。(2023/11/7)

次回のおじゃる丸「進撃のマロ」が完全に「進撃の巨人」で視聴者ザワつく 「NHKなにしてんのw」「心臓を捧げるのでおじゃる」
なんの成果も得られなさそう。(2023/11/1)

NHK「ねほりんぱほりん」、次回は「ゲームのチートツールを開発・販売した男」
NHKによる人形劇形式のトークショー番組「ねほりんぱほりん」。11月10日午後10時からの放送では、ゲームの「チート」(不正行為)用ツールを開発・販売した人物を取り上げる。(2023/10/30)

NHK「プロフェッショナル」がアニメ主人公に完全密着、23日夜 アニメ「進撃の巨人」最終回を前に
NHKのビジネス番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」が、初めてアニメの主人公に密着した。(2023/10/22)

ジャニーズとNHKめぐる記事で「裏付け取れず」 プレジデントオンラインが謝罪、記事削除
NHKと読者に謝罪しています。(2023/10/21)

松本人志ら“性”を語るNHK特番に起用で波紋…… 過去発言めぐり批判も「自主的な編集判断」とコメント
NHKに問い合わせました。(2023/10/6)

NHK、松本人志ら“性”を語る特番に起用で批判 過去の発言めぐり「人選や内容に不信感」「NHK終わってる…」の声 呂布カルマは挑発めいた投稿多数
X(Twitter)上で違和感の声が上がっています。(2023/10/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。