• 関連の記事

「中学校」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「中学校」に関する情報が集まったページです。

粗品、雑誌表紙飾った色気たっぷりの“パンクルック”で激変 メイク&黒ネイルで決めた姿披露に「忌野清志郎みたい」「中学生がやってみる髪型」
こういう雰囲気も似合う。(2024/6/19)

辻希美、中学生・長男からの“お願い”に「ダメ!」「怖い怖い」 視聴者に呼びかけ「どうするのが正解なんだろう」
親心ですね。(2024/6/17)

アメリカ育ちの中学生男子、日本で最後の修学旅行へ…… トラブルを乗り越えて迎えたその日に「一生の思い出になる」「行けて良かったね」
行った本人の感想は……?(2024/6/12)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
組織に必要な「キャプテン、リーダー、フォロワー」――バスケ強豪校を30年率いた名監督の「強いチームの作り方」
組織に必要な「キャプテン、リーダー、フォロワー」それぞれの素質とは? 女子バスケットの名門・東京成徳中学校・高等学校で30年以上指導者を勤めてきた遠香(おか)周平氏は、若くエネルギーにあふれる一方でスキルやメンタルが発展途上なチームをどのようにまとめ、成長に導いてきたのか。その極意を聞いた。(2024/6/10)

SNS、小中学生の3人に2人が利用 最多は女子中学生のLINE94% ドコモ系機関調査
小中学生の3人に2人がSNSを利用していることが、民間機関の調査結果で分かった。(2024/6/7)

異才を見いだす「育てるマネジメント」:
ちぐはぐでも「目標はメンバーが立てる」 全国制覇多数、女子バスケ名門校を率いる敏腕コーチのマネジメント術
女子バスケットの名門・東京成徳中学校・高等学校で長年指導者を勤めてきた遠香(おか)周平氏。何度もチームを表彰台に送り出し、日本代表チームなどで活躍するプロ選手を育成してきた。メンタル面でもスキル面でも発展途中の選手たちを、どのようにチームとしてまとめ、鼓舞してきたのだろうか? そのマネジメントの極意に迫る。(2024/6/7)

「天才やわ」 中学生男子が初恋人のためにイメチェン…… 人気美容師に称賛の声「彼女が心配するレベル」
髪型変えるだけでかなり印象変わりますね。(2024/6/5)

50歳人気お笑い芸人の女子中学生時代は……? 14歳で「素人歌番組にでた」懐かしショットを披露 「目が大きい」「本名だったんだぁ」の声
中学1年生のころのショットをアップ。(2024/6/3)

プロダクトInsights:
「遮熱通学帽子」帽子内の温度を4度下げる、特徴は?
フットマークは、小学生や中学生に向けた夏用の通学帽子「遮熱通学帽子」を発売している。価格は3500円。(2024/5/25)

息子のランドセルに入りまくっていた愛猫、中学に進学したら…… やっぱりな日常に「愛に満ち溢れた朝」「一緒に登校出来るかな」
やっぱりね。(2024/5/21)

「泣きそうになった」 くせ毛に悩む中学生が“垢抜けイメチェン” 美容師のスゴ腕に「ここまでできるなんて」
くせ毛が生かされていてすごい。(2024/5/15)

モバイルSuicaでの「通学証明書」、当日中承認の締め切りをもっと遅くできない? JR東日本に聞いた
モバイルSuicaで中学生以上の通学定期券を買えるようになって1年と少し経過しました。しかし、通学証明書類の提出について改善を求める声も少なからずあります。その点、JR東日本に聞いてみました。(2024/5/2)

グッドパッチとUXの話をしようか:
AI時代の「生き残りスキル」 子どもの教育にまで影響?
AI時代における「生き残りスキル」については、さまざまな分野で語られています。その影響は、小中学生の教育にまで及んでいるように感じます。一緒に考えてみましょう。(2024/4/26)

「泣いちゃいました」 小6男子が半日近くかけて美容院に来て…… 驚きの“垢抜けイメチェン”に反響
中学生活がより楽しみになりそう!(2024/4/20)

藤本美貴、中1長男の弁当作りでびっくり「こんなに重たいのね!」 リクエストに応えチキンバーをマシマシに
「中学生のお弁当ってこんなに重たいのね!」(2024/4/13)

市村正親の息子、すっかり大人な姿に「篠原涼子が似すぎててざわざわ」と驚き 中学卒業し「中学生には見えない」の声も
4月9日放送の「踊る!さんま御殿!!」に出演します。(2024/4/9)

浜崎あゆみ、“平成ギャル風の制服姿”で現役中学生と2ショット 「年齢バグってる」「普通にクラスにいる美人」
若々しい!(2024/4/8)

藤本美貴&庄司智春、長男の中学校入学式で笑顔の親子3ショット パパ似の体格に驚く声も「意外とガッチリ」「子供の成長は早い」
すてきな入学式の写真。(2024/4/8)

千葉県流山市の人口が増えている、なぜ?
少子化に伴う学校再編が各地で加速する中、子育て世代の流入で人口が急増する千葉県流山市が小中学校の開校ラッシュに沸いている。(2024/4/7)

二宮和也と共演の注目子役、“小学校卒業後”初の姿が大人なかわいさ 12歳の門出に「写真すっごい綺麗」「大人っぽくなりました」
春からは中学生。(2024/4/5)

元子役、稲垣来泉がニコラモデルに決定し「すっかり大人っぽく」「もう中学生か」と驚きの声 ドラマ「TWO WEEKS」で話題に
大人っぽくなった!(2024/4/2)

子どもは「動画視聴」、親が求めるのは「調べもの」――明光義塾が小中学生のスマホ/タブレット活用状況を調査
学習塾「明光義塾」を展開する明光ネットワークジャパンが、「小中学生のスマホ・タブレット活用についての実態調査」の結果を発表した。子どもはスマートフォン/タブレットを主に「動画視聴」に使う反面、親は「調べもの」での利用を求める傾向にあることが分かったという。(2024/3/22)

“小学生ホスト”琉ちゃろ、中学校を卒業 母と並ぶ姿に成長実感「シンプルに時の流れ早すぎる」
あっという間に高校生。(2024/3/18)

中学生だったの!? 市村正親の長男・優汰、卒業式ショットに驚きの声「足、長すぎ!」「高校卒業かと」
まだ15歳の市村さん。(2024/3/18)

中学受験にかかったお金の平均は? 想定外だった費用
金融メディア「MoneyGeek」を運営するモデル百貨は、子どもの中学受験を経験した保護者を対象に、かかった費用についての調査を実施した。中学受験にかかった総額費用の平均は184万1317円だった。(2024/3/14)

サーバ不正操作で殺害予告メール配信疑い 兵庫・芦屋の中3書類送検「ナイフでめった刺しに」 警視庁
学術団体のサーバを不正に操作し、「恒心教」と呼ばれるインターネット上の集団から攻撃されている特定の弁護士を「殺す」などと記したメールを送信したとして、警視庁捜査1課は3月12日、電子計算機損壊等業務妨害と威力業務妨害の疑いで、兵庫県芦屋市の中学3年の男子生徒(15)を書類送検した。(2024/3/12)

小学生に人気の職業、1位は「イラストレーター」 中学生の結果は?
ニフティが調査結果を発表した。小中学生それぞれになりたい職業や、理由を聞いた。(2024/3/12)

小中学生にスマホやキッズケータイを持たせた理由は? ドコモ「モバイル社会研究所」が調査
NTTドコモのモバイル社会研究所は、親と子に関する調査の中から小中学生のスマホ/キッズケータイ所有理由を発表。「緊急時の連絡」「子どものいる場所把握」などが理由の上位に挙げられた。(2024/3/11)

中学最後に「先生が泣かせにきた」 音楽の筆記テストの最終問題に「うるってきちゃった」「それは泣く」の声
別の意味で「泣いた」という声も。(2024/3/10)

柳葉敏郎、中学卒業の長男と2ショット 「感謝、感謝の卒業式」おしゃれストライプスーツで父の顔
野球部に所属する息子の応援に駆け付けることもありました。(2024/3/9)

他にも“SNS美人局”か、強盗致死容疑で逮捕の中2女子生徒が示唆 大阪の大学生転落死事件
SNSで知り合った男子大学生から金を奪うためビルに呼び出し、その場から逃れようとした大学生を4階から転落死させたとして、大阪府警は3月7日、強盗致死容疑で、大阪市中央区の中学2年の女子生徒(14)と堺市北区の中学3年の少年(15)を逮捕したと発表した。(2024/3/7)

中学時代からすごかった絵本作家が美大に進むと……? 果てなき成長を物語る作品に「さらにパワーアップしてる」の声
テーマは同じでも、精度と密度が違う……!(2024/3/6)

「実は、私たち小学校も中学校も一緒」 相川七瀬、人気お笑い芸人の“後輩”と再開し「意外な繋がり」と反響集まる
そうだったのか。(2024/3/1)

市村正親、豪華手作り弁当で料理の腕前を披露 息子・市村優汰の中学時代には3年間弁当を作っていたことも
おいしそうなお弁当!(2024/2/23)

乃木坂46・柴田柚菜、“中学生ぶり”長さのボブヘア披露→イメチェン姿に「ぶっ刺さり」「バッサリ切ったね」の声
似合ってる〜!(2024/2/22)

人の朝食を記録し続ける“異常な友だち”がもはやあっぱれ! 中学時代の謎エピソードに「愛なの?」「どんな大人になってるんだろう」
なにこれすごい……!(2024/2/19)

夫「妻の人間性を完璧に捉えている」 担任のコメントが急転直下な“妻の中学生時代の通知票”が話題に
夫婦の仲も伝わってくるエピソードです。(2024/2/17)

瓜田純士、遺体発見の“アウトロー系元生主”唯我さんを追悼も……“くすぶった奴等”の批判一蹴「何も知らない癖に」「パイセンも笑ってるはず」
同じ中学の先輩後輩だった2人。(2024/2/16)

元子役の稲垣来泉、「弟」の世話焼くきょうだい姿がもう“すっかりお姉さん” 13歳迎えてあか抜けた近影に「大人っぽくなってる」「成長感じます」
もうすぐ中学2年生なのか……。(2024/2/13)

子どもに人気の職業 中学生の1位は「エンジニア・プログラマー」
学研ホールディングスが小中学生の保護者を対象に、子ども人気が高い職業の調査結果を発表した。(2024/2/10)

住谷杏奈&レイザーラモンHG、12歳娘が1日10時間の猛勉強で志望中学に合格「娘、号泣。私も号泣」 受験勉強開始は2カ月前
4教科受験は失敗も、2教科で合格を勝ち取りました。(2024/2/3)

小学生高学年のスマホ所有率が4割に、小学6年生は半数を超す ドコモ調べ
NTTドコモのモバイル社会研究所は、小中学生のスマホ/キッズケータイ所有状況(2023年11月)を発表。スマホの所有率は全学年上昇し、小学生の高学年では所有率が4割、小学6年生では半数を超えている。(2024/1/29)

その先にまだ知らないことがたくさんある:
「セキュリティ・ジュニアキャンプ」から見えた、人材育成における“コミュニティー”の存在意義とは
20年にわたって継続してきたセキュリティ・キャンプには、どんな意義があるだろうか。中学生など低年齢層を対象に、若い世代に伸び伸びと学んでもらう場として開催されている「セキュリティ・ジュニアキャンプ」を中心に“コミュニティー”の存在意義を探る。(2024/1/25)

楽天ペイメント、楽天 Edy、ソニー、キャッシュレス教室を共催 中学生向けに
楽天ペイメント、楽天Edy、非接触ICカード技術のFeliCa(フェリカ)を提供するソニーは1月24日、高田中学校(神奈川・横浜)でキャッシュ授業を実施。利用が広がるキャッシュレス決済の仕組みや意義について、理解を深めてもらう狙いだ。今後もキャッシュレス決済の推進に向けた取り組みを行うという。(2024/1/24)

中学生・高校生が将来なりたい職業 1位は?
LINEヤフーが運営する調査プラットフォーム「LINEリサーチ」は全国の中学生、高校生の男女を対象に、なりたい職業についての調査を実施。男子中学生・男子高校生・女子高校生の1位は「国家公務員・地方公務員」、女子中学生の1位は「教師・教員・大学教授」だった。(2024/1/15)

2023年のお年玉総額 小学生は「2万1064円」、中学生は?
小中学生が2023年にもらったお年玉の平均金額や、使い道は何か。学研ホールディングスが調査結果を発表した。(2023/12/29)

「モバイルSuica」通学定期券で保護者による代理チャージが可能に 2024年3月16日から
2023年3月から中学生/高校生向けの通学定期券を購入できるようになった「モバイルSuica」だが、2024年3月からは保護者の持つクレジットカードによる通学定期券へのプリペイド残高チャージが行えるようになる。(2023/12/18)

「ブギウギ」、新キャラ・水上恒司の登場にネット盛り上がる「中学聖日記の主役の人だったんだ!」「改名してたの!?」
スズ子のファンだという学生さん。(2023/12/11)

夏目漱石「坊っちゃん」の舞台、再開発へ 2028年度竣工を目指す
NTT都市開発、NTT アーバンソリューションズ、西日本電信電話四国支店はこのほど、「NTT松山一番町プロジェクト」として複合開発事業を実施すると発表した。同プロジェクトの対象となる敷地は、夏目漱石ゆかりの地である旧制松山中学校の跡地だ。(2023/12/5)

ジャンボたかお、女子中学生から“贈り物”…… 絶妙な1枚に「爆笑」「似合いすぎ」ネット反響
勝利を約束(?)されたジャンボさん。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。